おしゃれな人は選んでる!40代のためのボブヘアスタイル月間ランキングTOP10

Marisol ONLINE

※2021年11月1日(火)〜 2021年11月29日(月)



【ボブヘア 1
位】透け感のある前髪と重めボブのバランスで、こなれ感をプラス

【FRONT】

今年らしい鮮度をプラスするなら、前髪をやや薄めにつくるのがポイント。ただし髪がやせてくるマリソル世代の場合、20代のように幅狭×薄めにするのは厳禁。幅は今までどおり広めにしつつ、真ん中の厚みのみを減らすのが大人への似合わせのコツ。バームやヘアクリームなどで前髪にも毛先にも全体に束感を演出して。セミウェットな質感にすることで、洗練された服映えボブがかなう。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/多
太さ/普
硬さ/硬
クセ/無

担当サロン/S.HAIR SALON

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 2位】耳にかけて完成する、“日常のクセ”を逆手に取ったボブ

【FRONT】

細く柔らかい髪質をふんわり見せるために、全体に重さを残したベースをつくって。やや前下がりのボブは、レイヤーや毛量調整は少なめにして厚みを出して。長めの前髪はリップラインでカットし、動きを出しやすいように調整を。実はボブの場合、仕事中などはサイドの髪を耳にかけてしまう確率が高い。その"日常のクセ"を逆手に取り、サイドを耳かけにするとシャレ感のある水平なクールボブになるように計算。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/少
太さ/細
硬さ/柔
クセ/無

担当サロン/RUNO



【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 3位】トレンド感、再現性、髪の美しさ、すべてをかなえる

【FRONT】

ストレートタッチの旬な雰囲気がありつつ、アラフォーならではの髪質にまとまりやすさをプラスしてくれる、外ハネ×丸みボブ。全体はグラデーションボブで丸みを出し、乾かすだけでフォルムがきちんと収まるように。襟足に長さを残しているため、この部分が外ハネしやすく、うねりが出てくる髪質を自然にスタイリングしやすく。直毛の場合のみ、毛先にワンカールのパーマをプラスするのがおすすめ。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/多
太さ/普
硬さ/硬
クセ/うねり・広がり

担当サロン/Rougy


【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 4位】洗練、ボリューム、らくちん。エアリーなボブの可能性

【FRONT】

シンプルなワンレンボブがベース。そこへ空気感を演出すべく、毛先はニュアンスのある内巻きに、表面はレイヤーで浮遊感を、顔まわりはすっきり見せるようすき間を入れるスタイリングに調整を。ブローで自然に収まるようカットしてあるので、ツヤを出すように乾かして、バームなどで束感を出すようにスタイリング。セットが簡単なのもメリット。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/多
太さ/太
硬さ/硬
クセ/弱

担当サロン/Violet OMOTESANDO



【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)



【ボブヘア 5位】“質”をよく見せる ツヤと丸み、2つのキーワード

【FRONT】

パサつき、まとまりのなさ、ボリューム感が減るなど、エイジング毛の入り口に立っているマリソル世代。服が似合う髪を考えるなら、“質”をよく見せるのがまず先決。そこでツヤと丸みのあるボブという選択を。全体はグラデーションカットで面を見せているが、重くなりすぎないよう内側で毛量調整したり、襟足は外ハネの動きが出るように微調整。襟足に1.5回転の弱いパーマをかけランダムな動きを演出。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/多
太さ/普
硬さ
クセ/ふくらみ

担当サロン/marr


【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 6位】クールになりすぎない。無造作な毛先の動きがポイント

短め、前髪なしのボブは、全身バランスがよく見えるので、服好きならぜひ取り入れたいフォルム。ただそのままの質感ではクールに見えやすいので、似合うファッションの幅を広げるためにも、毛先に無造作なパーマをプラスすることを推奨。エアウェーブという髪質を柔らかく見せるパーマ技術を活用し、クセ以上、パーマ未満のニュアンスのある動きと、再現性の高さと質感キープをすべて網羅。

【SIDE】

【FRONT】

DATA
/多
太さ/普
硬さ/硬
クセ/無

担当サロン/PearL

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 7位】カジュアルからフェミニンまで。服の幅を広げるくびれボブ

【FRONT】

服映えにきくボブの長さをずっとキープしていると、変化が欲しくなる。そんな人におすすめなのが、レイヤーでボブにメリハリを出してくびれをつくったスタイル。ストレート&ふんわりとスタイリングすればフェミニンな服に映える。毛先を外ハネになるように巻けば、カジュアル服との相性が抜群に。長さを変えずともイメチェンがしやすく、応用力がアップするのがこのスタイルの魅力。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/普
太さ
硬さ
クセ/無

担当サロン/marr


【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 8位】扱いやすさで人気再燃。内巻きボブが大人にきく

【FRONT】

トレンドに敏感なマリソル世代は、さまざまなボブスタイルを経てきている。今までのスタイルに飽きた、または髪質に悩みを抱えるようになり、内巻きボブへの原点復帰の気配が。内巻きにしやすいよう、やや前下がりのフォルムにカット。直毛なら毛先はワンカールのパーマを。コテまたはカールドライヤーで毛先をブローするだけで収まりのよいツヤボブを再現。パサつきの髪悩みを回避し、セルフスタイリングも簡単。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/普
太さ
硬さ
クセ/生えグセ

担当サロン/umber



【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 9位】厚みのあるボブとパーマの合わせテクで、ふんわり華やかに

【FRONT】

髪が細くなってきた、質感がパサつきやすくなってきたなど変化を感じるなら、厚みのあるボブとパーマの合わせテクで、ふんわり華やかに見せるという選択を。厚みを残して、髪を豊かに見せるためラインを残した重めのスタイルに。そこへパートによって違うパーマをプラスして。顔まわりはスパイラル状にかけてすっきり肌を見せて清潔感を。毛先にワンカールをつけるパーマを全体にかけて動きとボリュームを出して。髪を柔らかく、いい質感に調整してくれる。

【SIDE】

【BACK】

DATA
/普
太さ/細
硬さ/柔
クセ/うねり

担当サロン/broocH


【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)




【ボブヘア 10
位】マスク映えもかなえる、すっきり&ヘルシーな毛流れ

【FRONT】

表面には動きを出すために毛先を動かすパーマを、襟足は外ハネの動きをサポートするパーマを。多く動きにくい髪質に、春らしい柔らかな動きをプラスしつつ、顔まわりをすっきり見せることで軽やかな雰囲気に。マスクをしても重くならず、オリーブベージュの髪色で透明感を与えて、オン&オフどちらもヘルシーな女性像を演出。

【SIDE】

【BACK】


DATA

/やや多
太さ/やや太
硬さ/やや硬
クセ/無

担当サロン/Door


【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)

関連記事
  • 女優・白石 聖さんが、SUQQUの春色アイパレットを使って、『リラックス』と『モード』の2つのテーマでメイクアップ。ヘア&メイクアップアーティスト・北原 果さんが、ひとつのアイパレットで印象の異なる2つの顔を提案します。 教えてくれたのは… ヘア&メイクアップアーティスト 北原 果さん 公式サイト トレンドをひとさじ加えたシンプルで挑戦しやすいメイクや、オリジナリティ溢れる印象的なメイクにも定評あり。タレントやモデルなど幅広い層から指名が絶えない人気ヘア&メイクアップアーティスト。 ■使ったアイシャドウはこちら!SUQQU シグニチャー カラー アイズ 08 オリジナリティを引き出すオレンジとグリーンフレッシュな明るめオレンジと、ミステリアスなピーコックグリーンがアクセントカラーの4色パレット。左上のシアーなベージュがバランサー役となって、ナチュラルな印象へと調整してくれる。¥7700/スック  SCENE1  OFFの日リラックスメイク  ミックスカラーニット¥18920/ローズバッド(mag.by) リング〈4本セット〉¥1900/クロス・コミュニケーション デザインラボ(ROOM) 上品に煌めくオレンジで大人の抜け感を ①パレットのcを指にとって、アイホールと下まぶた全体にのせる。 ②パレットのaを同様に重ね、オレンジのまぶたに煌めきをプラス。1_目元の印象を明るくみせるダークブラウン。Amplitude エクストラロング カラーマスカラ 02 ¥4840/アンプリチュード 大人の血色感を仕込むために、ブラウンみのあるテラコッタのチークをセレクト。横長に入れることで、より品のある頬に。目元や頬の軽やかな印象に寄り添うように、口元は控えめなピンクベージュで色を添えて。2_肌になじむクリーミィなテクスチャーで、頬に自然なツヤを加える。ブラッシュ ルミエール ブラン ルシ¥9020(限定品)/シャネル 3_濃密な仕上がりのモカベージュリップ。ジルスチュアート ルージュ リップブロッサム 127¥3080/ジルスチュアート ビューティ  SCENE2  ONの日モードメイク  ボルドー柄ワンピース¥25300/ローズバッド(mici) イヤカフ<3コセット>¥1780/クロス・コミュニケーション デザインラボ(ROOM) スモーキーグリーンで眼差しに深みを加えて ①パレットのdをチップにとり、まぶたのキワにのせて目元を引き締める。②bをアイホールと下まぶた全体に指でのせて、奥行きをつくる。1_スモーキーグリーンのマスカラを上下のまつげに塗り、存在感のある眼差しに。アディクション ザ マスカラ カラーニュアンス WP 101 Cloudy Sunset¥4180(限定色)/アディクション ビューティ 甘さを抑えて目元を引き立たせるため、チークレスに。口元は強気な赤リップで攻めの姿勢を貫くのではなく、落ち着きのあるオレンジカラーで、親近感を持たせたモードさを表現。2_ブラウンを溶け込ませたようなダスティオレンジ。RMK ザ リップカラー 04 ¥3850(2022年3月4日発売)/RMK Division  女優 白石 聖さん 公式サイト 1998年8月10日生まれ。映画『胸が鳴るのは君のせい』でヒロイン役を演じ、話題に。昨年はドラマ『やっぱりおしい刑事』(NHK)や、ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ)に出演するなどドラマでも活躍。2022年1月7日から放送をスタートしたNHKドラマ10『しもベえ』(毎週金曜22:00〜22:44 全8回)に、鴨志田ユリナ役として出演中。 撮影/向山裕信(ヴァレイ.)〈人物〉、久々江 満〈静物〉 ヘア&メイク/北原 果(KiKi inc.) スタイリング/福永いずみ モデル/白石 聖 取材・文/佐藤有紗 構成/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE) ※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
  • マリソルオンラインで人気の月間ロングヘアランキングTOP 10を発表!※2021年12月21日(火)〜 2022年1月17日(月)【ロングヘア 1位】巻きすぎないのがトレンド。ゆるい動きのロングへ、アップデートストレートロングがトレンドになっているが、40代はそのままだと髪悩みを露呈しやすいため、ゆるいワンカールのニュアンスを足し、旬な印象と髪悩みを感じさせない華やかさを演出して。ベースはワンレングス。顔まわりと表面にふんわり感や抜け感を出すためのレイヤーを施して。セットはヘアアイロンで毛先ワンカールのみ。ウェットにしすぎないよう、軽めのオイルをなじませてエアリーな質感に。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/やや硬 クセ/無 担当/BEAUTRIUM265 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 2位】シルクのようなツヤ感がポイント! ロングが目ざしたい新しい質感ロングに軽さを足すために、肩のラインでくびれが出るようにレイヤーを入れている。ただしアラフォーは面を残すよう薄くしすぎないのがポイント。全体を38㎜のコテでMIX巻きにしたら、一度ブラシでカールをなくすべく、とかしきるのがスタイリングのコツ。旬のストレートな質感を演出しつつ、シルクのような上品なツヤを与えてくれる。抜け感のある寒色・オリーブグレーの髪色は、ツヤが出やすいオイルカラーという新しい施術で質感まで上昇させて。【SIDE】【BACK】   DATA量/多太さ/細硬さ/軟 クセ/無 担当/Violet OMOTESANDO 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 3位】ロングをコンサバにしない答えはポイント的に入れた“計算レイヤー”一見、ハードルの高そうな切りっぱなしセミロングだが、実は毛先を1カールブローしただけの楽チンスタイリングのヘア。ほとんどレイヤーを入れずに毛先をまっすぐにカット。1カールを作るような簡単なブローをしたら、シアバターを薄くもみ込んで、毛先をハネさせたり内巻きのままにしたりと、毛束をランダムに動かすだけ。ポイントは毛先のみを動かし、トップはストレートでツヤを残すこと。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「ROI」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.)YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ロングヘア 4位】ロングをコンサバにしない答えはポイント的に入れた“計算レイヤー”ツヤが欲しい、ボリュームも必要、でもコンサバにしたくない。そんな願いをかなえるスタイルがレイヤーロング。"面"のあるスタイルはツヤが欲しい世代には機能的なシルエット。そこに顔まわり、前髪のサイド、襟足部分、後頭部へと、ポイントでレイヤーを仕込んで、欲しい動きだけを効果的にプラス。ツヤと旬な印象を両立するストレートなフォルムながら、軽やかさとラフな印象、ふんわり感を与え、願いをすべて網羅。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普 硬さ/普  クセ/うねり 担当/marr 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 5位】全体的にランダムに現れる白髪を細かめのハイライトでなじませる【FRONT】全体的にチラホラと白髪が出てきたら、ブリーチ&ハイライトを。ブリーチすることで白髪自体も黄みがかり、ほかの髪とのなじみがアップ!赤みを抑えたキャメルブラウンで全体を染め上げたら、全体に細かいハイライトをプラス。ハイライトはブリーチで一度色を抜くことで、白髪との親和性をより高めるのがポイント。白髪染めに比べてファッションカラーは色みの選択肢が広いので、一人ひとりの個性に合ったカラーリングが可能に。顔まわりに入れたレイヤーがハイライトを強調し、スタイルの立体感アップはもちろん、表情まで明るく見せてくれる。【SIDE】 【BACK】 DATA カラー/キャメルブラウントーン/ 8担当サロン/kakimoto arms SHINJUKU 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 6位】ゆるい毛流れ&透け前髪でロングにカジュアルさをプラスアラフォーのトレンド服は、どこか抜け感のあるスタイル。そんなファッションとの相性を高めるためにロングにはカジュアル感を足すのが正解。そのポイントとなるのが、抜け感のあるダレたような毛流れと、カジュアル感のあるシースルーな前髪。クセ毛風の動きを出すために、パーマで中間から毛先を逃がしてゆるいSカールに。前髪は幅を狭くつくっているが、寂しく見えないようサイドへつながるようにフォルム調整を。髪を柔らかく見せる効果も。【SIDE】 【BACK】 DATA量/多太さ/普 硬さ/硬 クセ/無 担当/Laf from garden 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 7位】華やかなのに重さは皆無。スペード形曲線がロングの新指標動かしすぎないのがロングのトレンドだけれど、長さがあるぶん、重くもたついて見えないか心配。そこでレイヤーを長めに入れて、スペード(♠)形の曲線のフォルムに調整を。ゆるやかな毛流れはフェミニンさを醸し出しつつ、メリハリのあるシルエットで引き上げ効果も。レイヤーを仕込んでいるので、毛先を38㎜のコテに巻きつけてワンカールさせるだけでシルエットが完成。ふわっとした動きがあることで、自然なのにゆとりのある華やかさが感じられる。【SIDE】【BACK】 DATA 量/普 太さ/普 硬さ/普  クセ/無し 担当/LANVERY 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 8位】セミロングはくずしやすさ重視! セットしやすい仕込みを長めヘアの場合、スタイリングでどうくずすかがおしゃれヘアの分かれ目に。ランダムな巻き髪と、クシュッとした毛先の動きを作ることを心がけて。今どきの動きはフォームで柔らかい雰囲気にするのがポイント。ワックスの硬い動きよりも、ソフトな印象を大切に。【スタイリング前】  STYLING POINT34㎜のヘアアイロンで表面はリバース巻き、毛先は外巻きに。ロングを重く見せないため、トリートメントフォームをつけて、毛先を遊ばせて。 担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ロングヘア 9位】大きめロッドでつくる、崩しウェーブのおしゃれ効果胸にかかるスーパーロングの長さは、コテで巻くとゴージャスさと動きのさじかげんがむずかしくなる。そこで活用したいのがカジュアルな動きを形状記憶させる大きめパーマ。毛先は30㎜の太めロッドでゆるいカールをつけて。顔まわりは後ろへ流すようにリバース巻きに。表面はMIX巻きでラフな動きをプラスすれば、ラフな春服と相性のいい崩した動きが生まれる。【SIDE】【BACK】 DATA 量/普太さ/普 硬さ/普  クセ/生えグセ 担当/ROI 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 10位】肌になじむ暖色カラーで華やかな女性らしさを宿す【最旬カラーリング:暖色】顔まわりに外巻きニュアンスをプラスすると、ハイライトの存在感がきわだち柔らかな立体感が演出できる イエローベースの肌トーンとライトブラウンの瞳に似合うのは、黄みを抑えた明るめのウォームベージュ。2トーン明るくしたハイライトを全体に加えれば、肌の透明感を引き出して、さらに華やかな印象に。前髪を深めにとってもハイライト効果で重く見えにくいので、トップの透けが気になる人にもおすすめ。【SIDE】DATAカラー/ウォームベージュトーン/ 9 担当/kakimoto arms SHINJUKU 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(カラー、ミディアム)>>アラフォーのためのロングヘア一覧はこちら
  • 私服がいつも素敵なおしゃれプロの「Myベーシック」なコーディネートを拝見。スタイリストの小川ゆう子さんは、個人的にもずっと好きなレイヤードに注目。重ね着アイテムの選び方や、合わせ方のコツもぜひ参考に。「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」小川ゆう子さん(スタイリスト)「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」Item list Jacket:Maison Margiela Cardigan:THE HANDSOMEShirts:THE HANDSOMEInner:INSCRIREPants:ShinzoneBag&Shoes:Maison Margiela 薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。「ジャケット」に関する記事一覧>>撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE 取材・原文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • @BAILAで1月14日~1月18日の期間に、トップ5にランクインした人気ヘアをお届け! ▼ヘアの詳細はリンクをタップしてチェック! 【5位】フェミニン好きならふんわり&外ハネのひし形ボブ 最近はヘルシーさとキュート感を兼ね揃えた、ふんわりとしたひし形ボブにオーダーが集中! 毛先をワンカール外ハネにすれば、トレンド感とナチュラルな抜け感が同時に叶う。(Violet 表参道店 武者ひなのさん) ▷詳細はこちら! 【4位】会社で浮かないカラーリングで叶えるニュアンスボブ 定番のボブも、2022年はカラーリングでちょっぴり冒険するのがトレンド。ワンレングスベースのボブスタイルに、前髪をセンターで分けた、かき上げバング風に。(BEAUTRIUM 鎌倉小町 鈴木崚麻さん) ▷詳細はこちら! 【3位】最新の抜け感はレイヤーがカギ。軽やかなエアリーボブ 2022年トレンドのボブは、決めすぎない“抜け感”がキーワード。きちんと感のある上品なレイヤースタイルなら、おしゃれ感はもちろん、オフィスでの好感度もバッチリ!(Rougy 江良 栞さん) ▷詳細はこちら! 【2位】タイトにまとめた品格のあるシンプルボブ 2022年は引き続き“切りっぱなし風”がトレンド。顔周りにレイヤーを入れ、毛量を調整して軽さを出すことで、カジュアルもキレイめもかなう万能ボブスタイルが完成。ワンレンボブを柔らかく、軽やかにブラッシュアップさせることができる。(LONESS 本田治彦さん) ▷詳細はこちら! 【1位】好感度120%! 上品エアリーなくびれボブ 柔らかな質感と抜け感のあるくびれスタイルは、髪の表面に入れたレイヤーがポイント。動くたびに空気を含んだような華やかな表情を演出してくれる。(GARDEN aoyama 豊田 楓さん) ▷詳細はこちら!
  • カブり買い&イロチ買い多めの人気アイテム!ユニクロのボーダーオーバーサイズT(長袖)の魅力とは? 話題の春ボーダー、ユニクロのボーダーオーバーサイズT(長袖)。6色ある中から、100人隊が買ったカラーとは? サイズ感や着心地は? それぞれのコーディネート例とともにご紹介します! 1:【かぶり買い】私もUNIQLOオーバーサイズボーダーTを買いました♡<65 BLUE・11 PINK> 「100人隊に人気のUNIQLOのボーダーサイズオーバーT、実は私も買っていました! 選んだ色は新色のブルーとピンク。160cm、ウェーブ体型で、Mサイズは袖の長さが手の甲にかかるくらい、Lサイズは指が半分隠れるくらいの長さ」 「袖の長さだけでいうと、Mサイズでも十分かなぁと思ったのですが、身幅やお尻がすっぽり隠れる長さの着丈など、Lサイズの方がセレクトショップに並んでいるもののようなトレンドっぽいサイズ感かなと感じました。公式サイトによるとMサイズとLサイズでは、着丈は3cm、裄丈は2cm、身幅はぐるりで6cm程差があるようでした(※物によって多少の個体差があるかもしれません)」 「Lサイズのボートネックの空きは25cm。結構広めなので、一枚で着る時のインナーは首空きが大きいものがよさそうです」 「あったかくなったら一枚でマリンパンツに合わせたり、ラフにデニムと合わせて着てみたい!」 「今の時期から着るなら下にタートルを仕込んでオールブラックなアイテムと合わせたり」 「デニムシャツを仕込んでもよさそう」 2:【ユニクロ】新色ボーダーで今から春まで妄想コーデ<65 BLUE・11 PINK> 「春カラーの服をユニクロで購入しました。実は昨秋にこちらの色違いを購入したのですが、先日新色でピンクが出たと知り、可愛い!!と一目で購入を決めました。一緒に出たブルーも、色々なブランドのバスクシャツで見ていて、いつか欲しいな〜と思っていたカラーなので、迷わずお買い上げ(笑)。もともとオーバーサイズな作りなのでMでもゆったりなのですが、ウエストのあたり等よりゆとりを持って着たくてLにしました」 「コットン100%の天竺素材だそうで、ハリがあって薄すぎず厚すぎずの程よい厚み。風通しも良いので季節を問わず着られますし、しっかりした生地なのとオーバーサイズという旬のサイズ感で、サラッと1枚でもキマります」 「まずはピンク。身長160cmでLサイズを着用しています。大好きなピンク×カーキの組み合わせ♡ お尻も隠れて安心の丈です」 「ブルー×ホワイト。ホワイトのワイドパンツを合わせて、マリンコーデ。足元の赤ソックスをポイントに。好きなんです、差し色の赤♡ 黒のベレー帽でフレンチっぽく。これ、1番好きなコーデかもです。これにショールとか巻きたいなぁ。ショールのコーデ研究中です」 「ブルー×ベージュ。タックインしても◎。このブルーのボーダーを手に取った時、真っ先に頭に浮かんだのがこのスカートでした」 3:【ユニクロ】ボーダーTをかぶり買い&低身長コーデ<65 BLUE> 「着まわし抜群ボーダーオーバーサイズT! シンプルに縦を意識したコーデ。学生時代に買ったマークルビアンのシルクタイトスカートと合わせました。SESTOのブーツとの相性もよき」 「フリルブラウスをインして甘々コーデ。こちらも学生時代から着ているアニエスのスカートに、ファビオルスコーにのロングブーツで」 「Gauze#のルーミーパンツに、エアリフトを合わせました。寒かったのでジムフレックスのベストを羽織って。まだまだ寒いけど、確実に気持ちも春に向かってます♡」 4:【UNIQLO】私もボーダーオーバーサイズTを買いました<65 BLUE・11 PINK> 「今回わたしが購入したカラーは、ブルーとピンクです。春に向け、明るい色が着たくなり購入しました。サイズはMです」 「さっそくコーデを考えてみる」 「他には、ロングスカートにも合わせてみたいなと思っています♡」 5:【ユニクロ】旬のオーバーサイズTを購入♡<01 OFF  WHITE・17 RED> 「最近、オーバーTシャツが気になっていて、ユニクロ行った時に見つけて購入しました♡ 使い勝手良さそうだったので色違いで2点購入しました。私が購入した色は、01OFF WHITEと17REDです。ボートネックは、首や顔周りをすっきり見せてくれますよね。今ですと、インナーにハイネックやシャツを入れてもよいですね。スリットが入ってることで、程よい抜け感が出ますよね。着こなしのアレンジも自在ですね♪」 「ボーダー×つけ襟なので甘すぎることなく、カジュアルスタイルになりますね♡ 付け襟をプラスすることでコーデの幅もかなり広がりますよ♪」 「きれいめカジュアルコーデに。ジャケット着るとキチンと感が出ますね」 「首元にバンダナプラス」 「カーディガン肩がけでこなれ見えに」 「ベストをプラス、レイヤードスタイル。ニットベストは、いつものコーデにプラスするだけで、旬なレイヤードコーデが楽しめておすすめです♡ トレンドのオーバーサイズで今年らしい着こなしにはかかせないTシャツになりそうです!」 5人それぞれの着こなし方、とっても参考になります。寒い季節は重ね着で、春になったら一枚で。大活躍間違いなしのボーダーTですね!
  • 新年のトレンドを特集する恒例企画が2022年も登場! non-noモデル&スタッフが今注目しているモノ&コトを参考にキーワードをピックアップ。ファッションとメイクのほか、フード、スポットなど、ジャンルレスに紹介します♪TWEED ステージの韓国アイドルみたいな甘めツイードが気になる 韓国アイドルがトレンドセッター。華やかさと色っぽさを兼ね備えたアイテムが充実。 薄手×カラフルなツイードが可愛すぎる! ツイード独特のかっちり感がなくて、カジュアルにも合いそう。私はライムグリーンを狙ってます♪ 編集W 色も素材感も柔らかめで、ツイードの印象が激変。はやりのレトロ感をそのまま再現したようなアイテムは、1点取り入れるだけで旬の着こなしに。 編集T K-Girlっぽさ絶大なベストのセットアップ 軽いニット素材が上品すぎないポイント。体にフィットして、ヘルシーな色っぽさを演出。 ニット¥6050・スカート¥7150/リゼクシー渋谷109店 カチューシャ¥1210/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥17600/スクリーンショット(セイモオンド) 靴¥15400/プーマ(左)ポインテッドトウやバックルなど、レトロなエッセンス多数。シンプルコーデに1点加えて引き立てたい。 靴¥18150/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) (右)ザ・アイドルなチェックミニも、モノトーンツイードなら甘さ控えめでキレイに着られる。 スカート¥6600/jóuetie(左)脚長効果絶大なシルエットで韓国アイドル並みの美脚に。 パンツ¥30580/ザ・ウォール ショールーム(ドリーム シスタージェーン) (右)鮮やかなイエローでフレッシュな可愛さを投入。街の視線を独占しちゃおう♪ スカート¥9900/ヒロタ(31 Sons de mode)(左)白T×デニムにはおるだけでレディなムードをまとえる、上品な配色。 カーディガン¥16500/Noela (右)とびきり甘いピンクは、ミニスカ&ロングブーツで甘辛MIXに着こなすのが韓国アイドル流。 カーディガン¥7920/dazzlin▶2022年注目キーワードの記事をもっと見るモデル/横田真悠 撮影/花村克彦(モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/鈴木かれん スタイリスト/加藤千尋 取材・原文/中西彩乃 大塚悠貴 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス ※緊急事態宣言等により、紹介している各店、各施設の営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※2022年1月4日(火)〜 2022年1月17日(月)【ファッション 1位】小柄の小柄による小柄の為のダウン特集〜ダークカラー編〜【小柄バランスコーデ術#29】 ★記事はこちら【ファッション 2位】今冬に欲しいバッグとジュエリーはこれだ!【2021-22 秋冬トレンド・おしゃれプロの「これ買っちゃいました」Part.7】 ★記事はこちら【ファッション 3位】小粋で華やか!ワントーンでも地味じゃないのがパリ流「ブラック」 【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】 ★記事はこちら【ファッション 4位】またブーツ?――今回は「白」ですもの! 【エディター伊藤真知の「プチプラ」は40代からがもっと楽しい! #17】★記事はこちら【ファッション 5位】カラフルタイプが人気!「大人スニーカー」がミラノにも席巻中【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】★記事はこちら【ファッション 6位】多荷物派におすすめ! もこもこダウンでも肩がけできる シンプルレザートートが超便利!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #47】 ★記事はこちら【ファッション 7位】元彼から深夜のSOS。さっと着られる時短ワンピースで駆けつけて【1月のコーデ 2nd Tue.】 ★記事はこちら【ファッション 8位】気軽な国内旅行。ドレスアップが必要なシーンの装いは?【おしゃれプロSNAP #05】 ★記事はこちら【ファッション 9位】ヨンア出演!「新しい気分で着たい服」リスト New Year’s Resolution ★記事はこちら【ファッション 10位】ワントーン&コートスタイルで魅せる、パリ的「あいまい色」使い【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 大人の髪型30代-40代・ロング【2022年は美人度アップなレイヤーロング】 2022年のトレンドは、重ためのベーススタイルから、動きと軽やかさのあるレイヤースタイルへと進化! ベースカットとスライドカットで毛流れを作り込めば、巻かなくてもツヤとまとまり、束感のあるスタイルがかなう。ひとつに束ねるだけでも、レイヤーの動きが出てニュアンスのあるスタイルになるので、いつもとは違う表情を楽しんで。カラーは、ツヤ感を重視したナチュラルなマットブラウン。スタイリングは、髪を上段と下段にブロッキングし、ヘアアイロンで全体の毛先をワンカールに巻く。オイルやバームをなじませたら完成。スタイリングが苦手な人は、毛先を中心に、オイルなど油分が多めのスタイリング剤をしっかりもみ込むだけでもキマる。   SIDE 顔周りのレイヤーが流れるような動きを演出。   BACK レイヤーをたっぷり入れることで、ロングでも軽やかな印象に仕上がる。   髪質・顔型DATA 量/多・普通 太さ/普通・細 硬さ/普通・柔 くせ/あり・弱・なし 顔型/卵型・丸形・逆三角形・ベース型 BEAUTRIUM 神戸 Hair Stylist 尾谷 有美/おだに ゆみ “スタイリングが楽になる、でもどこかおしゃれなナチュラルへア”が得意。毎日のお手入れがしやすくなるこだわりのカットと、お客様にあったスタイリング方法を提案。 BEAUTRIUM 神戸 公式サイト Instagram 開放感のある居心地の良いサロン。再現性が高く、もちのよいこだわりのカットに定評あり。20~50代と幅広いお客様から支持を集める。
関連キーワード

RECOMMEND