いつでもおしゃれを託せる「グレー」Vネックニットで、4コーデ

Marisol ONLINE

1/4

2/4

3/4

4/4

■鎖骨、首すじがきれいに見えるVあき。ゆったりドルマンスリーブも女らしい。(①)

Vネックニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パンツ¥22,000/アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店(アメリカンラグ シー) ピアス¥2,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バングル¥14,500/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(メゾン ボワネ) バッグ¥30,000/CPR トウキョウ(フリン)
■次の季節を予感する白と。いつものグレーが新鮮な顔を見せて。

Vネックニット/①と同じ コート¥110,000/マスターピースショールーム(サイ) パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥52,000/ザ・ショーケース GINZA SIX 店(シェイスビー) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥65,000/ゲストリスト(デヴィットボーシェル/ハウント代官山)
■ブラックに、ラクーン素材が柔らかなムードとぬくもりを。まさに"上品グレー"の効力。

Vネックニット/①と同じ ジャケット¥89,000/ガリャルダガランテ 表参道店(マーシャー) スカート¥38,000/ハウス オブ ロータス二子玉川店(ハウス オブ ロータス) ピアス¥56,000/ザ・ショーケース GINZA SIX 店(シェイスビー) バッグ¥120,000・靴¥107,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) タイツ/スタイリスト私物
■時に足もとをスニーカーでハズしても、品よく、大人な装いに。

Vネックニット/①と同じ パンツ¥51,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) サングラス¥39,000/オリバーピープルズ  東京ギャラリー バッグ¥15,000/ヤエカ アパートメント ストア(ヤエカ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 坂根綾子(物) ヘア/左右田実樹 メイク/遠藤真稀子(UM/渡辺さん) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子  取材・文/陶山真知子 
関連記事
  • Keyword 1 PURE WHITE ミュール「BELT MULE」〈ヒール4㎝〉¥166,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) 0570-000-6011 ハードなベルトストラップと、インダストリアルなシルバーヒールがソリッド。サンダル〈ヒール1㎝〉¥105,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 03-5413-10502 軽やかな足もとを演出するエフォートレスなスライダータイプ。サンダル〈ヒール8㎝〉¥34,000/ジャーナル スタンダード 表参道(ジェーン スミス) 03-6418-79583 なめらかなレザーとスエードのインソールの対比が印象的。普段使いにおすすめ。ブーツ〈ヒール6㎝〉¥135,000/エルメスジャポン(エルメス) 03-3569-33004 上質なスムースレザーと美しいシルエットがどんな装いもシックにクラスアップ。サンダル〈ヒール7㎝〉¥35,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) 050-5578-91525 70年代を思わせるマルチストラップがポイント。サンダル〈ヒール3㎝〉¥89,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) 03-6263-98666 アッパーにギャザーを施しほどよいアクセントに。バブーシュ〈ヒール1.5㎝〉¥46,000/アデライデ(マリーン セル×メリッサ) 03-5474-01577 マリーン セルとメリッサのコラボレーションシューズ。ローファー〈ヒール5.2㎝〉¥23,000/カンペール 03-5412-18448 マットなレザーの質感がこなれた雰囲気。きちんとした印象のローファーもモノトーンによってほどよくエッジィに。サンダル〈ヒール8.5㎝〉¥100,000/JIMMY CHOO 03-5413-12009 しなやかなレザーでツイストをきかせて。高いヒールながらスリングバックによって安定感を実現。サンダル¥70,000/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス) 03-5467-370010 ブラックのトリムが全体を引き締め、スマートな佇まいに。 >>“透け感”からは引き続き目が離せない!
  • ファッションプロが"今"のお買い物方法教えます! オープンしたばかりの新店やこだわりのセレクトショップ、海外ECからノマドな古着店まで。欲しい服に出合えるのはもちろん、特別な"体験"を得られるのがお買い物の醍醐味というもの。ファッションを愛するプロたちの視点から、お買い物にまつわる"とっておき"を惜しみなく紹介します! スタイリスト飯田珠緒さんがオススメ! 自分の直感を信じて新しいワクワクに出合う スタイリングのスパイスになるランジェリーやタイツを愛し、まだ見ぬ面白アイテムを教えてくれる飯田さん。「足を運ぶ理由があるお店に惹かれます」 ヴィンテージドレス専門のニューショップ The Vintage Dress 代官山の「THE BRISK」が手がけるこだわりの新店がオープン。ミュージアムのような空間に1910〜80年代のヨーロピアンドレスが並び、商品には年代とブランド名が丁寧に添えられている。「ヴィンテージの中でも一番面白いのがドレス。日常の中でドレスを当たり前に着てほしいという想いからこの店を始めました」とオーナー。中でも注力しているのは「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」や「ランバン」、イタリアの「サルトリア(仕立て)ドレス」。「3万円台からドレスが見つかる良心的な価格設定も素晴らしい」と推薦者の飯田さんも太鼓判! お直し工房も併設されているので、肩幅や着丈はもちろん細かいサイズ調整にも対応してくれる (左)2階はレース、プリント、ブラックドレスとカテゴリーごとの商品構成に(右)内装を手がけたのはアンティーク家具店「FROB」。100年以上前のハンガリー製という正面の棚は薬局で使われていたものだとか DATA 東京都渋谷区猿楽町22の403-6455-1208www.the-vintagedress.com世界にたった一つの旗艦店が東京に BASERANGE TOKYO 着ていることすら忘れてしまう肌ざわりと無駄のないデザインでファッション業界にもファンが多いベースレンジ。閑静な住宅街に突如現れるショップは、友人の家に遊びにきたような居心地のよい空間だ。アンダーウェアからアパレルまでが揃う店内で、世界観を堪能したい。 (左上)あえて残したという日本の蛍光灯や布張りの壁が、飾らないブランドイメージにぴったり(右上)毎シーズン人気が高いリブソックスはビビッドなカラーバリエーションが魅力(左下)ペールトーンが可愛い新作ボディスーツ¥17,550(右下)定番の「ミシシッピブラ」はトライアングルシェイプ。美しいミッドナイトブルーがベロア素材の魅力を引き立たせる。ブラ¥9,450・ショーツ¥4,725 DATA 東京都渋谷区神宮前5の41の11 1F03-3406-3993www.baserange.net/ja/ スタイリスト吉田佳世さんがオススメ! ずっと"好きなもの"に今っぽさをひとさじ 「基本的に誰も持っていないものが好きなので、ヴィンテージを買うことが多いです」と話す吉田さん。お買い物のポイントは似合う色、素材、バランス感だそう。 素材の"あたたかさ"をシンプルに身にまとう humoresque 南青山から西麻布へと抜ける細道に佇む一軒家。昨年5周年を迎えた「ユーモレスク」のショップ、2階にはアトリエも併設され、服を作り、送り出す作業がここで行われている。「よい素材を美しく仕立て、シンプルな中にその人が生きる愛着のある服を作りたい」と話すデザイナーの渡辺由夏さん。こだわりの素材選びにファンが多く、吉田さんもその一人だ。イチ押しのウールパンツは「布の落ち感、素材、形、どれをとっても最高!」と絶賛。 (左上)落ち着きのある店内にはユーモレスクの商品のほか、ヨーロッパのアンティーク・ジュエリーも並ぶ(右上)吉田さん愛用中のウールパンツ(¥45,000)は生地の重みにより生まれるドレープが美しい(左下)ラムウール混合のカシミヤサーマルニット 各¥77,000(右下)築40年以上の一軒家を改築したというショップ。外壁のツタも味わい深い DATA 東京都港区西麻布2の15の403-6427-2353www.humoresque.jp生活に取り入れたい ベトナム雑貨 333 store ベトナムを北から南まで渡り歩き、現地アーティストや職人たちとコミュニケーションを交わし選ばれたこだわりのアイテムが並ぶ「333(バーバーバー)」。今のベトナムを伝えるモダンなライフスタイル雑貨やヴィンテージアイテム、ウェアが揃う。 (左)吉田さんが「絶対欲しい」と話す陶器のフラワーベース(¥10,800)は受注オーダー制。どっしりとしたフォルムとビビッドカラーの組み合わせが今っぽい(右)どこか懐かしさを覚えるメッシュサンダル 各¥3,000。MとLの2サイズ展開 DATA 東京都目黒区鷹番3の18の303-6412-8866https://333store.jp/ SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「欲しい服は、ここにある」photography: Satoko Tsuyuki (shop), Takehiro Uochi 〈TENT〉(still) edit: Sakiko Fukuhara
  • 面積の広いチェック柄や黒ブラウス、華奢な小物使いでメリハリ作りを!上司と一緒に新規の取引先に挨拶へ。第一印象が肝心だから、品があって落ち着いた雰囲気のグレイトーンの着こなしに。ネックラインからのぞかせた黒ハイネック、チェック柄のロングスカートでのっぺり見えを回避して。細フレームのメガネやニットの上からつけた腕時計で華奢なアクセントを。一点華やかなボルドーのパンプスで、メリハリアップしながら女性らしさもアピールして♡ニット¥3990/キャン(ルノンキュール) スカート¥5500/レプシィム コート¥59000/ミミ&ロジャー ブラウス¥14000/ルーニィ バッグ¥11000/シップス 渋谷店(ビアンチーニ) 靴¥32000/銀座ワシントン銀座本店 メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) タイツ¥3200/チャオパニック・カントリーモール(ファルケ)唐田えりかの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/唐田えりか スタイリスト/大平典子 
  • みなさん おはようございます! 今回は「パープル」と「友達配色」についてです! 本誌を参考に、"パープル"を攻略してみましたので、是非ご覧ください!パープルって難しい!?「パープル」のコーディネートってなんだか難しく思いませんか? おしゃれ初心者で、ベーシックカラーの服が多い私からすると、パープルは"難易度の高いカラー"だと感じてしまいます。 それでも、たまには"脱ベーシックカラー"でコーディネートをしてみたい! ということで、以前パープルのニットカーディガンを購入していました。 そのカーディガンはこちら。 こちらは、ロペピクニックのケーブルニットカーディガン。 ざっくりとしたローゲージ編みと緩めのシルエットがかわいくて…一目惚れでした♡ ついつい購入してしまったものの、実際着ようとするとコーディネートで迷いが! このニットと合わせるカラーは黒?茶色?それとも白?と考え、どれもしっくりこないので箪笥の肥やしに… という時にBAILA2月号の特集が! その特集とは… 配色大賞「友達配色」!そう「友達配色」です! ちょうど"パープル"のコーディネートに困っていた私にピッタリのページでした。 早速本誌を読み、友達配色のポイントを確認。 ★友達配色は、濃色同士で引き締め効果を狙い色相で変化をつけ、パープル系は黒や紺と馴染みやすい、とのこと。 そこで今回はパープル×ネイビーのコーディネートに挑戦してみました!パープル×ネイビー コーディネートトップスはネイビーのリブニット、ボトムはUNIQLOのタイトスカートです。ブーツとタイツは黒!(ちょっとデジカメの写り具合で、トップスとボトムが黒っぽく見え、わかり難かったらごめんなさい!) いかがでしょうか? パープルにネイビーを合わせたら、コーディネートが一気に"洗練"されたように感じました。 黒よりネイビーのほうが、重くなりすぎず大人上品にまとまるかも!「着やせシルエット」コーデにも!後ろから見るとこんな感じです。ニットカーディガンが"緩め"で、ボトムのスカートが"タイト"なので、「ゆるニット+タイトスカート」コーデにもなりました! 配色でも着やせ、シルエットでも着やせの「着やせ尽くし」コーディネートになりました。マフラーとダウンコートで防寒!本格的に寒くなってきたので、しっかり防寒を。 マフラーは柄を入れたかったので、チェックに。ダウンコートもネイビーにしました。難しいパープルも攻略できる友達配色!難しいなと思っていたパープルコーデが、友達配色を意識すると一気に上品なコーディネートになりました。 高貴なパープルを使うとワンランク上のおしゃれになりますね! また、ベーシックカラーに比べると派手さを感じるパープルですが、ネイビーとの2色コーデにすれば、通勤服でも大丈夫だと思いました。 "パープル"を投入していつもの通勤服にちょっと変化を! ここまで読んでいただきありがとうございました♡ スーパーバイラーズ 丸茂亜未のブログ
  • 私のSALE参戦はプレからスタート!追加すべきはトレンドに左右されないマイベーシック。ライダースやノーカラーには片側を垂らして。ボタンが位置違いで二つ付いています。チェスターやジャケットコートにはショールの様に。襟足を少し折って暖かさとボリュームアップです♡12-3年は愛用している同ブランドのラビットファー。他の画像を見るプレSALEで購入したのはGUSHLOW&COLEのムートンダブルシュラッグストールです。 キャメルのカーリーな毛足に一目惚れしました!! 毛足は長めでつやっつや、毛の抜けも無くカールの具合、持ちも間違いなさそう!! しかし40%OFFと言えども私にとってはそれなりで、予定外。 一度帰宅して手持ちとの比較、使用頻度は如何ほどだろう・・・? 自分にとって納得のいく買物か散々調べ、 その後数日内でしつこく2回はお店に行ったかな(笑) ライダースを着て行った時の試着バランスがとっても良かった(〃艸〃) こちらのブランドはいろんなセレクトショップで出ていますが それぞれ微妙にファーのタイプやデザインが異なっているのですが ひと目惚れに変わりはなく、表情豊かなこちらに決めました♡ 綺麗なキャメルにも惹かれました。そして実は私の中で初キャメル! 顔色に合うキャメルってなかなか出会いません(;´Д`) そして何よりの決め手は、お店では全く気付いてなかったけど 手持ちに10年以上愛用の同じブランドのラビットファーがあったこと、 しかも12-3年物なのに現行品にも似たものが出ていること。 そして購入を決意!!思った通り、大活躍させております。 実際着用しても、見た目にもとっても暖かいです♡ ラビットファーも全く毛足の衰え、飽きもなく 使わない年があっても必ずまた出番が回ってきます。 巻き方により表情が変わる汎用性も共通! 合わせる服によってカジュアル感とラグジュアリー感の どちらにも寄せて見せられます。 ラビットファーはムートンよりボリュームが抑えめで コート下にショールの様に忍ばせることもできるので重宝。 今期のムートンにも末永くお世話になりたいと思います。 私がSALEで買いたいのは、トレンドに左右されるような物でなく マイベーシックを更新、追加するつもりで計画的に! こちらは思わぬ出会いでしたが間違いなく私のベーシックを追加、 「更新するならの計画」に則った戦利品もありましたよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 前のブログでご紹介したfifthのセットアップ 前はベージュを着用していましたが色違いでネイビーも購入しました(^^)ネイビーとブラックにまとめて全体的にダークトーンに揃えてみました(^ ^)私が着用しているサイズはLサイズです。 身長168cmの私が履いてもスカートも短めでなくちょうど良い長さです★⚫︎セットアップ fifth ⚫︎バッグ Feliz Lunes ⚫︎靴 SalvatoreFerragamo ⚫︎手に持ってるダウン ZARAボディラインにピタっとしたデザインなのに、歩いていても上がってくる事もないし履き心地抜群です★ キツすぎず色も形も全てお気に入りですインスタでも着てらっしゃる方が沢山いらっしゃるので、凄く人気の高いアイテムです(^^) 今だとセール価格で買えるのでオススメです♡Instagramもしてます よろしくお願い致しますinstagramスーパーバイラーズ 山嵜由恵のブログ
  • 休日はデニムスタイルが基本。今春に向けて買ったのは「Levi's」の「RE/DONE」 女っぷりデニムカジュアルを叶える名品。デニム好きが高じて、毎シーズン、デニムを買い替えています。 今期選んだのは「Levi's」のリメイクブランドの「RE/DONE」 「RE/DONE」は2014年L.Aにて創設されたブランド。 1950~1990年代のヴィンテージのリーバイス(Levi's)のデニムをカスタムしたデニムを展開しているのが特徴。 その希少性とヴィンテージ感が大好きで、今回で5本目。 どれ一つとして同じ物はないので、 自分の体や気分にフィットしたものがあれば買いです! 今春は女性らしく着たいな、と思っていたので、 丈感(足首が程よく出る)、 ウエストはタイト/ただ、シルエットはストレートで多少のゆとりを、 裾が切りっぱなし(これ、私的には大事です。こなれ感がでます。) の3点を大事に、こちらをセレクト王道の白シャツ&デニム。 アクセサリーとシャツ&デニムのバランス/相性を大事にしています。 デニムにゆとりがあるので、「Frank&Eileen」のコンパクトなシャツでバランスを。 紺ジャケを羽織るとこんな感じです。 シングルのコンパクトなジャケットと合わせるのが気分です。RE/DONE、女っぷりカジュアルにはお勧めです!美女組No.155 ritsukoのブログ
  • おそろっちファッション遊びに行くときにちょっと服を合わせたり、たまたまかぶったりしてたのしい1週間でした。1月12日(土)〜の1週間▶︎土曜日 tops:mystic(ミスティック)★ bottoms:GU(ジーユー)★ muffler:who's who chico(フーズフーチコ)★ 寒すぎてあたたかそうなもの、、と思って選んだら全身ピンクになった。笑▶︎日曜日 outer:mystic★ bottoms:GU★ ボアアウター×ブラウンボトムスで合わせたよ。ちなみに左です。▶︎月曜日 outer:mystic onepiece:GU 楽ちんワンピ。 ピンク着がち。▶︎火曜日 tops:UNIQLO(ユニクロ) bottoms:mystic タートルネックなのとそうじゃないのってやっぱり違うよね、Vネックがすきだけど、寒い日はタートルネックいいよね、、。▶︎水曜日 tops:GU★ setup:UNTITLED(アンタイトル)★ 会議だったのでスーツランで着用したスーツを着ました。はじめてのノーカラージャケットですがなかなかよいです◎▶︎木曜日 tops:RETRO GIRL(レトロガール) bottoms:UNIQLO ざっくりニットは周りからも好評。 網目の感じもブランドによって違うけど、本当にすきー! ▶︎金曜日 all:GU★トップス水曜日と同じ、ボトムス日曜日と同じ お気に入りのGUのニット。着心地いいし薄さも丈感もデザインもすき!もう1枚ほしい!この日は*Ayane*ちゃんともつ鍋食べに行ったんだけど、たまたまおそろいだった!笑★はまだ手に入るかも、、なアイテムです。モアハピ部 No.395 みそのブログ
関連キーワード

RECOMMEND