今日の行き先は…【ミニチュアダックス フクちゃん #12】

Marisol ONLINE
クルマに乗るのはきらいじゃないんですけど…
たまーに、だいっきらいな病院につれて行かれることがあるから不安になっちゃうんです…

今日はどこにつれて行かれるのかな…
  • なまえ:フクちゃん
  • 2004年12月生まれ、ミニチュア・ダックスの女の子。ヒトが大好きで犬見知り?が激しく、お散歩中も犬を無視してヒトに愛想を振りまくのが特技。いつの日か、大盛りのおニクとフルーツを満腹になるまで食べるのが夢です。

関連記事
  • 生き生きとした作品のパワーが会場に充満! 多彩な表現活動を展開する大宮エリーの画家としての個展が、2019年1月27日(日)まで、代官山ヒルサイドテラスにて開催されている。 マウント・シャスタでの体験から生まれた「楽園」のインスタレーション。大宮による手書きの紹介文には「是非パワーチャージを! 心の浄化を!」と書かれている。作家として、またラジオのパーソナリティーやテレビ番組の司会、舞台の脚本・演出を手がけるなど、幅広い活動で知られる大宮。’12年に、来場者が参加して作品が完成するという体験型の個展を始めた彼女は、その後も順調に画家としてのキャリアも重ねてきた。2016年には美術館での初めての個展「シンシアリー・ユアーズ—親愛なる あなたの 大宮エリーより」を十和田市現代美術館で開催。絵画作品だけでなく、写真作品にも挑戦している。 とある未亡人の椅子「ちょっと座るのに便利。靴を履くときなど」 2018 ©Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery  本展は、代官山ヒルサイドテラスでの個展としては’15年の「emotional journey」以来となるもの。一番大きなスペースには、世界屈指のパワースポットとして知られるカリフォルニア州のマウント・シャスタを訪れ「ああ、天国ってきっとこういうところなんだ、というリアルな楽園をまのあたりにした」という彼女が、「みなさんをあの美しい美しい楽園に、お連れできないか」と考えて作り上げたという、絵画作品、写真作品、インスタレーションで構成される展示が。ピクニックができそうな、花や緑の絵が床にまで広げられた空間には、彼女が現地で得た幸せな“気”が満ちている。また、今回は「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」のために制作した41点の新作からなる「とある未亡人の館」も東京で初公開。「最愛の人を失ったとある未亡人がその美しき日々を振り返る」というテーマで描かれた作品で構成される空間に足を踏み入れると、物語の世界に放り込まれたような、不思議な感覚に包まれる。2月には初めての絵本『虹のくじら』(美術出版社)の発売が控える大宮。溢れる表現欲求を次々に形にしていく大宮の、幸せなエネルギーに触れてみて。大宮エリー「Beautiful Days 〜美しき日々」会期:〜2019年1月27日(日)会場: 代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1階)時間:11:00〜19:00(入館は閉館30分前まで/最終日17:00終了)休館日:1月21日(月)入場料:¥500問い合わせ:03-6459-4030(小山登美夫ギャラリー)http://hillsideterrace.com/ text : Shiyo Yamashita
  • 香港だけでなく、10年ぶりにマカオにも足をのばした桂さん。ずっと記憶に残っていた「夢のように素敵な飲茶の店」を再訪!龍華茶楼 マカオにも10年ぶりくらい?に高速船に乗って行きました。わたしの記憶の中に、夢のように素敵な飲茶の店があり、検索するうちに出会ったのです! 記憶では、常連客が鳥籠を持って吸い込まれるように建物の2階にある店に入って行き、店の窓に鳥籠が下がり、窓からは市場の赤い窓が見えていた……。港からタクシーですぐの距離にあり、階段を上ると、その景色がそのまま残っていました(鳥インフルエンザ以降、鳥籠の持ち込みは無くなったようですが)。  ずっと会いたかった人に会えたかのような、心踊る空間、それがこの「龍華茶楼」です。昨年10月から橋も開通し、週末ともなれば香港からどっと観光客がやってくるマカオですが、この店には変わらず静かな時間が流れていました。飲茶も美味です。特に蜜汁焼豚の香りの良いこと!!龍華茶楼の飲茶。夢のような龍華茶楼の時間。龍華茶楼のチャーシュー。他の画像を見る *  *  *    マカオは散歩に最適の小さな街。ノスタルジックでどこを切り取っても絵になります。飲茶の店からは徒歩で聖ポール天主堂跡や、セナド広場へ。昨年6月に、ザハ・ハディッド・アーキテクツがデザインしたホテル、「モーフィアス」がオープンしたり、こちらも新旧の魅力で注目されつつあります。次は日帰りではなく、ゆっくり巡ってみたいです。 ①まずは香港グルメミッション! <<<②香港はブランチやスイーツもやっぱり楽しい! <<<Web eclatのおすすめ旅記事撮影・文/桂まり
  • 寒い、寒すぎる日が続いていますね。太郎もあまりの寒さになかなか布団から出てこなくなりました。「わんわん(泣)。寒いから出たくないわん! ぼくずっとここにいるから!!」■名前太郎くん■性別男のコ■犬種チワワとマルチーズのミックス■生年月日2012年3月8日■性格社交的で人も犬も好き。ちょっぴり食いしん坊だけど、ママの言うことをよく聞きます■特技ママの手の指示でシット&ダウンする。セラピードッグとしてお膝にいいコに座ることができる■好物ドッグフード、さつまいも、ヤギミルクのチーズ棒■マイブームお散歩で乾燥したミミズさんを見つけてスリスリすること(笑) ■チャームポイントくりくりの目と、ツインテールしたみたいな耳→太郎くんの投稿はこちらから!
  • おっちょこちょいな私。 ふとした事で捻挫をしてしまいました。 元々ペタンコ靴派であったものの、これを機にスニーカーloverに。お気に入りは白いレザーのコンバース。 ニューバランスは履きやすいし、シルバーのスリッポンは万能選手! ネイビーのピーコートコーデで娘のお稽古のお迎えに。重く見えがちなロングコートもピンクのニューバランスで軽く。 何よりフットワークが軽くなります。ワンコのお散歩にはダウンとスニーカーが必須。 冷えは大敵だから〜(^-^; スニーカーでのデパート巡りもおススメです。華組 鈴木美津子ブログ
  • 本人だけでなく、介護をする家族や周囲など、かかわる人全員にとって負担の大きい認知症。どういう病気なのか、そして予防のために今からできることを紹介していきます。知的好奇心を持って積極的に人と交わり、認知症を回避!実はMCIになっても、平均で26%の人が症状が改善するといわれています。認知症のタイプにもよりますが、MCIの段階で適切な治療を受けて生活習慣を整えるなどの対処をすれば、認知症への移行を回避、または遅らせることができるのです。「戻るための秘訣はいくつかありますが、最も効果的なのは知的好奇心を持つことです。いろいろなことに興味を持つ、未知の分野に挑戦する。例えばピアノが得意な人がピアノをやっても刺激にならないので、絵を描いてみるとか。男性なら料理にチャレンジするのもいいですね。人と交わるのも大事です。よく女性がやっている女子会とかランチ会なんて最高ですよ」運動習慣を持つことも大切です。近所を散歩する、用事のある駅のひとつ手前で降りて歩く。食生活の影響も大きいので、できるだけパンや麺類、ご飯などの糖質を控え、いろいろなものをバランスよく食べるのが理想的です。「今は炭水化物偏重型の食事をとっている人が多いですが、糖尿病になると認知症のリスクは2倍に、インスリン治療を始めると4倍になるといわれています。とはいえ、高齢になると食事の支度も面倒になってきますよね。そこで私がおすすめしているのが、トッピングで“おにぎらず”です。まず茶碗にのりを敷き、その上にご飯をのせ、サバの水煮やしらす干し、つくだ煮、卵焼きの切れ端など、なんでもトッピングして包んで食べる。たくあんなど歯ごたえがあるものを入れるとゆっくり味わえ、ご飯の食べすぎもセーブできます。のり自体も栄養が豊富ですしね。あとは野菜をたっぷり入れた味噌汁でもあれば文句なしです。ぜひ実家のご両親にすすめてあげてください。また買い物は、そのつどお釣りを計算することが頭の体操になるので、現金での支払いをおすすめします」毎日の習慣で、認知症は予防できます。親世代はもちろん、MyAge/OurAge世代も心がけておきましょう。次ページに続きます。親のこんな様子が気になったら専門医へ「認知症と生活習慣の間には深い関係があるので、親の身のまわりに気を配り、変化を見逃さないことが大切です」と朝田先生は言います。そこでチェックしたいのが衛生面。認知症になると細かいところに意識がいかなくなるので、歯ブラシの毛先が開いているのにずっと取り換えずに使っている、髪の毛を何日も洗わない、着るものに無頓着など、身のまわりのことにかまわなくなったら要注意です。また難聴は認知症になるリスクが2倍になるため、早めの対処を。「さらに最近の研究で、認知症と歯周病に因果関係があることがわかってきました。歯科医院で歯周病の治療を受ける、定期的に歯石を取ってもらうといったことは、認知症の予防にもつながります。自宅では1日4回の歯磨きと、デンタルフロスでの歯間ケアを習慣にしてください」イラスト/しおたまこ  構成・原文/上田恵子
  • 本人だけでなく、介護をする家族や周囲など、かかわる人全員にとって負担の大きい認知症。どういう病気なのか、そして予防のために今からできることを紹介していきます。知的好奇心を持って積極的に人と交わり、認知症を回避!実はMCIになっても、平均で26%の人が症状が改善するといわれています。認知症のタイプにもよりますが、MCIの段階で適切な治療を受けて生活習慣を整えるなどの対処をすれば、認知症への移行を回避、または遅らせることができるのです。「戻るための秘訣はいくつかありますが、最も効果的なのは知的好奇心を持つことです。いろいろなことに興味を持つ、未知の分野に挑戦する。例えばピアノが得意な人がピアノをやっても刺激にならないので、絵を描いてみるとか。男性なら料理にチャレンジするのもいいですね。人と交わるのも大事です。よく女性がやっている女子会とかランチ会なんて最高ですよ」運動習慣を持つことも大切です。近所を散歩する、用事のある駅のひとつ手前で降りて歩く。食生活の影響も大きいので、できるだけパンや麺類、ご飯などの糖質を控え、いろいろなものをバランスよく食べるのが理想的です。「今は炭水化物偏重型の食事をとっている人が多いですが、糖尿病になると認知症のリスクは2倍に、インスリン治療を始めると4倍になるといわれています。とはいえ、高齢になると食事の支度も面倒になってきますよね。そこで私がおすすめしているのが、トッピングで“おにぎらず”です。まず茶碗にのりを敷き、その上にご飯をのせ、サバの水煮やしらす干し、つくだ煮、卵焼きの切れ端など、なんでもトッピングして包んで食べる。たくあんなど歯ごたえがあるものを入れるとゆっくり味わえ、ご飯の食べすぎもセーブできます。のり自体も栄養が豊富ですしね。あとは野菜をたっぷり入れた味噌汁でもあれば文句なしです。ぜひ実家のご両親にすすめてあげてください。また買い物は、そのつどお釣りを計算することが頭の体操になるので、現金での支払いをおすすめします」毎日の習慣で、認知症は予防できます。親世代はもちろん、MyAge/OurAge世代も心がけておきましょう。次ページに続きます。親のこんな様子が気になったら専門医へ「認知症と生活習慣の間には深い関係があるので、親の身のまわりに気を配り、変化を見逃さないことが大切です」と朝田先生は言います。そこでチェックしたいのが衛生面。認知症になると細かいところに意識がいかなくなるので、歯ブラシの毛先が開いているのにずっと取り換えずに使っている、髪の毛を何日も洗わない、着るものに無頓着など、身のまわりのことにかまわなくなったら要注意です。また難聴は認知症になるリスクが2倍になるため、早めの対処を。「さらに最近の研究で、認知症と歯周病に因果関係があることがわかってきました。歯科医院で歯周病の治療を受ける、定期的に歯石を取ってもらうといったことは、認知症の予防にもつながります。自宅では1日4回の歯磨きと、デンタルフロスでの歯間ケアを習慣にしてください」イラスト/しおたまこ  構成・原文/上田恵子
  • UGGモカシンシューズモカシンDakota(ダコタ)はシンプルなスエードモカシンに革ひものリボンがついたタイプのものです! カラーは8色あり私が選んだのは「ダークデニム」です。 ダークデニムといっても明るめのデニムブルーでリボンはブラウンになっていてかわいい♡ この日は愛犬ナッツとお散歩♪ あったかくて歩きやすい♡ちなみにナッツはわんちゃんを見つけるとその場で動かなくなります。こんな感じです。tops:GU denim:UNIQLO shoes:UGGInstagramスーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • 公園に遊びにきたまつこ。でもなにやら動きが鈍い(笑)。わんこも人間と同じで寒いとそうなっちゃうのかな~?「遊びたいけど寒いのよ。分かる? 動きたいの、でも、寒いのよ」■名前まつこ■性別女の子■犬種フレンチブルドッグ■生年月日・もしくは推定年齢2014.10/1■性格人間大好き 犬苦手■特技ぺろぺろ■好物ヨーグルト 肉■わんこのマイブーム■チャームポイント →まつこの投稿はこちらから!
関連キーワード

RECOMMEND