プラスαの機能付き! 2021冬・最強の「美脚アンクル丈パンツ」を探せ!【後編】

Marisol ONLINE

プラスαの機能付き!アラフォーの最強「美脚アンクル丈パンツ」|後編

▼前編はこちら

もはや美脚はあたりまえ! デイリーパンツの超定番として、年々進化を遂げるアンクル丈パンツは、今季も扱いやすく、おしゃれな名品が続々と登場。寒い日々が続く季節に、なにかと清潔に保ちたいこの時代に、働くアラフォーのリアルな声から見えてきた、本当に使える3本をご紹介!

■Brand:PLST【プラステ】

センタープレスが取れにくい

「よくはくものはアイロンの手間やクリーニングの出費を省きたい。おしゃれでも洗濯のたびにヨレヨレになるものはNG」(受付・43歳)

着ぶくれも劣化も感じさせない、ベージュパンツの理想形

手ごろな価格とは思えないほど上質な生地感、さらにセンタープレスが取れにくい加工がされているおかげで、劣化が目立ちやすいはずの明るいベージュでも美しさが持続。吸湿発熱機能を備え、素足でも暖かくいられるのも優秀。

パンツ¥8,990/プラステ プルオーバー¥28,600/インターリブ(サクラ) サングラス¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥31,900/マリハ ネックレス¥27,000/アビステ リング¥37,400/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥35,200/オルセット 靴¥38,500/アマン(ペリーコ サニー)
パンツ¥8,990/プラステ

 

■Brand:ESTNATION【エストネーション】

マシンウォッシャブル

「清潔感があって、スタイルよく見えるパンツでモチベーションを上げたい。夕方まできちんと感をキープできるものが理想的」(PR・41歳)

クールに見えてちゃんと実用的。そんな二面性がデイリー向き

どんなに小さなシミや汚れも避けたい白。特に冬場は重ね着などで意外と汗をかいたりするので、洗濯機洗いができて、いつでもクリーンな着心地をキープできるのは決め手に。ほどよく肉厚なストレッチ素材は透けにくく、UVカット機能もついているので春先にも活躍。

パンツ¥20,900/エストネーション(エストネーション) ワンピース¥35,200/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥28,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥39,600/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥35,200/ベイジュ(ピッピシック)
パンツ¥20,900/エストネーション(エストネーション)

 

■Brand:Theory 【セオリー】

シワになりにくい

「暖房の部屋で座っていることが多いので、ムレる素材は苦手。いつも洗えるわけではないので、シワになりにくいことも大事」(銀行・38歳)

究極にシンプルでもキマる黒は美脚の名手、セオリーならでは

強力なストレッチ性のあるナイロンジャージーを採用し、またセンタープレスやタックといったデザインを省くことで、シワを気にせず、まるでレギンスのようにアクティブに動けるパンツ。細身ながらも通気性にすぐれ、厚手のアウターをはおっても快適。

パンツ¥19,800・ニット¥39,600/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ジャケット¥83,600/エブールギンザシックス(ebure) ピアス¥44,000・リング¥41,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥64,900/アマン(ペリーコ) 靴¥59,400/オデット エ オディール 新宿店(ペリーコ)
パンツ¥19,800/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)
【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/石毛のりえ ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)  モデル/小濱なつき 取材・文/伊藤真知 
ショップマリソルで「即完売してしまった!」「色違いが欲しい!」といった声にお応えして人気アイテムを復刻! またもや人気確実だから急いでチェックして
今回ご紹介するのは、毎日のコーディネートに欠かせない着回し力抜群のシンプルニット。そのほかにもMarisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案していますのでぜひチェックしてみて。
気になるトレンドやアイテムを、大人にちょうどいいさじ加減にアレンジしたマリソルオリジナルブランド、【M7days】の気になる新作をチェック!
スタイリスト・徳原文子さんPresents!この秋冬、40歳の女性がかっこよく、そしてちょっぴりモードにレトロというキーワードを着こなしに取り入れるアイデアをお届けします。”大人が着るからおしゃれに見える”レトロなムードをまとった、旬のアイテムをご紹介。
秋冬の初めは女っぷりよく、きれいめにシフトしたい気分。今どきのアラフォーらしい華やかさを備えたスカートを軸に、ヨンアが着回し!
関連記事
  • 現金を使わないのに3つの財布?使い分ける理由はその日の予定に応じて。こんにちは、hirokoです。 今年初の一粒万倍日が1月11日(火)にやってきますね。 この日に財布を買おう、使い始めよう、という方も多いかもしれません。 (一粒万倍日は、何事を始めるにも良い日とされています^^) そこで、私のお財布について書いてみようと思います。 最近は、大小のお財布とスマホポーチを使い分けています。 一見、面倒くさそうに見えますが、ズボラな私がたどり着いたストレスのない方法。 (普段はスマホ決済、クレジットカード決済が9割くらいです。)1.長財布長財布は、The Warmthcrafts-Manufacture(ジ・ウォームスクラフツ-マニュファクチャー、略してTWCM)のコードバン ジップアラウンド ウォレットを使っています。 メンズ館で人気のあるブランドで夫に教えてもらったのですが、コードバンの美しい光沢とカラーが気に入っています。 お揃いカラーのキーホルダーを兼ねたシューホーンと定期入れは、バッグの中の三姉妹と呼んでます。 同じブランドで揃えると、バッグの中が整って見えます^^ 長財布は、以前ブログでご紹介しました。 ↓▶2020.2.2UP #春財布2020 映えるツヤ財布▶▶The Warmthcrafts-Manufacture※私の持っているピンクは限定カラーで、webでの販売はされていないようです。 REDのツヤも素敵です!▶CORDVAN ZIPPED LONG WALLET▶CORDVAN SHOE HORN▶CORDVAN PASSCASE小さいお財布が主流になりつつある中、長財布をメインとして使いたいのは、 ・お札を折らずに入れられる(できるだけ新札を入れておきたい) ・カードの収納力 この二つが大きい。 免許証、保険証、キャッシュカード、クレジットカード、診察券など、日常的に使うものは全てこのお財布に。 (まれにしか使わないものは、別途カードケースに収納しています。)2.小さめのお財布こちらも、The Warmthcrafts-Manufactureのコードバンのお財布になります。 小さいバッグを使うとき、外出先が決まっているとき、旅行には、こちらをメインに持っていきます。 行き先に応じて、長財布から必要なカードを移動させます。 帰ったら長財布に戻して、現金はそのまま千円札数枚を常に入れておく感じ。 主に休日に出番が多いお財布です。カード2~3枚、現金を三つ折りでスマートなお財布を心がけています。 一度こちらをメインにしましたが、どうしてもパンパンになって見た目が不格好になってしまうため、やめました。 3.スマホポーチ大好きなANYA HINDMARCH(アニヤ・ハインドマーチ)の”I AM A Plastic Bag”ラインのスマホポーチを選びました。 こちらも、以前ブログでご紹介しています。 ↓▶2021.3.10UP 今、ちょうどいい”こでかけ”ポーチPayPay、iDなどスマホ決済をよく利用するので、究極はこのポーチだけで通勤できます、というかしています。 やっぱり何かあったとき怖いので千円札をこっそり忍ばせてますが(笑)、PiTaPaカード(通勤用定期)もあるし、このご時世、急に食事に誘われたり、買い物に繰り出すこともなく、家と仕事場の往復のみだと、これで足りることに気づきました。 その日の予定に応じて、長財布をプラスして持っていく、という感じです。 スマホ決済はたくさん使ってしまいそうで怖い~と言われることもありますが、いつ・どこで・いくら使ったかの確認でき、家計簿アプリと連携させれば更に管理しやすくて積極的に利用しています。 現金は割り勘するときが多いので、長財布にはなるべく新札を入れて気持ち良く渡せるようにしています。 以上、現金をあまり使わない私のお財布使い分けでした。 Instagramもよろしくお願いします^^No.167 hiroko
