「超音波検査とマンモグラフィの結果と針生検」【ケビ子の乳がん・ニューライフ vol.3】

Marisol ONLINE

第2回では初めての乳腺外科を受診。超音波検査とマンモグラフィを受けたケビ子。

マンモグラフィの激痛や病院あるあるへの共感も多数寄せられた。乳がん・ニューライフ (第2回はこちらから) 

第3回目は超音波検査とマンモグラフィの結果を医師から聞き、さらなる検査へと進む。



【超音波検査とマンモグラフィの結果と針生検】
超音波検査とマンモグラフィ検査を終え、再び乳腺外科の待合で待機。
ほどなくして名前を呼ばれ、先生から超音波とマンモグラフィの検査結果の説明を受ける。


「しこりの大きさは1.4cm×1.7cm 期待を持たせても仕方がないからはっきりと言うがほぼがんだと思う。ついてはタイプを調べるから針生検をしよう。そしてスピードを速めたいからMRIとCTの予約もしちゃおうか。超音波検査で嚢胞の可能性もあるとも言っていたけど、これからの検査ではっきりするから」


流れるように説明があった。説明に無駄がない。タイプだ。相性がよさそうだと直感が働いた。


針生検とは細胞の一部ではなく、組織の一部を採取して調べる組織診のこと。
先生はベッドに寝て麻酔を打っておちちのしこり患部に針を3回刺して細胞を取る、そういうようなことを言っていた。


先生が「病理まだ?」と何度か看護師に聞いていたが、専門の病理の方が来るようだ。
2回ほど催促の電話をかけて、ようやく全員が揃ったところで麻酔から生検が始まる。
ねずみ取りのようなバチンバチンという音が1回の生検で2回、それを3回やった。
「痛みは大丈夫?」と聞かれたが麻酔のおかげでちくっとするくらいのもの。
しかしこの針生検の痛みはその後の全ての検査結果が出るまで数週間続き、痛みと不安が私を立派ながん患者に育てるのだなと納得する絶妙なプロセスに感じられた。
イニシエーション、とでも言ったらよいだろうか。
結果、1か月近く痛みと黄あざ青あざが消えない大変な検査であった。


針生検が終わり、ベッドの上で着替えながらなんだかオオゴトになってきたなとまた泣いた。
今度はタオルをくれないので、自分のハンカチで涙を拭いた。
もみあげが白髪の看護師は相変わらずつんけんしている。


「みんな最初は泣くんです。女性はそれでも覚悟が早いから次回以降は明るく前向きになる人が多いんですよ」先生は好き勝手を言う。
「何が前向きじゃ」と思いながら話を聞いた。


今後の検査予定と家族と一緒に来院する日を決めて、診察室を出たらMRIとCTの検査説明と血液検査で終了となった。
【女が病気になると離婚率は男の場合より6倍高い?】
家族と一緒に説明を聞く。これはもうがん確定ってことだろう。
夫になんて言ったら良いんだろう。
病気の妻の世話に疲れ、自由に行動できない妻に嫌気がさし、夫婦仲が険悪になって捨てられるかもしれない。
病気だからって甘えてお菓子を食べ過ぎだと責められるかもしれない。


「女性 がん 離婚率」で検索してみると実際に女性が重篤な病になった方が男性の場合よりも離婚率が6倍あがるという研究結果の記事にたどり着いた。
男は女の良いとき以外受け入れられない生き物(一部)なのだな。
(出典: Cancerwith.com 女性患者の離婚率は男性の6倍?)
エビデンスとされている記事も読んでみたが「重篤な医療疾患患者におけるパートナーの放棄率における男女格差」と刺激的なワードが並んでいた。
放棄率というのか。面倒見切れん!というやつだな。


帰り際に先生に「夫にどの程度の話をすれば良いんでしょうか。夫が心配性で、いきなりがんだと伝えたら泣いてしまいます」と相談した。
なんて言ったら良いのか言葉が浮かばなかったのだ。
「へ~!あ~そう!優しい旦那さんだね!」と先生も少し考えて「段階を踏んで、『がんの疑いがあるから細かい検査をしているところ。』こういう感じでいきましょうか。ほぼがんだけど、今すぐがんだと伝えたらショックでガーンだから」と。

まだ愛想笑いをする余裕があった。


この日、夫はゴルフの予定だったので一人黙って病院に来る予定だったのだが、前日にゴルフがキャンセルとなり、病院に行くことをしぶしぶ伝えた。
診察を終えて病院を出ると夫からちょうど連絡が来た。「迎えに行こうか?」と。
夫からの連絡はいつでも嬉しいが、今は一人で頭の整理をしたい。


12時を少し過ぎたころだったので、「ファミレスでも行こうか」とまた連絡。
嬉しいけど、「ちょっと一人になりたい」と返事をして病院近くのドトールに入った。
ミラノサンドAとアメリカンコーヒーのSサイズを頼んで席に座った。
少し肌寒い日だったが、前日までの暑さを引きずって半袖を選んでしまい、採血の絆創膏が見えている。
私の右の席にはポニーテールの女性。
彼女の左腕にも私と同じ採血の絆創膏。
「お、仲間」とこれだけで嬉しくなる。


今のしこりの大きさと脇への転移がないことから、検査結果と手術をしてみないとはっきりは言えないがステージはおそらく1だろうとのこと。
今後、いくつかの検査を経て家族と一緒に説明を聞く日ががん告知日となるようだ。
その日からがん患者となるのであれば、今は研究生、ってところか。


これから細かい検査をして他の臓器にがんがないか、乳がんのタイプ(先生は顔つきと言った)は何かを調べて治療方針を決めていく。
現状、乳がんの可能性が極めて高いという情報のみが与えられ、どういう状況かは自分で全く見当がつかない。


胸は全部取るのか、抗がん剤はやむなしか、入院期間はどのくらいなのか、手術はすぐするのか。
生存率なんて数字も聞くことになるのだろうか。
この時点での乳がんに関する知識は数年前に母親が乳がんに罹患したときのものがすべてであるから、患部がある方のおちちを全摘し、抗がん剤とホルモン剤で食事も摂れず、髪も失い、手先が変色し、弱ってしまった姿がフラッシュバックしこれ以下はないだろうというくらい気落ちした。


母には何て言ったら良いのか。
今入院中だっていうのに!


生きるか死ぬか、というのは健康だったからこその病気観だった。
いざ目の前に病気がぶらさがると、煩悩がフル回転する。
おちちははどうなる、髪はどうなる、きれいに生きたい、きれいになりたいと美に執着する。


夫に愛されたい。
ずっとずっとこれからもずっと夫からかわいがってもらいたい。
私の人生はただそれだけなのだ。放棄なんて困る。
夫を大事にしよう。
毎日意地悪を言うのをやめよう。
とんかつの大きい方は夫に喜んであげよう。
私が乳がんになっても大好きだと言ってくれるのか。
本当に不安だ。


病気になって愛を疑うばかりだが、それほど自信を失う経験であった。



つづく

*次回【Vol.4】は1/28公開予定です
 
※この記事はケビ子さんの体験に基づいて書かれており、2021年12月現在の情報をもとにしています。
治療等の条件はすべての方に当てはまるわけではありません
カモチ ケビ子
43歳で結婚、47歳で乳がん。
心配性の夫、奴さん(やっこさん)はなぜか嬉しそうに妻の世話を焼いている
Instagram(@kbandkbandkb)

関連記事
  • 毎日のお風呂は貴重な美容タイム!真冬の今こそ美容効果の高い入浴剤でリンパをながし、冷えを取り、お肌すべすべ、湯冷めしないオススメ3品!こんばんは、hirokoです。 週の真ん中。 仕事もだんだん通常運転の感覚を取り戻しております(遅い?)。 22時の早寝を心がけていましたが、それも狂い始めてブログを更新する始末です。 さあ、疲れは溜め込まず、そろそろお風呂タイムです。 お風呂は一日のご褒美!というくらい大好きで、入浴剤は欠かせません。 ドラッグストアに並ぶ、あれもこれも我が家にストックしていますが、本日はMarisol世代にオススメの美容効果の高い入浴剤をご紹介したいと思います。 真冬でも湯冷めしない、ポカポカの気持ち良さをお約束します^^★meeth シルキーバスソルト美容好きの人で知らない人はいないブランド。 先月大阪でPOPUPがあったので、評判の良いこちらのバスソルト、やっと購入しました。 癒される香りは、AYURAのメディテーションバスと並ぶくらい好き! 香りだけではなく、保湿効果も高いのでお肌がしっとり。 そして、ずっとポカポカします。 毎日使いたいけど、すぐ切らしてしまうのも惜しくて、ゆっくり長風呂できる日用に。▶meeth通常はラボ(店頭)のみの販売のようなので、お近くの方は是非。★BARAKA(バラカ)ジョルダニアン デッドシー ソルト これこそがド本命のバスソルトです。 1.5kgのバケツを次こそは買おうと思っています。。。 ▶BARAKA(バラカ)ヨルダン死海の海塩でできていて、着色料、香料は不使用。 そのため湯船の見た目は普通。香りもなくてなんだかちょっと物足りないような気分になりますが、10~15分浸かるだけでもう・・・汗だく! だるさが取れて、とってもスッキリします。 だから、こちらは精神的に疲れた日、体をいっぱい使った日は必ず使いたくなります。 天然ミネラルが豊富に含まれているので、お肌しっとり。 古い角質まで除去してくれて、死海ってすごい、と使うたび実感。 知ってしまったらもう切らしたくないバスソルトです。 同じくBARAKAから出ているアロマオイルを数滴たらせば香りも楽しめます。 他にもオススメのアイテムがあるので、またご紹介したいです。★天然 湯の花最後がオチみたいになってますが(敢えてちぐはぐな背景で撮る)、パッケージで判断してはいけません。 「ぬくもりがちがいます。」 と書いてある通り、天然成分で温泉気分を味わいたいときはこれ。 季節の変わり目や寒い〜!と感じた日の夜に使いたくなります。 こちらはロフトで500円。15~20回分なので、コスパも良いと思います。 プロテインに入ってるスプーンがあると便利(笑) 普段は楽天かアマゾンで「飛騨高山 奥飛騨 天然 湯の花」を買うことが多いです。 (中身が同じなのでパッケージが変わった?と思ったら別のメーカーさんのようでした。どちらもしっかりぬくもります♡)入浴剤を毎日使う人も、たまに使う人も。 ゆっくりお風呂に入ってまた明日からも頑張りましょう♩ Instagramもよろしくお願いします^^No.167 hiroko
  • 漢方の知恵でリラックス&リセット! 老舗の家庭薬メーカー・亀田利三郎薬舗の「養生茶 irodori」は、季節や気になる体調に配慮した美味しい健康茶。冷えやむくみ・春のムズムズなど、お悩みに合わせて選んでみて。 WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。Instagram:@marvelous.h *Marisol ONLINEはこれからも続行します! 引き続き各種コラムの更新をお楽しみに!漢方のエキスパート・亀田利三郎薬舗の「養生茶 irodori」を試してみた毎日寒いですね。 自宅でリモートワークに勤しんでいると、指先が冷えてこわばるんです。家族に“マグロ貯蔵庫”と揶揄される日当たりの悪い部屋ではありますが、これは自分の巡りが低下しているのも原因なんだろうな……。ということで、こちらのお茶を導入! 亀田利三郎薬舗の「養生茶 irodori」です。亀田利三郎薬舗は漢方の入浴剤でも人気!生薬がザクザクと入っている六神シリーズの「朱雀ゆ」(¥660)。薄荷にくわえ、血液循環を高める当帰&川芎、高麗人参ヨモギを配合。花粉症でお悩みの方にもおすすめ。亀田利三郎薬舗、といってもピンとこないかもしれませんが……。創業は明治27年、中国の伝承薬「六神丸」(老化対策にもひと役、らしく。こちらも激しく気になる!)の処方を初めて日本に伝えた京都の老舗なんです。 また、この入浴剤なら「知ってる!」という方も多いかも。天然漢方スパハーブ「六神シリーズ」は、生薬のみでつくられた入浴剤。季節や体調に合わせて使える6種類のバリエーションで人気です。漢方の知恵と経験を生かしてつくられた亀田利三郎薬舗の健康茶いつもそばにおいて、いざというときすぐに服用してほしい。そんな“家庭薬”にこだわり続けている亀田利三郎薬舗がつくった養生茶 irodoriは、季節の変化やストレスを敏感に感じ取る体と心をサポートする健康茶。ベーシックタイプはこちらの4種です。孔雀青(くじゃくあお)は、はと麦やみかんの果皮、黒豆などを配合。足もとは冷たいのに、顔がほてるアンバランスを解消してくれるそう。とうもろこしのひげも入っていて、むくみ対策にもよさそうです。萌黄(もえぎ)は菊花、薄荷、ジャスミン茶入りで、春先の不快な症状をすっきりと。目の乾きや疲れ目対策にもおすすめです。金糸雀(かなりあ)は胡麻とクコのパワーで肌につやとうるおいを。ゆっくりと飲むことで、口の中やのど、体全体をうるおしてくれるはず。唐紅(からくれない)はプーアール茶や黒豆茶、棗・小豆などを配合。食べ過ぎや飲みすぎが気になる時にぴったりのブレンドです。手足の冷えや首&肩のこわばりにお悩みの人にも。養生茶 irodoriはノンカフェイン、またはローカフェインなので、飲む時間を選ばないのもいいところ。冷え冷え&全身こわばりまくりの私は、まず「唐紅」を飲んでみました。不織布のティーバッグ越しにも、生薬のザクザク感が分かります。カップやポットに入れて150~160ccのお湯を注ぎ、3分蒸らせば出来上がり。まずびっくりしたのは、その飲みやすさ! 健康茶って、体のために我慢して飲む“キツイ”味のものも多いですが、本当に飲みやすい。こちらの唐紅もとてもまろやかな味で、温かくても冷めても美味しくいただけました。2杯(2煎目もいけます!)飲み干すころには、内側から温まったこともあり、指先やつま先の冷えが幾分まろやかになった気が。仕事終わりの“養生茶タイム”を習慣にしたら、肩や首のきしみにもいい結果が得られるかも。養生茶 irodori ベーシック・全4種(1包) 各¥216/亀田利三郎薬舗養生茶 irodoriにはワンランク上のこだわりブレンドも!昨年からは、さらにこだわりを追求した新作3種が仲間入り。東雲(しののめ)は、気になる体調や気分にフォーカスした“スペシャル”タイプ。心と体のつかえやつまりを和らげて、ゆっくりと休みたいときにおすすめです。杜仲茶やルイボス茶、石榴など女性にうれしい成分をはじめ、精神を安定させるとも言われるカルダモンなどが配合されています。養生茶 irodori 東雲 1包 ¥324/亀田利三郎薬舗唐紅Premiumは、ベーシックタイプの「唐紅」に、胡椒と生姜をプラス。まろやかな味わいの奥に、ほのかにピリッとした刺激があって、気分までしゃっきり。こってり系の食事と一緒にいただいても相性がよさそうです。冷え対策としてはやはり、最も手ごたえがあったかも!養生茶 irodori 唐紅Premium 1包 ¥324/亀田利三郎薬舗そして、個人的にいちばん美味しかったのが孔雀青Premium。ベーシックの「孔雀青」にレモングラスを加えた爽やかな味わいです。お茶で温まりながら、頭もむくみもすっきり。なんだかやる気まで引き出してくれた気が(笑)。養生茶 irodori 孔雀青Premium 1包 ¥324/亀田利三郎薬舗漢方の知恵で体と心をリラックス&リセット。毎日の“ちょこっとセルフメディケーション”として取り入れたい亀田利三郎薬舗の養生茶 irodori。私はとくに、味にもこだわった“Premium”タイプのふたつが気に入りました。 公式サイトでは、1包ずつ好みのタイプを選んで購入できるので、ぜひ気になるブレンドをお取り寄せして、ゆったりと楽しんでみてください。色とりどりのパッケージもおしゃれだし、ちょっとした贈り物にもおすすめですよ!●「亀田利三郎薬舗」公式サイトはこちらイラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)【アラフォーぷち不調のお悩み】 アラフォーに多い、ぷち不調の悩みについて聞きました!以前は元気がとりえだったのに、40代になり、朝がしんどくなりました。仕事はかなり忙しかった(テレビ局勤務)ものの、コロナ禍で少し楽になり、規則正しい生活が送れるようになったのに、スッキリ起きられる朝がほとんどありません。寝つきも悪いですし、眠りも浅く、目が覚めても体がコチコチですぐに体を動かすことができません。この先、一生こうなの?という不安が募ります。毎日ストレッチを欠かさず週1 のバレエ、たまにウォーキングもしますが、これ以外に何か対処法があれば教えていただきたいです。(46歳) ◇ANSWER 「寝つきが悪いなら、眠気を阻害することをしていないか考えてみましょう。例えば、カフェイン入りの飲み物を自分は何時以降にとると寝つきが悪くなるか考えて、それ以降にはとらないようにしたり。寝る直前までスマホを見ている習慣があれば、それをやめたり。また、眠気は体の深部体温が下がる時に訪れるので、寝たい時間の1時間半ほど前に入浴して体温を上げると、下がる時に眠気が訪れて寝つきやすくなります。朝の体のコチコチも防げますよ」慢性的に首、肩、背中のコリがひどいです。いつもガチガチで体が重ーい感じです。スマホもPCもよく見ますし、運動は子供のころから苦手です。このまま年を取るともっとひどくなるでしょうか? 気圧や天気にも影響されてる気がします。今の体のコリを和らげるような生活習慣や、運動などがあれば知りたいです。(40歳) ◇ANSWER 「スマホやPCを見てうつむいてばかりで首や肩、背中がこる人は、時々空を見ることです。空を見る時は必ず首を上げますし、太陽が出ていたら気持ちが元気に。雲の流れを見ているだけで、自分が今取り組んでいることからいったん離れられ、気分転換もできます。また、背もたれのある椅子やソファに座って、頭の後ろで両手を組んで、左右の手の親指を首のつけ根のくぼみに当てて、頭を後ろに倒して刺激するのもおすすめ。首が効果的にほぐれますよ」頭の後ろで両手を組み、左右の手の親指を首のつけ根に当てる。 ▼ ▼頭を後ろに倒し、親指で首のつけ根を刺激。こっている場所を探して指を移動させ、同様に。今45歳ですが、全然やせられなくなってきました!前はちょっと甘いものやお酒を控えたらスーッとやせたのに、これはやはり加齢のせいでしょうか? しかも腰まわりに肉がついて、おなかもポッコリ、下半身の丸さが気になります。スッキリさせるコツはありますか?◇ANSWER 「やせにくくなるのを加齢や、女性ホルモンが減るせいにしたがる人が多いですが、高齢者が全員太っているわけではないので、それだけが原因ではありません。食事や運動のバランスが大きく影響するので、まずは運動を取り入れましょう。体重を落とすなら有酸素運動、体型を整えるなら筋トレが効果的で、両方するのが理想的。両方するのがむずかしいなら、まずはひと駅分、早歩きをするなどの有酸素運動を取り入れて。これである程度体重が落ちるはず」コロナ禍で在宅勤務が増え、ひとり暮らしで人と話さない日も多いせいか、気分が上がらずちょっと落ち込みがちです……。まだ「うつ」というほどではありませんが、このままだと何かのはずみでドーンと心身ともに落ち込みそうで怖いです。何か気をつけたほうがいいことはありますか?(38歳)◇ANSWER 「ひとり暮らしで在宅勤務をしていると、誰とも話さないので、声を出す機会が減ることが落ち込み感を招いてしまう大きな原因だと思います。改善するには、なるべくこまめに人とコミュニケーションを取ることです。電話で友達や家族とおしゃべりしたりして、声を出す機会を作りましょう。ペットがいるならペットに声をかけるのもいいですし、お風呂の中で歌を歌ったりして声を出すのもおすすめ。黙っているより、気分が晴れやすくなると思います」とにかく疲れています。仕事も家庭もまあ忙しいですが、朝起きると、もう疲れているし、家にいても家事や外出など体を動かす気になりません。健康診断では特に指摘されることはありませんが、これってどこか悪いんでしょうか? いつもハツラツとしていらっしゃる高尾先生のようになりたいです。またちょっとでも疲れを取って元気になるコツやヨガのポーズがあればぜひ教えてください。(44歳)◇ANSWER 「朝起きた時に疲れが取れていないのは、睡眠不足の可能性大。朝、疲れが取れていないなと感じたら、その日は仕事から早めに帰宅し、夜早く寝るようにしましょう。また、ヨガのポーズというほどではないですが、夜寝る前は、ゆっくり息を吐きながら背中を丸めるのがおすすめ。緊張した体がリラックスして副交感神経が優位になり、寝つきやすくなります。また、朝は胸を張って息を吸い込みましょう。酸素を取り込みやすくなり元気が出ますよ」【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)【アラフォーの婦人科のお悩み】 女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。くしゃみをしたら尿もれしました。また我慢も苦手になってきました。これって骨盤矯正などで改善するんでしょうか?ヨガなどで治るなら方法を知りたいです。(45歳) ◇ANSWER 「尿もれは、子宮や膀胱などの骨盤内臓器を下から支えている骨盤底筋の衰えが関係しています。この筋肉を鍛えれば尿もれは改善しやすくなるので、骨盤矯正をするよりも、自分で鍛えるのがおすすめ。太ももとおしりの筋肉を使うと骨盤底筋も間接的に鍛えられます。例えばスクワットや、以下のヨガのポーズなどがおすすめ。おしりにキュッと力を入れる時に骨盤底筋が刺激されるので、これをこまめに行うと、尿もれが改善しやすいです」あおむけで両足を骨盤より広めに開く。両膝は立てて閉じ、左右の太もも同士をくっつける。 ▼ ▼肩と膝が斜め一直線になるようにおしりを浮かせて9秒キープ。これを何回か繰り返す。知人が更年期で2年ほど「うつ」っぽくなりつらかったと言っていました。母も人が変わったようにイライラしていたことがあり、今思えば更年期だったのかな、と思います。なので自分のこの先の更年期が怖くてたまりません。心にも体にも出る症状や期間はいろいろ、対処法もいろいろと聞きますが、なるべく楽に乗りきるコツはありますか? 飲んだほうがいいサプリとかあるんでしょうか? また基本的な質問かもしれませんが、つらかったら普通に婦人科の病院を受診していいんでしょうか?あと自分がいつ閉経するのか、は検査などでわかるものですか?(44歳) ◇ANSWER 「更年期は誰にでも訪れるので、怖がる必要はありません。生理周期にバラつきが出るのが更年期のサイン。閉経が近づいているかどうかは婦人科の血液検査でエストラジオールとFSH(卵胞刺激ホルモン)の数値を調べることで、ざっくりとわかります。更年期に不調が起きた場合も、婦人科でHRT(ホルモン補充療法)や漢方薬などで治療できるので、つらいのを放っておかず受診しましょう。運動も、更年期のうつや不眠、多汗などに効くことがわかっているので、今から運動習慣をつけておくのもおすすめ。サプリは女性ホルモンと同じような働きをもつ大豆由来の成分、エクオールが更年期の不調の改善によいことがわかっているので、今からとっておくのもいいと思います」夫とのセックスが楽しめません。30代後半ですが新婚で妊活中なので、そのためだけに義務感でしているような感じです。過去に相性がいい人がいたので、どこかで比べてしまっているのかもしれませんが……人としてはとても好きな夫なので、モヤモヤしてしまいます。またセックスの後、おなかが痛くなることもあります。あまり激しく動かされたりするのは女性の体にとって負担になるのでしょうか?病気が潜んでいる可能性はありますか?(38歳)◇ANSWER 「妊活のために性交渉をしなきゃというのはつらいですよね。性交渉が楽しめないなら、何をしたら楽しめるかを考えてみて、パートナーとよく話し合って、試してみることが大事。また、性交渉の時は内臓が激しく揺さぶられるので、後でおなかが痛くなることはたまにあり、通常は2~3日でよくなります。たまに卵巣から出血が起こっていることもあり、それでも自然に治りますが、まれに出血が止まらなくなることも。痛みが続くなら婦人科で相談を」デリケートゾーンのにおいがキツくなってきた気がします。これは加齢によるものでしょうか?食事などによる対策はありますか?(42歳)◇ANSWER 「デリケートゾーンのにおいが、加齢によって強くなることはないですし、食事も関係ないので、食事による対策もありません。生理周期によって一時的におりもののにおいが強くなることは誰にでもあることなので、気にする必要はありません。ただし、生理周期にかかわらず、いつでもにおいが強いなら、クラミジア感染症や、淋菌感染症、トリコモナス腟炎などの性感染症の可能性もあるので、婦人科で検査を受けると安心です」友人がVIOの脱毛やマッサージ(専用の洗剤で洗って、オイルなどでマッサージするそうです)を始めたと聞いて、あせっています。これまで水着を着る前に処理する程度で、無関心でした。調べたらVIOのレーザー脱毛は賛否両論あるようですが、先生はどうお考えですか? またやはりきちんと洗ったりマッサージしたりしたほうがよいのでしょうか?(友人はオイルマッサージをして、なんだかよい気がする! と言っていたのですが、ちょっと腰が引けてしまいます……)。(40歳)◇ANSWER 「VIO脱毛はいいと思います。最近よく、将来介護される側になった時のためにVIO脱毛をしておくとよいと言われますが、そのためだけでなく、尿や便が毛につかなくなるので清潔を保つためにもいいと思います。医療機関など安全なところで行いましょう。また、閉経に向かうと腟が乾燥しやすくなるので、性交渉をもち続けるために、保湿を兼ねてデリケートゾーンのマッサージをするのもいいと思います。洗うことについては、腟の中は洗う必要はなく、小陰唇のくぼみのアカなどをお湯で洗えばOKです」【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)【アラフォーの婦人科のお悩み】 女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。子宮頸がん、子宮筋腫といった病名はメジャーでよく聞きますが、それ以外にもアラフォー世代なら知っておきたい、気をつけるべき病気はありますか? また性病についても知識がないので(自分もですが、娘にも教えられない……)、最低限知っておいたほうがいいことがあれば教えてください。(42歳) ◇ANSWER 「ほかの婦人科系の病気では、卵巣のう腫、子宮内膜症があります。気をつけるべき病気というより、定期的に婦人科検診を受けておくことが大事。子宮頸がん検査と経腟エコー検査を受けておけば、ほとんどの婦人科系の病気の有無がわかるので、両方受けておきましょう。また、性感染症は、検査を受けておくと、前は陰性だったのに陽性になった場合に、誰から感染したかがわかります。パートナーが変わるタイミングなどに検査を受けておくのがおすすめ」若いころから生理不順な体質でしたが、40代に入ってから、特に生理周期が乱れるようになりました。始まったと思ったら終わったり、逆に2 週間以上ダラダラと続いたり。体も常に生理前のようなダルさや熱っぽさがあります。これって閉経のサインでしょうか?もしくは何かの病気ですか? 改善するためにできることはあるでしょうか?(42歳) ◇ANSWER 「最後の生理がきてから12カ月間、生理がこなかったら閉経と見なすので、このかたはまだ閉経はしていないようですが、だるさや熱っぽさがあるなら更年期に入っている可能性は高いです。閉経が近づくと生理不順になりやすいので、さほど心配はいりません。ただ、出血が生理ではなく病気の場合もあるので、婦人科で子宮頸がん検査と経腟エコー検査、子宮体がん検査を受けてみましょう。だるさや熱っぽさがつらいなら、その治療も可能です」42歳ですが、37歳の時から不妊治療をしています。心身ともに、そして経済的にもしんどいですが、あきらめずに40代半ばで妊娠出産できたかたの話も聞くので、もう少し頑張ろうと思っています。ただこのまま成功しなかった場合の「やめ時」を考えておこうとも思うのですが、正直いつがやめ時なのかわかりません。先生はどうお考えになりますか?◇ANSWER 「不妊治療は自分で希望して受けるものなので、医師からやめ時を言うことはありません。不妊治療は始める時点でパートナーと、いつまで行うか、費用をいくらかけるかの2つを決めておくと、やめ時がハッキリ決まって理想的。43歳くらいでやめる人も多いので、今42歳なら、次に受精卵を戻してみて妊娠しなかったらあきらめる、など自分で決めることが大事。パートナーと、いつまで行うかと、子供がいなかった場合の人生についてよく話し合ってみましょう」40歳過ぎて生理の出血量が減ってきたな……と思ったら42歳で閉経してしまいました。特に更年期の症状は出ておらず受診もしていないですが、最近「早期閉経すると脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなるので50歳くらいまではホルモン剤を使用したほうがよい」とネットで読みました。なんの自覚症状がなくてもそうしたほうがよいでしょうか?(44歳)◇ANSWER 「早発閉経とは30代で閉経することで、42歳での閉経は早発に当たらず異常ではありません。ただ、平均閉経年齢は49.7歳で、このくらいの年齢で閉経する人より10年近くも早くエストロゲンの分泌がなくなるので、実際に脳梗塞などのリスクは高まります。ですから更年期の不調はなくても、50歳ごろまではHRT(ホルモン補充療法)を受けるのがおすすめ。自分で感じる変化はなくても、骨の健康が保てるなど体の内側ではいいことがありますよ」子宮筋腫があり(大きいものと、数もいくつか)生理時の出血量がとにかく多く、ナプキンを1 時間ごとに替えねばならぬほどで、つらいです。今40歳ですが、手術で筋腫を取るとしばらく妊娠はできないと聞きますし(独身だし予定があるわけではないのですが)かといって、筋腫があると妊娠もしにくそうで、年齢的に考えてしまいます……。一方、友人は一度40代前半で筋腫を取ったのに、再発してまた同じように出血過多で悩み、48歳で再手術したそうです。子宮筋腫の切除はどんなことに目安や優先順位をつけて(痛みや出血量などのほか、年齢やライフスタイルとか)考えればよいでしょうか? ◇ANSWER 「子宮筋腫は閉経すると小さくなりますが、今40歳なら閉経までまだ数年あると思うので、月経過多でつらいなら治療をするのがおすすめです。Q03でお話ししたような、偽閉経状態にする飲み薬での治療を取り入れてみるとよいように思います。また、妊娠を望まなくなった時点で、手術で筋腫を切除するのもいいでしょう。子宮筋腫を切除したほうがいいかどうかには特に目安はなく、本人の困っている度合いによります。医師によく相談してみましょう」現在38歳ですが、コロナ禍だし、あまり病院に行く気になれず、不調もないので今まで 婦人科検診を一度も受けたことがありません。というか妊娠したこともないので、婦人科の病院にすら行ったことがないので、正直ちょっと怖く……。乳がん・子宮がんの検診は毎年やったほうがいいんでしょうか?あと何歳くらいまで受けたほうがいいんでしょうか?◇ANSWER 「38歳で婦人科検診を受けたことがないなら、明日にでも受けてください。年1回は受けるのが理想的。乳がん検診は、家族に乳がんの人がいる場合は、すぐに受けましょう。いない場合は、こまめに自分で乳房をさわって、しこりなどがないかチェックして、問題がなかったら急がなくても構いませんが、40歳になると自治体から無料の乳がん検診の通知が来ると思うので、それを利用して受けて。〝怖い〞とのことですが、検診を受けていないことのほうが怖い!」【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
  • 身体に良いおせちの作り方と管理栄養士の視点で食べ過ぎた時に身体をリセットする方法をご紹介します!あけましておめでとうございます! 我が家は、毎年姉宅と我が家で交互に年越しをしています。 おせち料理は、季節の行事を大事にいしていた亡き母の影響もあり、手作りしています。 といっても、姉と私で分担しているので労力も半分。 子供たちの成長と共に、お手伝いの範囲も広がり、食育にもつながっているのかなと思ったりもしています。 味付けもシンプルですが、調味料をこだわっているので、どれも美味しく健康にもよいお節にしあげてみました。✓栗きんとん(高2の甥作) ✓かまぼこ(中1の姪と小4長男の飾り切り) ✓ごまめ(塩と黒糖で味付け) ✓昆布巻き(姉の義父が北海道出身なので鮭) ✓くろまめ(錆釘がわりの鯛のかたちをし鉄をいれるのを忘れ黒さがいまいち) ✓だてまき(毎年、義兄作) ✓かずのこ(今年は、生活クラブで味付きのもので手抜きをしました)✓金目鯛の塩焼き(年末に市場に行った際長男が塩焼きで食べたいとリクエスト、200℃30分でオーブンで焼きました) ✓松前漬け(上の飾り銀杏は、夫作) ✓たたきごぼう(長男もお手伝いしてくれました) ✓ぶりの照り焼き(葛粉をまぶして一度油で全体を焼き、みりん、酒、しょうゆのみで味付け) ✓紅白なます(みりん、酢、醤油で味付け) ✓有頭エビ(酒、みりん、醤油で味付け)✓ひたし豆(長野出身の義母の影響で毎年つくってもの、数の子をいれても美味しいです) ✓栗きんとん(鹿児島の実父がおくってくれたサツマイモにくちなしで色付けした高2甥の力作)そして、姪っ子と長男の力作の「かざりかまぼこ」 何かお手伝いない?と言ってきてくれたので、おせちの準備の間に、二人でせっせと作ってくれました! それぞれの実家や嫁ぎ先の風習が、融合されたお節。 これが、伝統として受け継がれていくのも感慨深いなと思い、子育てや子供の頃の話などしながらの新年。 皆様はどうお過ごしでしょうか? いとこで一番年長(高2甥)と一番年少(年中次男)静かだなと思ったら、漫画を読む二人(笑)微笑ましくてパシャリしました♡クリスマスに始まり、年末年始、普段より食べ過ぎたな~ずっと食べ続けてるな~という方もおおいのではないでしょうか? ここで、管理栄養士的な視点で簡単な「食べ過ぎてしまった時のリセット法」をお伝えさせていただきます。・翌朝、朝一番で白湯を飲む(デトックス効果あり) ・白湯にレモン汁をいれたものを飲む(ビタミンCが消化を助けてくれる) ・朝断食をする(代謝酵素を優位にするため) ・水分摂取を心がける(一日こまめな水分補給、体格にもよりますが1.5ℓ目安に) ・良く寝る(睡眠不足は痩せホルモンを減少させるため) ・食べる順番を意識する(野菜→タンパク質→炭水化物、血糖値の乱降下を防ぐ) ・よく噛んでたべる(一口最低30回、できれば50回噛むことで消化に負担をかけたないようにする) ・カリウムや食物繊維が多い食事を意識する(塩分過多でむくみやすくなった身体や腸内環境を整えるため) ・ファスティングでデトックス(食べない時間を作ることで、消化酵素を休ませ、代謝酵素を優位にして、頑張った内臓をやすませ、蓄積された様々なものを排出する) かなりざっくりですが、日々の食生活でも意識できることをあげてみました。 少しでも参考になれば幸いです。 My Insatagram←←←♡ファションコンサルタント&食生活カウンセラー Maco Style ブログ←←←♡No.100 Maco
  • 先週の投稿に引き続き、こちらはON・OFFとわず活躍してるアイテムと、つかれた胃腸を労う「おうちごはん」のご紹介です。今年は例年にまして忙しかったような気がします。 本当にあっという間の年越しです。 先週も今年買ってよかったアイテムご紹介しましたが、あと1アイテムON/OFFとわず大活躍しているアイテムがあるので、ご紹介させていただきます。 そして、一緒に「管理栄養士のおうちごはん」についても少しだけご紹介させていただき、今年最後のブログとさせていただきたいと思います。そのアイテムは、以前購入時にご紹介させていただいた「ZARA」のジャケットです。 その時のブログはこちら⇩【ZARAで購入した使えるアイテムの着回しコーデ】ケープ、バック:maisondR ジャケット、ワンピース:ZARA ブーツ:UNIQLOカジュアルにもエレガントにも羽織れる、毛足の短いツイード素材で、ご近所からお出かけ、仕事にも本当に良く羽織っています。 ファションは大好きなので、沢山服を購入していましたが、最近(特に今年は)厳選したものを数枚購入した程度です。 クローゼットも大分すっきりしたのですが、まだまだすっきりさせるのが来年の目標でもあります。 「好き」と「似合う」がマッチしたミニマムクローゼット目指して頑張りたいと思います。話題変わって、こちらは最近の「おうちごはん」 12月は特にイベントや人に会う機会も多く、外食の機会も増えいつもより胃腸がお疲れ気味の方も多いのではないでしょうか? そんな時には一食だけでも、こんな「和ごはん」を食べて、身体を労うようにしています。 管理栄養士として食事のアドバイスを仕事としてもしているので、もっと皆様のためになるような「食」についての発信も来年はもっと行っていきたいと思っているので、楽しみにしていただけたら嬉しいです ^^そして、最後に年末に良くいく市場の様子を。 年越しは姉家族と手巻きパーティーをするのが恒例なので、朝から市場にいってきました。 30日からおせちの準備や買い出しにバタバタと年越しを迎えそうです。 こんなつたないブログですが、今年もお読みいただきましてありがとうございました。 来年も大好きな「ファション」と「食」について、皆様に有益な情報を発信できればと思います。 皆さまも、よい年末年始をお過ごしくださいませ。Instagramや個人のブログにもファションや食生活のヒントになるような発信をしています⇩My Insatagram←←←♡ファションコンサルタント&食生活カウンセラー Maco Style ブログ←←←♡No.100 Maco
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!産婦人科Dr. 高尾先生が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)体が大きく変わる世代だと知っておくことが大切です 体のことから生き方まで、さまざまな悩みを抱えがちなマリソル世代。まず、アラフォー女性の体にはどんな変化が起きるのかを高尾美穂先生に伺った。 「アラフォーは、仕事に子育てに、親の介護にといった多忙な社会的環境に加えて、体では女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってくるという大きな変化が訪れます。それによって、更年期を迎える人も出始め、生理の周期や期間や量がバラつき出します。また、エストロゲンには、血管をしなやかに保ったり、骨を丈夫に保ったり、悪玉コレステロールを減らしたり、肌や髪のツヤを保ったりといった作用があります。その分泌量が減ることで、血管の弾力性が落ちる、血圧が高くなる、悪玉コレステロール値が高くなる、関節がきしむようになる、肌のハリが失われる、髪が細くなったり薄くなったりするといった変化が起き始めます」   さらに、エストロゲンの減少以外にも変化が……。 「加齢に伴って代謝が落ちてくるうえ、運動量も減るので、今までと同じだけ食べても太りやすくなります。また、しっかりと眠れなくなったりするので、それによってうつなどのメンタルの不調も起きやすくなります」  こんな体の変化を考えると、気分が滅入ってしまいそうだけれど、どうとらえればいい? 「これらは誰にでも起こる変化です。まずは、これから体が変わっていくんだなということを知っておくことが大事。それだけでずいぶん楽になります。そのうえで、生活習慣に気をつけたり、婦人科を利用したりと、対策はいくらでもあるので、賢く取り入れていくのがおすすめ」  そんなマリソル世代が、元気で機嫌よく過ごすコツとは? 「なるべく体を動かして運動量をキープすること。また、食べたいものを適量食べること。しっかりと睡眠を取って休むことです。アラフォー女性は特に睡眠が取れていないために、メンタルの不調も招いている人が多数。まずは十分に休むことを第一に心がけましょう。ただし、あくまで自分が快適な状態で、やるべきことをやっていくというイメージがいいと思いますよ」\アラフォーよりよく生きるために心がけたい4つのこと/■無理をせずできるだけ自分を快適な状態に 「生活習慣に気をつけることが大事ですが、やらなきゃと思って無理をするのは禁物。自分を快適な状態に置いたうえで、できることをやっていきましょう」■動いて、食べて、休んで、機嫌よく! 「適度な運動習慣と、適量の食事と、しっかり休むことができていれば機嫌よく過ごせます。特にしっかり休むことができていない人が多いので気をつけて」■体は変わることを認めよう。対策はあるよ! 「女性ホルモンの減少や代謝の低下などアラフォーになると誰にでも体の変化は起きます。それを理解して、対策はいくらでもあることを知っておきましょう」■アラフォーは忙しい世代だが無理をしないこと「仕事で重要な役職についたり、子育てや介護があったりとアラフォーはどうしても忙しくなる世代。自分の時間もうまく作って無理をしないようにしましょう」【アラフォーの婦人科のお悩み】 女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。今42歳ですが、若いころよりも経血の量が増えてきました。検診で「子宮が大きくなっていますね」と言われたのですが、子宮のサイズは変わるものでしょうか?◇ANSWER 「基本的には子宮が大きくなるのは異常で、子宮筋腫や子宮腺筋症などの病気の疑いがあります。このかたは経血量が増えてきたということなので、子宮筋腫か子宮腺筋症の可能性が高いです。子宮筋腫の場合は子宮と筋腫との境界が明瞭で、子宮腺筋症の場合は壁全体が厚くなり、どちらも経血量が増える可能性があります。子宮の中に入れるリング(ミレーナ)などで経血量は減らせるので、婦人科で相談を」毎年婦人科検診を受け、異常はないのですが、最近生理直前になると、おしりを突き上げるような痛みがあり少し気になっています。何か考えられる病気はありますか?また生理痛はどのくらいの痛みを目安に受診したらよいでしょうか?(42歳) ◇ANSWER 「婦人科検診では異常がなかったということですが、生理痛で困っているのなら月経困難症という病気と言えます。どれくらいの痛みが受診の目安かという基準はなく、自分で困っている症状があるなら受診の対象になります。婦人科検診は毎年受けているということですが、治療も始めるといいと思います。月経困難症は、鎮痛剤、低用量ピルなどのホルモン治療のほか、漢方薬などでの治療も可能なので相談してみてください」3 ㎝くらいの子宮筋腫があります。母は筋腫で手術をしています。遺伝はありますか? またこれ以上筋腫を大きくしないためにやったほうがいいことはありますか?(44歳)◇ANSWER 「遺伝は関係しますが、40歳以上の日本人女性の約40%に子宮筋腫があるので、遺伝はあまり気にする必要はありません。今特に困った症状がないなら経過観察でよいと思います。残念ながら筋腫が大きくなるのを自分で防ぐ方法はありません。ただ、現在、子宮筋腫は女性ホルモンの分泌を抑えて偽閉経状態にする飲み薬で治療でき、増悪(ぞうあく)を抑えられるので、過多月経などの問題が出てきたら治療を受けるのもよいと思います」生理前のイライラが年々ひどくなっています……。 明らかに子供や夫に当たっているな、と思いますし、どうして何事もこんなにイライラするんだろう……? と悲しくなります。だるさや頭の重さを感じることはありますが、生理痛などはありません。これってPMSでしょうか?またピルで改善できると聞いたことがありますが、以前ピルを服用して合わなかったので、ほかの対処法があれば知りたいです。(36歳)◇ANSWER 「生理前に不調が出て、生理がきたら改善するならPMSが考えられます。PMSの治療で低用量ピルを服用して合わなかったなら、漢方薬という選択肢もあります。イライラや落ち込みなどの症状には、抑肝散(よくかんさん)や加味逍遙散(かみしょうようさん)などという漢方薬がよく用いられ、効く場合が多いので、婦人科で相談してみましょう。PMSが年々ひどくなっている人は、更年期にもメンタル症状が出やすいので、今から自分に合う治療法を探しておくのがおすすめ」子宮筋腫があり(大きいものと、数もいくつか)生理時の出血量がとにかく多く、ナプキンを1 時間ごとに替えねばならぬほどで、つらいです。今40歳ですが、手術で筋腫を取るとしばらく妊娠はできないと聞きますし(独身だし予定があるわけではないのですが)かといって、筋腫があると妊娠もしにくそうで、年齢的に考えてしまいます……。一方、友人は一度40代前半で筋腫を取ったのに、再発してまた同じように出血過多で悩み、48歳で再手術したそうです。子宮筋腫の切除はどんなことに目安や優先順位をつけて(痛みや出血量などのほか、年齢やライフスタイルとか)考えればよいでしょうか? ◇ANSWER 「子宮筋腫は閉経すると小さくなりますが、今40歳なら閉経までまだ数年あると思うので、月経過多でつらいなら治療をするのがおすすめです。Q03でお話ししたような、偽閉経状態にする飲み薬での治療を取り入れてみるとよいように思います。また、妊娠を望まなくなった時点で、手術で筋腫を切除するのもいいでしょう。子宮筋腫を切除したほうがいいかどうかには特に目安はなく、本人の困っている度合いによります。医師によく相談してみましょう」36歳で自然妊娠で出産しましたが、2人目がなかなかできません。今40歳でちょっとあせり始めたところなのですが、ふだんからできること、注意したいことを伺いたいです。◇ANSWER 「妊よう性(妊娠する力)は、36~37歳で下がるので、40歳になると自然妊娠する可能性はかなり低めです。ですから本当に2人目が欲しいのかどうかをパートナーと話し合って、本当に欲しいなら、すぐ不妊治療を始めることがおすすめです。〝できれば2人目ができたらいいな〞という程度なら、生活習慣を整えて、生理が終わってから排卵までの間に3回は性交渉をもつといいですが、自然妊娠をするのはかなりむずかしいと思っておきましょう【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
関連キーワード

RECOMMEND