2022冬の最旬ほめられ「ニット」 アラフォーに人気のトレンドデザイン&コーデまとめ|40代 ファッション

Marisol ONLINE

 

①2022冬の新常識「きれい色」ニットはブルー&レッドが最旬!

モヘアニットもミントカラーが今っぽい

澄んだカラーに加えて、ざっくりとした編み地の透け感が女らしさも。ボリュームニットには落ち感のあるシルクスカートを選択。
ニット¥23,100/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥24,200・ネックレス¥35,200/リューク バッグ¥33,000/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) 靴¥90,200/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol11月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora)スタイリスト/福田亜矢子 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/ヨンア 取材・文/陶山真知子 

冬空のように澄み切った薄い水色のニットアンサンブル

柔らかな印象のニットアンサンブルには、辛口なエコレザーパンツを合わせるのもバランスよし。
カーディガン(商品コード:391955)¥17,600・ニット(商品コード:391956)¥14,300・【石毛のりえさんコラボ】パンツ(商品コード:390391)¥18,150(エムセブンデイズ)・バッグ(商品コード:386846)¥24,200(シータパランティカ)・靴(商品コード:323181)¥7,150(コンバース)/SHOP Marisol
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

Vあきで華奢感も出せるブルー系くすみカラー

合わせやすいくすみブルー、今年は深いグリーンやネイビーとの冬の配色を試して。デコルテをきれいに見せるVあきも優秀。
ニット¥16,500/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ]
【Marisol11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/福田亜矢子  取材・文/陶山真知子 

カジュアルコーデにも使える甘めなサックスカラー

ファー加工で毛足を出したカシミアカーディガン。フロントのボタンを開けて、カジュアルに着ても素敵。
カーディガン¥69,300/カオス丸の内(カオス)
【Marisol11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/福田亜矢子  取材・文/陶山真知子

不動人気のピンクも2022冬は暖かみのある柔らかカラーを

モコモコ感に心が躍る起毛カーディガン。やや赤みがかったピンクは、血色がよく見える効果も!

カーディガン¥27,500/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)
【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

大人目線で選ぶフーディーはカシミアで決まり!

カシミア特有の肌ざわりのよさと赤の色出しが心惹かれるポイント。カジュアルコーデを格上げしてくれます。

フーディ¥103,400/ピセア
【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

定番アイテムを赤に変えるだけでも気分一新

クラシック&レトロなトレンドの流れに乗って、どこかフレンチなムード漂う"赤"をコーデに取り入れてみるのもおすすめ。例えばシンプルなVネックカーディガン。ベーシックだからこそ、ワードローブにも投入しやすい。


(右)赤みの強いオレンジカラーがジューシー。カーディガン¥33,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) (左)カシミア混でリッチ感のある着心地。カーディガン¥41,800/キャバン代官山(キャバン) 

【Marisol10月号2021年掲載】魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/福田亜矢子 

 

②40代だからこそ!遊びのあるデザインニット&レトロムードな「トラッド」「スポーツ」

テンションがあがるニットポンチョ

歩くたびに揺らめく大胆なドレープが美しいニットポンチョは、エコレザーパンツを合わせて。
ニット¥29,700(商品コード:391900)¥29,700(カーサフライン)・レザーパンツ【石毛のりえさんコラボ】(商品コード:390391)¥18,150(エムセブンデイズ)・バッグ(商品コード:386654)¥30,800(ミカデラヴァッレ)/SHOP Marisol 帽子・靴/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

ほっそりしたボトムに合わせやすいボリュームニット

「ナローシルエットのスカートが増えている今、お尻が隠れる丈のボリュームトップスはマストアイテム。上下のシルエットにコントラストがついて、すっきり女らしく」
ダブルフェイスビッグニットプルオーバー¥46,200/ハーヴェルスタジオ
商品コード:386501 色:グレー サイズ:38

トレンドのショート丈ニットはカーディガンから

上半身をコンパクトにまとめてくれるショート丈のスラブニット。モコモコ感が絶妙!
カーディガン¥41,800/オーラリー 
【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

重ね着で使いまわせるVネックニットベスト

深いVあきベストで、今年は重ね着に挑戦。インナーを変えれば、真冬から春先まで長く使える優れもの!
ベスト¥31,900/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) 
【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

ちょっと"レトロ"な「トラッド」を作れる、こなれ感のあるカーディガン

今シーズンのトラッド服は、「遊び心増し増し」で選ぶ一方でカジュアルにではなくきれいに着るのがポイント。古着のようなこなれ感のあるカーディガンも、メリハリをつけたコーデで楽しみたい。

カーディガン¥69,300/カオス 丸の内(カオス)

トラッド感たっぷりなクルーネックニットは流行りのグリーンを!

ビビッドなグリーンニットなら、”大人が着るからおしゃれに見える”レトロなムードをまとったトラッドコーデが即完成!

ニット\38,500/ウィム ガゼット 青山店(ゲミニー)

昔のゲレンデウエアでよく見たようなブライトネオンカラーが「スポーティー」のトレンド!

"ゲレンデカジュアル"なスタイリング。いつものダウンジレを、スキー場に映えそうなピンクに。この高揚感を街で楽しむのが粋。

ジレ¥179,300・ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) サロペット¥38,500/ショールーム セッション(サージ)バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ)パンプス¥52,800/アマン(ペリーコ)ネックレス¥14,850/ザ ストア バイ シー 代官山店(ローラ ロンバルディ)
Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子

ノスタルジックな気分になれる軽やかカラーでネオスポーティーに!

ブライトネオンカラーのニットは、コーデのアクセントにも。いつもの着こなしにサラッと取り入れる感覚でスポーティーテイストを楽しんで!

ニット¥39,600/サードマガジン(マイアミ)
【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子

フーディーニットならそれだけでスポーティーに!

リラクシーの流れが続く中できちんと見えたいアラフォー心にそう、軽やかなトレンド「スポーティー」。カシミアフーディーのニットなら気軽に取り入れられそうです。

カシミアフーディ¥69,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子

 

③ボトムや小物で印象を変える40代のワザありニットコーデ

モヘアニット×艶ありプリーツの甘めコーデ

エアリーで柔らかな風合いのカーデには、艶ありプリーツスカートでリラックス感と華やかさをMIXして。
カーディガン¥31,900(サクラ)・ニット¥29,700(サクラ)・スカート¥17,600(エムセブンデイズ)・バッグ¥121,000(ザンケッティ)・靴¥33,000(ポルセリ)/すべてSHOP Marisol
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

オールホワイトのワントーンコーデは小物が鍵!

清楚な印象のオール白コーデには、小物アレンジでピリッとスパイスを効かせて。真っ白すぎてぼやけないようにハットやブーツでアクセントを!
パンツ¥29,700/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) カーディガン¥37,400・ニット¥30,800/ショールーム セッション(アダワス) 帽子¥29,700/essence of ANAYI(ヴァンパルマ) ベルト¥23,100/エリオポール代官山(メゾンボワネ) コインネックレス¥19,800・ボールチェーンネックレス¥35,200/マリハ バッグ¥187,000/ドゥーズィエム クラス 青山店(ザンケッティ) 靴¥25,850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

ビビッドなブルーニットもパールでフェミニンに

パールのちょい足しでフェミニンに仕上げたライトブルーのニットコーデ。見た目の美しさはもちろん、毛足のある繊細なカシミアのおかげで着心地も抜群!
パンツ¥27,500/エストネーション(エストネーション) ニット¥42,900/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(エイトン) 帽子¥7,150/アルアバイル ピアス¥8,800・ネックレス¥10,800/アビステ バッグ¥70,400/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥40,700/カチム
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

④2022冬こそ購入したい。おしゃれプロもリピ買いする名品ニット

Chaosのシルクリブニット

「極薄のシルクリブニットは一枚で、インでいろいろ使えるので毎年少しずつ買い足し。全色制覇を目ざしてます」(エディター 坪田あさみさん)。

ニット(右)¥31,900・(左)¥30,800/カオス丸の内(カオス)

KYOKO HASEGAWA×Whim Gazetteのタートルニット

「ベーシックなタートルが好き。これは首と袖が長めで、インナーにもできる薄さが絶品」(エディター 湯澤実和子さん)。

ニット¥15,400/ウィム ガゼット青山店(KYOKO HASEGAWA×Whim Gazette)

ATONのベビーアルパカのニット

「ATONのニットは肌ざわりのよさはもちろん、サイズ感が秀逸。これはグリーン表記ながらグレーがかったニュアンスカラーが絶品」(スタイリスト 高橋美帆さん)。

ニット¥31,900/エイトン青山(エイトン)

extreme cashmereのニット

「軽くて暖かいカシミアの風合いや、ここにしかない色や形が好き」(エディター 陶山真知子さん)。

プルオーバー¥61,600・マルチニット¥53,900/ウィム ガゼット青山店(エクストリーム カシミア)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/塚田有紀子【Marisol2021年11月号掲載】

⑤テイスト別!冬の定番「黒タートルニット」コーデ|連載:エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 より

坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

小物で遊ぶオールブラックな着こなし

一番すっきり見えて簡単にしゃれ見えするオールブラック。ただし、ベーシックなデザインの黒タートルを使ってオールブラックにすると地味になりかねないので、 合わせるアイテムはちょっとクセのあるものがおすすめです。この着こなしの場合だとボンタンパンツや小物でちょっと遊んでみました。

ニット/Chaos パンツ/LOEFF バッグ/Polène 靴/Maison Margiela 帽子/MOUSSY

きゃしゃ見えが叶うきれいめな着こなし

この冬大人気のマキシスカートと合わせました。ボリュームスカートはゆるニットの合わせでも可愛いのですが、スタイルアップという視点ではコンパクトなニットの方が断然脚長に見えます。スカートで下半身にボリュームがあるので、目の錯覚で上半身がきゃしゃ見えするのです。

ニット・スカート/Chaos バッグ/Polène 靴/PELLICO ストール/Johnstons

大人カジュアルなデニムとの着こなし

デニムと合わせてもご近所感が出ないのは、CPOジャケットの下に着たモダンな黒タートルのおかげです。この冬ならあえてライトブルーのリラックス感のあるデニムと合わせて、力の抜けた大人な着こなしを楽しみます。足元からチラリとのぞく赤いソックスとゴールドのビットローファーがポイントです。

ニット/Chaos デニム/woadblue CPOジャケット/ATON バッグ/CELINE ソックス/Pantherella 靴/GUCCI

流行りのカラーパンツとの着こなし

最後はピーコックグリーンのカラーパンツとの合わせ。私は色柄もののパンツが好きなのですが、そんなパンツのどれとも合わせやすいのが黒タートル。どんな色柄でも大人っぽく受け止めてくれます。ベージュやグレー、白などベーシックカラーならどれでも合うのでは?と思われそうですが、黒以外の色だとパンツの色柄との組み合わせによってはコンサバ見えしてしまうことがあります。黒の場合は散らかりがちな色柄をすっきりまとめて格上げしてくれる力があります。そんなところも黒タートルが大好きな理由。

ニット/Chaos パンツ/UNITED ARROWS ブルゾン/INSCRIRE バッグ/ZANCHETTI 靴/Maison Margiela
いかがでしたでしょうか?
今回は4タイプの着回しをしましたが、あまりにどんな服とも合うので永遠に作れそうでした(笑)。みなさんも黒タートルをきっとお持ちだと思いますが、定番すぎるアイテムゆえにいつも同じような着こなしに陥りがちなので、普段使わないボトムやレイヤードで取り入れてみてください。着回し幅がきっと広がると思います。
【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。

⑥アバウトサイズでOKなニットアウターを味方に|連載:bemiの小柄バランスコーデ術 より

bemi

bemi

阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
小柄さんの強い味方になってくれるのが、コートほどサイズ選びに神経質にならなくてよく、気軽にはおれる「ニットアウター」。すっきり見えるbemi流コーデとともに今年見つけたおすすめをご紹介します!

【SAYAKA DAVIS】コクーンカーディガン

フワフワとしたニットならではの風合いが何とも可愛い大きめシルエットのカーディガン。
見た目は軽やかですが、比較的目の詰まったモチっとした素材感なので暖かさも十分。
パープルを帯びたニュアンスグレーもツボです。

私には、かなりタップリしていますが、柔らかな体に添う素材なので着られた感じは皆無。
やや大きめのボタンやポケットが、程よいアクセントとして効いてます。
後ろから見るとヒップが完全に隠れて、まるでショートコートのような雰囲気。

そのニットのタップリ感を活かして、他はウンとシンプルに!
今回はクルーネックのカットソーですが、ハイゲージのタートルネックニットなどをインにして巻物を足せば、真冬手前まで着られそう♬

inner:theory luxe×bemi
pants:Mother
shoes:foremosmarco×bemi
bag:HERMES

カバンをカーディガンの色味とリンクしたパープルにしたのが私的こだわりポイント♡

全く関係ない差し色を投入するとカーディガンのニュアンス色ならではのシックさが失われてしまいますが、色みをリンクさせると互いが引き立て合って相乗効果になりますね。

【extremecashmere】カーディガン

今やピンキリのカシミアですが、こちらはそこら辺のモノとは一線を画しており、ズッシリと重厚感あってお値段にも納得の1着。
キメの整った滑らかな風合いは、見るからに上質です。
pants:bacca
shoes:celine
bag:deuxiemeclasse

実はこれ、ユニセックス。
なので、平均身長の女子でもゆったりなサイズ感。
そんなものを、この私が着たら大変なことになるかと思いきや・・・
開きの狭いVネックのせいか、フロントに間隔を空けず並べられたボタンのせいか、不思議とシックリ。
よーく見ると、袖口に可愛いアクセントが!
上質で生真面目な見た目とのギャップ♡萌えます。
大き目のサイズ感ながら落ち感があるので、着るとシルエットはスッキリ縦長。
それをより引き立てるよう、細身フレアのニットパンツを合わせてワントーンでスタイリングしました。
オールネイビーが単なる地味に転ばないよう足もとはお気に入りCELINEスニーカーでカジュアルダウン。
靴との相性で言えばバッグは大きめのキャンバスバッグでも良いけれど、小ぶりチェーンバッグをクラッチ持ちで添えるとオシャレ度アップ。
一歩進んだラグジュアリーなカジュアルになりますね。

どちらも私にとってはジャストサイズではありませんが、かえってそのタップリ具合が〝こなれ感〟や〝オシャレ感〟になっている気がしませんか?
これからまた一段と寒くなりますが、お気に入りのニットアウターでアバウトなサイズ感のオシャレを楽しみながら、暖かくお過ごしください♪

⑦かわいいだけじゃかわいいだけじゃない!防寒ばっちりなあったかニット|美女組ブログまとめ

■ウール100%のハイネックプルオーバーを合わせたカジュアルコーデ

本日は新年挨拶回り&初詣コーデ!
まずは家族全員で近所の歩いて行ける神社に初詣。歩きやすいように足元はスニーカーを履いていきました。グレージュのコートと白のパンツの組み合わせがお気に入りです。
寒さ対策でタートルニットとウォームリザーブパンツ、中は上下ヒートテックを仕込みました!
トップスはGALERIE VIE(ギャルリーヴィー)のファインウールハイネックプルオーバー。
ウール100%なのにチクチクせず、首元が暖かいのでこの時期になると出番の多くなるセーターです。
ボトムはPLSTのブラッシュドバックストレートパンツ。
程よいストレッチ感のある吸湿発熱性素材で暖かい着心地。
下にヒートテックレギンスやタイツを穿くことで更に暖かさがアップしますよ!

■ボトムを選ばないあったかカシミアニット

カシミヤ入りでふんわり暖かい!アンダー2万円で買えるお気に入りニットをご紹介します。
3年目になるニット。
トゥモローランドのオリジナルブランドMACPHEEのニットです。

このニット、とにかく暖かい。先日息子のサッカーの応援で一日外に居た寒い日のこと、このニットの優秀さに改めて気付きました。

カシミヤ入りで生地はふんわり柔らかく着心地抜群。もちろんチクチクしません。
毛玉は多少できますが、気になったときにハサミでカットして今も良い状態で着ています。
裾やネック部分にスリットが入っていたりと細部まで素敵。
パンツにもスカートにも着回しも抜群。
今年はシャツインが気分。
今年は同じ型(タートルネックタイプ)は出ていませんが、クルーネックのタイプを追加したいなと思っています。
長年着れる上質でコスパ良しなニットをお探しの方の参考になれば嬉しいです♪

■ファー加工のカシミアニットなら女っぷりもアップ

EFFE BEAMS(エッフェビームス)のカシミヤファークルーネックニット。
毎年定番で出ているアイテムだそうです。カラーは毎年異なります。
昨冬、これでもか!という明るいピンクが新鮮で購入しました。

このニットの素晴らしいところその1
★上質なカシミヤ100%

これまでもカシミヤのニットは持っていましたが、こんなに軽くて暖かいカシミヤは初めて!写真では伝わりづらいのが悲しいのですが、この光沢感と、ファー加工のやさしい雰囲気がもうたまりません。。。
他のブランドにはない品の良さ。着る度に幸せが押し寄せる。
その2★前後2WAY仕様
クルーネックでもVネックでも楽しめるデザインになっていて、ヘアスタイルや合わせるボトムスで変えるようにしています。
寒がりで防寒のためタートルネック率が高い私ですが、このニットは本当に暖かくて首回りで遊べるのは嬉しいポイント。
その3
★身体のラインを拾わない、長めの着丈・シルエット
すとん、と着ればヒップが隠れるくらいの絶妙な着丈。
きちんと着たいときはボトムスにインして、少したるませます。
1着で様々なシーンや気分にフィットしてくれるシルエットに、もう全幅の信頼を置いてます。

今季は、重ね着しやすいようにアームホールと袖幅が大きくなったそうです。
中にシャツとか着てみようかな?

■コーデのアクセントに使えるニットアイテム「アームウォーマー」

本格的に寒くなり、きちんとした防寒対策が必要になってきましたね。
基本的な防寒アイテムがいくつかあると思うのですが、ファッション性と防寒を兼ね備えてくれる優秀なアイテムの一つが、アームウォーマー。
カシミアの柔らかな肌触りが心地良く、
ライトグレーのカラーはどんなアウターにも併せやすいので愛用しています。
あと、勝手に萌え袖を作ってくれます←
指先の自由が効くので、携帯を操作するときにも便利。
防寒はもちろんですが、何となく手首の肌の見える量が多くてボヤッとしてしまうようなときも、こちらがあるとコーデが締まります。
寒くても、自分の大好きなアイテムで防寒しながらファッションも楽しんでいけたらと思います。

 

今回ご紹介するのは、毎日のコーディネートに欠かせない着回し力抜群のシンプルニット。そのほかにもMarisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案していますのでぜひチェックしてみて。
今回ご紹介するのは、軽くて暖かい真冬の外出には欠かせないダウン・中綿コートご紹介。そのほかにもMarisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案していますのでぜひチェックしてみて。
関連記事
  • おしゃれはそろそろ心浮き立つ春にスイッチ。今季は気分も着こなしも盛り上げてくれる多彩なカラーパンツがスタンバイ! センタープレス入りで、すらり見えがかなうきれいめシルエットなら、オフィスに通用するきちんと感も申し分なし。 【センタープレスパンツ】“トレンド上手”を印象づける小粋なグリーン カッコよさと華やかさを同時にかなえてくれる、みずみずしいグリーンは今シーズン、大注目のカラー。落ち感がありながらも、タックが効いた立体的なシルエットで洗練感のある着こなしが思いのまま。パンツ¥41800/エンケル(エスロー) コート¥61600/インターリブ(サクラ) カットソー¥16500/ヒュッゲ イヤリング¥13640/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) 靴¥52800/ザ・グランドインク(ロランス) オレンジがかったピンクはヘルシーさも発揮。ワイドシルエットならスタイリッシュに。¥62700/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 定番コーデが瞬時に着映えする吸引力のあるイエロー。¥42900/アーク インク(ザ・ニューハウス) くすんだラベンダーは白やベージュなど淡色となじみよし。自宅でお手入れできる頼もしい一本。¥20900/ストラ ツヤ感のあるブルーや華奢なベルトが一歩先ゆくこなれ感を実現。¥30800/ミュラー オブ ヨシオクボ 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/新川優愛 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • エクラ編集部のおすすめ!50代がチェックすべき最新ファッション情報をお届け。私、一年中スニーカーを履いております。ポインテッドトウのヒールパンプスを、痛くても根性で履いていた時代が懐かしい…そう、今やどうしても「らくちん」を優先したい気持ちが(加齢でしょうかね。加齢ですよね。溜息)。 とはいえ、日々のファッション撮影で目にする美しいレザーシューズに、「素敵~」と心がグラつくのも事実。しかし、履きたいけど疲れないかな、とモヤモヤが止まらない…。 そんな中、トッズの展示会で、素敵なローファーたちに出会ってしまったのです。 なんともエレガントなフォルム。そして、とても柔らかいカーフ素材で足あたりがやさしい。つまり、美とらくちんの両立! なんてありがたいんでしょう。こちらにご紹介したのは2タイプ。両方ともインパクトがありつつなじみやすそうなデザインゆえ、ロングスカートに合わせる?それともくたっとしたボリュームパンツに合わせる?と妄想が広がってしまうのです。色も迷いますー。 2022年春、足元改革! このローファーから始めたいと思います!(編集S川)
  • 暖かくて抜け感を演出でき、今っぽい! と冬のトレンドに躍り出たニットパンツ。とはいえ体型カバーはできるのか、部屋着に見えないかなど大人には気になるモヤモヤも。そんな悩みは、ステディブランドが提案する一本が解決してくれる。 【目次】 ①L'Appartement[アパルトモン] ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス] ③AURALEE[オーラリー] ④SLOANE[スローン] ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット] ⑥INSCRIRE[アンスクリア] ①L'Appartement[アパルトモン]フェミニン派もはきやすいニットパンツなら 柔らかで暖かみのあるカシミヤを使いながらも軽やかな印象のニットパンツは、腰まわりの肉感を拾わずすそにかけてほっそり見せてくれるタック入りテーパード型。ツヤのある柔らかなベージュなら上品さが漂う。 パンツ¥41,800・ニット¥39,600(ともにアパルトモン)・靴¥86,900(ジャンヴィト ロッシ)/以上アパルトモン 青山店 コート¥154,000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥158,400/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) グローブ¥16,500/ebureGINZA SIX店(カリデイ) バッグ¥35,200/ウィム ガゼット 青山店(マルコマージ) ソックス¥1,540/タビオ ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス]引き締め力抜群の名品!美脚力を備えた一本 春夏はコットン素材で人気を博した名品パンツがウールブレンド素材で登場。ストレッチ糸をミックスさせ、しっかりとしたリブ編みで仕立て美脚力をアップ。すそにかけてフレアになっているので、パンプスはもちろんスニーカーでも脚長感を キープ。 パンツ¥42,900/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥33,000 /スローン シャツ¥48,400 /エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) ジャケット¥49,500/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ネックレス¥25,300 /ショールーム セッション(マリハ) ★バッグ¥64,900/エクラプレミアム通販(徳原文子×Elleme) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)こちらのバッグはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ③AURALEE[オーラリー]最高級の上質カシミヤ素材で、立ち姿も美しく 希少性の高いベビーカシミヤを使用したニットパンツは、うっすらと感じる光沢と落ち感が美しいストレートシルエット。ウエストがドローコードになっているので、ほどよいラフさも演出してくれる。 パンツ¥69,300・ニット¥62,700/オーラリー ポンチョ¥61,600/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥48,400/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥59,400/エストネーション(ブレンタ) ④SLOANE[スローン]大人気ブランドからスウェットパンツ型が登場 膝やヒップが出にくいよう目の詰んだ編み地で、しっかりとした形に仕上げたスウェットパンツ型。太もも部分の大きなポケットが腰張り体型をカムフラージュ。カシミヤ混ウールで大人の上質さも。 ★パンツ¥33,000/エクラプレミアム通販(戸野塚かおる×SLOANE)  コート¥38,940/アンクレイヴ ニット¥46,200/エイトン青山(エイトン) メガネ¥33,000/アヤメ ストール¥24,000/ノーク(ノーク バイ ザライン) バッグ¥158,400 /ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥34,100 /エクラプレミアム通販(徳原文子×D.A.T.E)こちらのパンツはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット]冬コーデに映える大人のきれい色ニットパンツが得意 ウィム ガゼットのオリジナルブランド「ゲミニー 」のジョガーニットパンツは、しっかりとしたミラノリブの編み地と明るいレモンイエローがほかにない存在感を発揮。マンネリ化しがちなダークカラーが多い冬に使いやすいきれい色が重宝。ほかにグリーンやライトグレーもラインナップ。 パンツ¥24,200/ウィム ガゼット 青山店(ゲミニー) コート¥286,000/オーラリー ニット¥34,100/スローン バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥33,000/エクラプレミアム通販(コルソローマ ノーヴェ) ⑥INSCRIRE[アンスクリア]ほっこりしないほんのりエッジーなさじかげんが絶妙 極上の保温力をもつベビーカシミヤを使用したパンツは、ヒップ、足首まわりに抜け感が出るかなり太めのワイドシルエットで、下半身のラインをほとんど拾わない大人にうれしい一本。サイドに深いスリットを施したざっくりとしたシャツワンピースの下に重ねると、冬のレイヤードスタイルがぐっと新鮮に更新されること間違いなし。 パンツ¥53,900・ニット¥42,900/アマン(アンスクリア) ワンピース¥37,400/カオス丸の内(カオス) バッグ¥58,300/プレインピープル青山(ドラゴン) 靴¥56,100/ウィム ガゼット 青山店(ネブローニ)    ▲ページトップに戻る>>「パンツ」に関する記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • マイブームはピンク!ピンク!です。 クローゼットの断捨離をしてから 気づいたこと。 色ものが無い!!! そしてフリーランスでのお仕事での ブランディングを考えていても同じ指摘が。 もっと明るい色、柄物を着てください!! 確かに~と思って、まず追加投入したのが ピンクアイテムでした。 ピンクのニット。 サーモンピンクに近い色で 私にとってはチャレンジな色でした。 いつもはベビーピンクどまりだったので。 着てみると、顔がぱっと華やかになり イイ感じです♡ 手持ちのピンクのパンツに合わせて ピンク×ピンクも気分が上がりますね。 パンプスも冒険してみました。 少し紫がかった鮮やかなピンク ペリーコです。 お洋服がシンプルな分 靴には遊び心を取り入れたいなと思うようになりました。 ヒールは8cmですが歩きやすいです。 パンプスはこれから春にかけてたくさん 履く予定です。 今まで何となく色柄物を避けてきた私。 この春からは、もっと彩を増やしていきます! 次は何色を着ようかな♡ ワクワクしてお買い物を楽しみます♪ ************************ アメブロは毎朝7:30更新 大人の女性に必須の「自然体なエレガント力」 について発信しています。▶アメブロはこちらから インスタグラムでは 日々のライフスタイルや気づきを発信中です♪ ▶chiccaのInstagram(Follow me♡)No.185 chicca
  • éclat2月号スナップ企画候補だったパンツコーデで丸の内へ。(こちらはエクラ編集部の方に提出した時のもの。アクセサリーは撮影日直前まで悩んでいた為、この時はまだありませんでした)スナップ撮影コーデはスカートとパンツVer. それぞれ考え、最終的にはスカートにしたのですが、 こちらがもう一つのパンツVer. 新調したばかりのグレーのダッフルコートに ブラウンのニットとホワイトパンツを 合わせました。 バッグはまたまた年代モノ。。。 20年以上前にフランスで偶然見つけた ハラコ×エナメルのMiss Dior。 まだフランの時代、しかもセールで購入した 思い出のアイテム。 途中引っ越しでサイドが潰れてしまったので 手放そうか迷った時期もありましたが、 愛着あるものなので、今でも使っています。Outer:OLD ENGLAND Knit:N.O.R.C Bottoms:UNIQLO Boots:SARTORE Bag:Chiristian Dior Neckelace:母からのお下がり(2つとも) Earrings:3 Coinsダッフルコートの水牛の角ボタン、 バッグのハラコ部分・ハンドル・サイド、 ブーツはそれぞれ素材こそ違いますが 偶然同じ色味。 お蔭でまとまりのあるコーデになりました^^この日は丸の内に所用で来ていたので 帰り際に記念にパチリ。 何度も見ている景色ではありますが、 レトロモダンな駅舎は 東京駅ならではの風情がありますね。上はちょうど近くにいらっしゃった、 七五三の撮影をこれからされるカメラマンの方に お願いして撮っていただいた1枚。 (この時期に?と思いましたが、早い段階で 前撮りされる方が多いそうです…) 素敵に撮っていただき いい記念になりました♪ (この場をお借りしてお礼申し上げます) ◆◇◆◇◆今日のワイン◇◆◇◆◇ 資格は持っていませんが、実はワイン大好き♡ (でも強くありません・・・) まだオミクロン株が蔓延する前の年末に 昨年11月に文京区にオープンしたばかりの スペインワイン専門店・ Everyone’s castle Koishikawa に伺いました。この日は定番のCAVAをはじめ、 何種類かのワインを試飲させていただきました♪(これ全部スペインワイン!)(撮影時と試飲の時だけマスクを外していました)スペインワインはCAVAやRiojaぐらいしか 知らなかったのですが、 そこはワイン王国スペイン、 それはそれはたくさんの種類があって かなり勉強になりました! 店長のNereaはバスク生まれ&マドリード育ちの 生粋のエスパニョーラ(スペイン女性)。 日本語も堪能で、ワインだけでなく スペインについて色々と教えてくれます^^ こちらではワイン販売の他、 スペイン語レッスンや旅行案内など、 スペインに関することも行っているそうですよ。◆Everyone’sCastle KoishikawaのHPはこちらこのお店のことや、 大好きなうつわやお料理に関して、 うつわ・お料理Instagramに載せていますので そちらもご覧いただけますと嬉しいです♪◆◇◆◇◆Instagram◇◆◇◆◇◆ファッション・美容・旅行◆うつわ・お料理・テーブルフォト細谷奈弓
  • モノトーンの辛めカジュアルに合わせたのがドクターマーチンのブーツ。 このブーツはステッチが白なので合わせやすいです。 スキニーパンツとの相性はバッチリ‼︎ トップスをゆるっとしたものと合わせて下はスッキリさせました。 ドクターマーチンを履くだけで辛めカジュアルの完成です。 いつもの服に足元をスニーカーからブーツに変えるだけで雰囲気もガラリと変わりました! tops:moment+ pants:coca shoes:Dr. martens 以上、辛めカジュアルコーデのご紹介でした! Instagram パン専用Instagram
  • カジュアルなレイヤードはすっきりとした白ボトムでさわやかにアレンジ家でひとりだと会話がなくなるので自然と表情が今ひとつな状態に陥りがち。夕方から久しぶりの顔出しオンライン会議があるので、ご近所に時短ケアできるサロンができたと案内状も届いていたことだし、お昼休みに体験しに行く予定。シンプルな着心地の良いカットソーに小さめスウェットをレイヤードして、さわやかで男前なカジュアルコーデでさくっとお出かけを。  COORDINATE ITEM  ニット/ドレステリア¥17,600詳細・ご購入≫ Tシャツ/スローン¥9,680詳細・ご購入≫ パンツ/シンゾーン¥19,800詳細・ご購入≫ バッグ/マルコマージ¥16,500詳細・ご購入≫   ■CASA FLINE (カーサフライン) 関連商品一覧|SHOP Marisol ≫ニット ¥17,600(ドレステリア)・ジャケット ¥49,500(CASA FLINE )・Tシャツ¥9,680(スローン)・パンツ ¥19,800(シンゾーン)・バッグ ¥16,500(マルコマージ)/HAPPY STORE 靴/スタイリスト私物"撮影/坂田幸一 スタイリング/大平典子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「白パンツ」を使った関連記事もチェック
  • 何年も前に購入したワイドパンツ♡ 色も形も気に入って今もスタメンで愛用してます今まで購入して良かったパンツは何? と聞かれたら、 aqua girl(アクアガール)のホワイトワイドパンツ!とこたえるはず♡ セレクトショップのオリジナルのものでとにかくパンツの形がとてもきれい ウエストはパンツに付いてるリボンペルトでぎゅーと絞ります 前に垂れているリボンがまさにそれ ジャストウエストでペルト通しはありません ラフなスニーカーとコーデ♡ sweater 3.1 Phillip Lim pants aqua girl bag KAZUKOクラッチ sneaker PIERRE HARDY 裾にかけて揺れ感のあるワイドパンツにZARAのスニーカーとコーデ トップスのボーダーニットはプチプラのH&M 娘のお下がりです会食にはヒールを履いてきれい目にコーデ♡ (随分前の写真を引っ張ってきました笑) 白と言っても真っ白ではなくオフホワイトな色味なので汚れも目立たず肌馴染みも良き♡ 他の画像を見る遡るところ11月のポカポカ冬の暖かな日 eclat 2月号の撮影へ〜 お題は「女友だちに会う日のmyベストコーデ」 安心感のあるこの相棒パンツとドノヒューのジレを合わせて参加させてもらいました 撮影終了後は華組の皆さんと丸ビルにあるフレンチベトナムフレンチ「カサブランカシルク」ランチへ♡ 時差アリで最後に駆けつけたのですが、皆んなのいるテーブルが輝いてて光って直ぐわかった笑 この日はお天気も良くて無事に撮影も終わりホッとしました わたしのインスタグラムはこちら★鈴木たま江
関連キーワード

RECOMMEND