もしかして、これって?アラフォーから始まる、これが「老眼」の特徴だ!
Marisol ONLINE
「最近、小さな文字が読みにくい」「目がかすむ」。もしかして、これがROGAN(老眼)というもの? 誰にでも訪れるROGANにおびえる前に、まずはその真実を知って、仲よく快適に過ごす方法を見つけていきましょう。

1/3

2/3

3/3

☆私が答えます!

眼科専門 医荒井宏幸先生

クイーンズアイクリニック院長。医学博士。最先端の近視矯正手術、 白内障手術、レーシックの第一人者。近著に『「よく見える目」をあきらめない』(講談社)

老眼は40代半ばから誰にでも訪れる
今まで難なく読めていた新聞や本、スマホの小さな文字。それが最近、ぼやけて読みにくくなって。もしや私も老眼に? 
老眼とは、目のピント調節力が低下した状態のこと」と言うのは、眼科医の荒井宏幸先生。
「私たちの目の中には、水晶体と呼ばれる透明なゲル状のレンズが備わっています。この水晶体の周囲をぐるりと囲むように細い糸がたくさんついていて、毛様体筋という筋肉につながり、水晶体を支えているのです。遠くを見る時は、毛様体筋がリラックスした状態なので、水晶体はスーッと引き伸ばされて薄くなり、遠くにピントが合うように。逆に、近くのものを見ようとすると、目の筋肉がぎゅっと収縮して水晶体が膨らんで、近くにピントを合わせようとします。このように、目には非常に性能のいいオートフォーカス機能が備わっているのですが、加齢とともに水晶体は変質して水分が減り、硬くなっていきます。目のまわりの筋力も低下してしまうため、これまでなんの問題もなく自動調節を行っていた水晶体が、その時々の状況に適した厚さに変化しにくくなり、“近くのものが見えにくい”というピントが合わない状態に。これが、老眼の正体なのです」

 とはいえ、私には老眼はまだ早い、なんて思うなかれ! 

「目の老化である老眼は、誰にでも起こるもの。2〜3年の誤差はあるものの40代半ばに差しかかると、どんなに若く見える人でも老眼になるのは生物学的に決まっているのです」。

ただし、老眼の症状を自覚する年齢は、以前より明らかに早くなっているそう。
「スマホやタブレットが普及し、日中は仕事でひたすらパソコンを使っている。今や多くの人が、ほぼ一日中、画面を見続ける生活を送っています。画面から出ているブルーライトという光は、疲れ目や酸化の原因にもなるので、知らないうちに目の老化を早める生活を送っていると言っていいかもしれません。また、スマホなどの小さな画面を近くの距離で長時間見ていると、ピントを合わせる目の筋肉が過度の緊張状態になり、眼精疲労に。この眼精疲労が蓄積し、ピントが合いにくくなるのが、いわゆるスマホ老眼です。スマホ老眼は、スマホをやめて目を休めたり、エクササイズなどで回復は可能ですが、水晶体の老化が原因の老眼は、元には戻りません。本格的な老眼が始まる前に、予防と対策を心がけることが大切です」

【Marisol 7月号2018年掲載】イラストレーション/白ふくろう舎 佐藤由実(藤村デザイン事務所) 取材・文/寺田奈巳 構成/原 千乃 資料協力/メガネスーパー
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND