サンダルにバレーシューズ・・・靴ばかり手に取ってしまう病にかかっています・・・

Marisol ONLINE
春先はバッグにばかり目が行き、初夏に入ると靴ばかり手に取ってしまう病…。

#甲深バレエシューズに開眼
#色靴にも挑戦
#ヒールがはけない症状も併発中
■春のトレンド靴情報もチェック
アラフォーは、スニーカーをどう履けばいい?? コーディネートがシンプル化するこれからの季節に便利なのは、アクセントとなる"派手"スニーカー。スニーカーを変えるだけで、コーディネートがアップデートされるんです! スタイリスト徳原文子さんがセレクトした主役スニーカーをご紹介。
春のはじめからサンダル争奪戦は始まっている!フラットサンダルは大人っぽいスタイリングにマッチするものを選びたい。すべてSHOP Marisolで購入可能なので、売切れる前にオーダーを!
春のはじめからサンダル争奪戦は始まっている! まずはヒールありのサンダルをご紹介。すべてSHOP Marisolでオーダー可能なので、売切れる前にゲットして。
そこに締め色やさし色、パイソンといった"きかせ靴"をそろえていけば、着こなしの幅がぐっと広がりそう!
色幅が広く、コーデも選ばないベージュはデイリー靴の大本命。美色に加え、旬や歩きやすさにきく"+α"にも注目を。
いつにも増して可愛げのあるデザインが豊富な今季のパンプス。女らしさが上がるパンプスならきれい色やディテールも品よく、エレガントに履きこなせる。
関連記事
  • Marisol6月号・表紙撮影の舞台裏をお届け!トップスは白!ボトムはネイビー!シンクロしたエビちゃんとスタイリスト徳原さんの2ショットは、発売中のマリソル6月号表紙撮影の日の一コマです。 素晴らしい快晴の日、スタジオの真上からも差し込む眩しい日差しの中、その日差しに全く負けていないエビちゃんのエネルギーがすごい!! 是非、表紙も中身も、そして付録もお楽しみください! (編集長イシダ)
  • コーディネートを考える時間がないほど忙しい朝もある! そんな時にも頼れる「着るだけですっきり見える」実力派、集めました。 HIT! \ウエストが細く見える!と大人気/イレーヴのチノフレアスカート肉感を拾わないハリのあるチノ素材とハイウエストなデザインが、自然とすっきり見えを実現。前はフラットで後ろにダーツが入っているので、おなかが目立ちにくく、腰からヒップは美しいラインに。スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/ebure ピアス¥12,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥10,000/ユナイテッドアローズ  丸の内店(フィリップ オーディベール) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) サンダル¥24,000/スタニングルアー 青山店(Definery) HIT!\肩まわりがすっきり見える魔法の一枚/スローンのノースリーブニット 袖口のカッティングが内側に入らずまっすぐなので、脇や肩まわりがすっきり見える、とスタイリストにも人気。同素材のカーディガンとセットでそろえるのもおすすめ。ニット¥19,000/スローン デニム¥24,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バッグ¥90,000/ビームス ハウス丸の内(ステー) ブレスレット¥40,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ラバー) バングル¥39,000/エストネーション(アリアナ ブザード ライフォル) HIT!\色違い、型違いでリピート買いする人も!/ドゥーズィエム クラスのとろみセットアップほどよく落ち感のあるジョーゼット素材がシルエットを拾わず体をきれいに見せてくれる、と人気の名品。シワになりにくいのもうれしい。トップス¥16,000・スカート¥16,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ゴールドバングル¥6,000/アルアバイル(アルアバイル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) リング¥26,000/エストネーション(アリアナ  ブザード ライフォル) バッグ(TOMORROWLAND別注)¥132,000/TOMORROWLAND(J&M  デヴィッドソン) サンダル¥19,000/ビームスハウス 丸の内(デミルクス ビームス)HIT!\10年間売れ続けるベストセラー/ガリャルダガランテのジャージージョッパーパンツ本来はブラウスなどに使われる伸縮性のあるジョーゼット素材を使用。ウエストまわりはタックでゆったり、膝下からすそは細身になったシルエットで、楽ちんなのにシャープに着こなせる。手洗い可能でアイロンいらずなのもロングヒットの秘けつ。パンツ¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ブラウス¥14,000/ナノ・ユニバース(ODORANTES) ピアス¥11,000ユナイテッドアローズ 日本橋店(ベベ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) パンプス¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol6月号2019年】撮影/菊地 哲(MUM/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子
  • スポーティアウターがこんなに可愛かったとは♡もう無視できないトレンド“スポーティ”。あえてメンズ服で選ぶのが通っぽい。カラーに迷ったら、たとえばこんなクリーンなホワイトが使えます♡ ¥2990/ジーユー"120%カジュアル"も断然今っぽい サロペットとアノラック、サコッシュと『コンバース』。“120%カジュアル”もちゃんと今っぽくなる。大ぶりなアクセサリーもポイント! デニムサロペット¥11800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥6500/コンバース バッグ(ワンピースとセット)¥12800/フリークス ストア渋谷 サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス黒ワンピを普段着にするチカラ きれいめの黒ワンピースだって、アノラックをかぶせればモノトーンカジュアルに変身! チラリと見える足首のおかげで、スニーカーでも女っぽい。 リトルブラックドレス¥28000/ショールーム セッション(アダワス) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥6500/コンバース バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) 今さらだけど、どんな色にも合うってスゴい 首もとと袖からのぞかせたグリーンのボーダー、ロイヤルブルーのカゴバッグとサンダル。誰からも「可愛い」って思わせるおしゃれが完成! きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 ドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥25000/ショールーム セッション(アシーナ ニューヨーク) イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) ソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 素材の違いがおしゃれの分かれ道 はり感のあるアノラックと、ひらひら揺れるスカートと。近いトーンの色同士を合わせるからこそ質感の違いがメリハリになり、一気におしゃれ上級者へと近づく! アノラック¥29000/ボウルズ(ハイク) プリーツスカート¥22000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥22800/セムインターナショナル(エンシャラー) ピアス¥4600/シップス 渋谷店(インク アロイ) ブレスレット¥7000/アルアバイル バングル¥6000/UTS PR(ノース ワークス)甘いも辛いもちょうどよくなる それだけだと甘いレースのワンピース、辛口なカーキのパンツ。淡いベージュのブルゾンならどちらもお任せあれ! ちょうどよくなるうえに一番今っぽくもなるから。 ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company/まりえ分) 三瓶康友(栞里、翼分) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY/まりえ分) ヘア&メイク/林 由香里(ROI/翼分) 河嶋 希(io/栞里) モデル/飯豊まりえ 本田 翼 佐藤栞里 スタイリスト/高野麻子 石上美津江 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES 丸ビル三菱地所
  • 「夏に向けて足もとも軽やかにしたいけれど、ガサガサ足が気になって裸足になれない!」と悩むアラフィー女性たち必見! マニキュアリストの堀さんが、自宅でできるフットケア方法を伝授。バスルームで角質ケアをしたあとは、お風呂上りの入念な保湿が何より大切!粗い目と細かい目が表裏に。最初は細かい目を使うのを推奨。 ドクター・ショール ツインヘッド かかとファイル(オープン価格)/レキットベンキーザー・ジャパン守るべき大事なポイント21.どこが硬くなっているか、触ってしっかりチェックを!角質ケアは削りすぎると、皮膚を守ろうとする力が働き逆効果。ケアすべき部分を、まずは触ってチェック。硬くなっているところのみを少しこすり、また触って痛みや出血がないか確認を。2.ファイルは絶対横に動かさない!往復させるのはなおさらダメ!足裏の肌のキメは、つま先からかかとへ向いている。ファイルはそれに合わせて一定方向に動かすのが大原則。左右に動かしたり、往復させると皮膚が摩擦で傷ついてしまうおそれがあるので、厳禁!【STEP1】かかとを磨くお湯で足裏の皮膚を軟らかくしておくまずは10分程度の入浴もしくは足湯で皮膚を十分軟らかくほぐしたら、足用ファイルの細かい面でかかと部分を優しくこする。ファイルは、つま先からかかとへ一定方向に動かす。【STEP2】サイドを磨く足のサイドも一定方向にファイルを動かす【STEP1】同様、親指のつけ根下の硬くなったところをこする。ファイルの動かし方はあくまでも足先からかかと側へ。外反拇趾の人は特にここが硬くなりがちだが、やりすぎないように。小指のつけ根側もケア。足の外側はこのような体勢でファイルを当てると、一定方向に動かしやすい。【STEP3】足の中央を磨く「ヒールだこ」部分をピンポイントでこする足の中心部分の、いわゆる「ヒールだこ」部分をファイルでこする。たこの部分のみに平行にファイルを当て、角質がたまっていない軟らかい部分はこすらないよう注意しながら。【STEP4】角質を落とすオレンジ精油が爽快。 ザ パブリック オーガニック 精油ボディスクラブ スーパーリフレッシュ 180g(6/1発売)¥1,600/カラーズスクラブで足の甲や指もしっかりケア足裏の角質をひと通りケアできたら、スクラブを使って足全体をきれいにお手入れ。足裏に加え、サンダル焼けや正座によるこすれ、靴ズレなどで色ムラになりがちな足の甲や指も。【STEP5】足の表裏を潤す浸透性に優れ敏感肌でも安心して使える化粧水&美容液。『ロングルアージュ』でも使用。 (右)マジックウォーター 500㎖ ¥7,500・(左)インテンシブ ビューティセラム 30㎖ ¥11,000/ロングルアージュマッサージで血行を促進しながら保湿お風呂からあがったら、足の甲の骨をほぐしたり、ふくらはぎをマッサージしたりしながら、重点的に保湿を。顔同様、まずは化粧水でたっぷり潤してから美容液やクリームを塗るのがアラフィーの鉄則。【STEP6】ラップパックで潤す仕上げはラップして潤いを密封。ここまでがマスト!たっぷり保湿したら、写真のようにラップを巻いて15分ほどおく。こうすることで潤い効果がアップし、靴下やストッキングをはくときにも引っかからない、ふわふわのかかとに。パックというとスペシャルケアのように感じるが、ここまでが週1のデイリーケアの基本。潤すことなしに「磨く」「落とす」はしないと心がけて。教えてくれたのは…マニキュアリスト 堀明日香さん 美しく健康的な自爪ケアを推奨する『ロングルアージュ』のマニキュアリスト。正確で迅速なテクニックで信頼を集める。ロングルアージュ 東京都港区南麻布4の1の29広尾ガーデン4F ☎03・3440・5433 10:00〜19:00 ㊡火曜 ペディキュアコース¥10,500撮影/目黒智子 モデル/上口香寿美(Jazz Models) 構成・文/前野さちこ ※エクラ6月号掲載
  • お気に入りのユニクロアイテムでモノトーンスタイル春夏のモノトーンコーデは重くなりすぎないよう軽やかに、黒より白の分量を多めに。 ボーダーカットソーにパンツの定番コーデは、ハイウエストにしっかりトップスインで着ることで今っぽく仕上がります。 トップスをコンパクトにまとめつつ、ボリューミーなボトムスを選んでピタふわシルエットがおしゃれ見え。落ち感のあるとろみ素材とゆったりフォルムでしなやかなパンツ。 洗濯してもノンアイロンでOKでセンタープレスもとれません。 楽なのにきちんと見えるので通勤にもぴったり。 もう、数年愛用しています。 同じ商品ではありませんが、今年のものだとこちら↓ ユニクロ ドレープワイドクロップドパンツ丈が短めなので暑くなる季節でも涼しげです。 アンクルストラップ付きのヒールサンダルで足首を強調してほっそり見せてスタイルアップも忘れずに。 クッションソールで気持ち良く、歩くのが楽しくなるウエッジソールサンダル。 ヒールは高めですが、前も厚底で安定感があるのが特徴。 お気に入りのシリーズで、色違いも持っています。 ブラックはとにかく使えるので、かれこれ3代目ぐらい。。 毎年、デザインもカラバリも価格も少しずつ変わるので、タイプ!と思ったら買い足しています。履いているうちに伸びるので、サイズはワンサイズ小さめがおすすめですが、可能であれば試着していただきたいです。 今年も見つけました↓ストラップコルクウエッジサンダルtops Mila Owen pants UNIQLO sandals PICHE ABAHOUSE bag BALENCIAGAコーデに迷ったときはモノトーン! とはよく言うものの、シンプルなモノトーンスタイルこそアイテム選びが大切だと感じています。 着心地が良くて、サイズ感が良くて、普通なのにおしゃれに見える、そんなスタイルを目指したいものです。美女組No.161 愛のブログ
  • 新しい花嫁に贈る、新しいドレスの提案。自分らしく、モードに装いたい。私らしい一着で愛を誓うオールインワン¥615,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) ベール¥66,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(マルコクッチノッタ)ステラ マッカートニーから初のブライダルコレクションが誕生。総レースのオールインワンを太いリボンベルトでマークしたスタイルで、甘くハンサムなマリアージュを。青いタグに綴られた「Made with Love」のメッセージは、デザイナーから花嫁へ贈る"サムシングブルー"。モダンな花嫁の「Yes,I Do」ジャンプスーツ(ベルトつき)¥789,000・ネックレス¥781,000/シャネル ベール¥107,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(キャロリーナ・ヘレラ) ブーツ¥143,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)スポーティなオープンカラーに、ボリュームのあるワイドパンツ、そして華奢な腕を強調するフレンチスリーブ。憧れのブランドでチョイスしたエレガントなジャンプスーツが、ブライドの笑顔を引き立てて。ゆっくり刻んでいく、ふたりの足跡ドレス¥650,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(テンパリー・ロンドン) ベール/スタイリスト私物フラワーエンブロイダリーとラダーレースをあしらったセパレートドレスは、どこかノスタルジックなムードを薫らせる。セレブから絶大な人気を誇るイギリス人デザイナー、アリス・テンパリーの作るドレスには、大人の女性のロマンティシズムが込められている。グルームの迎えを待つ森の妖精ドレス¥480,000・靴¥79,000(ともにディオール)・イヤリング¥1,250,000・リング¥1,800,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/クリスチャン ディオール スカーフ/スタイリスト私物流れるようなラインが清楚な華やぎを誘うジャージドレス。繊細なスカートのプリーツやデコルテを飾るドレープが、ブライドのボディをしなやかに包み込む。足もとはバレエシューズで、甘やかに、そして軽やかに。彼と私、波打ち際の追いかけっこトップス¥314,000・ドレス¥539,000(参考価格)/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) 帽子¥45,000/シジェーム ギンザ(ローラハット)動くたびに大きく揺れるコットンレースのドレスは、スカートのプリーツ部分にワイヤーを通し、構築的なフォルムを実現。その上に、同素材のキャミソールトップスを重ね、潮風と一体になる。 リング〈WG、ダイヤモンド〉¥2,800,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァンクリーフ&アーペル)誘惑の花を胸に咲かせてドレス¥1,120,000(参考価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)ピュアな白いドレスに、深紅のアネモネの刺しゅうがビビッド。コルセットや小さなバルーンスリーブなど、コスチュームドレスの要素をミックスしたロマンティックな一着で、今日は魅惑の花嫁に。秘密の庭で誓いのキスの予行演習ドレス¥259,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(セシル バンセン) ベール¥16,000/ヴェラ・ウォン ブライド 銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)バックを細いリボンで結び、肌をロマンティックにのぞかせたブライド。2016年、コペンハーゲンで誕生したブランドは、レース使いや素材のあしらいにクチュリエの職人技が光る。 サンダル¥149,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)鳥のさえずりがウェディングマーチドレス¥1,500,000/ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)ウエストから裾にかけて大きく広がるプリンセスラインと長いトレーンが、主役の華やぎを約束。ビスチェドレスの上に、刺しゅうを施したオーガンジーを重ね、イノセントなデコルテを演出する。現実とおとぎ話の狭間ドレス¥770,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) ヘッドアクセサリー¥35,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア)艶やかなミカドシルクでなぞる、洗練されたボリュームの美学。上品なスタンドカラーと、裾にスリットを入れた大きなドロップスリーブ、そしてヘムまで流れるしなやかなドレープが、絶妙なバランスを生む。マーメイドの愛と冒険の行方ドレス¥2,000,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) ヘッドアクセサリー¥50,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア) リング(上)¥1,969,000・(下)¥109,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)肌をまろやかに透けさせるチュールに、フリルやビーズをふんだんにちりばめたヌーディなドレス。繊細な素材にあしらわれた細やかな技法に、クチュールブランドの格式が宿る。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  SOURCE:SPUR 2019年6月号別冊「新元号をともに歩むマリエ」photography: Jumbo Tsui 〈beauty direction〉 styling: Kayo Yoshida hair & make-up: Rie Shiraishi model: Laura edit: Asako Kanno
  • ジャケット¥44000/MIDWEST(RITO) トップス¥1000/UNIQLO パンツ¥11000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥4620/神戸レタス ピアス¥4200/キャセリーニ(ラピュイ) サンダル¥15800/ROSE BUD新宿店(KAREN LIPPS)さらっとした素材感とほんのり透ける薄手のジャケットは5月〜6月に軽くはおるアイテムとして最適。体が泳ぐオーバーサイズだから袖をロールアップしてこなれ感MAXに。ジャケットとカラーを合わせたパンツでセットアップ風に着るのが大人っぽい!モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/平野愛(broocH) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶セットアップコーデ記事一覧はコチラ
  • この特集、ほんとに大好き。ついつい便乗しちゃうんです。Marisol6月号に「おしゃれプロの『これ買っちゃいました!』2019春夏」という特集があります。 シーズンごとに楽しみにしている特集。 エディターさんやスタイリストさんの私服が垣間見られる楽しさや、「わ!素敵!」と思う方が毎回同じだったりするのが面白くて好きです。 好みが似ている方が選ぶなら間違いない!と、新しいブランドを試してみたり、攻めのアイテムに挑戦してみたりもできます。 すみからすみまで読んでいると発見がたくさんあって面白いのです。 今回は、ワンピースのページに紹介されていたmuller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)のデニムキャミワンピが気になって、早速お店で試着! ・・・だけど、どうやら私には攻めすぎているのか似合わず、断念(泣) これも良い勉強。 でも、久しぶりにmuller of yoshiokuboの他のアイテムが気になって見つけたのが、デニムのワイドパンツサロペットでした。 室内の暗め写真でごめんなさい。 すとん、と落ちるきれいなワイドシルエットがとっても気に入りました! 濃いインディゴだし、通勤もOKかな? 夏を想定して、インナーはタンクトップでさらっと。 秋はニットをあわせても可愛いなあ、と。真冬以外は着られそう!後ろもざっくりシャープなVネックラインが大人っぽくて好きです。他の画像を見る特集を読んで、載っているものと全く同じものを買うこともあれば、こんな風に全然違うものに出合えたりもして。 おしゃれプロから教わることはたくさんあるなあ、なんてしみじみ。 夏は、このサロペットで色々お洒落を楽しみたいと思います★美女組No.167 hirokoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND