「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

Marisol ONLINE
●タイムトラベルラブコメディ、「明日、キミと」に出演を決めた理由はなんですか?
—マリン(役名)が正直なキャラクターだからです。それから、斬新とも思える、ソン・マリンのキャラクターに魅力を感じました。

●この作品の見どころは?
—タイムトラベルがテーマのファンタジードラマですが、実際の内容は、とても現実的な夫婦の姿が描かれているんです。ドラマの中盤からは事件を中心に話が進み、ソジュン(イ・ジェフンさんが演じた役名)は事件の解決に奔走して、マリンはそんな彼を見守る、魅力的な展開になっています。なので、最後まで楽しんでいただけると思います!登場人物のキャラクターがはっきり描かれていて、それもこのドラマの見どころだと思います。

●イ・ジェフンさんとの初共演はいかがでしたか?
—ジェフンさんは、とても真面目で、本当に一生懸命な方です。イタズラ好きな一面もありました。相性はよかったですよ。現場では監督と、ジェフンさんと私で、“もっと面白くしよう!”と、よく相談していました。とても有意義な時間を過ごせましたね。また機会があれば、ジェフンさんと、他の作品でもぜひ共演してみたいです。

●とくに好きなシーンや台詞はありますか?
—ソジュンが、マリンのことを好きだと勘違いしてしまうところが、かわいくて印象に残っています。それから、お酒が大好きなマリンが酔っ払った時の芝居は、視聴者にとっても好評でした。マリンが、ソジュンと出会った日に、一緒にお酒を飲むんですが、そのシーンも印象に残ってます。酔っ払うシーンは、演じていてとても新鮮だったし、楽しみながら撮影できました。

●「ああ、私の幽霊さま」でも存在感のあったイ・ジョンウンさんとの共演はいかがでしたか?
—一緒にいるシーンが多かった、母親役のイ・ジョンウンさんですが、とても楽しく撮影できました。私は普段も彼女を“お母さん”と呼んでたんですよ。(笑)ジョンウンさんと監督は抜群の相性でしたね。大好きな女優さんです。またご一緒したいです!

●もし時間旅行ができるとしたら、どんなことがしてみたいですか?
—もちろん未来は気になりますが、行きたいとは思いません。もしタイムトラベルができるなら、小学校時代に行ってみたいです。やりたいことは…勉強!冗談です(笑) 小学生に戻れたら、無邪気に遊びたいです。

●「明日、キミと」はミナさんにとって、どんなドラマになりましたか?
ー「明日、キミと」はものすごく悩みながら撮影に臨んだ作品です。ドラマの前半部分では無邪気な姿を見せていたけれど、後半では内面の深い部分を表現しなければならなかったからです。どうすれば、ギャップを感じさせず前半と後半をうまくつなげられるか、悩みました。これから他の新しい作品に出演しても、「明日、キミと」を思い出すでしょうね。うれしかったのは、この作品で今までとは違う芝居が観れた、と言われたことです。悩み苦しんだからこそ、新たな自分をお見せできたかと思います。そういう意味でも、記憶に残る大切な作品になりました。

●役者になったきっかけは?
—中学生の時にモデルとしてデビューしたんです。そのあと、CMやミュージックビデオで、少し芝居を経験しました。映画『火山高』にキャスティングされて、本格的に女優の道に進むことになりました。

●どんな役者でありたいですか?
—いろんな役を演じられる女優になりたいです。そして、私が演じるキャラクターが、実在する人物に見えるような芝居がしたいです。そのためには私も努力を重ねないといけません。視聴者の皆さんに認めてもらえるよう、力の限り頑張りたいです。

●「明日、キミと」の、ソ・イングクさんのOST「花」も良かったですが、特に気に入っているOSTはありますか?
ーソ・イングクさんが歌った「花」と、そしてキム・ピルさんが歌った「明日、キミと」も好きです。今でも曲を聴くとシーンが頭に浮かびます。ドラマと曲がよく合ってると思います。

●国内外のアーティストで特に好きなアーティストや曲はありますか?
—演歌歌手のシム・スボンさんが好きです。紫雨林のキム・ユナさん、イ・ムンセさんも大好きですね。

●国内外のお勧めのドラマや映画はありますか?
ー「明日、キミと」です!「明日、キミと」は、ストーリーも登場人物も盛りだくさんで、本当に面白いんです。1度だけでなくて、何度も観ていただきたいですね。

●これから挑戦してみたい役はどんな役ですか?
ー挑戦したい役は、胸に深い悲しみを抱えている、大人の女性の恋を描いた作品に出演したいです。ツヤっぽい女性を演じてみたいですね。

●ミナさんならではの美容法はありますか?
—基本中の基本ですが、よく寝ることですね。ストレスをためない、たっぷりの睡眠、水分と果物を摂ること。あたりまえで簡単に思えますが、意外と実践するのが難しいんです。

●最近ハマっていることはありますか?
—旅行も好きですが、旅番組も好きでよく観ます。旅をしてる気分になって、心が癒されます。あと旅番組は、韓国だけでなく、他の国の食べ物や文化を紹介してくれるのも好きです。

●ストレス解消法は?
—新しい習い事をしたり、しばらく会っていなかった友達に連絡したりします。たくさんの人と会うことで、他の人の人生を知ることができるので。人と話すことで勉強にもなりますし、新たな発想が湧くので、私にとっては貴重な時間ですし、人と会うことでストレスも解消されます。

●「Marisol」の読者にメッセージをお願いします。
—こんにちは シン・ミナです。「明日、キミと」が日本で放送され、DVDになると聞きました。とくに、女性のみなさんに好きになってもらえるストーリーなので、共感できる部分も多いと思います!内容も盛りだくさんで楽しい作品なので、ぜひ見ていただきたいです!

■セル
DVD-BOX 1
品番:PCBP.62090
発売日:2018 年 1 月 10 日
価格:16,000 円+税
収録内容:第 1 話~第 12 話収録(約 530 分)/DISC6 枚 特典映像:台本読み合わせ/制作発表会ほか(約 30 分予定)
封入特典:ブックレット

DVD-BOX 2
品番:PCBP.62091
発売日:2018 年 2 月 2 日
価格:16,000 円+税
収録内容:第 13 話~第 23 話収録(約 484 分)/DISC6 枚 特典映像:メイキング/キャストインタビュー(約 60 分予定) 封入特典:ブックレット
■レンタル
2018 年 1 月 10 日 Vol.1~6 レンタル開始 2018 年 2 月 2 日 Vol.7~12 レンタル開始
発売・販売元:ポニーキャニオン (C)STUDIO DRAGON CORPORATION
■セル DVD-BOX 1 品番:PCBP.62090 発売日:2018 年 1 月 10 日 価格:16,000 円+税 収録内容:第 1 話~第 12 話収録(約 530 分)/DISC6 枚 特典映像:台本読み合わせ/制作発表会ほか(約 30 分予定) 封入特典:ブックレット DVD-BOX 2 品番:PCBP.62091 発売日:2018 年 2 月 2 日 価格:16,000 円+税 収録内容:第 13 話~第 23 話収録(約 484 分)/DISC6 枚 特典映像:メイキング/キャストインタビュー(約 60 分予定) 封入特典:ブックレット ■レンタル 2018 年 1 月 10 日 Vol.1~6 レンタル開始 2018 年 2 月 2 日 Vol.7~12 レンタル開始 発売・販売元:ポニーキャニオン (C)STUDIO DRAGON CORPORATION


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」
関連記事
  • ブラウンのトップスに同系色チェックが映えて通勤時もちゃんとおしゃれ♡リブトップスとフレアスカート、そんな愛着のあるワンツーコーデをブラウン×パープルのおしゃれ配色で鮮度抜群に! さらにトップスと同じ茶系チェックの大判ストールをふんわり巻けば、通勤中もおしゃれにぬかりなし。顔回りにやわらかなニュアンスが出せるし、無地コーデのアクセントにもなるから。朝晩が冷え込んできたら、バッグの色とお揃いのグレイのコートをはおってもいいかも♪スカート¥4990/キャン(テチチ) カットソー¥15000/TOMORROWLAND(ヤング アンド オルセン) 靴¥26000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER) ストール¥3694/ザラ・ジャパン 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/大平典子
  • 12月9日は雅子皇太子妃の55歳のお誕生日だったのですね。思えば、雅子さまもエクラ世代・・・。恐れ多くもですが、皇室の方のことを初めて書きます。 エクラ世代ということで、免じていただければ! 雅子さまといえば、今から25年ほど前、婚約内定のときにテレビの報道陣の前に姿を現したときの、真っ白な素敵なコート姿のことが目に焼き付いています。あのコートは、調べてみたらエクラでも御用達のヘルノだったのですね! なんとおしゃれ。 うっとりしたことを覚えています。 今、エクラで毎号連載している「エグゼクティブサロン」の生方ななえちゃんを地で行くような、素敵なキャリアウーマン姿でした。 来春から皇后になられる雅子さまですが・・このときで本当に良かった!とうれしい気持ちになりました。 というのも、射手座生まれの雅子さま。 ちょうどこの11月に木星が射手座に入り、来年はほぼ、まるっと、木星が射手座にある時期だからです。 木星が来ている時期は、ふわっと環境が「クッション」のように備えてくれます。 いつもより苦労しない、周囲も好意的、なんとなく重圧から解放されたような・・そんな空気に包まれます。 今回、階段を一歩登ることが、きっと逆に雅子さまにとって自由をもたらすような気さえします。 射手座といえば海外との関わりがもともと大きく、冒険者的な性質を持っているので、ご結婚前の外交官という職業は、それはそれでまさに天職ではあったのかもしれません。 というのも雅子さまの場合、数秘術では「4」なので、一方でかなりのしっかり者。 自分を律する傾向があるといえるでしょう。 きちんと日々の物ごとに取り組む、いわば生真面目な性質も持っていらっしゃる。 射手座であることとの組み合わせで考えると、「固さ」と「自由さ」が絶妙にミックスされた環境でこそ、力を発揮される方のはずなのです。 おそらく・・ですが、今回いわばトップの場に立たれることで、その「固さ」と「自由さ」の両方を、生き生きとされていた、あの外交官時代のように。 よりよい形で手に入れられるのではないかと思うのです。 アラフィーの、エクラ世代のお姉さまです。 即位の前後から、またあらためて見守られていただきたいと思います!
  • とある週末に、ゆったり箱根に行ってきました(^^) 今の時期らしい山茶花の花が咲き乱れてとてもとても綺麗だったので、その花の下で温泉コーディネート☆コートはフェイクのボアコート。 モコモコしていて、暖かいのです。 リバーシブルなので、モコモコを中にすることもできて、気分で入れ替えしてます。 久しぶりにミニスカートがはきたくなって、D-Holicのプチプラスカートを投入!! 足元は沢山歩く予定だったのでフラットで、でもトラディショナルなローファーを。 グッチのローファーは2代目ですが、やっぱり使いやすくて茶色も欲しいなと思ってます。coat. 集英社flag shop original tops.ドレステリア skirt.D-Holic shoes.GUCCI bag.valextra山茶花のビビッドなマゼンダピンクと緑な葉のコントラストが好き。 温泉はゆったりのんびりして、冬を満喫できました! はぁーまたすぐ行きたいなぁ(^^)スーパーバイラーズ 鈴木 園子のBlog
  • 平成最後の新年に向け、ここでは日本初のエステ情報をお届け。最新美容でよいお年を!悠 YU, THE SPA by L’OCCITANE厳選の自然原料と世界の伝統的なトリートメントを融合したロクシタンのスパトリートメントが、ホテル椿山荘東京の「悠 YU,THE SPA」に初上陸。プールや温泉のある国内屈指のスパサロンで、プロヴァンスの心地よい香りと技術に癒されて。フェイシャル、ボディともに60分¥25,000〜(税込み)。詳細はHPでチェック!悠 YU,THE SPA住)東京都文京区関口2 の10の8 ホテル椿山荘東京2F☎03-3943-4785 営)10: 00〜21:30 無休※完全予約制 https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/relaxation/spabyloccitane/【Marisol 1月号2019年掲載】取材・文/田中あか音
  • ビューティ通のオススメから、今、店頭で本当に売れている名品まで。美肌を支える1枚を、徹底リサーチ♡ 韓国コスメミックス派の南りほさんは、どんなパック&マスクを、どんな風に冬のスキンケアに取り入れている?「超乾燥肌なので、夜は韓国で保湿力に定評があるマスクを投入して入念に保湿! 朝はさっぱりめ&気軽に使える大容量タイプ……と使い分けています♪」   朝:Japan ハトムギ美容マスクでメイク前のさっぱり保湿「さっぱりしているけど、メイク前の肌がきちんとうるおって整う! 顔からはみ出た部分はカットし、乾燥しやすい目元のスキマや唇の上をカバーして有効活用することも」ハトムギ種子エキスを配合し、乾燥や肌荒れも防ぎながら、しっとりとしたなめらか肌に仕上げる。 30枚入り ¥900/イヴ(ココカラファイン限定発売)    夜:Korea メディヒールで超パワフル保湿「韓国で人気の「メディヒール」は夜使用。特に右は美容液&コラーゲンマスクの2STEPでぷるぷる肌に♡ お手入れ中は、TWICEが出演した歌番組を見たり、YouTuberさんの食べる動画を眺めて食欲を落ち着けます(笑)」(上)コラーゲンで肌の弾力を強化。アンプルつき。 メディヒール コラーゲン プラス スマート フィラー マスク/本人私物 (下)プラセンタで皮膚に栄養をチャージ。 メディヒール プラセンタ リバイタル エッセンシャルマスク/本人私物 ●PROFILE ●みなみ りほ 1995年11月1日生まれ、兵庫県出身。女優として舞台『SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~』等に出演。約2年半の韓国滞在経験あり。撮影/齊藤晴香 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • きらめく才能が集まり、ますます進化を遂げる声優界。なかでも話題沸騰中の音楽朗読劇「READING HIGH」第三作『シェーヴルノート』から、梶裕貴さん、梅原裕一郎さんというお二人のスター声優がSPUR誌面に降臨します! そもそも声の表現を第一義とするお二人に、ファッション・ポートレートを撮らせていただき、さらにご自身がまとった服を「朗読するとしたらどんな声でしますか?」と無茶苦茶なクエスチョンに答えていただきました。 ですがお二人とも、流石アーティストでした。服のムードを瞬時に察知し、カメラの前に立つ姿に、スタッフ一同息を飲みました。さらに、「朗読するとしたら……」の問いに対するお二人の答えが秀逸なのです! ぜひ誌面でご確認ください。 梶裕貴さんはフォトグラファーやスタイリストなど各スタッフが連携して一つのビジュアルを作り出すファッションシューティングのプロセスに、ご自身の仕事を重ね合わせていらっしゃいました。一つ一つの質問に真っすぐ答えてくださる姿に、梶さん演じるヒーロー像が重なります。 梅原裕一郎さんは子供のころから読書が好きというエピソードが物語るように、もの静かな中に知性がキラリと光る方でした。とつとつとした語りの中に突如ユーモアあふれるボキャブラリーを繰り出すので、スタッフは何度も爆笑してしまいました。 礼儀正しく紳士的なお二人のおかげで取材は終始なごやかに進みましたが、上がってきた写真はド迫力。こちらは、本誌のアザーカットから。 梶裕貴さんがまとったのは「ブレス」のマント型ジャケット。90年代よりコンセプチュアルな服作りでモードラバーを魅了するブランドです。 梅原裕一郎さんがまとったのは、反骨精神溢れる服作りで世界を動かしてきた「ヨウジヤマモト」。 一筋縄ではいかない強いデザインの服を着ていただきましたが、梶さんも梅原さんもそれを自分のものとしてこなす強い個性をお持ちでした。人間の闇と光を描き出す『シェーヴルノート』とリンクしたダークな世界観に佇む二人。自らの仕事と真摯に、真剣に対峙してきたからこそ醸し出せるこの存在感を、ぜひ目撃してください! photography:Takemi Yabuki SPUR2019年2月号のご購入はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)
  • 武蔵小杉へ先日知り合ったモアハピ部随一の奇才・ぶりちゃんと女子会をしました。 2人の職場の中間地点(?)ということで未開の地・武蔵小杉に決定。 ホームから改札まで長すぎるし、ローソンのロッピーは珍しく並んでるし、通勤ラッシュ時は改札で入場制限もあるらしい恐ろしい街、武蔵小杉、、。 小学生の男の子を連れたお母さんが秋元才加系のめちゃくちゃ美人だった、、ブルジョアな家庭がたくさんあるんだろうな〜〜という感じ。 instagramで見つけた『コスギロッジ』というお店へ。キャンプ気分が味わえるティピこのお店には、ちょっと秘密基地感のあるティピがあるんです! 半個室のような感じでゆったり過ごせました。 ティピは確実に座りたいなら予約必須です!ロティサリーチキンが自慢のお店です店員さんのオススメで事前にロティサリーチキンのハーフを予約。 むね、もも、手羽の3種類が入っています。+100円で川崎産モリモリ卵のたまごかけごはんをつけることができます。ビーツのポテトサラダもおいしい。ビーツ好き。 グリル野菜はきのこもたくさん入っていてたのしめる! デザートにコチラもモリモリ卵を使用したプリンを。 2人で「おいしいやつのぷりん」「ぷりんのおいしいやつ」と言いながら味わいました。(わかってもらえるかな、、 そのあと語彙力のなさについて語り合った、、。ゆるくたのしめました。 ぶりちゃんありがとう! おしゃれなお店だったのでオススメです♡モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • さくらももこさんの未公開エッセイが、今月のマリソルから、4号連続で掲載されています^^1月号のマリソル ! 私が一番注目したのは、 ファッションでも、メイクでもなく、、、 新しく連載がスタートした さくらももこさんの未公開エッセイ! 「おかめはちもく」 昔、さくらももこさんのエッセイを知り、 その面白さにはまり、食い入るように読んでいた時期がある。 日常に溢れたこと、誰もが子どものときに経験したようなことを描きながら、 こんなにも、小気味よく、ユーモアに溢れた文章は、他で読んだことがない。 だからこそ、未公開のエッセイを、 今、読むことができるとは! ファンにはたまらないコーナーだ^^表紙をよく見ると、、、チラッと載ってる^^↑ そして、もっと感動したのは、 「みんな、まるちゃんで、繋がっていたんだなぁ!」 ということ♡ 華やかなモデルさんも、 オシャレなスタイリストさんも。 マリソルを読んでいる主婦や、会社員、ママも。 きっと、みんな、小学生の頃は、 「リボン」の発売日に、500円のお小遣いを握りしめて、本屋さんへ買いに行き、 他の漫画とはちょっと異質な「ちびまるこちゃん」のページを、 実は、楽しみにしていたんじゃないかな?と思う^_^ もちろん私も。 日曜日はテレビの前で、妹と、踊るポンポコリン大合唱していたしね。笑 そんなことを、走馬灯のように思い出した。 自分の中の懐かしい思い出を、 「あ〜!そうそう!」 と人と共感できるって、とても幸せなことだ^^ 「まるちゃんを通して、みんな、同じ喜びや楽しみを味わってたんだな」 と、とっても暖かい気持ちになりました。 . 美女組No.145 白河晃子のブログ
関連キーワード

RECOMMEND