オフィスではJK着用。夜のデートはパックリうなじ見せで彼を悶絶【2018/3/14コーデ】
Marisol ONLINE
ホワイトデーは仕事帰りにオフィスの近くまでハイヤーで迎えにきてくれるという彼。オフィスではテーラードジャケットでびしっと決めつつ、夜のデートでは上着をそっと脱いで、背中あき&リボンの意外性で魅せる着こなしを。そのぶん、ボトムは飾らずカジュアルにおさえておくのが若見えポイント。お仕事帰りのデートなのに肌見せがあるギャップに彼も喜んでくれること間違い無し。
ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィムガゼット) ジャケット¥59,000/ebure パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥110,000/アイワ(カラットアー) 靴¥75,000/エストネーション(ニナ リッチ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/室井由美子 文/加藤理恵
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND