厚手のざっくりニットでもほっこり見えない! 今季のトレンド素材「ベロア」のボトムがあると便利な理由【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #40】

Marisol ONLINE
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

ベロアがあれば異素材ミックスな着こなしが簡単に

  

暑くなく寒くもない時期は異素材ミックスな着こなしが可能で、おしゃれ的に一番自由度が高く楽しめる季節。その中でも一番重宝している素材が「ベロア」です。マキシスカートも持っていますが、私はパンツで取り入れるのがとても好き。

  

例えばまだ暑さの残る日にはTシャツやサンダルと合わせて、また少し寒くなればジャケットやブルゾンなどの羽織りものをプラスして、そして本格的に寒くなれば厚手のニットやコートと合わせてと、晩夏から秋そして冬までずっと活躍してくれるアイテム。しかも今年はベロアがトレンドでもあるので、今っぽく見せてくれる効果も大なのです。

  

そんなこんなでベロア好きな私は、今季シルエットがきれいで履き心地のよいパンツ作りに定評のあるブランド・STORYとコラボアイテムを作らせていただくことになりました。今回はそちらを使って詳しくご紹介したいと思います。

  

 

欲しいディテールが満載!

本命ベロアパンツを作りました!

  

実はコラボ企画がスタートしたのは去年の年末ごろからでしたが、その時に作りたいパンツははっきりしていました! それは冒頭でも書いた「ベロア」であること、「裾スリット」「ドロスト」「セミワイド」といった要素をすべて盛り込んでもらうことでした。

  

早速その4つのディテールがなぜ必要だったのか詳しく解説していきましょう!

  

1.  ベロア素材

ベロアは表面になめらかな光沢があり、ちょっとリッチ感があるため、カジュアルからドレッシーなスタイルまで幅広く着こなせるから着回し幅が大きいのが最大の魅力。さらにコットンからウールまでどんな素材のトップスと合わせてもバッティングしないのでコーディネートに制限がなくとても使いやすいのです。

▲一番着回し幅が広いブラック。ちょっと蒸し暑い日はトップスにノースリーブ、足元はサンダルでベロアパンツを着用しています。二の腕やつま先が出ていても、膨らみのあるベロア素材のおかげで秋感はしっかり演出できます。オールブラックだときれいめ度がアップするので休日のホテルランチなどにぴったり。

パンツ/坪田あさみ×STORY トップス/Deuxieme Classe カーディガン/JOHN SMEDLEY バッグ/ZANCHETTI サンダル/MICHEL VIVIEN

▲もう少し寒くなったらニットを合わせて。ウールのパンツだとニットを合わせた時にほっこりしてしまうこともあるけれど、ベロアだと質感が違うのでオールブラックでもモダンさがあり、単調になりません。

パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/BLAMINK バッグ/A VACATION パンプス/HEADING SOUTH

2.セミワイドシルエット

抜け感やこなれ感を演出してくれるほどよくゆるいシルエットが好きですが、ワイドだとマニッシュすぎてしまうのでセミワイドが私的にベスト。脚の形やお腹、ヒップラインを拾わないので、どんな体型の人でもかっこよく決まります。

▲こちらはブラウン。太ももや腰まわりの肉感を拾わない、太すぎず細すぎないセミワイド幅。落ち感のある素材により下半身が重く見えません。 

パンツ/坪田あさみ×STORY Tシャツ/ebure ジャケット/vintage バッグ/J&M DAVIDSON 靴/Maison Margiela

3.ドロスト&ウエストゴム仕様

今季はドロスト仕様のリラクシーパンツが大人気。ウエストゴムは後ろだけなので、フロントはすっきりきれいに見えるのもポイント。フロントのドロストがお腹周りのアクセントになり間延びして見えません。

▲こちらはネイビー。ドロストの先端がちらっと見えるだけで、アクセントになります。あるとないとでは実は大違い。同じくネイビーのニットと合わせてワントーンコーディネートに。

パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/TOGA PULLA Tシャツ/UNIQLO バッグ/STAUD 靴/ZARA

4.内側に裾スリット入り

スニーカーでも厚底ブーツでもヒールでもどんな靴でも合わせやすいよう、裾にスリットを施しました。スリットがあるだけで長めの裾を下に逃して足元にたまらず、すっきり脚長に見せてくれます。さらに足首がちらっと見えることで女らしさも演出できます。

▲こちらもネイビー。裾スリットのおかげでスニーカーでももっさり見えません。切れ目があることでボリュームのある靴の時でも裾に布がたまらず、脚長に見えるようになっています。

パンツ/坪田あさみ×STORY ブルゾン/ATON Tシャツ/UNIQLO バッグ/EPPERSON MOUNTAINEERING 靴/NIKE

▲こちらはブラウン。今年はボリューミーなローファーやブーツが人気ですが、パンツと合わせると甲が全部隠れてしまうので、女らしさを演出しにくいのがデメリットでした。でもスリットがあることで抜け感があり、女らしいムードになります。

パンツ/坪田あさみ×STORY コート/MADISONBLUE Tシャツ/Le Minor バッグ/MIFUKO 靴/TOD’S

さらにこのベロアはストレッチが入っているので履き心地がとてもよく、うれしいことに自宅洗いもOKなので、がんがんデイリーに活躍させています。ドロスト&ウエストゴムの楽ちんさはリモートワークにもぴったり。ベロア特有のきれいめ感もあるのでお出かけにもOKと、オンオフともに大活躍なパンツなのです。さらに言えば夏以外の3シーズンに着用できる素材なのでコスパ的にも優秀(私は涼しめな気温の日は8月もTシャツやタンクと合わせて着ていました・笑)。

自分がコラボしているので手前味噌ではあるのですが、とってもおすすめなのでぜひサイトものぞいていただきたいです。(ちなみに9/30までにECサイトでご注文いただいた方は返品交換無料ですのでサイズの心配をせずにご購入できます。またECご購入者は裾上げも無料だそう!

  

坪田あさみ×STORYコラボパンツはこちら▶

 

今回も読んでいただきありがとうございました!

 

 *次回は10月9日(土)公開予定です

 

【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
関連記事
  • 「自分に似合うのはこの髪型」と決めつけすぎるのはもったいない! 経験値が高いからこそ陥りがちな美容の思い込みを更新して、新しい自分を発見しよう。坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。   @asamit1201 @sundownertokyoomuretsuパーマは「老け見えするのでは」と恐れていました1か月ほど前にパーマをかけました。なんと20年以上ぶりぐらい! 長くロングヘアで周りからも「絶対ロングが似合う」とおだてられつい長く続けていたのですが、さすがに自分の中でマンネリ化していたのと、服のトレンドや全身バランスがだんだん難しいと感じて、バッサリ切ったのがちょうど1年ぐらい前でした。 切ったことですごく気持ちがよくなり、ショートにしたり、ミニボブにしたりといろいろ楽しんでいたのですが、さらに今回はパーマもかけちゃいました。実はロングの頃からずっとパーマをかけたいと思いつつ決断できずにいたのです。    その理由は大変失礼なのですが「年配の人はたいてい髪が短くパーマをかけている」というイメージがあったから。もちろん自分もその世代に入っているのはわかっているのですが、そう思われるのが怖くて、踏み切ることができずにいたのです(その考え方自体すごく古くて恥ずかしいのですが)。    しかも私は黒髪直毛で、硬くはないけれどコシと張りがある日本人的髪質で、パーマがとてもかかりにくい。たとえかけたとしても自分が求める外国人風のくしゃっとしたイメージ通りのヘアにならないのではと、悶々にしていたのです。    ただ年齢のせいか髪にボリュームがなくなってきていることがどうしても気になり(これが年配の人がみんなパーマをかける理由かな・笑)、大げさですが一大決心してパーマをかけてみることにしたのです。    オーダーの仕方を細かく工夫してみる▲アラフォー世代の髪にスタイリング剤はマスト。毎日バーム、オイル、ワックスなどいろいろなものをイメージに合わせて使い分けています。 その決心ができたのは、自分の中で「パーマだけで完成させるヘアにしない」という考え方にたどり着けたことが大きいかも。    私が恐れていた“ご年配ヘア”というのは、多分しっかりパーマがかかっていて、スタイリングを何もせずとも形になってしまう、いかにもパーマという感じのものだったから。    なので私はオーダーを以下のようにしました。    1/コテやアイロンは使い慣れているので、簡単なアレンジをする前提で考えています。それをしやすいようにベースとなるボディパーマをかけてほしい。    2/小さくひとつに結ぶアレンジが好きなので、後れ毛などが出てもこなれた雰囲気になるようなバランスにしてほしい。    3/黒髪でも頭が重く、昭和に見えないパーマにしてほしい。以前は入れていたハイライトをまたやるかもしれないけど、しばらくはダークヘアでいたいので。    などなど。そしてもちろんイメージ写真も持って行きました(ヘアカタログのパーマの写真は大抵コテで仕上げているのであまり参考にならないのですが、それでもイメージは掴んでもらえるように)。    そして最後は20年前と比べてパーマの技術が進化していることを祈りつつ、サロンに身を任せることにしました(大げさ)。    結果、かけてみて一番の感想は、「もっと早くかければよかった!」でした(笑)!    まずスタイリングがめちゃくちゃ楽になりました。ゆるくかけているので水に濡らせばカールが出ますが、濡らさないと私の場合は、普通のボブみたいな感じに。地毛だけだとそっけないストレートだけど、パーマのおかげで少しふんわりするようになりました。 また濡らせばスタイリング剤で質感を変化させることができます。それがめちゃくちゃやりやすく、楽になりました。 しかも最初想定していたアイロンやコテもほとんど使わずに、スタイリング剤だけで髪型が決まるようになり、それもうれしい変化。   ▲濡らさないでスタイリングするとこんな感じ。全体にふっくらする程度でくるくるはしないので、ストレート感を楽しみたい時は軽めのオイルを馴染ませる程度に。▲ひとつにまとめるアレンジは頭が小さく見えるので私の定番。ロングの時のまとめ髪よりも今っぽく決まります。オイルやバームをつけてまとめます。ストレートの頃はまず巻いてからまとめていたのですが、巻く作業がなくなったので時短に。▲まとめ髪でもふわふわさせたい時は、全体を軽く巻いてからまとめます。全体にワックスをつけてからまとめて最後はスプレーでふんわり感をキープします。▲自然に下ろす時は全体を水で濡らしてからワックスやオイルなどを揉み込みます。最大限カールを出してもこの程度のゆるいパーマがかかっています。失敗するのが怖くてなかなか新しいことに手を出しづらくなる世代ですが、意外と産むがやすしでした。髪はどうせ伸びるものだし、これからもいろいろとトライしてみようという前向きな気持ちになりました。 私のような髪質でパーマに悩んでいる方の参考になれば幸いです。    今回も読んでくださりありがとうございました。     *次回は10月23日(土)公開予定です  【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
  • 出そろった最新アイテムの中から、"大人に似合う秋トレンド"だけをピックアップしてお届けします!2021秋TREND▶︎所作がキマる大きめ クラッチバッグ に話題沸騰 あえてガサッと持つことで、こなれ感と女っぷりがかなうクラッチバッグ。今年はインパクトのある大きめが人気。シルクサテンの光沢感とスモッキング刺繡のデザインで、ブラックでも華やぎ度満点。 バッグ(ストラップつき)¥63,800/サザビーリーグ(マーレット)レトロながま口デザインとエッジーなレオパード柄のミックスデザイン。くたっと持てる布素材だから軽いのもうれしい。バッグ¥57,200/アマン(ア ヴァケーション)起毛感のあるモヘア素材かつスイートなピンクで可愛いが凝縮。バッグ¥132,000/ラドロー オンラインストア(ラドロー)小脇に抱えてちょうどいいサイズ感と、歩くたびに揺れるフリンジが着こなしにリズムを足してくれる。バッグ¥93,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 2021秋TREND▶︎顔映えネックレスは ビッグチェーン が今季主流 地金のみだからアイテムを選ばずカジュアルからきれいめまで幅広いスタイルに合うのもヒットの理由。華奢さのある喜平チェーンが大人っぽい。ロングタイプだからほかのネックレスとレイヤードする時にも重宝。ネックレス¥14,300/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(フィリップ オーディベール)全体にあしらわれたノット部分がアクセントになった変化球デザイン。ネックレス¥15,400/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)大小2 種類のチェーンを半分ずつ組み合わせた技ありタイプ。つける位置で印象が変えられる3WAYなのも便利。ネックレス¥45,100/リューク チェーンを重ねたボリュームデザインで、顔映え効果は絶大。オール地金だけのゴールドだから、華やかだけど洗練された雰囲気に。ネックレス¥25,300/アルアバイル(フィリップ オーディベール)【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
  • 出そろった最新アイテムの中から、"大人に似合う秋トレンド"だけをピックアップしてお届けします!2021秋TREND▶︎カーデ以上アウター未満。ざっくりニットカーデが熱い ブルゾンの延長線で着られるニットアウターが人気。ざっくりローゲージ&ショート丈が選びの決め手に。襟つきショート丈のフォルムが、さらっとはおれるアウター感覚にひと役。ニットセットアップに重ねたレイヤードコーデも今っぽい。カーディガン¥41,800/オーラリー ニットキャミソール¥17,600・ロングスカート¥31,900/カオス丸の内(カオス) ファーバッグ¥19,800/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) サングラス¥49,500/グローブスペックス エージェント(アーレム) ブーツ¥39,600/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(レメ)王道のVネックカーディガンながら、アウター感覚で着られるほどよい長め丈とボリューム感のバランスが秀逸。ブルーグレーの色みも絶妙。カーディガン¥36,300/アルアバイル(スローン) ミックスニットのケーブル編みや、襟つきショート丈のフォルムがレトロ可愛い。カーディガン¥52,800/アマン(アンスクリア)2021秋TREND▶︎レイヤード人気で ベスト熱 が高騰中 一点投入で着こなしに奥行きが出るニットのベスト。ざっくりローゲージでメリハリをきかすのがポイント。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます大小のケーブル編みをミックスしたデザインで、白でも膨張して見えない。ホワイトONホワイトで重ねたなじませスタイリングなら簡単。ベスト¥33,000/ショールーム セッション(アダワス) サイドあきにベルトモチーフがアクセントに。シックな色みもほかにはない雰囲気に。ベスト¥63,800/ボウルズ(ハイク)シンプルVネックこそコンパクトすぎないサイズ感が大事。おしりがちょうど隠れるゆるっとシルエットで合わせやすい。ベスト(10月発売予定)¥35,200/イレーヴ【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
  • さっと着られて、ぱっと映える!今の時季にぴったりな「ブラウス」と「ワンピース」が三尋木さんとヴェルメイユ パー イエナのコラボで実現。「大人も着られる甘さ加減」にこだわった名品です。三尋木奈保・エディター三尋木奈保・エディターきちんと感と清潔感のある、女らしいベーシックスタイルが圧倒的な人気を誇るエディター。雑誌を中心に、ブランドとのコラボなどでも活躍。著書「マイ ベーシックノート」(小学館)がシリーズ累計18万部のベストセラーに。 みなさん、こんにちは!    急に涼しくなったと思ったらまた暑さがぶり返したり、の日々ですが、秋のおしゃれ準備は進んでいますか?    今回は、マリソル誌面でのコラボアイテムの紹介をさせてください!    現在発売中のマリソル10月号の通販企画『SHOP Marisol』。大好きな【ヴェルメイユ パー イエナ】とのコラボを2型販売中です。  本格的な秋冬ニットに手を出す前の、ちょうど今の時季って、とにかく着るものに悩みますよね。今回は、「さっと着られて、ぱっと映える」をテーマに2アイテム製作しました。    まずはこちらのブラウス!ブラウス/ヴェルメイユ パー イエナ(SHOP Marisol) デニム/アッパーハイツ バッグ/アニタ ビラルディ バングル&ブレスレット/ティファニー我ながら、「いかにも私が好きそうなブラウスだわ……」と思ってます(笑)。いや、コラボで作らせてもらったので当たり前なんですが(笑)。    まずは、一枚で着て華やかに見えること、これ大事! ごらんのとおり、袖まわりのフリルがデザインポイントです。フロントはプレーンなデザインなので、フリルが大げさにならずに「大人にちょうどいい甘さ」に着地します。    裾アウトで着られる丈感にもこだわりました。甘いブラウスこそ、こんなふうにデニムに合わせてさらっと取り入れたいですよね。裾アウトしたときに丈が長すぎるとだらしなく見えるけど、これはヒップに覆うくらいの程よい長さ。ラウンドしたサイドスリット入りなので、収まりがいいですよ。    『SHOP Marisol』限定カラーのこちらのセージ、すごく今っぽい色でおすすめ! 私、今までグリーン系の服って着たことがなかったのですが、このセージは淡いニュアンストーンで、ほんのりグレージュがかった色味。手持ちの服にすんなりなじみます。個人的には、ここで着ているような、淡いグレーデニムとの配色バランスが大好き。きれいめなテーパードパンツにも、もちろん合いますよ。    そして、とぅるんとしたふくらみ感のあるポリエステル素材が、めちゃくちゃ着やすい♡ 体に張りつかずにさらっとしていて、程よいツヤ感で女っぽさもあり。一日着ていてもまったくシワになりません。こういう素材で、裾アウトできるブラウス、結局いちばん使えますよね。着るものに悩んだ朝、かなりヘビロテしちゃうこと確実です。     ▶【Marisol別注】VERMEIL par iena ブラウス      もう1アイテムは、こちらのワンピース。ワンピース/ヴェルメイユ パー イエナ(SHOP Marisol) バッグ/ワンドラー スニーカー/D.A.T.E.【ヴェルメイユ】らしいロマンティックなティアードワンピを、着やすいカットソー素材で作ってもらいました。華やかで映えるワンピは大好きだけれど、これまた華やかすぎると「どちらへお出かけ……??」ってことにもなりがち。その点、こちらはコットンカットソーなので、甘いデザインでもこなれ感があるんです。    あとね、肩パッドを入れてもらったのも私のこだわりです。パワーショルダー、最近またトレンドですが、アラフォー世代にもぜひ試してほしくって。クールなモード感が出るので、甘いワンピが甘いだけに終わらず、ぐっと今っぽく見えるんですよね。裾がボリューミィなティアードなので、そのぶん上半身はすっきりタイトめにしたのですが、肩パッドの効果で二の腕がムチムチせずに、すっきり見えるんです♡ 年々丸こっくなってきた肩~二の腕まわりがシャキッと補正されるような。あ、でも肩パッドは取り外し可能な親切設計なのでご安心を。肩パッドなしのほうがいい、ってかたもいらっしゃいますもんね。    足元はスニーカーやブーツで、ちょっと重めにすると今っぽいバランスになると思います。それだけで映えるから、とにかくラクちん!  ブルゾン/AK+1こんなふうに、ブルゾンを合わせてみるのもおすすめです。フェミニン×スポーティのテイストミックスが簡単にかないます♡ もっと寒くなったら、ざっくりしたロングカーデをはおっても絶対にかわいい!    どちらのアイテムも、華やかさと着こなしやすさを妥協なく追及した自信作です。ぜひチェックしてみてください♡   ▶【Marisol別注】VERMEIL par iena ワンピース ▶D.A.T.E. スニーカー  ■本連載では、三尋木奈保さんへの質問を募集しています! 三尋木さんに聞いてみたいこと、相談してみたいことをお送りください。 採用された方の質問を本連載でお答えします! ファッション・ライフスタイル・ちょっとしたお悩みなどどんなことでも結構です。   ご応募はこちら>>   ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。   【編集部注】掲載されたアイテムはすべて三尋木さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。 
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロのワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証エディター 発田美穂さんエディター 発田美穂さん<直感&情熱派なので、“コスパ”かどうかを考えて買い物することはありません(笑)。スタイルに関しては昔からずっと、気持ちやたたずまいが“カジュアルな人”であり続けることが目標。プチプラアイテムをミックスしたり、逆に上等なカジュアルアイテムを手に入れてみたり。そのために必要なものが、私にとってはプライスにかかわらず“コスパ”なのです。>自信をもって着られる偏愛アイテム ■ドゥロワーのバンドカラーシャツ カジュアルでフェミニン、さらにきちんと感や上品さも!好きなテイストが一着で表現できる、私にとってのパーフェクトアイテムがバンドカラーワンピースです。バンドカラーワンピコレクションの中でも、特に好きなのがコットンの白で長袖のもの。「全身白って、ほかのアイテムだと少し気恥ずかしい感じがありますが、なぜかバンドカラーワンピなら大丈夫。自信をもって着られるし、ほめられることも多いので気をよくしています(笑)」 One-piece:Drawer Bag:Jil Sander Shoes:Gianvito Rossi Sunglasses:MAX PITTION Pierces:Jil Sander Ring:vintage自分らしさを表現する 長く使うもの■イレーヴのリネンジャケット カジュアルに着られる正統派アイテムこそ、上質なものを。肩の力が抜けたトラッドを着こなし続けていたいので、このジャケットはずっとスタメン予定。形はベーシックなダブルのジャケットでありつつ、リネン素材とホワイトのボタンがカジュアルな印象を後押し。「いわゆるブレザーよりも堅苦しくならず、シーンを選ばず着られます。プライスとしては高くても、気負いなく着られる上質なもの、というだけで十分コスパ。長く大切にしたいと思っています」 Jacket:YLÈVE T-Shirt:UNIQLO Pants:Chaos Bag:THE ROW Shoes:ATP Atelier Necklace:SOPHIE BUHAI Pierces:Philippe Audibert素敵に着る プチプラ服 ■ディッキーズのパンツ ほんのりモードなブラウスに、ディッキーズのワイドなチノパンを合わせてカジュアルダウン。こんなふうに全身のバランスをあえてくずしたい時にプチプラ服を投入することも。「年齢相応のきちんと感のある服も着たいけれど、直球のコーディネートでは一気に老けてしまう。そんな時に頼りになるのが、プチプラアイテムのほどよい抜け感。しっかりワイドシルエットのひとクセパンツで、真面目すぎないスタイルを目ざしました」 Pants:Dickies Blouse:COLUMN Bag:MARK CROSS Shoes:CELINE Stole:ASAUCE MÊLER Pierces:PHILIPPE AUDIBERT Ring:Harpo【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロのワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証エディター塚田有紀子さんエディター塚田有紀子さんベーシックカジュアルをこよなく愛する、ガッツ系敏腕エディター。自他ともに認めるお買い物熟考派。Tシャツの微差やディテールにこだわるといった、メンズ的な視点も持ち合わせる<自他ともに認める超ベーシック派で、基本はカジュアル。本当はフェミニンなアイテムも大好きですが、自分が着るとほっこりしすぎるのであきらめることもしばしば。きれい色に苦手意識もあり、実は好きなアイテムが狭いのかもしれません。だからこそ、買い物の時にはディテールまでしっかりチェック。好きなものはとことん着倒します。>  自信をもって着られる偏愛アイテム ■白トップス& テーパードパンツ どんなボトムスも受け止める白トップスと、あえてカジュアルに着る仕立てのいいきれいめパンツ。私らしさに欠かせないこの2アイテムだけは、誰がなんと言おうと(笑)微差でそろえます。「白トップスを選ぶ基準は、とにかくほっこり見えないこと。いかにキレよく、カリッとしたシルエットと体型に見せるか。そのために投資し続けているといっても過言ではありません!(笑)そして大好きな白トップスの下に何を着る? となった時に集め始めたのがきれいめパンツ。40代に入りTシャツ+デニムではもはやもたないことに気づき、カジュアルにもメリハリが必要だと悟りました」長く使うもの自分らしさを表現する ■TASAKIのパールジュエリー カジュアルでゆるい服が好きなのに、いや、だからこそ(笑)、パールへの憧れが人一倍あります。3年前に買ったこのピアスで、本物のジュエリーがもつ威力を知りました。「エッジのきいたデザインが、いつものカジュアルの格上げにも、モードを女らしく着たい日 にもマッチ。年齢相応の落ち着きも添えてくれます。本当にいいものは投資する価値があるということを、改めて実感しています」素敵に着る プチプラ服 ■マチャットの甘めワンピース マリソルで知ったコスパブランドのワンピース。ベーシックアイテムだけだとスタイルに彩りがないから、納得できるプチプラで珍しく甘めのデザインにトライ。ニュアンスのある素材感や凝ったデザインと、プライスとのバランスに納得できたことが購入の理由。「基本は慎重なんですが、時々無性にトレンドアイテムに挑戦したくなる時があり、そんな時にもプチプラブランドに頼ります。サンダルは白黒2色買い。ZARAはいつも靴が上手なので欠かさずチェックします」 One-piece:MACHATT Bag:ALAÏA Shoes:ZARA Sunglasses:ATELIER BRUGGE Stole:ASAUCE MÊLER【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • 出そろった最新アイテムの中から、"大人に似合う秋トレンド"だけをピックアップしてお届けします!2021秋TREND▶︎スカートはやや短めな ミディ丈 が復活! マキシ丈ブームも落ち着き、注目のロングブーツに似合う膝下丈のスカートがこの秋の大本命。膝下丈のティアードスカートならボリュームが出すぎず、甘さ控えめで大人っぽい。この冬話題のロングブーツとの丈バランスもばっちり。切りっぱなしデザインでラフさがあるから、丸襟ブラウスとベストを重ねたクラシックコーデにも合う。スカート¥125,400/マディソンブルー シャツ¥39,600/エストネーション(ブリエンヌ) ニットベスト¥26,400/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) バッグ¥379,500/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ロングブーツ¥79,200/ザ・グランドインク(ロランス)※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますすそで切り替えになったフレアデザインが女らしい。シックなグリーンの色みもこなれた一枚。スカート¥26,400/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク)ミックス糸が織り込まれたボンディング素材で風合いたっぷり。ハリがあるから体のラインを上手にカバーしてくれる効果も。スカート¥47,300/ロンハーマンかなりたっぷりと分量をとったプリーツは動くたびに揺れてドラマティック。スカート¥70,400/エストネーション(レジーナ ピョウ)この秋注目のキルト素材のスカート。ナイロン素材特有のスポーティさと、ややクラシックな雰囲気が融合し、着映え度抜群。スカート¥75,900/サザビーリーグ(ユニオンランチ) 【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
  • リモート会議でも映える、顔まわりを華やかにしてくれるシャツ&ブラウスをご紹介。着るだけで気分が上がる、大きめの襟や甘いフリルディテール。デニムやパンツとあわせてさらりと着こなしたい。(右)柔らかく落ち感のある襟が優しげな雰囲気。少し透ける素材で残暑でも軽やかに着こなせる。ブラウス¥18,150/オンワード樫山(23区) (中)フリルつきの大きめの襟とデニム素材が印象的なブラウス。身頃や丈をゆったりとっているので甘すぎず、大人なムードに決まる。ブラウス¥29,700/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) (左)シンプルなシャツの胸もとと袖にフリルで甘いディテールをプラス。ブラウス¥73,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ)クラシック&レトロなムードの人気とともにボウタイブラウスの人気も復活。コンサバ過ぎないデザインを選んで。(右)上品なツヤと落ち感で、フォーマルなシーンでも大活躍しそう。濃すぎないグレーの色みも今っぽい。ブラウス¥24,200/インターリブ(サクラ) (中)肌をきれいに見せてくれる上品なベージュにブルーのストライプがさわやかかつエレガント。インナーキャミソールつき。ブラウス¥53,900/エブールギンザシックス(ebure)(左)パッと目をひく美しいブルー。ツヤはあるけど光りすぎない、コットン×シルクの生地が絶妙なこなれ感を演出。肩のギャザー使いも可愛い。ブラウス¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)上品な華やかさをプラスしてくれるピンタックシャツ。きりりとした中にも女らしさが香る。(右)後ろボタン&背中にリボンつきで、前から見ても後ろから見ても可愛い一枚。ブラウス¥57,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)(中)ウール素材で着心地がよく、秋から冬まで長く使える。身頃に対して袖が細めで、着るとすっきりシルエットに。ブラウス¥35,200/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) (左)高密度コットンを使用したつややかな素材が、着るだけで端正かつ知的なムードを演出。ブラウス¥42,900/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 【Marisol2021年10月号掲載】 ◆おしゃれプロがこの秋にひと目惚れしたバッグはこちら →存在感のあるバッグに、おしゃれプロがひと目惚れ!
関連キーワード

RECOMMEND