今年のアウターはHYKEのロングダウンにしました!

Marisol ONLINE
なんとなく入ったイセタンサローネで、パッと目に入ってきたこちらのHYKEのダウンコート。

見た瞬間にタイプ!と思って試着して、やっぱりいい!と思って、ひと足早いクリスマスプレゼントをゲットしました。

ボリュームはかなりあって、着膨れ感や肉襦袢的な感じにならないかと多少不安もありましたが(笑)、このボリューム感がモードなフォルムを生み出しているのだと思っています。
デザインは潔いミニマルな作りで、Vネックの襟元にスナップボタンが一つだけ。
あとは、このボリューミーなフォルムが演出している感じです。

シンプルなだけに、インナーもそれほど選ばず合わせやすそう。
今回はロングタイトスカートと合わせましたが、パンツとの相性ももちろんバッチリでした。
素材は、PERTEXという機能素材が使われているようで片側の袖にはそのロゴが、もう一方の袖にはHYKEのロゴが入っています。

軽量で、防水、湿気を逃しやすい素材で、今シーズンのHYKEのナイロン系のアウターにはほぼこちらの素材が使用されています。

色は、こちらのブラックとカーキの2色展開でしたが、私は迷わずブラックに。

モード感とスポーティーな雰囲気がうまくミックスされたテイストはとても気回しやすそうです。

今年の冬はこのHYKEのダウンコートで寒さを乗り切ろうと思います。

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎

関連記事
  • 現場でいつも私服が素敵なおしゃれプロの、冬のMyベーシックコーディネートのルールを拝見。モデル・稲沢朋子さんのコーディネートの軸になっているのはストール。巻く、羽織る以外のお洒落テクニックは必見。「ストールは、毎年必ず買い足してしまう定番。素材のよさやアレンジ力で好きなブランドを指名買い!」稲沢朋子さん(モデル)「首に巻くだけでなく、さし色的に手持ちしたり、バッグのカバーにしたり。コーディネートに欠かせないストールは、お店が開けるくらいたくさんあります(笑)。車移動が多いので、本格コートよりも、さっとはおってアウターがわりになるストールがとても便利なんです。夏は日射し対策でリネンのストール。一年中活躍しています」Item list Knit:HYKE One-piece:Ron Herman Stole:johnstons of Elgin Bag:Globe-Trotter Shoes:THE ROW 「淡いアイスブルーのカシミヤストールは、ブルーのワンピースと同系色でリンクさせて。大判で暖かく、色も合わせやすいので、今季登場頻度はNo.1!」。ジョンストンズのストールは、毎年ハウントの別注カラーをチェックしているそう。Item list (from right)  Scarf:HERMÈS Scarf:HERMÈS Stole:Joshua Ellis Stole:johnstons of Elgin Stole:ASAUCE MELERシーズンレスに使えて旅行にも最適なエルメスの大判のカシミヤシルクスカーフは色違いで。ジョシュアエリスでは、アイコニックなチェック柄をチョイス。左のアソースメレ×スタイリスト・辻直子さんコラボは、付属のピンでとめればケープ風に。「ストール」に関する記事一覧>>撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) 取材・原文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 今年の冬こそ、コートできれい色に挑戦するなら、アラフォーも無理なく着こなせるスモーキーなカラーパレットからチョイスしてみて。 2021-2022冬はくすみパステルのコートにトライ!■モスグリーンBrand: Hykeきれい色初心者におすすめのモスグリーン カーキグリーンの延長線上でスタイリングできる色だから、こんなカジュアルデザインなら手持ちのワードローブと無理なくなじむはず。ライトグレーのスカートをきかせ色にして。コート¥79,200/ボウルズ(ハイク) ニット¥31,900・スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥22,000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ) シューズ¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)   ■スモーキーブルーBrand: United Arrowsきれいめスタイルにマッチする、スモーキーブルー。共布のストールつきでアレンジが楽しめる。コート¥143,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)   ■ローズピンクBrand: N.O.R.C by the line冬の装いの中で、ドラマティックな華やかさを約束してくれるローズピンク。撥水機能つきの素材という、うれしい実用性も。コート¥32,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)   ■ブリックオレンジBrand: Muller of yoshiokubo動きのある長い毛足が今年らしい、ブリックオレンジのコート。大きめの襟や太めの袖など、さりげないディテールが個性をプラス。コート¥84,700/ミュラー オブ ヨシオクボ   ■アッシュグリーンBrand: Uncraveグレーにもブラウンにも合う上品なアッシュグリーン。気軽に着られるショート丈、かつくすみトーンのきれい色だから今すぐトライできそう! コート¥33,550/アンクレイヴ   ■アイスブルーBrand: PLST薄く軽やかなアイスブルーのロングコートは、着流し感覚でさっとはおってさっそうと着こなしたい。しっとりとした光沢感があり、驚くほど高見え! コート¥21,000/プラステ 【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 ▼合わせて読みたい!
  • 不動人気のピンクと今季再注目の赤。着るだけで元気になる2大ハッピーカラーは、大人目線の選びが重要! ■アラフォー的リアルトレンド2021-2022AW おしゃれプロの指名買いから、取り入れるべき大人に似合う真の流行が浮き彫りに。今季の注目トレンド&旬アイテムを大公開!   TREND2:赤&ピンク  ビッグスウェット CASA FLINE 亀甲有希さん推薦 「適度にボリュームのあるサイズ感が可愛い」<亀甲さん>。スウェット¥15,400/CASA FLINE表参道本店(カーサフライン)  カシミアフーディ PICEA 陶山真知子さん推薦 「カシミア特有の肌ざわりのよさと赤の色出しに惹かれました」<陶山さん>。フーディ¥103,400/ピセア  テーパードパンツ Drawer 発田美穂さん推薦 「発色がよく、センスのよい赤に惹かれて」<発田さん>。パンツ¥50,600/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)  サテンシューズ PIPPICHIC   ■フラットシューズ/ピッピシック|SHOP Marisol ≫編集ロミ推薦 「サテンピンクは一点投入でインパクトを狙って」<編集ロミ>。フラットシューズ¥33,000/RHC ロンハーマン(ピッピシック)  シルクパンツ Drawer 福田亜矢子さん推薦 「シルク素材パンツはニットとの素材コントラストを楽しみたい」<福田さん>。パンツ¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)  ノーカラーコート HYKE 石毛のりえさん・野崎久実子さん推薦 想像以上に着回しがきく一枚。飽きのこないデザインも選ぶポイントに」<石毛さん>。「デザインがカジュアルなのでラフに着られる」<野崎さん>。コート¥94,600/ボウルズ(ハイク)  起毛カーディガン Whim Gazette   ■カーディガン/ウィム ガゼット|SHOP Marisol ≫編集長イシダ推薦 「モコモコ感に心が躍る。血色がよく見える効果も」<編集長イシダ>。カーディガン¥27,500/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)  【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子 ▼合わせて読みたい!
  • すでに定番カラーが手もとにあるなら、今冬は思いきってカラーニットを。カシミアやモヘアなど上質素材が大人の選択。秋冬配色のNew Rule カラーニット■WHIM GAZETTE ミントモヘアニット澄んだカラーに加えて、ざっくりとした編み地の透け感が女らしさも。ボリュームニットには落ち感のあるシルクスカートを選択。 ニット¥23,100/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥24,200・ネックレス¥35,200/リューク バッグ¥33,000/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) 靴¥90,200/フラッパーズ(ネブローニ)■HYKE  イエローモヘアニット肌なじみのいいオートミールイエロー。ジャケットやチェックスカートなど、トラッドアイテムにもマッチする一枚。 ニット¥68,200/ボウルズ(ハイク)■DRAWER  ライトピンク カシミアニット手ざわりのいい上質なカシミアニット。タートルネックにカーディガンをゆったりと重ねて、大人の余裕を。 ニット¥91,300・カーディガン¥104,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)■ADAM ET ROPÉ  ブルーVニット合わせやすいくすみブルー、今年は深いグリーンやネイビーとの冬の配色を試して。デコルテをきれいに見せるVあきも優秀。   ■ニット¥16,500/アダム エ ロペ|SHOP Marisol ≫ニット¥16,500/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ]■AURALEE レモンリブニット鮮やかなイエローニットはレザーパンツと異素材ミックスしてコーディネート。素材感で緩急をつけることで、すっきりとした印象に仕上がる。ニット¥36,300/オーラリー カットソー¥14,300/エイトン青山(エイトン) パンツ¥60,500/サードマガジン ネックレス¥200,200/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥322,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)■CHAOS サックスカーディガンファー加工で毛足を出したカシミアカーディガン。フロントのボタンを開けて、カジュアルに着ても素敵。 カーディガン¥69,300/カオス丸の内(カオス)■SLOANE ピンクモヘア シルクニット柔和なピンクの色出しが上品。モヘアシルクのあぜ編みニットはおそろいのカーディガンとツインで着ても今年らしい。ニット¥35,200・カーディガン¥38,500/スローン ■SACRA  マスタード モヘアニット柔らかいイエローとニュアンスのあるメランジ素材がリラックス感を引き出して。いつものデニムにさらりと着るだけでムードあり。  ニット¥36,300/インターリブ(サクラ)■NEAR.NIPPON グリーン ラクーンニット大人が楽しめる、絶妙なグリーンに惹かれて。スカートとも相性のいい形で、立体的なパフショルダーがクラシカルな印象も連れてくる。ニット¥46,200/ニアー(ニアー ニッポン) 【Marisol11月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/福田亜矢子 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/ヨンア 取材・文/陶山真知子 ▼秋冬配色の新常識▼あわせて読みたい
関連キーワード

RECOMMEND