アラフォーは何を選ぶべき?今年のタイツ最新ニュース

Marisol ONLINE

【1】今こそ買うべき6タイプのグレータイツはこれ!

同じダークグレーでも透け感や質感が変われば、まったく違う表情に。

■アラフォーはダークグレータイツがいい理由

1.色の幅が広く、コーデを選ばない

2.黒より着こなしに奥行きが出る

3.ほっそり見えて美脚効果が抜群

「吸放湿糸」という特別な糸を使い、汗によるムレを解消。静電防止効果もあるので、透け感のあるワンピやスカートがまとわりつきにくいのも優秀。タイツ¥600/福助(満足) 

グレーだけでも数種類あり、色バリエの多さが自慢の定番タイツ。落ち着いた「ダークチャコールグレー」は、薄めの40デニールでも透けすぎず上品。タイツ¥1,200/タビオ

本当に欲しい気のきいたカラー"にこだわっているだけあって、グレーの深さも絶妙。手ごろな価格でふだん使いしやすい。タイツ¥600/福助(フランティカ クローゼット)

繊細なメランジカラーと格別にソフトな履き心地は、天然コットンのおかげ。綿混タイツにありがちなほっこり感もなく、大人向き。タイツ¥2,200/アツギ(エクスエール)

100デニールながらうっすらと透け感があって、リブでもエレガント。保温性に優れた上質なウール糸を使用し、暖かさも◎。タイツ¥6,800/ステッラ(ピエールマントゥー) 

肌に触れる面に発熱効果の高い糸を使った二重構造で、しっかり防寒。抗菌・防臭加工をし、パンツの日に快適に履けるのもいい。タイツ¥1,000/アツギ(アスティーグ【熱】) 

【2】高機能な最新タイツ9選

高機能な最新タイツ<1>

服と同じく、今季はパープル系が人気

カシスのような色や赤みの強いグレーなど種類も豊富。服よりも手軽に挑戦できるので、さし色としてまずはタイツで取り入れても。(右)¥1,600/タビオ(タビオ リュクス) (左)¥800/アツギ(アツギ・ザ・レッグ・バー)

高機能な最新タイツ<2>

一度履いたらやみつきになる暖かさ

羊毛の中でも希少なメリノウールを使い、高い保温力をキープ。肌に当たる部分はコットン混と、表と裏で素材を変えることで、暖かさと肌ざわりのよさを両立。杢グレーも上品。¥4,400/ワコール(ワコール レッグウェア)

高機能な最新タイツ<3>

マットな質感で美しいカラーが持続

特殊な糸がカラータイツ特有の白浮きを抑え、美しく深みのある色をキープ。使い勝手のいい60デニール、リブも細くマットな仕上がりなので、きれいめにもカジュアルにも幅広く活躍。¥1,200/ナイガイ(ジルスチュアート)

高機能な最新タイツ<4>

女性の悩みを一掃するパンティレス

見た目はなかなか衝撃的! パンティ部分が大きく開きショーツを上から履くことで、トイレの際にいちいちタイツを脱ぐ手間が省けるというすぐれもの。着脱回数が減るぶん、破れる可能性も激減。¥1,200/福助(fukuske)

高機能な最新タイツ<5>

トレンド上手なGUの優秀リブタイツ

縦のラインを強調し、脚を細く長く見せてくれる太めのリブ、ボルドーやダークグリーンなど大人にも使いやすい流行色、そして手ごろな価格とすべてがパーフェクト。フィット感もほどよく、ノンストレス。各¥790/ジーユー

高機能な最新タイツ<6>

あったかタイツはますます薄手に

厚くて暖かいはあたりまえ。最近は吸湿発熱機能など、20~30デニールでも暖かなタイプが好評。(右)縦横伸びでフィット。¥1,000( 3 足組)/福助(デイリー満足) (左)切り替えがなく快適。¥600/アツギ(アスティーグ【美】)

高機能な最新タイツ<7>

もしもの時に買っておくべき弔事用

大人として、間に合わせの黒だけは避けたいもの。お悔やみの日用に作られたタイツは、靴を脱ぐ機会が多いことも考慮した消臭機能つき。爪先が厚く、補強されているので、畳などによる伝線も防止。¥350/アツギ(礼装)

高機能な最新タイツ<8>

冬にうれしい“うるおう”加工つき

右はシアバター、左はローズオイル、保湿力に優れた加工を施し、しっとりとなめらかな履き心地。一日履いていても、うるおいが続くので、乾燥しがちなオフィスにもおすすめ。各¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)

高機能な最新タイツ<9>

デスクワークも食事中もおなか楽ちん

ウエストゴムをなくし前マチを広くとったことで、食い込みや締めつけのストレスを解消。ゆったりしたおなかに対して、脚は段階的な着圧設計でほっそり。毛穴やくすみもカバーし美脚に。¥600/福助(おなかゆったり気分)

【Marisol11月号掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/松村純子 取材・文/伊藤真知
▼その他のタイツ関連記事もチェック
きれいめな着こなしに定評のあるエディター、三尋木奈保さんに聞きたい愛用のタイツ。“手ごろな名品”、そのおすすめとは?
見える面積が小さいからといって、手抜きは厳禁!どう工夫を凝らすかが、おしゃれの分かれ道に
今どき“長め丈”スカートのむずかしいバランスを攻略!女らしさやスタイルアップを補うタイツ×靴
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND