頬をくすぐる風が心地よい季節。ニットコートを羽織ってベランダへ【2021/9/16コーデ】

Marisol ONLINE
個人的には一年で一番大好きな秋の真っ只中、夕方になると少しずつ風もひんやりしてくるので、念のためグレーのマントコートを羽織ってベランダへ。さっと気軽にはおれて暖かいコートは、秋の初めからも活躍。地味にならないように、今っぽいスモーキーグリーンのシャツワンピースを仕込んで内側にツヤをプラス。在宅勤務が終わったら、そのままベランダに直行して暗くなるまで読書に励もうっと。
コート¥75,900・ワンピース¥63,800/TSI(ハーヴェル スタジオ) 帽子¥19,250/カシラ プレスルーム(カシラ) サングラス¥40,700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥41,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥44,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥72,600/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「グレー」に関連した記事もチェック

関連記事
  • この秋のバランスは足元重めが正解。まず手に入れたいのはサイドゴアブーツ! 新鮮で今っぽい”足もと重め”なバランスが即完成する靴といえば、サイドゴアブーツ。さっと履けて歩きやすく、きれいめカジュアルの今年らしさを加速させる、いいことずくめの新定番! これはしなやかで軽いフェイクレザーを使用し、申し分なしの履き心地。バンドカラーシャツ&黒パンツと合わせて、極上のかっこよさに♡カーディガン¥38500/インターリブ(サクラ) シャツ¥25300/ティッカ パンツ¥34100/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥19800/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) ブレスレット¥19800/UTS PR(フォークバイエヌ) リング¥17600/ココシュニック バッグ¥7920/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ロウェル シングス) 靴¥15400/銀座ワシントン銀座本店(ワシントン)  今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/黒沼 諭〈aosora〉  ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ  モデル/新川優愛 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
  • 仕事に向かう姿勢や気持ちが正されるようなシャツに、おしゃれに対するポジティブさや自信をくれるイヤカフを。今回はニュアンスカラーシャツと揺れるイヤカフコーデをご紹介。 仕事終わりにデートしたい♡ニュアンスカラーシャツ×揺れるイヤカフ 笑顔まで優しく映るシャツと、繊細に優しく揺れるイヤカフと。“お仕事OKライン”のウキウキ感や女心を、二つに込めて。 なにげない“ドレスアップ”で日常がちょっぴり特別になる シックだけどおしゃれで、大人っぽいけどどこか可愛げのあるブラウンは、ベーシックカラーの中でもなんだか特別な色。大小二つのフープを細いチェーンでつないだイヤカフは、ゴールドのマットな質感も素敵。いつもの一日よりほんの少しドレスアップ気分で選んだり合わせたりして、ワクワク感を楽しんで。 シャツ¥15400/エミ ニュウマン新宿店(エミ)  イヤカフ(SV925×K18YG/P)¥17600 /アルティーダ ウード 柔和な色や繊細なチェーンは近づきたい気持ちの表れ “あなたに近づきたい”なんて想いを込めた、やわらかなグレージュのシャツ。耳の裏側からたれるイヤカフの繊細なチェーンは“触れてほしい”という気持ちの表れだったりして。仕事終わりの楽しみな予定のために装えば、自然と仕事スイッチだってオンになる。ニット¥7990/プラステ メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) シャ ツ¥26400/カオス丸の内(カオス) イヤカフ(SV925×YGコーティング×キュービックジルコニア)¥16500/ ジュエッテ  ※イヤカフは表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、DIA=ダイヤモンド、SV925=純度92.5%シルバー、SV=シルバー、Pt=プラチナ、/P=プレーティングの略です 撮影/新田君彦〈えるマネージメント〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/新川優愛 構成・原文/岡谷真唯子〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
  • フェミニンな好印象スタイルが人気のエディター三尋木奈保さん。「涼しさは大事だけれど、あっさりしすぎたりルーズに見えないよう、"きれいめな映え感"を意識しています」。リアルな工夫がつまった夏の着こなしをお届け!三尋木奈保三尋木奈保きちんと感のあるフェミニンスタイルにファン多数。スタイルブック『My Basic Note』(小学館)は2冊累計18万部を超えるベストセラーに。Marisol ONLINEで連載中のコラム「教えて! エディター三尋木奈保さん!」も大好評 「私のワードローブはスカート中心なのですが、今の時季はパンツもよく登場します。なぜならサンダルで抜け感が出せるから。足もとの肌がのぞくと、パンツもぐっと女っぽく見えますよね。今年は、気づいたらキャロット型のパンツばかりはいています。ウエスト位置が高めで腰まわりはゆったり、すそに向けてすぼまるラインが私的にツボ。ワイドパンツよりも女らしく、今っぽいリラックス感もあるのが気に入っています。きれいめ派のカジュアルにもってこい!」カーキのキャロットパンツはギャザー袖で甘みを加えて 「初夏に購入した"アクネ ストゥディオズ"のパンツ。モードなカジュアルブランドは自分にはご縁がないと思っていましたが、バーニーズの店頭でこれを発見して、絶対シルエットがきれいなはず、と試着してみたら大当たり。ゆったりしているけれど腰高のベルトつき&センタープレスで、体型カバー力がすごいんです。ベルトのディテールやすその折り返しもしゃれていて。こういう出会いがあるのがセレクトショップのよさですね。停滞しがちな大人の着こなしに、新しい風を吹き込んでくれた一本です」。ネックレス¥44,000/マリハPANTS_Acne Studios T-SHIRT_three dots BAG_BOTTEGA VENETA SHOES_LAOCOONTE EARRINGS_NAGLE AND SISTERS BRACELET_MALCOLM BETTS WATCH_Cartier白シャツの魅力を再確認!すそアウトで着るのが気分です 「接触冷感機能を備えた"ノーク"のパンツは、暑い日もさらっと快適。ウエストゴムのイージーアイテムですが、ずどんとしたワイドではなくテーパードしたキャロット型なので、身長158㎝の私でもすっきり着られます。ここにTシャツだとラフすぎてしまうから、久しぶりに白シャツを投入。"ゆるっと、きれいめ"を満喫できる着こなしに」。サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バングル¥52,800/アパルトモン 青山店(ガブリエラ アルティガス)PANTS_N.O.R.C SHIRT_L‘Appartement BAG_Capaf SHOES_HERMÈS STOLE_DRESS HERSELF EARRINGS_TIFFANY & CO. RING(MIDDLE FINGER)_ MALCOLM BETTS RING(INDEX FINGER)_MARIHA WATCH_Cartier シャツワンピースをはおってこなれたムードに 「白のリネンパンツは4年前のもの。去年はなんとなくはく機会がなかったのですが、そういえばあれもキャロット型だったなと、この夏クローゼットの奥から復活させました。どう着たら今年っぽくなるか、いろいろ試した結果、ロング丈のシャツワンピを重ねるのが私的なベストアンサー。白パンツのさわやかさを前面に出すんじゃなくて、ワンピレイヤードでゆったりこなれたニュアンスを足す感じ。風が通り抜ける新しいバランスにワクワク♡ 足もとはぺたんこトングで力を抜いて」 PANTS_forte_forte SHIRT_DES PRÉS TANK TOP_DRESS HERSELF BAG_THE ROW SHOES_MANOLO BLAHNIK EARRINGS_NAGLE AND SISTERS NECKLACE_ALZUNI RING_MALCOLM BETTS【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 取材・文/三尋木奈保
  • すっきり細身の黒パンツはオーバーサイズニットと合わせるのが最高のバランス!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます秋分の日である明日は、家で姪っこたちを招いておはぎでも作ろうかと。秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じになるのよ、と姪っこたちに覚えてもらえやすいように、お昼のイメージ代表色イエローと、夜のイメージ代表色の黒の割合をフィフティー:フィフティーにコーディネートしてみる。インした白シャツが長めなのは、ちょっとだけお昼のほうが長いということも記憶に刷り込ませるため。とかなんとかウンチク言いながらも、本当はこの細身テーパードの黒パンツが後ろゴムではき心地も楽ちんだから、単純に履きたいだけだったりもする。パンツ¥12,100/ノーク ニット¥17,600/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ] シャツ¥42,900(ブーリエンヌ)・トートバッグ¥6,600(オープン エディションズ)/エスケーパーズオンライン ロングネックレス¥93,500・コインネックレス¥24,200/マリハ ショルダーバッグ¥33,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)N.O.R.C (ノーク)商品一覧【SHOP Marisol】▶ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)商品一覧【SHOP Marisol】▶MARIHA (マリハ)商品一覧【SHOP Marisol】▶Scye (サイ)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「黒パンツ」の関連記事もチェック
  • アラフォー女性に全力でおすすめしたいブランドのワンピースコーデのご紹介です。すっかり秋ですが、日中はまだ30度近い気温の日もあり 朝晩はだいぶ涼しくなったので、 温度調節できるファションを楽しんでいます。 今回は、私のクローゼットを結構な割合を占めている ブランドのワンピースのご紹介をしたいと思います。 こちらのワンピースは 「Maisond R」のものです。 アラフォー、アラフィフ(もちろんそれ以外の世代の方にも) の女性に全力でおすすめしたいブランド マリソル世代よりちょっと先輩のとても素敵な方が モノづくりをされていて 新作が出るたびに、欲しいアイテムがでるので 自分のクローゼットと相談しながら、少しずつ増やしているところです。こちらのワンピース、前後2WAYで 体系カバーができるのも嬉しいポイント アラフォー、アラフィフの同じ体重なのに なぜかお肉がつくところが違ってきたって感じたりしませんか? そんな悩める女性たちのお悩みによりそった モノづくりをされているところも好きなポイント。 デザインが素敵な上に、体系カバーも考えられているなんて! こちらのワンピースに飛びついた1番の理由です。 この日は、日中はノースリーブでも大丈夫なくらいな気候だったのですが、 朝晩は、だいぶ涼しくなったきので、 ロングカーディガンを肩掛けして、仕事に出かけました。 ロングカーディガンも この時期頼れるアイテムの一つですね。 それでは、季節の変わり目、体調を崩しやすい時期でもあるので 皆さまどうぞご自愛ください。 最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。今回ご紹介した、洋服のクレジットは、Instagramにタグ付けしているので よろしければ覗いてみてください☟ My Insatagram←←←♡ブログでは、ファションだけでなく食生活アドバイザーとして 健康で美しく歳を重ねたい女性の為になるような、発信をしているので そちらも覗いていただけたら嬉しいです☟ファションコンサルタント&食生活カウンセラー Maco Style ブログ←←←♡No.100 Maco
  • 新しい靴を買って、寝かせるなんてもったいない!マリソルでは今シーズン注目のデザインの中からアラフォーのファッションに似合うだけじゃなく、軽やかな夏のコーディネートにも厚着になる秋のコーディネートにも合わせやすい、"長く使えるもの"にこだわってピックアップ 02:ボリュームのあるローファー トラッドな中に遊び心も感じさせる、新顔ローファー。きれいめだけじゃなくカジュアルな服にも似合いやすくなって、"考えないで履ける靴"として1足は持っておきたい。SUMMER ▼さわやかさと知的さと。理想的な夏の通勤ルック白とピンクのクリーンなコーディネートを黒い小物をピリリときかせて上品に。厚底のローファーは衝撃吸収力があり疲れにくいのもうれしい。靴( 3 )¥26,400/フレームワーク 自由が丘店(コルソローマ9 ) シャツ¥11,999/ノーク スカート¥36,300/ブルーバード ブルバード バッグ¥37,400/ショールーム セッション(ミカ デラ ヴァッレ) イヤリング¥11,000/シップス 有楽町店(ドミニクドゥネーブ) ブレスレット¥24,200/メゾン イエナ(グリン)AUTUMN▼そろそろトラッドに履かないローファーにも挑戦スウェット×ローファー、一歩先のカジュアルスタイル。靴/同じ シャツ¥16,500/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(ジャーナル スタンダード ラックス) パーカ¥24,200・パンツ¥28,600/シップス 渋谷店(ジェーシーエム) バッグ¥62,700/アマン(エレメ) イヤカフ¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(フィリップ オーディベール) ネックレス¥25,300/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) リング¥16,500/アルティーダ ウード☆Other items❶ベーシックカラーの合わせやすさと、おしゃれなインパクト。どちらも楽しめるクリーンな白。( 3 )¥24,970/シップス プライマリーネイビーレーベル(パスクッチ)❷使い込むほどに味の出るレザー。長く愛用したい名品。¥21,780/セム インターナショナル(アルテサノス)  ❸パンツ派にイチオシしたいネイビーのスエード。きれいめのスラックスからデニムまで幅広いアイテムに似合うので活躍必至。( 3 )¥24,200/プラージュ 代官山店(コルソ ローマノーヴェ) ❹メンズライクなムードを演出するワイドなシルエット。幅広さんでも安心。(4.5)¥25,300/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(マノヴィエ トスカーナ) ❺モダンなボリュームソールとトラッドなビット使いがマッチした旬な1 足。( 4 )¥37,400/アマン(ペリーコ サニー)※( )内の数値はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)【Marisol9月号2021年】撮影/ 魚地武大(TENT/物) 鈴木 新(go relax E more)  ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/石上美津江 モデル/竹下玲奈
  • 履き心地良さと華やぎを兼ね備えた愛すべきフラットシューズ皆さんこんばんは。 今日は中秋の名月。きれいなお月様が見えるといいな、と思いながらブログを書いています。 子供達が寝たらこっそり見てみようと思っています。 さて、今日は大人かわいいシューズが揃うPrettyBallerinasのシューズをご紹介します。PrettyBallerinas ELLA afrodite-crystal(エラ アフロディーテ クリスタル)ポインテッドシューズ 横のカッティングがきれいで、ベルベット素材にキラキラのビジューがかわいいこちらのシューズ。沢山あるシューズの中から秋冬用にこちらを選びました。PrettyBallerinasは世界中のミューズからデザインや履き心地で愛されているシューメゾン。 今でも職人の方が1点1点丁寧に手作業で作っているそうです。 そのせいか、3年以上前に購入したバレーシューズも今でもきれいな状態で維持できています。そして、ショップの世界観もブランドの名前通りに素敵で、ショップに足を運ぶと、自分がバレリーナになったかの様な気分になります。シャンデリアや大きな鏡。ピンクを基調とした店内かわいいディスプレイ洋服にかわいいを取り入れるのは難しくなってきたマリソル世代の私達。 PrettyBallerinasの世界観あるシューズを取り入れて、足元でかわいいを演出するのも素敵かな、と思っています。 最後になりますが、秋冬コレクションの素敵なシューズを載せておきます。 かわいいので1足ずつ眺めて頂けたら嬉しいです。そして、2022SSの受注会にもお邪魔しましたので、また春夏の新作の情報は次のブログにアップさせて頂きます。 本日もご覧頂き、ありがとうございました。✳︎撮影はお店の許可を頂いております。【 PrettyBallerinas】 バレエをコンセプトにしたブランドとして、バレエシューズ、バレエパンプス、フラットシューズを中心に展開をスタートしたスペインのシューメゾン。 裁断から縫製までの全工程を熟練の職人が今でも手作業でやっていると言うと丁寧な物作りでも有名で、世界中のファッショニスタが魅了されていると言う。◆ PrettyBallerinasオフィシャルサイトはこちらから⇨♡◆Instagramも更新しております。 ご覧頂けると嬉しいです。No.149 kumiko
  • フェミニンな好印象スタイルが人気のエディター三尋木奈保さん。「涼しさは大事だけれど、あっさりしすぎたりルーズに見えないよう、"きれいめな映え感"を意識しています」。リアルな工夫がつまった夏の着こなしをお届け!三尋木奈保三尋木奈保きちんと感のあるフェミニンスタイルにファン多数。スタイルブック『My Basic Note』(小学館)は2冊累計18万部を超えるベストセラーに。Marisol ONLINEで連載中のコラム「教えて! エディター三尋木奈保さん!」も大好評 「この夏、最大のお気に入りが"ノーク"のノースリ。トレンドの肩パッド入りなのですが、厚みも肩幅も行きすぎず、控えめすぎず、ほどよいあんばい。肩パッドの服、四半世紀ぶりに着ましたが(笑)、いいですよ~♡ 二の腕のむっちり感をカモフラージュしてくれて、ピリッとモードな雰囲気も出ます。カットソー一枚だと心もとなく見えるアラフォーの味方! "ノーク"は価格も手ごろなので白と黒、2色買いして着回しています」冒険トップスはスカート合わせで自分らしく 「私の場合、このカットソーはパンツに合わせると辛口すぎてしっくりこず、やっぱりスカートを合わせるほうが落ち着きます。肩パッドのノースリってフォルムがスクエアで"いかつい"から、ボトムをしなやかな揺れるものにするとバランスが取れて、フェミニン派にも着やすくなるようです。ここではとろみ素材のナローフレアを投入。丸っこくなりがちな大人の体型が、肩パッドのおかげで重心アップ、全身がしゃっきり補整される感じがいい」。ネックレス¥51,700/マリハTOPS_N.O.R.C SHIRT_Demi-Luxe BEAMS SKIRT_DES PRÉS BAG_Anita Bilardi SHOES_PIPPICHIC SUNGLASSES_BLANC EARRINGS_NAGLE AND SISTERS BANGLE_TIFFANY & CO. BRACELET_MALCOLM BETTS肩パッドのトレンド感でシンプルな装いも着映える 「たっぷり広がるティアードスカートに、カットソーはあえてすそアウトでリラクシーに。肩パッドのモード感があるからルーズに見えません。ワンツーコーデで着こなしが決まるのって、暑い夏には一番うれしいですよね。ちなみにこのカットソー、脇が開きすぎていないので、インにキャミを仕込む必要なし。ブラの上に直接着られるのも涼しくて助かります」。 バングル(右手)¥52,800・ブレスレット(左手)¥49,500/アパルトモン 青山店(ガブリエラ アルティガス)TOPS_N.O.R.C SKIRT_ebure BAG_MAISON N.H PARIS SHOES_SACRA EARRINGS_TIFFANY & CO. RING(MIDDLE FINGER)_ MALCOLM BETTS RING(INDEX FINGER)_MARIHAMy Favorite! 2色買いしたお気に入り!【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 取材・文/三尋木奈保
関連キーワード

RECOMMEND