女らしいスニーカーコーデから秋色シャツ×パンツコーデまで【人気ファッションコーデ月間ランキングTOP10】

Marisol ONLINE
ネイビーTシャツ×レッドスカートのワンツーコーデ

1/10

ボーダートップス×パンツコーデ

2/10

黒レーストップス×プリーツスカートコーデ

3/10

タンクトップ×スカートコーデ

4/10

ワンピースコーデ

5/10

白カットソー×ミディ丈スカートコーデ

6/10

Tシャツ×チノラップスカートコーデ

7/10

ゆるトップス&デニムの楽ちんコーデ

8/10

秋色を意識してシャツ×パンツコーデ

9/10

ドット柄マキシ丈スカート×スニーカーコーデ

10/10

【10位】


旬度の高いネイビーTシャツ×レッドのレースタイトスカートのワンツーコーデは、トップスがネイビーなら品よく見える! コロンとしたフォルムのバッグは、ぺたんこサンダルのフェミニンカジュアルコーデでもちょっぴりモードなエッセンスに。お膝に乗せても丸みがあるのでレースのスカートでもひっかかりにくいのがお気に入り。

【9位】


楽ちん涼しげグレーで清潔感のあるカジュアル通勤コーデ。淡い色の着こなしに、さりげなくメリハリをつくるボーダー柄がポイント! 会議にマストなジャケットはとりあえず手持ちで。この季節に長袖だと暑苦しく思われがちなので、せめて全体をグレーや白でまとめたワントーンスタイルで涼しげに見えるように心がけて。

【8位】

歩くたびにひらりと揺れてオフィスにも華やかさを放つランダムプリーツ。白ブラウスとも相性よいけれど、例えばブラックレースのように同じトーンでまとめてみればオフィスでもデートでもどちらもいけそう。動きのあるシルエットのおかげでブラックやチャコールグレーが重たく見えず、涼しげに。

【7位】


カジュアルになりがちなタンクトップはオフィスでは難しいけれど、この大人タンクトップなら、ツヤ感のある素材でキレイめに着られるので腕を出したいアラフォーにぴったり。そんな大人トップスに合わせたいのは、ほどよいボリューム感とマキシ丈のフレアスカート。ウエストが幅広ゴムなので、トップスインにした時のアクセントにもなって今年らしいバランスが完成!

【6位】


ウエストに入ったゴムのおかげで、ワンピースをただ着るだけでもきれいなブラウジングが完成 !全体的に落ち着いた色味なのに地味で終わらないのは、横に広い襟ぐりと袖部分に施されたシャーリングが、さりげなく女性らしいポイントになっているから。

【5位】


発色のきれいなマリンブルーを主役にした夏にふさわしい上品カジュアルコーデ! 風水的にも青系統は冷静な判断力をもたらし、知性を高めてくれるので仕事運を上げるのに最適とのことなので、ミディ丈のスカートには印象的なマリンブルーをチョイス。特にこちらの色は“若さ”を与えてくれるらしいので、若見えにも期待!

【4位】


チノパン感覚で履ける新鮮スカートでスポーツサンダルでも女らしく。チノラップスカートはチノパンとはまたひと味違う、きれいめ感と女らしさが楽しめる一枚。さらりとトップスをインするだけでもサマになるので重宝しそう。

【3位】


ゆるトップス&デニムの楽ちんコーデには、メタリックトートでぴりっと仕上げて。明日は、着付けの免許を持っている友人の家に集合して花火大会のために浴衣に着替える予定。ゆるトップスはデコルテに余裕があるので、脱ぎ着するときに化粧がつかなくておすすめ。

【2位】


秋色を意識してシャツ×パンツコーデを鮮度UPさせて。ネイビーシャツに墨色のインナー、キャメルブラウンのパンツで秋っぽい配色を先取りして。メンズライクなアイテムと色合わせには、エッジのきいたアクセや辛口小物でリッチに演出。

【1位】


Tシャツ×スニーカーにはドット柄の甘めマキシスカートで女らしく。ボーイッシュ代表のTシャツとコンバースで媚びないヘルシーさをプラス。さらにきりっと辛口なシルバー小物で、ドットの持ち味をモダンにシフトしてみて。

8月1日~8月24日集計

■2018年夏のトレンド情報もチェック
オフィスで浮かないきちんと感を備えつつ、通勤服をぐっと軽やかにするスニーカー。大人の女性におすすめの4足をご紹介。
はきやすいのに美脚度満点!こんな「ストレッチ入りシガレットパンツ」があれば、カジュアルも通勤コーデもうまくいく
買いやすいプライスがうれしいSHOP Marisolのオリジナルブランド「エムセブンデイズ」。今から秋まで確実に"使える"アイテムだけを厳選しました
関連記事
  • BAILA8月号でも特集が組まれている「2019年上半期ベストコスメ」。 みなさん、もうチェックされましたか? BAILA8月号では、業界きっての美のスペシャリスト総勢35名の方が、BAILA世代にぴったりなベストコスメをご紹介しています。スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで幅広いアイテムが掲載されていて読み応えたっぷりですよ。 今回は、BAILA8月号にならって、私が選ぶ「2019年上半期ベストコスメ」についてご紹介していきます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 私が「2019年上半期ベストコスメ」に選んだアイテムがこちら。 【アイシャドウ】リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014 【ハイライト&チーク】THREE スリー シマリング グロー デュオ01 【リップ】ロレアルパリルージュシグネチャー 112  こちらの3アイテムを選びました。 本当はベースメイクやファンデーション・アイブロウなど、他のアイテムもご紹介したかったのですが、2019年上半期を通して継続的に使い続けたり「これいい!」と思ったアイテムに出会えず・・。なので、2019年上半期に本当にヘビロテして、底が見えるくらい溺愛したアイテムを選出してみました。 では、早速1つずつご紹介して行きます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'; text-decoration: underline} span.s2 {text-decoration: underline} span.s3 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} まずは、アイシャドウ。 私が2019年上半期にヘビロテしたアイシャドウは「リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014」です。お値段が1,620円という2,000円以下のプチプラアイシャドウ! 昨年の秋に発売されたアイテムですが、オレンジ系ブラウンのバレットなのでシーズン問わず活躍するアイシャドウとして重宝しています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 4色全部使うとヴィンテージ感漂う深みのある目元になるのですが、私は左下のオレンジ感強めのカラーをアイホール全体に、そして右下の濃いブラウンをアイライン代わりに締め色として使っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 伸びがよく、粉とびもないので、忙しい朝にも重宝しています。 また、ラメのようなギラギラ感は全くなくベルベッドのような輝きで目元を上品に彩ります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 実は昨年にもブログでご紹介したこちらのアイシャドウ。 お気に入りすぎて2個目に突入です! p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} お次はリップ。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年の春に出会って5月頃に急にヘビロテし始めた「ロレアルパリルージュシグネチャー 112 オレンジブラウン」です。 「透け感マットリップ」と言われているロレアルパリルージュシグネチャー。 さらさらとした軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方なので、とてもみずみずしいタッチを実現。鮮やかなカラーが唇にぴたっと密着し、唇の質感が透けるようなソフトな発色を叶えてくれます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 唇の輪郭にフィットするフェザー型アプリケーターが、とにかく塗りやすくてお直しにもぴったり。 香りはフルーティーの中に微かなバニラを感じさせる少し甘い感じです。 そして何より、発色・キープ力が抜群に良いリップなのに、乾燥しない!という優秀さが2019年上半期ベストコスメに選出した理由です。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フレッシュなオレンジでとっても健康的なカラー。オレンジの中にも微かにブラウンが配合されているので、カジュアルな抜け感のあるオレンジリップに仕上がります。 この夏トレンドのサファリカラーのコーディネートとも相性抜群です。 ロレアルパリルージュシグネチャーは、他にもカラー展開があるので秋冬になったらまた新しいカラーを追加しようか検討中です。 最後は、ハイライト&チーク。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} こちらは有名なアイテムなので、知っている方がほとんどなのではないでしょうか? 私は2019年上半期ベストコスメに選んだのは「THREE シマリング グロー デュオ01」です。 この底見え加減から、どれだけヘビロテしたのかお分かりいただけるかと思います。 THREE シマリング グロー デュオは、肌の内側から発光しているかのようなツヤ肌を作ってくれる「明るめのハイライト」とブラウンの「シェーディング」の2色がセットになっています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} クリーム状のハイライトとシェーディングなのですが、肌にのせるとパウダーのように変化するので、私はファンデーションやお粉の後に使用しています。 明るいカラーは、元々ハイライトとして使っていたのですが、2019年上半期にハマったのは「シェーディング」カラーの方。このカラーをチークとして使うのにハマりました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 明るいカラーを、ハイライトとしてCゾーン、鼻筋、目頭の少し下に塗っていきます。(*グレーの囲み参照)これだけで顔にメリハリが付き、ツヤ肌だけではなく目元をグッと印象的な雰囲気にしてくれます。 最後にシェーディングカラーを頬骨の辺りを中心に、横に広げるイメージで塗っていきます。塗る前はブラウン系の濃いカラーに見えますが、実際に肌にのせるとナチュラルな血色感のあるカラーに。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} オレンジ系のアイシャドウやリップにハマっていたこともあり、チークは赤やピンク系よりもTHREE シマリング グロー デュオのシェーディングカラーがしっくりきて、2019年上半期はとにかくヘビロテしていました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 最後に、2019年上半期ベストコスメに選出したアイテムでメイクをした時がこちら。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 全体的にオレンジ系のカラーで、ツヤ感重視のメイクが定番となった2019年上半期でした。 2019年下半期は、スキンケアやベースメイクを開拓したいと思います! みなさんの2019年上半期のベストコスメはなんですか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 近ごろ、肌の機嫌が悪い。もしかしてその原因は"落とすケア"にあるのかも。与えるケアに比べて、とかく軽視しがちなクレンジングや洗顔を見直して、今すぐ肌をランクアップ☆私がお答えします!トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんトータルビューティアドバイザー 水井真理子さん美容誌・女性誌などのスキンケア指南で活躍。肌を見るだけでその人のふだんのお手入れ法を見抜くカウンセリングは神業!?落とすケアこそ大人の美肌への近道!「何をしても肌の調子が上向かない。そんな時は落とすケアを見直してみませんか」と水井真理子さん。「与えるケアも大事ですが、正しいクレンジングや洗顔をマスターすると、本当に肌は変わります」。うるおって、透明感が上がって、ツヤも出る。さらにエイジングもゆるやかに。とはいえ、アラフォーになると、肌は刺激に弱くなっていく。「クレンジングや洗顔は、刺激になりやすいケアですが、それをいかに肌にいい方向にもっていくかがカギ。負担なく、うまく落とせたら肌はそれを見逃さないし、日々“なんか調子いい”状態に。落とすケアこそ大人の美肌への近道なのです」■クレンジング&洗顔をめぐる都市伝説ウソor ホント??誰もが子供のころから行っているあたりまえのケアだからか、クレンジングや洗顔には、まことしやかに囁ささやかれるたくさんの"ウワサ"が。その真偽のほどを水井さんが検証。■オイルは肌に悪いクレンジングオイルは必要なうるおいまで取ってしまうと言うけれど……。「今の製品はテクスチャー、界面活性剤の質など、すべてにおいて進化しているので悪者ではありません。ただし大人向けの保湿力の高いものを選ぶ必要はあり」 ■ダブル洗顔は必要「ダブル洗顔不要の製品は別ですが、原則的にクレンジング後は軽く洗顔料で洗うことで、クレンジングでオフしきれていない汚れを、泡で落として完了するのが理想」。特に夏は、ハードな乾燥肌の人以外は必ず。■スクラブは肌に悪い「悪くありません! スクラブ剤というと、ゴシゴシこすって落とすというイメージがあるけれど、今は肌に穏やかな製品が主流。むしろ代謝が落ちた肌を助けるためにうまく使ってほしい」。量をケチらず、肌の上で軽く転がして。大人に優しいスクラブ剤も登場! (右から)肌上でくずれる植物由来の粒子で安心。クレイと竹炭で吸着効果も。クレイ ピューリファイング スクラブ 75g¥5,000/SUQQU 弾力ある5 種類の粒子で穏やかに汚れを取り除く。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g¥12,000/ITRIM■泡は手にこんもり立てないとダメ泡は手のひらいっぱいに立てないと……というのもよく聞く話。「泡が多すぎると、髪をぬらしたくないからと、額やフェイスラインまできちんと広げず、洗いが不十分になるのでNG。泡はピンポン球2個分くらいに」■朝、洗顔料は使わないほうがいい「夜につけて吸収されず残ったクリームなどを洗顔料で落とす。すると朝のケアが有効に働きます。また夏は皮脂が出やすい季節。皮脂を落とす意味でも洗顔料を活用して」。なお、乾燥性敏感肌の人だけは使わないほうがいい場合も。■クレンジングでマッサージすると効果ありついやりがちなこのケア法。でも、「クレンジング料は落とすためのもの、マッサージはほぐして栄養を与えるためのものと目的が違います。クレンジング料でのマッサージは、肌を乾燥させ、負担になるので避けましょう」■洗う時間は短いほうがいい「洗う=水にうるおいを流出させている状態です。時間をかければ、肌の負担も増すため、短時間ですますに越したことはありません」。洗顔料の質は年々よくなっているとはいっても、泡を長く肌に置きすぎないように注意。■洗顔料は安いものでOK「年齢を重ねた肌を立て直すには、落とすケアも質を意識することが大切。肌にうるおいを残して磨き上げる大人向けの洗顔料を」。安いと必ずしも悪いわけではないけれど、「なんでもいい」といいかげんに選ぶのはなし!【Marisol8月号2019年】撮影/押尾健太郎(人物) 河野 望(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 構成・文/小田ユイコ
  • クールな黒に+レースで甘盛り♪ 着回し力抜群な黒ショーパン。何色とも合うけれど、主役使いするのなら白と合わせるのが正解。レースのトップスで涼やかさと甘さをいいとこ取り。 ショートパンツ¥6900/MURUA レーストップス¥3900・ヘアターバン¥1600/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ベルト¥2990/UNIQLO イヤリング¥4862/アビステ バッグ¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 無敵の合わせやすさを誇る万能カラー(左)幅広が旬。 カチューシャ¥1000/お世話や(Osewaya) (右)ドット柄がガーリー。 ヘアゴム¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店甘さたっぷりだからカジュアルボトムと相性抜群。 トップス(インナーキャミつき)¥10500/SNIDELティアードスカートは、Tシャツでカジュアルに。 スカート¥5990/titty&Co.ルミネエスト新宿店他の画像を見る 甘めレースも黒なら大人っぽい表情に 甘ブラウスに、デニムとヒールの高いサンダルを合わせて、ドキッとさせるほどの色気をプラス。クリアなPVC素材のバッグで、トレンド感まで欲張っちゃう。 レーストップス¥11500/Noela デニムパンツ¥2490/GU ピアス¥1990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 バッグ¥7900/アンビリオン(カカトゥ) サンダル¥6900/RANDA モデル/新木優子 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • こんにちは☺︎ 今号のBAILA x repettoコラボの付録バッグが、可愛すぎてバイラーズで話題になっています! 夏流行りのpvc素材に、秋っぽいレオパード柄の組み合わせがおしゃれ感満載ですよね♡ おしゃれなだけじゃなく、色々なコーディネートにも合わせやすいんです! 全く違うタイプのコーディネートで紹介します。 甘めのカジュアルコーデ。 これにカゴバッグを合わせると甘すぎですが、pvcが抜け感、レオパード柄がワンポイントになります! サファリカラーのリラックスコーデ 下手したらご近所感が、、!なコーディネートですが、トレンドたっぷりなrepettoコラボバッグでお出かけコーデに☺︎ しかも、小さいけれどちゃんと入ります! ミニウォレット、キーリング、日焼け止め、リップが入れば、お出かけにも充分ですよね。 pvcバッグだけにして、水着を入れても可愛いかも♡ この夏大活躍間違い無しのこのバッグ、皆さんもぜひゲットしてくださいね。
  • 7月早々に手に入れた夏物。 まだ寒かったのでしばらくは重ね着で♪ 寒い7月が続き、せっかくお得に手に入れた夏物コーデを イマイチ楽しめない日が続いています。 でもやっぱりセールは楽しいですね♪ お気に入りのブランドで50%OFFなんて 興奮してしまいます(*´▽`*) 写真は戦利品の一部ですが ブルーのワンピも、黒のワンピも、バッグも半額!!! スポーツサンダルは30%OFFです!!! 7月上旬 美女組さんたちとのランチの日。 朝から寒くて、雨模様。 ワンピースだけだと寒かったので ノースリーブワンピをジレ風に重ねて着ていきました。 ワンピース le coeur blanc バッグ le coeur blanc サンダル oriental traffic   ノースリーブワンピ YECCA VECCA流行りのスポーツサンダルも素足で履くのは足先が冷えてしまうほど その日は涼しかったので ソックスを履いていきました。 (写真は脱いでしまいましたが・・・) ワンピースでも、ソックスでもOKの 今のスポーツサンダルコーデはありがたいですね。そろそろ梅雨明けするかな? 夏コーデ、楽しめるかな? ランチ会は No.143ASUKAさん、No.144Makiさん、No.151らんさん の4人で、銀座有楽町にある ギリシャ料理のお店「THE APOLLO」にて。 ハワイで挙式を終えたばかりのASUKAさんの お話も聞かせていただき 幸せのおすそ分けをしていただきました♪ ASUKAさん♡おめでとうございます(≧◇≦) 美女組No.160 yukoのブログ
  • 秋に向けて、ハイブランドから秋物バッグが続々登場! GUCCIからは伝統的なデザインを落とし込んだトラッドモチーフが仲間入り。秋の到来を前に、ハイブランドのコレクション巡りをしてイメージを高めておこう。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 GUCCI【グッチ】 由緒正しいトラッドなモチーフを現代的なアレンジで楽しむ アーティストで女優のズゥミ・ロソウが名前の由来となったバッグ。グッチのシグネチャーである「インターロッキングG」と「ホースビッ ト」を組み合わせ、ゴールド&シルバーで表現したディテールが、伝統的なデザインに今の魅力を添える。靴にも同じディテールをあしら って。バッグ「グッチ ズゥミ」(16×24×4.5)¥350000・靴(5.5)¥102000・シャツ¥270000/グッチ ジャパン(グッチ) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
  • 夏をおしゃれに乗り切るための涼やか&華やか両立アイテムが勢ぞろい。「難しいコーデテクは不要。着るだけでOK」と麻琴さんも太鼓判!今買って秋まで着れます!     甘すぎないラベンダーカラーは、きれい色スカート初心者にもおすすめ 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ラップマキシスカート/¥14,000+税 広がりすぎないAラインのラップスカートは、通気性のいい麻素材。合わせるアイテム次第で、カジュアルにもきれいめにも着回せます。後ろにゴムを入れたウエストは、共布の太ベルトで自然に隠せるのも自慢。前合わせがめくれにくい作りや透け防止の裏地など、細かい部分にもしっかり気を使いました。前ウエストはすっきり感を重視。後ろ部分のみゴムで締めつけ感を軽減しつつ、フィット感を高めます。       風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。       タックアウトでおしゃれに決まる、ありそうでなかった大人のためのロゴT 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ロゴプリントTシャツ/¥7,000+税 控えめなロゴはフランス語で"夏が好き"という意味。フィットしすぎず、ルーズすぎない身幅や、アウトでサマになるよう計算された着丈が、季節を通しての大活躍を予感させます。折り返した袖口はアクセント効果に加え、二の腕カバーにも有効。ブラックには白、ブラウンには黒、ブラック×ホワイトのボーダーには赤のロゴ入り。       着るだけで“ラクしてきれい”が叶う、異素材使いのフレンチスリーブ T 登場 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ギャザーフリルTシャツ/¥8,500+税 上に表面感の美しいカットソー、下にとろみ生地を配した異素材使いに注目。バスト下で切り替えたフリルギャザーが、女性らしい甘さを漂わせます。カットソーのラクさと、ブラウスのきちんと感を兼備した、まさにいいとこ取りな一枚。手持ちのパンツに合わせるだけで、日常にふさわしいフェミニンコーデが完成します。     上品なつや感を放つサテンパンツなら、Tシャツ合わせでも華やかさは申し分なし 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】サテンストレートパンツ/¥13,000+税 ウエストをサイズ調節が容易なゴム+ドローコードで仕上げた、脚の線が出にくいやや太めのストレートパンツ。ほどよくリラックス感のある軽いはき心地ながら、薄手のサテン素材が持つ光沢感のおかげで印象はあくまでもきれいめ。Tシャツやスニーカーといったカジュアルなアイテムを合わせても、洗練されたイメージにまとまります。裏地をつけて、下着のラインをひびきにくく、汗じみを気にせず着られるようにしました。裾のサイドに深めのスリット。動くたびに足首がのぞき、女性らしい軽やかさを印象づけます。     今回はモデルの高山都さん(身長158cm)に着ていただきました!小柄さんにも素敵に着こなせるアイテムが揃っておりますので、是非コーディネイトの参考にしてみてください!  
  • item / #fujiko シェイクシャドウ02 イビサオレンジ  油分ゼロ!水×光の粒をシェイクして使う新感覚のオールウォーターベースアイシャドウ 油分ゼロ!水×光の粒をシェイクして使う新感覚のオールウォーターベースアイシャドウ 従来のシャドウよりも皮脂に強くてヨレにくくて、ピタっとまぶたにフィットするというところと魅力的♪ 肌にも優しそうな印象でお化粧落としも楽そうだな~と思ってトライした1本目がすごく良かったので、トレンドのオレンジカラーもゲットしました^^ チップでポンポンとテキトーに乗せたシャドウを指で軽く伸ばすだけ たったそれだけでキラキラの微粒子ラメがいい感じにゆらめいてまぶたにピタっとフィット! 重ねても変にギラつかないので、大人が楽しめる上品なラメ加減がとっても嬉しい♪ 目ヂカラ、アップします 女っぷり、上がります(感想に個人差あり)   目ヂカラ、アップします 女っぷり、上がります(感想に個人差あり) …圧の強い真顔&カメラ目線で失礼します(失笑) アイメイクのご紹介って難しいなと日々勉強中。。 単色ながらも光の取り込み方で発色が変わるので立体感のある印象的な目元がこれ一本! そしてイビサオレンジは夏にこそオススメです^^ ・・・styling point・・・ 陰影を与えて印象的に輝かせるシアーな高発色で『塗った瞬間、いきなり可愛い』を叶えてくれるフジコシャドウ◎完全ウォーターベースで透けるようないろっぽ質感になるところ、品のある華やかさを感じるラメ感をクリアタイプのカラーペーパーやスパンコールで表現。弾ける常夏カラーのイビサオレンジはぐっと目を惹くバレンシアオレンジタイプの壁紙で ・・・・・・・・・・・・ Instagram
関連キーワード

RECOMMEND