後輩とのランチでお説教。堅苦しくならぬようカジュアルさを心がけて【2018/4/17コーデ】
Marisol ONLINE
後輩たちと仕事をしていると、物事を批判さえすれば立派な意見を言ったと満足するような子たちが多いので、“批判するなら解決策も一緒に伝えないと!”と、ランチをしながらさりげなくお説教するつもり。ただ注意するだけでは伝わらない世代だから、メリットデメリットもセットで教えてあげるのが効果的みたい。

そしてポイントは重苦しい雰囲気で伝えたくはないから、ちょっとカジュアルな雰囲気にすること。素材で遊んでシルエットがきれいなアイテム同士のかけ合わせのカジュアル通勤コーデなら、親しみやすさときちんと感が共存できる。
パンツ¥21,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) トップス¥19,000/ebure ジャケット¥145,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マディソンブルー) バッグ¥17,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) サンダル¥24,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND