【40代におすすめの夏バッグ】コーデにメリハリを出す2021夏のトレンドバッグとは?|アラフォーファッション

Marisol ONLINE



①「小さなカゴバッグ」はアクセ感覚で取り入れる!


■小さなカゴ
遊び心のあるデザインも豊富。小さめサイズなら大人も照れることなく持ちやすい。

レザーや金具をきかせた大人のためのカゴバッグ

異素材使いのデザインが人気のブラ ンドの新作。カジュアルすぎず、シーンレスに使える

バッグ(19×20× 8 )¥132,000/エバゴス ジャケット¥41,800/ドローイングナンバーズ 新宿店 ワンピース¥61,600(ガブリエラ コール ガーメンツ)・パンツ¥48,400(リ ダーン)/プラージュ 代官山店 ピアス¥19,800/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) バングル¥12,100/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタル) 靴¥41,800/ジャック・オブ・オール・トレーズ  プレスルーム(ミスタ)

エキゾチックな柄がキュート。バッグ(18×16×10)¥22,000/メイデン・カンパニー(マグダメイド)

コーデが華やぐミントグリーン。バッグ(28×22×8.5)¥17,380/アパルトモン 青山店(パロローサ) サングラス¥37,400/モスコット トウキョウ 

一見ベーシックだけど印象的なサイコロ型。バッグ(14×16×14)¥11,000/モットハウス・トーキョー(アンカン)

ワンピース¥46,200/ウエスト(ブルーバードブルバード) スカーフ¥11,000/フレームワーク  自由が丘店(ピエール ルイ マシア) ピアス¥7,700/フラッパーズ(メラキ) 

間口の鮮やかなファブリックがアクセント役。バッグ(20×16×16)¥12,980(ルボヤージュエンパニエ)/セム インターナショナル

黒いレザー使いで夏カジュアルが格上げされるモードなたたずまいに。バッグ(右・16×26×10)¥16,500・(左・15×15× 9 )¥9,900(バグマティ)/セム インターナショナル

サッチェルバッグのような形が素敵。バッグ(19×22× 8 )¥9,900/ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム(ジャーディン デル シエロ)

斜めがけタイプも今年らしい。マチがあるので収納力も抜群。バッグ(21×15×15)¥19,800/ビームス ハウス 丸の内(ヴィオラドーロ) 

ストール¥11,000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ポム アムステルダム)

着こなしのおしゃれ感を高めるつぼ型。バッグ(19×14×14)¥31,900/シティショップ(バレン) 

カットソー¥17,600/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 デニム¥31,900/サザビーリーグ(マザー) ハット¥33,000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) ピアス¥75,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 石つきリング¥29,700・シルバーリング¥17,600/UTS PR(ルフェール) 靴¥49,500/ビームス ハウス 丸の内(ブレンタ)

【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/森脇裕介 へア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/佐田真由美 撮影協力/AWABEES



②「大きなかごバッグ」はとことんビッグサイズが新鮮!


■大きなカゴ

コーデにメリハリがきくアラウンドA3サイズ

端正だけど退屈じゃないビッグトートを主役に

ミニマルなトートが、ビッグサイズ になるだけで新鮮な印象に。

バッグ(38×45×16)¥41,800/フレームワーク 自由が丘店(リエンピーレ) カットソー¥14,300/インターリブ(サクラ) パンツ¥31,900(ル ディセット セプトンブル)・ネックレス¥41,800(クレッシオーニ)/エスケーパーズオンライン ジャケット¥42,350/シティショップ(タナカ) バングル¥64,900・リング¥13,200/アダワットトゥアレグ 靴¥48,400/フラッパーズ(ネブローニ)

幅広いコーデに似合うシックな黒×ベージュ。バッグ(41×50×35)¥45,100/グラストンベ リーショールーム(ノロ) 

透かし編みなのでビッグサイズでも軽やかな印象に。バッグ(37×62×34)¥17,600/スローブ イエナ 自由が丘店(メイド イン マダ) 

シャツ¥16,500/メゾン イエナ スカート¥19,800/パサンド バイ ヌキテパ(サラ マリカ) ストール¥27,500/アイネックス(アソース メレ) ネックレス¥70,400(ソフィー ブハイ)・ボールチェーンネックレス¥24,200(ハルポ)・バングル¥60,500(タプレイ)/エスケーパーズオンライン リング¥52,800/ショールーム セッション(マリハ)
ありそうでなかったオレンジが新鮮。バッグ(45×50×11)¥20,900/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(ル ヴォヤージュ エンパニエ) 柄ストール¥25,300/アマン(アルテア)
横幅の広いトートはインテリアにも応用したい。バッグ(26×50×29)¥8,910/シップス 有楽町店(オンブルクレール)

飽きのこないベーシックな形。バッグ(37×55× 3 )¥14,300/ケッシュ ル エッセンシャル

夏の着こなしに似合うキッチュな柄。バッグ(34×43×14)¥14,300/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティーボ) ジャケット¥10,780/セム インターナショナル(ロスコ)

コーデを格上げする上質なレザーで差をつけて。モードな黒はきれいめコーデにもよく似合う。バッグ(38.5×65×36)¥104,500/アルファ PR(アエタ) 

カットソー¥17,600/インターリブ(サクラ) パンツ¥13,500/ノーク(ノーク) サングラス¥39,600/アイヴァン  PR バングル¥74,800/ロン インク 靴¥46,200/プラージュ 代官山店(ブレンタ)
さわやかなブルーは、自立性があり使いやすさも◎。
バッグ(30×35×18)¥17,830/アパルトモン 青山店(パロローサ) 

ハット¥13,750/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ラック オブ カラー) 
【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/森脇裕介 へア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/佐田真由美 撮影協力/AWABEES



③アラフォーファッションのプロが「買ってよかった!」最旬バッグ|おしゃれプロ

スタイルの違うおしゃれプロが今季買ってよかったアイテムのなかから、アラフォー女性におすすめのバッグをピックアップ!

  

スタイリスト松村純子さん

VIOLAd'ORO
かごバッグ

「モダンなデザインのカゴバッグは、コーディネートのポイントにも」。バッグ¥31,900/ピーチ(ヴィオラドーロ)

 

エディター 野崎久実子さん

Hender Scheme
レザートートバッグ

「カシメだけでとめたデザインがモダンでスタイリッシュ」。バッグ¥18,700/スキマ 合羽橋(エンダースキーマ) 

Suryo
ビジューつきバッグ

「歳を重ねるほどに遊び心のあるアイテムにチャレンジしたい。収益金がジャワ島のフラフトコミュニティの支援になる背景にも惹かれて」。バッグ¥18,700/モットハウス・トーキョー(Suryo) 


■スタイリスト池田メグミさん

COCUCA
ショッピングバッグ

「ラフに持てる布トートも存在感も大。見た目のハッピー感にも惹かれて」。バッグ¥6,380/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ)

【Marisol6月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子



④40代のシンプル服がこなれて見える「レザーメッシュバッグ」|美女組まとめ


美女組No.184 アンジェさんブログより
■Mila Owenのレザーメッシュショルダーバッグ

先行予約で完売だったミラオーウェンのショルダーバッグ!手に入れました! サイズ感が最高に可愛くて、秋までヘビロテ確実です!
Mila Owen / ミラ オーウェン
ワイドメッシュミニバッグ
久しぶりにやはりヒット!

黒と迷ったけど、やっぱりアイボリーが可愛い♡ 予約で完売してた訳ですね。

2wayで使えます!
巾着もついてるので、入れたものの落下も防げる安心対応。
↑ハンドバッグにも
↑ショルダーとして
iPhoneと小さめお財布と鍵と‥、ポケムヒと。笑
色々入るのですが、型崩れもしないので、本当に大助かり。

写真は斜め掛けですが、手に持っても、片方の肩にかけてもOK。

ちょっとのお出かけにも、近所の買い物にも使える万能バッグ! アンダー1万円という価格もありがたい! 今年、大活躍間違いなしです!


美女組No.200 Yumiさんブログより
■ CLOYDYのフェイクレザーメッシュバッグ

暑い日はさらりとしたシンプルコーデになりがちですが、そんな時に、持つと上品かつお洒落なアクセントをプラスしてくれるバッグを紹介します♪

それがこちら。「CLOUDY」というブランドのものです。
私が選んだのはどんな場面にも合わせやすい、黒のフェイクレザーのメッシュバッグ。

レザー見えできちんと感はありながらも、大きなメッシュで夏らしく。
そして網目から見える、バッグの大胆な柄はCLOUDYならではのアフリカの伝統柄がとっても可愛い。
■Tube Fake Leather Big Mesh Bag BLACK  ¥14,080
■Drawstring Bag Small           ¥3,850
バッグの内側にも、鮮やかで、見るだけで元気が出るようなアフリカンファブリックが光ります。
中に入れるDrawstring Bag (巾着)との組み合わせで、楽しみ方は何通りでも。

バッグは黒の他にも、白、ライトグレー、黄色、グリーン、ピンクがありました。
黄色もアクセントカラーになって、とっても素敵でした♡



⑤カジュアルコーデのアクセントになるかごバッグ|美女組まとめ


美女組No.156 Mayuさんブログより
■休日に持ちたい、ナチュラルな風合いの大きめかごバッグ

今季、買い足したかごバッグのご紹介です。 
KECH LeS ESSENTIELS
リーゾナブルで、天然素材で作られたナチュラルな風合いが夏のリラックススタイルにピッタリなものです。

今季は、夏のブラウンに再熱がきており、ベーシックカラーにブラウンを足すのがお気に入りです。また、持ち手が細いレザーな点もポイントになり、ブラウン合わせの時に意識するとポイント合わせになり、なかなか良いです。
何年も着ているZARAの透け感あるシャツワンピースをメインにBrown×Beigeで纏めた日は、家族と一緒にランチにお出かけしました。
軽い素材でありながらナチュラルな風合いが大人の休日にピッタリで、スタイルを選ばなそうなところで、今季、沢山、使いたいなと思っております。

いろいろなブランドでお取り扱いあるKECH LeS ESSENTIELS。
購入したブランドさんのWebでは見つけられませんでしたが、ベイクルーズストアでもお取り扱いありそうなので、良かったら覗いてみてくださいね。

サイズもいろいろで手に取りやすい価格帯であるため、インテリアとしても絵になりそうです。いつか...充分に楽しんだ先には、お家の中でも楽しみたいなと思います。


美女組No.146 rinさんブログより
■夏気分が高まる! カラフルなミニかごバッグ

CLOUDYの、欲しかったかごバッグが再入荷し私も買いました!
この両サイドのカラフルなフリンジがたまりません、、!
インナーのバッグも色々と種類があるので、どれにするか考えるだけでも楽しいですね♫
まだまだ、まだまだ色々ありそうな今年の夏ですが、お買い物に行く時はこのバッグを持って、元気に過ごしたいと思います♫


▼あわせて読みたい記事

夏のカジュアルスタイルに合う軽やかさと、ラグジュアリーブランドならではの品格をも備えた名品バッグ。シーズンレスに持ち続けたい愛すべき定番のバッグとともに、アラフォーの魅力を底上げしてくれるバッグを一挙にご紹介します。
チアフルなビタミンカラーの力を借りて、毎日をポジティブにリフレッシュしよう。今季、大人だからこそ似合う、オレンジ&イエローの着こなしアイデアをご紹介。
関連記事
  • マリソルで活躍するスタイリストやエディター、人気ブランドのPR担当者などおしゃれな業界人が愛用しているスマホケースを調査しました。おしゃれのこだわりがギュッと詰まったスマホケースは、すぐにでも真似したいものばかり!【目次】 ①キャッシュレス化の波にのり人気急上昇中「ポーチタイプ」 ②アートな「マーブルペイント」&機能性の高い「ショルダータイプ」 ③トレンド&個性を出せるクリアケースの「ステッカーアレンジ」①キャッシュレス化の波にのり人気急上昇中「ポーチタイプ」  POUCH TYPE【ポーチタイプ】ここにきて急増中のポーチタイプ。クレジットカードも一緒に入れておけば、ちょっとした外出も。キャッシュレス化にひと役。01「マルジェラのケースは、シンプルさに惹かれて。ショルダー部分はレザーではないので、汗をかく夏場も気軽に持ちやすい」(水口さん)02「ジェーンスミスのケースはミニマルデザインで、男女問わずこんなの欲しかったと好評」(和井田さん)03「A VACATIONのPOCKETをケースに。ICカードなどを一緒に入れておけば、撮影の時なども手ぶらで楽ちん。ショルダーの長さ調整でバランスに変化を」(坪田さん)04「NYブランドのカミングオブ エイジのスマホバッグはスティーブン アランで。ギンガム柄にひと目惚れ」(高橋さん)05「ネットで購入したキース・へリングのカード一体型のケースをアパルトモンオリジナルのスマホバッグに入れて。ENDPIN SCULL KEY CHAINSのキーホルダーをアクセントに」(老川さん)06「エジューのケースはポケットにリップなどの小物も入るので便利」(青山さん)②アートな「マーブルペイント」&機能性の高い「ショルダータイプ」MARBLE【マーブル】おしゃれな人からジワジワと火がついた、ペインティングアーティスト海前兄弟のケース。唯一無二の柄との出会いも魅力。07「ブランドが表に出すぎてないデザイン、ペインティングの感性も好き。インスタグラムの サイトから購入」(手塚さん)  08「プラージュのポップアップで発見。ひとつひとつ違うデザインにも惹かれて」(門馬さん)SHOULDER TYPE【ショルダータイプ】ケース自体に直接ショルダーがつき、斜めがけできるタイプも人気。両手があくし、スマホを見失って探す手間もなくなって一石二鳥。09「Le pom pomのサードマガジン別注のケースは、カラフルなコードがコーデのアクセントにも。よくどこの? と聞かれます」(中山さん) 10「ヨセミテのケースは食い込みにくい極太ストラップで取りはずしも簡単。カーキの色みもお気に入り」(池田さん)11「アマゾンで買ったKNOKのケースはとにかくシンプルイズベスト。ストラップの長さを調整自在なのも便利」(福田さん)③トレンド&個性を出せるクリアケースの「ステッカーアレンジ」STICKER ARRANGE【ステッカーアレンジ】クリアなケースをキャンバスに好きなステッカーを。個性が光るオリジナルデザインもおしゃれ。12「仕事柄いろいろなステッカーをもらう機会が多いので、それを無造作に重ねて。両手をあけたい時はmilleのメガネバッグに」(森次さん)13「話題のおぱんつ君ステッカーは会話のフックにも。ケースはネットで」(河野さん)14「気分で定期的にステッカーを更新。これはAWW Magazine」(刈部さん)【Marisol7月号2021年】撮影/草間智博(TENT)  取材・文/塚田有紀子▼あわせて読みたい記事
  • すっきり細身の黒パンツはオーバーサイズニットと合わせるのが最高のバランス!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます秋分の日である明日は、家で姪っこたちを招いておはぎでも作ろうかと。秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じになるのよ、と姪っこたちに覚えてもらえやすいように、お昼のイメージ代表色イエローと、夜のイメージ代表色の黒の割合をフィフティー:フィフティーにコーディネートしてみる。インした白シャツが長めなのは、ちょっとだけお昼のほうが長いということも記憶に刷り込ませるため。とかなんとかウンチク言いながらも、本当はこの細身テーパードの黒パンツが後ろゴムではき心地も楽ちんだから、単純に履きたいだけだったりもする。パンツ¥12,100/ノーク ニット¥17,600/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ] シャツ¥42,900(ブーリエンヌ)・トートバッグ¥6,600(オープン エディションズ)/エスケーパーズオンライン ロングネックレス¥93,500・コインネックレス¥24,200/マリハ ショルダーバッグ¥33,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)N.O.R.C (ノーク)商品一覧【SHOP Marisol】▶ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)商品一覧【SHOP Marisol】▶MARIHA (マリハ)商品一覧【SHOP Marisol】▶Scye (サイ)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「黒パンツ」の関連記事もチェック
  • ミニポシェット+おしゃれサブバッグの2個持ちが今の主流。ミニポシェットは休日も大活躍するデザイン、サブバッグはオール1万円以下&A4が入るサイズに厳選してお届け。 ミニポシェット+おしゃれサブバッグ ミニポシェット:YAHKI【ヤーキ】 サブバッグ:Traditional Weatherwear【トラディショナル ウェザーウェア】 2個持ち前提のミニポシェットとサブバッグ。キーカラーをグリーンでそろえてまとまりよくスマホに財布、鍵、リップ……。ミニポシェットに最低限必要なものをコンパクトにまとめたら、書類などの仕事道具は洒落感あるサブバッグへ。新しい平日スタイルの完成! ミニポシェット(22.5×25×9)¥20900/ショールーム セッション(ヤーキ) サブバッグ(40×38)¥3520/トラディショナル ウェザーウェア 青山店(トラディショナル ウェザーウェア) トップス¥14960/シップス プライマリー ネイビー レーベル ワンピース¥39600/インターリブ(サクラ) イヤリング¥39600・リング¥46200/ココシュニック 時計¥44000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) 靴(1)¥52800/アマン(ペリーコ) ひとくせデザインを楽しむ【ミニポシェット】 TOMORROWLAND【トゥモローランド】 モダンなブラック×ブラウンのバイカラー。(19×15×6.5)¥18000/トゥモローランド CHRISTIAN VILLA per allureville【クリスチャンヴィラ・ ペル・アルアバイル】 肉厚のころんとしたフォルムがキュート。(23×30×10)¥22000/アルアバイル(クリスチャンヴィラ・ペル・アルアバイル) BEAUTY&YOUTH【ビューティ&ユース】 旬のライムグリーン。ツイストショルダーは肩かけ可能。(15×19×6)¥9900/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ANTEPRIMA/WIREBAG【アンテプリマ/ワイヤーバッグ】 職人が手編みで仕上げたアイコニックバッグの新作は巾着つきのバケット型。(21×29×16)¥93500/アンテプリマジャパン(アンテプリマ/ワイヤーバッグ) RODE SKO【ロデスコ】 しっかりとマチがあり見た目以上の収納力。(20×21×12.5)¥6600/アーバンリサーチ ストア ルクア大阪店(ロデスコ) HIEMS COR【イエムスコール】 新進気鋭の韓国ブランド。左右非対称のフォルムがユニーク。(16×22×10)¥35200/トゥモローランド(イエムスコール) TOFF&LOADSTONE【トフ&ロードストーン】 ランタンのようなシュッとした形の巾着タイプ。(22×14×14)¥29700/ティーアンドエル(トフ&ロードストーン) Paul Smith【ポール・スミス】 一見、端正なネイビーのショルダーバッグも、ストラップ裏側にポール・スミスらしい遊び心が。(14×21×7.5)¥39600/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) kate spade new york【ケイト・スペード ニューヨーク】 頑張る元気をくれる快活なピンク。(18×23×9)¥46200/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク) VASIC【ヴァジック】 イエローもかっちりシェイプで大人顔。(14×22×8)¥44000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) おしゃれサブバッグも新作が続々登場 The Tastemakers & Co.【ザ テイストメイカーズ アンド コー】 人気ライフスタイルショップのオリジナル。マルチストライプがどこかレトロ。(32×26×15)¥3850/ザ テイストメイカーズ アンド コー 20/80【トゥエンティー エイティー】 前面の斜めの合わせ部分はポケットになっており、右側からものを入れられる。(34×39×11)¥9350/UTS PR(トゥエンティー エイティー) HAY【ヘイ】 デンマークのインテリアプロダクトブランドからロゴがキャッチーなトートの新色が登場。(44.5×42)¥1320/ヘイトウキョウ(ヘイ) beautiful people【ビューティフルピープル】 中央には白糸でさりげなく刺しゅうされたブランドロゴが。(38×36×12.5)¥9350/ビューティフルピープル 青山店(ビューティフルピープル) 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、黒沼 諭〈aosora〉(人) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/新川優愛 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位はcmです ※BAILA2021年10月号掲載
  • 新しい靴を買って、寝かせるなんてもったいない!マリソルでは今シーズン注目のデザインの中からアラフォーのファッションに似合うだけじゃなく、軽やかな夏のコーディネートにも厚着になる秋のコーディネートにも合わせやすい、"長く使えるもの"にこだわってピックアップ 02:ボリュームのあるローファー トラッドな中に遊び心も感じさせる、新顔ローファー。きれいめだけじゃなくカジュアルな服にも似合いやすくなって、"考えないで履ける靴"として1足は持っておきたい。SUMMER ▼さわやかさと知的さと。理想的な夏の通勤ルック白とピンクのクリーンなコーディネートを黒い小物をピリリときかせて上品に。厚底のローファーは衝撃吸収力があり疲れにくいのもうれしい。靴( 3 )¥26,400/フレームワーク 自由が丘店(コルソローマ9 ) シャツ¥11,999/ノーク スカート¥36,300/ブルーバード ブルバード バッグ¥37,400/ショールーム セッション(ミカ デラ ヴァッレ) イヤリング¥11,000/シップス 有楽町店(ドミニクドゥネーブ) ブレスレット¥24,200/メゾン イエナ(グリン)AUTUMN▼そろそろトラッドに履かないローファーにも挑戦スウェット×ローファー、一歩先のカジュアルスタイル。靴/同じ シャツ¥16,500/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(ジャーナル スタンダード ラックス) パーカ¥24,200・パンツ¥28,600/シップス 渋谷店(ジェーシーエム) バッグ¥62,700/アマン(エレメ) イヤカフ¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(フィリップ オーディベール) ネックレス¥25,300/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) リング¥16,500/アルティーダ ウード☆Other items❶ベーシックカラーの合わせやすさと、おしゃれなインパクト。どちらも楽しめるクリーンな白。( 3 )¥24,970/シップス プライマリーネイビーレーベル(パスクッチ)❷使い込むほどに味の出るレザー。長く愛用したい名品。¥21,780/セム インターナショナル(アルテサノス)  ❸パンツ派にイチオシしたいネイビーのスエード。きれいめのスラックスからデニムまで幅広いアイテムに似合うので活躍必至。( 3 )¥24,200/プラージュ 代官山店(コルソ ローマノーヴェ) ❹メンズライクなムードを演出するワイドなシルエット。幅広さんでも安心。(4.5)¥25,300/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(マノヴィエ トスカーナ) ❺モダンなボリュームソールとトラッドなビット使いがマッチした旬な1 足。( 4 )¥37,400/アマン(ペリーコ サニー)※( )内の数値はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)【Marisol9月号2021年】撮影/ 魚地武大(TENT/物) 鈴木 新(go relax E more)  ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/石上美津江 モデル/竹下玲奈
  • リモート会議でも映える、顔まわりを華やかにしてくれるシャツ&ブラウスをご紹介。着るだけで気分が上がる、大きめの襟や甘いフリルディテール。デニムやパンツとあわせてさらりと着こなしたい。(右)柔らかく落ち感のある襟が優しげな雰囲気。少し透ける素材で残暑でも軽やかに着こなせる。ブラウス¥18,150/オンワード樫山(23区) (中)フリルつきの大きめの襟とデニム素材が印象的なブラウス。身頃や丈をゆったりとっているので甘すぎず、大人なムードに決まる。ブラウス¥29,700/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) (左)シンプルなシャツの胸もとと袖にフリルで甘いディテールをプラス。ブラウス¥73,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ)クラシック&レトロなムードの人気とともにボウタイブラウスの人気も復活。コンサバ過ぎないデザインを選んで。(右)上品なツヤと落ち感で、フォーマルなシーンでも大活躍しそう。濃すぎないグレーの色みも今っぽい。ブラウス¥24,200/インターリブ(サクラ) (中)肌をきれいに見せてくれる上品なベージュにブルーのストライプがさわやかかつエレガント。インナーキャミソールつき。ブラウス¥53,900/エブールギンザシックス(ebure)(左)パッと目をひく美しいブルー。ツヤはあるけど光りすぎない、コットン×シルクの生地が絶妙なこなれ感を演出。肩のギャザー使いも可愛い。ブラウス¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)上品な華やかさをプラスしてくれるピンタックシャツ。きりりとした中にも女らしさが香る。(右)後ろボタン&背中にリボンつきで、前から見ても後ろから見ても可愛い一枚。ブラウス¥57,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)(中)ウール素材で着心地がよく、秋から冬まで長く使える。身頃に対して袖が細めで、着るとすっきりシルエットに。ブラウス¥35,200/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) (左)高密度コットンを使用したつややかな素材が、着るだけで端正かつ知的なムードを演出。ブラウス¥42,900/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 【Marisol2021年10月号掲載】 ◆おしゃれプロがこの秋にひと目惚れしたバッグはこちら →存在感のあるバッグに、おしゃれプロがひと目惚れ!
  • 可愛らしいのに大人っぽい、カジュアルなのにちゃんと上品。そんな絶妙なさじ加減が魅力の“ガミちゃんコーデ”に近づける特別企画! 第7弾となるコラボ服を石上さんのコーデルールとともに紹介します。 ほっこりしすぎず、ちゃんとよそ行きになるラタン×黒レザーのかごバッグ。この3アイテムは着こなしの華やぎアップと、甘さのバランスの最終調整に欠かせない、いわば秋冬コーデの三種の神器! いちばん“自分らしさ”が出せるものでもあるので、かれこれ10年以上前から私の定番になっています。by 石上美津江さん マットな黒レザーに、かっちりとしたラタンかご。一点投入するだけで上品な可愛さを醸し出す The Bagmati バグマティ きんちゃくかごバッグ ¥13200 「バグマティ」は素材の加工から編み、製品に仕上げるまでを、職人のハンドメイドにこだわったバッグブランド。こちらはきんちゃく仕様のボディにソフトな一枚革、丸底にラタンを配したショルダーバッグで、普段かごバッグを持たない人も気楽に挑戦しやすいデザインです。その見た目とは裏腹に持ち心地は軽く、収納力も期待以上! 細身のストラップは全長72㎝と、斜めがけもできる長さです。サイズは縦22.5×横16×マチ16㎝。 パーカ¥15400(12closet)・ストール¥10780(ツイードミル)・靴¥29700(ベレット)/LEEマルシェ ニット¥26400/スローン ピアス¥17600/アダワットトゥアレグ バングル¥67100/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) その他/スタイリスト私物 きんちゃくかごバッグ   The Bagmati バグマティ ラウンドかごバッグ ¥13200 コロンと可愛らしいラウンドフォルムのラタンかごを、黒レザーのシンプルなハンドルでほんのり大人に引き寄せて。ベーシックコーデに小粋なボリュームとメリハリをくれるサイズ感です。内側に配した布帛のライナーには、細かい荷物の収納に便利なファスナーポケットを1つ配置。さらに開口部をキュッと結ぶことができるので、中身が見えたりこぼれる心配は無用。サイズは縦15×横19×マチ15㎝、ハンドルの長さは12㎝です。 スカート¥15400(12closet)・ストール¥10780(ツイードミル)・靴¥19580(モヒ)/LEEマルシェ ピアス¥12100・バングル¥24200/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) その他/スタイリスト私物 ラウンドかごバッグ   The Bagmati バグマティ フラップラタンかごバッグ ¥23100 セミマットな黒レザーをピリリときかせたハンドバッグは、“きちんとした可愛げ”が演出できると石上さんもお気に入りのモデル。マグネット留めのフラップを開けると内側にはファスナーポケットとオープンポケットが1つずつ。マチ幅や底もレザーなので、想像以上にしなやかに広がります。アジャスターで好きな長さに調節できるロングショルダーストラップ付きです。サイズは縦21.5×横21.5×マチ10㎝、ハンドルの長さは9㎝。 ワンピース¥21450/LEEマルシェ(12closet) イヤリング¥16500/ロードス(リプサリス) 靴¥50600/グラストンベリーショールーム(サンダース) その他/スタイリスト私物 フラップラタンかごバッグ スタイリスト いしがみ・みつえさん PROFILE いしがみ・みつえ●兵庫県出身。“ガミちゃん”の愛称で親しまれ、『LEE』『MORE』などで活躍する大人気スタイリスト。トレンドを可愛げのある大人カジュアルへ落とし込むテクは神業! 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/菊地 哲(人物) 草間大輔(静物) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/今井りか 取材・原文/鈴木絵美 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年9/7発売LEE10月号現在)です。
  • 365日手放せないアイテムだからこそ、皆こだわってる!なにかと注目が集まるバッグの中身で、実はお財布よりも人目に触れる機会が多いのがスマートフォン。おしゃれな人のケース事情をリサーチしたら、センスと機能性が両立したさすがのラインナップにPOP DESIGN【ポップデザイン】パッと目につくデザイン重視派も。カバンの中やスタジオなど暗い場所でも見つけやすいのが選びの理由に。15.「以前のシンプルな黒は、すぐに見失うのでキラキラに。これはロフトで発見」(山﨑さん) 16.「白が目立つのもあり、歴代のケースはすべてスヌーピー。大好きなスヌーピーにいつも癒されています。今回はアマゾンで」(亀甲さん)INITIAL【イニシャル】刻印サービスを活用して、イニシャルを入れる人も。撮影など大勢が集まるシーンでも間違えにくく、探す時間が激減。17.「つかぽんというニックネームにちなみ、MAISON de SABREのグレーレザーにPONと刻印」(塚田さん) 18.「息子たちと私の頭文字を入れたケースはCASETiFY。ミラー仕様で、食後の口もとや身だしなみチェックも簡単」(発田さん)【Marisol7月号2021年】撮影/草間智博(TENT)  取材・文/塚田有紀子
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロ3人のワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証スタイリスト松村純子さん カジュアルもきれいめも、どこか女らしさが薫るスタイリングに定評あり。お買い物慎重派のフリをしつつ、40代に向けて"一生モノ"という名目のもと大物買いをしているとのウワサエディター塚田有紀子さんベーシックカジュアルをこよなく愛する、ガッツ系敏腕エディター。自他ともに認めるお買い物熟考派。Tシャツの微差やディテールにこだわるといった、メンズ的な視点も持ち合わせるエディター発田美穂さん お買い物好きを公言する、全方位全力エディター。ワードローブはちょい甘フェミニンとマニッシュカジュアルの2 軸構成。好きなテイストがはっきりしているので、似た服を集めがちプチプラで重要なのは出会い。値段で判断せず好きなものを 発田 “おせっかいコンビ”のお松さん(松村)と発田に加え、今回は堅実ベーシック派代表のつかぽん(塚田)もお迎えして「コスパ」について考えてみます。 塚田 「コスパ」と聞いて、やっぱりまず初めに思い浮かぶのは「プチプラアイテム」ですよねー。松村 ZARAやCOSなどは定期的にパトロールしてチェックします。 発田 私も! 打ち合わせが早く終わった時とか、スキあらば駆け込んでる。 塚田 若い時と大きく違うのが、「何か服が欲しいけど、予算がないからプチプラブランドで探す」という買い方ではないということ。 松村 確かに。いいものとの出会いがあれば即決しますけど、結局何も買わない日もよくあります。発田 私も宝探しみたいな気持ちでパトロールしてる。明らかにいいものはあっという間に売り切れるから、買う決断を急がないとだけど! 塚田 私はやっぱりベーシックアイテムが好きなので、ユニクロの+Jとかを買うことが多いです。実はCOSとか、決して安い! とは言いきれないプライスのものもあるけれど……。発田 そういった“ミドルプライス”のものって、プチプラよりも素材やつくりがしっかりしているものも多いから上手に使いたいよね。松村 それでも、ほかのブランドよりはお手ごろですしね。塚田 「コスパ」という意味では憧れブランドの夏物、例えばTシャツとかサンダルを狙うことも多いです。高級レストランのディナーは無理だけど、ランチなら行ける、みたいな(笑)。発田 それは賢い買い方だよねー。確実に上質なわけだしね。塚田 40代を迎えて、昔よりもリピート買いをするようになったのも、自分で感じている変化のひとつ。松村 似合うってわかっているものは、どうしても同じようなデザインが増えていっちゃいますよねー。発田 私の場合、バンドカラーワンピースなんですけど……。塚田・松村 よく着てる〜〜!! 発田 誰も言ってくれないから自分で言いますけど、似合うの、私(笑)。松村 発田さん、お似合いですよ。ずっと好きで登場回数も多ければそれが結果としての「コスパ」 発田 棒読み、ありがとう♡ やっぱり自信をもって着られるから、結局ヘビロテするわけ。タンスの肥やしみたいになってしまっているワードローブもたくさんある中で、こんなに着る回数が多いって、これこそ「コスパ」なんじゃないかってことに気づいたんだよね。 塚田 わかる! 私はベーシック大好きなので、人から見たらほぼ同じに見える白Tがいっぱい(笑)。でも私的にはちょっとの違いが重要で、どれもヘビロテしています! 松村 私はざっくり編まれたサマーニットが大好きで。 塚田・発田 確かによく着てる! 松村 サマーニットって、まったく着ないっていう人もいると思うんです。着る時期も短いし。でも私は、自分らしいスタイルになれるので毎年愛用しています。 発田 思いっきり個性が出るけれど、確かにそれぞれの「マイ・偏愛アイテム」ってあるのかもね!松村 あとはやっぱり、長く大切に使えるものは「コスパ」ですよね。塚田 頑張って高いものを買う時には、おばあちゃんになっても愛用できるか考 えるようにしています。実際にちゃんと使い続ければ、相当な「コスパ」!発田 買い物の言いわけにもよく使うけど(笑)。でも確かにバッグとかジュエリーは、「一生もの」という視点も大切。松村 これから目ざす女性像を託せるアイテムであれば、多少高くても手に入れたいな、って思います。塚田 それから、ずっと好きであろうマイスタイルに必要な脇役にも投資したいですね。私はカジュアルを格上げしてくれるピアスを手に入れました!発田 こう考えてみると「大人のコスパ」の、「コス(ト)」と「パ(フォーマンス)」のバランスはひとつじゃない、ってことだよね。松村 ある程度、登場回数が多いことは大前提ですけど、プライスはいろいろなパターンがあっていいんですよね。塚田 「コスパ」にもそれぞれ個性が出ておもしろいですねー。話してたらショッピングに行きたくなっちゃいました!発田 いつでも付き合うからね〜(笑)。夏冬合わせると、10枚以上のバンドカラーワンピースを所有しているという発田さん。「コットンの白のものだけでも、数えてみたら5 枚持っていました(笑)。人から見たらどこが違うの? って感じかもしれませんが、好きだからこそ微差が大事。どれもこれも、それぞれのディテールへの愛があるのです」松村さんが4年以上愛用しているという、ZARAのドットスカート。「甘さがありながら、タイトシルエットやシャーリング使いなどのエッジがきいていて、実はありそうでないデザイン。毎シーズン必ず何回か登場するし、これからも着続けると思います」 ずっとシャネルのバッグに憧れていて、3年前にようやく手に入れたという松村さん。「カジュアルに合わせることで自分らしく持てると思い、ヴィンテージのような素材感のものをあえて選びました」 発田さんが11年前に買ったハリー・ウィンストンのピアス。「一生使えるダイヤモンドのスタッズピアスを、と購入。トレンドに応じて登場頻度は変わりますが、ずっと愛用しています。今はイヤカフとの組み合わせがお気に入り」結論! 大人にとっての“コスパ”とは--あくまでも買う理由は「安いから」ではなく「素敵だから」。コスパを目的に、コスパ服を探しに行かないのが成功の秘けつ。トレンドを超えて、ずっと大好きなもの。コレクター的に買ってしまうもの。似合う自信があるから登場回数も増え、結果コスパにも通じる。昔も今も絶対的に好きな「自分らしい」もの、あるいはこれから目ざす女性像を託せるもの。長く愛用することで、特別な個性に変えていきたい。【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND