『長く着ること』今改めて見直したい 老舗ブランドの名品シャツ 【40代 私のクローゼット】

Marisol ONLINE
こんばんは、emiです☺
まだまだ浅い知識ですが、私なりにほんの少し考えつつあるファッションにおけるサスティナブル。

サスティナブルに洋服を楽しむ上で、最も重要なのは「一着を長く着ること」だと言われているそうです。
これなら難しく考えずに私でも取り組めそうです。
そんなことも踏まえて、今回ご紹介したいのが一体いつ買ったんだろうというこちら。
夫の物でしたが、サイズ感が小さくなったとのことで(「太った」を優しく言い換えてみました)私のクローゼットにお引越し。
そうやって、着なくなったものを捨てるのではなく、誰かに譲ってまた大切に着てもらう、ということも大切なことだと思います。
先日、よくチェックしているMUSE de Deuxieme Classe のサイトを見ていたら、まさに同じものが今季のルックで紹介されていて、まだまだ着ようというきっかけになりました。
(MUSE de Deuxieme Classe HPより)
オックスのBDシャツを着るならラルフローレンがいい!BDシャツが気になる今シーズン。
あえてメンズのXSサイズをセレクトし、ルーズすぎないシルエットを楽しみたい。王道のシャツにきれいなスラックスを合わせたスタイリングが気分です。
ちなみに、「オックス」とはオックスフォードの略で生地の名称です。
特徴は、厚みがあるのに通気性が良いこと。
シャツに関しては綿100%の物が基本だそう。
オックスフォードというのはもちろん大学の名称。昔、生地ブランドが四大大学にちなんで大学生に好まれる生地を作ったことが始まりだそうです。 ・・・へぇ〜。
他にもちょっと気になったので調べてみたところ、ボタンダウンシャツを考案したのは、「ブルックス・ブラザーズ」の創立者で、彼が「ポロ」を観戦した際、競技者らが風に煽られないようシャツの襟をボタンで留めていたのを見たのがきっかけだといわれているそうです。
そのため、ボタンダウンシャツには実用性を重視したスポーティーなシャツという側面があるそう。
こうやって歴史のあるアイテムについて調べると、また少し違った楽しみ方で服を着られそうです。
前回の骨格診断を踏まえると、本来ウエーブタイプは堅めのシャツよりも柔らかい素材のシャツが合うので、このシャツを着るには基本的にはウエストインして袖を上までまくって着れば大丈夫そうです。
良い物は時代を超えて。
ちょっと大げさですが、そんなことを感じられるアイテムです。
長く着ても散々洗ってもそれが風合いになる、
そんなアイテムを集めたクローゼットが作れたらなとシャツを眺めながら思いました。

また別の観点になりますが、
これだけ沢山のブランドがある中で、一体どれを選んだらいいのやら、選択肢がありすぎて迷ってしまうこともあります。

そんな時は、環境問題に対して企業努力をしているブランド、色々な観点で「日本製」に誇りを持っているブランド等、価値観は様々ですが、そういった基準でモノを選ぶのも素敵なのではと思い始めています。昨日から。←
最後までご覧いただきありがとうございました。
instagramは下の画像☟をクリック。お気軽にフォローして頂けたら嬉しいです。
関連記事
  • モノトーンは飽きませんね。寒くなる前に着た秋の白黒コーデ集めてみました。アクセサリーも白黒ゼブラ❤︎まずは、夏から秋によく着た柔らかいコットンが気持ちいいカフタンワンピースに お友達が作ってくれたころんとポシェットを合わせて。 端境期は12分丈のくしゅっとレギンスをスリッポンにはいていました。 ワンピース・torrazzodonna レギンス・UNIQLO スリッポン・ne quittez pas バッグ・友人のハンドメイドアクセサリーもモノトーン。 ゼブラ柄のレザーバングルとレザーイヤリングは、 『milcomvalley』で見つけたものです。 耳につけた時にハラコがちくちくしないよう 使う人の心地よさを考えた細工。 ハンドメイド、手仕事の良さです。こちらは去年から愛用している antipua の小花柄ワンピース。 バンドカラーにティアードスカート、 総柄だけどアンティーク風なモノトーン花柄で気負わず着られる...好きポイントが満載なんです。 カーディガンやアウターをプラスしてこれから冬も出番が多そうです^ ^ ワンピース・antipua バッグ & Tストラップシューズ・repetto次はマニッシュコーデ。 張りのあるバンドカラーシャツはボタンが黒なので、さらにきりりとモノクロを引き締めてくれます。シャツ&パンツ・naracamicie シューズ・ZARA バッグ・celine最後はハイネックのバンドカラーワンピース。 肩にギャザーを寄せたパフスリーブや胸元のブザム切り替えが、 修道女のようなクラシカルな雰囲気を出してくれます。 今回はあえてコンバースで、外しました。 次はベルトリボンを結ばず思い切りクラシカルに着てみたり、コート風に羽織ってみたりしたいです♩ワンピース・MEDE19F バッグ・Maison Margiela シューズ・converseモノトーンコーデ❤︎やっぱり無限大で楽しい。日々のコーデ ☺︎ My instagram はこちら★一色華菜子
  • 冬のおしゃれに欠かせないからこそ、ニットは大切に着られる上質なものを選びたい。人気のラグジュアリーブランドから、デザインはもちろん、素材やシルエットなど、大人を素敵に見せてくれるすべてがそろった極上の6枚を厳選。 【目次】 ①Chloé(クロエ) ②JIL SANDER(ジル サンダー) ③Maison Margiela(メゾン マルジェラ) ④THE ROW(ザ・ロウ) ⑤LEMAIRE(ルメール) ⑥Loro Piana(ロロ・ピアーナ) ①Chloé(クロエ)のバルーンスリーブニット柔らかな素材と色のニュアンスに、ほんのり甘いムードが漂う ウールシルクとカシミヤによる柔らかな風合いと、顔映えのいいエクリュがエレガントで優しげな表情に見せてくれる。シンプルな身頃に対し、オープンステッチを施したボリュームのあるバルーンスリーブが、女らしさを印象づけるアクセントに。同系色のスカートと合わせてまろやかな華オーラを放って。 ニット¥152,900・スカート¥374,000・イヤリング¥60,500(参考価格)・ブレスレット¥79,200(参考価格)・バッグ¥192,500/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) ②JIL SANDER(ジル サンダー)のクルーネックニット端正さが漂うネイビーで、辛口なニットスタイルに 張りと厚みのあるしっかりとした質感のカシミヤ混ウールのクルーネックニットに、同素材のストールを巻いて顔まわりに奥行きを演出。ストールは腕を入れられるデザインで、ボレロ風にも着用できる。さりげないようで計算されたバランスは、ニットにおいてもいかんなく発揮されて。 ニット¥146,300・パンツ¥146,300・ストール¥162,800・ピアス¥53,900・ブレスレット(大)¥64,900・(小)¥48,400・バッグ¥253,000・靴¥119,900/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) ③Maison Margiela(メゾン マルジェラ)のベスト風ストール着こなしにリズムをつけるベスト風ストールが斬新 両サイドがオープンになった個性的なベストとして着用できる、変形ストールが着こなしの主役。シャツの上からはもちろん、アウターに重ねるなど自由な着方が楽しめる。柔らかなラムウールで編まれたフィッシャーマンケーブルの伝統柄と、ベーシックなライトグレーの組み合わせが、モードなデザインへと変化するおもしろさは唯一無二。 ストール¥136,400・シャツ¥94,600・パンツ¥124,300・イヤリング¥52,800/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(メゾン マルジェラ) ④THE ROW(ザ・ロウ)のローゲージリブニット優雅さと大胆さの融合。ダークブラウンで今年らしく 大きなポケットをアクセントにしたショールカラーコートとマキシスカート、エッジの効いたカッティングのニット、とすべてローゲージのリブニットをセットアップにしたルック。上質な肌ざわりと、たっぷりとした丈感のバランスが、リュクスなムードを演出しながらもモードなたたずまいへと導いて。 コート¥379,500・ニット¥188,100・スカート¥174,900・バッグ¥247,500・靴¥160,600/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) リング〈右手〉・(人さし指)¥181,500・(中指)¥126,500・(薬指)¥231,000・〈左手〉(指先から)¥473,000・¥96,800/シハラ ラボ(シハラ) ⑤LEMAIRE(ルメール)のニットドレスドレープを効かせた立体感のあるデザインでドラマチックに ドライタッチでシャープな質感をもつイタリア製のメリノウール混紡を使用した杢(もく)グレーのニットドレス。上半身はシンプルなクルーネック、下半身は腰部分をボタンでとめることでドラマチックなドレープを生み出し華やかに。肩の縫い目を逆さにすることでほどよくラフさを出すなど、きちんとしすぎないエレガントさが魅力のドレスアップスタイルは、ニットならでは。ドレス¥72,000・ピアス¥31,800・バッグ¥219,000・靴¥188,000/スクワット/ルメール(ルメール) ⑥Loro Piana(ロロ・ピアーナ)のベビーカシミアニットベビーカシミヤの極上の着心地でニットに包まれる幸せを堪能 カシミヤよりもさらに細くて柔らかい、エアリーな肌ざわりを実現する希少性の高いベビーカシミヤを使用した、極上ニットをセットアップでまとう愉悦。ゆったりとしたシルエットながらセットインスリーブで美しいたたずまいをキープ、袖先にはスリットを施し手もとを華奢見えさせて。シンプルなデザインがエレガントさを引き立てる。 ニット¥240,900・パンツ¥323,400・ジャケット¥840,400/ロロ・ピアーナジャパン(ロロ・ピアーナ) バッグ¥221,100/ジミー チュウ 靴¥105,600/トッズ・ジャパン(トッズ)    ▲ページトップに戻る>>「ニット」の記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/東 京祐 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/富岡佳子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ2021年11月号掲載
  • 最旬コートをすでにチェック済みのおしゃれプロの今年の新基準は、“軽いアウター”! コートは肩が凝る、重いコートに手がのびないと感じているエクラ世代に、おすすめの買い替えコート6選をご紹介。マックスマーラの「テディベア」バイカーズコート¥334,400・バッグ(参考色)¥182,600(ともにマックスマーラ)・ワンピース¥61,6 00(エスマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンピアス¥121,000・リング¥495,000/ボン マジックブラミンクのフードつきスリットコートコート¥363,000・ニット¥66,000・パンツ¥88,000/ブラミンク ネックレス¥27,500/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥28,600/フラッパーズ(スペルタ)ディーベックのウールボンディングコートコート¥114,400/ディーベック カットソー¥12,100/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥27,500/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥33,000/ヤマニ(フランソワ レニエ) 靴¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)ルームエイトのリバーシブルポンチョコート¥57,200/オットデザイン(ルーム エイト) Gジャン¥29,700/ゲストリスト(レッドカード)ニット¥38,500/スローン スカート¥17,600/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バッグ¥68,200/アマン(ア ヴァケーション)靴¥39,600/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)ノークの撥水・超軽量・手洗い可能ダウンコート¥24,000/ノーク カーディガン¥30,800・スカート¥27,500/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,580/スローン バッグ¥124,300/トッズ・ジャパン(トッズ)靴¥45,100/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)カオスのショート丈ピーコートコート¥68,200/カオス丸の内(カオス) シャツ¥19,800(デミルクス ビームス)・パンツ¥35,200(ルーム エイト)/以上ビームス ハウス 丸の内 ネックレス¥41,800(マリハ)・バッグ¥18,700(ヤーキ)/以上ショールーム セッション「コート」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/田沢美亜 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 色やディテールに今っぽさを香らせた、秋コーデの即戦力アイテムが完成。オンもオフも大活躍を約束します! 12closet 【SDGs&洗える】サイドZIPダンボールスウェット (各)¥10450(サイズ:フリー) 左:ダスティピンク 右:グレージュ 色合いや素材感できれいめに引き寄せ、大人が気さくに投入できるスウェットを作りました。ダスティピンクとグレージュの生地は、リサイクルポリエステル100%の糸で編み立てた、膨らみのあるダンボール素材。着丈に前後差のあるボックスシルエットで、どんなボトムともバランスよくまとまります。 ゆとりのある身幅と詰まったクルーネック、ひじ下に向かい細くなる袖の対比も、体のきれい見えに貢献。さらに着脱がラクな背面ファスナー、洗濯や着用ジワのつきにくさと、普段使いにうれしい要素が凝縮された一枚です。 ダスティピンク 瞬時に今っぽいムードが演出できる、ダンボール素材×ダスティなきれい色 スカート¥6930/キャン カスタマーセンター(テチチ) ピアス¥4200/ロードス(ソルティ) ネックレス¥3960/シップス 有楽町店(シップス) バングル¥4950/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) 帽子¥3630/フリークス ストア渋谷(ニューハッタン×フリークス ストア) バッグ¥20900/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) 靴¥22000/デミルクス ビームス 新宿(ノヴェスタ) 大人も照れずに着られるまろやかなピンク。+スカートもほどよい甘さに。 【SDGs&洗える】サイドZIPダンボールスウェットをLEEマルシェでチェック! グレージュ サイドファスナーの抜け感は、レイヤードともバランス良好! シャツ¥7590/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) パンツ¥2700/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) ピアス¥44000/UTS PR(ルフェール) ストール¥39600/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥19800/デミルクス ビームス 新宿(マルコ マージ) 靴¥50600/グラストンベリーショールーム(サンダース) スウェットのサイドファスナーを開けて、チュニック丈の白シャツをイン。裾からのぞかせるだけより、抜け感もこなれ感も高まって。 CLOSE-UP 前後差をつけた丈は、後ろをお尻の半分ほどが隠れる長さに設定。またサイドファスナーを閉じると裾のパイピンクがきわだつ仕掛け。 【SDGs&洗える】サイドZIPダンボールスウェットをLEEマルシェでチェック! 【LEE公式通販】LEEマルシェはこちら!   撮影/渡辺謙太郎(人物) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリスト/大平典子 モデル/今井りか 取材・原文/鈴木絵美 ※モデルの身長は165㎝です ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年10/7発売LEE11月号現在)です。
  • おじ靴とブーツのおすすめデザイン&コーデこの秋は、ソールが分厚くてボリュームアップした靴がトレンド入り! 旬の着こなしともバランスがとりやすく、ヒールが苦手な人でも即・脚長に。ボリューム靴1:おじ靴❶型押しを施したツヤのあるブラウンは、着こなしに抜け感が欲しい時にお役立ち。(5)¥8690/RANDA❷秋冬の着こなしに印象的に映えるエナメル素材をちょっぴりクールな面長フォルムにアレンジ。クッション性のあるふかふかのインソールで、はき心地も言うことなし。(3)¥17050/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)❸今年らしい柔和なクリーミーカラーも登場。(5)¥7900/チャールズ&キース(チャールズ&キース)❹足もとを主役にするなら、こんなカラーブロックもあり。ホワイト、ブラウン、ブラックというベーシックなカラーリングだから個性的になりすぎず、見た目より合わせやすい。(3.5) ¥16500/ダニエラアンドジェママニッシュなフォルムのおじ靴も厚底ならカジュアルに楽しめる甘めのビッグカラーブラウス×メンズライクなパンツのミックスコーデ。きれいめだけど親しみやすいおじ靴で、こなれ感を上乗せ。靴/(5)¥8690/RANDA カーディガン¥37400/カレンソロジー 青山(ウーア) ブラウス¥25300/ビームス ジャパン(ビームス クチュール) パンツ¥17600/アンクレイヴ バッグ¥39600/アーセンス ルミネ新宿1(へリュー) イヤリング¥8800/フォーティーン ショールーム(イン ムード) リング¥14300/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)ボリューム靴2:サイドゴアブーツ❶ソール部分は、タフで高いグリップ力が期待できるラバー素材に。(5)¥42900/アマン(ペリーコサニー)❷抜け感を演出できるカーキ。ギザギザのソールで横顔までおしゃれ。(4)¥8030/ジェリービーンズ ❸スカートやパンツの裾から、ちらりとのぞかせたい心憎いツートン。パキッとした明るいホワイトは、ちょっぴりモード感のある着こなしに合わせるのが素敵。(4.5) ¥28600/ゼア オンラインストア(マリタン) ❹きれいめにもカジュアルにも、オールマイティに使えるのはやっぱりブラック。ソールに厚みをもたせつつ、洗練されたフォルムをキープしたパーフェクトな一足。(5)¥35200/ゼア オンラインストア(カラーノ)この秋豊作なサイドゴアブーツは甘めコーデのスパイスにサイドゴアのクールさを和らげる明るめのキャメルはシアーなくすみグリーンと相性抜群。靴/(5)¥42900/アマン(ペリーコサニー) カーディガン¥17600/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) タンクトップ¥6600/グーニーPR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) スカート¥8580・リング¥3300/ルルドインターナショナル(ダナン) バッグ¥17600(メゾン ヴァンサン)・バングル¥26400(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ピアス¥19800/コンプレックス・ビズ・インターナショナルボリューム靴3:レースアップブーツ❶レザーのマットな質感や、ほんのり丸みを帯びたトウがブーツのメンズライクなムードをほどよく中和。ブラウン×ブラックのシックな配色もさりげないポイント。(4.5)¥52800/ショールーム 233(フラッタード)❷ファスナーつきなので着脱が簡単! (4)¥14300/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)❸トレッキングブーツ風のデザイン。(4)¥60500/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ)❹はくほどに味わいが増す濃厚なダークブラウン。ゆとりのあるスクエアトウだから厚手のソックスを合わせて楽しむのもあり。(5.5)¥14300/オデット エ オディール オンラインストア(オデット エ オディール)着こなしのハズし役にメンズライクなレースアップブーツが活躍ゴツめながらも上品な佇まいの一足は、繊細なレーススカートにもしっくり。靴/(4.5)¥52800/ショールーム 233(フラッタード) トップス¥28600・Tシャツ¥9790/TICCA スカート¥19800/アーセンス ルミネ新宿1(アーセンス) バッグ¥27500/ゼア オンラインストア(マルコ マージ) 帽子¥24200/UTS PR(マサカズ フルサワ) イヤリング¥14300/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) ネックレス¥9350/フォーティーン ショールーム(イン ムード) リング¥13750/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ)ボリューム靴4:ミドル丈ブーツ❶センターにあしらわれたファスナーは脚をシャープに見せてくれる効果が! はき口にはしなやかなストレッチレザーを採用。(5.5)¥36300/ジャック・オブ・オール・トレーズ(イーエイト・バイ・ミスタ) ❷肌なじみのいいアイボリーは汎用性高め。(4.5)¥12100/ラウナレア 新宿マルイ本館店(ラウナレア) ❸レングスに合わせてサイドゴアも長めになっているので足入れがかなりスムーズ。カーキがかったブラウンがこなれ見えに一役。(5.5) ¥14300/オデット エ オディール オンラインストア (オデット エ オディール)❹筒の部分はソフトレザーに。(5)¥38500/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)旬のボトムと相思相愛。新顔のミドル丈ブーツでバランスUP!脚にそうような筒が細めのデザインなら足もとが重たくならず、すらりとしたきれいなラインを強調できる。ふくらはぎに届く絶妙なレングスは、ロングスカートやパンツにショートブーツ感覚で使えるうえ、トレンドのハーフパンツと合わせても今っぽいバランスに。靴/(5.5)¥36300/ジャック・オブ・オール・トレーズ(イーエイト・バイ・ミスタ) シャツ¥19800/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) トップス¥19800/アンクレイヴ パンツ¥25300/TOMORROWLAND(BACCA) バッグ¥6900/チャールズ&キース(チャールズ&キース) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ >>【関連記事】ブーツもぺたんこ靴も「クリーミーカラー」を選べば秒で大人&おしゃれ!>>【関連記事】スニーカーをお仕事基準で選ぶなら、ニュアンスカラーがベスト!撮影/中里謙次(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/新川優愛 松本 愛 スタイリスト/辻村真理 構成・原文/野崎久実子 企画/西脇素子(MORE) ●本文中( )内の数字は、編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位は㎝です。※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 眉を少し変えるだけで、顔全体の印象は大きく変わるもの。今回は、華組・細谷奈弓さんが細眉を“優しげフラット眉”にチェンジ。ヘア&メイク長井かおりさんが眉メイクのコツを詳しく解説してくれた。ヘア&メイクアップ アーティスト 長井かおりさんヘア&メイクアップ アーティスト 長井かおりさん本誌をはじめ、雑誌のビューティページや、講演会、メイクレッスン、イベントなど幅広く活躍。わかりやすく、誰もが実践できる効果抜群のテクニック提案で大人気。【Case2】細眉細谷奈弓さん(セルフメイク)眉じりの描き足しは眉頭の高さに合わせるのがコツ「細いし、毛のない部分にペンがのらない」と細谷さん。「そんな眉はティントがおすすめ。また、自眉がちょっと上がりぎみなので、眉じりは眉頭と平行になるよう高さを意識して描き足して。はみ出た部分はコンシーラーで消せばOK」。――長井かおり[設計図]プロセスをチェック!《1》眉じりの外側への描き足しは、自眉の山に合わせると上がり眉になる危険大。眉頭の高さに合わせた位置で外側に3本スライドさせる。《2》上側にはみ出している自眉は、基本どおりにパウダーやマスカラで仕上げたあとにコンシーラーで消せばOK。角度がゆるやかに。長井メイクが完成!自分の顔が眉ひとつで優しげになるなんて新鮮!シャツ¥13,200/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) ピアス¥16,500/ハンドレッド使ったのはこれ!ティントタイプ。ファシオ パウダリーティント アイブロウ 01 ¥1,540(編集部調べ)/コーセー色づけはアイシャドウでもOK。ケイト 3Dプロデュースシャドウ PK-1¥1,540(編集部調べ)/カネボウ化粧品ムースブロウマスカラ 08 ¥2,420/ジルスチュアート ビューティ>>「眉メイク」記事一覧はこちらから撮影/中島 洸(まきうらオフィス/モデル) 久々江満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/程野祐子 モデル/細谷奈弓(エクラ 華組) 取材・原文/山崎敦子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 後期も始まりおしゃれが楽しくなる秋は、トレンドのアイテムと手持ち服を上手にMIXして好印象で可愛さのある1女コーデに挑戦を。外もおうちも、大学生のリアルシチュをさくら主演でお届けします♡ 目次 ・ワードローブ ・着回しダイアリー 好印象な1女スタイルを作る\ 秋ワードローブはこれ /親しみやすくてさりげなくしゃれ感出せる秋のトレンドアイテム 旬なビッグカラーのブラウスやレザー調素材など、"派手すぎず華やか"を意識して。A ビッグカラーブラウス 1枚でトレンド感を盛れる大きめ衿のシアーブラウス。くすみラベンダーで程よい甘さ。 ¥3499/Re:EDIT(リエディ) B ざっくりニットカーデ お尻まで覆われる着丈が長いローゲージのケーブル編みゆるカーデは、秋のはおりに活躍!  ¥2990/GU C フェイクレザーロンスカ レザー調も白なら強すぎない。スタイルUPできるハイウエスト。 ¥12100/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 D チェック柄ミニ タック入りの台形シルエットがきれい。ブラウンの千鳥格子で秋めく。ベルトつき。 ¥9900/SNIDEL E ブラウンジャンスカ 胸下切り替えのAラインシルエットで可愛げを。インナー次第で印象変化を楽しめる。 ¥9240/MURUA実用性と旬を叶えるバッグ&靴 バッグは"使いやすくポイントになる"、靴は"歩きやすい"がカギ。F バケツバッグ 服になじみつつ上品見えするモカブラウン。太ショルダーひももセットの2way。 ¥9680/ココ ディール G 白ミニショルダー 秋冬の着こなしに軽やかなポイントが加わるクリーンな白。  ¥6050/CHARLES & KEITH JAPAN H ロゴトート ノートPCや教科書などもしっかり入る大容量。シンプルロゴならしゃれ感も。 ¥5500/depound I ショートブーツ 旬なスクエアトウ。太めヒールで歩きやすい。 ¥26400/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) J スニーカー 白や黒の次は、ニュアンスグレーでこなれた雰囲気に。 ¥7150/コンバースインフォメーションセンター K スクエアトウフラット 抜け感の出るクリームホワイト。フラットだから歩きやすく柔らかではき心地も◎。 ¥7040/RANDA着回ししやすくて軸となるベーシック服 トレンド問わず使えるベーシックな服は配色もシンプルに。L 白ゆるニット たっぷりとした袖が可愛い♡ ボトムを選ばず万能。 ¥12100/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) M コーデュロイシャツ 前ボタンを開けてはおったりと使い勝手のいい白シャツは、素材で季節感も。  シャツ¥1990/GU N ハイウエストデニム きれいめカジュアルにまとまるインディゴなら、甘めトップスとの相性も抜群。 ¥3990/UNIQLOおうちでもらくらく快適!リラックスアイテム 締めつけ感なくストレスフリーで部屋着感覚な着心地を重視。O くすみカラーフーディ きれいなグリーンでリモート映えはもちろんお出かけにも。 ¥16000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) P シンプルロゴロンT シンプルで重ね着アイテムとして活躍! ¥4400/バロックジャパンリミテッド(LAGUA GEM) Q バックウエストゴムパンツ ウエストの締めつけがなくラク。センタープレスで美脚効果も最強。 ¥11000/#Newans(オンワード樫山) Day1 お気に入りの秋色ミニスカに大きめカーデでゆるさを加えたこなれカジュアルで大学へ! B + P + D + G + H 週2ある通学の日は、気合いを入れすぎず程よくトレンドを意識した着こなしが大事。女の子らしい台形ミニは、ロンTでカジュアルさを添えて。帰りは、クラスの友達と本屋さんに寄り道して資料探し!  イヤリング¥1430/アダストリア(ミィパーセント) Day2 ただいまお料理の勉強中。週末は朝からカレー作り。スパイスにこだわりあり♪ O + Q 予定のない休日は、はき心地が快適なパンツとフーディでとことん"ラク"を重視。最近ハマっているカレー作り。お一人様用レシピを見てるのに、なぜかいつも作りすぎちゃう。 ヘアピン¥880/アダストリア(ミィパーセント) Day3 ほぼ白な好印象コーデでサークルのミーティングへ。帰りは友達とカフェでお茶 B + P + C + F + J サークルの先輩もいるミーティングには、白ベースの着こなしでフレッシュさと好印象を両立。足元はスニーカーでハズして抜け感もプラス。 シュシュ¥2090/ココ ディール ネックレス¥1430/アダストリア(ミィパーセント) Day4 清楚な印象の白ニットで先輩たちと写真展の会場探しの日。急いで準備しなくちゃ L + D 昨日のミーティングテーマは、絵画サークルとの合同展示会の会場探し。今日はアポを取ったギャラリー見学。ニットとミニスカの可愛げある着こなしで、身だしなみも整えて、いざ出陣!  ターバン¥2530/サンポークリエイト(アネモネ) Day5 大好きな書店に寄り道して写真集を見ていたらバイト募集の張り紙を発見! A + E 写真展に出す作品のインスピレーションを得るため、写真集の品ぞろえが豊富な書店へ。バイト募集の張り紙を見つけて、オーナーが帰ってくるのを待ちぶせ。 イヤリング¥2080/クロスコミュニケーション デザインラボ(ROOM) Day6 バイト先の書店には自転車で。動きやすいようデニムが基本! P + M + N + J 新しく決まったバイト先の書店は私服に指定のエプロンをオン。本の品出しとか意外と重労働だから、動きやすいカジュアルな格好がいいみたい。 帽子¥1690/GU 時計¥19800/フォービーウォッチズジャパン Day7 新宿でずっと欲しかったフィルムカメラをやっと買えた! O + C + F + I フーディとスカートの淡色コーデは、秋色バッグとブーツでメリハリを。バイトも始めたし、ずっと前から中古カメラ屋さんで目をつけていたカメラをゲット♡ うれしすぎて帰り道もパシャパシャ連写!  イヤリング¥330/レ シィーニュ Day8 放課後は大学の図書館で明日提出のレポート作成! B + M + D + H + K バイトとサークル活動で後回しにしていたレポートの提出期限がもう明日! 図書館にこもってレポート作業の日は、シャツを着て勉強モードをオン!  ヘアピン(3本セット)¥330・イヤリング¥330/レ シィーニュ 靴下¥550/Tabio(靴下屋) Day9 朝イチにレポート提出!ふぅ、間に合った。と息つく間もなくオンライン授業が始まった! L + Q 夜更かしぎみで顔色がさえない午前中のオンライン授業は、白ニットで顔回りを明るく。だてメガネで目の下のクマも隠しちゃう。 メガネ¥1650/アダストリア(ミィパーセント) 靴下¥1760/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) Day10 週末は一人で映画鑑賞。早く着いちゃったから近くのカフェで暇つぶし A + N + B + G 天気のいいご機嫌な休日。甘めブラウスをデニムでカジュアルに仕上げたお気に入りスタイルで、予約していた映画館へお出かけ。 イヤリング¥1430/アダストリア(ミィパーセント) Day11 伸びた毛先をカット&ヘアメンテしに美容室へ O + D + H + I ボサボサの髪の毛はキャップでごまかしつつスポカジにイメチェン。 帽子¥4180/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) 時計¥13200/ビヨンクール 西武池袋店(アイスウォッチ) Day12 時間のない朝はだらしなく見えないシャツが相棒! M + Q 珍しく寝坊して授業が始まる3分前にPCを立ち上げセーフ! シャツを着ておけば、きちんと感が即叶う(はず)。 Day13 午前中はリモート授業。課題を仕上げて本日もバイト! L + N ニット×デニムはカチューシャで女の子らしさをプラスするよ。 カチューシャ¥1320/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1650/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) スリッパ/スタイリスト私物 Day14 レディな格好におめかしして両親と一緒にレストランへ A + C + G + I ちょっぴりいいレストランで食事って聞いたから、ブラウスとロンスカの背伸びしたレディな着こなしに挑戦。 イヤリング¥330/レ シィーニュ Day15 大学の帰りに地元の友達に遭遇! 公園に寄り道して近況を報告し合ったよ♡ L + E + H + J 今日はジャンスカにニットを重ねてロンスカ感覚で活用。PCケースも余裕で収まるロゴトートがポイント。ばったり会った地元の友達に、バイトのこと、サークルのこと、報告が止まらない!  ヘアピン¥1430/アダストリア(ミィパーセント) Day16 校内の図書館にも写真集が充実! 先輩に教えてもらってさっそく友達とチェックしに♪ M + P + C + F + K ALL白っぽコーデも、コーデュロイとかフェイクレザーとか、季節感ある素材をMIXすることで、着こなしに奥行きが生まれる仕組み。大学の図書館がこんなにイケてたなんて、大発見! ネックレス¥330/レ シィーニュ Day17 2限からリモート授業の日。余裕のある朝は、おしゃれな朝食で気分を上げてくよー♡ A + D オンライン映えする華やぎブラウスと大きめイヤリングで、準備万端に早起きした朝。大好きなフレンチトーストにフルーツをのせて、おうちでカフェ気分を満喫♪ イヤリング¥1430/アダストリア(ミィパーセント) Day18 大学の屋上で心地よい秋の風を感じながら友達とお弁当ランチ。お昼時間はあっという間!  B + P + E + F  朝から夕方まで講義がぎっしりな日は、簡単に温度調整できるカーデが必須。食後は写真の撮り合いっこしながら新しく買ったカメラの練習。 イヤリング¥2080/クロスコミュニケーション デザインラボ(ROOM) Day19 高校の同級生と久々の再会!大人っぽくなったって思ってもらえるかな♪ L + C+ G + I 何を着ようか迷いすぎる日に頼っちゃうのは、好印象な白コーデ。レザー調のスカートでさりげなくトレンド感も意識。「おしゃれだね!」って褒められちゃった♪  イヤリング¥3080/サンポークリエイト(アネモネ) Day20 今日は屋外でサークル活動の予定。フレッシュなオレンジジュースを飲んでビタミン補給しとこ♪ O + E   写真サークルで撮影映えスポットを探しに歩き回る予定の日は、ジャンスカにフーディを重ねた、動きやすくカジュアルなゆるずるスタイル。ギャラリーを借りて開催される写真展のために頑張らないと! 髪をキュッと結んで気合いも十分!▶1女の秋の大学生コーデの記事をもっと見るモデル/遠藤さくら 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/加藤千尋 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ UTUWA プロップス ナウ
  • 夏にサヨナラを告げ、新たなトレンドの潮流にのれる、旬な秋冬小物をいち早く取り入れたい。ツイストのきいた、風味豊かなアレンジを紹介ヘッド小物で、顔まわりを大胆に覆って頭からあご下をガードしたルックはランウェイでも多数登場し、旬なムードをもたらす。 1 ビーニーとひざ下まで長さのあるロングマフラーが融合した帽子。薄手のドレスとダウンジャケットのミスマッチを、モードにつなぐ橋渡しを担ってくれる。マフラーつきニット帽¥69,300/三喜商事(ミッソーニ) ダウンジャケット¥113,300/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス) ワンピース¥64,900/ビームス ウィメン 原宿(ユハン ワン) トップス¥24,200/ジョン ローレンス サリバン ニットパンツ¥33,000・ソックス¥4,400/オーラリー 靴¥100,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 2 頭巾のようなレザーフードは、シルクのスカーフを仕込んで、スタイリングに優雅なツイストを。フード¥30,800/エスケーパーズ オンライン(ナヌーシュカ) スカーフ¥27,500/アダム エ ロペ(ホルツワイラー) トップス¥79,200/イザベル マラン サングラス¥55,220/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス(プラダ) 3 遊び心あふれる目出し帽は、あごまでアウトしてこなれた印象に。ジップつきニットでスタイリッシュに着こなして。ニット帽¥28,600/MIKIO SAKABE コート¥275,000/ジョン ローレンス サリバン トップス¥28,600/フィーニー ネックレス¥16,500/ソワリー 4 同系色のジャケットとともに、乗馬服を想起させるトラッドなムードで身につける。帽子¥25,300/ドール(フミエタナカ) ジャケット¥86,900/エストネーション(レジーナ ピョウ) ニットトップス¥28,500/ジャンシドゥーム パンツ¥31,900/コロネット(デザイナーズリミックス)首に装着すべきは、奥行きのあるネックピース全体の印象をも左右する首元のアプローチで、エッジィに転換するのが気分。 5 つけ襟のような表情のスヌードの進化系。メンズ風のジャケットに、ニット素材を投入して、やわらかなムードをミックス。ネックウォーマー¥25,300/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)  ジャケット¥176,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) シャツ¥19,800/エストネーション ループタイ¥17,600/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 6 ブルーのフェイクファーのつけ襟が、パテントレザーのハードさを和らげる。つけ襟¥3,850/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) ジャケット¥116,820/ヒラオインク(ナヌーシュカ) トップス¥20,900/ドール(フミエタナカ) スカート¥41,800/オーラリー 7 オーバーサイズのアウターには、結び目を強調したダウンマフラーでグラフィカルに味つけして。ダウンマフラー¥31,900・コート¥264,000・トップス¥75,900/イザ(ニナ リッチ) パンツ¥31,900/コロネット(デザイナーズリミックス) イヤーカフ¥14,300/トムウッド プロジェクト(トムウッド) ピアス¥46,200/エスケーパーズ オンライン(アグメス) 8 大人っぽいタートルネックタイプ。カジュアルなデニムをモードに昇華させるアクセントに。ストール¥71,500・コート¥99,000・ピアス¥29,700/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(エムエム6メゾン マルジェラ) ニット¥42,900/グルッポタナカ(リビアナ コンティ)主役級レギンスで、個性を主張する足もとにテクニカルな素材で覆った脚に重ね着をするのが旬なバランス。 1 つま先までサイケ柄な厚手のレギンスは、スリットから足がのぞく巻きスカートと合わせて。肌見せを抑制しても、センシュアルなムードはそのままに。レギンス¥78,100/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ) コート¥52,800/エスストア(シー) シャツ¥81,400/ビオトープ(ガブリエラ コール ガーメンツ) ネックウォーマー¥24,200/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) 巻きスカート¥50,930/ヒラオインク(ナヌーシュカ) 靴¥93,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) イヤーカフ¥153,000/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) 2 トラッドなチェックスカートに色気を薫らせるのは、レザーのレギンス。今季はブラウンを手に取って。レギンス¥45,100/サザビーリーグ(ウォルフォード) スカート¥96,800/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) 靴¥99,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) トップス¥29,700/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 3 ローズプリントにスポーティなロゴ入りのトレンカタイプには、ロマンティックなレースのスカートを。ブラックアイテムを駆使したミックス&マッチが完成。レギンス¥38,500/エドストローム オフィス(パコ ラバンヌ) スカート¥57,200/ビームス ウィメン 原宿(ユハン ワン) タイツ¥1,859/H3O ファッションビュロー(カルツェドニア) 靴¥34,100/エストネーション(チェンバー) トップス/スタイリスト私物厚手のグローブで、着こなしにメリハリをインパクトをもたらす手もとの素材感とディテールに視線を集中させて。 4 淑女なドレスをオフビートに転換させる真っ赤なレザー。グローブ¥39,600・レースドレス¥110,000・中に着たプリントドレス¥58,300・ピアス¥13,200(すべてトーガ)・トップス¥47,300(トーガ × トモオ ゴキタ)/TOGA 原宿店 5 花柄のロンググローブをメインにニットカフスで、可憐さを加えて。シンプルなニットを旬に着る。グローブ¥18,700/マメ クロゴウチ オンラインストア(マメ クロゴウチ) ニットカフス¥31,900/シジェーム ギンザ(キャサリンオッシ) トップス¥36,300/パッチワークス(タナカダイスケ) 6 ピンストライプのブラウスに、コーデュロイのジャケット。知的な装いにグローブを投入して、ユーモアをひとさじ。グローブ¥33,000/YOHEI OHNO ジャケット¥133,100/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース) ブラウス¥29,700/コロネット(デザイナーズリミックス) ブローチ¥24,200/グルッポタナカ(リビアナ コンティ) パンツ¥35,200/ハルミ ショールーム(リブ ノブヒコ)"ジュエリー以上洋服未満"で一点豪華主義に飾る服とジュエリーの中間にあるような装飾アイテムを、レイヤードの仕上げに。 7 ビーズを縫いつけたバンダナで華やかにネックマーク。スカーフ¥59,400/イザベル マラン ベスト(アウターとセット販売)¥75,900/ドメニコアンドサビオ  8 黒いボールビーズのハーネスで、マーブル柄のラメトップスをゴスに味つけ。変化球アイテムはジュエリー以上のデコレーション効果あり。ハーネス¥23,100/DELTA(サスキア ディッツ) トップス¥41,800/ビームス ウィメン 原宿(テセイ) パンツ¥53,900/THE WALL SHOWROOM(フェティコ) 9 まるでワンショルダーのベストのようなボディバッグが新鮮。シンプルなスタイルに眩しいほどのきらめきを添えてモードに魅せる。ボディバッグ¥68,200/ブランドニュース(カラ) ジャケット¥38,500/ジャンシドゥーム トップス¥19,800/THE WALL SHOWROOM(イロット) SOURCE:SPUR 2021年11月号「秋を呼ぶ、"味変"小物」photography: Genki Nishikawa 〈MILD inc.〉 styling: Kanako Sugiura hair & make-up: Yoko Hirakawa 〈mod’s hair〉 model: Sen text: Aika Kawada edit: Ayana Takeuchi
関連キーワード

RECOMMEND