「大人の可愛げ」はメイクで作れる! 40代はシミや凹凸、色ムラをカバーして
Marisol ONLINE
どうすれば職場でもプライベートでも愛される"可愛げ"が作れるのか。ヘア&メイクアップアーティスト中野明海さんに教えていただきました!

中野明海さん●多くの人気女優やモデル、ミュージシャンらから圧倒的支持を受けるヘア&メイクアップアーティスト。"大人の可愛い"を作り出す第一人者

自分という生き物を受け入れ、年齢も含めて楽しんでメイクすれば、自然と他人の目には〝可愛げ〞のある人に映ります!

【肌編】

シミが濃くなっているのに、素肌を生かせるアラサー好みの薄づきファンデーションだけでいいわけがないと中野さん。
「厚塗りに見せずに隠せるファンデーションがあります。一日中シミやお疲れ肌を気にしながら過ごすなんてナンセンス! ワンサイズ大きな服でも、自分に合っていれば『おしゃれ』と言われるように、メイクも現状に合っていれば可愛く見えるんですよ」

■「大人の可愛げ」をつくる、ベースメイクの3つの掟

1/3

2/3

3/3

①ひと塗りでツヤもカバーもかなうクッションファンデーションを使おう



「薄づきファンデーションは、40歳の肌をキレイに見せません。若者に迎合して薄づきにこだわらず、カバー力のあるファンデーションに頼るべき。進化したクッションなどは、カバーしても厚づきに見えませんよ」(中野さん)

●薔薇の花びらの生気が宿ったような女子力高めのツヤ肌に。プレステージ クッション タン ドゥ ローズ SPF50/PA+++ 全5色¥12,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

②コンシーラーを使いこなしてこそキレイは宿る



「シミやクマが透けて見えていても、ナチュラルだからいい? そんなわけないんです。アラは見えないに越したことはありません。カバーしたことが決してバレない、優秀コンシーラーを味方につけて」(中野さん)

●中野さん愛用のクリームタイプコンシーラー。しっかりカバーするのに、隠したことがまったくわからない肌との一体感。ソフトマットコンプリートコンシーラー 全8 色¥3,400/NARS JAPAN 
●シミや目の下のクマカバーには、2 色のうちオレンジブラウン(写真)がおすすめ。フーミー コンシーラー 全2 色¥2,000/クルー

コントゥアリングは不要! 顔の中央ゾーンをツルンとさせればいい



「アラフォーが下手に影色を入れたら、顔色が悪くなるだけ。ツヤ肌ファンデーションで顔の中央ゾーンをツルンとさせれば、顔立ちは立体的に。目の下、額の中央はフェイスパウダーなどでツヤを抑えるとさらにキレイ」(中野さん)
撮影/嶌原佑矢(人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/中野明海(air notes) スタイリスト/程野祐子 モデル/高垣麗子 イラストレーション/佐藤由実(藤村デザイン事務所) 構成・文/小田ユイコ
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND