ワンピースをおしゃれに着こなすアイデアから大人におすすめの秋冬ニットまで【ファッション人気記事ランキングトップ10】

Marisol ONLINE
※2021年11月16日(火)〜 2021年11月29日(月)

【ファッション 1位】

一年中頼りになる「ワンピース」を新鮮によりおしゃれに着こなすアイデアまとめ|40代レディスファッション
★記事はこちら


【ファッション 2位】

今秋冬のおしゃれはちょっと“レトロ”にもっと“かっこよく”!【Part 4:クラシック】
★記事はこちら


【ファッション 3位】

おしゃれプロが“つい買っちゃう”ボトムス5選【ファッション名品】
★記事はこちら


【ファッション 4位】

“らくちん主義”に賛成!大人のための最旬カジュアルアウター【キルティング】
★記事はこちら


【ファッション 5位】

"友達トート" 持っていますか?【新Marisol編集長ウドの「おしゃれマインド日々更新中!」】
★記事はこちら


【ファッション 6位】

本当に使えるアイテムはこれ!Marisolでヒットした今季のスターが集結【前編】
★記事はこちら


【ファッション 7位】

40代人気ブランド×Marisol別注!2021冬の主役アイテム【コート・ワンピース・スカート】
★記事はこちら


【ファッション 8位】

肌触りもサイズ感も秀逸。大人におすすめの秋冬ニット4選【ファッション名品】
★記事はこちら


【ファッション 9位】

シャープなデザインのコーデだからこそピンク色を存分に効かせて【2021/11/17コーデ】
★記事はこちら


【ファッション 10位】

女友達とのランチは、自慢のコートを着たままでもOKなテラス席で【2021/11/23コーデ】
★記事はこちら

関連記事
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2022年1月11日(火)〜 2022年1月24日(月)【1位】 1万円台の「MY BESTコスメ」12選【美容賢者が選んだ、アラフォーのためのベストコスメ】 ★記事はこちら【2位】 大人ならではの「上品眉」でエレガント顔!ポイントを押さえて濃い色使いでも古臭くならない! ★記事はこちら【3位】 美容賢者が選んだメイクアイテム&フレグランス9選【アラフォーのためのベストコスメ】★記事はこちら【4位】 朝がしんどい、肩こり、何かと落ち込む...アラフォーが抱える「ぷち不調」お悩みに回答!【Dr. 高尾先生の〝心と体が軽くなる〞カウンセリング室】 ★記事はこちら【5位】 冬には冬の洗顔を。うるおいを守る「温め」クレンジングと「巡り」洗顔にスイッチ!【アラフォー冬洗顔のオキテ】 ★記事はこちら【6位】 肌に優しいきれい色が見つかる! 春ムード満点のエトヴォス春新色【マーヴェラス原田の40代本気美容 #510】 ★記事はこちら
  • マリソルオンラインで人気の月間ロングヘアランキングTOP 10を発表!※2021年12月21日(火)〜 2022年1月17日(月)【ロングヘア 1位】巻きすぎないのがトレンド。ゆるい動きのロングへ、アップデートストレートロングがトレンドになっているが、40代はそのままだと髪悩みを露呈しやすいため、ゆるいワンカールのニュアンスを足し、旬な印象と髪悩みを感じさせない華やかさを演出して。ベースはワンレングス。顔まわりと表面にふんわり感や抜け感を出すためのレイヤーを施して。セットはヘアアイロンで毛先ワンカールのみ。ウェットにしすぎないよう、軽めのオイルをなじませてエアリーな質感に。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/やや硬 クセ/無 担当/BEAUTRIUM265 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 2位】シルクのようなツヤ感がポイント! ロングが目ざしたい新しい質感ロングに軽さを足すために、肩のラインでくびれが出るようにレイヤーを入れている。ただしアラフォーは面を残すよう薄くしすぎないのがポイント。全体を38㎜のコテでMIX巻きにしたら、一度ブラシでカールをなくすべく、とかしきるのがスタイリングのコツ。旬のストレートな質感を演出しつつ、シルクのような上品なツヤを与えてくれる。抜け感のある寒色・オリーブグレーの髪色は、ツヤが出やすいオイルカラーという新しい施術で質感まで上昇させて。【SIDE】【BACK】   DATA量/多太さ/細硬さ/軟 クセ/無 担当/Violet OMOTESANDO 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 3位】ロングをコンサバにしない答えはポイント的に入れた“計算レイヤー”一見、ハードルの高そうな切りっぱなしセミロングだが、実は毛先を1カールブローしただけの楽チンスタイリングのヘア。ほとんどレイヤーを入れずに毛先をまっすぐにカット。1カールを作るような簡単なブローをしたら、シアバターを薄くもみ込んで、毛先をハネさせたり内巻きのままにしたりと、毛束をランダムに動かすだけ。ポイントは毛先のみを動かし、トップはストレートでツヤを残すこと。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「ROI」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.)YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ロングヘア 4位】ロングをコンサバにしない答えはポイント的に入れた“計算レイヤー”ツヤが欲しい、ボリュームも必要、でもコンサバにしたくない。そんな願いをかなえるスタイルがレイヤーロング。"面"のあるスタイルはツヤが欲しい世代には機能的なシルエット。そこに顔まわり、前髪のサイド、襟足部分、後頭部へと、ポイントでレイヤーを仕込んで、欲しい動きだけを効果的にプラス。ツヤと旬な印象を両立するストレートなフォルムながら、軽やかさとラフな印象、ふんわり感を与え、願いをすべて網羅。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普 硬さ/普  クセ/うねり 担当/marr 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 5位】全体的にランダムに現れる白髪を細かめのハイライトでなじませる【FRONT】全体的にチラホラと白髪が出てきたら、ブリーチ&ハイライトを。ブリーチすることで白髪自体も黄みがかり、ほかの髪とのなじみがアップ!赤みを抑えたキャメルブラウンで全体を染め上げたら、全体に細かいハイライトをプラス。ハイライトはブリーチで一度色を抜くことで、白髪との親和性をより高めるのがポイント。白髪染めに比べてファッションカラーは色みの選択肢が広いので、一人ひとりの個性に合ったカラーリングが可能に。顔まわりに入れたレイヤーがハイライトを強調し、スタイルの立体感アップはもちろん、表情まで明るく見せてくれる。【SIDE】 【BACK】 DATA カラー/キャメルブラウントーン/ 8担当サロン/kakimoto arms SHINJUKU 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 6位】ゆるい毛流れ&透け前髪でロングにカジュアルさをプラスアラフォーのトレンド服は、どこか抜け感のあるスタイル。そんなファッションとの相性を高めるためにロングにはカジュアル感を足すのが正解。そのポイントとなるのが、抜け感のあるダレたような毛流れと、カジュアル感のあるシースルーな前髪。クセ毛風の動きを出すために、パーマで中間から毛先を逃がしてゆるいSカールに。前髪は幅を狭くつくっているが、寂しく見えないようサイドへつながるようにフォルム調整を。髪を柔らかく見せる効果も。【SIDE】 【BACK】 DATA量/多太さ/普 硬さ/硬 クセ/無 担当/Laf from garden 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 7位】華やかなのに重さは皆無。スペード形曲線がロングの新指標動かしすぎないのがロングのトレンドだけれど、長さがあるぶん、重くもたついて見えないか心配。そこでレイヤーを長めに入れて、スペード(♠)形の曲線のフォルムに調整を。ゆるやかな毛流れはフェミニンさを醸し出しつつ、メリハリのあるシルエットで引き上げ効果も。レイヤーを仕込んでいるので、毛先を38㎜のコテに巻きつけてワンカールさせるだけでシルエットが完成。ふわっとした動きがあることで、自然なのにゆとりのある華やかさが感じられる。【SIDE】【BACK】 DATA 量/普 太さ/普 硬さ/普  クセ/無し 担当/LANVERY 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 8位】セミロングはくずしやすさ重視! セットしやすい仕込みを長めヘアの場合、スタイリングでどうくずすかがおしゃれヘアの分かれ目に。ランダムな巻き髪と、クシュッとした毛先の動きを作ることを心がけて。今どきの動きはフォームで柔らかい雰囲気にするのがポイント。ワックスの硬い動きよりも、ソフトな印象を大切に。【スタイリング前】  STYLING POINT34㎜のヘアアイロンで表面はリバース巻き、毛先は外巻きに。ロングを重く見せないため、トリートメントフォームをつけて、毛先を遊ばせて。 担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ロングヘア 9位】大きめロッドでつくる、崩しウェーブのおしゃれ効果胸にかかるスーパーロングの長さは、コテで巻くとゴージャスさと動きのさじかげんがむずかしくなる。そこで活用したいのがカジュアルな動きを形状記憶させる大きめパーマ。毛先は30㎜の太めロッドでゆるいカールをつけて。顔まわりは後ろへ流すようにリバース巻きに。表面はMIX巻きでラフな動きをプラスすれば、ラフな春服と相性のいい崩した動きが生まれる。【SIDE】【BACK】 DATA 量/普太さ/普 硬さ/普  クセ/生えグセ 担当/ROI 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ロングヘア 10位】肌になじむ暖色カラーで華やかな女性らしさを宿す【最旬カラーリング:暖色】顔まわりに外巻きニュアンスをプラスすると、ハイライトの存在感がきわだち柔らかな立体感が演出できる イエローベースの肌トーンとライトブラウンの瞳に似合うのは、黄みを抑えた明るめのウォームベージュ。2トーン明るくしたハイライトを全体に加えれば、肌の透明感を引き出して、さらに華やかな印象に。前髪を深めにとってもハイライト効果で重く見えにくいので、トップの透けが気になる人にもおすすめ。【SIDE】DATAカラー/ウォームベージュトーン/ 9 担当/kakimoto arms SHINJUKU 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(カラー、ミディアム)>>アラフォーのためのロングヘア一覧はこちら
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※2022年1月4日(火)〜 2022年1月17日(月)【ファッション 1位】小柄の小柄による小柄の為のダウン特集〜ダークカラー編〜【小柄バランスコーデ術#29】 ★記事はこちら【ファッション 2位】今冬に欲しいバッグとジュエリーはこれだ!【2021-22 秋冬トレンド・おしゃれプロの「これ買っちゃいました」Part.7】 ★記事はこちら【ファッション 3位】小粋で華やか!ワントーンでも地味じゃないのがパリ流「ブラック」 【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】 ★記事はこちら【ファッション 4位】またブーツ?――今回は「白」ですもの! 【エディター伊藤真知の「プチプラ」は40代からがもっと楽しい! #17】★記事はこちら【ファッション 5位】カラフルタイプが人気!「大人スニーカー」がミラノにも席巻中【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】★記事はこちら【ファッション 6位】多荷物派におすすめ! もこもこダウンでも肩がけできる シンプルレザートートが超便利!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #47】 ★記事はこちら【ファッション 7位】元彼から深夜のSOS。さっと着られる時短ワンピースで駆けつけて【1月のコーデ 2nd Tue.】 ★記事はこちら【ファッション 8位】気軽な国内旅行。ドレスアップが必要なシーンの装いは?【おしゃれプロSNAP #05】 ★記事はこちら【ファッション 9位】ヨンア出演!「新しい気分で着たい服」リスト New Year’s Resolution ★記事はこちら【ファッション 10位】ワントーン&コートスタイルで魅せる、パリ的「あいまい色」使い【ファッションSNAP 2022冬 パリ・ミラノ・NY編】★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • マリソルオンラインで人気のボブヘアスタイルランキング月間TOP10を発表※2021年12月14日(火)〜 2022年1月10日(月)【ボブヘア 1位】トレンドと柔らかさの2WAYな、ゆるパーマ×切りっぱなしボブ【FRONT】 切りっぱなしボブをペタンと見せないニュアンスパーマの隠しワザ 重めトップスが流行る秋冬も人気継続中のボブ。けれど髪が寂しくなってくるアラフォー世代が取り入れるにはちょっとした工夫を。カットラインは重めに残し、毛先にレイヤーを入れシルエットにやや丸みをプラス。そこへ極弱いパーマ剤×細めロッドで弱いカールをつけて。ニュアンスパーマがあることで、モード感はありつつもふんわり印象に。ブローすれば外ハネでクールに。自然乾燥ならゆるウェーブで華やかに。2 WAY印象なのも服好きにはうれしい!【SIDE】【BACK】 こんな人におすすめ!□服映えするトレンドヘアが希望□ボリュームが出にくい髪悩みがある□丸顔・面長・ベース顔をカバーしたい ☆担当は Rougy【ロージー】 【Marisol11月号2021年掲載】撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/Rougy スタイリスト/高橋美帆 構成・文/松井美千代【ボブヘア 2位】トレンド感、再現性、髪の美しさ、すべてをかなえる ストレートタッチの旬な雰囲気がありつつ、アラフォーならではの髪質にまとまりやすさをプラスしてくれる、外ハネ×丸みボブ。全体はグラデーションボブで丸みを出し、乾かすだけでフォルムがきちんと収まるように。襟足に長さを残しているため、この部分が外ハネしやすく、うねりが出てくる髪質を自然にスタイリングしやすく。直毛の場合のみ、毛先にワンカールのパーマをプラスするのがおすすめ。【SIDE】【FRONT】 DATA量/多太さ/普硬さ/硬クセ/うねり・広がり 担当サロン/Rougy 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 3位】透け感のある前髪と重めボブのバランスで、こなれ感をプラス【FRONT】今年らしい鮮度をプラスするなら、前髪をやや薄めにつくるのがポイント。ただし髪がやせてくるマリソル世代の場合、20代のように幅狭×薄めにするのは厳禁。幅は今までどおり広めにしつつ、真ん中の厚みのみを減らすのが大人への似合わせのコツ。バームやヘアクリームなどで前髪にも毛先にも全体に束感を演出して。セミウェットな質感にすることで、洗練された服映えボブがかなう。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/硬クセ/無 担当サロン/S.HAIR SALON 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 4位】耳にかけて完成する、“日常のクセ”を逆手に取ったボブ【FRONT】細く柔らかい髪質をふんわり見せるために、全体に重さを残したベースをつくって。やや前下がりのボブは、レイヤーや毛量調整は少なめにして厚みを出して。長めの前髪はリップラインでカットし、動きを出しやすいように調整を。実はボブの場合、仕事中などはサイドの髪を耳にかけてしまう確率が高い。その"日常のクセ"を逆手に取り、サイドを耳かけにするとシャレ感のある水平なクールボブになるように計算。【SIDE】【BACK】 DATA量/少太さ/細硬さ/柔クセ/無 担当サロン/RUNO 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 5位】“質”をよく見せる ツヤと丸み、2つのキーワード【FRONT】 パサつき、まとまりのなさ、ボリューム感が減るなど、エイジング毛の入り口に立っているマリソル世代。服が似合う髪を考えるなら、“質”をよく見せるのがまず先決。そこでツヤと丸みのあるボブという選択を。全体はグラデーションカットで面を見せているが、重くなりすぎないよう内側で毛量調整したり、襟足は外ハネの動きが出るように微調整。襟足に1.5回転の弱いパーマをかけランダムな動きを演出。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/普クセ/ふくらみ 担当サロン/marr 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 6位】クールになりすぎない。無造作な毛先の動きがポイント短め、前髪なしのボブは、全身バランスがよく見えるので、服好きならぜひ取り入れたいフォルム。ただそのままの質感ではクールに見えやすいので、似合うファッションの幅を広げるためにも、毛先に無造作なパーマをプラスすることを推奨。エアウェーブという髪質を柔らかく見せるパーマ技術を活用し、クセ以上、パーマ未満のニュアンスのある動きと、再現性の高さと質感キープをすべて網羅。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/硬クセ/無 担当サロン/PearL 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム) 【ボブヘア 7位】カジュアルからフェミニンまで。服の幅を広げるくびれボブ【FRONT】 服映えにきくボブの長さをずっとキープしていると、変化が欲しくなる。そんな人におすすめなのが、レイヤーでボブにメリハリを出してくびれをつくったスタイル。ストレート&ふんわりとスタイリングすればフェミニンな服に映える。毛先を外ハネになるように巻けば、カジュアル服との相性が抜群に。長さを変えずともイメチェンがしやすく、応用力がアップするのがこのスタイルの魅力。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/普硬さ/普クセ/無 担当サロン/marr 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 8位】服映え×こなれ見えを約束する大人のストレートボブ【FRONT】 ゆとりのある立体感ボブでスタイルアップし服映えをかなえる カジュアル×フェミニンな服が似合うトレンドのストレートヘア。ただ大人がそのまま取り入れるとボリューム不足になりかねない。そこで全体はグラデーションカットで丸みフォルムに整え、前髪にはワンカールのゆるいパーマを。毛先は切りっぱなしのシャープな毛流れで今っぽいこなれ印象に。顔まわりにカールがあるため、華やかさや柔らかさもプラスできる。正面からだけでなく横や後ろからのシルエットも決まり、全身のスタイルがよく見える効果も!【SIDE】【BACK】 こんな人におすすめ! □ボリュームアップして見せたい □トレンド服と相性のいい髪にしたい □アレンジができる長さを残したい ☆担当サロンいつくし【itsukushi】 【Marisol6月号2021年掲載】撮影/横山翔平(t.cube) スタイリスト/高橋美帆 ヘア&メイク/いつくし 構成・文/松井美千代【ボブヘア 9位】扱いやすさで人気再燃。内巻きボブが大人にきく【FRONT】 トレンドに敏感なマリソル世代は、さまざまなボブスタイルを経てきている。今までのスタイルに飽きた、または髪質に悩みを抱えるようになり、内巻きボブへの原点復帰の気配が。内巻きにしやすいよう、やや前下がりのフォルムにカット。直毛なら毛先はワンカールのパーマを。コテまたはカールドライヤーで毛先をブローするだけで収まりのよいツヤボブを再現。パサつきの髪悩みを回避し、セルフスタイリングも簡単。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/普硬さ/普クセ/生えグセ 担当サロン/umber 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)【ボブヘア 10位】髪質をよく見せたいなら“面”のあるボブの一択!【FRONT】年齢とともに髪が乾燥し、パサついて見えやすい。エアリーなスタイルだと、どうしてもツヤをかなえるのがむずかしいため、髪質改善して見せたいなら"面"を残した丸みボブがベストチョイス。あご下3㎝の前下がりボブがベース。そこへごく薄く表面にレイヤーを入れ、ほのかな丸みをプラスしている。全体に重さを出したぶん、前髪は短めに設定してヘルシーな雰囲気をプラスして。髪を美しく、印象も柔らかく見せる。イメージアップに役立つ計算がうれしい。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/普硬さ/柔クセ/無 担当サロン/ROI 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2021年12月28日(火)〜 2022年1月10日(月)【1位】 うぶ毛のニュアンスまで感じられそう!温かみがあって優しげな「抜け感眉」の作り方 ★記事はこちら【2位】 神崎恵ボディの作り方「めぐらせる・流す」おなか、背中、内ももトレーニング【神崎恵BODY&HEALTHメンテ】 ★記事はこちら【3位】 アラフォーは、今から゛予防”を怠りなく。頭皮、目、歯の「守る・予防する」ケアを実行!【神崎恵BODY&HEALTHメンテ】★記事はこちら【4位】 アラフォーがよりよく生きるために心がけたい4つのこと【産婦人科Dr. 高尾先生の〝心と体が軽くなる〞カウンセリング室】 ★記事はこちら【5位】 【塗って寝るだけで輝く肌に! プチプラだけど実力派「イヴ・ロシェ」の新名品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #509】 ★記事はこちら【6位】 そろそろ更年期?と思ったら。「ラサンテ」のサプリでインナーケア【マーヴェラス原田の40代本気美容 #499】 ★記事はこちら
  • マリソルオンラインで人気の月間ミディアムヘアランキングTOP10を発表!※2021年12月7日(火)〜 2022年1月3日(月)<ミディアムヘアスタイル 1位>瞳を囲み込む前髪のカットラインで若々しい目ヂカラを取り戻すデジタルパーマでワンカール巻いたら、ラフな動きを与えるためにあご下にグラデーションカットを。前髪からフェイスラインにつながる曲線的なカットラインには、女性ならではの愛らしさを強調するだけではなくデカ目見せ効果もあり。厚みとまとまりのあるトップのフォルムと、ほぐれたような束感が踊る毛先のバランスが、大人の女性にちょうどいい。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/やや細硬さ/やや硬クセ/弱 担当サロン/Rougy 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 2位> アシンメトリーなシルエットが髪質や毛量の悩みをカバーそして顔まわりにはたっぷりとレイヤーを入れて毛束感を出し、全体にS字パーマでクセづけを。アシンメトリーなフォルムはボリューム低下のお悩み解消のみならず、あかぬけ見せにもひと役買ってくれる。ウエイトがトップに集まりすぎないように、前髪少なめにしてできるだけ肌を見せ、顔を明るく見せるのがポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/硬クセ/弱 担当サロン/GARDEN Tokyo 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 3位>くびれラインと直線的な毛先でコンサバミディアムを卒業前髪が軽いぶん、サイドにはしっかり厚みを残し、顔まわり中心にレイヤーを入れて束感を演出。マスクで覆われる頰からあごのゾーンにくびれフォルムを設定することで、マスクをしても軽やかな印象をキープできる。毛先はあえてパツッとした直線的なラインを残し、コンサバになりがちなミディアムヘアに今っぽいしゃれ感をプラスして。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/普硬さ/普クセ/無 担当サロン/BEAUTRIUM265 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 4位>うねりの重なりで生まれる大人のフェミニンスタイル耳下の髪にワンカールのパーマをかけたら、耳上は内外のミックス巻きで縦カールに。縦に巻かれたS字カールが重なり合い、女性らしい柔らかさと親しみやすさを感じるパーマスタイルが完成。ボトムにだけレイヤーを加え全体の厚みを残すことで、ラフになりすぎず落ち着きのある雰囲気に。毛先を外巻きにすればカジュアルに、内巻きにすればエレガントにと、印象を変えられるのもうれしい。【SIDE】【BACK】 DATA量/普太さ/やや細硬さ/普クセ/弱 担当サロン/PearL 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 5位>酸性パーマ×ミディアム。髪質が変化する大人の新しい選択酸性パーマと3 段階レイヤーで大人のミディアムに抜け感が生まれる 髪を伸ばすと、どうしても動きが出にくくなるのはアラフォー世代の共通の悩み。フロントからトップのふんわり感をキープするために、前髪~顔まわりに3 段階のステップレイヤーを入れて、ラフな動きが出やすいよう調整。そこへツヤをキープする酸性パーマを。毛先だけでなく、動きを出したいハチの高さから施術するのがポイント。上からのパーマに抵抗があるかもしれないが、実は酸性の施術だと、ゆるさとツヤを表現し、狙ったような無造作な動きを演出。【SIDE】 【BACK】 こんな人におすすめ!□顔まわりがつぶれやすくなってきた□ボサボサでない無造作ヘアにしたい□セット時間はなるべく短縮したい ☆担当は…… PearL【パール】 アットホームな雰囲気ながら最先端の技術を堪能できる人気サロン。マリソル世代から高い信頼を得ている。 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/PearL スタイリスト/高橋美帆 構成・文/松井美千代 <ミディアムヘア 6位> あかぬけインナーカラーでマスク姿でも華やかな印象に全体を9レベルのアッシュブラウンでカラーリングし、ハチ下から襟足にかけて13レベルのベージュブロンドを仕込む。全体のカラーはナチュラルに、顔まわりから首に沿うインナー部分だけをトーンアップするので、ふだんダークトーンの人でも挑戦しやすい。マスクで肌の露出が減るぶん、髪色を明るくすることで華やかさをプラス。毛先を透けさせるレイヤーカットで、内側に入れたインナーカラーがよりきわだつ。 【SIDE】 【BACK】DATA カラー/アッシュブラウントーン/ 8担当サロン/DADA CuBiC 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング) 野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 7位>3段階のレイヤーで広がりを抑え動きのあるミディアムスタイルに首に沿う外ハネラインと、ひし形フォルムに入れたローレイヤーで、毛流れをふんわり柔らかにコントロール。トップの分け目はつぶれやすいセンターを覆うように設定し、大人の悩みもさりげなくカバーしてくれる。前髪はしっかり厚めに取り、マジックカーラーでサイドに流れるようにスタイリングを。全体に細めのローライトを入れて、髪色を落ち着かせつつツヤ感をアップ。【SIDE】【BACK】 DATA量/普 太さ/やや細硬さ/普クセ/無 担当/PearL 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 8位>レイヤーでくびれ×ひし形に。きれいの王道フォルムを発見外にハネやすいクセは、ミディアムレングスの多くに頻出。そこでハネグセに逆らわず、生かして毛流れに取り入れてしまうためにレイヤーを駆使。顔まわりや表面にレイヤーを入れ、小顔に見えるひし形フォルムに。また毛先は外ハネになりやすいようにカットを。髪のウエイトゾーンが上がるため、リフトアップして見えるなど、大人のキレイにいいことずくめのスタイルへ。【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/普硬さ/普クセ/弱 担当/Violet 【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/山田英博 メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ モデル/ゆっこ(マリソル美女組No.189) 取材・文/松井美千代、野崎千衣子 <ミディアムヘアスタイル 9位> 透明感のあるアッシュカラーがエッジーなカットラインに映える【最旬カラーリング:寒色】赤みを抑えるダークなアッシュブラウンは、ブルーベースの肌トーンと好相性 ウルフライクなフォルムに落ち着きと透明感を与え、個性的な印象をやわらげてくれる。3トーン明るいハイライトで質感と毛流れをコントロールし、モード感を残しつつ柔らかな印象に。リップラインより高めにボリュームをもたせたひし形のカットラインがフェイスラインのたるみをカバーし、大人の悩み解消にぴったりのスタイル。【SIDE】DATAカラー/ブラウンベージュトーン/ 8 担当/kakimoto arms SHINJUKU 【Marisol 3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(カラー、ミディアム)<ミディアムヘアスタイル 10位> 品のある丸みフォルムに脱力感カールでしゃれ感をプラス上品なミディアムヘアにしたいなら、レイヤーは顔まわりだけに抑えて表面のツヤや丸みを死守。分け目をラフに取ればトップがつぶれにくく、ふんわりとしたシルエットに。塗り分けできるホット系のパーマで、顔まわりのレイヤー層に内巻き、鎖骨ラインの毛先に外巻きのS字カールをかけ、前髪からつながるゆるやかなうねりラインをつくり、柔らかでフェミニンなスタイルが完成。【SIDE】 DATA量/多太さ/普硬さ/普 クセ/弱 担当/Door 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/松井美千代(ボブ、ショート、ロング)野崎千衣子(カラー、ミディアム)
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※2021年12月21日(火)〜 2022年1月3日(月)【ファッション 1位】小柄の小柄による小柄の為のダウン特集〜ライトカラー編〜【小柄バランスコーデ術#28】 ★記事はこちら【ファッション 2位】しゃれ見えと着やせがかなう 冬の鉄板「黒タートル」の選び方とは?【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #46】 ★記事はこちら【ファッション 3位】今冬、ビッグなクラシックブームがきた!【2021秋冬トレンド・おしゃれプロの「これ買っちゃいました」Part.1】★記事はこちら【ファッション 4位】40歳のための 「新コーディネート論」<後編>【ファッション賢者からの贈り物】 ★記事はこちら【ファッション 5位】コーデが決まる今冬の一着!アラフォーのための最旬カジュアルアウター【ボア素材&MA-1】★記事はこちら【ファッション 6位】冬休みは友人と一緒にファスティング旅へ。心身ともに身軽になって【12月のコーデ 4th Tue.】 ★記事はこちら【ファッション 7位】2大エディター・磯部さん&三尋木さんの”愛用ベーシック小物”を比べてみた! ★記事はこちら【ファッション 8位】冬のパーティコーデ、“お仕事関係”の集まりでは何着てる?<後編>【おしゃれプロSNAP #03】 ★記事はこちら【ファッション 9位】一人でも多くの人を笑顔にしたい!弁護士・竹森現紗さんのバッグの中身を拝見【働く女とバッグの中身】 ★記事はこちら【ファッション 10位】上質素材のシルクやベビーキャメルを纏ってラグジュアリーなお正月を【1月のコーデ 1st Sun.】★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • パールボタンやピンクカラーなど女性らしさが光るアイテムが上位!こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 本日は毎月恒例の前月のコーデ人気ランキング!インスタのいいね数を元に下位から順に発表していきます! 第9位 UNIQLOリブタートルネックセーターとPLSTスリムテーパードパンツを合わせたコーデ第8位 ユナイテッドアローズのオレンジニットとUNIQLOのフレアジーンズを合わせたコーデ。第7位 bonjoursaganのVネックシャギーニットと白Tをレイヤードしたコーデ。 第6位 PLSTのロングコートとオニールオブダブリンのチェック柄スカートを合わせたコーデ。第5位 TONALのラクーンニットとPLSTブラッシュドバックストレートパンツを合わせたコーデ。 第4位 bonjoursaganのモックネックニットとPLSTのベージュデニムを合わせたコーデ。 第3位 GALERIE VIEのニットとUNIQLOストレッチフリースパンツを合わせたコーデ。第2位 green label relaxing のピンクニットとupper hightsのグレーデニムを合わせたコーデ。第1位 パールボタンカーディガンとUNIQLOウルトラストレッチジーンズを合わせたコーデ。パールボタンカーデやピンクニットなど、女性らしさの光るアイテムを使ったコーデが上位でした! 1月にも使えるコーデばかりですので、参考にしていただければ嬉しいです。 それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーやっています。 アメブロはこちらから。(画像をクリック) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数12万人突破! インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をクリック)No.163 tomomiyu
関連キーワード

RECOMMEND