ちょっとやんちゃで最高にカッコいい!J&M デヴィッドソンのカプセルコレクション「Angie」

Marisol ONLINE

J&M デヴィッドソンのカプセルコレクション「Angie」のローンチパーティーに行ってきました。

イメージソースは60年代のロックンロール!ゴールドやブラススタッズ、レオパード、ワインカラー…ちょっとやんちゃで最高にカッコいいこのシリーズ、全部欲しくなっちゃいます★

#この部屋に住みたい

#そんな素敵なディスプレイ

#そして突然のスリーピースバンド結成

▼J&M デヴィッドソン関連情報をもっと見る
関連記事
  • オシャレは好きですが、イマイチ自身が持てない私。「初めまして」の方々との食事会。相手に失礼のない洋服選びって???12月1日に催されたマリソル美女組ランチ会。 お誘いのメールを頂いたのは11月上旬でした。 その日から私の頭の中は「何着ていく?」問題でパンクしそうでしたʕ⁎̯͡⁎ʔ༄ 初めましての方々とお会いする機会。失礼のないように、自分らしく、トレンドも取り入れたい…と当日まで本当に悩みました。 悩んだ結果、私はこちらの洋服を着ていくことに↓↓↓ ・主役はマリソルの"女っぷり”を意識し、キャメルのワンピース。 ・靴はパンプスできちんと感を演出。 ・ファーバッグをチョイスし季節感をプラス。 ・ネックレスにパールを投入し上品感をアップ。 ・大ぶりでイヤリングでトレンド感をプラス。 当日の写真がこちら↓↓↓全体のコーディネート写真 同じテーブルでした新美女組 左から No.148 まきこさん No.146 rinさん No.150 俵さん着席した際の写真。パールのネックレス、イヤリングが華を添えてくれます♡(食事中ですみません…)皆さんは普段どのようにコーディネートを考えていらっしゃいますか? パーティーシーズン。色々な方とお会いする機会があるかと思います。自分らしく、相手にも失礼がないファッションで、楽しみたいですね♡ 少しでも皆さんの参考になれば幸いです♡ そして、色々と悩みましたが、12月7日発売の1月号に・華やぎキャメル(P25) ・二大きかせ小物は「ファーバック」と「パールアクセ」(P74)という記事が載っていて、私のコーディネートも悪くなかったかな…?と嬉しくなった私でした☺ Instagram♡→→→kumiko_149美女組No.149 kumikoのブログ
  • 11月&12月はボルドーやエンジなど、くすんだ赤が俄然着たくなる不思議! 編集部の方やメンバーの皆さんと初めてお会いする美女組キックオフ会が12/1にあると聞いて、何を着て行こうと考えた時、わりとすぐ決まったのがボルドー系のコーデがいいな、ということ。 というのも、オシャレな方々が集まるのはもう確実だったので、オシャレしました!っとなると服につられて緊張しちゃいそうなので、あまり気負わない感じでいきたいなと思ったのがまずひとつ。 そして、私は洋服に限らずカラーものが好きで、割と今日は○○色の気分!というのがコーデの軸になることも多いのですが、なぜか毎年、11月&12月のクリスマスを意識する時期に赤やボルドーを着たい気分になります。そして新年を迎えるとその気分はどこへやら……という流れをここ数年繰り返しています。 ですが、手持ちの厚い赤ニットだとカジュアルすぎるし、そもそも今年は暖かいのでせっかくならまだ薄着でいきたい‥‥‥会場も東京ガーデンテラス紀尾井町の中のレストランだったので、ちょっとおめかし感が欲しい、という流れでボルドー系に決定しました。メインは今年の1月に購入したZARAのブラウス&スカートに。ドット柄でちょっとレトロなので足元はRoger Vivierにしました。このスカートとブラウスは、別売りでしたが同生地なので、セットアップみたいに着れる!と思い購入したもの。 ですが、実際に着てみて、この単品でもワンピ風にも着られるセットを持っておくと、とっても使い勝手が良いことに気づきました。 寒い時期のオシャレ用ワンピースって、大人になるとやっぱり「袖」が欲しいですよね。 寒さがほんとに身に応える年齢なので、我慢して袖なしワンピ&さらっと肩掛けアウターでは、冷え性としてはイマイチ不安。 かといって長袖/ちょっとドレスアップ感もあるデザイン/体型や好みに合うサイズ感、の三拍子揃ったワンピースを急に探すとなると、これまた大変。欲しい時には見つからなかったりします。 その点、セットアップとしても着られるブラウス&スカートの組み合わせなら、単品としても着られるし、トレンドに左右されにくくコーデでなんとかなったり。そして着心地の面でも◎。キレイめなカジュアルにしたい時、ボウタイブラウスは便利です単品それぞれとしても、ボウタイブラウスの方はちょっとクラシカルな雰囲気なので、デニムと合わせてきれいめ寄りのカジュアルコーデとして着たり。 スカートはハイウエストなので、トップスをインして着るような旬のコーデにも使いやすく、コットンTシャツに合わせて、スカートのとろみ素材とのミックスコーデとして着たりしていました。 ブラウスとスカートのセットって、これが初めてだったのですが、大人の女性には使えるシーンが多い!と気づき、またお気に入りの上下やセットアップが見つかったら、迷わず買っておこうと思っています。同じテーブルで仲良くなった同期のみなさんと♥そして、肝心のキックオフ会はとっても楽しかったです♥ この年齢になると、お仕事でお会いするでもなく、昔からの友人でもなく、ママ友でもなく、ファッションやビューティーが好き、という共通点がある女性に出会えることってほぼ無いので、それがすごく嬉しかったし、新鮮でした。 そして何を食べても美味しかったことに二重の嬉しさ!日本人としては致命的に生の魚介類が苦手なのですが、サーモンだけは大好き。アンチエイジングにも効果が高いそうで、チャンスがあれば常に食べたいところなので、このマリネは嬉しい!あとはテンションの上がる赤身肉!不足しがちな鉄分も摂れる赤身肉も、女性におすすめの食材と言われていますよね。 私も実際にサーモンと赤身肉なんて♥と嬉しかったですし、メニューにもアラフォー女性向けのこだわりや喜ぶポイントが反映されているんだろうな……メニュー表にもMarisolって書いてあるしオリジナルコースなのかな?この感度の高さってすごいなあ、とか一人でブツブツと考えてしまいました。 Marisol編集部の方のお話を聞いてすごくワクワクしましたし、新しいことってやっぱり楽しみ!せっかくこんな機会を頂いたので、微力も微力ですが、少しでも何かのお役に立てるような情報を発信できるよう頑張ろうと思いました。 貴重な機会をありがとうございました! お土産で頂いたダヴィネスのシャンプー&トリートメント。Made in ITALYだそうです。 おすすめの使い方の通り、頭皮から毛先までしっかり揉み込み、5~10分置いて、その後頭皮マッサージしながら洗い流すと、すごく浸透した感じでツルツルに。手書き風のウミガメ?風パッケージも私としては好きなポイントです。 シャンプーの泡立ちも細かくて、香りもすごく好みで良かったので、後から確認したらベルガモットとユーカリ、すずらんでした。かなり癒されるので、寒い冬のゆっくりバスタイムにぜひ♥美女組No.166 machikoのブログ
  • いつのまにか、だんだん古株となってきましたマリソル美女組のNo.67★アニスです。もはや毎年恒例?の美女組ランチ会『Marisol美女組の会2018』で目の保養と美味しい食事を堪能してきました♪毎年恒例化!?されてきた新メンバーさんを含めての美女組ランチ会。 今年は赤プリ跡地にできた東京ガーデンテラス紀尾井町の『NoMad Grill Lounge』で開催されました。本当に素敵な大人女性の集まりなので、キラキラ夢の世界を体感できました☆ 同期のNo.66 risaさん、No.69 かんちゃん、No.70 Keiちゃんと乾杯☆笑顔のかんちゃん♥マリソルのイベントや撮影の時に少しずつ仲良しになれた大事な美女組仲間。大人になってからの友達って本当に貴重な存在です。No.100 Macoさん、No.92 めるもちゃんと☆「大人の遠足」から仲良くさせてもらってる、めるもちゃん★No.100 Macoさん、No.90Miwakoちゃんと♪NO.92 めるもちゃん、No.131 marie noelちゃん、No.132 はるかちゃん♥私がアラサー時代に創刊されたマリソル。当時はアラフォー女性は特別感のある憧れの大人な存在。 まだ美女組が結成される前のマリソル読者イベントに当選して参加した時、たくさんのマリソル世代の先輩方と話す機会がありました。大人な余裕があるたおやかな女性が多くて、「自分もマリソル世代になったら、ああなっていたい!」と心に誓ったものでした。 特にスタイリストの地曳いく子さんから「エネルギッシュに人生を楽しむ姿勢」を教わった記憶があります。 アラフォー世代になっても美女組へ応募する勇気がなかった私に当時の副編集長さんが「応募してみませんか?」と声をかけてくれたので一歩踏み出せました。ほんの少しの勇気が広げた美女組の世界。また新しい1年、皆さんどうぞよろしくお願いいたします。美女組No.67★アニスのブログ
  • 保湿&保護効果に優れたオイルは、パサつきがちな髪や、実は顔よりも乾燥しやすいボディのケアにも最適。美肌と評判の美容のプロはオイル好きが多いのをご存じ? それは、年齢を重ねた肌にオイル美容がもたらす格別な効果を知りつくしているから。ツヤもハリもみずみずしさも断然変わる! 使い分け術:4 ヘアケア&ボディケアアイテムとしてオイルなら乾いた髪にもすっとなじんで、重さがないからスタイリングのじゃまをしないのも魅力。なめらかにのびるテクスチャーはボディもラクラクケア。お風呂上がりのぬれ髪にぬれボディにオイル。クセになる心地よさを約束!ヘアオイル:洗った髪のケアはもちろんシャンプー前の保護オイルにも顔以外ベスコスも受賞した実力派ヘアオイル。シアオイルなど4 種のオイルを独自ブレンド。毛髪のケアも頭皮ケアもこれ一本。ヘア リチュアルプレシャス ヘアケア オイル100㎖¥10,6 00/シスレージャパンぬれ髪につけてブロードライするとドライヤーの熱で美容成分が髪内部へと浸透。頑固なクセのある髪もまとまりやすい髪にケア。ブロードライ コンセントレート50㎖¥3,000/モロッカンオイルコメ胚芽オイルなどボタニカルオイルを濃縮配合。毛先の保湿や頭皮マッサージ、プレシャンプートリートメントなどマルチに使える。アウェイク ヘルシーヘアデイ スカルプ&ヘアオイル60㎖¥4,000/コーセー他の画像を見る【Marisol12月号2018年掲載】撮影/ケビン・チャン スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
  • とってもお洒落な大人の空間!美容と健康にも良い発酵食品「ぬか床」料理のお店で、美味しい楽しい腸活!@福岡発売中のMarisol 1月号でも話題の「腸活」。 昔から白米が大好き!ご飯のお供には、納豆・キムチ・漬物・味噌汁が欠かせません(^_^) 知らず知らずのうちに、発酵食品を摂る習慣ができているからか・・・ 最近は、吹き出物がでることもほとんどなく、お通じもとても良いと感じています。 「乳酸菌」「酵母」「発酵食品」♪ これらを美味しく、オシャレに、堪能できるお店が10月に福岡にOPENしました。「ぬか床」料理のお店 HAKKO食堂 @福岡ランチタイムは、ぬか炊き定食をいただくことができます。 今回は「さば・ぶた・手羽先の3種盛り定食」にしました。 ぬかの味がしっかりしみ込み、お肉もほろほろ~。 ご飯がすすみます! 食後のウーロン茶も、茶葉を酸化発酵しているので、発酵食品ですね♪ 夜のメニューは、ぬか床料理に合う地酒やワインも一緒に楽しむことができるお料理。 人気の「さばのぬか炊き」、ポテトサラダ(ぬか入り!)、ぬか漬けの盛り合わせetc. お酒はほどほどの私は、早いタイミングで「ぬかカリー」を堪能しました!ランチメニュー♪ 「さば・ぶた・手羽先の3種盛り定食」 \1,500円左から・・手羽先・さば・ぶた ぬかの味がしっかりしみ込んでいます♪夜メニュー♪ 〇さばのぬか炊き 〇ポテトサラダにもぬかが隠し味! 〇柿もぬかに浸かって甘さが増しています他の画像を見る今回、特別に「ぬか床」を見せて頂きました! 50年、大切に大切に愛情込めて育てられたぬか床。 赤と青の唐辛子、昆布、山椒、生姜、塩が入っています。 ぬかを混ぜる際は、「ビール」を使い、酵母を元気にさせているそうです! 50年、大切に「元気に!」育てられたぬか床☆お肌すべすべ☆お美しいお店の皆さま☆美味しく、オシャレな「ぬか床」料理のお店。 福岡へお越しの際は、是非☆美女組No.168 miyaのブログ
  • いよいよ40代になった今年のコートは、 大好きなあのブランドのコートにしました。やっと冬らしい寒さがやってきましたね。 寒いのは苦手だけれども、お気に入りのコートがあれば、 外出も楽しみになります。 今年のコートは、マディソンブルーの、ロング丈コートを購入しました。 しかも、大好きなパールボタン!! 今まで、ロング丈のコートは、敬遠しがちでしたが、 重くなりがちなロングコートの印象を、パールボタンが 払拭してくれるので、ヘビロテ間違いなしです! 美女組No.114 SAYAKAのブログ
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届け。パークハイアット東京さんが年末のご挨拶にいらしてくださいました。来年は開業25周年だそう!"本"というパークハイアットに欠かせないテーマを生かした、こんな素敵なBOXをいただきました。引き出しを開けていくとチョコレートバー→マカロン→パート ド フリュイが!可愛い口絵までついています。 バーやレストランは仕事でもプライベートでも訪れる大好きなホテル。25周年、おめでとうございます!
  • 乾燥から皮膚を守り、新しい美容の視点からフェミニンケアこんにちは yasukoです 歳を重ねるにつれて季節の変わり目や空気の乾燥など外側からの影響をつくづく感じさせられる今日この頃 さて 身体の乾燥予防のための今使用してます美容オイルはこちら モロッカンオイルは髪に使用 その他は顔や髪、傷口やニキビのケア、ネイルケアなど様々 右前のロキシタンオイルの小瓶はMarisol12月号の付録でした 私の美容方法の一つで フェミニンケアとして膣に美容のオイルケア 体内への浸透率はおよそ頭皮や肌は20% 膣は40%にもなります フランスではトイレに女性専用の小さなトイレがもう一つあり、そこにはフェミニンケア用の石鹸が置かれているらしいです 海外ではフェミニンケアは当たり前の様に扱われています 日本でもやっとファッション雑誌で紹介されるようになり一部の百貨店のコスメキッチンでも取り扱われているようです 私は自分で安心納得した美容オイルを使用するようにしています とはいえ なかなか入りづらいところなのかもしれないので 私はフェミニンケアの入門として まずは布ナプキンから始めました まずは気にかけてみるだけで、自分に必要なものが見えてきますよ 長文になりましたが 最後まで読んでいただきありがとうございました美女組No.162 yasukoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND