低迷中の女っぷりを上げたくて…香水に頼ってみました
Marisol ONLINE
もともと色気のある方ではありません。
その点は自分でも重々承知です。
あ、なんかお堅い雰囲気だそうです…

1年中ほとんどパンツスタイルだし、
ヒールもほとんど履かないし、
「可愛い」より「かっこいい」が好きだし、
甘~いスタイルが自分の好みではないにしても、
それにしても!
女っぷりが低すぎるのでは?とハッとしたのです。

そこで今までの自分に何か
プラスアルファしたいと思って頼ったのが
フレグランスでした!

物に頼って女っぷりを上げようというのが
そもそも色気のない考え方なのですが
そこには目をつぶって頂きたい。
香水、持っていないわけではないんです。
良い香りと美しい香水瓶はトキメクものなので、

ジョーマローンのブラックベリー&ベイと
パルファン・ロジーヌのゼスト・ド・ローズ
この2つを家に飾ってあります。
ほんの時どき、気の向いた時につけます。

両方とも爽やかでクセの無い香り。

そして今回、自分への奮起の思いを込めて手にしたのが
R fragrance<アールフレグランス>の「TEA BREAK」です。

あまりお目にかからないこの香水は
新宿伊勢丹で行われていたイベントで出会ってから
ず~っと気になっていたもの。

なんでも日本人の女性調香師が
ジャパンメイドにこだわって作っているブランドなのだそう。

紅茶と砂糖の甘いながらも爽やかな香り。
上の2つにも通じる香りで
つくづく私はこの手の香りが好きなのだと実感。

香りが混ざっても汚くならなさそうなのも良かったな♪

1/2

2/2

過去に持っていた香水は
くちなしの香りのマークジェイコブスや
アラフォー世代ならきっと懐かしいランコムのトレゾワ!
(写真はブランドウェブサイトからお借りしています)

こんな甘くて重い香水を使っていたのね~。
モニカ・ベルッチみたいな濃厚な女に憧れていたんだと思う。
ちょっと無理していたかな(笑)

今は自分らしさから離れず
クリーンで爽やかで、軽い甘さも加えた
そんな香水を自分の香りにしたいです。
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND