【大きな襟がかわいいPatou】スウェットとジャケット追加!

Marisol ONLINE
今週は少し冷え込みが進むとか…。

日中はまだ暖かい日が多かったので、着る物に悩んじゃいそうですね。

私は基本的に暑がりなので、冬でも重ためコートよりも脱ぎ着がしやすいジャケット系の方が
登場回数が多めです。

ジャケットによっては、その上にコート羽織れたりもするので、ジャケット見るとついつい手に取っている…
気になっちゃうんです。

今回は、ジャケットとあまり得意ではなかったスウェットにチャレンジ!
大好きなPatouだったら、アラフォースウェットもかっこよく着こなせそうと思い、買ってみました。

ジャケットがこちらです。
Patouらしい大きな襟がポイント!
もちろん、つけ外し可能という、万能アイテム!
袖の部分にロゴタグ入り。(かわいい!!)

ボタンは磁石タイプになっていて、外には出ていないので、スタイリッシュに着られる印象です。

素材は、ツイードっぽい。
ハリがあって、比較的薄手でタイト。
中にはブラウスやタートルなどを重ねられるので、いろんなシーンで活躍してくれそうです。
こちらはスウェット!↑

裏は起毛になっており、暖かい…!軽い…!!

この襟があるかないかで、全然表情が違います。
こちらも袖部分にロゴタグ付き。

とある日のコーデ。
スウェットの上にsacaiのアウターを着ました。
襟だけ外に出すと、アウターの印象まで変えることができます!

この日はスカートに合わせました。
関連記事
  • 冬の初めは女っぷりよく、きれいめにシフトしたい気分。今どきのアラフォーらしい華やかさとこなれ感が魅力のベロアマキシスカートを主役に、ヨンアがこなれた着回しコーデをご提案します!着回したのはこれ! ▼ベロアのギャザーマキシスカート   旬のヴィンテージテイストをきれいめに表現できる。まろやかなマスタードも大人向けのさし色。スカート¥78,100/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) DAY 1ジャケット&冬色スカートできれいめなスタイリングに。足もとはハードめなブーツで、ちょっとハズシを加えるのがコツ。シャツ¥27,500/サードマガジン ジャケット¥82,500/TSI(ハーヴェル スタジオ) 靴¥105,600・バッグ\237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) ピアス¥64,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)  DAY 2マスタードイエローのスカートは、ベロアのまろやかな光沢がとってもきれい。トレンチのウエストをキュッと締めて女っぷりよく。ニット¥23,100/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス)コート¥121,000/イレーヴ 帽子¥30,800/メゾンドリリス ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥105,600/トッズ・ジャパン(トッズ) ネックレス¥14,300/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ)バッグ¥34,100/アパルトモン 青山店(オウレンティ)バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)DAY 3肌ざわりのいいカシミアとベロアでほっこりした質感をレイヤードして、優しい印象を演出。ニット¥16,500/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)ネックレス¥14,300/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥121,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥50,600/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥64,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)▼そのほかの「2021秋冬トレンドスカート」着回しコーデもチェック【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/ヨンア
  • ユニクロのツイードジャケットで秋の着こなしをワンランクアップ。デニムコーデを綺麗に‼︎大人カジュアルにピッタリです。ツイードジャケっトって、定番な気も しますが、密かに流行りですよね。 今年はZARAなどでも見かけますし、 ユニクロでは昨年に続いて今年も出ています。ツイードジャケットはアラフィフが 着ると地味になりがちなので、 白ブラウスをインにして顔映りを明るく しています。 ボトムスはデニムで崩すと、大人にピッタリな きちんと感ある綺麗目カジュアルの完成です。 Jacket … UNIQLO Blouse … GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Denim … TOTEME Shoes … PIPPICHIC Bag … STUDIO CHERIE こちらは、ブラウスに同じくユニクロの ハイゲージクルーネックニットを重ねてみました。 重ね着すると冬でも全然平気です‼︎ 小さなパールを重ねて、襟元を少し華やかに 演出してみました。こちらはお気に入り大活躍のMADISONBLUE 少し短めデニムを合わせています。 濃いインディゴが上品で、デニム、タイツ、 ショートブーツと、足元のレイヤードを 楽しめるのが魅力です‼︎ Jacket … UNIQLO Knit … UNIQLO Blouse … GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Denim … MADISONBLUE Boots … FABIORUS CONI わたしのインスタグラムはこちらから成田千恵
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネートをご紹介! ノーカラーダウンをジャケット風に着てフェミニンMIXスタイル PYRENEX/ORCIVAL/O’Neil Of DublinAeta/ PELLICO 上品な艶と光沢でジャケット風に着ても見劣りしないノーカラーダウン。今季はあえてボウタイやチェック柄のスカートなどとあわせたフェミニンMIXが気分。ブランド最軽量クラスなのに保温性抜群で、ヘビロテ確実。 ・PYRENEX/CANNES(カンヌ)ダウンジャケット/¥44,000・ORCIVAL/TIE COLLAR SHIRT/¥15,400・O’Neil Of Dublin/ロング キルトスカート/¥27,500・Aeta/BASKET M+SHOULDER/¥52,800・PELLICO/バックジップショートブーツ/¥79,200 ゆるりと軽やかな全身コーデュロイで新バランスを実現 Healthy Denim/CONVERSE/TICCA/MADISONBLUE 今年らしい軽快さが魅力のコーデュロイコーデ。身体につかず離れずのシルエットやマキシ丈がリラクシーな気分を高めつつ、鮮度もUP。洒落見えに欠かせないコンバースのハイカットは、引き締め役としても優秀です。 ・Healthy DENIM/【Almond】コーデュロイシャツ/¥16,500・Healthy DENIM/【Pear】別注コーデュロイスカート/¥15,400・CONVERSE/【定番】CANVAS ALL STAR COLORS HI/¥7,150・TICCA/ダブルライダースジャケット/¥74,800・MADISONBLUE/HELLO CREW NECK TEE/¥27,500 クラシカルな華やぎで肩の力を抜きつつ女度を上げて M7days/FABIO RUSCONI/ZANCHETTI/CADEAUX ゆったりワイドトップスは艶プリーツと合わせ、今年らしい上品なリラックス感を楽しみたい。ヴィンテージサテンだからピンクも媚びない大人ムードに着地。足元は重厚感あるブーツで、クラシカルな要素もプラスして。 ・M7days/【編集部コラボ】ワイド切替トップス/¥9,900・M7days/ランダムプリーツスカート/¥17,600・FABIO RUSCONI/レザーショートヒールブーツ/¥39,600・ZANCHETTI/ZETA CROSSBODY/¥63,800・CADEAUX/SV925×淡水パールネックレス/¥25,300 秋はコート代わり、真冬はインナーコートとして大活躍 suadeo コート風にも着られるニットカーデは端境期の救世主!インナーダウンや厚手のニットに重ねれば、真冬でも問題なし。定番のボーダー×デニムもすっきりしたIラインで大人っぽく、着映えとリラックス感を両立します。 ・suadeo/【佐藤繊維】コラボ ボタン付き軽量ニットコーディガン(ミドル丈)/¥25,300・suadeo/JAPAN BLUE【Urvin】コラボレーション ハイパーストレッチスリム見えデニム/¥18,700・suadeo/Munichコラボ キレイ目ボーダーロングTシャツ/¥7,700 この特集を見る The post #2021/11/27 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • お手入れも簡単なエコレザーコーデですハードに見えて 難しいと思っていた 黒のエコレザースカート 色々と合わせてみたら 何にでも相性が良かったです白の厚手ニットを合わせてみました黒のジャケットのインナーは白のロンTです 大人っぽくて好きな合わせ方です定番のモッズコートとレースアップブーツにも◎スニーカーに合わせて カジュアルにも合いますなんと言ってもお手入れが簡単!エコレザーがこんなに使いやすいとは 新たな発見でした♩ 冬は出番が多そうです横山希世
  • 今年も残りわずか。一年の締めくくりに自分へのご褒美を買う人が増えてくる時期。そこで今回は、ビジネス服に合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。「ブルガリ」から、ビジネススタイルを格上げする日本限定カラーが登場「ブルガリ」より、洗練されたトープクォーツカラーが美しい日本限定色のバッグと財布が11月に発売予定。バッグは今夏デビューの『ブルガリ ロゴ』コレクション。熟練した職人のハンドメイドによって微細なチェーンが埋め込まれたロゴが、リュクスな逸品。財布は不動の人気を誇る『ブルガリ・ブルガリ』コレクションから2型展開。 バッグは外ポケット、中ポケット、ジッパーつきの仕切りが配され、ストラップつき。 バッグ¥346,500・長財布¥78,100・財布¥60,500/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)「ブチェラッティ」初 旗艦店オープン記念の限定ネックレスをジャケットの胸もとにイタリア・ミラノの老舗ジュエリーブランド「ブチェラッティ」が日本初の旗艦店を銀座並木通りにオープン。これを記念して銀座店限定で発売されたのが、『ハワイコレクション』のネックレスのハートモチーフバージョン。ホワイトゴールドのパーツがさりげなくハート形になっており、ダイヤモンドがちりばめられた贅沢な一品。 ハワイのレイをイメージしてデザインされた繊細なサークルモチーフの中に、ハートがかわいらしく映える。ネックレス(YG×WG×D)¥4,300,000/ブチェラッティ「スローン」からロロピアーナのカシミヤ製ハイゲージニットがラインナップ上質でミニマムなニットでエグゼクティブにもファンの多い「スローン」から、イタリア・ロロピアーナ社のカシミヤ糸を用いたニットが新発売。以前発売して人気を博したミドルゲージのタイプに続き、今回はより柔らかなハイゲージニットがラインナップ。上品な光沢と落ち着いた色は、ジャケットのインにも重宝する優れもの。 全型5色展開で、サイズは1〜5の5サイズ(※掲載価格は1〜3サイズのもの)。〈右から〉ニット¥37,400・¥38,500・¥40,700/スローンスペインの「マカレナ」より、テレワークの足もとにかわいいファースリッパ1972年に設立された、エスパドリーユで有名なスペインのシューズブランド「マカレナ」が、日本に初上陸。それを記念して発売されたのは、ふわふわのルックスと柔らかで快適な履き心地をもつフェイクファーのホームスリッパ。スリッパのほか、ルームシューズタイプ、ストラップつきのタイプなど、デザインのバリエーションも豊富。 右はかかとのあるタイプで左はスリッパ型。色違いのピンクもあり。デザイン違いのアニマル柄など種類も豊富。スリッパ 各¥11,000/シューズ・ファースト(マカレナ)組み合わせは自由自在。「カミーユ・フォルネ」の実用的でユニークな新コレクション今年75周年を迎えるフランスのレザーブランド「カミーユ・フォルネ」から、新世代のライフスタイルにフィットする『モビリティーコレクション』が誕生。ベースとなるバッグにポーチやポケットを両面に自由につけられるユニークな発想と軽くて機能的な使い心地、デザイン性の高さで、ビジネスシーンでも一目置かれる存在に。 チェッカードバッグ¥352,000・スマホポーチ¥60,500・バッグにつけたポーチ(右下)¥99,000・バッグにつけたポケット(左下)¥60,500・ポケット¥60,500/カミーユ・フォルネ銀座本店(カミーユ・フォルネ)真の心地よさを追求した「Yue(ユエ)」の新インナーウエアで家&仕事時間も快適に。豊かな経験を重ね、本質を見極める審美眼をもつ大人世代に向けた新ブランド「Yue(ユエ)」。なかでもおすすめなのは、自宅で洗えるシルクの糸で仕立てられた、シンプルなインナーウエア。心地よくフィットし、なめらかでとろけるような肌ざわりは一度体験したらやみつきになってしまうほど。仕事服の中に着れば、一日中快適に。 シンプルながら上質な素材感がきわだつ。ほかにキャミソールやショーツもおすすめ。タンクトップ¥18,700・長袖トップス¥27,500/ワコール(ユエ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/小林美菜子 取材・原文/新田幸子 ※記事中以下の略号を使用します。WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、BG=ベージュゴールド、PG=ピンクゴールド、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド ※エクラ2021年12月号掲載
  • 淡いピンクにクリーンな白シャツをはさんで好感度アップ!今年買いしたグレーデニムには迷わずピンク♡ この色合わせさえ知っていれば、たちまち最強の甘辛バランスが叶うから。街ブラする土曜日は淡~いピンクのスウェットでほんのり可愛げカジュアルに。ワンマイルコーデっぽく見えないよう、手持ちのシャツでしゃれ感アップもぬかりなくね! まずはクリーンな白シャツをイン。上までボタンを留めたきちんと感と、ラフにレイヤードした裾の抜け感が絶妙でしょ。さらに黒のデニムシャツをアウター代わりにゆるっとオン。デニムジャケットとのセットアップ風は難易度高めだけど、軽快なシャツならトライしやすいよね♪ 足もとにひとつレディなアクセント。ボルドーのスカラップパンプス×白ソックスでおちゃめに仕上げておしゃれ上級者っぽく!パンツ¥18700/Stola. スウェット¥33000/スローン シャツ¥1980/アメリカンホリック 肩にかけたシャツ¥18700/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) 靴¥53900(ネブローニ)・バングル¥29700(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ バッグ¥16500/リッチーエブリデイ(リッチーエブリデイ ザ ヒル) イヤリング¥990/お世話や(OSEWAYA) 靴下¥1100/タビオ鈴木友菜の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>> 「今日のコーデ」1週間分おさらい! 11/22(月)からのコーデの参考に>> 結婚式のゲストドレスは「普段も使える」が新潮流! おすすめ6選>> [飯豊まりえ着回し完結!]フレンチシック着回し22日分まとめ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小嶋洋平 ヘア&メイク/加藤志穂(PEACE MONKEY) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/青山玲子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 楽ちんなのに、こなれて見えると人気のジョガーパンツ♪ おしゃれ上手として人気の100人隊のりたまさんは、3本を日々着回し中。それぞれのお気に入りポイントと合わせ方を教えていただきました! 毎日ジョガーパンツ。お気に入りはこの3着! 「今年よく見かけるジョガーパンツ。私も最近ほぼ毎日のように着ていますので紹介させてください」 1:ミラ オーウェン・ハイウエストジョガーニットパンツ 「ハイウエストでお腹の冷えもカバーしてくれる優れもの。ニットなので一枚でも温かいです。少し余裕のある作りに足首部分がキュッとなっているので、たぷんとしたシルエットが楽しめます。色は合わせやすいチャコールグレー」 2:GU・ドライスウェットパンツ 「レディース、メンズ共にありますが、こちらはメンズのSで1990円でした。レディースのMは売り切れていたので、レディースのS、L、メンズのSと試着して、丈の余裕感がちょうどよかったのでこちらにしました。シワになりにくい素材で、ガンガン洗えてすぐ乾くのでとても便利です。最近の公園スタイルはほぼこんな感じ」 「ユニクロのスフレヤーンニットにドライスウェットパンツ、無印良品のサコッシュにオレンジのコンバース。汚れても全然OK、動きやすい私的最強スタイルです。かがんでも膝の跡がつきにくいのもこのパンツの魅力です」 3:ユニクロ・ヒートテックボアスウェットパンツ 「こちらは去年からはいているので全体的にくたびれていますが今年も活躍しています! 裏側がボアになっているので寒い日もあったか。スノーブーツと合わせれば最高にあったかい足元になります」 いろんなシューズと相性◎!ジョガーパンツの足元コーデ 「ジョガーパンツは意外にいろんなシューズに合わせやすいのも魅力です。スニーカーはもちろん、バレエシューズでも」 「ブーツとも。 ローファーと合わせている方も見かけましたが、とてもオシャレでした♪ 私はもっぱらカジュアルに着ていますが、ジャケットやシャツ、テーラードコートなどと合わせれば、きれいめコーデのはずしにもなって素敵ですよね。動きやすく合わせやすく扱いやすい。今年の冬の定番になりそうです」 旬な雰囲気もありながら、履き心地も抜群なジョガーパンツ。お気に入りを見つければ日々のおしゃれがもっと楽しく、快適になりそうですね♪
  • 少しずつコロナ前の日常を取り戻しつつある今日この頃ですが、オシャレについてはどうでしょう?ここ2年ほど遠ざかっていた〝お出かけの為のオシャレ〟に急にシフトチェンジできない、気乗りしない!なんて方も多いのではないでしょうか?そんな今の気分にフィットするアイテムをご紹介します♪早いもので11月も下旬ですね。 しばらくコロナで〝季節や時間〟の感覚が薄れていましたが、日常が戻ってきたことで時の流れも早くなったように感じます。 このままでは、あっという間に年末がやってきそうです。 ただ、コロナ前の日常は取り戻しつつありますが、オシャレについてはどうでしょう? コロナ禍で目覚めた〝リラックス感〟が心地よく、その気分が継続中の方も多いのかもしれません。 いわゆる〝よそ行きの服〟に魅力や必要性を感じなくなったという声をよく耳にしますから。私も以前ならば、今時期はコートもしくはガウンといったように先ずはアウターをチェックしていたのですが、今シーズンはちょっと様子が違います。今まで惹かれなかったアイテムに心を動かされてます。 具体的にどういったものかと言うと・・・ こちら↓ポンチョと大判ストール。 どちらも「服なのか、巻物なのか?」ハッキリしないアイテムで、以前は正直「嫌い&苦手」な部類でした(笑) しかしながら、今はそのどっち付かずの気負わないところに魅力を感じる自分がいます。 そして実際に取り入れてみて分かったのは、今まで完全に食わず嫌いだった!と言うこと。 こんなに便利なアイテムをナゼ頑なに拒んできたのかしら?と不思議に思うほど。 そこで今回は、そのNEWアイテムの魅力を私の取り入れ方と併せてご紹介したいと思います。 先ずはポンチョ↓幾つもの色が混ざり合った絶妙カラーのニットが豊富な【LAUREN MANOOGIAN】 抜群に暖かく毛玉ができにくいとも聞いていただけに、いつかは手に入れたいと思っていたブランドです。 そのポンチョですから間違いはないのですが、実際に着てみると…とにかく暖かい♡ しかも、アシンメトリーなデザインのお陰でバランスもとりやすい!もし、裾が直線だったら、相当重たい印象だったと思うんですよね。 そんな軽やかな見た目なのに中にシッカリ着込んでも違和感ないってのが、これまた優秀!使えるポイントです。同じ被りものでもセーターだと、こうはいきません。 重ねれば重ねるほど着膨れしますし、そもそも「そんなに重ねるなら何か羽織ったら?」なんて思われてしまいそうです^^; また、カーディガンやガウンのような羽織りものではキメた感じや普通っぽさが否めません。 つまり、どんなアイテムと合わせても普段着っぽくならず、頑張った感じにもならないってわけ♡デニムに、こんな抜け感タップリなバッグや靴を合わせても、それなりにオシャレな雰囲気に纏めてくれるなんて、ポンチョ以外にあるかしら!? グレー×ブラウンで、シックに纏めてみましたよ。knit:VERMEIL par iena pants:Mother shoes:caminando bag:dragon さて、ポンチョの次にご紹介するのは大判ストール↓イタリアの老舗ファクトリーブランド【ALONPI】のものです。 その滑らかで柔らかなカシミアは、まさに極上という言葉がピッタリ。 フワリと纏えば、一瞬にして暖かな空気が身を包み、何とも言えない幸せな気持ちに♡ 今までストールはあくまでストールであって、アウターにはならないと思っていたけれど、その考えを根底から覆されたと言っても過言ではないです。 ただ、いくら暖かいと言っても、あまりに大判のストールは小柄にとってバランスが難しいのでは?と思ったのも事実。 しかーし、それも心配無用でした。 嵩張らず、ラフに巻くだけで形になるのは流石の一言。肩にバサッと掛けるだけも勿論アリですが、無造作に巻き付ける方が動きも出ますし、ポンチョ同様に裾が真っ直ぐ直線にならないのでバランスもUPするように思います。 ストールの優しく繊細な色味を生かすべく、全身ナチュラルトーンでコーディネートしました。 小物は思い切りカジュアルですが、決して砕け過ぎる事なく上品な印象に纏まるのはアロンピのストールあってこそですね。tops:IENA pants:upperhights shoes:SUICOKE bag:L'Appartement× AMERICANA いかがでしたか?巻物のように軽やかでありながら、アウター同様の役割をするポンチョや大判ストール。 コロナ禍で一旦距離を置いたコートやジャケットに戻れない、何となく冬のオシャレが気乗りしない・・・と感じている人には是非お試しいただきたいアイテムです。 今までとは違う、けど確実にワクワクする〝新しいオシャレのトキメキ〟を味わえますよ(^^)   *次回は12月10日(金)公開予定です   bemi 阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
関連キーワード

RECOMMEND