香港的撮影スポット Ladder Street

Marisol ONLINE

昨今香港ではフォトジェニックなストリートがあるそうな。

大好きな上環の中でも一二を争う素敵な通り。
Ladder Street 樓梯街 はしご坂、的な?名前の素敵な通りは最初から最後まで全部石の階段でできている通り。
有名なお寺マンモンミウの横からずっと山の上の方まで続いています。

情緒あふれる昔ながらの階段があるから、側には色々古い施設があったりして。

香港最古の西洋病院もこの近く。

階段を上がって行くと、YMCAが見えてきます。現在もYMCAの事務所として使われているこの建物ですがなかなか歴史も深いです。
1918年に建設され、西洋と中華建築の珍しい折衷様式として第二級歴史的建造物に選ばれています。
日本占領時には日本語とドイツ語の教育をなす場所だったようで、学校としての役割もあったんですね。

近くのマンモンミウのお寺、また香港医学博物館と合わせて歴史街道としても人気のストリートです。



さらに上がって行くと現在も学校として使われているモダンなビルも見えてきます。
ですがこの壁に生い茂る根っこ。
香港島の西側ではよく見る光景なのですが、根っこが壁に這いつくばっています。

瓦が付いている壁があったりとどれも情緒豊かで。

こんな場所で撮影したい!っていう旅行者がいつも絶えないフォトジェニックなスポットです。



そんなリクエストにお応えして、どうやら日本の京都でよく見る着物レンタルのようにチャイナ服レンタルのサービスが始まっているようです。
私は利用したことないのですが、男性用も女性用もあるみたいなのでぜひご利用してみては?
ちょっと浮いてしまうかもしれませんが、この上環あたりはいつも本気のモデル撮影やCM撮影、それでなくても旅行者の撮影が行われる場所なので大丈夫かも。

がっつり歩けるように足元はフラットな靴がオススメです。




美女組No.123Mariのブログ

関連記事
  • 神前式にて挙式こんにちは、彩希です。 少し前になりますが、今年の3月に結婚式を行いました。 両家の意向で家族のみでの式に…。 家族のみの挙式なら神前式もありかな、と、なんとなく神前式をチョイス。 私自身、正直結婚式にそこまで強いこだわりがなく、 なんとなくで選んでしまいましたが、 今では「神前式でよかったな」と思っています^^ 少しでも皆さんの参考になればと思うので、シェアさせていただきますね。浮月楼【浮月楼】で、静岡浅間神社での挙式の手配、披露宴という名の家族でのお食事会を行いました。 浮月楼は、明治24年創業の、料亭、結婚式場、催事場で 徳川家最後の将軍「徳川慶喜公」の屋敷跡です。 こちらの写真は、浮月楼の敷地内の庭園での写真です。 立地もよく、静岡駅北口から徒歩で3分ほど。 駅から3分で、この景色の写真が撮れるなんてびっくり…! 歴史ある地で結婚式、披露宴を執り行わせていただきました。こちらも浮月楼での写真。 色打掛もたくさんの種類を用意してくださってました。 こちらの色打掛は、刺繍がすごくリッチな手織り仕様のもの。 立体感があり、華やかな印象ですごく素敵でした^^ 京都の西陣織の色打掛とのことで、以前京都に住んでいたこともあり 勝手に親近感…。すごく気に入ったものを選ばせていただきました。静岡浅間神社挙式は、先述の通り【静岡浅間神社】で執り行わせていただきました。 静岡浅間神社は二千年の歴史があり、 「おせんげんさん」の愛称で親しまれています。 静岡浅間神社の大拝殿にて、挙式をしました^^厳かな雰囲気で、身の引き締まる思いでした…。 大拝殿にて「誓いの言葉」を読み上げ、 文字通り神様に、夫婦になり、助け合って生きていくことを誓いました。選べる式場浮月楼では、私たちが選んだ【静岡浅間神社】での挙式の他に 浮月楼の庭園にある水上ステージでの挙式や、 浮月楼館内の室内挙式も選ぶことができます^^ 見学や打ち合わせの時に水上ステージでの挙式されている様子を拝見しましたが、趣のある素敵な雰囲気でした。式の前にある「リハーサル」の合間に妹とパシャリ。 何気に妹の振袖を生で見るのは初めてで「可愛い〜〜〜( ´ ▽ ` )♡」な気持ちでした。笑 浮月楼・静岡浅間神社参考までにURLを( ´ ▽ ` ) 【公式】浮月楼浮月楼の公式HPです。【公式】浮月楼 婚礼ページゼクシイ:浮月楼(挙式会場:静岡浅間神社)ゼクシイのページです。 日本の結婚式:静岡浅間神社 次回に、披露宴のお食事を少しと、式中での写真についてご紹介しようと思います。 ではまた(*´꒳`*)モアハピ部 No.682 彩希 のブログ
  • 先日、鎌倉に紫陽花を見にいってきました♡ 鎌倉の駅前のお店で素敵な着物も、レンタルして、彼と鎌倉着物デートをしました!鎌倉は紫陽花が有名なのですが、どこも混雑していて、ゆっくり写真が撮れないことが多いです! そこで今回私が行った所は、"英勝寺"という、鎌倉駅から徒歩で行けるお寺です!綺麗な紫陽花と、大きな竹林もあって、人も少なめで、写真を撮るにはぴったりな場所でした♡ 紫陽花が見頃のうちに、みなさんも行ってみてはいかがでしょうか?帰りは鶴岡八幡宮にも行きました♡ 鎌倉で着物で散策すると、旅行気分が味わえたので、とってもおすすめです♡instagram♡よかったらインスタもみてください!モアハピ部 No.641 せいら のブログ
  • SNSで見かけてから、ずっと気になっていたドーナツ屋さんへ行ってきました♡ドーナツファクトリー 「koé donuts kyoto」koé donuts kyotoでは"オーガニック"、"天然由来"、"地産地消"をキーワードにしたエシカルなドーナツをいただくことができます。 しかも!とってもフォトジェニックでかわいいんです!♡"ヴィーガンドーナツピスタチオ"、"koé donutsシナモンシュガー"オシャレでおいしそうーーー!♡ しかも環境にも身体にも優しいなんて最高すぎます\( ´ω` )/♡ お味ももちろん◎ タピオカ粉が入っているそうで、モッチモチ♡♡♡ ふわふわ系よりもしっかり食べ応えがあるドーナツの方がわたしは好きなのでかなり好みのタイプでした\( ´ω` )/おいしすぎる♡手を汚さずにドーナツを食べれるようにつけてくださるペーパーナプキンもオシャレでかわいすぎてキュンキュンします!♡ テイクアウトも可能なので、手土産にもグッドです! さらに!イートイン限定のドーナツもいただいてきました。ドーナツメルト ストロベリーこちらもかわいいー!♡ 撮るだけでSNS映え!!!!! ドーナツで、なめらか〜な生クリームとイチゴをサンド。 フォークとナイフでいただく、ケーキドーナツです♡いちごの酸味と生クリームの甘さと少ししっとりめのドーナツが見事にマッチ◎ これもおいしすぎるー! 席数も意外と多く、ゆったりめのイートインスペースには、ドーナツ博士のオシャレなフォトスポットも! プロップスなどもあるので、こちらでもSNS映えな写真を撮れちゃうので、お見逃しなく♡わたしもまだまだ食べたいドーナツがたっくさんあるので、またぜひ行きたいー♡ 東京にもオープンしないかなぁ…♡と期待しています♩ 河原町駅からも近いので、ショッピングや観光の合間の休憩タイムにも便利で、京都のオススメのスポットです♡モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
  • この渓谷はどこ?! と思ってしまう眺めは、箱根小涌園の通りを挟んだ奥にある、全室露天風呂付の旅館「箱根小涌園 天悠」の敷地内の景観。ここを運営する藤田観光は、ホテル椿山荘東京などでも有名ですが、実は明治から商社として栄えた藤田財閥がルーツ。ここは藤田家の別荘を譲り受け、旅館を開業したことから始まる、藤田観光創業の地なのです。通りの向かいにある蕎麦貴賓館は、100年前の1918年に勝てられた2代目総師の別邸だったところで、国登録有形文化財建造物に登録されているほどの希少な建物。庭園も見事で、展示してある美術品も見ることができます。そんな財閥が一般の人々が楽しめる温泉施設を、と作ったのが箱根小涌園だったのです。そして、藤田観光が箱根小涌園の敷地に全室露天風呂付の「箱根小涌園 天悠」を作ったのが、2017年のこと。中でも1階にある6つだけのこだわりの特別客室は、通常の2倍の広さで、「時代×文化」と「自然×四季」をテーマに、それぞれが違ったコンセプトで作られています。特別客室では着物を着た専属スタッフに、チェックインからチェックアウトまで対応していただけるので、快適に滞在を楽しむことができるのです。この「小涌谷」のお部屋は、大正時代のハイカラがコンセプト。箱根小涌園創業当時を味わえる造りで、専用庭ともつながっているので、露天風呂から出て、ちょっとお散歩気分で庭やせせらぎを眺めたり、とてもプライベートに楽しむことができます。「宮ノ下」は明治時代の西洋ロマンがコンセプト。そこはかとなく和を感じる洋風さが落ち着けます。どの部屋も専用露天風呂がゆったりサイズなので、庭や山の緑を見ながらお湯に浸かるのは、格別です。お部屋には、柄違いの浴衣と色帯、それに靴下が選べるように置いてあり、滞在中、汗をかいたり、しわになったら着替えられるのも嬉しい配慮です。特別客室では、夕食を鉄板焼、しゃぶしゃぶ、寿司、すき焼き、会席、または部屋食より選ぶことができ、朝食は、5階のダイニングで和洋ビュッフェの食事を楽しむことができます。同じフロアにはバーもあり、緑を眺めながら、また夜にはライトアップされた大人の雰囲気を味わいながら寛ぐこともできます。とはいえ、自慢の露天風呂も気になるところ。まずは、5階の車沢の湯。大きな内風呂を抜けると、なんと石の階段からお湯があふれて流れてきています。滝の音が涼やかなかけ流しの湯は、美人の湯と言われているのです。6階の浮雲の湯は、標高600mに位置し、箱根外輪山を180°見渡せる絶景で、インフィニティの温泉は、宙に浮いているようです! 朝日が昇る瞬間、夜の満天の星空。お月見をしながら、また11月下旬にはピークを迎える、紅葉の時期の入浴も魅力的です。そしてこの屋根は何かというと。スパの外観です。緑に囲まれた渓谷庭園内にある別棟として、「庵スパ箱根」があります。KAGAEの和漢テラピーや、ミキモトコスメティクスのプロダクツでのフェイシャル、資生堂Qiのエステラピーボディなど、ラインナップもさまざまなコースがあります。特別室のゲストは、セラピストはお部屋に赴く、インルームスパも可能です。ここは、明治時代に建てられた民家を移築した、梁や欄間も見事な「鉄板焼・しゃぶしゃぶ 迎賓館」。先の「蕎麦 貴賓館」の隣にあり、蕎麦「 貴賓館」では、ディナーやランチを楽しむこともできるのです。箱根の自然と一体化したような、くつろぎを感じることのできる「箱根小涌園 天悠」。こちらの、露天風呂付特別客室のご宿泊を、プレゼント!この3月、おかげさまでOurAgeは5周年を迎えました。大好評の、ビッグプレゼント 今年は豪華12連発にて実施します!第8弾は、「箱根小涌園 天悠」1泊2食付き (当選1名:1組2名様) 特別客室(部屋はお任せ)特典:「庵スパ箱根」フェイシャルもしくはボディのいずれか、50分です。※ご応募は、こちらのページからどうぞ!締め切り/7月1日(月)9時箱根小涌園 天悠〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297℡0465-20-0260
  • この渓谷はどこ?! と思ってしまう眺めは、箱根小涌園の通りを挟んだ奥にある、全室露天風呂付の旅館「箱根小涌園 天悠」の敷地内の景観。ここを運営する藤田観光は、ホテル椿山荘東京などでも有名ですが、実は明治から商社として栄えた藤田財閥がルーツ。ここは藤田家の別荘を譲り受け、旅館を開業したことから始まる、藤田観光創業の地なのです。通りの向かいにある蕎麦貴賓館は、100年前の1918年に勝てられた2代目総師の別邸だったところで、国登録有形文化財建造物に登録されているほどの希少な建物。庭園も見事で、展示してある美術品も見ることができます。そんな財閥が一般の人々が楽しめる温泉施設を、と作ったのが箱根小涌園だったのです。そして、藤田観光が箱根小涌園の敷地に全室露天風呂付の「箱根小涌園 天悠」を作ったのが、2017年のこと。中でも1階にある6つだけのこだわりの特別客室は、通常の2倍の広さで、「時代×文化」と「自然×四季」をテーマに、それぞれが違ったコンセプトで作られています。特別客室では着物を着た専属スタッフに、チェックインからチェックアウトまで対応していただけるので、快適に滞在を楽しむことができるのです。この「小涌谷」のお部屋は、大正時代のハイカラがコンセプト。箱根小涌園創業当時を味わえる造りで、専用庭ともつながっているので、露天風呂から出て、ちょっとお散歩気分で庭やせせらぎを眺めたり、とてもプライベートに楽しむことができます。「宮ノ下」は明治時代の西洋ロマンがコンセプト。そこはかとなく和を感じる洋風さが落ち着けます。どの部屋も専用露天風呂がゆったりサイズなので、庭や山の緑を見ながらお湯に浸かるのは、格別です。お部屋には、柄違いの浴衣と色帯、それに靴下が選べるように置いてあり、滞在中、汗をかいたり、しわになったら着替えられるのも嬉しい配慮です。特別客室では、夕食を鉄板焼、しゃぶしゃぶ、寿司、すき焼き、会席、または部屋食より選ぶことができ、朝食は、5階のダイニングで和洋ビュッフェの食事を楽しむことができます。同じフロアにはバーもあり、緑を眺めながら、また夜にはライトアップされた大人の雰囲気を味わいながら寛ぐこともできます。とはいえ、自慢の露天風呂も気になるところ。まずは、5階の車沢の湯。大きな内風呂を抜けると、なんと石の階段からお湯があふれて流れてきています。滝の音が涼やかなかけ流しの湯は、美人の湯と言われているのです。6階の浮雲の湯は、標高600mに位置し、箱根外輪山を180°見渡せる絶景で、インフィニティの温泉は、宙に浮いているようです! 朝日が昇る瞬間、夜の満天の星空。お月見をしながら、また11月下旬にはピークを迎える、紅葉の時期の入浴も魅力的です。そしてこの屋根は何かというと。スパの外観です。緑に囲まれた渓谷庭園内にある別棟として、「庵スパ箱根」があります。KAGAEの和漢テラピーや、ミキモトコスメティクスのプロダクツでのフェイシャル、資生堂Qiのエステラピーボディなど、ラインナップもさまざまなコースがあります。特別室のゲストは、セラピストはお部屋に赴く、インルームスパも可能です。ここは、明治時代に建てられた民家を移築した、梁や欄間も見事な「鉄板焼・しゃぶしゃぶ 迎賓館」。先の「蕎麦 貴賓館」の隣にあり、蕎麦「 貴賓館」では、ディナーやランチを楽しむこともできるのです。箱根の自然と一体化したような、くつろぎを感じることのできる「箱根小涌園 天悠」。こちらの、露天風呂付特別客室のご宿泊を、プレゼント!この3月、おかげさまでOurAgeは5周年を迎えました。大好評の、ビッグプレゼント 今年は豪華12連発にて実施します!第8弾は、「箱根小涌園 天悠」1泊2食付き (当選1名:1組2名様) 特別客室(部屋はお任せ)特典:「庵スパ箱根」フェイシャルもしくはボディのいずれか、50分です。※ご応募は、こちらのページからどうぞ!締め切り/7月1日(月)9時箱根小涌園 天悠〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297℡0465-20-0260
  • 歴史が息づく町並みを巡る。倉敷〜広島〜京都で出会う美しい風景。前編。倉敷といえば白壁の美観地区。 趣のある街並みはまるで時間が止まったような感覚に。 近年、帆布やデニムはもちろんお洒落なカフェやショップも沢山あります。 「語らい座 大原本邸」の建物である旧大原家住宅は、倉敷の町家の代表的な形式。 美観地区の一等地にありながらも静かで、時の流れを忘れそう。自由に座ってくつろぐことができるのも、うれしいところです。旅のお供は 「SLOBE IENA 」のTシャツ♪ Tシャツブランド“HANES”とSLOBEの別注Tシャツです。 今季はこんな優しい色合いのカーキTシャツを探していたので見つけた時は嬉しかった♪ 胸のポケットも可愛くて、テロっとした質感が大人にはピッタリかと思います♬ 他にホワイト、ブラック、グレー、ブラウンがありました。 クルーネックのタイプも又雰囲気が変わって良いです。 紫陽花も所々で咲いていました。インスタはこちらから華組 佐藤綾子ブログ
  • 涼しげなリネン調素材のジャケットは、見た目だけではなく接触冷感という高機能が魅力!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近、行動をともにすることの多い後輩の京都女子が褒め上手で、さりげない言い回しが私の頭の中で心地よくリフレイン。蒸しっとした電車のホームでも涼しい顔で凛とした表情を保てていられるのは、おそらくこの接触冷感ジャケットと、京都女子からの褒め言葉のおかげなのかも。ちなみにこのジャケット、洗えてシワにもなりにくく、吸水速乾の優秀アイテムだから梅雨シーズンのオフィスでは何度も出番がありそう。そこにピンクのスカートでしなやかなムードも漂わせて。ジャケット¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) Tシャツ¥3,800/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥11,000/シップス有楽町店(ソコ) 靴¥35,000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND