おしゃれな人のスマホケースを拝見! センスと機能性を両立した真似したいスマホケース14選

Marisol ONLINE



①キャッシュレス化の波にのり人気急上昇中「ポーチタイプ」

 

POUCH TYPE
【ポーチタイプ】
ここにきて急増中のポーチタイプ。クレジットカードも一緒に入れておけば、ちょっとした外出も。キャッシュレス化にひと役。

01「マルジェラのケースは、シンプルさに惹かれて。ショルダー部分はレザーではないので、汗をかく夏場も気軽に持ちやすい」(水口さん)

02「ジェーンスミスのケースはミニマルデザインで、男女問わずこんなの欲しかったと好評」(和井田さん)

03「A VACATIONのPOCKETをケースに。ICカードなどを一緒に入れておけば、撮影の時なども手ぶらで楽ちん。ショルダーの長さ調整でバランスに変化を」(坪田さん)

04「NYブランドのカミングオブ エイジのスマホバッグはスティーブン アランで。ギンガム柄にひと目惚れ」(高橋さん)

05「ネットで購入したキース・へリングのカード一体型のケースをアパルトモンオリジナルのスマホバッグに入れて。ENDPIN SCULL KEY CHAINSのキーホルダーをアクセントに」(老川さん)

06「エジューのケースはポケットにリップなどの小物も入るので便利」(青山さん)




②アートな「マーブルペイント」&機能性の高い「ショルダータイプ」


MARBLE
【マーブル】
おしゃれな人からジワジワと火がついた、ペインティングアーティスト海前兄弟のケース。唯一無二の柄との出会いも魅力。

07「ブランドが表に出すぎてないデザイン、ペインティングの感性も好き。インスタグラムの サイトから購入」(手塚さん)  

08「プラージュのポップアップで発見。ひとつひとつ違うデザインにも惹かれて」(門馬さん)


SHOULDER TYPE
【ショルダータイプ】
ケース自体に直接ショルダーがつき、斜めがけできるタイプも人気。両手があくし、スマホを見失って探す手間もなくなって一石二鳥。

09「Le pom pomのサードマガジン別注のケースは、カラフルなコードがコーデのアクセントにも。よくどこの? と聞かれます」(中山さん) 

10「ヨセミテのケースは食い込みにくい極太ストラップで取りはずしも簡単。カーキの色みもお気に入り」(池田さん)

11「アマゾンで買ったKNOKのケースはとにかくシンプルイズベスト。ストラップの長さを調整自在なのも便利」(福田さん)



③トレンド&個性を出せるクリアケースの「ステッカーアレンジ」


STICKER ARRANGE

【ステッカーアレンジ】
クリアなケースをキャンバスに好きなステッカーを。個性が光るオリジナルデザインもおしゃれ。

12仕事柄いろいろなステッカーをもらう機会が多いので、それを無造作に重ねて。両手をあけたい時はmilleのメガネバッグに」(森次さん)

13話題のおぱんつ君ステッカーは会話のフックにも。ケースはネットで」(河野さん)

14「気分で定期的にステッカーを更新。これはAWW Magazine」(刈部さん)

【Marisol7月号2021年】撮影/草間智博(TENT)  取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい記事

トレンドの超ミニバッグやカード入れつきスマホケースは、ワンマイルのお出かけやキャッシュス化したニューノーマルなライフスタイルにぴったり! 機能性もデザイン性も兼ね備えた、40代におすすめのスマホケースを一挙お届け。
シンプルカジュアルなスタイリングが人気ないま、おしゃれ度を左右するのは小物使い! 美女組メンバーがリアルに愛用してる小物をピックアップしてご紹介。長く使える定番名品のサンダルや、コーデのアクセントになるトレンドのミニバッグなど今すぐCHECK!!
自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロ3人のワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証
毎日使うものだから、サイズ感、色、ブランドなど、とことんこだわりたい財布。キャッシュレスやライフスタイルの変化にともない、今はミニ財布やフラグメントケースが人気のよう。感度がいい美女組6人の愛用財布をご紹介します!
関連記事
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!▼前半はこちら!NEWS 5 進化系巾着バッグのユナイテッドアローズ別注カラー ランタンのような形の巾着バッグは写真のダークブラウンとほかにもライトピンクが"アローズ"の別注カラー。汚れや傷がつきにくい硬めのリザード型押しレザーが頼もしい。(23×14.5×14.5)¥29,700/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(トフアンドロードストーン フォーユナイテッドアローズ) NEWS 6 実は小さめサイズも支持率急増中!おしゃれが楽しくなる柄の種類も豊富 ビッグバッグのイメージが強い『ア ヴァケーション』でじわじわ人気を高めるミニサイズの"キャラメル"モデル。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます(右)レオパードミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300・(左)トライアングル柄ミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300/アマン(ア ヴァケーション) NEWS 7 アエタ新作は味わい深いレンガ色の"ブリックコレクション" デザイナーが以前訪れたバングラデシュの街並みから着想を得たというレンガ色に染まった人気デザインの数々。洗練された色みに魅了される。なかでも軽くて大容量なワンショルダーバッグが合わせやすくおすすめ。バッグ(40×29×10)¥50,600/アルファ PR(アエタ) Tシャツ¥10,780/スローン パンツ¥29,700/アマン(アンスクリア) ストール¥64,900/アイネックス(アソース メレ) ピアス¥22,000(フォークバイエヌ)・バングル¥57,750(ノースワークス)・シルバーリング¥18,700・シグネットリング¥27,500(ともにルフェール)/UTS PR NEWS 8 老舗ブランドから生まれた、モダンなピンクのクロスボディバッグ 時を超えて愛される『ロンシャン』の"ル フローネ"。ラインナップの中で特に注目したいのは、持つたびに心が躍るペールピンク。(右)コンパクトなSサイズ。(20×20× 5 )¥46,200・(左)容量も大きなLサイズ。(28×27× 4 )¥53,900/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) NEWS 9 ブランド初となるリサイクルレザーバッグ。洗練されたバイカラーも素敵 柔らかな質感とぬれているかのような艶で、コーデの鮮度を上げてくれるデザイン。さらに断裁された素材を集積してコーティングしていることで強度も高まり丈夫さもあり! 環境配慮はもちろん、それ以上の魅力あふれるアイテム。(26×20×10)¥24,000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND) NEWS 10 コラボバッグ×別注色。スペシャルなトートは、ビオトープで入手可能 『ハイク』×『チャコリ』に生成りの限定色をオーダー。バッグ(34×50×16)¥27,500/ジュンカスタマーセンター[ビオトープ](ハイク フォー ビオトープ) ボーダーカットソー¥11,880/セント ジェームス代官山店(セント ジェームス) 中に着た白カットソー¥12,100/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥31,900/ティッカ ストール¥39,600/シップス 有楽町店(アソース メレ) カチューシャ¥12,100/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥパリ) メガネ¥48,400/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥25,300/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) 靴下¥2,860/真下商事(パンセレラ) 靴¥55,000/グラストンベリーショールーム(サンダース)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!NEWS 1 大人気のバッグに華やかデザインの新作がお目見え マリソル誌面にも頻繁に登場している『J&M デヴィッドソン』を代表するフリンジバッグ。シックな秋冬ファッションにきかせたい印象的なデザインはおしゃれプロにも狙っている人が多数。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますバッグ(右)さわやかなブルー。(21×16.5×16.5)¥139,700・(左)遊び心のあるマルチカラー。(22×17×17)¥176,000・キュロット¥61,600/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブラウス¥37,400/カレンソロジー青山(シーエスジー) ピアス¥20,900・チェーンリング¥11,000・シルバーリング¥18,700/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) NEWS 2 トッズ×ロンハーマンのマイクロバッグは争奪戦必至 コロンとしたフォルムの巾着バッグはどちらもロンハーマン限定カラー。(右)ニュアンスカラーの服と合わせたい優しげなベージュ。(17.5×12×12)¥124,300・(左)目をひくレザーのカットワークも要注目。(11月下旬発売予定)(17.5×12×12)¥204,600/ロンハーマン(トッズ) NEWS 3 RHC限定カラー!実用性とトレンド感を兼ね備えたトート 軽量で丈夫な素材、さらに洗濯機洗いもできることで愛用者の多いトートの限定カラー。表は女度の高いボルドー、内側はハッピー感あふれるサーモンピンク。使うたびに気分を上げてくれる楽しいデザイン。(28×61×25)¥42,900/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) NEWS 4 マルティニークで見つけた、特別なチェーンバッグ 日本ではマルティニークのみで展開される『ステラ マッカートニー』のスモールショルダー。アイコニックなチェーンとハーフメッシュデザインでぐっとあかぬけた着こなしがかなう。(15×23×10)¥111,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ステラ マッカートニー) ▼後編もチェック!※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 購入したばかりのZARAのパンツをはいて久々に銀座へ。華組メンバーと楽しい時間を過ごしました♪お天気が良く、暑い日だったので 上半身はノースリーブカットソーにカーディガン。 こちらのストレートフィットボタンパンツは サイドのゴールドボタンがアクセント。 膝下がほっそり見えて脚長効果もある優秀パンツです! Tops:PLST Cardigan:Massimo Dutti Bottoms:ZARA Shoes:ZARA Bag:CELINE(足元・バッグはこんな感じ)シューズも少し前に購入したZARA。 どちらもプチプラなのに 高見えするお気に入りアイテム♡この日は華組のかなちゃん、えりちゃん、ゆかりちゃんと MERCER BRUNCHでランチ。 えりちゃんとは初めてでしたが 共通の友人も多く、 またSNS上でたくさん拝見していたので 初対面ながらすっかり仲良しに^^久々のテラス席はやっぱり気持ちがいい~! 名物フレンチトーストと サーモンアボカドのタルタルを皆でオーダー。 カラフルな卓上だったので 眞俯瞰で撮ったらかなりいい感じでした! ちょうど銀座にいたので その後急遽東急プラザ銀座で開催中の SimpleさんのポップアップにGo~! さすが華組、 皆真剣に自分好みのアイテムを細かくチェック!ちょうどこの時 華組先輩の美帆さんにもお会いでき 皆でこれまたパチリ。 それぞれ素敵なアイテムをGETしていましたよ~。 この日もあっという間に 楽しい時間が過ぎていきましたが、 気持ちの良い季節となり、 少しずつではありますが 外出できるようになったのは本当に嬉しいですね! あとは早くマスクなしで 普通に外出できることを祈るばかりです。◆◇◆◇◆今日のデザート◇◆◇◆◇ 先日茨城の栗農園より とても立派な栗をお取り寄せし、 早速渋皮煮を作りました。絶妙な甘さと栗のコクも相まって つまみ食いが止まらない!!! 結局画像の倍の数を食べてしまいました(笑) うつわやお料理Instagramには お料理やうつわについて色々載せていますので そちらもご覧いただけますと嬉しいです♪ ◆◇◆◇◆Instagram◇◆◇◆◇◆ファッション・美容・旅行◆うつわ・お料理細谷奈弓
  • 早めに買うのが吉!旬はおりで秋ムードにシフト端境期にちょうどいいアイテムを早めにそろえるとおしゃれスイッチがうまくいく! Tシャツにさっとはおるだけで、一気に秋めく軽めのアウター、注目の3大タイプをご紹介。▶︎TWEED JACKET ツイードジャケット クラシックさのあるツイードジャケットが人気復活の兆し。あえてカジュアルに、とことんレディに、どっちにも使える脱・無難なデザインがおすすめ。デニムで着くずす王道コーデもロングタイプでブラッシュアップ オーバーサイズのツイードジャケット自体が珍しいから、鉄板スタイルに合わせても更新感。シルクブラウスはもちろんボーダーなどにもマッチ。ジャケット¥41,800/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ブラウス¥27,500/サードマガジン パンツ¥27,500(アッパーハイツ)・靴¥35,200(ルチェンティ)/ゲストリスト バッグ¥22,000/マスターピースショールーム(サイ) ピアス¥96,800/マリハ ブレスレット¥330,000・リング¥88,000/イセタンサローネ(カラットアー)ブラウン×カーキのカジュアル配色をツイードの上品さで大人に仕上げて 一歩間違えるとセレモニー感が出てしまうツイードも、カーゴパンツなどカジュアルシフトの着こなしをすると老けて見える心配が無用に。珍しいブラウンツイードなら、軽やかさもおしゃれ感もさらに上乗せ。ジャケット¥27,500/アルアバイル(ジョン ブラニガン) ブラウス¥55,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥26,400/アパルトモン青山店(アメリカーナ) バッグ¥53,900/アマン(ペリーコ) バングル¥83,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥88,000/ジミー チュウレディな素材を重ねた上品コーデもTシャツ一点投入で抜け感をひとさじ テーラード型とパールボタンで比較的ドレッシーさのあるジャケット。あえてテンションそのままに、艶キャミワンピとスエードブーツで女っぽさを楽しみたい。その分インにはTシャツを合わせて、軽さを出したのもポイント。ジャケット¥74,800/アルアバイ(ルル・ウィルビー) Tシャツ¥13,200/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥47,300/イレーヴ バッグ¥35,200/オルセット ピアス¥44,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥33,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/THE UPPER バックグラウンズファクトリー
  • 苦しい、かゆい、着膨れそう……? トレンドアイテムとしては見逃せないけれど、悩みも多い“密着系”のタートル。インナー感覚で素肌の上に着ることも多いアイテムだからこそ、ストレスなく、扱いやすく、毎日に気楽に着られる名品をご紹介します。伊藤真知・エディター伊藤真知・エディター大学卒業後、出版社勤務。その後フリーのエディター&ライターとして女性誌や広告などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155㎝。今どきだし、あったかいタートル。とくにレイヤードブームの今年は、中に重ねやすい薄手でぴたっとしたニットやカットソーもたくさん出ていますが、ちょっと“立派”な首を持つ私としては、ためらいがちなトレンド。だって……窮屈で、かゆいんだもん!    ほんの数枚持っているのは、何度着てもかゆくならなかった某ブランドのメリノウールのタートルか、前回のブログで着ていたような、首まわりにこぶしひとつくらいゆとりのあるカットソー。でもカットソー素材のタートルって着心地はいいけれど、どうしてもほっこりしたり、子どもっぽく見えてしまうので、大人の女性やお仕事には少々むずかしかったりしませんか?そんな私の苦手意識を変えてくれたのが、この3枚の「リブ」タートル。正直言ってこの手の薄手のトップスはいくらでも安価で見つかりますが、肌に直接触れることも多いからこそ着心地も大事。手ごろだけどただ安いというわけではなく、“+α”がちゃんとしているところも、大人のプチプラにふさわしい名品です。  ◆「チャコット」のロングスリーブテレコハイネック ¥10,890コットンベースならではの着心地のよさは生かしつつ、ちゃんと女っぽい“透ける黒”のカットソーは、いま一番のお気に入り。そもそも「チャコット」はバレエなどの専門的なウェアのイメージがあったのですが、普段使いしやすい可愛い服が多いことにもびっくり!    そして、繊細な素材のタートルって脱ぐときに「ビリッ」といきそうな不安がありますが、これは首の後ろにスナップボタンがついているので着脱もラク。基本的には重ねて着ているものの、ゆとりのあるシルエットで肉感を拾いにくく、リブでカジュアルさも出るので、一枚で着てもいやらしく見えないのも好きです。▲ちゅるんと揺らめくようなタートルは、フーディやスウェットを少し女性らしく仕上げたいときに効果的。黒なら甘すぎないので、大人にも着やすいはず。タートルトップス/Chacott フーディ/COLLEGE UPPER HIGHTS スカート/DRESSTERIOR ピアス/ADAM ET ROPÉ 帽子/THE NORTH FACE バッグ/VASIC ストール/manipuri 靴/JIMMY CHOO  ◆「ユニクロ」のエクストラファインメリノリブタートルネックセーター ¥2,9903枚の真ん中は「ユニクロ」。先ほど「何度着てもかゆくならなかった某ブランドのメリノウールのタートル」と挙げましたが、その某ブランドとはユニクロで、この「エクストラファインメリノ」という素材。手持ちのタートルと比べるとフィット感のあるリブタイプですが、素材に対しての安心感があるし、今年らしさという点でも外せないので更新してみました。    結論は……かゆくない!チクチクしない! 個人差があるとは思いますが、私は素肌に着てもOKでした。といっても綿ではなく“毛”ですし、わりと体に密着はするので、いつもよりサイズはひとつ上げました。▲本格的に寒くなってきたらニットONニットで。今季購入したベージュのポンチョと相性のいいダークブラウンにしましたが、店舗では10色以上がズラ~ッと並んでいて、何色にするか迷うのも楽しかったです。タートルトップス/UNIQLO ポンチョ/UNDERSON UNDERSON スカート/Little Suzie ピアス/MARIA BLACK バッグ/VASIC 靴/DIANA  ◆「プチバトー」のウール&コットンタートルネック長袖Tシャツ ¥8,800そして最後の白は「プチバトー」。私たちアラフォー世代にとってはどこか懐かしくもあり、変わらない名品でもあるプチバトーのカットソーですが、やっぱり着心地のよさは格別。これはコットンにウールがミックスされているおかげで、ほどよく伸びて動きやすい。薄手とは思えないほど暖かいのも◎です。▲リブが細身なので、編み柄の大きいニットと重ねてもガチャガチャしません。どんな色ともなじみやすいオフ白は、ほぼワントーンも作りやすくて便利。タートルトップス/PETIT BATEAU ニット/BEAUTY&YOUTH スカート/RHC ピアス/JUICY ROCK 靴/MHL.×CONVERSE  思わずもう一枚、プチバトーで購入したのがこちら。    ◆「プチバトー」のマリニエールタートルネック長袖Tシャツ ¥5,500ただでさえ、ほっこり&子どもっぽく見えてしまうのが悩みだったカットソー素材のタートル。コットン100%で、おまけにボーダーなんてカジュアルすぎる?と思っていましたが……とんでもない食わず嫌い(笑)。きれいめなシャツの中からチラッと見えるだけで抜け感になるし、華やかさも出て可愛い。衿に高さがあって、くしゅっと感にボリュームが出るのも、ちょっとリッチに見えるコツなんだと思います。▲中のボーダーとシャツはネイビー、コートとブーツは茶系と色数を絞って大人っぽく。袖口からさりげなく柄を見せるのも、アクセントになっていい感じ。タートルトップス/PETIT BATEAU シャツコート/JIL SANDER+ コート/N.O.R.C by the line ピアス/TASAKI 靴/DIANA今回チャコットでは黒、ユニクロでは茶色を選びましたが、この2つは素敵なカラバリもあって、購入する寸前までとても迷いました。プチバトーではこれまでは買ったことのない白やボーダーを選びましたし、たまにはふだんとは違う色に挑戦しても、またおしゃれが広がって楽しいと思います。そんなふうに遊べるのも“重ねる”前提のタートルだからこそ。お手ごろなら、なおのこと挑戦する価値は大です! ではまた~    *次回は11月7日公開予定です   
  • 一点投入するだけで季節感も今どき感も出せて、しかも着心地は快適でノーストレス! そんな"今すぐ欲しい"がつまったアイテムが完成!着るだけでほんのりモードな洗練フォルムに! ■ワイド切替トップス WIDE TOPS ☆編集部のこだわり!今どきなオシャレシルエットの秘密は袖とサイドの切り替え切り替えを入れて立体的にすることで、体につかず離れずのモダンなワイドシルエットを実現。ハリのあるきれいめ素材で、毛玉ができにくくお手入れも簡単。■エムセブンデイズ 【編集部コラボ】 ワイド切替トップスアイボリー、ネイビーサイズ:F¥9,900 バッグ(商品コード:386638)¥170,500/SHOP Marisol(ザンケッティ) パンツ¥25,300/コロネット(デザイナーズ リミックス) ネックレス¥96,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)▼VARIATION基本はシンプルなカットソーだから、スタイリングは自由自在。トップスはモデル着用の色違い。ジレ(商品コード:386686)¥49,500(サクラ)・バッグ(商品コード:386639)¥63,800(ザンケッティ)・靴(商品コード:339640)¥53,900(ネブローニ)/SHOP Marisol パンツ¥27,500/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(エー・ゴールド・イー) スカーフ¥23,000/バード アンド ノルほんのりツヤのある上質なコットンシルク素材を使用 ■ざっくりボートネックニット BOAT NECK KNIT ☆編集部のこだわり!袖や身頃はゆったり、丈感はコンパクトな絶妙バランス体が泳ぐゆるっとしたシルエットと上品なボートネックが、さりげなく女性らしさを後押し。ミドルゲージで適度に厚みがあるので、インナーを仕込めば初冬まで着られるのもうれしい。■エムセブンデイズ 【編集部コラボ】ざっくりボートネックニットブルー、ブラウンサイズ:F¥17,600 パンツ¥16,500/コントワー・デ・コトニエ ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) ピアス¥9,900・リング¥9,900/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) バッグ/スタイリスト私物▼VARIATIONTシャツ+ワンピースの上にプラスオン。リラックスシルエットだから、レイヤードも可愛く決まる。ニットはモデル着用の色違い。バッグ(商品コード:363727)¥25,300(マルコマージ)・ショートブーツ(商品コード:356056)¥79,200(ペリーコ)/SHOP Marisol 白プルオーバー¥7,700/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ワンピース¥29,700/インターリブ(サクラ) バングル¥66,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 秋冬の素材感の中できわだつ上品なマットサテン ■艶フレアスカート GLOSSY SKIRT ☆編集部のこだわり!広がりすぎないセミフレアシルエットで着膨れの心配ゼロ!あえて太めの切り替えにしたウエスト部分で、トップスインしてもおなかまわりがスッキリ見える。■エムセブンデイズ 【編集部コラボ】艶フレアスカートライトブルー、アイボリーサイズ:1、2¥17,600 パンプス(商品コード:388512)¥79,200/SHOP Mariso(l フランチェスコ ルッソ) カーディガン¥35,200・ニット¥33,000/スローン バングル¥35,200/ギャラリー・オブ・オーセンティック(エンド) リング¥37,400/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥42,900/メアリ オル ターナ▼VARIATIONカジュアルを女らしく仕上げるのにも、ツヤ素材は効果的。オールホワイトが素材感の違いでしゃれ見え。スカートはモデル着用の色違い。ショートブーツ(商品コード:354433)¥39,600/SHOP Mariso(l ファビオ ルスコーニ) パーカ¥27,500/三喜商事(マレーラ) メガネ¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥79,200/エポイ本店(エポイ)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂
  • 歩きやすくて履きやすいペタンコブーツは、スニーカー感覚で履けて、ヘビロテ中。オススメニット&デニムスタイルとワンピースコーデをご紹介します。スニーカーも大好きですが、 秋冬はさらに大好きなブーツの出番。 エクラの今月号にもブーツの特集が ありましたね。 秋冬ファッションは足元から。 やっぱりブーツが気になります。今回はちょっとハードに見えるスタッズが アクセント、「VALENTINO」のブーツで スタイリングしてみました。 スタッズがゴールドなので、ハードでありながら、 どこかエレガントなところがお気に入りです。ペタンコで履きやすいので、秋冬は スニーカーよりも断然出番が 多くなりました。 合わせているニットは、とてもお洒落な 友人が教えてくれたプチプラニット、 「ANTIQUA」のもので、こなれ感が 絶妙なんです。 あまりに気に入ったので、黒とミルクティー カラーも購入したほどです。 Tシャツもこれまた、襟ぐりが絶妙で、 大人カジュアルをカッコよく仕上げて くれます。チェックしてみてくださいね。 Knit … ANTIQUA Denim … Shinzone Boots … VALENTINO Bag … STUDIO CHERIE Bangle … STUDIO CHERIE Sunglasses … CELINE この日は、大のお気に入りTOTEMEの デニムに合わせてみました。 ハイウエストで腰回りや脚のゆとり、 裾へのシルエット、デニムアディクトの わたしにとって、今はこれ以上はないと 言える完璧なシルエットです。 黒のワンピースに合わせてみると、 ゴールドのスタッズがアクセントに なっています。オールブラックのシンプルなワンピースと カーディガンはCASA FLINEのものです。 中はノースリーブなので、セットアップなの ですが、モコモコしたりすることはありません。 バッグや靴などの小さな金具が アクセサリーなどをつけなくても スタイリング全体のいいスパイスになって、 シンプルなコーデを引き立ててくれます。 小物の金具使いにも 是非注目してみてくださいね‼︎ Cardigan & Dress … CASA FLINE Bag … CELINE Boots … VALENTINO わたしのインスタグラムはこちらから成田千恵
  • 10/9(土)〜10/15(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!10月9日(土)物陰に潜んでターゲットを見守る日は黒×カーキで冷静且つ愛を持って ★コーデの詳細はこちら >10月10日(日)物想いに耽りたい日は全身をネイビーにしてひたすら歩きまわってみる ★コーデの詳細はこちら >10月11日(月)あ、明日は通常出勤!黒ツイードジャケットでとことんレディライクで ★コーデの詳細はこちら >10月12日(火)夜間の見回り当番では寒さ対策にブルゾン羽織って上品に巡回してみる ★コーデの詳細はこちら >10月13日(水)メンズのブルゾンを借りて“私は守られるべき大切な存在だ”と自覚して ★コーデの詳細はこちら >10月14日(木)ミルクティーカラー×サテンの艶で肩の力が程よく抜けた上品コーデに ★コーデの詳細はこちら >10月15日(金)部下を交えた飲み会へはカーゴパンツでドレスダウンして若見えを意識 ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
関連キーワード

RECOMMEND