  • 今冬はニットが例年以上に豊作。中でも、おしゃれ心をくすぐる遊びのきいたトレンド感満載のニットにおしゃれプロたちも大注目! ■アラフォー的リアルトレンド2021-2022 AW おしゃれプロの指名買いから、取り入れるべき大人に似合う真の流行が浮き彫りに。今季の注目トレンド&旬アイテムを大公開!  TREND6:遊び心のある大人のニットショートカーディガン AURALEE 野崎久実子さん推薦 「ショート丈のスラブニットのモコモコ感が絶妙」<野崎さん>。カーディガン¥41,800/オーラリー 二ットスカーフ ORGANIC BY JOHN PATRICK坪田あさみさん推薦 「目新しいニットのスカーフでコーデを楽しく」<坪田さん>。スカーフ¥34,100/ロンハーマン(オーガニック バイ ジョン パトリック) 深Vネックベスト JANE SMITH 塚田有紀子さん推薦 「深いVあきベストで今年は重ね着に挑戦したい」<塚田さん>。ベスト¥31,900/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) カラーニット Harley of Scotland亀甲有希さん推薦 「ビビッドな黄色は着るだけで明るい気分に」<亀甲さん>。ニット¥17,600/カレンソロジー青山(ハーレー オブ スコットランド)ボーダーニット TELA池田メグミさん推薦 「メンズライクな配色が絶妙」<池田さん>。ボーダーニット¥50,600/ティースクエア プレスルーム(テラ) ニットカーディガン MADISONBLUE高橋美帆さん推薦 「後ろに編み込まれた"HELLO"の文字に胸キュン」<高橋さん>。カーディガン¥192,500/マディソンブルー ラメベスト MACPHEE編集Y本推薦 「ノスタルジックな透かし編みがアイキャッチ」<編集Y本>。ベスト¥17,600/TOMORROWLAND(マカフィー)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子 ▼合わせて読みたい!
  • アラフォースタイルにきちんとスタイルにひとさじのトレンド感を添えるなら、この2つのデザインに頼るのが正解。 ■Shawl Color・Gown Coat ガウンコート   流れるようなショールカラーが、知的な女性らしさを後押し。顔まわりが華やかに見える効果も。 Brand: Des Presさりげなくはおるだけでエレガントに着映え 襟もとからすそにかけてのゆったりとしたドレープが、動くたびにニュアンスを生み出す。こっくりとしたキャメル色と洗練された艶がフェミニンでリッチな印象。コート¥92,400/デ・プレ ブラウス¥17,600/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥44,000/プルミエ アロンディスモン ピアス¥134,200/マリハ バッグ¥66,000/アマン(ザネラート) パンプス¥80,300/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)   Brand: Estnationデニムなどのカジュアルなスタイリングにも合う、ワイドなショールカラー。深めのサイドスリットで、いっそうアクティブな印象に。コート¥79,200/エストネーション Brand: Stumblyショールカラーが細めになると、ぐっとハンサムな雰囲気に。ベルトでウエストを絞って、たっぷりブラウジングする着こなしもおすすめ。コート¥64,900/スタンブリー   ■Sharp Gilet Coat ジレ   ベーシックなスタイリングにプラスするだけで、鮮度もしゃれ感も急上昇! Brand: Le Phil二の腕にかかる袖がほんのりモードな印象 体型カバーにも、暖かさにもつながる才色兼備の袖デザイン。ニットとパンツをダークカラーでつないで、ジレをきわだたせて。ジレ(ベルトつき)¥49,500/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ニット¥34,100/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥38,500/イレーヴ ピアス¥35,200・リング¥60,500/ザ ストア バイ シー 代官山店(ソフィ ブハイ) バッグ¥264,000・パンプス¥88,000/ジミー チュウBrand: United Arrowsデザインポイントと重心アップの役割を兼ね備えた、フラップつきの大きなポケットがアクセント。ジレ¥41,800/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)  ■ジレ/ユナイテッドアローズ|SHOP Marisol ≫Brand: Loeffブラックはもちろん、グレーやブラウンとも相性のよいモカ色。少し起毛感のある素材が独特の陰影を生み、特別感のある着こなしに。ジレ¥77,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 ▼合わせて読みたい!
  • 肩が凝るような重たいコートや堅苦しい素材感は苦手! そんな働くアラフォーにおすすめの旬のアウターは暖かくて、大人の可愛さも演出できるボア素材のものや、ビッグシルエットがおしゃれなMA-1タイプのもの。ワンマイルウェアとしても重宝する、今冬の気分がコートを手に入れたい。■ボア素材のコート Boa   引き続き人気のボア素材は、ふわふわとした唯一無二の可愛さ。カラバリもいちだんと豊富に。 Brand:Heliopoleたっぷりとした分量感はスタイルの主役にぴったり コートの魅力を最大限に引き出すために、インはワントーンでシンプルなスタイリングでまとめるのが正解。コート¥36,300/エリオポール代官山(エリオポール) ニット¥34,100/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥36,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(ロエフ) ピアス¥35,200/マリハ イヤカフ¥93,500/プライマル スニーカー¥6,380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) コート¥36,300/エリオポール |SHOP Marisol  ≫  Brand:House of Lotus正統派のノーカラーコートのたたずまいはキープしつつ、清潔感のあるボアが更新感をプラス。ポケットのパイピングがアクセントに。コート¥74,800/ハウス オブ ロータス 青山店Brand:Sakura上品なグレーと、少しラフな仕上げのボア素材の組み合わせが絶妙。サイドに長めのスリットが入っているから足さばきもいい。コート¥59,400/インターリブ(サクラ)  ■MA-1 ミリタリー   カジュアルなトレンドの中で今シーズン注目度No.1といえばこれ。ビッグシルエットをゆるく着たい。 Brand:The Shinzone本格的な仕様でありながら、リブのグレーやジップのオレンジなどのアレンジディテールが光る。ジャケット¥63,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)  ■ジャケット/シンゾーン|SHOP Marisol ≫Brand:Inscrireモダンなチョコレートブラウンは、ふだんフェミニン派の人におすすめ。ジャケット¥75,900/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アンスクリア)Brand:Near.Nipponシンプルなブルゾン感覚で着られるブラック。後ろ下がりのすそが可愛いポイント。ジャケット¥61,600/プルミエ アロンディスモン(ニアーニッポン)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 ▼合わせて読みたい!
  • アラフォー的リアルトレンドが満載。きれいめも、カジュアルも、ほんのりクラシック要素を取り入れるだけで即座に今っぽいスタイルにアップデート! ■アラフォー的リアルトレンド20212-2022AW おしゃれプロの指名買いから、取り入れるべき大人に似合う真の流行が浮き彫りに。今季の注目トレンド&旬アイテムを大公開!  TREND1:クラシックブーム  シルクスカーフ YLÈVE エディター 伊藤真知さん推薦 「結び方でいろいろな表情に変化する計算された幾何学柄が秀逸で、スカーフアレンジ初心者でもトライしやすいのが◎」<伊藤さん>。スカーフ¥31,900/イレーヴ  ツイードジャケット YLÈVE 編集CHN推薦 「クラシカルなツイード素材と、メンズっぽいシルエットのアンバランスさがツボ。コンチョボタンも可愛い」<編集CHN>。ジャケット¥64,900/イレーヴ   千鳥柄コート Ballsey 塚田有紀子さん推薦 「グレイッシュな千鳥格子柄のコートは、ハンサムだけど女らしい。ミドルな丈感も今年っぽい」<塚田さん>。コート¥132,000/TOMORROWLAND(ボールジィ)  パールネックレス GIGI 編集Y本推薦 「ふぞろいなパールがニュアンスとなり、愛らしい表情に」<編集Y本>。ネックレス¥42,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ジジ)  ウールジャケット MADISONBLUE 坪田あさみさん推薦 「薄くて軽くて、カーディガン感覚でラフに着られます」<坪田さん>。ジャケット¥97,900/マディソンブルー  Ⅰラインワンピース YLÈVE 福田亜矢子さん推薦 「きれいめなたたずまいに惹かれた一枚。タートルやシャツとレイヤードして着たいです」<福田さん>。ワンピース¥47,300/イレーヴ  ロングブーツ NEBULONI E.  石上美津江さん推薦 「去年はヒールタイプを買って大活躍。今年はウェッジを」<石上さん>。ブーツ¥94,600/フラッパーズ(ネブローニ)  ドット柄パンツ Curensology 編集MDR推薦 「甘いドット柄もドロストパンツでヘルシー感をプラス」<編集MDR>。パンツ¥22,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー)  レーススカート SACRA 吉村友希さん推薦 「フェミニンなレースのスカートもカーキなら少し辛口に着こなせそう」<吉村さん>。スカート¥62,700/インターリブ(サクラ)   スクエアシューズ LUCENTI 高橋美帆さん推薦 レディなメリージェーンでスクエアトゥなのが新鮮」<高橋さん>。シューズ¥35,200/ゲストリスト(ルチェンティ)  レースブラウス MADISONBLUE 福田麻琴さん推薦 「ちょっとヴィンテージライクなレースが可愛い。一枚でも重ねても存在感を発揮」<福田さん>。ブラウス¥67,100/マディソンブルー   ボウタイブラウス VERMEIL par iéna 編集CHN推薦 「リボンのボウタイは甘くなりすぎないブルーを選択」<編集CHN>。ブラウス¥24,200/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ)  【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子 ▼合わせて読みたい!
  • もはや美脚はあたりまえ! デイリーパンツの超定番として、年々進化を遂げるアンクル丈パンツは、今季も扱いやすく、おしゃれな名品が続々と登場。寒い日々が続く季節に、なにかと清潔に保ちたいこの時代に、働くアラフォーのリアルな声から見えてきた、本当に使える3本をご紹介!アラフォーの最強「美脚アンクル丈パンツ」■Brand:CELFORD【セルフォード】ハンドウォッシャブル 「一本は欲しい流行色。外出すればウイルスも気になるし、お手洗いですそが床についたりすることもあるので”洗える”は絶対!」(商社・39歳)注目度No.1のアイスブルーは気軽に”洗える”のもポイント 今季の主役、グレーとも相性のいいアイスブルーは出番も多く、汚れの目立ちやすい淡色ということもあって、洗えることが欠かせない条件に。前立て部分はフェイクで、実はファスナーのないゴムウエスト仕様。楽ちんであることはもちろん、金具を気にせずパッと洗えてさっと干せるのもありがたいかぎり。 パンツ¥9,900/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) ニット¥42,900/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ピアス¥12,100/シルバースプーン バッグ¥114,400/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥63,800/エストネーション(ニコラス カークウッド)パンツ¥9,900/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) ■Brand:N.O.R.C by the line【ノーク バイ ザ ライン】静電気防止 「仕事柄、人前で椅子に座ったり立ったりする場面が多く、そのたびに静電気でパンツがまとわりつくのが恥ずかしい」(大学准教授・45歳)イージーケアに特化した黒で冬の毎日をノンストレスに コートを脱いだ時のパチパチや張りつきだけでなく、ホコリや毛の付着も気になる"黒"のストレッチパンツだからこそ、あるとうれしい静電気防止機能。ほかにもマシンウォッシャブルやシワになりにくいなど扱いやすさにもとことんこだわり、お財布にも環境にもエコ。 パンツ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) コート¥126,500/ボウルズ(ハイク) シャツ¥25,300/ティッカ ピアス¥44,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥44,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥15,950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) パンツ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ■Brnnd:Drawing Numbers【ドローイング ナンバーズ】軽くて暖かい 「リモートワークで歩く機会が減って足が冷えやすくなったので、暖かさを重視。たまの出社にも浮かないデザインが欲しい」(営業・45歳)分厚く重い…イメージを一新!快適&おしゃれなツイードパンツ 空気を含み、保温性にすぐれた中空ポリエステル素材を使い、軽やかで暖かなはき心地を実現。ウエストは4分の3ゴムでインしてもきれい。パンツ¥30,800/ドローイングナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ) コート¥53,900/プルミエ アロンディスモン(プルミエ アロンディスモン) シャツ¥29,700/カレンソロジー青山(アンド アールシー) Tシャツ¥10,780/スローン メガネ¥34,100/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥8,400/アビステ バッグ¥63,800/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥14,850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)パンツ¥30,800/ドローイングナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/石毛のりえ ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)  モデル/小濱なつき 取材・文/伊藤真知 
  • なじみのトレンチコートや白シャツも、加える色を変えることで退屈にならず、新しいおしゃれの気づきが。トレンチコートに冬に映えるグリーンを 分量のあるロングトレンチはひとさじの旬色で盛り上げる。冴えたトーンもポイント。確信的な肩がけで小気味よくブラッシュアップ なんとなくワントーンにしてしまうことが多いトレンチベージュにこそ、鮮度の高い色を加えてフレッシュにアップデート。コート¥121,000・ニット¥47,300/エブールギンザシックス(ebure) 肩にかけたカーディガン¥42,900/アマン(アンスクリア) パンツ¥20,900/TOMORROWLAND(トゥモローランド コレクション) ピアス¥29,700・ネックレス¥22,000/マリハ バッグ¥365,200/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) 白シャツにきかせ色をトッピング シーズンレスで活躍する白シャツに色をプラスして、新鮮な印象に。イエローのケーブルニットで顔まわりに温かみを添えて 上質なコットンのユニセックスな白シャツをアレンジ。イエローニットが明るさやこなれ感までコントロール。シャツ¥31,900/エイトン青山(エイトン) ニット¥39,600/ウィム ガゼット青山店(ミストアズ) スカート¥28,600/ジェームス パース 青山店(ジェームス パース) 帽子¥7,040/カシラ プレスルーム(カシラ) サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥82,500/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(イヴィ) バッグ¥121,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ザンケッティ) 靴¥39,600/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)いつものシャツとニットをライム色でモードに シャツをグレーニットに忍ばせて少量使い。袖やすそからのぞくニュアンスが別珍のライムワイドパンツとのつなぎ役にも。不意をつく色と素材の効果でモード感がぐっと高まって。 COORDINATE ITEM  パンツ/アストラット¥29,700詳細・ご購入≫ シャツ¥31,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥29,700/アストラット 新宿店(アストラット) ニット¥17,600/エリオポール代官山(ハーレーオブスコットランド) 帽子¥13,200/メゾンドリリス ストール¥37,400/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥31,900/アマン(アトリエ アンボワーズ) トートバッグ¥5,500/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ) 靴¥41,800/ザ・グランドインク(ロランス)スタンダードな白にピンクを遠慮せずたっぷりと ベーシックカラーに頼らない選択で女っぽく、新鮮に。シャツ¥31,900/エイトン青山(エイトン) コート¥39,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムパンツ¥29,700(RH ヴィンテージ)・ネックレス(長)¥45,100(ハルポ)/ロンハーマン ネックレス(短)¥24,200/エスケーパーズオンライン(ハルポ) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥50,600(ソフィー ブハイ)・バングル¥242,000(マルコム ベッツ)/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター バッグ¥154,000/八木通商(ザンケッティ) ストール¥59,400/アイネックス(アソース メレ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/福田亜矢子 ヘア&メイク/中山友恵  モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 
  • 肩が凝るような重たいコートや堅苦しい素材感は苦手! そんな働くアラフォーにおすすめの旬のアウターは、軽くて、暖かくて、お手入れ簡単なキルティング素材のもの。ワンマイルウェアとしても重宝する、今の気分がつまった代表選手。 ■キルティング素材のコート・ジャケット・アウター Quilting 軽くて、暖かくて、お手入れ簡単。ワンマイルウェアとしても重宝する、今の気分がつまった代表選手   Brand:SLOANEサークルステッチが大人スタイルにマッチ 薄くて軽い中綿入りで、スマートに防寒とおしゃれを両立。コート¥93,500/スローン ニット¥42,900・スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン) スカーフ¥31,900/イレーヴ イヤカフ¥17,600/UTS PR(ルフェール) ボールチェーンネックレス¥22,000・ネックレス¥42,900/マリハ バッグ¥151,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥35,200/エリオポール代官山(コルソローマ,9)  ■コート¥93,500/スローン|SHOP Marisol ≫Brand:Shinzoneトレンドカラーのセージグリーン。ベロアのパイピングが全体の印象を引き締め、カジュアルすぎない仕上がりに。コート¥51,700/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:AURALEE for Ron Hermanキルティングでも、格子状ではなく縦ステッチになるとぐっと大人っぽくきれい見え。 コート¥92,400/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン)Brand:THIRD MAGAZINEベルトつきのチェスターデザインで縦ステッチ、素材にほんのり光沢感もあるから、布帛コートの気分で着こなしたい。 コート¥74,800/サードマガジン Brand:23区コンパクトなノーカラージャケットタイプなら、ワイドパンツやロングスカートなどの旬ボトムスをバランスよく着こなすことが可能。すそのドロストでフォルムをアレンジできる。 アウター¥25,960/23区  ■アウター¥25,960/23区|SHOP Marisol ≫Brand:MADISONBLUEキルティング素材にアレンジしたCPOジャケット。たっぷりとしたビッグサイズが、大人の可愛らしさを引き出す。 ジャケット¥117,700/マディソンブルー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND