下地もメイクもこれ一本!コツもテクも要らないおブス肌救済ブラシ

Marisol ONLINE
先日のこと、行きつけのパーマ屋に3か月ぶりに行った。パーマ屋?ヘアサロン?そのどっちか。
4月に新入社員が入った店舗。
着席を促す店員は初めて見る顔、そう、彼女が新入社員だ。上得意中の上得意の私に声をかける。
「雑誌、お持ちしました。」
「あら、ありがとう。」雑誌は重たいからパーマ屋でまとめ読みするのが楽しみだ。マリソルのライバル雑誌を血まなこで読み、年下世代の雑誌で着回し企画につっこみを入れるのが楽しみである。
さてと、目の前の雑誌を見る。
「100均で選ぶ本当に使える収納グッズ」
「新じゃがレシピ」
「一年で100万も?最新節約小ネタ帳」
おおよそこういった内容のタイトルが並んだ雑誌であった。

ふざけないで?店長呼んでくれる?せめて、婦人画報を持ってきなさいよ!せめて、dancyuでお茶を濁しなさいよ!

うなだれて顔を上げると正面の鏡におそろしいブスが写っていた。
ほうれい線、たるみ、むくみ、毛穴、シミ。アラフォー春のおブス祭り。花粉症の影響で、お肌もボロボロになってしまって皮膚科に通う日々。

ファッションには興味がなさそう、でもなんか女性だから料理とか節約の雑誌なら喜びそう、という見た目。これが今の私の客観的評価。
いやね、収納、新じゃが、節約にはもちろん興味はある。しかし美容院で読みたい本じゃない。

イライラを抑えながら担当者に「白髪染め、しっかりお願いします」と告げる。

この日の前日、マリソル編集部から5月7日発売のマリソル6月号付録「小回りしずくブラシ」を試してブログに書いちゃいなよ!とお試しの機会をもらった。
渡りに船、渡りに哲也である。

筆使いで顔のあちこちをうまいことできるそうだ。
曰く
「ラインが上手く描ける!」
「ラインでキレイに消せる!」
「キワや細部がキマる!」
らしい。ほぅ。

どうやら筆先のカットに秘密があるようだ。
チェリーボーイの筆おろしくらいしか経験がないが、大丈夫だろうか。←ウソ

じゃ試してみましょうかね。
小回りしずくブラシ!

1/4

すっぴんおブス肌(涙)

2/4

いつものメイク。ほうれい線とシミが消えてない。

3/4

来たコレ!消えてるよね?

4/4

これが小回りしずくブラシじゃーーーー!!
涙が出るすっぴんおブス肌。日焼け止めまで塗った状態。
いつものメイク。今日のファンデはフローフシのイオンデクッション。ほうれい線とシミは消えてない。あちゃー
しずくブラシでほうれい線とシミをちょんちょんと一刷け。消えてる!!



写真はもう美肌アプリに頼らないと不安。
でもこの「小回りしずくブラシ」さえあれば、悩みのほうれい線とシミがかなりマシ!

筆先にちょちょっとファンデをつけて気になるところにさっとひと刷毛するだけ!これだけ!
アラフォーの春のおブス肌がかなり改善されてしまった。(個人的な感想ね)コツも何もないな。さっとすりゃいいのね!

お化粧にも使えるってことで使ってみた。
ハイライト、アイシャドウ、眉毛、口紅。
使用品はこちら。眉毛はアイシャドウの一色を使うズボラぶり。

1/3

眉が難しい。アイライン、マスカラ以外はしずくブラシでメイク。

2/3

完成形!いつもよりうんと時短になった。

3/3

使用した化粧品はこちら。眉毛はアイシャドウの一色を使用するズボラぶり。
眉毛をブラシだけで描くのは難しいが、眉頭からのノーズシャドウはぼかしやすかった!アイラインとマスカラをする手前の状態。ハイライトも上手に入れられた。
メイク完成形!眉毛をもう少し練習したいところではあるが、ラフな仕上がりもなかなか良いかも!


朝一で化粧して、ランチの後に皮脂をティッシュで抑えて口紅を塗りなおして夕方。
まあまあ持っている。ポイントは顔を触らないこと!顔ヨガやアイーン、くしゃおじさんの顔マネは帰宅してから!これを守るだけ!かんたん〜

こういう付録ってほんとありがたいわ~。
マリソル6月号、買わなくっちゃ(^^)



KB



関連記事
  • パートナーとお金の話はしにくい空気がある!? アラフォー夫婦(カップル)のお金事情に迫ります 版権: Tom Wang/Shutterstock.com働くアラフォー女性320人にアンケート。 デートの支払いをどうするか、一緒に暮らすなら生活費や大きな出費をどう出し合うか、パートナーとお金の問題はついてまわるもの。夫婦(カップル)のお金事情を調査! 他の画像を見る「お金に関して、主導権は自分とパートナーのどちらにありますか?」という質問に「自分」と回答したのは38%、「パートナー」が15%、「どちらも」が47%でした。パートナーに主導権があるカップルは少ないですね。「パートナーの年収を知っていますか?」と聞いてみると「YES」が43%、「NO」が57%でした。半分以上の人がパートナーの年収を知らないことにちょっと驚き。やっぱりお金のことは聞き出しにくい!?「お金のことで喧嘩をしたことがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは20%、「NO」と回答したのは80%でした。喧嘩をしたことがあるカップルは少なめでしたが、喧嘩をした理由について聞いてみると「結婚当初はお小遣い制だったのに、なし崩しになってしまったので」(うしゃさん) 「相談もなくパートナーが不動産を購入したため」(Modaさん) 「パートナーのボーナスの使い道に納得がいかなくて」(とまとさん) 「年収格差(パートナーは自分の4倍)があるのに割り勘なので」(かぽねーぜさん) 「ブランド品を買いすぎだと注意されて」(キッカさん) 「化粧品の値段が高いと文句を言われたから」(たまねぎさん)高額な買い物を勝手にされたら怒るのも当然! でも反対に使いすぎについて注意されて喧嘩になってしまった人も……。高額なものを購入する際は事前にパートナーに相談した方がよさそう。「お金のことでパートナーと別れの危機を迎えたことがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは15%、「NO」が85%でした。味覚やセンスの違いはある程度受け入れられても、お金の価値観の違いは深刻な問題に発展する可能大。なかには「お金の価値観の違いで離婚しました」という人もいました。<資産運用> 「パートナーと資産運用について勉強中」(くぷさん)。資産運用に興味がある人が多数いましたが、「方法がわからない」(やまこさん)、「マネープランを立てて資産運用しようとプロを探して話を聞いたものの、何も実行できていない」(りくママさん)という声も。<お金に関してお互いに干渉しない> 「お金についてはそれぞれが管理することにしていて、お互いに干渉しない」(mikiさん) お互い納得の上でお金の管理はそれぞれがする。こういう方法もありますね。<お金についてパートナーと話し合う> ボーナスの使い道、子供にかかる費用、老後までに貯めておくお金について、きちんと話し合っているカップルも。 「ボーナスがでた日の夜に、パートナーと家で飲みながらボーナスの使い道について話し合う」(とこさん)。「大学資金など将来子供にかかる費用について相談中」(Hさん)。「老後までにいくら貯めないといけないかパートナーと話し合っている」(マロンさん)。パートナーとお金の話はしにくい空気がありますが、パートナーと末永く幸せに過ごすためには、普段からお金について話し合って協力し合うのがベストかもしれませんね。あなたにオススメの記事:アラフォー女性たちは「キャッシュレス化」の波に乗れている? 本音と実態を調査アラフォー女性の浮気のボーダーラインは「手をつなぐ」が1位! 浮気をされたらどうする?アラフォー女性の2人に1人がセックスレス。セックスレスになってしまった理由は?アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
  • ピンクやイエロー、ブルーなど、大人が似合うきれい色コーデを集めました。そろそろマンネリ化してきた冬コーデにきれい色を取り入れて春待ち気分を味わって。 ▶きれい色コーデをもっと見る■その他の最新ファッションもチェック
  • ベースメイクはとにかくツヤッツヤに仕上げたい!というのがここ数シーズンの個人的気分です。もはやツヤなのか、テカりなのかよくわからない、いや、むしろテカって見えるくらいがちょうどいい。ツヤがある方が元気に見えるし、マットなリップとの相性も良いですし。というわけで、ベースメイクはリキッドファンデーションのツヤをいかし、ルースパウダーを使うことはあまりなかったのですが・・・。そんな私が久々にハマりました、ルースパウダーに。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」11 ルミナリーアイボリー ¥5,000 それがコスメデコルテの新「ルースパウダー」です。まず、肌にのせた瞬間、え、なにこの感触!? というか、ほぼ無感触!? “心地よい感触”のさらに上をいく、まるで何もつけていないような軽さ&滑らかさ。ノーストレス! スキンケアも服も人間関係も、身のまわりの全てにおいて、その存在を忘れるほど自分にフィットすることが“究極の心地よさ”だと思うのですが(所謂空気のような存在ってやつ)、このパウダーはまさにそんな感じです。 ノンパールやパール入りなど、色に合わせてもそれぞれ異なる。 そして、ふわっ、すーっと肌に溶け込むように馴染み、肌と一体化するような仕上がり! だから、下地やファンデーションで作った最適な色や艶を損なうことがない。むしろ、お粉とは思えないほど、内から光を放つような自然な艶を演出してくれます。それでいて、毛穴はふんわり隠して、肌表面はスベスベに。リキッドファンデーションだけでフィニッシュするよりも、メイクのもちも断然良くなります。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」00 トランスルーセント¥5,000 色や質感違いで6種類ラインアップされていますが、今のところ、デイリーメイクのスタメンは00トランスルーセント。無色でノンパールで本当に透けるような仕上がりだから、リキッドファンデーションの艶をそのままいかしたい私にはぴったり。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」80 グロウピンク ¥5,000 もう少し女性らしい雰囲気にしたい時は80のグロウピンク。見た目はしっかりピンクですが、肌にのせるとほんのり自然な明るさで、細かなパールの効果もあり、くすみが目立たなくなります! ヘルシーにしたい時は左の02、より艶を強調したい時はパール入りの右のP01と、好みに合わせて使い分け。RMK シルクフィット フェイスパウダー 5,000 円 そして日中のお直しには、RMKのシルクフィット フェイスパウダー。こちらはプレストタイプのパウダーですが、まさにシルクフィット。パフではなく、ブラシがセットされているので、仕上がりはより軽やか。過剰なテカリは適度に抑えつつも、自然な艶肌が復活します!  >>花から、花へ >>レコ大のピンク・レディーがスゴすぎたので。 >>【美容天竺放談】お風呂が恋しくて…冬。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」11 ルミナリーアイボリー ¥5,000ノンパールやパール入りなど、色に合わせてもそれぞれ異なる。コスメデコルテ「フェイスパウダー」00 トランスルーセント¥5,000コスメデコルテ「フェイスパウダー」80 グロウピンク ¥5,000ヘルシーにしたい時は左の02、より艶を強調したい時はパール入りの右のP01と、好みに合わせて使い分け。RMK シルクフィット フェイスパウダー 5,000 円
  • 寒い日が続いているので「黄土よもぎ蒸し」を体験して カラダの芯から温めてきました。看護師のお友達が、1年前に「よもぎ蒸しサロン」を開業したのですが 遠くて、なかなか行けませんでした。 今回、美女組になったこともあり 今まで行きたくても行けなかったところにも やりたいと思ってたことにも どんどん積極的に行動してみよう!!! と、埼玉県の大宮まで行ってきました。よもぎ蒸しは何度かやったことあるのですが 黄土は初体験(^^♪ お友達のサロンは「黄土よもぎ蒸し」です。 韓国で約600年以上の歴史を持つ 伝統的民間療法なんだとか。。 ちなみにお友達は韓国の方♡ 現役の看護師さんでもあるのでしっかりカウンセリングをしてくれて 目的ごとに薬草を、黄土壺に入れ煮出し 蒸気を粘膜や皮膚から吸収させ 血液循環を良くして、汗をたくさん出します。 まずは頭まで全部すっぽりかぶります!そのあと、顔を出して時間ごとに座り方を変えて全身蒸します。私は、かなりの寝不足と疲れのせいか なかなか汗が出ずに・・・ 通常45分より長めに、1時間入ってました。 その人一人ひとりの様子を見ながら 温度や時間を 臨機応変に対応してくれるには安心ですよね。 お化粧もしていない方が、しっかりと毛穴から漢方が入って 老廃物を出してくれるとの事なので もちろん、すっぴんになりました。すっぴんのままですが・・・ このお肌のプル艶感♡写真で伝わるかなぁ??メイク道具は持って行ったのですが 終わった後の、ぷるんぷるんでつやつやのお肌を見てしまったら お化粧するのがもったいなくなり 血行も良くなっているので、顔色も良く 天然チークのように、頬もピンクになっていたので すっぴんのまま・・・ 電車で帰りました((´∀`)) もっとおうちから近ければ 毎週でも通いたいのにな 美女組No.160 yukoのブログ
  • 2019年Saleで買ったものをご紹介。 アフタヌーンティーリビングは実は福袋も欲しいな~と考えていたのですが結局買わず。 前々から欲しかったマグボトルを買いました。 3,240(税込)⇒【30%OFF】2,268(税込)でした。 容量は480mlなのでほぼ500mlのペットボトルと同じ。 Afternoon Teaのロゴも♡ 春から彼のお弁当も作りたいなと考えているので お揃いで購入。3,024(税込)⇒【30%OFF】2,116(税込)。 容量は赤いのに比べると少なめの350ml。タータン柄発祥の国スコットランドの「The Scottish Register of Tartans」に 認められたタータン柄とのことでAfternoon Teaオリジナルデザインだそうです。 2つ並べてみるとかわいい^^そのほかお買物したものをあるのでまた紹介します。 そして、このボトル、底まできれいにどうやって洗おうかなと思っていたところ便利なものをダイソーで発見。 ボトル洗い用のスポンジ もちろん108(税込) 100均ってすごいですね。 塩と胡椒を入れる素焼きポッドの記事を読んで(←今、話題ですよね?) ほしいと思い見に行きましたがなかった・・・ また、100均もゆっくり見に行ってみようっと。 インスタ登録しました^^2019.8月に葉山で挙式予定&春から新生活も始まるのでそれに向けて準備中^^モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • 1回受けたら虜になる!ともっぱらの噂。CPコスメティクスの化粧品を使ったCPサロンのフェイシャルエステが気持ちよすぎたので詳細レポートしちゃいます。たった60分で見違えるような肌に。これは体験しなきゃ損です!何度か誌面でもオンラインでもご紹介しているCPサロンのエステ。取材に立ち会って、トリートメントを受けている皆さんの気持ち良さそうな表情を見るたびに「いいなぁ~、めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~」と、羨ましく思っていました。だって、そばで拝見していると肌が明るく、清らかになっていく様子が手に取るように分かるんです。こんなアリーナ席で“見るだけ”はツライ!ということで、実際に体験させて頂くチャンスを頂きました! 嬉しすぎて気持ち良すぎたメニューの一部始終、実況しちゃいます。まずはカウンセリングから。スタッフさんが今の肌悩みをじっくり聞いてくれます。実際に肌に触れ、現在の状態をチェック。一人ひとりにぴったりのトリートメントを導き出すとともに、頼もしいスキンケアアドバイスも。私、肌は丈夫なのですが、どうも皮膚が薄いらしい。それも即座に言い当てられました。日常的に使っている化粧品もカウンセリングシートに記入。美容液にオイルにマスクに……がっつり書いて、ありのままを告白。全てを把握してくださるからこそ、自分の肌を安心して委ねられるんです。さて、お待ちかねのエステがスタート。まずはデコルテや頭部をマッサージしてくれるプレトリートメントから。頭皮のプッシングだけでもう極楽気分! リラックスすることも、エステの効果を存分に引き出す秘訣ですからね。スチームをあてて、余分な角質を柔らかくしながらクレンジングがスタート。まずはハンドクレンジングでメイクアップや汚れを丁寧に浮かせてオフ。つまみ上げているような指先に注目してください! この技で、表面だけではなく内側の滞りも解消。これぞCPエステの醍醐味。自分では決してできないケアです。次は天然素材で肌当たりのいいブラシによるクレンジング。これで古い角質や、細かい汚れをとことんからめ取ってくれます。クレンジングの締めはガラス管による吸引。毛穴に詰まった汚れまで徹底的に取り除くことで、真からクリアな肌を目指せます。リズミカルに「キュッ・ポン♪」と響く音や軽快なタッチが心地いい。この振動も血行促進を促してくれるとか。CPエステは、この3段階の丁寧なクレンジングがキモなんです。エステ開始直後と比べて、肌がかなりトーンアップしているのにもご注目を。肌がまっさらクリーンになったら、マッサージに突入。指先を駆使して、優しいけれど心地よさがしっかり届く手わざに、もう夢心地。こんな風にぐーっと引き上げるマッサージも。この時点で、私はもう意識がどこかに行ってしまっています(笑)。クライマックスのフェイシャルマスクは、ぴったりひんやり。うるおいをぐーっと押し込んでくれるようなプレス感を楽しみながら、エステの余韻を噛み締めて。 マスクを外し、化粧水と乳液で“お仕上げ”すると、エステ前とは段違いの明るい肌に。その変貌っぷりに、エステの一部始終をカメラに収めてくれたプロデューサーTも驚愕していました。自分的な実感としては、やはり徹底的に汚れを取り去ったためか、手触りツルン&中身がみっちり詰まったモチモチ肌に!このエステ体験は昼下がりだったのでメイクをして仕事に戻ったのですが、その後はびっくりするほどメイク崩れも起こさず、快適に過ごせました。CPコスメティクスのメイクブランド「サティシェ」の春新色を使ったメイクアップアドバイスも受けられて大満足!  ちなみに2月1日(金)発売、フルリニューアルしてのお目見えです。 ここまででおよそ60分、エステで使う化粧品をボトルキープしておけば、会員価格は1回¥2000~3000! 肌をメンテナンスして、メイクも更新できる。こんな至れり尽くせりのサロンって、なかなかないと思います。で、ホームケアもカウンセリングでお勧めされた「ソワーニュ フィエルテ」をメインに、美白ライン「ソワーニュ ホワイトシフト」を挟み込む“重ね美白”を実践中。実はエステ後、プロデューサーTが仕上がりのすっぴん肌も撮ってくれていたのですが、肌全体が明るくなった分、シミ&ソバカスが激しく目立ってヒドイ有様だったので……ここに載せられませんでした。その衝撃を胸に、今年は美白に注力しようと誓った次第です。というわけで「ソワーニュ ホワイトシフト」の美白美容液、メラノクリスタルエッセンス a(30mL ¥13500)が目下のお気に入り。加齢による潜んだシミや、ハリ対策も見据えたアラフォーにぴったりの美白です。軽いテクスチャーで季節を問わず使え、全顔も重ねづけも自在。ケアをスタートして半月ほど経った今では、随分と肌のにごり感も払拭されたような。丁寧なカウンセリングとエステで、自分の肌をもっと知って愛せるようになるCPサロン。時間がないのに悩みは増える一方のアラフォーは、味方につけないと損ですよ!●「CPコスメティクス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 韓国のオーディション番組『PRODUCE48』から誕生したIZ*ONE(アイズワン)が再登場♡IZ*ONE’s BEAUTY PICK!韓国のオーディション番組『PRODUCE48』から誕生したIZ*ONE(アイズワン)が、ついに2月6日、日本デビュー! 20日発売のノンノ3月号に再登場してくれたよ。 日韓で注目をあつめる彼女たちの、スキンケア、メイク、ボディ磨き……etc.  12人のメンバーが、キレイのためにやってること、全部教えてもらいました♡ 彼女たちの可愛いの秘密がわかる全8ページ『IZ*ONE’s BEAUTY PICK!』は、20日発売のノンノ3月号でチェック!  さ ら に ……増刊号はIZ*ONEが表紙♡コンパクトで持ち歩きに便利で、お財布にもやさしいワンコイン版(¥500)の増刊号は、IZ*ONEの表紙が目印だよ☆  ※増刊号の掲載内容は通常版と同じです。IZ*ONEがよく分かるQ&Aチャン・ウォニョンさん宮脇咲良さんチョ・ユリさんチェ・イェナさんアン・ユジンさん矢吹奈子さんクォン・ウンビさんカン・へウォンさん本田仁美さんキム・チェウォンさんキム・ミンジュさんイ・チェヨンさん撮影/ISAC(SIGNO) ヘア&メイク/LEE JUNGSUK LEE SUMIN KANG DAYOON KIM HAEMIN KIM YONGHAN MYEONG YESOL スタイリスト/松尾正美 取材・原文/力石恒元 松山梢 宮平なつき 吉川由希子 web構成/篠有紀 撮影協力/アワビーズ 
  • 一部業界内で話題を呼んだ(!?)「スナックBUSU」のリターンズ! 平成美容を見続けたママと、平成っ子、平成美とで連日熱く語り合った。 スナックBUSUのママ 都内某所でスナックBUSUをひとりで営む。かなりの美容通なため、夜な夜な妙齢(!?)女子が美容アドバイスを求め集まる。年齢は非公表だが、平成を語る口ぶりをみると55歳ぐらい? 平成の申し子 平 成美 昭和生まれではあるけれども、物心ついた頃に元号が平成となり、平成時代を目の当たりにしてきた独身女子、34歳。ママの美肌の秘密を暴こうと、日々スナックBUSUに通い詰める。 お題:細眉ブーム細眉ブームをきっかけに、眉のお手入れ習慣が一般化したわ 平 あ~、アムロちゃんが引退しちゃって、それこそ平成が終わったって感じ。 ママ そうね。彼女は美容においても“細眉”ブームをつくった立役者。これをきっかけに、いろいろな眉トレンドがあったわ。何より、眉のお手入れが一般化したのは、彼女の功績が大きいと私は思っているの。 平 確かに! ただ眉を抜くことが習慣になりすぎちゃって、その後来た太眉ブームに涙する人を多数見ましたが(笑)。 ママ だからアイブロウアイテムが発達したんじゃない。今じゃあ薄眉さん用に眉ティントまであるでしょ。あれは、この細眉ブームがあったおかげよ、きっと。 お題:ニキビ・毛穴ケアブームニキビのもと、角栓を取る、取らない問題あったわよね~ ママ あら、額に想われニキビ♡ 平 何言っちゃってるんですか(怒)。誰かに想われていようが、いまいが、ニキビを喜ぶ女はいませんよ‼ ママ でも、最近はいいニキビ用化粧品があるじゃない。それこそ20年ほど前は“ニキビは青春のシンボル”なんていわれ、単に脱脂効果が高いものしかなかったんだから。ニキビのもととなる角栓を取る毛穴パックも空前のヒットになって、“取る、取らない”で毛穴問題が勃発したわ。 平 毛穴問題ってそこからなんだ! ママ 大人ニキビって言葉も登場したわね。敏感肌もそうよ。女性の社会進出とともにストレスがクローズアップされ、1997年にはデリケートな肌症状に対応したブランド「d プログラム」も資生堂から誕生したわ。 平 いまやニキビも敏感肌も根本は一緒。研究が進みましたね~。 お題:ファンデーションの進化トレンドを"肌"で表現するのって何げにスゴイこと 平 ママ、クッションファンデーションって画期的だと思いませんか? ママ そうよね。ランコムがブームを盛り上げた感じ。昔は……。 平 出たー。ママの昔語り~♪ ママ ちょっと! 今でこそ“なりたい肌質”でファンデーションを選べるけれど、これは1997年に誕生した資生堂の「プラウディア」がプロモーションを展開したのがきっかけ。 平 シーズンごとに肌感の提案をしていたし、ナチュラルな仕上げを求めだしたのもこの頃から? ママ 正解! でも、日本女性にとってカバー力は永遠のニーズよ。 お題:落ちない口紅マットリップは美人度がUPする効果絶大よ ママ 成美ちゃん、今日のマットリップ素敵! あ~、思い出すわ、若かりし頃の“落ちない口紅”。食べても、キスしても落ちない……。 平 そんな昔からあったんですか! ママ 失礼ね! 落ちない口紅のニーズは女性の夢。1992年に登場したカネボウ化粧品の「テスティモ」の口紅は、そりゃあ一世を風靡したんだから! 平 でも私の記憶では、口紅ブームってここ3年ぐらいな気がする。 ママ そうね、スーパーモデルブームでベージュメイクが世の中を席巻。その後はグロスが主流となり、口紅不遇の時代に。その間に、口紅技術が水面下で進化していたのね♡ お題:美白ブーム美白はブームを超えもはや日本人のスタンダードケアに 平 いよいよ新作の美白化粧品が出てきますね! 美白ケアって、最先端技術を搭載しているって感じでワクワクするんですよー。 ママ 日本は美白大国だから。白肌文化は平安時代からだけど、昭和時代、夏は小麦肌、冬は白肌だったわ。 平 それを言うなら、アムラー時代はガングロで、その後のあゆの影響で白肌が定着したって感じ? ママ 平成美白の大きなニュースといえば、2011年にシャネルが開発した「TXC」が外資系企業で初めて美白有効成分として承認されたことかしら。 平 以来、新成分は出てないですね。今の美白は“浸透力”勝負です。 お題:スリミングブーム“塗るだけで痩せる”この言葉に日本中の女性が夢中に♡ ママ 平成といえば、ボディのスリミング系コスメティックスの勢いがハンパなかったわ。 平 そうそう! 祖母、母、姉がハマり、塗り系をはじめ、スリミングアイテムが家中にあふれてました。 ママ 引き締まるような清涼感がきいている気がして好きだったわ。海外旅行に行く友人に人気のスリミングコスメのお土産を頼んだものよ。 平 それ、円高だったんですね。 ママ ……まっ、ともかく、日本人のボディケア意識がこれによって変わったのは確かよ。 お題:小顔ブーム日本人のコンプレックスを直撃した小顔ブーム到来 ママ ボディスリミングくらいに盛り上がったのが“小顔”ブーム。ある外資系メーカーの社長なんて、日本の美容ジャーナリストのひと言で、日本人女性のニーズが“小顔”であることを知ったって話よ。 平 私も小顔になりたい!……って、今でも“小顔コスメ”はある? ママ そこの外資系メーカーでは、進化しながらも現在も人気アイテムとして君臨しているわ。でも近年は、“リフトアップ”“引き上げ系”コスメがそれにあたるんじゃないかしら。 平 やっぱ今は小顔ギアでしょ! SOURCE:SPUR 2019年2月号「平成美容に、乾杯!」illustration:Nozomi Oomori edit:Yuumi Fujii〈dis-moi〉取材協力:花王、カネボウ化粧品、コーセー、資生堂、シャネル、パルファン・クリスチャン・ディオール、ランコム
関連キーワード

RECOMMEND