セールでは定番+暖かさが決め手☆

Marisol ONLINE
今季の私のセール戦利品はこちら。


沢山のお買い得品を見て、あれもこれも欲しい!!と頭パンク状態になりましたが(笑)、
着回しのきく、こちらの2点に絞りました。


☆ハミルトンラムズウールのサーマル編みのキャメルニット(ビーミングバイビームス)

☆ボーダーリブニット(スピックオブスパン)


ハミルトンラムズウールニットは、
とても軽くて暖かい!
手触りもフワフワ!

実は2点に絞りましたと言いながら、こちら
とても気に入り、後からホワイトも色チ買いしちゃいました(*^_^*)
ボーダーリブニットは、とても定番の物ですが、
こちらは手首の所が開いていて(写真で伝わると良いのですが…)、ひとくせある物で、そのポイントに女性らしさとおしゃれさがあるなぁと気に入りました。

また、薄手で重ね着も出来、また1枚で春までも使えます。


そんな春を感じるお花の写真を。


先日、また1つ歳をとり、家族から貰ったお花です(*^_^*) 

学校始まりやれやれと思った今月、子供がインフルエンザの猛威にやられたり、また学級閉鎖もあり、こちらがご無沙汰になってしまいました。

気持ち滅入りがちな今日この頃ですが、
確実に春は来るから、
気持ち明るく過ごしていきたいと思っています☆☆
関連記事
  • 先日、マリソルメンバーでの忘年会に参加してきました!私にはなかなか機会の無いホテルディナー、 「何を着る??(;'∀')」考えた末に”いつもの私+アガるジュエリー”に決まりました☆安定のネイビーワントーンで!ラップパンツに袖コンシャスブラウス♡主役はジュエリーです☆顔合わせランチ会に参加できなかった大阪在住の私、 なかなか皆に会えなくて「日程が合うのなら忘年会には行きたいわ!!」 てなわけで、遠路遥々行ってまいりました。 毎度、マリソル行事を理由に「一泊+東京で会いたい人に会う」 を設定しての一人旅、楽しい!! しかし兵庫県のド田舎出身&常にオシャレに貪欲…てなわけでもない私は 焦ります!!すごーく焦ります!!(笑) 何を着ていいのやら…行く前から気後れ(;・∀・) いつも着る物に悩んだ時は友達にしつこく相談して意見を求め、 地味過ぎる、もっとはじけろ、顔周りが暗いetc. ごもっともなありがたいアドバイスを受け(笑) 本来の自分の感覚とかけ離れていき迷走・・・。 なので今回はスッパリと「地味でもいいから自分らしく!!」 をモットーに考えました。ここのところ黒に傾倒している私ですが 人生の半分以上は「私のベーシックカラーはネイビー」で来ました。 なので今回は制服の様に選んでしまう安定のネイビーに決定です☆ アガるジュエリーを主役に!!袖コンシャスブラウスで少し華やかに♡ブランドの違う上下をセットアップ風に☆手持ちのエリオポールのラップパンツに合わせて、 シルク混のアントネッリのとろみのある袖プリーツブラウスを調達しました。 袖プリーツ、私にしてはなかなかフェミニンでそわそわするところですが(;・∀・) そこは知的で上品見えが約束されているネイビー、許容範囲内かな? 少しの華やかは要るよね(;'∀')とこちらに決定。 そしてそして!! コーディネートの主役は「テンションのアガるお気に入りのジュエリー」です! 選んだのは存在感のある大きさと色、服が抑えめだからこそ活きてくるやつです☆ グリーンクォーツ アメジスト スモーキークォーツ ダイヤモンド 自分の定番服に変化を与えるなら、お気に入りのジュエリーを! サラッと着けられるようなおばあちゃんになりたい・・・ そんな話で盛り上がれる美女組同期&先輩ともお話しできて 話のネタにもなってくれた私のアガるジュエリー、主役にして正解だったかな? マリソル1月号の「今月の”一目惚れ”買い!」(18ページ)にも 「自分の手を見るたびにアガる! お洒落プロが一目惚れ買いした存在感抜群のリング」が紹介されていましたよね。 私のお気に入りは特別ハイな物でもなければ 必ずしも誰もが知るブランドの物ではありませんが、 やはり自分の手を見るたびに気分は上がります♡ 自分らしさをお気に入りジュエリーに託す、 そんなのもありじゃないでしょうか。 鞄はいつものアンテプリマ、靴は数年前の銀座かねまつ、 シルバーで華やかカラーですが、実はいつか書いたAQUABELLシリーズの物です。 お天気が不安だったため、余計に重宝!!他の画像を見る忘年会はウェスティンホテル東京のフレンチレストラン、ビクターズで♡ こんな華やかな席でこんな美味しいお料理、私には年1回ある?(笑) それぐらいの出来事です(;・∀・) この日は大きなツリーを三つ見てきましたよー!! レストランは最上階、お天気もどうにか持ち、東京タワーも見え、 ロケーション最高!! 会ったことのない初めましての同期&先輩達にも会え 心の中で「ブログで見た人~♡」なんて興奮しながら ホテルのスタッフの方々の手厚いサービスを受け、 あっという間にステキな時間が過ぎていきました(〃艸〃) 美女組の皆さん、ホテルスタッフの方々、ありがとうございました。 一泊二日、会いたい人にも会えたし、忘年会以外にも 予定詰め詰めで楽しんだ二日間、満喫してきました! また一つ良い思い出が増えたー☆ウェスティンホテル東京ビクターズ>>>私のアガるジュエリー記事>>>私の晴雨兼用パンプス記事(AQUABELLシリーズ)>>>美女組No.142 yoccoのブログ
  • ブルゾン&ライダースコーデ見せて♡いよいよアウターが手放せない季節。定番のブルゾンとライダースを、カワイイ選抜は配色とフォルムにこだわって着こなしてるみたい! #non-noカワイイ選抜No.03 込堂なみさん(22歳/大学4年生)   主役のレオパードミニをツヤブルゾンでクール見せ  ブルゾン  ヴィンテージトップス:ヘザースカート:amerge.ベレー帽:mysticブーツ:韓国で購入バッグ:トリーバーチ     「このブルゾンは中に厚手の綿が入っていて本当に暖かい。冬中着られていいなと思い購入しました。スカート以外は黒で統一して、流行りのレオパードをきかせました。ベレー帽は片耳を出すと抜け感が作れてオススメですよ◎」 #non-noカワイイ選抜No.50 木戸怜緒奈さん(20歳/タレント)   2WAYで使える進化形ブルゾンのカジュアルモテコーデ♡  ブルゾン merlotニット:オリーブ デ オリーブスカート:REDYAZEL靴:ヴィンテージ 「裏返すとボアで使えるリバーシブルと、たぽっとした袖の可愛らしいデザインに惹かれて購入しました。ブルゾン自体はオーバーサイズでメンズっぽいので、台形ミニでバランスをとって男女モテしそうなコーデに仕上げました♡」撮影/冨樫実和 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 
  • アーティスティックなアプローチに磨きがかかり、個性豊かな提案が際立った 2 ADEAM アディアム流ナイトクラブ・スタイルはオフショルダーに男前ベストというミックスマッチ3 ANNA SUI ブロケードのセットアップに南国風のシャツドレスをイン。異国情緒漂う独自ワールドを展開4 CALVIN KLEIN 205W39NYC 映画『ジョーズ』(’75)と『卒業』(’67)に着想。遊び心あふれるアメリカン・アカデミックスタイル5 CLAUDIA LI 初ランウェイは故郷のニュージーランドに思いを馳せ、軽やかなリアルクローズを発表した6 COACH 得意のプレーリードレスはヴィクトリア風に進化。モカシンとフリンジバッグで味つけ7 ECKHAUS LATTA タイトなTシャツドレスなど90年代的アイテムをアーティなアプローチで洗練させた8 KATE SPADE NEW YORK ニコラ・グラスによる初コレクションは、ラベンダーやピンクで大人に似合う"可愛い"を描く9 LONGCHAMP スエードやフリンジ、パイソンを多用し、リュクスなウェスタンワードローブが続々登場10 MARC JACOBS ロマンスあふれるショーにはとろける質感のコートなどリアルに使えるアイテムも満載だ11 MARYAM NASSIR ZADEH アヴァンギャルドなウェアと相反するモダンでシックな靴とバッグの提案が粋12 MICHAEL KORS COLLECTION 世界のビーチに着想。ファーストルックのトロピカルプリントが陽気なムードを誘う13 MILLY NY流ネオンカラーは、スポーティかつエフォートレスな気分で取り入れたい14 MONSE ロープモチーフを主軸に定番服を再構築。サンダルはドクターマーチンとのコラボ15 PRABAL GURUNG ネパールのタルチョを彷彿とさせるカラーパレットをロング&リーンなシルエットにのせた16 PROENZA SCHOULER オーバーサイズのリラックス感とマニッシュなムードを携えて1年半ぶりにNYにカムバック17 SIES MARJAN コットンとレザー。異素材のワントーンルックは、新時代のワークスタイルを示す好例18 TELFAR 熱狂的なファンを獲得しているテルファーはストリートヴィンテージな究極のリアルクローズ19 TIBI マスキュリン&フェミニンをテーラリングとパステルカラーで軽やかに表現20 TOM FORD トム フォードウーマンはクロコダイルのセットアップとレースをミックスし、力強く歩く21 TORY BURCH メンズライクなシャツの上に、フリルのロングドレスを重ねた、意表をつくスタイリング22 ULLA JOHNSON NYのガーリーを牽引するウラ ジョンソンは南米のエキゾチックなテイストを取り入れた
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
  • おしゃれが好きで、流行にも敏感なハイスペック女子との女子会。女友達のなかでも最も手ごわいタイプにはわかりやすいトレンドをひとつ取り入れたスタイルが有効! 楽しみの半面、「何を着ていけばいいの?」という悩みを解決します! コーデのどこかに取り入れて!【+1トレンドアイテム】10選+1Trend【カラーコート】 登場から去りぎわまで、おしゃれな印象をしっかり残してくれるカラーコート。女子ウケのいいピンクでさらに感度よく♡ ×ブルーのようにきれい色からダークトーンまで意外にも合わせる色を選ばないピンク。着心地も軽やかかつ、ノーカラー&比翼仕立てで上品な仕上がり。コート¥42000/イエナ ラ ブークル(イエナ) ニット¥43000/ビームスハウス 丸の内(エリン) パンツ¥20800/ショールーム セッション(サージ) ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) リング¥20000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥55000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)+1Trend【レオパード柄】 派手で可愛い、アクセント上手なレオパード。バイラ世代は足もとで小さく取り入れるだけでも効果絶大。 定番のトレンチコートも、足もとのレオパードがあることで一気にこなれた表情に。起毛感のある革で柄物にありがちな、安っぽさとも無縁。安定感のあるスクエア型のチャンキーヒールで歩きやすく、また後ろ姿もすっきりきれいに見せてくれる。ファスナーで着脱も楽ちん。靴¥49000/エストネーション(ペリーコ サニー) コート¥117000/ニアー(ニアー ニッポン) ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) バッグ¥120000/ドレステリア銀座店(ザンチェッティ)+1Trend【大きい耳盛り】 つるっとした陶器のテクスチャーでトレンドの耳盛りをさらにアップデート。 女らしいニュアンスカラーとユニークなフォルムに目を奪われる、バルセロナ発の耳盛りアクセサリー。見た目の大きさに比べ、軽い使用感もうれしい。一点で抜群の華やぎを見せる存在感に頼って。ピアス¥8900/ビームス ハウス丸の内(レベンス ジュエルズ) ニット¥43000/クルーズ(エリン) パンツ¥28000/サザビーリーグ(マザー)+1Trend【チェック柄】 メンズライクな大ぶりのチェックでこなれたカジュアルを満喫して。 地厚でしっかりとした生地感が、カジュアルなチェックシャツに端正なクリーンさをプラスしてくれる。シルバーのバッグやピアスなど、輝きを足してメンズライクな見た目にキャッチーなアクセントをつけて。シャツ¥48000/カオス丸の内(カオス) ニット¥27000/ebure ピアス¥38000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バングル¥16000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) バッグ¥142000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)+1Trend【派手色スカーフ】 暗い色の着こなしが多い冬こそ、きかせの派手色が出番。 写真のようにカーキをはじめ、旬のブラウン、そして鉄板のネイビーや黒とも相性のいいオレンジ。一枚あると便利な、華やか上手な逸品。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ブラウス¥34000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ピアス(1個)¥15000・リング¥38000/ショールーム セッション(マリア ブラック)+1Trend【タートルネック】 テクニック不要。インに着るだけで誰でも即、上級者な装いが完成♡ さりげない指抜きのデザインもポイントに。タートルニット¥14000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥46000/マディソンブルー スカート¥41000/クルーズ(エリン) ピアス¥7000(ガリャルダガランテ)・靴¥123000(サルトル)/ガリャルダガランテ 表参道店 サングラス¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ボワネ) バッグ¥138000/アマン(ザネラート)+1Trend【パープルカラー】 今っぽさも女らしさも手に入る注目カラーをニットでマークして。 ベリー寄りの色み&ハイゲージで美女感たっぷり。¥14000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) やや横に広くあいたネックラインがヘルシーな色気を約束。¥16000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) 後ろの着丈が長くスタイルアップにも期待できる。¥29000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント)+1Trend【レギンス】 この冬は黒タイツよりもレギンスが足もとのおしゃれに効果的。 今季ならリブやスリット入りなど、どこかに凝ったワンポイントがあるレギンスが狙い目。ワンピースやミニボトムとのコンビネーションを楽しんで。レギンス¥9000/オーラリー ワンピース¥37000/ティッカ ライダースジャケット¥88000/ゲストリスト(アッパーハイツ) サングラス¥55000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥100000/カオス丸の内(ルッツ モリス) 靴¥125000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ・ジャコメッティ)+1Trend【白い靴】 抜け感たっぷり! 一足あれば、ワードローブが見違える飛び道具。 コレクション会場でも多く見られた白い靴。着こなしが一気にあか抜け、しゃれ感が加わる。内側ファスナーでミニマムな見た目も◎。靴¥64000/ザ・グランドインク(ロランス) ブラウス¥19000・キャミワンピース¥34000/サード マガジン ハット¥67700/カシラ ショールーム(メゾン ミッシェル) ピアス¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) リング¥11000/ロペ エターナル バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)+1Trend【ファーバッグ】 シンプルな着こなしにも映えるふわっと可愛いプラスワンを引き連れて。 (ブルー)チェーンストラップでエッジィな一面も。¥33000/ADORE 六本木ヒルズ店(メゾン ボワネ) (ホワイト)部分的なファーのデザインでオケージョンにも対応。¥45000/アマン(ペリーコ) (ブラウン)小ぶりなサイズ感が取り入れやすい。巾着型で愛嬌もたっぷり! ¥16000/エリオポール代官山(マルコ マージ)撮影/西㟢博哉〈MOUSTACHE〉(人) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumi.ni〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 撮影協力/銀座 創龍 ※BAILA2019年1月号掲載
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。前回に引き続き、モルディブ渡航で利用したキャセイパシフィック航空のビジネスクラスについてのリポート後編です。香港のラウンジで最もくつろげるのは「ザ・ピア」 香港に到着。モルディブ行きの出発時刻まで約3時間あるのでラウンジへ。キャセイパシフィックは香港国際空港に、4つのビジネスクラス出発ラウンジがありますが、総面積3,306㎡と最も広く、リラックスできるのは「ザ・ピア」ビジネスクラスラウンジです。2016年5月に全面改装。羽田空港のラウンジと同じくロンドンのスタジオイルゼ(studio Ilse)が、自然素材を多用した心地いい空間を創りました。「fast(ファスト)レーン」と「スロー(slow)レーン」という並行した2本の通りがあるので、活気と静けさを気分で選択できます。こちらはスローレーン。気になる香港の「ザ・ヌードル・バー」 羽田のキャセイパシフィック・ラウンジでも担担麺やフレンチトースト、機内食も満喫。それでも、本場の「ザ・ヌードル・バー」を通ると、注文せずにはいられないはず。こちらではだいたい4種類の麵がメニューにあるそう。さすが香港! そこですべてオーダーしてみました!手前から時計回りにヘルシーな野菜麵(1カ月限定のメニュー)、えびダシが効いた濃厚なラクサ(時々登場)、担担麺とワンタン麵は定番だそう。前回、担担麺は日本と香港では麵もスープも少し違うことを書きましたが、やはり香港のスープの方がマイルドでクリーミーな感じがします。約10種類のお茶を楽しめる「ティー・ハウス」 麵を堪能したら、隣の「ティー・ハウス」へ。照明も少し落とされリラックスできる空間。2004年に英国で誕生した新進気鋭のラグジュアリー・ティーブランド「ジン・ティー」のお茶を楽しめます。機内でも味わえますが、ここでは茶葉をティーポットに入れて提供され、約10種類のメニューがあります。リフレッシュ、そしてくつろぎたいなら… 「ティー・ハウス」の隣にはシャワースイートが14室あります。さらに奥のスペースには、フットレスト付ローソファー、ソロ・チェアも23脚設置。前日の疲れが抜けずラウンジで休みたい人は、着いたらすぐに、シャワースイートの入り口にあるカウンターで空き状況を確認しておくといいでしょう。フルフラットシートがうれしい長距離路線用のビジネスクラス 「ザ・ピア」ビジネクスラスラウンジを堪能し、心身ともにリフレッシュして、モルディブ・マーレ行きの機内へ。夕方出発し、飛行時間は約6時間半です。キャセイパシフィックがいち早く取り入れた斜め向きの「ヘリンボーン」スタイルのシートは、プライバシーが守られ、どの席からも誰も邪魔することなく、通路に出られます。落ち着いたら、充実した機内エンターテインメントを楽しみながら、シグネチャーカクテルの「パシフィック サンライズ」を。シャンパンとドランブイに、オレンジとレモンを効かせたすっきりした味わいです。この路線の機内食では、メインは中華料理、ウエスタンの他に、カレーが選択肢に加わります。北インドスタイルのカレーは人気が高いようなので、チョイスできるようならぜひ注文して!(私は今回味わえず残念!)眠くなったら、座席をフルフラットにして熟睡を。業界最大級の191cmなので、足を存分に伸ばせます。モルディブのマーレ国際空港には現地21時ごろ到着します。旅は目的地に向かう時間の楽しみも重要。キャセイパシフィックのビジネスクラスは、機内、ラウンジともに五感を満たすサービスがあふれ、旅の印象的な思い出になる贅沢な時間を約束してくれます。次回からは、モルディブ・バァ礁にある人気のリゾート「デュシタニ モルディブ」での滞在についてご紹介します!DATAキャセイパシフィック航空www.cathaypacific.co.jp 
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。前回に引き続き、モルディブ渡航で利用したキャセイパシフィック航空のビジネスクラスについてのリポート後編です。香港のラウンジで最もくつろげるのは「ザ・ピア」 香港に到着。モルディブ行きの出発時刻まで約3時間あるのでラウンジへ。キャセイパシフィックは香港国際空港に、4つのビジネスクラス出発ラウンジがありますが、総面積3,306㎡と最も広く、リラックスできるのは「ザ・ピア」ビジネスクラスラウンジです。2016年5月に全面改装。羽田空港のラウンジと同じくロンドンのスタジオイルゼ(studio Ilse)が、自然素材を多用した心地いい空間を創りました。「fast(ファスト)レーン」と「スロー(slow)レーン」という並行した2本の通りがあるので、活気と静けさを気分で選択できます。こちらはスローレーン。気になる香港の「ザ・ヌードル・バー」 羽田のキャセイパシフィック・ラウンジでも担担麺やフレンチトースト、機内食も満喫。それでも、本場の「ザ・ヌードル・バー」を通ると、注文せずにはいられないはず。こちらではだいたい4種類の麵がメニューにあるそう。さすが香港! そこですべてオーダーしてみました!手前から時計回りにヘルシーな野菜麵(1カ月限定のメニュー)、えびダシが効いた濃厚なラクサ(時々登場)、担担麺とワンタン麵は定番だそう。前回、担担麺は日本と香港では麵もスープも少し違うことを書きましたが、やはり香港のスープの方がマイルドでクリーミーな感じがします。約10種類のお茶を楽しめる「ティー・ハウス」 麵を堪能したら、隣の「ティー・ハウス」へ。照明も少し落とされリラックスできる空間。2004年に英国で誕生した新進気鋭のラグジュアリー・ティーブランド「ジン・ティー」のお茶を楽しめます。機内でも味わえますが、ここでは茶葉をティーポットに入れて提供され、約10種類のメニューがあります。リフレッシュ、そしてくつろぎたいなら… 「ティー・ハウス」の隣にはシャワースイートが14室あります。さらに奥のスペースには、フットレスト付ローソファー、ソロ・チェアも23脚設置。前日の疲れが抜けずラウンジで休みたい人は、着いたらすぐに、シャワースイートの入り口にあるカウンターで空き状況を確認しておくといいでしょう。フルフラットシートがうれしい長距離路線用のビジネスクラス 「ザ・ピア」ビジネクスラスラウンジを堪能し、心身ともにリフレッシュして、モルディブ・マーレ行きの機内へ。夕方出発し、飛行時間は約6時間半です。キャセイパシフィックがいち早く取り入れた斜め向きの「ヘリンボーン」スタイルのシートは、プライバシーが守られ、どの席からも誰も邪魔することなく、通路に出られます。落ち着いたら、充実した機内エンターテインメントを楽しみながら、シグネチャーカクテルの「パシフィック サンライズ」を。シャンパンとドランブイに、オレンジとレモンを効かせたすっきりした味わいです。この路線の機内食では、メインは中華料理、ウエスタンの他に、カレーが選択肢に加わります。北インドスタイルのカレーは人気が高いようなので、チョイスできるようならぜひ注文して!(私は今回味わえず残念!)眠くなったら、座席をフルフラットにして熟睡を。業界最大級の191cmなので、足を存分に伸ばせます。モルディブのマーレ国際空港には現地21時ごろ到着します。旅は目的地に向かう時間の楽しみも重要。キャセイパシフィックのビジネスクラスは、機内、ラウンジともに五感を満たすサービスがあふれ、旅の印象的な思い出になる贅沢な時間を約束してくれます。次回からは、モルディブ・バァ礁にある人気のリゾート「デュシタニ モルディブ」での滞在についてご紹介します!DATAキャセイパシフィック航空www.cathaypacific.co.jp 
  • グルテンフリーの料理教室先日、表参道にあるグルテンフリーの料理教室でクリスマスの定番メニューでもあるシュトーレンを作ってきました! シュトーレンってめちゃくちゃ難しそう、、、というイメージがあってなかなか家で1人で作ってみる気になれませんでしたが料理教室なら‼︎と思い行ってきました♡グルテンフリーのシュトーレンそもそも小麦粉を使わないでシュトーレンなんて作れるの?と半信半疑でしたが、、作れちゃうんです♡ 米粉を使ったシュトーレン。 先生に教わりながら作りました!見た目は普通のシュトーレンと変わらない! 味は? 味も全然変わらない!米粉を使っているからモチモチしていて美味しい〜♡ これでグルテンフリーとは! しかもバターも砂糖も控えめなので通常作るシュトーレンよりもヘルシーなんです♪ 可愛くラッピングをしてお持ち帰り♡ 家で食べるのが楽しみです♪Instagramスーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
関連キーワード

RECOMMEND