働く日の夏スカート、今シーズンのイチ押しは「きれいめ白フレアスカート」

Marisol ONLINE

解説してくれたのは・・・

三尋木奈保さん

現実的な上品ベーシックスタイルが、働くマリソル世代に人気。2 冊目となる著書『My Basic Note Ⅱ “きちんと見える”大人の服の選び方』(小学館)が好評発売中

三尋木さんイチ押し働く日の夏スカート

「きれいめ白フレア」

ここをチェック!

□ 「落ち感素材の白」がオフィスで映える!

□ 腰はすっきり、すそが揺れる美ラインを厳選

涼しげかつ華やか。夏の好印象がこれ一枚で
「イチ押しなのは白のフレア。スカートの白ってちょっとした特別感があって、夏場にすごく映えるんです。大事なのは、きれいめなとろみ素材を選ぶこと。オフィス向けのきちんと感が出せるし、白でも汚れが気になりにくいんですよ。逆にコットンはカジュアルに転びがちなので避けたいところ。腰はタイトめで、すそに向けて広がるサーキュラータイプなら思った以上にすっきり見えます(三尋木さん)」 
スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

セオリーの「きれいめ白フレア」を着回し!

ニット×白フレアスカートコーデ

1/2

半袖ブラウス×白フレアスカート

2/2

黒トップスを合わせるだけで着映えと着やせが同時にかなう


シンプルなワンツーコーディネートなのにぱっと目をひくのは、「白フレア」のフェミニン効果のおかげ。なめらかな落ち感素材は、ほっそり着やせするのもメリット。黒トップスを合わせれば、いっそうメリハリがきいてすっきり見えが実現。忙しい朝はこの組み合わせが簡単! 真っ白すぎないオフ白なのもオフィスで気後れせずに着られるポイント。色合わせもしやすい。

スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ニット¥14,000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) ピアス¥90,000/ベルシオラ バッグ¥139,000/ヴェルメイユ パー イエナ 天神ヴィオロ店(ザンゲッティ) 靴¥43,000/プラージュ 代官山店(バルダン)

ワザありのシルエットがニュアンス抜群の揺れ感を演出


ブラウスをすそインで着ると、きちんと女っぽい印象が加速。ダーツ&スリットがアシンメトリーに配されているから、すその揺れ感がドラマティックなのもいい。

スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥25,000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥12,000/メゾン イエナ(イリス 47) メガネ¥37,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバー ピープルズ) バングル¥4,800/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ランドシヌール) バッグ¥41,000/ショールーム セッション(ポティオール) 靴¥75,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ニナ リッチ) インナー/スタイリスト私物
撮影/三宮幹史(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/田澤美香 モデル/渡辺佳子 取材・文/三尋木奈保
関連記事
  • 家の近くのカフェでまったり。読みかけの小説持っていこここのところバタバタしていたから、今日は自分のための一日にするって決めた! まったり過ごしたいから、スニーカーに合わせたカジュアルスタイルに。大人っぽくネイビー&ベージュに仕上げて小物で可愛げをプラス。近所のカフェで大好物のケーキを食べつつ、大好きな作家の本を読んで幸せ~! こういうなんでもない一日こそ、意外と大事だなって思ったり。スカート¥34000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) タートルネックニット¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) モッズコート¥22000/プラステ ニット帽¥8400/カシラショールーム(カシラ) レギンス¥20000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スニーカー¥24000/ハイブリッジ インターナショナル(エーエムビー) バッグ¥185000/ジミー チュウ メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥78000/エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4℃)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ベージュタイトスカート】 定番のベージュも、ミルクティーのようなまろやかな色みが甘めスタイルにマッチ。¥34000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) 【黒タートルネックニット】 プレーンなハイゲージのタートルニットは着回しの名手。ロングスパンで着られる上質素材を選びたい。¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 【フードつきモッズコート】 リュクス感のあるファーつきならラフすぎない。フードは取り外し可能。¥22000/プラステ「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】MACKINTOSH PHILOSOPHY 【はっ水】メモリータフタモッズコート ¥49,000+税【関連商品】ICB 【ストレッチ機能】Stretch Twill タイトスカート ¥9500(¥19000の50%オフ)+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 都内ならどこでも自転車移動。あれ? なんだかギアの調子が悪い。愛車を携え、メンテナンスにせっかく出かけるなら、白と淡グレーのグラデーションで冬カジュアルを満喫! 首まわりを温めるタートルのレイヤードや気持ちまでやわらぐボアアウターに包まれて、寒さのなかの自転車移動も涼しい表情。愛車を修理する間、カフェでひと息。こんな風にゆったり過ごす休日は久しぶりかも。なんだかすごく癒された気がする♡パンツ¥34000/セオリー  ハイネックカットソー¥10000/スローン ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ボアブルゾン¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  リュック¥8300/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ピアス¥3500/アビステ ニット帽¥6400/カシラ ショールーム(カシラ) ストール¥28000/セオリー リュクス【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【グレーセンタープレスパンツ】 クールなアイスグレーが辛口スタイルにぴったり。¥34000/セオリー 【ゆる感ボーダートップス】 ほどよいルーズ感が今どき。柄でのアクセントづけにも重宝。¥11000/ゲストリスト(ルミノア)【ホワイトハイネックカットソー】 シンプルなタートルカットソーは、今季らしい重ね着のインナーとしても大活躍。レフ板効果のあるクリアな白を。¥10000/スローン 【ホワイトボアブルゾン】 モコモコのボアが可愛げ足しに作用。ボトムを選ばないショート丈も◎。¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】GALLARDAGALANTE パイピングボアコート【オンラインストア限定商品】 ¥25200(¥28000の10%オフ)+税【関連商品】suadeo ソフトサーモ美脚パンツ ¥8400(¥12000の30%オフ)+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • トレンド感はもちろん、着心地の良さ、着回し力、スタイルアップも! “今、こんな服が着たい”を必ず満たしてくれると評判の、エクラのオリジナルレーベル『E by éclat』。中でも、とくに人気が高かったアイテムがさらに進化して再登場! 毎日のコーディネートに役立つ、買って大満足間違いなしのアイテムをチェックして。「403枚売れ!」コクーンニットワンピース3週連続ランキング1位の美人ニットワンピース 10月号で大好評だったコクーンニットワンピースが、冬仕様の暖かなウール混素材で再登場。継ぎ目なく編み上げたホールガーメント製法で、体型を拾わないコクーンシルエットと小顔効果の高い深Vネック。アウターインにももたつかないから、この時期きっと重宝。 E by eclat コクーンニットワンピース ¥19,000+税>>ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店 スカーフ¥7,800(マニプリ)・バッグ¥16,000(メゾン ヴァンサン) /以上フラッパーズ タイツ¥4,200/ステッラ(ピエール マントゥー) 靴¥45,000/コール ハーン ジャパン「2480枚売れ!」ボトルネックニット今季700枚、累計2500枚に迫る記録的ベストセラー発売後2カ月たってもなお売上1位の大人気ボトルネックニット。新色2色は、冬の着こなしに映えつつ春まで長く活躍。フェイスラインを包むような絶妙な立ち上がりのネックと、ゆるっとオフボディのシルエット、前後差のある裾で、シンプルながら差がつく一枚。E by eclat ボトルネックニット ¥16,000+税>>パンツ¥26,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥3,695/アビステ バッグ¥44,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)「443枚売れ!」深Vネックトップス、「201枚売れ!」大人フレアスカート”大人にちょうどいい華”のあるコクーンブラウスが大人気大人気コクーンブラウスの素材感を一新! ゆるやかなシルエットと女らしく抜け感があるVネックのデザインは生かしつつ、表は華やかな起毛感のあるシャギー素材、肌に触れる内側は綿ジャージーのダブルフェイス仕立てに。着映えと着心地のよさをあわせもつ一枚が完成。スカートは広がりすぎないフレア感が大人っぽくて好評 腰まわりはほどよいゆとり、裾に向かって自然に広がる絶妙なシルエット。好評の膝下丈フレアスカートを、ストレッチサテンのツヤ感でほどよい華のある旬のムードに更新。シャギートップスやニットに合わせれば、洗練された異素材ミックスコーディネートが即完成。E by eclat Vネックシャギートップス ¥16,000+税>>E by eclat 艶とろフレアスカート ¥15,000+税>>ピアス(片耳)¥89,500/チェリーブラウン バッグ¥69,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) タイツ¥4,200/ステッラ(ピエールマントゥー)撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/室井由美子 地曳いく子 モデル/生方ななえ
  • コーディネートのマンネリには、旬を先取りするアイテムを投入! 春まで使えるきれい色アイテムをご紹介。ラベンダーのタートルネックニットは、適度なボリューム感が顔まわりを可愛らしく演出してくれる。後ろ下がりになった裾もポイント。 やわらかタートルネックニット¥16,000/エムセブンデイズサックスブルーのノーカラーコートは軽くしなやかな素材。肌寒い春先まで重宝すること間違いなし。膝が隠れる長めの丈も今年らしい。 ウール混ノーカラーコート¥29,000/エムセブンデイズラベンダーのコーデュロイパンツは、フロントが斜めに留まるデザイン。ワイド具合もちょうどよく、しなやかな履き心地だ。 ワイドフィットコーデュロイパンツ¥28,000/カレンテージ撮影/坂根 綾子 スタイリスト/徳原文子 取材・文/発田美穂
  • お値段ではピンからキリまであるワインですが、飲む人の好みの問題もありますし「高い=絶対おいしい」とは限りません。でも、毎日の晩酌や、気の置けない仲間や家族とのホームパーティなどの気楽なシーンでは、なるべく安くておいしいワインを楽しみたいのが本音ではないでしょうか? そこで、国産ワインも輸入ワインもちょっと変わったラインナップが揃う【カルディ(KALDI)】にて、エディター沖島が¥1000以下(税抜)に絞って探し、買ってなかなか大成功だったワイン5選をお届けします。呑み助エディターが「買ってよかった!」¥1000以下カルディ高コスパワイン5選レッドウッド シャルドネ(白) 米カリフォルニア州産のすっきり辛口ワインです。2008年「環太平洋地域インターナショナルワインコンテスト」で金賞を受賞したとのことで、お店のお墨つき! 750ml ¥698 試飲!>毎日飲みたい常備ワイン バニラやトロピカルフルーツを思わせるたっぷりの果実感と、やわらかな酸味がなかなか風味たっぷり。魚介類を使った料理によく合いそうです。毎日飲むテーブルワインとして買いだめしたいレベル。モングラヴェ・コロンバール(白) 気鋭のフランス人女性醸造家、マリリン・ラセールさんが手がけるブランド。「ぶどうそのもののいいところを最大限に引き出す」ことと「少しだけ“フェミニン”なタッチを加える」ことにこだわって作ったワインなんですって。750ml ¥934試飲!>透明感のある白い色とフレッシュな味わい グレープフルーツやレモンなどの柑橘系フルーツに、グリーンペッパーやシダのスパイシーなニュアンスを感じます。心地よい苦味と穏やかな酸味が同居するフレッシュな白ワイン。シーフードやクリームチーズと合いそう!カバ ポエマ ブリュット(白・発泡) スペインはカタルーニャ産の、カルディオリジナルスパークリングワインです。柑橘系果実、白い花、ハーブ、ホワイトペッパーをミックスした香り。フレッシュで豊かな果実味が広がります。750ml ¥999試飲!>キレがすごい! 一段階上の辛口タイプ シャンパーニュと同じ「瓶内二次発酵」による細かい泡と、豊富に含まれる酸味ですっきりキレのある味わいです。ペタローソ・ロッソ(赤・発泡) イタリア語で「花びらのような」という意味のペタローソ。いちごやラズベリーなどのベリー系フルーツやバラを思わせる華やかな甘みと豊かな味わいが楽しめます。750ml ¥990試飲!>辛口が苦手な人でも楽しめるやさしい甘みで飲みやすい! 甘口のスパークリングワイン。フルーツやケーキ、アイスクリームなどのデザートといっしょにいただくのがよいかも! よく冷やして召し上がれ。エル・パソ(赤) スペインの新鋭醸造家、デビッド・トフテラップさんが造るモダンな赤ワイン。ワインづくりのぶとうの代表品種、テンプラニーリョを使って、果実味たっぷりに仕上がっています。750ml ¥980試飲!>果実味がぎゅっと詰まった濃厚な味わい ブラックベリーやカシスのジャム、すみれの花を思わせる華やかな香りが特徴です。タンニンと酸味のバランスもよく、飲み応えたっぷり。焼鳥などのお肉系和食によく合うのでは?いかがでしたか? お値段をあまり気にせずごくごく飲める、おいしい高コスパワインは【カルディ(KALDI)】にあり! 白も赤もスパークリングも豊富に揃っているので、ポップを見ながらお好みのものを探してみてくださいね。【カルディ(KALDI)】公式オンラインショップはこちらほかの【カルディ(KALDI)】の記事一覧を見る【合わせて読みたい】2019年獲れたて新春グルメ記事はこちら取材・文/沖島麻美 ※価格や在庫状況は1月初旬時点での情報で、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • 生き生きとした作品のパワーが会場に充満! 多彩な表現活動を展開する大宮エリーの画家としての個展が、2019年1月27日(日)まで、代官山ヒルサイドテラスにて開催されている。 マウント・シャスタでの体験から生まれた「楽園」のインスタレーション。大宮による手書きの紹介文には「是非パワーチャージを! 心の浄化を!」と書かれている。作家として、またラジオのパーソナリティーやテレビ番組の司会、舞台の脚本・演出を手がけるなど、幅広い活動で知られる大宮。’12年に、来場者が参加して作品が完成するという体験型の個展を始めた彼女は、その後も順調に画家としてのキャリアも重ねてきた。2016年には美術館での初めての個展「シンシアリー・ユアーズ—親愛なる あなたの 大宮エリーより」を十和田市現代美術館で開催。絵画作品だけでなく、写真作品にも挑戦している。 とある未亡人の椅子「ちょっと座るのに便利。靴を履くときなど」 2018 ©Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery  本展は、代官山ヒルサイドテラスでの個展としては’15年の「emotional journey」以来となるもの。一番大きなスペースには、世界屈指のパワースポットとして知られるカリフォルニア州のマウント・シャスタを訪れ「ああ、天国ってきっとこういうところなんだ、というリアルな楽園をまのあたりにした」という彼女が、「みなさんをあの美しい美しい楽園に、お連れできないか」と考えて作り上げたという、絵画作品、写真作品、インスタレーションで構成される展示が。ピクニックができそうな、花や緑の絵が床にまで広げられた空間には、彼女が現地で得た幸せな“気”が満ちている。また、今回は「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」のために制作した41点の新作からなる「とある未亡人の館」も東京で初公開。「最愛の人を失ったとある未亡人がその美しき日々を振り返る」というテーマで描かれた作品で構成される空間に足を踏み入れると、物語の世界に放り込まれたような、不思議な感覚に包まれる。2月には初めての絵本『虹のくじら』(美術出版社)の発売が控える大宮。溢れる表現欲求を次々に形にしていく大宮の、幸せなエネルギーに触れてみて。大宮エリー「Beautiful Days 〜美しき日々」会期:〜2019年1月27日(日)会場: 代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1階)時間:11:00〜19:00(入館は閉館30分前まで/最終日17:00終了)休館日:1月21日(月)入場料:¥500問い合わせ:03-6459-4030(小山登美夫ギャラリー)http://hillsideterrace.com/ text : Shiyo Yamashita
  • ニット¥4000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) スカート¥11000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥11000/Noela ショートブーツ¥6900/REZOYハイウエストで脚長、ベルト付きでくびれ、アシンメトリーな裾ラインでふくらはぎやせと、スタイルアップポイント満載の着やせスカート。チェック&ボタン付きのトレンドもしっかり押さえてあるのがポイント高い。白のちょいゆるニットをインして甘めに着こなし!モデル/山田愛奈 撮影/田村昌裕(FREAKS)  ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ショートブーツコーデ記事一覧はコチラ
  • おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせることで、辛味と香りを楽しめる“豆腐とニラのスパイス湯豆腐鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら豆腐とニラのスパイス湯豆腐おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせ、辛味と香りを楽しんで。ごまダレや腐乳をつけると味のアクセントに。材料(2~3人分)豆腐...........................1丁 ニラ..........................1/2束 塩.............................少々 A 水............................400㎖ 昆布.........................10㎝角1枚 八角.........................2 個 花椒........................小さじ1 ごまダレ 白ごまペースト.........大さじ3 砂糖.......................小さじ2 薄口しょうゆ............小さじ2 長ねぎのみじん切り...小さじ2 腐乳......................適量 作り方1.鍋にAを入れて弱火にかけ、ゆっくり煮出す。ニラは5〜8㎜幅に切る。 2.ごまダレの材料をすべて混ぜ合わせ、腐乳とともに小さな器に入れる(好みで腐乳を溶かしても)。 3.1の鍋に豆腐を丸ごと入れて塩を加え、ふたをして弱火で豆腐の中までよく温める。ニラを加えて再びふたをし、火を止めて蒸らす。 4.スプーンなどで豆腐をくずしながら取り分け、ごまダレ、腐乳をつけていただく。鍋奉行ポイント花椒は最近ブームの「しびれ鍋」に使われる、辛味とさわやかな香りをもつスパイス。エキゾチックな香りの八角と合わせて、湯豆腐の湯に加えて香りをつける。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
関連キーワード

RECOMMEND