冬だから? それとも年だから?冬のカユカユ、カサカサわたしだけ?

Marisol ONLINE

☆教えてくれたのは・・・

皮膚科医 吉木伸子先生

よしき皮膚科クリニック銀座院長。働く女性の肌を長年見続け、お手入れと肌トラブルの関係にも詳しい。著書に『エイジングケア事典』(高橋書店)ほか

■若肌ホルモンの目減りを助ける洗い方と保湿を

「冬は空気の乾燥に加え、寒さで血行が悪くなり全身が乾燥。特に顔、手足など、冷えやすい末端の乾燥が進みます。さらに、アラフォーは成長ホルモンの減少で新陳代謝が遅くなる傾向に。皮膚のバリア機能を担うセラミドは、新陳代謝によって生まれますから、新陳代謝が乱れればバリア機能も低下するのです。それと、性ホルモンの目減りも乾燥の原因に。皮脂分泌を促していたプロゲステロン(黄体ホルモン)や、男性ホルモンが減り、皮脂が減少。以前はオイリーだった人も、乾燥しやすくなります。また、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減ると、肌もメンタルも不安定に。敏感肌に傾き、乾燥を招きます。
 大事なのは、なんといっても保湿。カユカユ、カサカサに悩む人は洗い方を見直して。洗浄料の選び方を変え、顔や体のパーツによって洗い分けをするだけでも、乾燥は改善します。また全身ていねいに保湿することはもちろん大事。面倒がらずにボディクリームを塗る習慣をつけましょう」(吉木伸子先生)

■顔&体のカユカユ、カサカサの実態・大調査

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

皮膚が薄い部分にお悩みが集中! ケアをせず無意識のうちにかいてしまったりすると、さらにかゆくなり負のスパイラルへ……
背中がかゆいのは保温インナーなどによるムレのせいも。その他のパーツも保湿不足だとモヘアのニットやタイツの素材感がカユカユを誘発。
湯船につかるなどリラックスタイムに襲ってくるかゆみ。外出中やいつも、という声も多く、涼しい顔して実はみんな耐えていた!
手や顔などはすぐに保湿できるけれど、オフィスや夜の席で、服に隠れた部分を保湿するのはむずかしい。自宅でのケアが大事ってこと。
なかなかキレイをキープできない末端パーツや肘、膝。ここをしっとり、ふわふわにできたら2018年はモテる女子になれそう。
撮影/藤澤由加(人物) 久々江 満(物)ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) モデル/大橋規子 イラストレーション/小迎裕美子 取材・文/小田ユイコ
関連記事
  • 流行に敏感なモアハピ部が、毎日がもっと楽しくなるとっておきのライフハックを、写真と共にご紹介する【L I F E! H A C K !  S N A P !】 今月のスナップは……みんなのルームウエアをキャッチ!∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥No.562 しょこたうるすさんは、肌にやさしいコットンパジャマでぐっすり「『ユニクロ』のコットンパジャマを愛用しています。コットン100%のふんわり素材で着心地は抜群! さわやかなミントグリーン&小さめドット柄もかわいくてお気に入り♪」(しょこたうるすさん)∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥No.645 ともみんさんは、お得すぎて可愛すぎる 高見えサテンパジャマ「1000円台には見えない『GU』の高見えサテンパジャマは、さらっとした生地で肌ざわりなめらか。胸もとと裾についているレースのおかげで、脚が細く見える気も!」(ともみんさん)∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥No.678 さややさんは、着るだけでお姫様気分になれるワンピースタイプ「お姫様気分を味わえる『ジェラート ピケ』のワンピースパジャマ! “ジェラピケ”のパジャマはいろいろ持っていますが、どれもかわいくて乙女心をくすぐるものばかり♡」(さややさん)∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥No.667 もぴさんは、料理好きにうれしい、ガーリーなエプロンも♡「エプロンは料理好きな私の部屋着のひとつ。写真で着ている『ルセット』のエプロンのほかにも、フリルや花柄といったガーリーなエプロンで気分を上げつつ、料理に励んでいます」(もぴさん)モアハピ部が配信する、20代女子のリアルな情報をキャッチして!モアハピ部のブログには、毎日の服選びの参考になるコーディネート写真や、お買得なお買物アイテム、さらには、全国にいる部員ならではのご当地グルメ情報などなど……。旬のネタに詳しい彼女たちだからこそ知る、お得な情報が詰まった記事が満載♪→リアルな旬ネタがいっぱいの【モアハピ部】ブログはここからチェック!取材・文/井上華織 撮影/早坂佳美
  • 【連載第4回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』版権:majivecka/Shutterstock.comそう言って、ほんの一瞬、何とも言えない表情を見せたように見えた理沙の肩を、後ろからトントンと、どこからともなく現れた品の良いマダムがそっとたたいた。 「あの、お嬢さんたち、お話し中に申し訳ありません。ちょっとよろしいでしょうか」 淡いパープルのコクーンチュニック、胸元にはコットンパール、黒のスリムデニムに、足元は白のスリッポンというキレイめカジュアルなマダムがお一人、私たちを見てニッコリと微笑んでいる。どなただろう? 「先ほどは、あの、うちの主人が大変失礼をいたしまして……」 ああ、あの酔っぱらいおじさんの!と、思わず理沙と目をあわせてうなずきあう。 「いえ、とんでもない。大丈夫でしたか?」 「ありがとうございます。店長さんのご配慮で、裏のお部屋のベッドお借りして、少し寝かせていていただいているんです」 どんな酔い方をしたお客でも、そっけなく追い出したりせず、そっと休ませてあげるところが、器の大きい我らが愛しのマスターらしい。 「今お時間、少しよろしいですか?」 「あ、ええ、もちろん。よろしかったら、どうぞ」 そう言うと、理沙はひとつ席をずれ、私との間の椅子にマダムを誘導した。 「あの人、今日は荒れていましてね。気分転換になればと、珍しく外のお店に連れて出て来たのですが、ごめんなさいね、失礼なこといろいろ申し上げたでしょう?」 「いえ、そうでもないです」 「お優しいのね。わたくしの席にも、あの人の大きな声は聞こえてきましたよ」 「あら、そうですか。では、そんな感じです」 理沙がケラケラと笑うと、つられてマダムもやや申し訳なさそうな顔をしながらも、ニッコリした。 「あの調子だから、家を出ている娘にも嫌われてね。顔を見ればああなっちゃうので、もう長いこと会ってもらえないんです。娘は主人がいない隙を狙ってしか帰ってきません。みなさんと同じような年齢じゃないかしら」 「私たち40代の真ん中あたり、です」 「娘もそうです。そしてまだ結婚してないの。頑張ってお仕事しているみたい」 「お父さんからすると、心配でならないってことですよね」 「それにしても、あの人、口下手過ぎますよね」 「いえいえ、口下手どころかとても流暢でしたよ、あたし、散弾銃みたいにダダダダダと打ちまくられましたから」 昔から初対面の人とも臆さず話せる理沙は、数分前に現れたこのマダムとすでに旧知の仲かのように、実に楽し気に語りあう。 「私事ですけれど、実は主人、勤め先から再雇用の延長をお断りされまして……。65歳までしっかり勤める気満々だったので、予想外のことにまあ不機嫌で荒れて荒れて」 「そうでしたか」 「名の知れた大企業ではありませんが、小さな会社の元執行役員でしてね、そんな人が一兵卒として、権限も責任も大きく縮小する中で働くなんて耐えられるのかしら? むしろ周りの方もやりにくいんじゃないかしら?って私なんかは前から思っていたんですけれど、やっぱり難しかったのですかねえ……詳しくは聞けないんですけれど」 会社側も、再雇用で引き続き一緒に働いて下さる、多くの知見と豊かな経験の蓄積をもつ有能な先輩方側も、共にハッピーな状態というのは、どこの企業も実はいまだ探りながら、よりよい姿を構築中なのかもしれない。 新たな環境や人間関係、権利、役割や責任、給与や待遇といった様々な変化へ適応することは、新たな目標や、新たな価値観を作る機会でもあると、ポジティブに解釈したり、前向きな意味づけやマインド形成をして、しなやかに乗りこえていけばいいのです……なんて、言うのは簡単だが、実際より上位の管理職経験があるシニアの方であればあるほど、そうカンタンな話じゃないであろうことは容易に想像できる。 アラフォーの私たちも遠からず到達する「シニア世代」の活躍というテーマをはじめ、理沙が日々葛藤しながらも、よりよい状態を模索し続けている子育て女性が共に長く活躍できる環境、仕事と介護の両立ができる環境や制度の充実など、人生100年時代に向けてヒトゴトではなく、自分ゴトとして、一人一人が考え、変わっていかなくてはいけない、変えていかなくてはいけないテーマはとても多いと、改めて思う。 ▶︎次回は12月19日(水)22時更新予定■じゃない側の女番外編記事一覧■汗が止まらない側の女(Side真木)【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう! 【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります? 【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々 【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね… 全10話を読む > ■酸化に負けない側の女(Side理沙) 【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女 【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと 【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに 【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先? 全12話を読む > ■現役をおりない側の女(Side結花) 【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある 【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です 【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない? 【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました… 全11話を読む > ■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子) 【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が… 【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので 【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか 【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック… 全8話を読む >■ご機嫌悪くない側の女(Side結花) 【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート 【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生? 【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか… 【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして 毎日22時配信中!最新話を読む > - 登場人物 - 植田真木(うえだ まき) 44歳 金融会社勤続20年の管理職。「アラフォー独身女」でいることに疲れ、39歳で「可もなく不可もない男」と駆け込み結婚をしてみたものの…。 結婚してない側の女(全14回)を読む ▶ 谷原理沙(たにはら りさ) 44歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。 産んでない側の女(全15回)を読む ▶ 畠山結花(はたけやま ゆか) 44歳 ゼネコン勤務の一級建築士。同業のハイスペック夫と2人の子供、瀟洒な一軒家。「すべてを手に入れて」順風満帆な人生を突き進んでいるように思われるが…。 あきらめない側の女(全14回)を読む ▶ 須藤慶子(すどう けいこ) 44歳 結婚14年目の専業主婦。夫が出張のたびに「とあるサービス」を利用していると知り、ショックを受ける。 満足させてもらえない側の女(全8回)を読む ▶
  • 2018年秋冬のコートのトレンドはどうだった?何枚も買い足すわけにはいかないコートこそ、とっておきの一枚を選ぶことが重要!2018年秋冬のコート関連記事ランキングを参考に、コートの着こなしをアップデート。【記事ランキング1位】 ネイビーが戻ってきた!おしゃれプロがキープしたこの冬の「本命コート」 清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし。グレー系やブラウン系のトレンドを経て、今季はネイビーを指名買いする人多数。長め丈でシックに着られるものが人気。【記事ランキング2位】 今年の冬は改めてダッフルコートが着たい人が続々!大人は「淡色」が狙い目 トラッドブームの影響で、大人になった今、改めてダッフルが着たいという声が続々。あえて白やベージュなのど柔らかい色で脱・スクール風に取り入れるのが肝。【記事ランキング3位】 今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コート 秋冬スタイルの主役といえば、やはりコート!カジュアルなダウンジャケットやトレンドのフェイクムートンなどSHOP Marisolからイチ押しをピックアップ他の画像を見る※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります■2018年の秋冬トレンドファッションもチェック
  • NTJ(眠い・疲れた・時間ない)な働く女性にぴったりのギフトコスメを、美容のプロが選んでご紹介。仕事でミスっちゃった同僚、出張続きでなかなか会えない同期…etc. 忙しくしている周りの女性へ応援や感謝の気持ちを込めて。NTJ(眠い・疲れた・時間ない)な彼女にあげたいピースフルコスメ仕事でミスっちゃった同僚へ (右)ディオール ルージュ ディオール ウルトラルージュ 777 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール 反省はしてもいいけど落ち込まないで。燃える赤口紅を塗れば、よーしやってやろうという闘志が戻ってくる。ラッキーセブンをエールに変えて。(美容エディター 平 輝乃さん) (左)マルチニーク おいせさん お浄めリップトリートメント 18g ¥1500 リフレッシュできる香りとお伊勢さんパワーで厄払い フランキンセンス、レモン、ローズマリーのさわやかな香りで落ち込んだ気分をリフレッシュ。お伊勢さんの浄化パワーを感じてもらって、励ましたい……。温故知新なパッケージも好き。(ヘア&メイク 岡田知子さん)出張続きでなかなか会えない同期へ (右)RMK Division RMK インスタント トリートメントスティック 2.5g ¥3800 移動やホテルで乾く肌に。そっと託すお守り保湿 仕事中はもちろん、移動中もホテルでも乾くよね? 大変だよね?というねぎらいを込めて。クライアントの前でも上司の前でもくるくるっと!(美容エディター 松本千登世さん) (真ん中)クレ・ド・ポー ボーテ マニフィカトゥールレーブル 2.8g ¥4000/資生堂インターナショナル 忙しくても、ラグジュアリーなリップクリームさえあれば唇も心も荒れ知らず。血色を補正し、上品なみずみずしさをキープ。(ヘア&メイク 河嶋 希) (左)ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. リップ ソーク 6.5㎖ ¥8200 スーッと浸透するさらさらオイルで、口紅の質感も発色も損なわずにケア。移動が多く乾燥しがちでも、人に会って仕事を頑張る同僚に送りたい。(美容ライター 山崎敦子さん)明日お泊まり♥な彼女へ パルファム ジバンシイ ランタンポレル ブロッサム クリーム コンパクト SPF15・PA+ 12g ¥8800 スキンケアしながらほのピンクなつや肌ボーイフレンドの心をわしづかみに メイクできるスキンケア? スキンケアできるメイク? だからこそ瞬時につくれる、ほのピンクのつや肌はきっと、ボーイフレンドの心をぎゅっとわしづかみにする はず。(美容エディター 松本千登世さん)晴れて転職が決まった同僚へ (上)ローラ メルシエ ブラッシュ カラー インフュージョン ジンジャー ¥3200/ローラ メルシエ ジャパン 大人可愛さと知性が共存。第一印象を上げる好感度チーク 抜群のなじみで大人可愛い血色感をプラス。オンはワントーンで知的&好感度狙い。オフは赤リップをきかせても。(ヘア&メイク 河嶋 希さん) (下)クラランス ファーミング EX デイ クリーム SP オールスキン 50g ¥10500 環境が変わって緊張を強いられる同僚には、心地よい香りと感触のクリームを。朝の肌の透明感と弾力に、今日も頑張ろうと思えるはず。(美容家 山本未奈子さん)仕事代わってくれてありがとう、な同僚へ uka red study one 1/1、2/1、5/1 10㎖ 各¥2200/ウカトーキョーヘッドオフィス その人らしい赤を選んで手もとの華で感謝を伝える 表情の異なる赤で、魅せたい雰囲気やその人らしさを演出する赤のネイル。ありがとうの気持ちを込めて、指先を彩る小さな"華”を贈りたい。(美容家 山本未奈子さん)撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年1月号掲載
  • クリームのような効果を得られるうわさのコスメは、2018年最後に出会ったこちらのコスメ♡ブログにアップする予定はなかったのですが、インスタにアップしたカバーマークの洗顔があまりにもよかったので、皆さんに是非お勧めしたく急遽ブログを書くことにしました☺ マリソル1月号 “うぬ惚れ”ベストコスメクレンジング・洗顔部門BST3として掲載されているカバーマークミネラルウォッシュ。 1月号を見て、試してみたいなぁとぼんやりと思っていたら、思い出しました! マリソルのランチ会で頂いておりました☺ 早速使用してみて、その効果に驚きました!①洗い上がりは"落ちきった!"と思うほどスッキリ。 ②洗顔後は肌がしっとりとしてくる。 ③洗顔後のスキンケアがぐんぐん浸透する。 ④翌朝、ついつい肌を触ってしまうほど、肌が"つるりん"としていた!ベストコスメに選ばれたのも納得! 1回の使用で効果がみられました☺ そして何よりも使いやすい。付属のスポンジで簡単にもっちりとした泡が作れます♡ 美女組NO.107ウマキさん、NO.165 Marikoさんもとても詳しくご紹介して下さっているので、合わせて是非ご覧下さい♡ 効果を実感できたコスメ。是非皆さんにも試して頂きたいです☺︎ カバーマーク様、マリソル編集部様ありがとうございました。NO.107 ウマキさんのブログ→→→♡NO.165Marikoさんのブログ→→→♡スポンジは簡単に衛生的にKEEPできます♡カバーマークオンラインショップ→→→♡instagram♡→→→kumiko _149美女組No.149 kumikoのブログ
  • 小旅行やホームパーティなど、オフタイムのイベントが増える時期。気負いすぎることなく、でも洗練されていて大人のリラックス感も演出できるワンピース3着をご紹介。窮屈感がない着心地の良さと計算されたシルエットを兼ね備えたデザインで、カジュアルスタイルを素敵に盛り上げてくれる!構築的なシルエットで、全方位のきれいをかなえる 旅先での楽しみはランチタイム。肌映え抜群のニットを重ねたしゃれ見えワンピースで出かけよう 肉厚のカルゼ素材を使用した美シルエットなワンピースは、上品なニットとのレイヤードにぴったりな一枚。深めのVネックと背中に膨らみのある技ありシルエットが、おしゃれ感とスタイルアップのポイントに。ニットは大人が取り入れやすい、甘すぎないパウダーピンク。上質なメリノウールのハイゲージだから冬の重ね着に重宝。ややオーバーサイズながら肩から二の腕にかけてほっそり見えるパターンも優秀。 バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥15,000/エリオポール 代官山(ペレッテリア ベネタ) タイツ¥1, 200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュ ウナナドシー) 靴¥39,000/ファビオ ル スコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) SACRA バック切り替えワンピース ¥29,000+税>> SACRA タートルネックニット ¥23,000+税>>楽な着心地なのに一枚で決まる、緻密に計算された美フォルム しわになりにくくコーデいらず。旅先の限られた荷物の中に入れておきたい、頼れるワンピース 昨年10月号で大ヒットを記録したとろみVネックワンピースが、発熱保温機能のある新素材で再登場。両面起毛で素肌にも暖かく、機能性とおしゃれ感を備えた一枚。体型を拾わないコクーンシルエットもうれしい。 ピアス¥23,000/カオス表参道(モダ ン ウィービング) バッグ¥38,000/ビームス ハウス 丸の内(イアクッチ) タイツ¥1,200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) E by eclat 暖かコクーンワンピース ¥18,000+税>>シンプルなのに女らしい、毎日着たいリラックスワンピ 部屋でのリラックスタイムは肌ざわりのよさとゆったりフォルムで贅沢な自分時間を楽しみたい 身頃はゆったり、肘から手首はほっそりとした、華奢見え効果抜群な一枚。適度なツヤと落ち感が美しく、ウールながらチクチクしにくいので、 素肌に心地よい。吸湿発熱性と保温性が高く、蒸れにくく、そして汚れにくいと、機能面もすばらしい。さらに、合わせているのは縦ライン効果でほっそり見えるリブ編みのレギンス。ホールガーメントで接ぎ目なく編んでいるので、いいものを知っているエクラ世代も納得のはき心地。長めの裾をくしゅくしゅためてはくことで、タイツとは違う足もとのおしゃれが楽しめる。 ピアス¥12,000/ココシュニック バングル¥4,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオル スコーニ) HARRISS GRACE×eclat 洗えるウールワンピース ¥22,000+税>> E by eclat ウール混あたたかレギンス ¥8,000+税>>ワンピース姿をさらに素敵に見せるブラキャミ&ガードルも押さえておきたい窮屈さなしで大ヒット中!今どき補整下着の決定版ストレスフリーな着心地でお出かけ中も快適な美スタイルをキープできる。「こんなに心地よく、こんなに美しく、こんなに体が端整に引き締まるブラキャミ&ガードルはなかった」と美容ジャーナリスト齋藤薫さんも絶賛。つけ心地の軽さと確実に引き締まる設計は、エクラ世代にこそ必須。BRADELIS Black Label ホープブラキャミソール ¥7,600+税BRADELIS Black Label ホープロングガードル ¥5,400+税撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
  • エイジングケア・若返り・というキーワードとセットで取り上げられる美容成分のひとつ、プラセンタ。この「スノーヴァ」というブランドが採用しているプラセンタ「クラサ」は、なんとロシア生まれなんです。「スノーヴァ」というブランド、ご存知ですか? 創立は1990年代、と歴史を重ねているのですが今年、銀座にサロン兼ショップをオープン。気になる存在だったので、ちょっと前に偵察に行って参りました。「スノーヴァ銀座サロン」は京橋に程近い、オトナな雰囲気の銀座1丁目にあります。「スノーヴァ」とはロシア語で“再生、蘇る”という意味。キー成分は、宇宙開発も行う研究機関・ロシア科学技術アカデミーで作られている純度100%のプラセンタ「クラサ」です。そのパワーをさらに引き出すべく、アイテムごとに異なる天然植物エキスを配合して生まれたコスメが「スノーヴァ」シリーズというわけ。スキンケア・ヘアケア・サプリまで充実のラインナップです。といいつつ、ロシア生まれのプラセンタ「クラサ」(12g \12000)に興味津々。待ったなしのアラフォー肌にはやっぱり原液でしょ!ということで実際に試してみました。3世代前まで遡った優良種の豚をセレクトし徹底した管理下で飼育、さらに約180日もかけて抽出されるという混じりっけなしの100%プラセンタがこちら。ボトルもロシア語で、なんだかコスメというよりアンプルのような風貌ですが……効きそう(笑)。そんなドキドキとワクワクとともに、開封。とろーんと白濁した“The プラセンタ”という感じのテクスチャー、ちょっと香りはありますがなんのその。洗顔後のまっさら肌に押し込むようになじませると、なんだか……肌にアイロンでもかけたかのようなハリがじわじわと! 口もとや頬のたるみが、こころなしかキュッと引き締まった気がします。なんなの?この即効性!その後は、普段のスキンケアでフィニッシュ。翌日も肌のハリが続いて、かなりゴキゲンな気分で過ごせました。夜のみ使用・量は全顔で小さじ3分の1程度。できれば使い続けたいけれど、いざ!という日直前の集中エイジングケアとしてもかなり心強い味方になりそう。なんと、この「クラサ」をまるっと1本使ったトリートメントメニューもあるんです(シンプルだけどくつろげそうな完全個室!)。気になる方はぜひサイトをチェックしてみてくださいね。私も年末の“エイジングケア納め”として、こちらに伺おうかな、とたくらんでいます。  ●「スノーヴァ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 今年らしいストールやアウターに合わせたおしゃれな巻き方など、アラフォーに似合うストール関連記事をランキング。秋冬の寒さ対策にも大活躍するストールの秋冬トレンドを振り返ろう!【記事ランキング1位】 「手抜きコーデ」も美人に変身。ストールは色選びが命です 冬はストールが必須。でも大判ストールは首にグルグル巻くとけっこう肩がコリまして…。これまでにいくつも試し、最近はフランス製のカシミヤに落ち着き、これを何年も愛用しています。(美女組No.127 Akaneのブログより)【記事ランキング2位】 冬の景色に明るく映える優しげなカラーに心酔【おしゃれプロの「自腹買いアイテム」】 「ハンド刺繡のカシミアストールは一点もの。アートのような美しさと職人さんが年数をかけて作り上げているという背景に心を奪われました」。【記事ランキング3位】 今年らしいストールはどんなもの? どう巻くのがおしゃれ?【おしゃれのピンポイント小悩み】 「今、さらっと薄い素材のものよりざっくりとした麻素材がトレンド。アソース メレのベルギーリネンはボリューム感もニュアンスのある色出しもちょうどいい。はおりにもなるので一枚あると便利です」。他の画像を見る※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります■2018年の秋冬トレンドファッションもチェック
関連キーワード

RECOMMEND