ちょっと秋を先取りするのに有効なのはひと技きかせたファー小物!【2018/9/16コーデ】

Marisol ONLINE
少しずつ気温が下がってきているものの、思い切り全身秋コーデするにはまだ難しい端境期には、秋っぽさを感じるファー小物で秋めいた雰囲気にするのがおすすめ。ハンドルで持つコンパクトなデザインで、ファーをモダンな印象に仕上げたバッグは上品な印象に。優しい風合い&色使いが、いつものデニムスタイルをフェミニンに傾けてくれるはず。
バッグ(縦20㎝×横18㎝×マチ6.6㎝)¥44,000/アマン(ペリーコ) ニット¥34,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) デニム¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) 帽子¥22,900/カシラ ショールーム(カシラ) ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/ファリエロ サルティ) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/室井由美子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
関連記事
  • 間違いなくきちんと見えるジャケットは、オフィスコーデに欠かせないアイテム。今までとは違うブラッシュアップしたジャケットコーデと、そこまできちんと感を求められていない日の、オフィスカジュアルコーデをお届け!【目次】 40代 夏のオフィスコーデ:ジャケットコーデ編 40代 夏のオフィスコーデ:オフィスカジュアルコーデ編※商品は販売を終了している場合があります40代 夏のオフィスコーデ:ジャケットコーデ編■白ジャケット×ベージュワンピースのオフィスコーデフロントのひとつボタンと細めのラペル、九分袖がシャープな印象の白ジャケットをさらりとまとえば、膨張しがちなベージュワンピースもシュッときれいに着こなせる。少し短めの丈が軽やかさとスタイルアップをお約束。 ジャケット¥19,000・ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・アイスグレーバッグ¥41,000(トフ&ロードストーン)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶白ジャケットとベージュワンピースの詳細はこちら■ノーカラージャケット×パンツのオフィスコーデトレンドの太めパンツも長め丈のジャケットでグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ジャケットがヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)▶ノーカラージャケットとパンツの詳細はこちら■ベージュのジャケット×ワンピースのオフィスコーデストレスフリーなコットン地のワンピースにきちんと感のあるベージュのジャケットを羽織れば、こなれ感のある通勤コーデが完成。足元は白のサンダルで抜け感をプラスすると女っぷりがアップ。ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) 靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)▶ベージュのジャケットとワンピースの詳細はこちら■ベージュのシャツワンピース×ブラウンジャケットのオフィスコーデ小さめ襟の端正なベージュシャツワンピに、ブラウンのジャケットとグラデ配色にしてなじませたオフィスコーデ。上品で落着きのある雰囲気のカラーコーディネート。縦長ラインで細見えも効果も狙って。ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶シャツワンピースとブラウンジャケットの詳細はこちら■ネイビージャケット×カラーパンツのオフィスコーデ人気のカラーパンツで少し攻めのオフィスコーデ。インパクトのあるカラーパンツはシンプルなシルエットを選び、合わせるアイテムもベーシックを意識すれば品のあるオフィスコーデに。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ジャケット¥39,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) Tシャツ¥7,800/スローン(スローン) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥26,000/ファビオ ル スコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ネイビージャケットとカラーパンツの詳細はこちら■ジャケット×ネイビー細身パンツのオフィスコーデぐっとビジネスモードのアラ管(=アラウンド管理職)ファッション。ネイビーの細身パンツで引き締めつつ、ジャケットとパンプスは淡いトーンでまとめて、女性らしさもプラス。バッグはきちんと感のあるクラシカルなバッグでコーデを格上げ。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)  ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグバッグ¥345,000/エイチ アイ ティー ジャケット¥75,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶ジャケットとネイビー細身パンツの詳細はこちら■ノーカラージャケット×ふんわりワンピースのオフィスコーデ着丈長めのノーカラージャケットをワンピースにはおれば、長め×長めで旬のムードに。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。ノーカラージャケットは堅苦しさがないので、会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ) ▶ノーカラージャケットとワンピースの詳細はこちら■ネイビージャケット×リネンパンツのオフィスコーデ現場の上司としての印象は、堅すぎず砕けすぎずのほどよいオフィシャル感が重要。そんなときはセンタープレス入りのゆったりとしたリネンパンツと、ダブルボタンのジャケットのセットアップがちょうどいい。爽やかな白Tシャツと白小物で抜け感を。足もとは華奢なサンダルでエレガントな女性らしさを忘れずに。パンツ¥36,000・ジャケット¥62,000・カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN バンダナ¥9,800/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(MONA SULTAN) バッグ¥332,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットとリネンパンツの詳細はこちら■ジャケット×シャツワンピースのオフィスコーデほんのりモードなバンドカラーシャツをベルトアレンジでオフィス仕様に。片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。さし色の赤いパンプスで気分を上げる!ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ▶ジャケットとシャツワンピースの詳細はこちら■ジャケット×ボーダーカットソー×白パンツのオフィスコーデ膨張カラーの白こそ、タックや股上が深すぎないジャストウエストで気になるおなかも目立たせない。センタープレスでメリハリをつけたのもポイント。下まで全面裏地つきなので、ラインが響きにくく透けにくい。リラックス感のあるリネン混素材で、紺ブレ、ボーダーともマッチ。パンツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ベルトつきジャケット¥62,000/ebure カットソー¥10,500/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥59,000(ウェルデン)/フラッパーズ サンダル¥48,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白パンツの詳細はこちら■サファリジャケット×ドット柄スカートのオフィスコーデオフィスに着ていく色合いに迷ったら、必ず組み合わせる鉄板の「ベージュ×黒」。今年らしく着こなすならスイートな黒をとりいれること。例えばノスタルジックで甘さを感じさせるドット柄の黒スカートに、都会的なサファリベージュのジャケットを合わせて。ドット柄と同じくらい大きさの粒が連なったパールネックレスでリンクさせるのもおしゃれの高等テクニック。ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/オーラリー スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ) 靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ▶サファリジャケットとドット柄スカートの詳細はこちら■ジャケットとスカートのオフィスコーデ ビッグ&ロングなジャケット、バンドカラーのシャツ、ざらりとした質感のシルクリネンスカート。そしてガツンと大きなバッグ。旬のアイテムたちを集めた、鮮度の高いオールベージュ。ジャケット¥52,000/サード マガジン シャツ¥26,000/ebure スカート¥64,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ(大)¥57,000/フレームワーク 自由が丘店(ア ヴァケーション) (小)¥128,000(ザンチェッティ)・靴¥62,000(ジョセフ チーニー&サンズ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000・リング(人さし指)¥47,000・(中指)¥39,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)▶ジャケットとスカートの詳細はこちら40代 夏のオフィスコーデ:オフィスカジュアルコーデ編■シャツワンピース×肩掛けカーディガンのオフィスコーデシワになりにくく着心地のよい素材で仕上げたシャツワンピースは今シーズンもマストハブ。気になる二の腕をさりげなくカバーするフレンチスリーブや、ベルトなしでもサマになるウエストゴムで、働くアラフォー女性への思いやりを感じる一着。肩掛けしたカーディガンはさし色効果だけでなく、オフィスの冷房対策に。シャツワンピース¥22,000(エムセブンデイズ)・メタリックマクラメトートS¥14,000(ヌキテパ)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物▶シャツワンピースとバッグの詳細はこちら■ブラウス×白プリーツスカートのオフィスコーデ清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスとプリーツスカートの詳細はこちら■カーディガン×ベイカーパンツのオフィスコーデ長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ▶カーディガンとベイカーパンツの詳細はこちら■ニット×ワイドパンツのオフィスコーデ長時間のミーティングが続く日には、座りっぱなしでもシワになりにくい素材のパンツがかなり重宝。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶ニットとワイドパンツの詳細はこちら■ブラウス×ストレッチパンツのオフィスコーデほどよくボディにフィットした全方位ストレッチ素材のスーパーストレッチパンツは、一日中動き回ってもノーストレス! 細身のシルエットなので、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたい。小物は清潔感のあるベージュでまとめて。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶ブラウスとストレッチパンツの詳細はこちら■ボリューム袖のブラウス×タイトスカートのオフィスコーデボリューム袖が今年らしい白いブラウスにネイビーのタイトスカートを合わせた清潔感のあるオフィスコーデ。小物はクラシカルな雰囲気のバッグと靴で、しっかり個性もアピール。¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ▶白ブラウスとタイトスカートの詳細はこちら■とろみブラウス×細身パンツのオフィスコーデとろみ素材が女性らしいネイビーのトップスと細身のネイビーパンツを合わせたワントーンコーデ。小物は軽やかに決まる白とシルバーで抜け感をプラスして。ブラウス¥12,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・牛革トートバッグ【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.】トリプルコラボ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・パンプス¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶とろみブラウスとパンツの詳細はこちら■白シャツ×テーパードパンツのオフィスコーデ人気の定番テーパードパンツのすそ幅をやや狭く、光沢を出すチンツ加工を施してアップデートされたスタニングルアーの優秀な一本。太ももやヒップ部分はタックでゆとりがある、アラフォーにうれしいデザイン。コンパクトだからこそ、ゆったりとした白シャツとも好バランス。パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) シャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ベルト¥19,000(参考価格)/アマン(アトリエ  アンボワーズ) メガネ¥26,000/アイヴァンPR(アイヴァン)▶白ブラウスとテーパードパンツの詳細はこちら■ブラウス×カラーパンツのオフィスコーデほどよく肉厚だから下着も体のラインも拾わずノンストレスなマルティニークのカラーパンツは、センタープレスで、端正さはキープ。注目のイエローもこっくりトーンが取り入れやすい。ほどよく地厚でストレッチがきいているので、動きやすく、脚のラインをまっすぐに補正する効果も。黒の甘ブラウスで女らしく着こなして。パンツ¥19,000/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店(マルティニーク) ブラウス¥28,000/エストネーション バッグ¥145,000/アパルトモン 青山店(ザンケッティ) サンダル¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥20,000/ココシュニック▶ブラウスとカラーパンツの詳細はこちら■ニット×テーパードパンツのオフィスコーデ夏場も穿きやすいゆったりめのタック入りテーパードパンツは、落ち感のあるとろみ素材ならしなやかで女性らしい印象に。パンツ自体に華がある光沢素材だからこそ、トップスはベーシックなニットに。ベージュのワントーンコーデが、知的でこなれた印象に導く。パンツ¥25,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ニット¥20,000/スローン バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ) パンプス¥30,000/RHC ロンハーマン(ピッピシック) バングル¥6,500/ジューシーロック サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▶ニットとテーパードパンツの詳細はこちら■ノーカラーシャツ×テーパードパンツのオフィスコーデサイドジップで腰まわりの装飾をいっさい排除。そのぶん、太ももまわりがゆったりしているのではき心地は快適。すその内側部分にファスナーで開け閉めできるファスナーつき。オーバーシャツとの端正なスタイルにはファスナーを閉めてよりミニマルに。ライトブルーのシャツは程よい細身で裾もデザインされているのであえてアウト。さわやかな通勤コーデに。パンツ¥17,000/エストネーション シャツ¥33,000/ebure PVCバッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) ローファー¥29,000/アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店(カルチェグラム) ピアス¥4,600/リエス(ラ ピエス)▶ノーカラーシャツとテーパードパンツの詳細はこちら
  • 未来の旦那サマを想って今日もおべんと、作ります…甘服好みのおかげか、家庭的に見られることもしばしば。でも実は、料理……苦手です。ドットのシフォンブラウス、そんな繊細な甘さがウケるように、本日の厚焼き卵も甘さ控えめで。ボトムは青みピンクのスカートで女らしく華やかに仕上げてみた。ボウタイをリボン結びすれば、ネックレスなしでも胸もとが可愛げに♪ 今日のお弁当はかなりきれいに詰められた……と自画自賛していたら、こんな時間! 早く行かなきゃ、遅刻しちゃう~。ブラウス¥14000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) スカート¥19000/デミルクス ビームス新宿(デミルクス ビームス) イヤリング¥2500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル)【今月のPROFILE】丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里 大手家電メーカーに勤める31歳。甘服をこよなく愛し、華やかな雰囲気からか会社では"高嶺の花"的存在。だが実は、コツコツ努力家&倹約家。長かった彼とは先日お別れし、最近新たな出会いも……。青山の広告会社勤務広告プランナー・花とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】ドットのブラウス フェミニン派に欠かせない柄といえばドット。シフォン素材&ボウタイつきで、いっそう華やかに。¥14000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)【初夏の受け皿ボトム】パープルスカート 発色のいいフェイクスエード。¥19000/デミルクス ビームス新宿(デミルクス ビームス) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】ViS 【WEB限定】アソートスタンドフリルブラウス ¥3,900+税【関連商品】QUEENS COURT 【前後2Way】麻調フレアミモレ丈スカート ¥13,000+税撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) モデル/絵美里、山中修平 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • こんにちは!しんしんです! 2019年も、もうすぐ上半期が終了しますね。 ここでひとつ、半年の総括をしつつ、今年の目標を改めて見直したいなぁと思いつつ。憧れのラデュレでアフタヌーンティー♡♡さて、今回ご紹介したいのは、銀座ラデュレの期間限定アフタヌーンティー♡♡その名も…Pompadour Afternoon Tea♡♡コンセプトの源泉は、中世フランスを生きたポンパドゥール夫人とルイ15世の恋物語。 ポンパドゥール夫人がルイ15世の気を引くため、青い馬車にはピンクのドレスを合わせ、ピンクの馬車には青いドレスを着たという逸話からインスピレーションを受けた、なんともロマンティックなタワーです♡眺めているだけでときめいちゃう♡1段目はラデュレの定番・マカロン!一番上の段には、マカロンが2種類。 お味はラヴァンドとローズカルダモン!ラヴァンドは、想像よりもラベンダーの香りが柔らかで、甘さ控えめな上品な貴婦人のイメージ。 ローズカルダモンは、スパイスが効いていて、優雅なだけではない、意志の強さを感じさせる佇まいでした♪2段目には、ホームパーティでもまねしたいフィンガーフードがずらり!真ん中の段のフィンガーフードは3種類。 ・アボカドとうずらの卵 ・じゃがいもとツナマヨ ・たらもサラダとエディブルフラワー中でも、たらもサラダは絶品でした♡ 何個でも食べられちゃう♡♡ じゃがいもは器型にくり抜いてあって、そこにツナマヨが詰めてあるんです!おしゃれすぎる♪ トーストしたパンを丸く型で抜いて、アボカドペーストを塗って、うずらの卵をオンするのは、自宅でもやってみたい! パーティーフードにも華やかでかわいくてよさそうでした♡3段目は期間で変わるペストリー2種!一番下の段には、ペストリーが2種類! 定番のエクレール・イスパハン、そして、La Vie en Rose FAIR 限定ペストリーが1種類。イスパハンは、ラデュレの代名詞!と言ってもいいくらいの看板商品♡ 有名なのはマカロンのイスパハンですが、今回はエクレアで♡♡ ラズベリーの酸味とローズのクリームの甘さが最強のマリアージュで、紅茶との相性もまた最高でした!そして、 La Vie en Rose FAIRでだけいただくことができる特別なペストリーは、期間によって3種類変わります。 5/1 ~ 5/12 Rasberry-Berbena 5/13~6/2 Mango-Pineapplejasmine 6/3 ~ 6/18 Rhubarb-Marie Antoinette tea わたしは、真ん中のマンゴーパイナップルジャスミンを♪マカロンの中には、マンゴーとパイナップルの果肉が贅沢に詰まったペーストがかくれんぼ♡ 表面に散らされたジャスミンの花びらがふわっと香ることでオトナな口あたりを演出しています。 これが期間限定なんてもったいない…! 他の2種類も気になるなぁ♡♡母の日のお祝いに、母とデート♡今回は、母の日が近かったということで、少し遅めのお祝いに母とアフタヌーンティーを楽しみました♡ お隣の席も母娘で母の日のお祝いをしていたので、なんだか親近感♪ママ、いつもありがとう♡今だけのスペシャルなアフタヌーンティー!見逃さないで♡このアフタヌーンティーが楽しめるのは今だけ! 平日は予約が比較的とりやすそうです♪ 期間:2019年5月1日(水)〜6月30日(日) 場所:ラデュレ青山店、銀座三越店 価格:税込4,860円〜 最後までお読みくださりありがとうございます♡ *しんしん*モアハピ部 No.570 しんしん のブログ
  • 毎日更新しているDAILY MOREのファッション記事。人気のあった記事を見れば、今注目のトレンドが見えてくる!? ということで、5/11(土)~5/17(金)のファッション人気ランキングを発表しちゃいます!♡第3位♡ お招ばれ服、結婚式だけじゃもったいない! お招ばれシーンが増えるモア世代。お招ばれ服を買うなら、結婚式も、カジュアルパーティもOKな、「着まわせるお招ばれ服」を選ぶのが大正解❤︎ ▶︎▶︎セットアップもワンピも!♡第2位♡ まるで別の服! ベージュのセットアップ着まわし 20代女子は、ベージのセットアップが超使えるらしい!? その実力を証明するため、とても同じ服には見えない七変化着まわしに、飯豊まりえがトライ! 磯村勇斗くんも登場しますよ〜❤︎ ▶︎▶︎もちろんデートにも使える♬♡第1位♡ もも張り、O脚などの体型悩みはデニムで解決! 今年のデニムは「美脚見え」で選ぼう! 「お尻が大きいから」「身長が低いから」etc.そんなお悩みにおこたえする美脚デニムを、スタイリストの高野麻子さんがお見立て☆ ▶︎▶︎「このブランド、このモデル」まで教えます!あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるファッション情報を更新中。いつもチェックして、おしゃれのアンテナ張っておいてね♬※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。 ❤︎先週までのファッション人気ランキングはこちら❤︎
  • スタイリスト石田綾さん的・飛び売れシューズ予想!新しい季節は新しいシューズが欲しくなる。でも、何を買っておけば間違いないんだろう? そんな悩めるモアガール必見! 人気のシューズブランドの新アイテムの中でも、絶対に手に入れてほしい注目シューズを、スタイリスト石田さんのレコメンドコメントとともにご紹介します♡『モード・エ・ジャコモ』のメッシュパンプス(3.8)¥19000/モード・エ・ジャコモ(カリーノ)「メッシュサボが人気の同ブランドから、お待ちかねのパンプスタイプが登場。サボ同様サラリとした抜け感はありつつ、フェミニンさがよりUP。オススメは印象的な明るめレッド。メッシュのおかげで子供っぽく映らずにはきこなせます」(石田さん、以下同)『NT』のメタリックサンダル(8.2)¥18000/伊勢丹新宿店(エヌティ)「私たちの“欲しい”を叶えてくれるブランドだからこそ、浮かずに大人っぽく、トレンドのメタリックをはきこなせる、計算されたさすがのデザイン。そのうえ歩きやすい設計もありがたい!」『ル タロン』のパナマ素材ポインテッドトウフラットシューズ(1.8)¥7800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)「バレエシューズが豊富な『ル タロン』ならではの、今年らしいリゾート感のあるパナマ素材や、甘すぎないドットデザイン。誰ともかぶりたくない人はぜひ」『オデット エ オディール』のマルチストリングデザイン[右](3.5)¥17000・[左](5.5)¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)「使いやすくておしゃれな靴が揃う『オデット エ オディール』の今季の注目はマルチストリングのアッパー。いくつも重なった細いラインで、足もとから“おしゃれをわかっている人”な印象を与えられそう!」『オリエンタルトラフィック』のパープルピンク[上](4)¥5500・[下](2)¥6500/オリエンタルトラフィック(ダブルエー)「華やかだけど、どこか落ち着きがあり、モア世代にちょうどいい女らしさをくれるパープルピンクが絶妙。お値段もやさしいので、アクセントになる靴として一足持っておくと重宝しそう」『ダイアナ』のスクエアトウエナメルパンプス(7)¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)「足の形まで驚くほどきれいに見えるから、一度はけば必ず感動するはず! 計算しつくされた、美しいスクエアトウのラインのおかげで、コンサバすぎないきれいめ感が足もとに。深みあるカカオブラウンも、今年らしい服にマッチします」『銀座かねまつ』のバックストラップパンプス(4.5)¥32223/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)「オンオフ使えるちょっと辛口で女っぽいデザインが◎。バックストラップは細くて色っぽい印象なのに、短め設計のためまったくずれず圧倒的に歩きやすい。好印象さも歩きやすさも重視する人にオススメです!」『カルネ』のアンクルストラップパンプス(4)¥21000/カルネ(ダニエラ&ジェマ)「細いアンクルストラップに洗練された白、控えめなのに印象に残るカッティングデザイン……と、今足もとに欲しい要素を一度に手に入れられるデザインパンプス。どんなボトムにもマッチするので、はき回せること間違いなしです!」 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/石田 綾 ●本文中( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです
  • グレーとホワイトで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、スウェットの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 好きなものは、復活する。20年ぶりのアニマル柄(^^♪ 40代になって、どう着こなす?ZARAで購入新幹線の移動時は、楽なサンダルが助かりました(#^^#)先日の帰省時コーデ。 パイソン柄サンダルは、リネンパンツと合わせたい気分(^_-)-☆ 白トップス:spick and span リネンパンツ:spick and span サンダル:ZARA サングラス:Gucci シャツ:ZARA デニム:H&M(men's) サンダル:spick and span セイラ「そろそろ私も夏毛に着替えるニャー♡」ZARAのアニマル柄(鳥柄)は、172センチの私でSサイズ。 シワになりにくい素材のブラウスです。 腕も人より長い私ですが、袖丈が助かってます! プチプラで、個性あるデザインのお洋服を楽しむことが出来るのが、とっても有難い♡ 流行りも気になりますが、直観で「自分の好き」を大切にしてきたいなと思います。 いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます(#^^#)。 かっきー ちょうど、マリソル美女組N0.66 risaさんも、ブログにて素敵なアニマル柄をご紹介されています美女組No.66risaさんの”私って、アニマル柄が好きなのかも・・”はこちらをclick!美女組No.136 かっきーのブログ
  • ニット¥3900/dazzlin デニム¥12000/リー・ジャパン イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) パンプス¥20000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ)カジュアルアイテムの代表格デニムだって、背中見せやピタめが女らしいトップスを合わせればグッと色っぽくイメチェンできちゃう。もちろん足元はヒールで大人っぽさを盛り上げて。ボーダー×デニムの定番マリンも、ぐっと大人っぽいスタイルに!モデル/江野沢愛美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ボーダートップスコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND