女友達と一泊二日で軽井沢へ。エレガンス薫る大人のワンツーコーデで【2018/8/9コーデ】

Marisol ONLINE
友人夫妻が建てた軽井沢の別荘へお泊まりがてら遊びに行くことに。今回は女友達が運転してくれるので助手席で食べ物補充係に徹してあげよう。コロンとしたフォルムのバッグは、ぺたんこサンダルのフェミニンカジュアルコーデでもちょっぴりモードなエッセンスに。お膝に乗せても丸みがあるのでレースのスカートでもひっかかりにくいのがお気に入り。
【徳原文子さんコラボ】Tシャツ¥7,900(エムセブンデイズ)・レースタイトスカート¥16,000(マイカ&ディール)・サンダル¥19,000(マウロ・デ・バーリ)・バッグ¥50,000(ベルメール)/SHOP Marisol サングラス/スタイリスト私物
撮影/谷田政史(CaNN) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
関連記事
  • 週3肉通い。食べ抜いて選りすぐったおすすめ店を紹介♥ 土屋巴瑞季の焼いて焦がれる、焼肉愛!MOREの人気モデル、はーちゃんこと土屋巴瑞季ちゃんが無類の“肉好き女子”って知ってますか? 多い時には連日でも(!)焼肉に行くというはーちゃんの、とっておきのお店を紹介してもらいました!焼肉という沼にハマって7年。お肉と向きあうのが至福の時間「私が焼肉に本格的にハマったのは18歳の頃。一度『好き!』って思うととことん追求しちゃうタイプなので、当時は毎日のようにお肉を食べ歩いていました。おかげで今では、私とごはんor飲みにいく=焼肉! という前提でお誘いを受けることがほとんど(笑)。これまで100軒以上は食べ歩いたんですが、その結果、家族と行くアットホームなお店、地元の仲間と行くコスパがよくてワイワイできる店、女友達と行くおしゃれな店、それからひとりでも入りやすい店など、目的によって使い分けができるようになりました。お肉の日は朝昼の食事を軽めにしたりして、バランスを考えるようになったら太るどころか逆に体の調子もよくなって(笑)。みんなにもぜひ、もっと気軽に焼肉を楽しんでほしいです!」(巴瑞季、以下同)カットソー¥16000/UTS PR(ジェーン スミス) スカート¥36000/エスティーム プレス(5-knot) ヘアバンド¥917/ベルシュカ・ジャパン(Bershka) ピアス¥15000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) リング¥10000/シップス 有楽町店(フィリップ オーディベール)女子会で“映え”を狙える! [焼肉×バル マルウシミート 西新橋店]「私は銀座本店にも行くんですが、どの店舗もカフェやイタリアンレストランのような雰囲気で、とにかく内装が可愛い♡ 個室もあるので、ゆっくり女子会で盛り上がれるのも魅力です。本当は教えたくないんですが……(笑)、入荷状況によって私の大好きな希少部位・エンピツがお得に食べられる、貴重なお店なんですよ!」『極上お肉の贅沢コース』(4名以上でオーダー可。¥7000)に含まれる「極上黒毛和牛の盛り合わせ」(希少部位を含む)。コース以外でも予算に合わせて盛り合わせをつくってもらえる。シメには女性人気の高い「トマト冷麺」(¥500)がオススメ「リブ芯の贅沢うにロール」(2枚¥1780)は、1日限定30食の人気メニュー。肉汁に負けないウニの甘みが口の中に広がる感動は味わわなきゃもったいない!SHOP DATA◆東京都港区西新橋2の4の12西新橋PREXビルB1〜1F ☎03・3500・5111 17:00〜23:30〈22:30/LO〉(土曜〜22:00〈21:00/LO〉) 休/日曜、祝日 ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/千吉良美樹 天野準子(大阪編) 撮影/須藤敬一 露木聡子 富田 恵 コーダマサヒロ(大阪編) ヘア&メイク/久保フユミ 甲斐美穂(2人ともROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/平田雅子
  • 女性もこっそり悩んでいるニオイ対策は今すぐ始めて!☆教えてくれたのは・・・汗、角質、靴……ニオイのもとは3方向から断つ足のニオイの原因は、さまざまな要因が絡んでいるから複雑だ。「足のニオイの大きな原因は、汗とストッキングの組み合わせ。女性の場合は汗をかいて、その湿度がこもるストッキングを履いているために、足のニオイ菌が発生しやすくなります。靴の中も油断できません」(桑原先生) 「靴のお手入れは毎日行ってほしいですね。靴の中は汗で湿ったり、古い角質や皮脂汚れがこびりつきやすいもの。これらもニオイの原因になります」(武田さん) 「実は足の古い角質はニオイ菌のエサになります。ガサガサかかとのままでいると、ニオイ菌が育ちやすい環境に。ニオイ予防には角質ケアも必要!」(渡邉さん) ■朝のケア 殺菌、防臭効果のある制汗剤を取り入れる「朝の制汗&ニオイケアで一日ニオイを予防。朝は靴下やストッキングを履く前にデオドラントを」(桑原先生)(右)デオコ 薬用デオドラントロールオン [医薬部外品] 30㎖(オープン価格)/ロート製薬 (中)エージーデオ24 フットスプレー h [医薬部外品] 40g(オープン価格)/資生堂 (左)Ban 汗ブロック 足用ジェル 40㎖(オープン価格)/ライオン■夜のケア 夜は足の指の間、爪の間まで汚れをしっかり落とすこと!(渡邉さん) 指の間を洗うお風呂の中で、ニオイ菌がたまりやすい足の指の間まで洗浄料でしっかりと洗うこと。その後、水気をしっかりふき取るのも大事! 爪のすき間を綿棒でオフ伸びている足の爪と皮膚の間に、ニオイの素はたまりやすい。綿棒などでお風呂あがりに汚れをぬぐい取り、清潔をキープして。 ■靴のケアを徹底!「靴の内側はニオイの原因のたまり場。夜、外出から戻ったら丸めた新聞紙などで湿気を取ること。その後、消臭スプレーを。サンダルの中敷きは汚れをふき取りましょう」(武田さん)(右から)オドクリーン プラチナミスト サンシャインシトラス 100㎖¥1,200・アウター&インナーローション 100㏄¥500/コロンブス【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(モデル) ケビン・チャン(物) モデル/水嶋はるな イラストレーション/本田佳世  取材・文/松井美千代
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年5月7日(火)~5月20日(月)【6位】 「左右非対称で不自然」悩める美女組が運命の眉に出会った! ★記事はこちら【5位】 目ざすのは肌全体の透明感!美白美容液で積極的に「育てる」ケアを ★記事はこちら【4位】 ただつけるだけで、たちまちにして旬の顔。3つの質感の旬リップカタログ ★記事はこちら【3位】 今すぐ、始めたい!毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【前編】 ★記事はこちら【2位】 今すぐ、始めたい!毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【後編】★記事はこちら【1位】 齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」 ★記事はこちら
  • 「実録。around管理職の出張ワードローブ」に♪Marisol6月号に掲載いただきました♪先月末からしばらくぶりの更新になってしまいました。 発売されてからもう2週間ほど経ってしまっているのですが、Marisol6月号の「実録。around管理職の出張ワードローブ」に掲載いただきました。 昨年は、国内外問わず、年間40回ほどの出張があり毎週末東京ではないどこかでイベント開催や撮影の立会いなどをしていました。 この度ご縁あって、出張ワードローブに出させていただくことに! (出張行きすぎで修行だと思ってましたが、こんな素敵な機会をいただけて感謝です)今回はヨーロッパ出張の際のワードローブを紹介させていただいたんですが、国内出張でも必ず持っていくのはpriv spoons clubのポーチセット。 こちらは洋服の小分けに使用しています。 あと別売りでアクセサリーケースもあるので、こちらも出張にいくときは持参します。 そしてパックは宿泊数分!! イベント運営などの裏方が多いので、翌日に響かないように一日の疲れがリセットできるマストアイテムです。 韓国旅行で大量買いした物を愛用しています。パックについてはこちらをご参照ください♪出張に行くたびに化粧品を持っていくのが大変だと思っていたのですが、今回小分けされた「リペア・ジーニアス」の存在を教えていただいたので、これからはこちらもマストアイテムに追加したいと思います。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました!★instagramはこちら★美女組No.143 ASUKAのブログ
  • 個人発のECサイトが盛り上がりを見せる中、「FLÉN(フレン)」は早くも実店舗がOPENするという実力派。大人っぽいデザインの中にある繊細な女らしさが特徴のアイテムは絶対に欲しくなるはず!店舗もOPEN! 新潟発、インスタグラマー姉妹のFLÉN(フレン)繊細な女らしさと今っぽさを兼備したスタイルで注目を集め、セレクトショップの立ち上げを発表するとともに顧客が一気に増加。8月には新潟県燕市吉田に店舗をオープン予定。◆https://flen-official.comディレクター 大森亜弥さん(@_by_ami)スタッフ MAOさん(@mao_look)Qブランドを始めたきっかけは?昔から服が好きでSNS歴も長かったため、インフルエンサーとして経験したことを生かしてリアルなセレクトネットショップを始めることにしました。幸いすぐに軌道には乗ったのですが、常に研究や反省をし初心を忘れずに日々努力しています。絶妙な大人の甘さを存分に楽しめるブランドの顔・オーバーサイズトレンチコートは完売→追加を繰り返し、計400枚売れ。スカート¥13000/フレンキャミソール各¥1800/フレン靴¥6000/フレン撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • そろそろ梅雨のシーズンが近づいてきましたね。一日中雨だったり、突然カーッと晴れたり。そんな不安定な天気が多い時期に頼りになる“雨具見えしない”レインシューズ。大人に似合うデザインを信頼ブランドからご紹介いたします!     レペットの代表作であるバレエ靴「サンドリオン」 Repetto/CENDRILLON Baby/¥23,000+税 華奢でクラシカルな雰囲気はそのままに、雨の日も履けるビニール素材で仕上げたのが「サンドリオン・ベイビー」です。つややかなアッパーは、まるでパテントレザーのような高級感。また同色で統一されたアウトソールに施された滑り止めは、ブランドロゴをモチーフにした柄に。見えないところにまで愛らしさのある一足。フレンチシックなブラックとレッドの2色。ヒール1cm。     今年こそ手に入れたい!洗練フォルムのロングセラー Traditional Weatherwear/サイドゴアレインブーツ/¥11,000+税 「高見え力がすごい!」「細身だから黒ブーツなのに重たく見えない」とLEEスタッフの間でも評判&愛用者の多い、サイドゴアのプルストラップ付きショートブーツ。上品な光沢を放つ天然ゴムのアッパーに、ウイングチップやメダリオンのディテールがおしゃれに映えます。足首あたりが少しくびれたすっきりシルエットで、女性らしく美しい履き姿を演出します。履き口からカラーソックスをちらりとのぞかせても素敵!ヒール3cm。     細部にまでレザー見えにこだわった天然ゴム100%のデッキシューズ Traditional Weatherwear/ラバー製デッキシューズ/¥11,000+税 セミマットなツヤ感にサイドのシューレースのディテールなど、レザーのデッキシューズを忠実に再現したデザインが魅力。適度に厚みを持たせた、防水効果の高い天然ゴムのアッパーは見た目以上にしなやかで、足に心地よくフィット。横幅を抑えたスマートなシルエットなので、パンツはもちろん、フェミニンなスカートにも好バランス。ファッション性の高いレイングッズを得意とするブランドならではのワザが光ります。     イタリアのファクトリーブランドが手がける女性が履きやすいおじ靴 HENRY&HENRY/レースアップ レインシューズ/¥3,900+税 数々の高級メゾンの靴を手がける、イタリアのファクトリーから生まれた「ヘンリーアンドヘンリー」。イタリア製にこだわったハイクオリティなデザインと、手の届きやすい価格のバランスが優秀。ほっそりとした端正な形と、本格派なメダリオンディテールが目を引くレースアップシューズは、大人の女性にちょうどいいメンズっぽさ。きちんと感が求めらるシーンにも対応します。雨や汚れに強く手入れの楽なPVC素材。     不安定な天気で憂鬱な日こそ、おしゃれな足元で気持ちよく過ごしたいですよね! 本格的な梅雨の到来前に是非こちらの特集ページをご覧ください!  
  • GWも終わり、忙しい日常が戻ってきました。展示会前なので、会社自体は9連休でしたが、個人的には5連休でした。連休に入ってすぐに、少し仕事した後に友人宅のホームパーティに行きました。洋服はLe pivot、ベルトはMAISON BOINET、石のネックレスはリニエ、パールのネックレスは、リズプレスというパールのみ扱う、友人のプレスルームで購入。白革のバッグはH&Mデビットソン、下に写っているエコバッグは、グラナイトギアのもので、この後、お土産を色々買い込むために使いました。靴は、ステラマッカートニー、サングラスは金子眼鏡店のオリジナルのものです。友人夫婦が、先日広尾のガーデンヒルズに引っ越してから、初訪問。敷地内にナショナル麻布スーパーマーケットがあったり、小さく富士山が見えたりで、快適な暮らしの中に心地よい音や空気感があり、私はこの後、すごい勢いで部屋を整えました。友人の旦那様が焼いてくれたチキン。仕込み具合も相当心がこもっていて、今まで食べたチキンの中で、一番美味しかったです。元々みんなが大好きな旦那様ですが、うなぎのぼりに人気者になったのは言うまでもありません。別日に別の友人と、大門まで小籠包を食べに行き、その後東京タワーの方へ歩いていると、ちょっと旅気分になるロケーションへ。東京プリンスホテルのエントランスでした。一休みしようとバーに行きましたが、GW期間中は閉店時間が早く、代わりにザ・プリンス パークタワーを案内されたので、流れでタクシー移動。タワーというだけあって、一気に近未来的な空間になりました。妙齢女史3人で夜景の見えるバーに行くのもどうかなとは思いましたが、とりあえず乾杯。「デートでいきなりこんなバーに連れてこられたら引くよねー」とは、大人女史3人一致の感想でした。若い時は頑張ってくれたんだなと、思えることも、大人はやはり自然に思えないことはNGなんだなと実感しました。でもその割には、東京タワーの見える席に案内された途端、写メを撮り始めたり、発言と行動は違うようでした連休の最終日には、迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行きました。又別の友人の勧めで初めて行ったのですが、これが素晴らしく良かったです。イタリア産・フランス産・ノルウェー産の大理石も美しかったのですが、晩餐会の招待客に食前酒を振る舞う場として使用するという「羽衣の間」の内装が本当に素敵でした。フランスの18世紀末の古典主義様式の内装とのことでしたが、白・ゴールド・ディープレッドのカラーリングがとても美しくて、ベルサイユ宮殿を思い出すシャンデリアの輝きも一層映えていました。連休初日に、模様替えしたばかりのお部屋を又変えたくなったのですが、白とゴールドが頭から離れず、インテリアではなく、服作りに反映させようと、釦のブックからそんな附属を探してしまいました。そんな充実の連休を過ごしていましたが、やっぱり普段忙しくて中々会えない友人達に会えたのが、一番の連休の過ごし方でした。連休の前には岡山出張へ。GWの少し前には、岡山に出張しました。ごめんなさい。意識してなかったのですが、前回と丸かぶりコーデでした。中に着ているものは色違い。出張に使ったかごバッグも色違いです。気に入ると色違いを買う方なので、そんな感じのコーディネートは多いです。こちら岡山のブルークマレというお店です。この時は、Le pivotのポップアップ展開をしていただきました。H&Mデビットソンのベルトを購入。お取引先で欲しいものがあると嬉しくなり、即決。世の中が、新年号の令和と大型連休の空気でいっぱいのところを、いつもと変わらずに営業してくださっているお店の方には本当に感謝ですね。赤坂離宮の上空で、綺麗なひこうき雲をみました。あんな風に、一つの迷いもなく飛んでいきたいものです。皆様にとっての令和元年が、幸先のよいものになりますように!Le pivot公式サイトhttp://lepivot.jp/bloghttp://blog.lepivot.jp/Instagramhttps://www.instagram.com/lepivot.jp/
  • 池尻大橋にある THE GLOBE ANTIQUES & CAFEへ☕︎ 店内はアンティークな家具が置いてある ヨーロピアンな雰囲気のカフェです!チーズケーキをいただきました♡この日はジャケットにパンツスタイル! 中には重宝している UNIQLO UのTシャツを合わせました。 バイラーズ れなさん*ももちゃん*まりんちゃん*ともみさん足元は白のスニーカーで外しました バイラーズの方に会うと 皆さん色んな分野で活躍されていて素敵だなと 毎度毎度、良い刺激をもらっています。 楽しかった〜〜 また更新します(^ ^) スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
関連キーワード

RECOMMEND