40代のきれい色ルール。「小物」は ワントーンにしか合わせない!

Marisol ONLINE

スタイリスト 福田亜矢子
マリソルを牽引する人気スタイリスト。ベーシックを基調に、トレンドアイテムを大人も着やすいコーディネートに落とし込む達人!

Ayako Fukuda
Ayako Fukuda
「小物に関しては、きれい色を“きかせる”のがやっぱり素敵だと思います。おすすめなのは、印象が“ぼわん”とするパステル系より、アラフォーをパキッとフレッシュに見せてくれる強めのカラー。コーデがごちゃつかないよう、ワントーンに1点だけ、が上品に見せるポイントです。(福田)」

1/3

2/3

3/3

■Navy×Blue


さわやかなブルーのバッグは同系色のネイビーにさりげなくなじませて


「女っぽすぎるのが苦手な人にもおすすめの配色。バッグは大きいと悪目立ちするので、トレンドの小さめサイズを選んで」。

バッグ¥65,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) シャツ¥44,000/マディソンブルー スカート¥78,000/モールド(チノ) スカーフ¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) メガネ¥45,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(バニー オプティカルズ バイ オリバーピープルズ) イヤリング¥7,000(ベック・ペッティーナ)・バングル¥9,000(ヨキ)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 靴¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)

■Gray×Red


クールなグレーに足もとの赤で女らしさをひとさじ


「足もとに赤って定番だけど意外とむずかしい。モノトーンにヒール靴の赤、だと強い女になりすぎてしまうので、あえてのバレエシューズで可愛げを」。

靴¥19,000/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(ファビオ ルスコーニ) カーディガン¥28,000・カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(ヴェルメイユ パー イエナ) サングラス¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥4,200/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー)

■Beige×Yellow


レディなムードのブラウンコーデにイエローで遊び心を


「バッグの形をバケツ型にしたのもひそかなこだわりポイント。これがカチッとしたハンドバッグとかになってしまうと、急にマダム感が出て老けて見えてしまうので。足もとのサンダルで抜け感を意識しました」。

バッグ¥124,000/ドゥロワー 青山店(パコ・ラバンヌ) ジャケット¥78,000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー) シャツ¥35,000/トヨダトレーディング プレスルーム(ジャンネット) スカート¥26,000/オーラリー バングル¥6,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) 帽子¥25,000(アルテサーノ)・靴¥18,000(マウロ・デ・バーリ)/アマン
撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA
関連記事
  • \FLAG SHOPマガジン最新情報お届け/ これさえあれば迷わない!最強服で着回し30Days、2大マストシューズのスニーカー&スポサン、バイヤーが選ぶイチオシなど、連休も仕事もカジュアルからきれいめまでマルチに使える62アイテムを厳選しました!   デジタルカタログで掲載品をチェック!   FLAG SHOP Magazine「トレンド&ベーシック62選」ラインナップ ベーシック×トレンド最強服で着回し30Days! トレンドも取り入れたいけど、やっぱり流行り廃りのないベーシックアイテムも押さえておきたいところ。そんな着映えも着回し力も両方手に入る14着をピックアップ! ONからOFFまで使える着こなしは必見です!   オンもオフも使える“スニーカー&スポサン”見つけませんか? 空前のスニーカー&スポサンブーム! はくだけで今どき感が手に入り、初心者でも使いやすい一足をご紹介。   バイヤーの“イチオシ”アイテム集めました! 夏の必須アイテム「Tシャツ」をはじめ、春から夏までのスイッチシーズンに大活躍するアイテムを集めました! トレンドに敏感なバイヤーたちが、この夏すすめたい逸品を着こなしとともにご紹介します。   この夏、マストで持ちたい”タイプ別トレンドバッグ4″ ハッピーなイベントも増える夏は、バッグも遊び心が効いたもので気分を高めたい!毎日を盛り上げる、とっておきの新作をピックアップ。
  • 恋愛に興味のなかった純粋培養女子・有栖川さんが、やさしくて紳士的な男子高生・野宮くんに出会って次第に変化が!? 恋する乙女のドキドキ感が伝染しそう!!新年度が始まって、 街では、新しい制服に身を包んだ学生の初々しい姿が目につきます。パクチー先輩も若かりし頃のことを思い出すのでした。中学生の頃、通学で乗っていた井の頭線で、毎朝一緒になる二人組の慶応の男子高生がいました。シュッとした感じのイケメンさんで、知的な素敵男子。で、私と友人は、当時大好きだったドラマ『傷だらけの天使』の主役だった萩原健一と水谷豊の役名をとって、その男子高生をオサムとアキラと名付け、日々観察してはキャッキャ言っていたのです。残念なことに二人とは、一度も口をきくこともなく終わりましたが、ショーケンも亡くなった今、そんな記憶が懐かしく思い出されるのでした……。 いかんいかん、前置きが長くなりました。じつは今回紹介するオザキアキラ先生の『ふしぎの国の有栖川さん』のヒロインが恋するのは、電車の中でいつも一緒になる男の子。そしてパクチー先輩とは違い、彼女は恋を実らせていくのです。 芝浜女子高等学校1年の有栖川鈴(ありすがわすず)は、過保護な祖父に大切に育てられたピュアで古風な女の子。門限は夕方6時で、趣味は落語。同級生たちが「彼氏が欲しい!!」と合コンに積極的な中、彼女は恋愛に奥手で、男の子に興味すらもてないでいました。そんな彼女が偶然、電車の中で出会ったのが、隣町の男子校に通うイケメンの野宮宗介(のみやそうすけ)。 そのルックスから、女子からはつねにモテモテな野宮くんは、恋愛に若干冷めたところがあって、他の男子のようにガツガツしていません。「男の子とどう接していいかわからない!!」とパニくる有栖川さんに対してもいつも紳士的にやさしく接してくれます。そんな野宮くんに有栖川さんは、次第に惹かれていくのですが、それが恋とは気づきません。一方、天然だけれど、しっかりと自分をもっている有栖川さんに野宮くんも魅力を感じながら、なかなか告白に至らず。一向に距離の縮まらない二人がじれったくて、もどかしくて、本人たち以上に友達がやきもきしっぱなし。 また、野宮くんと一緒にいるのが楽しくて仕方ないけれど、「これ以上、楽しくなるのが怖い」と恋に躊躇する有栖川さんのストイックさは、とってもキュートなんですよねぇ。そして恋愛に大いなる夢を抱いている彼女の姿は、コミカルで笑える半面、とても微笑ましくて温かい気持ちにさせられます。アラフォーになって経験値が増えると、もはや恋愛を神聖化することが難しくなるけれど、いや、もっと恋愛に理想を抱いていいんじゃないかと思わせてくれる作品です。 個人的にパクチー先輩が気に入っているのは、野宮くんの親友のメガネの菅谷くん。 「女の子じゃなくても、俺おまえらといても十分楽しい」と野宮くんに言われて、「やめろよ。赤い実がはじけちゃうだろ」と照れるあたり、たまりません。しかもメガネをとると、めっちゃ美形なのに、本人は全然気づいてない模様。おつきあいするなら、ぜひ菅谷くんで!! それでは試し読み、どうぞ~! 他の画像を見るパクチー先輩漫画大好きライター。女性誌や男性誌でインタビューやカルチャー企画を担当。手塚治虫の「W3」でマンガ愛に目覚める。「パクチーが持つ効能のように、みなさんの体内の毒素を排出してくれるような漫画を紹介していきたいと思います」
  • 一点投入するだけで、春夏の薄手&シンプルコーデが一気に華やぐハイブランドのバッグから、セレクトショップがリコメンドするバッグ、マリソル編集長イシダがぐっときたバッグなど、アラフォーが選ぶべき最旬バッグを一気にお見せします!【目次】 1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグ 2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ 3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグ 4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く! 5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!※商品は販売を終了している場合があります1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグアラフォーの心を動かす美しいバッグでデイリーコーデを格上げしましょう! アラフォーが狙うべきハイブランドの「ときめくバッグ」はこちら。 ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELのバケツ型バッグの詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」の詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIOR「サドル」バッグの詳細はこちら2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ人気セレクトショップだけで手に入れることのできるものや別注、カスタマイズなど、人気セレクトショップ発おすすめバッグをお届け。 ■BARNEYS NEWYORK/フォンタナ ミラノ 1915のバッグトップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶ォンタナ ミラノ 1915のバッグの詳細はこちら■Ron Herman/ラドローのかごバッグ上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグの詳細はこちら■BEAMS/エレメのコラボバッグ通常の太ストラップ(写真)に加え、細ストラップも特別に別注。気分に合わせてつけ替え可能。 バッグ(20×27×15)¥64,000/デミルクス ビームス 新宿(エレメ×デミルクス ビームス)▶エレメのコラボバッグの詳細はこちら■Chaos/ア バケーションのトートバッグ先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶ア バケーションのトートバッグの詳細はこちら■ESTNATION/バルダンのスクエアショルダーバッグ型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグの詳細はこちら■TOMORROWLAND/J&M DAVIDSONのコラボバッグ「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグの詳細はこちら3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグラグジュアリーブランドの2019年春夏バッグの新作から、編集長イシダがぐっときた逸品バッグをご紹介! ■SAINT LAURENT「キャンバスバッグがクラッチになったりシーンに応じて顔を変えて楽しめるのがなにかと忙しい大人向きですよね」(編集長イシダ) (右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・(左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶「アップタウン」と「ショッピング・テ ディ」バッグの詳細はこちら■BOTTEGA VENETA「美しいキャメルカラーは、極上のレザーならでは。こんなビッグクラッチをラフに持ちたい!」(編集長イシダ) 若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶「THE POUCH」バッグの詳細はこちら■BALENCIAGA「定番色のグレーなのに、しゃれ感がある!機能的な使い勝手も備えているのがいい」(編集長イシダ) 人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶「EVERYDAY LOGO」バッグの詳細はこちら■LOEWE「着こなしに抜け感を加えてくれるリネンのバッグ。でもそれだけじゃない、品格もあるのが大人好みです」(編集長イシダ) オープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶「BALLOON」バッグの詳細はこちら■STELLA McCARTNEY「荷物がたくさん入って、使いやすさ抜群のシリーズ。白×ネイビーは、新鮮かつ凛々しくて惹かれます」(編集長イシダ) サンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶「ステラ ロゴ」バッグの詳細はこちら■CHLOÉ「今季、シンプルな中に存在感のあるロゴ使いが新鮮に映ります。ノーブルなたたずまいが本当に素敵」(編集長イシダ) 新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶「Chloé C」バッグの詳細はこちら4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く!おしゃれが映える「グリーン」、爽やかな印象を与える「ブルー」、華やかで元気な「 イエロー」。トレンドカラーのバッグを取り入れればいつものコーデぐっとが新鮮に!■GREEN/グリーンカラーのバッグアースカラーがトレンドのこの春。ベージュやブラウンといった旬色になじみつつ、上品なアクセントにもなるグリーンへの注目が急上昇。  (右)しっかりとしたレザーにノット(結び目)デザインが個性的な巾着型。こっくりした濃いめのトーンで合わせやすい。バッグ(18×16×10)¥32,000/コード(ヴァジック) (中)大人の遊び心を感じさせる上質なレザーのバスケット。若草のようなさわやかな色が素敵。バッグ(16×17×17)¥94,000/スタニングルアー 青山店(WAI WAI) (左)スエードならではの柔らかな質感で女っぽく持てるカーキグリーン。たっぷりあしらわれたフリンジも華やか。バッグ(18×25× 7 )¥96,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)▶グリーンカラーのバッグ3点の詳細はこちら■YELLOW/イエローカラーのバッグ春らしい明るさがありつつ甘さ控えめなイエローは、アラフォーも取り入れやすいおすすめのトレンドカラー。 (右)さし色をきかせるのが苦手な人も、こんな小ぶりサイズならトライしやすいはず。まだ寒い時期のコートスタイルもこれひとつで一気に春らしく。バッグ(14×15×10)¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) (左)かっちりとした上品な形で、ポケットも充実。お仕事コーデに華やかさを添えたい時にもおすすめ。ショルダーストラップつき。バッグ(16×21×11)¥128,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ) ▶イエローカラーのバッグ2点の詳細はこちらBLUE/ブルーカラーのバッグ海や空を思わせるきれいなブルーも今季は豊作。清潔感をアップさせ、着こなしを軽やかにする効果も。 (右)ミニチュア感のあるサイズが可愛いトート。ほんのり甘さのあるパステルカラーをきかせて。ショルダーストラップつき。バッグ(16×28×11)¥128,000/フォクシー 銀座本店(フォクシー) (中)羊革を使用したふかふかの手ざわりが気持ちいいキルティングバッグ。素材が上質なので、鮮やかなカラーでも大人っぽく。ショルダーストラップつき。バッグ(19×29×15)¥128,000/アマン(ザネラート) (左)今季も変わらず人気のバケツ型バッグは、色で遊んで新鮮味を。パープルがかった色みが上品。バッグ(18.5×17×17)¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) ▶ブルーカラーのバッグ3点の詳細はこちら5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!チャームやストラップで、イニシャルで。アラフォーが大好きなブランドのバッグに自分らしい遊び心をトッピングしてみては? ■フェンディのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶フェンディ「モン トレゾール」バッグの詳細はこちら■ディオールのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶ディオール「LADY DIOR」バッグとストラップの詳細はこちら■プラダのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▼プラダのバッグとロボットチャームの詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▼グッチの『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグの詳細はこちら
  • マリソル編集部のおすすめビューティ情報をお届け!体のコリやむくみが酷く、マッサージが欠かせないのですが、そんな私が「いつかここの会員になって、思う存分揉みほぐされたい‥」と長年夢見ているのがココ「カージュラジャ エステティックサロン」です。 いつ行っても絶対にハズレのない素晴らしい技術、日常を忘れさせてくれるお籠り感で愛してやまないのですが、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル店がリニューアルしたと聞いて、久々に伺いました。 7室あるお部屋がすべてスイート仕様になり、他のお客様と一緒になることもほとんどなく、さらにゆったりくつろげるスペースに。ミストサウナで体を十分に温めた後、スイナマッサージという、経絡など東洋医学をベースにしたボディマッサージ(60分 ビジター価格 24000円)を受けると、ほぐされるだけでなく、血色もよくなり、すっかり元気な体に。 お値段だけみると確かに高級なのですが、それに値する確かな技術と癒される空間。「絶対元気になれるサロンって、働くアラフォーの強い味方だなぁ〜」としみじみしながら足取り軽く帰宅しました!
  • 登場するごとに人気を博す2つのブランドに、エクラのためだけの限定品をオーダー。 大人に似合うスペシャルな靴とバッグが完成しました。春らしさと実用性を備えた新しい小物で気分を上げて。ROBERTA PIERI×éclat モノグラムPVCトート軽くて丈夫な頼れるトートに優しい柄でかわいさをひとふり世界的メゾンの製品も手がけるイタリアのバッグブランドに依頼したのは、エクラだけの別注"柄"!淡いピンク×グレージュのモノグラム柄は、クラシカルな中にフェミニンさも漂う大人好みの仕上がり。軽量なのに頑丈なつくりのPVCシリーズも、自慢したくなるポイント。 高級感あるサフィアーノ仕上げ&UVカットコーティングを施した、水にも汚れにも強い才色兼備な逸品。ワンピース¥32,000(アッパーハイツ)・カーディガン ¥25,000(ハウント/ハウント代官山)/以上ゲストリスト ピアス¥15,500 /CPR トウキョウ(ルーカス ジャック)エクラのためだけのオリジナル柄は、ピンクの色みや柄の大きさを何度も吟味して、コーディネートしやすいバランスを決定。レザー部分は今季の新色グレージュを採用。ROBERTA PIERI×éclat モノグラムPVCトート ¥41,000+税>>PIPPICHIC×éclat ジュエリーミュールパンプスぐっと美人度が上がる一足も歩きやすいからデイリーに楽しめるポインテッドトゥの甲に華やかなビジューをあしらった華奢なミュールは、ブランドのアイコンとしてエクラ誌面でも好評。今回はエクラ別注カラーとして、心ときめくピンクとシックなグレージュをオーダー。どちらも肌なじみがよく合わせやすいトーンに、ビジューの輝きが映えるデザイン。見た目のフェミニンさは満点ながら、ほどよい5cmヒールで美脚と歩きやすさも同時に備えて。シャツ¥21,000/ティッカ パンツ¥30,000/スローウ エアジャパン(インコテックス) メガネ¥38,000/ファブ(ハリー ラリーズ)ヌーディな足もとがトレンドの今季。別注色である淡いベビーピンクも、大人っぽいグレージュも、目立ちすぎず肌 になじむ絶妙なトーンで、合わせる服の色を選ばない。PIPPICHIC×éclat ジュエリーミュールパンプス ¥35,000+税>>撮影/金谷章平 ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 取材・文/東原妙子
  • デザインもプライスも機能も諦めない! 働く女子が頼るべきトップスとは?「人の第一印象」はメイクやヘアを重視することが多いけれど、「コーデの第一印象」はトップスに左右される(と思う)。だから、きちんとかつ華やかなデザインは譲れない。これからの季節は清潔感や快適さも大事。"いつも同じ服"って思われたくないからバリエーションも増やしたい。この希望を全部叶えてくれる、プチプラの機能性シャツ&ブラウス、集めてみました♡ALL ¥7900以下! おしゃれで機能的な優秀トップス6選サックスブルーのブラウス ¥4900 ■UVカット 着た時のフォルムも秀逸な涼感カラー。さりげなくUV対策ができる一枚♡ しなやかで適度にはりのあるコットン100%のスキッパーブラウスは、フロントのワーク風ポケットや、衿を抜いて着た時の背中まわりのボリュームが小粋。着るだけで大人の余裕が! シャツ¥4900/ラコレ パンツ¥2990/アメリカンホリック(アメリカンホリック) バッグ¥16000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー)ピンクのフレンチ袖ブラウス ¥6800 ■洗濯機OK ■しわになりにくい デリケートなようで、しっかり洗える!上半身を優しげに映すくすみピンク。汗をかいてもベタつかないテロンとした素材感。タックを配したキーネックのフロントは、ジャケットのインに着ても上品なアクセントに。 ブラウス¥6800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店 コート¥12900/セシール(イマージュ) スカート¥9800/RD ルージュ ディアマン バッグ¥4990/ROPÉ PICNIC PASSAGE ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山 時計¥39500/ピークス(ロゼモン)ストライプのシャツ ¥1990 ■洗濯機OK ■しわになりにくい 小さな衿やセットインスリーブで肩まわりをコンパクトに仕上げ、ストライプの清潔感を引き立てて。 シャツ¥1990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー) イエローのブラウス ¥7900 ■ムレにくい ■しわになりにくい ほの甘でさわやかなモスグリーン×白のストライプ柄。薄手で落ち感のある生地は風通しがよく、ムレとは無縁!  ブラウス¥7900/イッツインターナショナルショート丈の白シャツ ¥6900 ■洗濯機OK ■しわになりにくい タイプライター調生地のパリッとした風合いが魅力。ショート丈だから、ボトムにインしなくても好バランス。 シャツ¥6900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)とろみ素材のバンドカラーシャツ ¥7399 ■UVカット ■しわになりにくい ■速乾性 気温が高い日もずっとサラサラが持続。スカートとのきちんと見えにも重宝! 比翼仕立てでスタイリッシュさを高めたサンドベージュ×白。シャリ感のあるとろみ素材は着用じわが目立ちにくく、高見え力ばっちり。また汗をかいてもドライな着心地が続く速乾性の高さは、洗濯時に短時間で乾くという利点も♡ ブラウス¥7399/ベルメゾン(千趣会) スカート¥8900/ノーク バッグ¥15000/ビームス ライツ 渋谷 バングル¥2680/サンポークリエイト(アネモネ) ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/峠 雄三(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理
  • 数あるエイジングケアブランドの中でもブレない信念を持ち、シンプルなのに存在感満点のルックスが目を惹く「ITRIM」(イトリン)。この春に発売された新作2品、ぜひマリソル世代に手にとって欲しいので遅ればせながらご紹介します。(左から時計回りに)ITRIM エレメンタリー スキンローション 125mL ¥18000、同スキンエマルジョン 75mL ¥20000、同スキンクリーム 35g ¥38000とにかく、初めて使った時から「ITRIM」には驚かされました。 ごくごくシンプル、だけど触れるだけで癒されるまろやかなフォルムや磨りガラスの質感。蓋を開けて中身を手にとった時、そして肌にのせた瞬間に鮮烈なほどに広がる凜とした芳香。古から受け継がれている伝統的な有用植物と天然素材のチカラが、元気をなくしたアラフォーのエイジング肌にガツンと響きます。アイテムに共通配合されたキー成分は最上級のメリッサ精油・ビワ葉エキス・メロン種子油。それ以外にも、いずれも“土から育てる”ことにこだわり、使用部位にこだわり、最適な抽出方法にこだわり……。丁寧に丁寧に作り上げられた多機能な美容成分ぞろい。それをアイテムの用途別に綿密にレシピを練り上げ、「顔」「体」「髪」全てに揺るぎない美しさをもたらす充実、そして圧巻のラインナップを誇ります。なんて能書きはこれぐらいにして……ホントにITRIMのアイテムは本能で「気持ちいい!」と感じるアイテムばかり。インパクト満点の香りを嗅いだ瞬間から脳レベルで、心も肌も前向きなお手入れモードのスイッチが入るんです。ちなみにこちらは化粧水・乳液・クリームという夜の3ステップ。これだけでもう、余計なものはいりません。私は特にクリームがお気に入り。ちょっとバームに近いテクスチャーで固めなのに体温でするりととけ、肌を抱擁するように溶け込み、滑らかに整えてくれます。(左から)ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000、同フェイシャルプロテクション<SPF45/PA+++> 80g ¥12000そんなITRIMがこの春リリースし、すでに話題になっているのがこちらのゴマージュ&プロテクション。ゴマージュで肌をなめらかに整え、肌にピタッとフィットするプロテクターで紫外線だけではなくブルーライトや大気汚染物質など多種多様な外的ストレスから大人の肌をガード。スキンケアで築き上げた美肌を守るコンビです。まずご覧ください、このジュレのようなテクスチャー! 文句なく美味しそうでしょ? 入っているのは、肌にも地球にも優しい5つの天然植物スクラブ。コンニャク、アロエベラ、ライチ種子……ここまでは分かるんです。さらになんと、庄内柿に山形さくらんぼの果肉や果汁から作られたパウダースクラブも入っているんです。どうりで美味しい香りがするわけだ!(笑) ちなみにさくらんぼは、食用ではなく受粉樹として用いられるため廃棄される運命にある果実を利用。そう、ITRIMはとってもサスティナブルなブランドでもあるんです。ジュレのようなこのスクラブ、使用感もとっても楽しい。よくあるザラっとした感触は一切なく、まさに“果肉粒”的なプルプルの肌あたり。マンダリンオレンジの香りと色を楽しみつつデコルテ・肩先までクルクル。洗い流すとまるで美容液で洗い上げたようなしっとり、なめらかな肌に。微粒子のレッドクレイも配合されているので、くすみも払ってくれて一気に朝から気分が上がります。なめらか&ピュアに整った肌を守るために、セットで使いたいのがプロテクション。アンチポリューションに効果的と言われるオオグルマギクエキスをカギに天然由来成分、実に97%。このピンク色が色ムラ補正に一役買ってくれるのですが、とにかく質感が秀逸。スーッと伸びる!そしてピタッとつく!嫌なベタつきなし!だけどそこはさすが大人向け、日中の肌を守る美容成分もぬかりなく配合されているから最近の初夏じみた陽気でも肌を乾かしません。 ちなみに香りは、ゴマージュよりスッと背筋が伸びるシャープな印象かな。本当に香りに包まれるのが待ち遠しく、ケアが楽しみになるITRIM。この他にもボディケア、ヘアケアなどご紹介したいものがたくさんあるのですが本日はここまで。まずは、これからのシーズンにぴったりの新作2品、ぜひチェックしてくださいね!●「ITRIM」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • デニム×ブラウスのネイビーワントーンコーデでカジュアルなのに厳かな雰囲気で※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます週末デニムで若干カジュアル感はあるけれど、選挙なのできちんと感を意識してインディゴブルーのデニムときれいめブラウスでネイビーのワントーンコーデを。政治には透明性を持って欲しいから、シースルーバッグでさりげなく願いをアピールして。デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND