J&M デヴィッドソンのアイコンバッグ『CARNIVAL』が遊び心あふれるアレンジに!

Marisol ONLINE

まだまだ暑さは続きますが、こちらはなんともう春! 

2019SSのJ&M DAVIDSON @jandmdavidson  のプレビューで見つけたのはその名もカーニバル・カーニバル! 

マリソル誌面でも見ない日はないアイコンバッグCARNIVALが、バイカラーやPVC、スタッズなど遊び心あふれるアレンジでその名の通りカーニバル状態! 

秋もまだだけれど、もはや春が待ち遠しい!

▼J&M DAVIDSON関連記事をもっと見る
関連記事
  • アラフォー以降に増えてくるトップがつぶれるのにうねる髪。その対処法をプロがレクチャー☆教えてくれたのは…美容師 CHIEさん 美容師 CHIEさん マリソル世代から人気のサロン・代官山『PearL』主宰。ヘアケアにも精通つぶれるうねり髪は芯を強くするのが必須 「ペタンとうねる髪は髪自体が弱くなり、まっすぐ立っていられなくなっている状態、と想像してください。髪は内部のコルテックスやメデュラ、表面のキューティクルでほぼ構成されています。もっている素材はどんな髪質もみな同じですが、その割合が違うんです。弱くなっている髪はその内部構造やキューティクルの厚みがもろくなり、湿気の影響を受けやすく、またダメージを受けてもうねりやすくなります。ですからこのタイプにおすすめしたいのは、髪自体を強くするケアとスタイリングなんです」(CHIEさん・以下同)テクニック①『インバスケア』で髪を補修して強くする「髪内部の栄養が少なくなっているので、しっかりと内部補修できるヘアケアを始めましょう。とはいえ、若いころに使っていたダメージケア系の重くなる仕上がりだとよけいに髪がつぶれてしまいます。大人の女性は内部補修をしながら、軽い仕上がりのシャンプーを選ぶのが大切です」1)『奇跡の一滴』と呼ばれるCHIEさんおすすめアイテム。オラプレックス No.4 ボンドメンテナンスシャンプー 250㎖¥2,800/プロジエ  2)髪内部の構造を補強。セグレタ シャンプー 430㎖(オープン価格)/花王 3)ノンシリコンながら補修力が高い。モイストシャンプー 230㎖¥2,800/エトヴォス 4)髪の立ち上がりをサポート。オージュア エクイアルシャンプー 250㎖¥3,500[美容室限定品]/ミルボンテクニック②『アウトバスケア』は、湿気をはじく軽めオイルを「白髪対策のためカラー頻度が多くなっているアラフォーの髪は、キューティクルが薄くなっています。そんな髪には浸透力の高い軽めオイルをアウトバスに。しっかり栄養を入れスカッとした髪を補修できるけれど、ベタッと重くならないライトなオイルがベストです。湿気をはじいて髪をガードし、うねりにくい髪にしてくれますよ」1.洗髪後タオルドライをしたら、適量を手に広げ、オールバックにしながらトップ→毛先へON02.手に残ったオイルは、もみあげ、前髪、生えぎわなど、うねりやすい部分に重ねづけをして☆Items❸美容成分配合の植物オイルを贅沢にIN。スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オ イル R 20㎖¥3,000/THREE❷顔にも髪にも使えるオイル。アスタキサンチンなど贅沢成分を 配合。スプリナージュ スパスージングオ イル 40㎖¥3,800/アリミノ ❶乾燥ダメージを補修し軽い仕上がりに。リクイール グローヘアオイル 60㎖¥2,500 /カネボウ化粧品 テクニック③『形作り』はブラシつきドライヤーで立ち上げドライ「うねり髪は寝ている間の汗でも形が 崩れるので、朝リセットするのがおすすめ。つぶれやすい髪質はテクニックいらずで根元を立ち上げやすい"ブラシつきドライヤー"でセットするのを推奨! 立ち上げブローやストレートのブローを簡単に、サロン仕上がりのようにつくることができます」01.うねり髪の元凶である、ハチ上の根元部分をミストスプレーなどでしっかりとぬらして02.いつもの分け目とは反対へ大胆に分け、風を横から当ててドライ。その後は反対側も同様に03.頭皮に対して毛束が90度になるように、根元から引っぱるようにまっすぐブローする04.最後に冷風モードに変え、毛束を落ち着かせるようにブロー。まっすぐの髪をFIXする☆Items5種のブラシつきで、立体感のある髪型がつくりやすい。くるくるドライヤー ナノケア EH-KN99(オープン価格)/パナソニックニット¥10,000/イトキン カスタマーサービス(MK ミッシェル クラン)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) 岩谷優一(vale./CHIEさん、masatoさん) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/コンイルミ(ROI) スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/松井美千代
  • 本格的な夏セールももうぐですがプレセールでゲットしたスカートが優秀です^_^ マリソル7月号をみて ブラウンアイテムがほしくて ショッピングしていたら プチプラで人気の KOEでプレセールになっていたので スカートを購入しました前からみるとこんなかんじ。 ウエストマークされているのと ストンとしたシルエットが 大人な雰囲気です後ろはこんなかんじ。 トップスをいんしたときに ゴールドファスナーが ポイントになり スリットも深すぎず 気に入っています。 ちなみにポケットもついてます夏はZARAの白Tにあわせて レストランディナーでは黒ブラウスと。 秋を意識してグリーンのブラウンとあわせてもいいかなと 思っています^_^色々と着回せる優秀スカート プレセールとメルマガ登録割引で 2000円ほどでした^ - ^ 良い買い物ができました〜^_^ 美女組No.125 juriのブログ
  • ベーシックなスタイリングが見違える注目デザインをピックアップ。今すぐ着られて夏まで活躍間違いなし。【注目はおり①】 要注目の最旬はおりといえばこれ!■スポーティブルゾン きれいめボトムスと合わせることでアラフォー世代がぐっと取り入れやすく。フェミニンなディテールがしなやかなスカートと好相性襟もとやすそ、袖口がドローストリング仕様になっていて、ふんわりとしたシルエットに調整可能。微光沢なフレアスカートでつくる女性らしいスタイリングに、ひとさじのアクティブなムードを添えてくれる。ブルゾン¥43,000/ebure ニット¥29,000/スローン スカート¥25,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バッグ¥48,000/アパルトモン  青山店(スタウド) サンダル¥44,000/エストネーション(ネブローニ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン)正統派の端正なつくりが大人のボーイッシュには必須アイビーの流れをくむトラディショナルなムードのブルゾンが、きれいめパンツとロゴTをカジュアルにつなぐ役割を果たしてくれる。腰丈のコンパクトなサイズ感だから上半身が小さくまとまり、少しボリュームのあるパンツとグッドバランス。ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥25,000/マディソンブルー パンツ¥26,000/ティッカ(ティッカ) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ピアス¥17,000・リング¥11,000/フラッパーズ(シンパシー  オブ ソウル スタイル)【注目はおり②】 トレンドの全身バランスが手に入る ロングライトコート 「長め×長め」「長め×ボリューム」の今年らしいシルエットが即・完成! ワンピースにはおれば印象がぐっとドラマティックにスタイリングいらずで、涼しく快適なワンピースは暑い夏の強い味方。小物だけでスタイルをアレンジするのには限界があるけれど、はおりものをプラスオンするだけで着こなしが一気に華やかで凝った印象に。白衣のようなドクターズコートは、注目のデザイン。ロングコート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ピアス¥78,000/ショールーム  セッション(ヒロタカ)盛夏まで重宝するのがゆるっとはおれるガウンタイプカットソー+デニムなど、夏に増えるワンツーコーデの救世主といえば軽やかなガウンタイプ。"布帛のロングカーディガン"感覚で使えるから、ヘビロテ必至。ロングコート¥42,000/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ハンドバッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥37,000(バルダン)・スカーフ¥36,000(ヴィンテージスカーフ)/カレンソロジー青山 ネックレス¥37,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/EIJI SATO メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/牧野紗弥 取材・文/発田美穂
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届けマリソル7月号もう見ていただけましたか? カバーはSHIHO!「楽してきれい!」のタイトル通り、軽やかな動きがきれいなSHIHOの撮影中の1コマです。彼女はいつも海外含め忙しく飛び回っているけれど、会う時はいつもHAPPYオーラ全開。結果、まわりの私達にもエネルギーを注入してくれるすごい人なのです! もう一枚では、とーっても好評だった前回のカバー5月号を持ったSHIHOのもとにスタッフみんな集合!! 今月号もマリソルの中にはおしゃれ心をくすぐられる“おおっ”というコーディネートばかりがつまっています。是非手にとっていただければと思います!(編集長イシダ)
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • 美容エディター・藤井さんが「痩せた?」と聞かれた秘訣はこのアイテムでした!リファ ダブルレイ今度のリファ、私が最も気にしている輪郭&頰まわりを左右同時にケアするなんて、すばらしすぎ! 効果を求めるあまり最初は顔のゴリゴリ部分を必要以上にコロコロしてしまい、筋肉痛のようになってやりすぎを反省。ところが翌日会った人たちが「やせた?」「顔がすっきりしてる!」と口々に。気をよくして毎日コロコロしていると、小顔効果が周囲で話題になるほどに! こんなラクに小顔が手に入るなら、もっと早く欲しかったー!最新のリファは、左右対称につまんで流す3Dシンメトリックアプローチで、エステティシャンの手技を再現。左右対称のWラインケアで、集中的にローラーで老廃物を流して立体的な表情に。¥28,800/MTG美容エディター 藤井優美さん 【Marisol7月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • メゾン マルジェラが、2019年6月19日(水)~30日(日)の間、阪急うめだ本店1階コトコトステージ11にてポップアップストアを開催。今回のポップアップストアでは、従来のジェンダーやアイデンティティーの概念にとらわれない「ジェンダー・ノンコンフォーミスト」という新たな価値を表現。既存の女性服と男性服の分類から解放された、すべての人に向けたワードローブとアクセサリーを提案する。 (左)2019年秋冬コレクション「Défilé(デフィレ)」Co-edコレクションより・(右)スタジオ アンヌ ホルトロップより雲のようなシェイプと軽さが魅力のアイコンバッグ「グラム スラム」やアイコンシューズの「タビ」など、ウィメンズ・メンズの垣根を越えた幅広いサイズと豊富なカラーでラインナップ。男女問わず人気のスモールレザーコレクションには、限定カラーのダークグレーが登場する。  「グラム スラム」(中右)ラージ(ウィメンズ)ホワイト〈W48×H30×D13cm〉¥258,000、(下左)ラージ(メンズ)ブラック〈W48×H38×D13cm〉¥268,000、(下中)ミディアム(メンズ)ブラウン〈W40×H20×D8cm〉¥228,000、(上右)バムバッグ(ウィメンズ)ブラック〈W33cm〉¥127,000、(上左)バムバッグ(メンズ)ホワイト〈W32×H18×D5cm〉¥148,000、(下右)バムバッグ(ウィメンズ)ブラック〈W27×H16×D8.5cm〉¥190,000/メゾン マルジェラまた、6月19日(水)~7月8日(月)の間、阪急うめだ本店1階コンコースウィンドウにて、オランダの建築家、アンヌ・ホルトロップ率いるスタジオ アンヌ ホルトロップによるウィンドウインスタレーションを実施。スタジオ アンヌ ホルトロップは、今回のポップアップストアの意匠も手がける。メゾンの新コンセプトとビジュアル・アイデンティティーを堪能できるチャンス、ぜひこの機会にチェックして。 スモールレザーコレクション(上右)「5AC」スモール〈W26×H18×D13cm〉¥208,000、(中右)2フォールドウォレット〈W9×H10.5cm〉¥59,000、(下)3フォールドウォレット〈W10.5×H8cm〉¥49,000、(中左)ジップウォレット〈W19×H10cm〉¥78,000、(上左)カードケース〈W7×H13cm〉¥34,000 ※すべて限定カラー/メゾン マルジェラ【ポップアップストア 'Discover the wardrobe and accessories for gender nonconformists' 開催概要】会期:6月19日(水)~30日(日)会場:阪急うめだ本店1階コトコトステージ11住所:大阪府大阪市北区角田町8-7  【ウィンドウインスタレーション概要】会期:6月19日(水)~7月8日(月)会場:阪急うめだ本店1階コンコースウィンドウ メゾン マルジェラ 阪急うめだ本店-ウィメンズ www.maisonmargiela.com06-6313-7403 text: Fuyuko Tsuji
関連キーワード

RECOMMEND