早期閉経、生理不順、子宮筋腫...アラフォー婦人科のお悩み【Dr. 高尾先生の〝心と体が軽くなる〞カウンセリング室】

Marisol ONLINE

が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして!


☆私が教えます!

産婦人科Dr. 高尾先生

産婦人科Dr. 高尾先生

たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)



アラフォーの婦人科のお悩み

女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。

子宮頸がん、子宮筋腫といった病名はメジャーでよく聞きますが、それ以外にもアラフォー世代なら知っておきたい、気をつけるべき病気はありますか? また性病についても知識がないので(自分もですが、娘にも教えられない……)、最低限知っておいたほうがいいことがあれば教えてください。(42歳)

ANSWER

「ほかの婦人科系の病気では、卵巣のう腫、子宮内膜症があります。気をつけるべき病気というより、定期的に婦人科検診を受けておくことが大事。子宮頸がん検査と経腟エコー検査を受けておけば、ほとんどの婦人科系の病気の有無がわかるので、両方受けておきましょう。また、性感染症は、検査を受けておくと、前は陰性だったのに陽性になった場合に、誰から感染したかがわかります。パートナーが変わるタイミングなどに検査を受けておくのがおすすめ」

若いころから生理不順な体質でしたが、40代に入ってから、特に生理周期が乱れるようになりました。始まったと思ったら終わったり、逆に2 週間以上ダラダラと続いたり。体も常に生理前のようなダルさや熱っぽさがあります。これって閉経のサインでしょうか?もしくは何かの病気ですか? 改善するためにできることはあるでしょうか?(42歳)

ANSWER

「最後の生理がきてから12カ月間、生理がこなかったら閉経と見なすので、このかたはまだ閉経はしていないようですが、だるさや熱っぽさがあるなら更年期に入っている可能性は高いです。閉経が近づくと生理不順になりやすいので、さほど心配はいりません。ただ、出血が生理ではなく病気の場合もあるので、婦人科で子宮頸がん検査と経腟エコー検査、子宮体がん検査を受けてみましょう。だるさや熱っぽさがつらいなら、その治療も可能です」

42歳ですが、37歳の時から不妊治療をしています。心身ともに、そして経済的にもしんどいですが、あきらめずに40代半ばで妊娠出産できたかたの話も聞くので、もう少し頑張ろうと思っています。ただこのまま成功しなかった場合の「やめ時」を考えておこうとも思うのですが、正直いつがやめ時なのかわかりません。先生はどうお考えになりますか?

ANSWER
「不妊治療は自分で希望して受けるものなので、医師からやめ時を言うことはありません。不妊治療は始める時点でパートナーと、いつまで行うか、費用をいくらかけるかの2つを決めておくと、やめ時がハッキリ決まって理想的。43歳くらいでやめる人も多いので、今42歳なら、次に受精卵を戻してみて妊娠しなかったらあきらめる、など自分で決めることが大事。パートナーと、いつまで行うかと、子供がいなかった場合の人生についてよく話し合ってみましょう」

40歳過ぎて生理の出血量が減ってきたな……と思ったら42歳で閉経してしまいました。特に更年期の症状は出ておらず受診もしていないですが、最近「早期閉経すると脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなるので50歳くらいまではホルモン剤を使用したほうがよい」とネットで読みました。なんの自覚症状がなくてもそうしたほうがよいでしょうか?(44歳)

ANSWER

「早発閉経とは30代で閉経することで、42歳での閉経は早発に当たらず異常ではありません。ただ、平均閉経年齢は49.7歳で、このくらいの年齢で閉経する人より10年近くも早くエストロゲンの分泌がなくなるので、実際に脳梗塞などのリスクは高まります。ですから更年期の不調はなくても、50歳ごろまではHRT(ホルモン補充療法)を受けるのがおすすめ。自分で感じる変化はなくても、骨の健康が保てるなど体の内側ではいいことがありますよ」

子宮筋腫があり(大きいものと、数もいくつか)生理時の出血量がとにかく多く、ナプキンを1 時間ごとに替えねばならぬほどで、つらいです。今40歳ですが、手術で筋腫を取るとしばらく妊娠はできないと聞きますし(独身だし予定があるわけではないのですが)かといって、筋腫があると妊娠もしにくそうで、年齢的に考えてしまいます……。一方、友人は一度40代前半で筋腫を取ったのに、再発してまた同じように出血過多で悩み、48歳で再手術したそうです。子宮筋腫の切除はどんなことに目安や優先順位をつけて(痛みや出血量などのほか、年齢やライフスタイルとか)考えればよいでしょうか? 

ANSWER

「子宮筋腫は閉経すると小さくなりますが、今40歳なら閉経までまだ数年あると思うので、月経過多でつらいなら治療をするのがおすすめです。Q03でお話ししたような、偽閉経状態にする飲み薬での治療を取り入れてみるとよいように思います。また、妊娠を望まなくなった時点で、手術で筋腫を切除するのもいいでしょう。子宮筋腫を切除したほうがいいかどうかには特に目安はなく、本人の困っている度合いによります。医師によく相談してみましょう」

現在38歳ですが、コロナ禍だし、あまり病院に行く気になれず、不調もないので今まで 婦人科検診を一度も受けたことがありません。というか妊娠したこともないので、婦人科の病院にすら行ったことがないので、正直ちょっと怖く……。乳がん・子宮がんの検診は毎年やったほうがいいんでしょうか?あと何歳くらいまで受けたほうがいいんでしょうか?

ANSWER

「38歳で婦人科検診を受けたことがないなら、明日にでも受けてください。年1回は受けるのが理想的。乳がん検診は、家族に乳がんの人がいる場合は、すぐに受けましょう。いない場合は、こまめに自分で乳房をさわって、しこりなどがないかチェックして、問題がなかったら急がなくても構いませんが、40歳になると自治体から無料の乳がん検診の通知が来ると思うので、それを利用して受けて。〝怖い〞とのことですが、検診を受けていないことのほうが怖い!」

【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂

▼合わせて読みたい

【プチ不調改善ヨガ講座】新型コロナウイルスの影響によって、生活スタイルががらりと変わった今年。体の不調が増えた人も多いのでは。そんな悩みに効くのが産婦人科医の高尾美穂先生が教える不調改善ヨガ。つらい悩みを撃退して。
関連記事
  • ちゃんと寝ているのに疲れが取れなくてだるかったり、運動をしたわけでもないのに疲れたり。これは「脳」の疲れが原因の可能性大!☆教えてくれたのは・・・パーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんパーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんすずき・たかよし●会員制ジム「ビーストイック」代表。脳科学、運動科学、解剖学、生理学、栄養学に基づく身体機能改善を提案。著書『全人類、背中を丸めるだけでいい』(講談社)がTwitterで話題に。今回は『疲れない体を脳からつくるボディハック』(イースト・プレス)をもとに教わった▼現代人に多い「脳疲労」ってなに?■『呼吸とボディマップ』5つのチェックLIST 以下の①〜⑤の動きを行ってみて。 ①と②は呼吸の、③〜⑤はボディマップの状態をチェックできる。 ①&②…呼吸のチェック ③&④&⑤…ボディマップのチェック①息止め椅子に座り、ストップウォッチを用意。呼吸を落ち着かせ、鼻から少し息を吸う。ため息をつくように鼻から少し息を吐いたら、鼻をつまみ、息を止めたらストップウォッチをスタート。息を吸いたくなるまでの時間を計測。3回行い、平均タイムを出す。②ロールアップあおむけになり、タオルを肩幅で持つ。膝を閉じてくっつけたまま、足の向こうにタオルを通し、次に通したタオルを再び足がつかないように通して戻す。③指指タッチリラックスして立って腕を広げ、両手の人さし指で1本指を作る。目を閉じ、体の真ん中の上のほうで両手の人さし指の先を合わせる。下のほうでも同様に。次に、体の左側と、右側も同様に上下で指先を合わせる。④肘膝タッチよつんばいになり、両足の爪先を床から離す。右腕と左脚を伸ばし、右肘と左膝を3回くっつける(肘と膝を見ずに行う)。次に、左肘と右膝を3回くっつける。⑤閉眼片足立ち右足を上げて片足立ちをし、目を閉じる。そのまま20秒キープ。次に、左足を上げて同様に。ブラトップ¥4,950・レギンス¥6,820/アマテラス(テン)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/SOGYON 取材・文/和田美穂
  • ちゃんと寝ているのに疲れが取れなくてだるかったり、運動をしたわけでもないのに疲れたり。これは「脳」の疲れが原因の可能性大。現代人に多い、こんな頑固な疲れの種類と要因をパーソナルトレーナー・鈴木孝佳さんが解説!☆教えてくれたのは・・・パーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんパーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんすずき・たかよし●会員制ジム「ビーストイック」代表。脳科学、運動科学、解剖学、生理学、栄養学に基づく身体機能改善を提案。著書『全人類、背中を丸めるだけでいい』(講談社)がTwitterで話題に。今回は『疲れない体を脳からつくるボディハック』(イースト・プレス)をもとに教わった自律神経の乱れからくる「脳疲労」が現代人の疲れの要因 疲れない体をつくるために、まず知っておきたいのが、疲れの種類。 「運動など体を動かして生じる疲労は末梢性の疲労です。一方、体を動かしてないのに生じるのが中枢性の疲労で、現代人に多い疲労はこちら。これは脳の疲れのことで、原因は自律神経の乱れ。自律神経には、心身をONモードにする交感神経と、OFFモードにする副交感神経があります。本来、副交感神経が優位になるべきOFF時間にも働いたりスマホを見たりしてしまうと、交感神経が優位になり、脳が休まりません。ON/OFFのスイッチがチグハグになり、脳に負荷がかかり続けることで、疲れが取れにくくなるのです」  この脳の疲労には呼吸も関係が。 「現代人の多くは猫背で、厳密には腰は反っていて首と頭が前に出た状態です。自律神経は背骨に沿って走っているので、腰が反っていると交感神経が常に刺激され、脳疲労を招きます。そのうえに猫背だと息を吐きにくくなり、息を吐く量より吸う量が多すぎる過呼吸になりがち。また、口呼吸になると呼吸の全体量が増加すると酸素と二酸化炭素のバランスが悪くなり、結果的に脳に酸素が行き渡らず脳疲労を招くのです」  さらに脳疲労の要因には〝刺激の偏り〟も関係しているそう。 「長時間座りっぱなしで、スマホやパソコンを見てばかりいると、運動不足で体の機能や感覚は衰えているのに対し、視覚から得る情報量は過剰に。このように刺激が視覚に偏った状態だと、脳が自分の体がどこにあるのかを認識できない〝体が迷子〟状態になります。例えば足の小指をベッドなどにぶつける人は多いと思いますが、これは物と自分の体との距離を判断するバランス感覚が衰え、脳内のボディマップがぼやけた〝体が迷子〟状態。こうなると安全が確保できないので、心身が常に緊張して交感神経が優位になり、脳が慢性的な疲労を起こすのです」  つまり過呼吸や口呼吸、刺激の偏り、体が迷子の3つを正すのが疲れ解消のカギ。まずは以下のページで自分の体のどこに問題があるかをチェック! ▼『呼吸とボディマップ』 5つのチェックリスト《 疲労には2種類ある! 》 ① 中枢性=脳の疲れ ② 抹消性=運動した時の疲れ 現代人は ①中枢性の疲れ= 自律神経の疲労が多い! 現代人には、交感神経が優位な状態が続くことで脳が休まらずに生じる、中枢性の疲労が多い。\現代人の脳疲労を招く要因はこの3つ!/ 3つの不健康現象に、心当たりはありませんか? 以下の3 つが、交感神経をオンにし続け、脳を疲れさせる要因。心当たりがある人は要注意。猫背だと口呼吸になりやすく、吐くより吸う息の量が増えて過呼吸になりがち。また、現代人は常に交感神経が優位で呼吸が浅くなりやすく、この理由からも過呼吸になりやすい。過呼吸になると酸素と二酸化炭素のバランスがくずれ、酸素がうまく体中に運ばれず、脳にも行き渡りにくくなり脳疲労を招く。体を動かさずに、スマホやパソコンばかり見ている現代人は、刺激が視覚に偏っている。インプットとアウトプット(行動)のバランスが取れていれば脳と体の健康が保たれるが、視覚によるインプットが過剰な状態では脳が休まらず疲弊してしまう。刺激が視覚に偏っていると、バランス感覚や深部感覚など、ほかの感覚が衰える。すると脳の中の体の地図=ボディマップが乱れ、自分の体を正確に動かせなくなるため、安全を確保できないので心身が常に緊張。交感神経が優位になり、疲労のもとに。【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/SOGYON 取材・文/和田美穂
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!産婦人科Dr. 高尾先生が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして!  ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)【アラフォーぷち不調のお悩み】 アラフォーに多い、ぷち不調の悩みについて聞きました!以前は元気がとりえだったのに、40代になり、朝がしんどくなりました。仕事はかなり忙しかった(テレビ局勤務)ものの、コロナ禍で少し楽になり、規則正しい生活が送れるようになったのに、スッキリ起きられる朝がほとんどありません。寝つきも悪いですし、眠りも浅く、目が覚めても体がコチコチですぐに体を動かすことができません。この先、一生こうなの?という不安が募ります。毎日ストレッチを欠かさず週1 のバレエ、たまにウォーキングもしますが、これ以外に何か対処法があれば教えていただきたいです。(46歳) ◇ANSWER 「寝つきが悪いなら、眠気を阻害することをしていないか考えてみましょう。例えば、カフェイン入りの飲み物を自分は何時以降にとると寝つきが悪くなるか考えて、それ以降にはとらないようにしたり。寝る直前までスマホを見ている習慣があれば、それをやめたり。また、眠気は体の深部体温が下がる時に訪れるので、寝たい時間の1時間半ほど前に入浴して体温を上げると、下がる時に眠気が訪れて寝つきやすくなります。朝の体のコチコチも防げますよ」慢性的に首、肩、背中のコリがひどいです。いつもガチガチで体が重ーい感じです。スマホもPCもよく見ますし、運動は子供のころから苦手です。このまま年を取るともっとひどくなるでしょうか? 気圧や天気にも影響されてる気がします。今の体のコリを和らげるような生活習慣や、運動などがあれば知りたいです。(40歳) ◇ANSWER 「スマホやPCを見てうつむいてばかりで首や肩、背中がこる人は、時々空を見ることです。空を見る時は必ず首を上げますし、太陽が出ていたら気持ちが元気に。雲の流れを見ているだけで、自分が今取り組んでいることからいったん離れられ、気分転換もできます。また、背もたれのある椅子やソファに座って、頭の後ろで両手を組んで、左右の手の親指を首のつけ根のくぼみに当てて、頭を後ろに倒して刺激するのもおすすめ。首が効果的にほぐれますよ」頭の後ろで両手を組み、左右の手の親指を首のつけ根に当てる。 ▼ ▼頭を後ろに倒し、親指で首のつけ根を刺激。こっている場所を探して指を移動させ、同様に。今45歳ですが、全然やせられなくなってきました!前はちょっと甘いものやお酒を控えたらスーッとやせたのに、これはやはり加齢のせいでしょうか? しかも腰まわりに肉がついて、おなかもポッコリ、下半身の丸さが気になります。スッキリさせるコツはありますか?◇ANSWER 「やせにくくなるのを加齢や、女性ホルモンが減るせいにしたがる人が多いですが、高齢者が全員太っているわけではないので、それだけが原因ではありません。食事や運動のバランスが大きく影響するので、まずは運動を取り入れましょう。体重を落とすなら有酸素運動、体型を整えるなら筋トレが効果的で、両方するのが理想的。両方するのがむずかしいなら、まずはひと駅分、早歩きをするなどの有酸素運動を取り入れて。これである程度体重が落ちるはず」コロナ禍で在宅勤務が増え、ひとり暮らしで人と話さない日も多いせいか、気分が上がらずちょっと落ち込みがちです……。まだ「うつ」というほどではありませんが、このままだと何かのはずみでドーンと心身ともに落ち込みそうで怖いです。何か気をつけたほうがいいことはありますか?(38歳)◇ANSWER 「ひとり暮らしで在宅勤務をしていると、誰とも話さないので、声を出す機会が減ることが落ち込み感を招いてしまう大きな原因だと思います。改善するには、なるべくこまめに人とコミュニケーションを取ることです。電話で友達や家族とおしゃべりしたりして、声を出す機会を作りましょう。ペットがいるならペットに声をかけるのもいいですし、お風呂の中で歌を歌ったりして声を出すのもおすすめ。黙っているより、気分が晴れやすくなると思います」とにかく疲れています。仕事も家庭もまあ忙しいですが、朝起きると、もう疲れているし、家にいても家事や外出など体を動かす気になりません。健康診断では特に指摘されることはありませんが、これってどこか悪いんでしょうか? いつもハツラツとしていらっしゃる高尾先生のようになりたいです。またちょっとでも疲れを取って元気になるコツやヨガのポーズがあればぜひ教えてください。(44歳)◇ANSWER 「朝起きた時に疲れが取れていないのは、睡眠不足の可能性大。朝、疲れが取れていないなと感じたら、その日は仕事から早めに帰宅し、夜早く寝るようにしましょう。また、ヨガのポーズというほどではないですが、夜寝る前は、ゆっくり息を吐きながら背中を丸めるのがおすすめ。緊張した体がリラックスして副交感神経が優位になり、寝つきやすくなります。また、朝は胸を張って息を吸い込みましょう。酸素を取り込みやすくなり元気が出ますよ」【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)【アラフォーの婦人科のお悩み】 女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。くしゃみをしたら尿もれしました。また我慢も苦手になってきました。これって骨盤矯正などで改善するんでしょうか?ヨガなどで治るなら方法を知りたいです。(45歳) ◇ANSWER 「尿もれは、子宮や膀胱などの骨盤内臓器を下から支えている骨盤底筋の衰えが関係しています。この筋肉を鍛えれば尿もれは改善しやすくなるので、骨盤矯正をするよりも、自分で鍛えるのがおすすめ。太ももとおしりの筋肉を使うと骨盤底筋も間接的に鍛えられます。例えばスクワットや、以下のヨガのポーズなどがおすすめ。おしりにキュッと力を入れる時に骨盤底筋が刺激されるので、これをこまめに行うと、尿もれが改善しやすいです」あおむけで両足を骨盤より広めに開く。両膝は立てて閉じ、左右の太もも同士をくっつける。 ▼ ▼肩と膝が斜め一直線になるようにおしりを浮かせて9秒キープ。これを何回か繰り返す。知人が更年期で2年ほど「うつ」っぽくなりつらかったと言っていました。母も人が変わったようにイライラしていたことがあり、今思えば更年期だったのかな、と思います。なので自分のこの先の更年期が怖くてたまりません。心にも体にも出る症状や期間はいろいろ、対処法もいろいろと聞きますが、なるべく楽に乗りきるコツはありますか? 飲んだほうがいいサプリとかあるんでしょうか? また基本的な質問かもしれませんが、つらかったら普通に婦人科の病院を受診していいんでしょうか?あと自分がいつ閉経するのか、は検査などでわかるものですか?(44歳) ◇ANSWER 「更年期は誰にでも訪れるので、怖がる必要はありません。生理周期にバラつきが出るのが更年期のサイン。閉経が近づいているかどうかは婦人科の血液検査でエストラジオールとFSH(卵胞刺激ホルモン)の数値を調べることで、ざっくりとわかります。更年期に不調が起きた場合も、婦人科でHRT(ホルモン補充療法)や漢方薬などで治療できるので、つらいのを放っておかず受診しましょう。運動も、更年期のうつや不眠、多汗などに効くことがわかっているので、今から運動習慣をつけておくのもおすすめ。サプリは女性ホルモンと同じような働きをもつ大豆由来の成分、エクオールが更年期の不調の改善によいことがわかっているので、今からとっておくのもいいと思います」夫とのセックスが楽しめません。30代後半ですが新婚で妊活中なので、そのためだけに義務感でしているような感じです。過去に相性がいい人がいたので、どこかで比べてしまっているのかもしれませんが……人としてはとても好きな夫なので、モヤモヤしてしまいます。またセックスの後、おなかが痛くなることもあります。あまり激しく動かされたりするのは女性の体にとって負担になるのでしょうか?病気が潜んでいる可能性はありますか?(38歳)◇ANSWER 「妊活のために性交渉をしなきゃというのはつらいですよね。性交渉が楽しめないなら、何をしたら楽しめるかを考えてみて、パートナーとよく話し合って、試してみることが大事。また、性交渉の時は内臓が激しく揺さぶられるので、後でおなかが痛くなることはたまにあり、通常は2~3日でよくなります。たまに卵巣から出血が起こっていることもあり、それでも自然に治りますが、まれに出血が止まらなくなることも。痛みが続くなら婦人科で相談を」デリケートゾーンのにおいがキツくなってきた気がします。これは加齢によるものでしょうか?食事などによる対策はありますか?(42歳)◇ANSWER 「デリケートゾーンのにおいが、加齢によって強くなることはないですし、食事も関係ないので、食事による対策もありません。生理周期によって一時的におりもののにおいが強くなることは誰にでもあることなので、気にする必要はありません。ただし、生理周期にかかわらず、いつでもにおいが強いなら、クラミジア感染症や、淋菌感染症、トリコモナス腟炎などの性感染症の可能性もあるので、婦人科で検査を受けると安心です」友人がVIOの脱毛やマッサージ(専用の洗剤で洗って、オイルなどでマッサージするそうです)を始めたと聞いて、あせっています。これまで水着を着る前に処理する程度で、無関心でした。調べたらVIOのレーザー脱毛は賛否両論あるようですが、先生はどうお考えですか? またやはりきちんと洗ったりマッサージしたりしたほうがよいのでしょうか?(友人はオイルマッサージをして、なんだかよい気がする! と言っていたのですが、ちょっと腰が引けてしまいます……)。(40歳)◇ANSWER 「VIO脱毛はいいと思います。最近よく、将来介護される側になった時のためにVIO脱毛をしておくとよいと言われますが、そのためだけでなく、尿や便が毛につかなくなるので清潔を保つためにもいいと思います。医療機関など安全なところで行いましょう。また、閉経に向かうと腟が乾燥しやすくなるので、性交渉をもち続けるために、保湿を兼ねてデリケートゾーンのマッサージをするのもいいと思います。洗うことについては、腟の中は洗う必要はなく、小陰唇のくぼみのアカなどをお湯で洗えばOKです」【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
  • 女性の心と体を楽にするアドバイスで、テレビなどでも大人気の産婦人科医の高尾美穂先生が、アラフォーの体の変化に伴うお悩みお答えします!産婦人科Dr. 高尾先生が、マリソル読者のさまざまな悩みにズバリ回答! 婦人科系の悩みから、生きる目的などまで、マリソル読者の質問に答えていただいた。ぜひ、参考にして! ☆私が教えます!産婦人科Dr. 高尾先生産婦人科Dr. 高尾先生たかお・みほ●産婦人科医。イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター。ヨガ指導者。NHK『あさイチ』出演時の、女性の体や心の悩みに寄り添ったアドバイスや、生き方などが大反響を呼び、テレビや雑誌などで引っぱりだこに。著書は『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)体が大きく変わる世代だと知っておくことが大切です 体のことから生き方まで、さまざまな悩みを抱えがちなマリソル世代。まず、アラフォー女性の体にはどんな変化が起きるのかを高尾美穂先生に伺った。 「アラフォーは、仕事に子育てに、親の介護にといった多忙な社会的環境に加えて、体では女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってくるという大きな変化が訪れます。それによって、更年期を迎える人も出始め、生理の周期や期間や量がバラつき出します。また、エストロゲンには、血管をしなやかに保ったり、骨を丈夫に保ったり、悪玉コレステロールを減らしたり、肌や髪のツヤを保ったりといった作用があります。その分泌量が減ることで、血管の弾力性が落ちる、血圧が高くなる、悪玉コレステロール値が高くなる、関節がきしむようになる、肌のハリが失われる、髪が細くなったり薄くなったりするといった変化が起き始めます」   さらに、エストロゲンの減少以外にも変化が……。 「加齢に伴って代謝が落ちてくるうえ、運動量も減るので、今までと同じだけ食べても太りやすくなります。また、しっかりと眠れなくなったりするので、それによってうつなどのメンタルの不調も起きやすくなります」  こんな体の変化を考えると、気分が滅入ってしまいそうだけれど、どうとらえればいい? 「これらは誰にでも起こる変化です。まずは、これから体が変わっていくんだなということを知っておくことが大事。それだけでずいぶん楽になります。そのうえで、生活習慣に気をつけたり、婦人科を利用したりと、対策はいくらでもあるので、賢く取り入れていくのがおすすめ」  そんなマリソル世代が、元気で機嫌よく過ごすコツとは? 「なるべく体を動かして運動量をキープすること。また、食べたいものを適量食べること。しっかりと睡眠を取って休むことです。アラフォー女性は特に睡眠が取れていないために、メンタルの不調も招いている人が多数。まずは十分に休むことを第一に心がけましょう。ただし、あくまで自分が快適な状態で、やるべきことをやっていくというイメージがいいと思いますよ」\アラフォーよりよく生きるために心がけたい4つのこと/■無理をせずできるだけ自分を快適な状態に 「生活習慣に気をつけることが大事ですが、やらなきゃと思って無理をするのは禁物。自分を快適な状態に置いたうえで、できることをやっていきましょう」■動いて、食べて、休んで、機嫌よく! 「適度な運動習慣と、適量の食事と、しっかり休むことができていれば機嫌よく過ごせます。特にしっかり休むことができていない人が多いので気をつけて」■体は変わることを認めよう。対策はあるよ! 「女性ホルモンの減少や代謝の低下などアラフォーになると誰にでも体の変化は起きます。それを理解して、対策はいくらでもあることを知っておきましょう」■アラフォーは忙しい世代だが無理をしないこと「仕事で重要な役職についたり、子育てや介護があったりとアラフォーはどうしても忙しくなる世代。自分の時間もうまく作って無理をしないようにしましょう」【アラフォーの婦人科のお悩み】 女性ホルモンの分泌量の減少からくる悩みや、アラフォーに多い婦人科系の病気の悩みなどまで、わかりやすくアドバイス。今42歳ですが、若いころよりも経血の量が増えてきました。検診で「子宮が大きくなっていますね」と言われたのですが、子宮のサイズは変わるものでしょうか?◇ANSWER 「基本的には子宮が大きくなるのは異常で、子宮筋腫や子宮腺筋症などの病気の疑いがあります。このかたは経血量が増えてきたということなので、子宮筋腫か子宮腺筋症の可能性が高いです。子宮筋腫の場合は子宮と筋腫との境界が明瞭で、子宮腺筋症の場合は壁全体が厚くなり、どちらも経血量が増える可能性があります。子宮の中に入れるリング(ミレーナ)などで経血量は減らせるので、婦人科で相談を」毎年婦人科検診を受け、異常はないのですが、最近生理直前になると、おしりを突き上げるような痛みがあり少し気になっています。何か考えられる病気はありますか?また生理痛はどのくらいの痛みを目安に受診したらよいでしょうか?(42歳) ◇ANSWER 「婦人科検診では異常がなかったということですが、生理痛で困っているのなら月経困難症という病気と言えます。どれくらいの痛みが受診の目安かという基準はなく、自分で困っている症状があるなら受診の対象になります。婦人科検診は毎年受けているということですが、治療も始めるといいと思います。月経困難症は、鎮痛剤、低用量ピルなどのホルモン治療のほか、漢方薬などでの治療も可能なので相談してみてください」3 ㎝くらいの子宮筋腫があります。母は筋腫で手術をしています。遺伝はありますか? またこれ以上筋腫を大きくしないためにやったほうがいいことはありますか?(44歳)◇ANSWER 「遺伝は関係しますが、40歳以上の日本人女性の約40%に子宮筋腫があるので、遺伝はあまり気にする必要はありません。今特に困った症状がないなら経過観察でよいと思います。残念ながら筋腫が大きくなるのを自分で防ぐ方法はありません。ただ、現在、子宮筋腫は女性ホルモンの分泌を抑えて偽閉経状態にする飲み薬で治療でき、増悪(ぞうあく)を抑えられるので、過多月経などの問題が出てきたら治療を受けるのもよいと思います」生理前のイライラが年々ひどくなっています……。 明らかに子供や夫に当たっているな、と思いますし、どうして何事もこんなにイライラするんだろう……? と悲しくなります。だるさや頭の重さを感じることはありますが、生理痛などはありません。これってPMSでしょうか?またピルで改善できると聞いたことがありますが、以前ピルを服用して合わなかったので、ほかの対処法があれば知りたいです。(36歳)◇ANSWER 「生理前に不調が出て、生理がきたら改善するならPMSが考えられます。PMSの治療で低用量ピルを服用して合わなかったなら、漢方薬という選択肢もあります。イライラや落ち込みなどの症状には、抑肝散(よくかんさん)や加味逍遙散(かみしょうようさん)などという漢方薬がよく用いられ、効く場合が多いので、婦人科で相談してみましょう。PMSが年々ひどくなっている人は、更年期にもメンタル症状が出やすいので、今から自分に合う治療法を探しておくのがおすすめ」子宮筋腫があり(大きいものと、数もいくつか)生理時の出血量がとにかく多く、ナプキンを1 時間ごとに替えねばならぬほどで、つらいです。今40歳ですが、手術で筋腫を取るとしばらく妊娠はできないと聞きますし(独身だし予定があるわけではないのですが)かといって、筋腫があると妊娠もしにくそうで、年齢的に考えてしまいます……。一方、友人は一度40代前半で筋腫を取ったのに、再発してまた同じように出血過多で悩み、48歳で再手術したそうです。子宮筋腫の切除はどんなことに目安や優先順位をつけて(痛みや出血量などのほか、年齢やライフスタイルとか)考えればよいでしょうか? ◇ANSWER 「子宮筋腫は閉経すると小さくなりますが、今40歳なら閉経までまだ数年あると思うので、月経過多でつらいなら治療をするのがおすすめです。Q03でお話ししたような、偽閉経状態にする飲み薬での治療を取り入れてみるとよいように思います。また、妊娠を望まなくなった時点で、手術で筋腫を切除するのもいいでしょう。子宮筋腫を切除したほうがいいかどうかには特に目安はなく、本人の困っている度合いによります。医師によく相談してみましょう」36歳で自然妊娠で出産しましたが、2人目がなかなかできません。今40歳でちょっとあせり始めたところなのですが、ふだんからできること、注意したいことを伺いたいです。◇ANSWER 「妊よう性(妊娠する力)は、36~37歳で下がるので、40歳になると自然妊娠する可能性はかなり低めです。ですから本当に2人目が欲しいのかどうかをパートナーと話し合って、本当に欲しいなら、すぐ不妊治療を始めることがおすすめです。〝できれば2人目ができたらいいな〞という程度なら、生活習慣を整えて、生理が終わってから排卵までの間に3回は性交渉をもつといいですが、自然妊娠をするのはかなりむずかしいと思っておきましょう【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 取材・文/和田美穂▼合わせて読みたい
関連キーワード

RECOMMEND