長丁場の会議ではスーツ姿の上司ともしっくりなじむハンサムコーデで【2018/3/15コーデ】
Marisol ONLINE
最近わたしの企画が通り過ぎて、それを妬む人がいるという噂を耳にしたので、変な嫌がらせを防御する意味でも、目立たずにまわりになじみそうなコーデを意識してみる。ジャケット+チノパンのメンズライクなスタイルなら、まわりはスーツ姿の男性社員だらけの会議室でもしっくりなじんでくれるはず。それにしても男の嫉妬ほど醜いものはないよねぇ。
ニット¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シャツ¥20,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ジャケット¥59,000/ebure パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥28,000/ジュエルチェンジズ 新宿店(フリン) ネックレス¥340,000/アーツワークス(チェリーブラウン) 靴下¥2,600/ドゥロワー 青山店(パンセレラ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
撮影/酒井貴生(aosora/人物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/室井由美子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND