ゆき散歩。新緑の季節は大阪 北浜・中之島のカフェで心地よく

Marisol ONLINE
ピッチピチのティーンエイジャーの頃から数年前まで。北浜=証券街。立ち寄る事のない場所でしたが、近年川沿いにおしゃれなカフェが続々とオープン。何処へ行こうか迷うぐらいです。この日はインスタグラムでよく見かける& islandへ。
この辺りの飲食店は川沿いのオープンカフェ率高し。京都の川床近代版みたいな光景です。こちらの店舗は屋根なしだったので直射日光ゾーンは若者カップルに譲り、アラフォー女子は店内で一番風景の良い場所をキープ。涼しく美しい風景を楽しむ。椅子取りゲームに勝った気分です♫笑
オーダーしたのは人気のローストビーフ丼。オシャレなだけじゃなく味もGOOD!
食後は橋を渡り川向いの中之島へ。フォトジェニックなスポットが多く、コーデ写真を撮っている人がチラホラ。私達も便乗してみました。
食後のお散歩が終わったら3時のおやつ!笑
大阪駅へ戻り、ふくまりちゃんがチェックしていた「whitebird coffee stand」へ。
インスタ映えしまくりな外観。アングルに拘らなくても素敵な写真が撮れます。
お目当は夏季限定の「コーヒースタンドのこだわりコーヒーゼリー」
上層のゼリーは甘目、下層はビターな味わい。カロリーが少なそうな外観に罪悪感少なめでペロリ♡
大阪駅(梅田)から北浜へは地下鉄御堂筋線で「淀屋橋」へ。(2分で到着)淀屋橋ー北浜はひと駅なので歩けます。&islandは淀屋橋寄りなので歩行距離も短め。同じ通りには「OXYMORON北浜」もあります。
川向いの中之島にも人気スポットが満載。以前No.105 meguちゃんと訪れた中之島図書館内「スモーローブキッチン中之島」や、Marisolのイベントで訪れた中之島ダイビル内の「旧ヤム邸 中之島洋館」のカレーもオススメ!
朝ドラ以降注目度アップ!北浜の大阪取引所前には「五代さま」もいらっしゃいます。大阪へお越しの際は是非!
関連記事
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
  • Marisol6月号・表紙撮影の舞台裏をお届け!トップスは白!ボトムはネイビー!シンクロしたエビちゃんとスタイリスト徳原さんの2ショットは、発売中のマリソル6月号表紙撮影の日の一コマです。 素晴らしい快晴の日、スタジオの真上からも差し込む眩しい日差しの中、その日差しに全く負けていないエビちゃんのエネルギーがすごい!! 是非、表紙も中身も、そして付録もお楽しみください! (編集長イシダ)
  • 『アダストリア』が運営するオシャレな中華レストラン“おいしい中華料理屋さん”と聞いてイメージするのは、庶民的な食堂? 敷居の高い高級店? 今、女子の間で話題沸騰中の中華といえば、おしゃれカフェとみまごうばかりの『ロンファーチャイニーズパーラー』なんです♪『ルミネ池袋』9階にある『ロンファーチャイニーズパーラー』。カラフルな提灯やグリーンのソファーなど、映え心をくすぐります。店内のBGMも、ノリノリの洋楽でいい感じ。それもそのハズ。だって『ロンファーチャイニーズパーラー』は、アパレルブランドの『Heather』や『GLOBAL WORK』を展開する『アダストリア』が運営しているんです♡本場の味を1品380円から楽しめる! ランチセットは、なんとライスと杏仁豆腐がおかわり自由!!メニューは「2種山椒の麻婆豆腐」、「チューリップから揚げ」、「山椒チャーハン」、「バオサンド」など、前菜・主菜ともに種類豊富。本場の味を1品380円から堪能することができます:) また、11時から16時限定のランチセットは、ライス(※)と杏仁豆腐がなんとおかわり自由!  「グリルポークの回鍋肉」や「海老チリ卵とじ」などからメインを選べ、全セットサラダとスープがついている豪華さ♡ 子ども用のプレートやキッズチェアーの用意もあるから、子どもと一緒に利用できるのもポイントです。※麺とチャーハンはライスなし1番人気の「九龍華」をはじめ、映えデザート・映えドリンクが充実♡そしてっ!!! “かわいい~♡”ときゃっきゃしたくなる映えデザート・映えドリンクが充実しているのも魅力! テイクアウトできるメニューもあります。 1番人気のデザートは、甘いソーダにフレッシュフルーツが入った球体のゼリーが浮かぶ、新感覚のデザート「九龍華(クーロンファー)」。涼しげでカラフルなビジュアルがたまらないっ♡ 他にもマンゴープリンやガトーショコラ、パフェやアイスクリームなどもあります。ドリンクのおすすめは、「ジャスミンベリーソーダ」や「レモングラススカッシュ」などのソーダベースのものと、デザートとしても楽しめるシェイク。さあ、どのメニューからトライする?「九龍華」(¥580)(左奥)「ブルーベリーナッツシェイク」(¥580)、(手前)「九龍華」(¥580)、(右奥)「杏仁バナナシェイク」(¥580)▶︎▶︎『ロンファーチャイニーズパーラー』公式インスタグラムはこちらから
  • 現在、ノースちゃん(5)、セイントくん(3)、シカゴちゃん(1)と3人の子どもをもつキム・カーダシアン(38)。代理母出産で授かった第4子をついにお披露目! Photo:Getty Images 2019年5月17日(現地時間)、自身のインスタグラムを更新したキム。投稿したのは夫カニエ・ウェスト(41)から送られてきたメールのスクリーンショットで、そこにはベッドですやすやと眠るベビーの写真が。 Photo:Instagram(@kimkardashian) カニエのメッセージには第4子誕生の喜びが綴られており、まさに幸せいっぱいの様子。シカゴちゃんにそっくりだという赤ん坊に、早くも家族全員が夢中になっていると伝えられている。 Photo:Instagram(@kimkardashian)さらにキャプションには、「Psalm West(サーム・ウェスト)」と第4子の名前も。キム夫妻といえば、ノース(北)、セイント(聖人)、シカゴ(カニエの出身地)と子どもたちに個性的な名前をつけてきたことで有名。サームも「(旧約聖書の)詩編」という意味があり、またもユニークなネーミングが話題となっている。 Photo:Instagram(@kimkardashian) 実はここ最近、宗教に関心を寄せているキムとカニエ。今年に入ってからは毎週のように「日曜礼拝」を開催しており、キムのツイッターには白い衣装を着たゴスペル団がカニエの指揮のもと大合唱する動画も。これを見れば、サームという名前にも納得? OTIS- SUNDAY SERVICE pic.twitter.com/G6VFv8f3Ec — Kim Kardashian West (@KimKardashian) 2019年3月31日 結婚してからの5年間で4人の子どもをもうけ、年々賑やかになっていくキムファミリー。ゴシップとともに子どもたちの成長からも目が離せない! パリス・ヒルトン、キム・カーダシアンのお尻を新曲のネタに(外部サイト) キム・カーダシアン赤っ恥! セクシーなバカンス写真で、過去の失態が再燃(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • コーディネートを考える時間がないほど忙しい朝もある! そんな時にも頼れる「着るだけですっきり見える」実力派、集めました。 HIT! \ウエストが細く見える!と大人気/イレーヴのチノフレアスカート肉感を拾わないハリのあるチノ素材とハイウエストなデザインが、自然とすっきり見えを実現。前はフラットで後ろにダーツが入っているので、おなかが目立ちにくく、腰からヒップは美しいラインに。スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/ebure ピアス¥12,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥10,000/ユナイテッドアローズ  丸の内店(フィリップ オーディベール) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) サンダル¥24,000/スタニングルアー 青山店(Definery) HIT!\肩まわりがすっきり見える魔法の一枚/スローンのノースリーブニット 袖口のカッティングが内側に入らずまっすぐなので、脇や肩まわりがすっきり見える、とスタイリストにも人気。同素材のカーディガンとセットでそろえるのもおすすめ。ニット¥19,000/スローン デニム¥24,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バッグ¥90,000/ビームス ハウス丸の内(ステー) ブレスレット¥40,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ラバー) バングル¥39,000/エストネーション(アリアナ ブザード ライフォル) HIT!\色違い、型違いでリピート買いする人も!/ドゥーズィエム クラスのとろみセットアップほどよく落ち感のあるジョーゼット素材がシルエットを拾わず体をきれいに見せてくれる、と人気の名品。シワになりにくいのもうれしい。トップス¥16,000・スカート¥16,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ゴールドバングル¥6,000/アルアバイル(アルアバイル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) リング¥26,000/エストネーション(アリアナ  ブザード ライフォル) バッグ(TOMORROWLAND別注)¥132,000/TOMORROWLAND(J&M  デヴィッドソン) サンダル¥19,000/ビームスハウス 丸の内(デミルクス ビームス)HIT!\10年間売れ続けるベストセラー/ガリャルダガランテのジャージージョッパーパンツ本来はブラウスなどに使われる伸縮性のあるジョーゼット素材を使用。ウエストまわりはタックでゆったり、膝下からすそは細身になったシルエットで、楽ちんなのにシャープに着こなせる。手洗い可能でアイロンいらずなのもロングヒットの秘けつ。パンツ¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ブラウス¥14,000/ナノ・ユニバース(ODORANTES) ピアス¥11,000ユナイテッドアローズ 日本橋店(ベベ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) パンプス¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol6月号2019年】撮影/菊地 哲(MUM/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子
  • ずっと気になっていた、 《ルージュ ココ フラッシュ》 やっぱり凄かった!!皆さん、こんにちは。 RUIです。 ここ最近はスタイリング業をしたり、楽しくも忙しく充実した日々を過ごしています⑅◡̈* 私は洋服も大好きですが、コスメも大好きです。その中で好きなブランドはありますが、なんといっても不動のNO.1は《CHANEL》です♡ 色味、発色、艶全てにおいて、パーフェクトで見ているだけでウキウキします。 少し前に発売された、[ルージュ ココ フラッシュシリーズ]のリップは気にはなってましたが…タイミングを逃していました。 そんな時、友人のインスタで紹介されていて、艶がとても綺麗で…! またそのタイミングで神崎恵さんも紹介してるではないか… これは気になる〜ってことでタッチアップしてきました。 ルージュ ココ フラッシュ56番 ジュコントゥラスト 370番ココ フラッシュは艶と透明感が綺麗でひと塗りするだけでツヤっと発色してくれます。 ベージュ系も気になりましたが、BAさんのアドバイスもあり、ブラウン系の56番にしました。 ブラウンレッドや濃いめのリップは好きですが、このぐらいのシアー感がある方がこれからの時期、使いやすそうです。リップだけのつもりが、気になっていたチークも一緒にお持ち帰りとなりました!笑 どんな色味のアイシャドウやリップにも馴染み、エレガントな印象にしてくれるカラーです。オールシーズン、ヘビロテになりそうです。 ルージュ ココ フラッシュ53番私が迷いに迷った、ベージュ53番は友人が購入して、とてもお似合いなんです♡。 参考までに…⑅◡̈*ではまた⑅◡̈*美女組No.159 RUIのブログ
  • 先日、スタバの新作 プリンアラモードフラペチーノを飲みました☺︎ プリンアラモードフラペチーノ味もプリンそのもの! カラメル部分とプリン部分もしっかりと再現されており、上にチェリーまで♡ 見た目もプリンそのものでした。スタアバックス珈琲スターバックスではなく、 レトロ感溢れるスタアバックス珈琲のロゴ!ちなみに私が行った店舗はパネルのみですが、全国で20店舗だけ《スタアバックス珈琲》の看板も出ているそう。 看板を探してその店舗へ行くのもいいかもしれません☺︎プリンアラモードフラペチーノは6月18日まで。 終了までにもう1度飲みたくなる美味しさです♡ まだ飲んでいない方はぜひ! 見て下さりありがとうございました。Instagram : @ayano_730Instagramでも日常を更新しています☺︎モアハピ部 No.635 Ayano のブログ
  • アラフィー世代の羨望の的、美容ジャーナリスト・安倍さん&美容エディター・松本さんに美貌の秘訣を徹底取材! お二人が実践する、気持ちを切り替えたいときの美容法をご紹介。Q.気持ちを切り替えたいときの美容法は?安倍/ヨルダンのお塩でデトックス「煮詰まったときや気持ちを切り替えたいときは、お風呂にソルトをたっぷり入れて、デトックスするのが一番。最近教えてもらいハマっているのは、波動音楽。自分の波動に合う427Hzと528Hzの音楽を夜、聞いています」 ヨルダン側の死海の深層部から採取した、天然100%の塩。ジョルダニアン デッドシー ソルト 500ℊ¥3,800 / BARAKAジョルダニアン デッドシー ソルト バラカはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>松本/日中は目もと美容液で険をとって、仏顔に(笑)「仕事で忙しいときや煮詰まっているときは、このロールオンタイプの目もと美容液で目まわりをクルクルとマッサージ。保湿するとともにリフレッシュして、険しかった表情が明るく優しげに変わっていくのでお気に入りです」 香りに癒される、ロールオンタイプの目もと美容液。ソウス デクラ アイセラム コンセントレ 12㎖ ¥8,000/インフィオレ安倍佐和子さん 出版社で美容誌の編集者を長年経験。現在は、フリーランスとして、雑誌や広告ほか、Instagramでも人気を博し、高い発信力をもつ。メイクからスキンケア、医療美容、ホリスティック系まで、幅広い美容分野に精通。 松本千登世さん 航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、出版社にて雑誌の編集作業に携わるようになる。現在は、フリーのエディターとして、鋭い審美眼と温かい視点で女性の魅力を分析し、世の女性にきれいになるヒントを発信。>>「ビューティ界2大美女のセルフ美容」はこちらから撮影/ケビン・チャン 取材・文/中島 彩 ※エクラ6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND