後輩とサシ飲み。しっとり先輩風を吹かすきれいめカジュアルで【2018/5/22コーデ】

Marisol ONLINE
いつも髪をゆる巻きしていてネイルのケアも欠かさない女子力高めの後輩ちゃんの深刻そうな相談にのるために、少し気合を入れて大人の女を意識したカジュアルコーデで。ギャザー入り&ふんわり袖の甘めシアーブラウスに、コットンツイルのマリンパンツで、カジュアル感を足しつつ腰高でスタイルアップに。どんな悩みにも対応できるように、シルバーのチョーカーやパイソン柄パンプスで、キレのいい女らしさと恋愛マスター風な演出にしてみて。
ブラウス¥16,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) パンツ¥14,000/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) チョーカー¥60,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) パンプス¥19,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
関連記事
  • 新社会人の口コミから分かった! マストバイリスト 週5使えるのに着ていて気分がアガる。みんなの声から優秀服を集めました。毎日着るヘビロテアイテムはシンプルBUTアガるディテールベーシックカラーカーディガン ボタンが可愛いデザインを選ぶとおしゃれに見える。 (貿易会社勤務1年目・大石さん) ジャケットの下に着られるハイゲージニットが便利。 (人材会社勤務1年目・佐藤さん) 洗えるウール素材。左下のゴールドのプレートが高級感のあるワンポイントに。(左) ¥15000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) やや短めの丈に、つやっとしたボタンがレトロで可愛い。(右) ¥3990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店キレイ見えアイテムなら忙しい朝に1点で女っぽ膝下丈のシャツワンピース ワンピースはアガるしコーデを決めないでいいので便利。 (広告会社勤務1年目・西堀さん) ウエスト切り替え位置が高いとスタイルがよく見える! (テレビ局勤務1年目・齋藤さん) バックの編み上げと太ベルトが女っぽい。(左) ¥9800/RD ルージュ ディアマン 春らしい淡いピンクは、ロング丈で落ち着いた印象に。(右) ¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店シルエットが命のアイテムは信頼できるブランドで指名買いn♥line Preciousのテーラードジャケット 短めでウエストがくびれているので可愛らしく着られる。 (出版社勤務1年目・中里さん) 就活生に見えないジャケットは愛用できる。 (non-noカワイイ選抜No.51 南浦芽依さん) スマートに見えるシャープなラインがクール見え。(左) ¥23000/洋服の青山(n♥line Precious) やや短い丈でキュートな印象。フレアスカートにも合う。(右) ¥23000/洋服の青山(n♥line Precious)形のキレイなとろみブラウス 色はシンプルでも、こだわりのデザインがおすすめ。 (イベント会社勤務1年目・金谷さん) キレイなシャツは、着ているだけでこなれた社会人に。 (テレビ局勤務1年目・齋藤さん) 袖の結び目と胸ポケットが女っぽい。ゆったりした抜き衿がキレイに作れる。(左) ¥6800/RD ルージュ ディアマン 社会人の声を反映して作られた、こだわりの設計。(3月中旬発売予定)(右) ¥5400/N.ヒールの高すぎない黒パンプス ヒールが5cm以上なら美脚+大人見え。 (non-noカワイイ選抜No.13 川井寧々さん) 外回りで長時間歩くことがあるのでチャンキーが便利。 (テレビ局勤務1年目・野地さん) 木目調のチャンキーヒールが歩きやすいのに、スクエアトウできちんとした印象もばっちり。(左) (6.2)¥6389/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック) 脚がキレイに見えるポインテッドトウと高すぎないヒールでデイリー使いにぴったり。(右) (6.3)¥5463/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック)UNIQLOのアンクルパンツ 安いしキレイだし万能すぎて、2、3本持ちは当たり前。 (人材会社勤務1年目・佐藤さん) よく動く仕事ですが、ウエストゴムなのでこれはOK。 (イベント会社勤務1年目・金谷さん) 伸縮性があり、座ってもしわになりにくいレーヨン素材。 (各)¥2990/UNIQLO撮影/坂田幸一(物) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 
  • BAILA2月号、ご覧になりましたか? メイン特集は 「30歳からの着やせ大賞」 着やせ、永遠のテーマです。 どうしても着ぶくれがちな冬服、着やせへ重要なのは暖かインナー! キャミソール、タイツ、ペチコートなど、昔からインナーにこだわるのが大好きでして。 ここ何年もかけて試した結果、2ブランド4型で固まってまいりましたのでレポートします!辿り着いた形はキャミソールと、襟ぐりの広い袖ありの2つ。 内勤の日や飲み会がある日など、 ニットの中に袖ありインナーだと暑くなるな〜という日に便利なのがキャミソール。 体温調節、上手くいきます。 お洋服の素材や形的に袖ありインナーが難しいことも多いので、必要ですよね。 そして、襟ぐりの広い袖あり。 こちらを選ぶポイントは、素材の厚さよりも二の腕にぴったりフィットしているかどうか。 このフィット感で、暖かさが全然違います。 ①キャミソール×暖かさ優先Hotcott(ホットコット)のキャミソール。 95%コットンで出来たこのシリーズ、肌に優しいのはもちろんなんですが、綿の暖かさに驚きました。 ポイントは丈の長さ、背中まで覆うデザイン。 キャミだけど、大事なところは守って温めてくれます。②キャミソール×デザイン重視PEACH JOHNの It'sホッティフワリーロングキャミ。 やや透け感のあるニットなどにおすすめなのがこれです。 肩ひもは丸紐、フロントデザインも今っぽい。 そして背中も真っ直ぐなので、透けてもダサくない! ふわふわ素材で気持ちよく暖かいのに、見た目もキープしてくれます。 私は白黒2色買いました! ふわふわゆえに、毛玉面ではやや心配なので、大事に着てます。③袖あり×チラ見え回避Hotcott の綿混九分袖オフショルダー。 商品名では九分袖になっているのですが、正直、そんなに長くないです。 けど、実はそこが良い。 冬でも着たい袖コンブラウスのインナーに最適なんです。 肩の上の方で着た状態で腕を曲げ伸ばししていると、私の場合六分丈くらいになるのですが、 そのおかげでブラウスの袖から絶対出ない。 袖コンブラウス、上がってくること多くないですか? それでも出ませんから。ロケの時にも安心なんです。④袖あり×殿堂入り!PEACH JOHNの It'sモイスティ九分袖。 これは私的殿堂入りインナーです。 前後に広いV空きでお洋服を選ばない、 二の腕にはもちろんぴたっとフィット、 腰まで覆う丈感と九分袖、 気持ち良いしっとりの肌触り、 そして何より、物持ちが素晴らしく良い! 写真のもの、5年前に買ったんですよ。 全く毛玉にならず、破けることもなく、伸びてもいない。 インナーは使い捨て説を覆してくれた1枚です。 PEACH JOHNのインナーは1シーズンで発売が終わってしまう事が多く、その度にもう一枚買っておけば…と悔しくなるのですが、 このシリーズの黒は毎年発売される。(今のところ) その安定感も好き。ブランドはHotcott、PEACH JOHN大きな特徴としては、 保温性はHotcott。 肌触りとデザインはPEACH JOHN。 この2ブランド4型で、着やせしつつこの冬を越せそうです。 スーパーバイラーズ 西島まどかのブログ
  • トップス編1 春トレンドのゆるっとカーデをON! ビッグシルエットのカーデが春トレンドに台頭! スキニーとの相性抜群で、はおるだけで今っぽ♡薄いブルー×白カーデで最強愛されコーデ(里穂) ライトブルーデニムと真っ白カーデは王道の組み合わせ! トップスと靴の黒で引き締めて。 濃いめのワンウォッシュはピンクベージュで優しげに(友菜) ワンウォッシュデニムは程よい色落ち感で、どんなコーデにも合わせやすい。大ぶりピアスとバッグで女っぽさを足して。 里穂 パンツ¥23000/エドウイン(JOE’S) カーディガン¥6390/titivate スウェット¥1990/アメリカンホリック プレスルーム イヤリング¥1600/Grandedge渋谷109店 別注Championサコッシュ¥2990/WEGO 靴¥7400/CAMILLE BIS RANDA友菜 パンツ¥13800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) カーディガン¥4900/Sneep Dip シャツ¥12800/ディーゼル ジャパン ピアス¥2300/UNRELISH バッグ¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター 2ワンピとレイヤード 冬に大活躍のニットワンピ。スキニーをちょい見せすれば、あったかさも可愛さもキープ♡白のニットワンピは好感度MAXアイテム。スキニー合わせなら周りと差をつけられちゃうよ。 パンツ¥12800/EMODA ルミネエスト新宿店 ワンピース¥29000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥7400/RANDA 3春っぽブラウス投入で見違える! ひと足早く、アウターの中は"new arrival"のブラウスに。新しく、華やかに見違えるよ。ギンガム&フリルで甘さをプラス(菜々花) 全身黒~白で統一感を。 ホワイトのオフショルで顔回りが華やぐ♡(里穂) 裾がきゅっとすぼまって脚長効果も。 菜々花 パンツ¥12000/リー・ジャパン ブラウス¥6500/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 ベレー帽¥4500/Noela イヤリング¥6806/アビステ ストール¥4500/MILKFED. 新宿 バッグ¥28000/サマンサタバサプチチョイス ルミネエスト店 靴¥17000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 里穂 パンツ¥6900/ライトオン(BACK NUMBER) ブラウス¥6650/シェリーモナ ティペット¥6900/キャセリーニ バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥13800/モーダ・クレア(メルモ) 4パーカ×スキニーは韓国GIRLをイメージ♡ カジュアルになりがちな組み合わせは、韓国の女の子をイメージしてみて。最強のラクかわコーデに変身♡白のダッドスニーカー&ニット帽で一気にこなれる! しっかり赤リップも忘れずに♡ パンツ¥7900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 パーカ¥13000/Carhartt WIP Store Tokyo ニット帽¥990/GU バッグ¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥7900/フィラ カスタマーセンター(FILA) モデル/鈴木友菜 高田里穂 松川菜々花 撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • アジアンデザイナーの勢いが止まらない! チェックしておきたいレーベルをピックアップ ※€1=約129円、$1=約113円、£1=約144円です(2018年12月4日現在)。brand : ROKHcountry : UKURL : www.r-o-k-h.comInstagram : @rokhofficial セントラル・セント・マーチンズを卒業後、セリーヌなどで経験を積んできた韓国出身のRok Hwangが手がけるブランド。2018年LVMHプライズで特別賞を受賞した。ビッグシルエットのコートは大きな袖の折り返し、斜めに並んだボタン使いなど、ベーシックなようでいて細部に趣向が凝らされたデザイン。大人の女性にこそ似合う、モダニティが特徴。 コート€1,080・デニムドレス€816(rokh) 靴/スタイリスト私物 ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、MYTHERESA(www.mytheresa.com)、SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : OVELIA TRANSTOTOcountry : INDONESIAURL : www.oveliatranstoto.comInstagram : @oveliatranstoto セントラル・セント・マーチンズを卒業後、2016年に自身のブランドをスタート。ドーバー ストリート マーケットなどでも取り扱いのある注目株。素材使い、シルエットなどに新時代のフェミニニティを感じさせる。ネイビーのサテン地で仕立てたドレスは、ふわりと広がるカッティングと、ウエストのホールデザインがアクセント。 ワンピース£905(Ovelia Transtoto) 靴/スタイリスト私物 ※SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : JONATHAN LIANGcountry : MALAYSIAURL : www.jonathan-liang.comInstagram : @jonathanlianglive マレーシア出身のジョナサン・リアンが2014年にブランドを開始。プリントやレースなど、独特のファブリック使いに定評がある。花々をつなぎ合わせた華やかなレースドレスはアシンメトリーな裾のカッティングも目を引く一着。ユニクロとコラボレーションしてTシャツなどを発表したことも。 ワンピース$610(Jonathan Liang) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : BOYYcountry : THAILANDURL : www.boyybag.comInstagram : @boyyboutique 大きなバックル使いが特徴的なアクセサリーブランド。上質なレザーを使用したバッグは、コレクションスナップなどでも多数キャッチされている。Jesse DorseyとWannasiri Kongmanが2006年にNYでブランドを立ち上げ、その後バンコクやコペンハーゲンなど、ワールドワイドに活動中。 バッグ〈H18.5×W23.5×D14〉€1,055(BOYY) ※Moda Operandi(www.modaoperandi.com)、NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Louisa Via Roma(www.luisaviaroma.com)などで取り扱いありbrand : BOTHcountry : FRANCEURL : www.both.comInstagram : @bothparis 2017年春夏シーズンに初めてのコレクションをローンチ。レザーやキャンバスにラバーを組み合わせたスニーカーがアイコニックなフットウェアブランド。主に男性の間で人気を誇ってきたが、今シーズンはスウィートなパステルピンク×白などもリリース。 スニーカー¥49,000(both) ※HBX(hbx.com)、Matchesfashion.com(www.matchesfashion.com)、Opening Ceremony(www.openingceremony.com)、ANTONIOLI(www.antonioli.eu)などで取り扱いありbrand : YUUL YIEcountry : SOUTH KOREAURL : www.yuulyieshop.comInstagram : @yuulyie_official Sunyuul Yieが2010年にスタートさせた韓国のシューズブランド。フェミニンなムードの中に、カッティングや装飾、独創的なヒールのデザインなどでスパイスを加えて。サテンのバックストラップパンプスは、フロントのパールつきモチーフと黒のストラップがさりげないアクセント。手の届きやすいプライスレンジもうれしい。日本のセレクトショップでもいくつか取り扱いがあるが、オフィシャルサイトが豊富。 パンプス〈ヒール8㎝〉$310(Yuul Yie) ソックス/スタイリスト私物brand : THE VOLONcountry : SOUTH KOREAURL : www.thevolon.comInstagram : @thevolon Eujung Jangが2013年に立ち上げたレーベル。NYでデザイナーとして活動していた彼女が作るのは、まるでそのものがジュエリーのような装飾性の高いバッグ。ブランドの定番でもある巾着型のミニバッグは、ベルベットとフェザー、ゴールドチェーンの組み合わせがクラシック。 バッグ〈H16×W14×D14〉$850(the VOLON) ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Shopbop(www.shopbop.com)、Coggles(www.coggles.com)などで取り扱いありbrand : GROVE SEOULcountry : SOUTH KOREAURL : www.grovestore.comInstagram : @grovestore ソウルのセレクトショップが手がけるオリジナルレーベル。デイリーに着られるデザインとこなれた価格帯が魅力。 ジャケット¥35,000・Tシャツ¥8,000・スカート¥14,000(GROVE SEOUL) アシンメトリーピアス¥11,000/アイクエスト ショールーム(baebae) ※一部商品のみUNITED ARROWS(https://store.united-arrows.jp)で取り扱いありbrand : ANDERSSON BELLcountry : KOREAURL : en.anderssonbell.comInstagram : @anderssonbell ストリートテイストあふれるフーディやスウェットが男女問わず支持されている韓国ブランド。新作はチェックのボウタイブラウスにエコレザーのスカートでクリーンなムードに。 ブラウス¥17,000・スカート¥19,000(Andersson Bell) 靴/スタイリスト私物brand : I-AM-CHENcountry : CHINAURL : www.i-am-chen.comInstagram : @i_am_chen_official 香港出身のZhi Chenがスタートさせたニットウェアブランド。さまざまな色や素材を組み合わせた、テクニカルなデザインが特徴。インターナショナル・ウールマーク・プライズのセミファイナルにも選出された。 カーディガン$430(i-am-chen) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : SEIVSONregion : TAIWANURL : www.seivson.comInstagram : @seivson.official 台湾人デザイナーTzuchin Shenと韓国出身でセレブリティとしても人気のSong Mi-jinが2018年春夏シーズンから開始。女子ふたりの好きなものを詰め込んだ遊び心のあるデザインが人気。ビッグショルダーのシャツにはスタッズが飾られて。 シャツ¥13,640(Seivson)brand : XIAO LIcountry : UKURL : www.xiaoli.co.ukInstagram : @xiaoli_studio 香港出身のデザイナーが2015年ロンドンでスタート。2019年春夏で公式ランウェイデビューを果たした。 ブラウス£265(Xiao Li) ※Farfetch(www.farfetch.com/jp)、Lane Crawford(www.lanecrawford.com)、H.Lorenzo(www.hlorenzo.com)などで取り扱いありbrand : JAMIE WEI HUANGcountry : UKURL : www.jamieweihuang.comInstagram : @jamieweihuang セントラル・セント・マーチンズ卒業の台湾人デザイナーが2013年に始めたレーベル。スポーツやストリートをほどよくミックスした、軽やかなスタイルが特徴。デニムのロングスカートはウエストを折り返してルーズにもはける。 スカート£235(JAMIE WEI HUANG)SOURCE:SPUR 2019年2月号連載「モードの中心はアジアです」photography: Takeshi Takagi 〈SIGNO〉 styling: Maiko Kimura hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Levi cooperation: Yu Masui
  • ニューオープンしたデリ専門店でランチ。そのあとリネンショップにも立ち寄って女子力もアップ?青山にあるデリ専門店「 PARIYA(パリヤ)」が二子玉川に出来たと聞いて、友人と行ってきました。ここはずらっと並んでいるデリの中からサラダとメインを選んで専用ボックスに入れてもらうシステム。色とりどりのお惣菜はどれも美味しそうで迷ってしまう!今日私が選んだのはこの4種類。玄米ご飯とチキンのグリーンカレーソース、メキシカンサラダにマカロニサラダ。予想以上のボリュームでお腹いっぱい。お味噌汁もついてお茶やコーヒーも飲み放題。しかもメニューは週替わりなんて、これはまた行かなくては。もちろんテイクアウトもできます。お腹いっぱいで食べられないと言いながら二人でシェアしたモンブラン(これは別腹&別料金ね)。ひとりでは食べきれないびっくりのボリュームなんです。そしてランチのあとは、近くのリネン専門店「リネンバード」へ。ここは手芸好きにはたまらない場所(ちなみに手芸好きは私ではなくて刺繍上手な友人)。お店の中も外もフレンチシックな雰囲気で、店内には海外から輸入した絶妙な色の生地がずらりと並んでいて、ビンテージな家具とベストマッチ。カーテンやクッションのオーダーもできます。不器用な私も夢中になる素敵なお店です。 この日は久しぶりに赤いスカートを。今月号のエクラで富岡さんが、そして華組のみなさんが素敵に着ていらっしゃるのを見て影響されちゃいました。 ひさしぶりに着た赤。やっぱり気分があがりますね。女子力もアップするといいナ。 knit・・・beige. skirt・・・iena downjaket・・・duvetica shoes・・・gu bag・・・j&m davidson華組 有村一美ブログ
  • 軽やか素材や着こなしのスパイスになる色、ヒットアイテムの新作など実力はお墨付きの"使える"プチプラアイテムをお届けします! 忙しい日はコーデいらずでサマになるタートルワンピにおまかせ! タイツ¥900/タビオ(靴下屋) ブーツ¥46000/パリゴ 丸の内店 ストール¥25000/グリニッジ ショールーム(プレディー) バッグ・イヤリング/スタイリスト私物 NOMBRE IMPAIR ノンブルアンペール ウール混ダブルフェイスワンピース ¥9800 2枚の生地を1枚にしたダブルフェイス素材を使用しているので、カットソー素材ながら体のラインが出にくいのがうれしい。 ほどよい肉感で、秋~春と3シーズン着られます。 トレンドのブーツと合わせて一枚でさらりと着こなしたり、パンツやレギンスとレイヤードしたりと着回し力も抜群です。 【ウール混ダブルフェイスワンピース】をチェック! 公式通販LEEマルシェ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/石上美津江 モデル/今井りか 撮影協力/TITLES
  • こんにちは。 バイラーズの伊佐治です☺︎︎ 今回は、先日バイラーズの咲子ちゃんと lunchへ出かけた時のコーディネートを 紹介させていただきます! 今季ゲットした nano・universeの柄ワンピースを主役に。 黒のタートルネックニットをレイヤードし 足元には黒のレースアップシューズを合わせ 全体のまとまりを意識しました。 柄ものを着る時は 色味が散らばらないよう 色相や色のトーンを合わせて 縦のラインを意識しながら まとめるのがマイルールです(*^^*) これを意識すると 自然と大人っぽく柄ものが着こなせる 気がしています♡バッグは肌なじみの良いグレージュの 小ぶりなものを選び、ちょっぴり上品に♡ ポイントでピンクのファーを。今の時期は、 この日のようにニットを仕込んだり ざっくりニットやスウェットを羽織ったり 暖かくなってきたら カーディガンを合わせたり 一枚で着たり 足元には靴下+サンダルで はずしてみたり … 着回しが抜群な予感です。♡♡♡ わくわく また着回しコーデも 紹介させていただこうと思います。最後までお読みいただき ありがとうございました(*^^*) ではまた、来週土曜10時に… 見に来てください♡m(_ _)m(笑)★InstagramはこちらですInstagramはもう少し頻度高めです☺︎︎ こちらも宜しくお願いします! 皆さま素敵な週末を…♡スーパーバイラーズ 伊佐治里保のブログ
  • ちょっとした食事や買い物など、近所に出かけるとき、おしゃれな人はどんな格好をしているの? 東京のファッション・インサイダー3人が見せてくれた、カジュアルだけどだらしなくならないワンマイル用スタイリングをチェック! こだわりのあるアイテム選びで、緊張感をキープ コート/マックスマーラ ガウン/ジョンリンクス 中に着たTシャツ/エムエー デザビエ パンツ/ボッコ シューズ/ニューバランス フリーランスPR  小林布結里さん Tシャツとスウェットパンツという、リラックスした組み合わせの上に、ガウンとトレンチコートを羽織った小林さん。カジュアルになりすぎないポイントは、モード感のあるリュクスなアイテム選び。「上質なリラックスウェアに定評のあるブランドのスウェットパンツは、縫い合わせがなくシームレスなつくりなので着ていてストレスがありません。こだわりのあるブランドのアイテムを選ぶことで、スタイリングに心地よい緊張感をキープしたいですね」と小林さん。 パンツとともに、スタイリングにモード感を生み出しているのが、インに着た青いTシャツ。小林さんは「ワークウェア風のシルエットに、光沢感の美しいリュクスな素材使い。このギャップが素敵」と魅力を語ってくれた。趣味のトレッキング用のシューズが、ワンマイルウェアとしても大活躍。「スタイリングのはずしにもなるし、ゴアテックスで雨の日もOKなのが便利」なのだそう。ほっこり“させない”ニットパンツスタイル コート/サンシー シャツ/ドリス ヴァン ノッテン パンツ/タン バッグ/イーストパック シューズ/ナイキ  スタイリスト 入江陽子さん 子どもを保育園に送り迎えするときは、自転車に乗れる格好がマストだという入江さん。ニットパンツは着心地の良さと暖かさを兼ね備えたアイテムだ。カジュアルだけど、センタープレスが入っているので都会的な表情も感じられる。「茶色は今シーズン特に好きな色なのですが、カジュアルスタイルだけに『ほっこり』させたくなくて」と言う入江さん。レザーバッグやパンツの黒、シャツのストライプ柄など、スタイリングを視覚的に引き締める要素をちりばめた。ダッドスニーカーは、アメリカで購入したというナイキ エア モナーク。ヒモをつけ替えて愛用しているそう。パンツの太い折り返しに今シーズンらしさが漂う。スタイリングを引き締める、クロスがけしたボディバッグ。カジュアルになりがちなアイテムだが、ブラックレザーの素材感で大人の雰囲気をキープして。手間いらずなスタイリングを小物で引き締めて コート/マカフィー ドレス/サヤカ デイヴィス スカーフ/ジャン ジャック ロジェ バッグ/カテリーナ ベルティー二(すべてトゥモローランド) シューズ/デ・プレ 丸の内店 トゥモローランド PR  落合愛菜さん 「家の近所にある気のおけない店へご飯を食べに行くようなときは、着るのに手間のかからない、かつ着るだけでスタイルが完成する服を選びます」と落合さん。1枚でサマになる鮮やかなピンクのドレスに、ざっくりと羽織るだけで今シーズンらしさの出るキルティングコートを合わせ、スカーフをさっとひと巻き。ごくシンプルなスタイリングながら、スカーフにはレディなムードが漂って。ドレスのビビッドピンクが、着こなしに華やかなムードを与えている。 スカーフは、斜め後ろで軽く結んで。このシンプルなテクニックで、フェミニンなムードがぐっと増した。「このスカーフは黒がベースカラーになっているので何にでも合わせやすいんです」と落合さん。着脱しやすいスリッポンタイプのブーツ。ポインテッドトゥにエッジィなムードが宿り、カジュアルなスタイリングを引き締めてくれる。 photo: Yuka Uesawa(小林さん、入江さん), Satoko Tsuyuki(落合さん) text: Chiharu Itagaki
関連キーワード

RECOMMEND