アラフォーのデリケートゾーンのお手入れは、スタンダードになりつつある!

Marisol ONLINE
版権:Yellowj/Shutterstock.com
版権:Yellowj/Shutterstock.com
デリケートゾーンのお手入れをしていますか?

1/2

デリケートゾーンのお手入れ方法は?

2/2

働くアラフォー女性320人に本音を調査!「デリケートゾーンのお手入れをしていますか?」という問いに、75%が「YES」と回答。お手入れ方法は、サロンやクリニックでの「レーザー脱毛」が33%と一番多かったが、「カミソリ・シェーバー」が22%、「ヒートカッター・はさみ」が14%と、セルフでマメにお手入れをしている人が多いことも判明。

では、デリケートゾーンのお手入れをするようになったきっかけや理由は?

<見た目を気にして>

「水着を着た際に気になったことがきっかけ」(ぶーたんさん)

「毛量が多く、昔からコンプレックスだったので」(カオリンさん)

「温泉や銭湯などで裸になると、お手入れしてない状態は恥ずかしいので」(かなさん)

「水着やTバックショーツからもはみ出なくて便利」(さぁささん)

<衛生面や生理時の不快感を考慮して>

「お手入れをしないと不衛生だと聞いたので」(どさるさん)

「生理時のかぶれ対策に」(カズさん)

「生理中のムレから解放されたかったから」(yokoさん)

「ムレからくる臭いが気になって」(サニーサニーさん)

「肌が弱く、ムレてかゆくなるのが嫌だったので」(pupillaさん)

<その他の理由>

「外国籍の友達はだいたい処理しているから」(うやささん)

「彼からお願いされて」(ペコリーノさん)

「膣周りのケア本でデリケートゾーンのお手入れを推奨していた。将来、介護される身になった時に、お手入れ済みであれば排泄ケアが楽だし、衛生的とあったので」(Seiさん)

「デリケートゾーンももはや毎日の身だしなみとして定番化してきたので」(ハナさん)

「白い毛にはレーザーは反応しないので、早めの処理がおすすめ」(カポネーゼさん)

今までムダ毛処理は主に人目に触れる脇や腕や足などでしたが、最近は人から見えないデリケートゾーンもしっかり処理している人が増えています。デリケートゾーンを処理しておくと衛生的であったり、生理時も清潔に保ちやすかったり、臭いやムレも軽減され、パートナーへのエチケットにもつながります。

まだお手入れできていないあなたも、ぜひ実践してみて!

文/Yuko Aoki
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND