定番の黒パンツを極める!今っぽく、おしゃれで、美脚見えする黒パンツコーデまとめ|40代ファッション

Marisol ONLINE



①黒パンツのきれいめコーデ6選

 

■COL PIERROT FOR ESTNATION[コルピエロ フォー エストネーション]

今を感じさせるシルエットときれい見えが両立!

ヒップから太ももにかけては適度なゆとりがあり、全体的に細すぎない今どきのシルエットでありながら、通勤にも対応できるきれいめ仕立て。しっかり立ち上がるタックがおなかまわりをカバーしてくれる。

パンツ¥35,200(コルピエロ フォー エストネーション)・ニット¥22,000(エストネーション)・靴¥68,200(ジェイ ダブリュー アンダーソン)/エストネーション ジャケット¥49,500/インターリブ(サクラ) スカーフ¥17,600/マニプリ(マニプリ) バッグ¥63,800/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 

■uncrave[アンクレイヴ]

きれいめテーパード×ドロストの最旬バランス

すそにかけてのテーパードシルエットが美しく、誰でもシュッとしたシルエットに。センタープレスがまっすぐな縦のラインをさらに強調。ウォッシャブル素材というのもうれしいポイント。

パンツ¥14,300/アンクレイヴ ブルゾン¥35,200/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) リブニット¥33,000/スローン バッグ¥29,700/ピーチ(ヴィオラドーロ) サンダル¥57,200/アマン(ペリーコ) ピアス¥19,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アイヴィー) コインネックレス¥25,300/マリハ


HYKE[ハイク]
腰まわりはゆとりがありつつほっそり脚長シルエット

ウエスト下に縦に入った細かいギャザーが、気になるあれこれをカモフラージュ。シャリ感のあるとろみ素材がほどよくカジュアルで、さまざまなスタイルに合わせやすい。

パンツ¥24,200/ボウルズ(ハイク) シャツ¥24,200/エストネーション(エストネーション) バッグ¥50,600/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) サンダル¥52,800/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥25,300/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バングル¥74,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)

 

■DRAWER[ドゥロワー]

ハリのある素材感で筒状のシルエット完成

ベーシックなテーパードパンツのフォルムで、コットン100%ながら微光沢があり、きれいめスタイルにもマッチ。パンツそのものが筒状のシルエットを作ってくれるので、脚のラインを拾わない。

パンツ¥42,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ブラウス¥25,300/TOMORROWLAND(ボールジィ) カゴバッグ¥20,900/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ルボヤージュエンパニエ) パンプス¥57,200/アマン(ペリーコ) ピアス¥26,400・リング¥47,300/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)
【Marisol5月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂


■ESTNATION[エストネーション]

適度なリラックス感のドロストパンツ

シンプルすぎるモノトーンはアラフォーにとってはお地味になりがちなのが難点。でも大丈夫! 甘めの白ブラウス×辛めな黒ドロストパンツという、甘×辛コーデでぐっと洗練させて。
ブラウス¥24,200/インターリブ(サクラ) パンツ¥22,000/エストネーション(エストネーション) 帽子¥31,900/ノーブル 有楽町マルイ店(ジャネッサレオン) ネックレス¥25,300/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥14,300/ザ ライブラリー 表参道店(ザ ライブラリー) ストール¥29,700/カオス丸の内(アソース メレ) 靴¥19,800/haunt代官山(エー・エメリー)
撮影/渡辺修身 スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


■uncrave[アンクレイヴ]

きちんと見えするセンタープレスのドロストパンツ

潔白感のある白シャツと黒パンツでメリハリあるモノトーンコーデ。パンツはストレスフリーなドロストパンツでリラックスさせて。 
パンツ¥13,000/アンクレイヴ シャツ¥36,000/エブールギンザシックス(ebure) 肩がけしたボーダーカットソー¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) バッグ¥201,000/ジミー チュウ ピアス¥16,500/フラッパーズ(メラキ) 靴¥49,000/デミルクス ビームス 新宿(エーティーピー アトリエ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



②黒パンツのカジュアルコーデ6選


■Chaos
[カオス]

ニットパンツのイメージ一新!ラインを拾わずスタイルアップ

戻りのいいストレッチニット素材だから、ヒップを丸く包み込み、脚のラインをさりげなく補整。膝が少しだけ絞られたゆるやかなフレアシルエットで、少し短めのくるぶし丈というのも今年らしい着こなしにフィットする理由。

パンツ¥28,600/カオス表参道(カオス) コート¥108,900/エブールギンザシックス(ebure) 長袖Tシャツ¥14,300/サードマガジン(サードマガジン) スカーフ¥25,300/スピック&スパン ルミネ有楽町店(マニプリ) カゴバッグ¥42,900(アトリエ アンボワーズ)・サンダル¥42,900(アンスクリア)/アマン ピアス¥57,200・ネックレス¥35,200/マリハ


■CINOH[チノ]
適度にハリのある素材とセンターシームがカギ

ストレートシルエットが旬のムード。お手入れいらずのセンターシームが魅力。

パンツ¥39,600/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(チノ) ジャケット¥45,100/ロンハーマン(ロンハーマン) Tシャツ¥6,380/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ジャーナル スタンダード レリューム) バッグ¥29,700/オルサ(オルセット) ミュール¥58,300/フラッパーズ(ネブローニ) ベレー帽¥3,190/センスオブプレイス  バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店(センスオブプレイス) ネックレス¥4,950/シップス 有楽町店(シップス)


Room no.8
[ルーム エイト]

細身のつくりと側章が洗練シルエットを約束

落ち感のある光沢素材でスウェット型、が新鮮。側章で横姿もすらっと見える。

パンツ¥35,200/オットデザイン(ルーム エイト) カーディガン¥31,900/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥9,680/スローン バッグ¥19,800/エスケーパーズオンライン(ノマディス) スニーカー¥27,500/UTS PR(ヨーク) メガネ¥51,700/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) ピアス¥30,800/ビームス ハウス丸の内(アリアナ ブサード ライフォル) ブレスレット¥31,900/プルミエ アロンディスモン(フィリップ オーディベール)


DES PRÉS
[デ・プレ]

股上がしっかり深く簡単に腰高見えを実現

ワイドの中で脚が泳ぐとろみ素材で、さらにほっそり見える。

パンツ¥20,900/デ・プレ(デ・プレ) シャツ¥23,100/ティッカ(ティッカ) タンクトップ¥4,400/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ミジョン パーク) バッグ¥101,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥25,300/アルアバイル(ペリーコサニー) 帽子¥6,600/アパルトモン 青山店(アンクル ポーリーズ) 2 連イヤカフ(上)¥15,400・イヤカフ(下)¥19,800・2 連ネックレス¥19,800・リング¥69,300/マリハ
【Marisol5月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂


■M7DAYS

膝下がほんのり広がるフレアシルエット

ウエストがほどよくフィットしつつすそスリットでほっそり見えする黒パンツ。サイドスリット入りのフレアシルエットで歩く度にフェミニンな香りが。

パンツ(商品コード:384351)¥15,400(エムセブンデイズ)・ネックレス(商品コード:384509)¥14,300(ローラ ロンバルディ)/SHOP Marisol ブラウス¥86,900/三喜商事(マントゥ) バッグ¥38,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥50,600/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


■Chaos[カオス]

ゆるシルエットのワイドパンツでこなれ感を醸成。

タック使いで女らしさもあるオーバーシャツなら着心地はゆったりながらも控えめな印象に。黒のパンツと合わせてマニッシュさもプラス。

シャツ¥39,600・パンツ¥28,600/カオス丸の内(カオス) ストール¥28,600/アパルトモン 青山店(メゾン ド バカンス) バッグ¥17,600/ロンハーマン(パロロサ)  サングラス¥53,900/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) チョーカー¥26,400/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) バングル¥52,800/UTS PR(フォークバイエヌ) サンダル¥58,300/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



③おしゃれプロが選ぶ2021年夏に履きたい黒パンツ

■N.O.R.Cの黒イージーパンツ

伊藤真知・エディター

伊藤真知・エディター

大学卒業後、出版社勤務。その後フリーのエディター&ライターとして女性誌や広告などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155㎝。
夏に黒、しかもパンツで履くという“行為”そのものが暑い(笑)。そしてトップスに締め色を選ぶことが多いので、ボトムでは避けがち。さらには、こんな永遠の定番を「わざわざ今、買わなくても」という天邪鬼な性格。でも、やっぱり黒のパンツって着回しが効くし、細見えするし、透けないし、もう大人だし……本当は着たいのです!
 
と、前置きが長くなりましたが、こういう持っていないものや挑戦アイテムこそ、プチプラの出番。そして多くの場合はワンシーズン限りのトレンドをチョイスしがちですが、ここはあえての“超定番”を。そんなこんなで見つけました! 夏にいい感じの黒パンツ。

N.O.R.C」のモダールイージーパンツ ¥11,999

見ての通りのワイドシルエットですが、薄手でとろみがあって「しなやか」という言葉がぴったりのモダール混素材。冬場のウールパンツのように厚手で、黒くて、太いと、着膨れたり、ミョーな迫力が出たりしますが、そんな心配は一切ナシ。むしろこのストンとした落ち感とゆったりしたシルエットのおかげで、下半身をきゃしゃに見せてくれます。そして涼しい!
▲高級感のあるマットな質感。なのにほんのり艶があって女性らしいので、×Tシャツでもカジュアルすぎません。実はこのトップスも「N.O.R.C」の超名品。
パンツ、Tシャツ/N.O.R.C サングラス/EYEVAN バッグ/sacai 靴/AKTE
ウエストは全周ゴム&ひもつきなので調節がしやすく、お腹で履けるのもいいところ。ヒールはもちろん夏はビーサンなどぺたんこ靴も増えますし、小柄な方でもバランスが取りやすいので、着回しが効きます。

▲上と同じ×Tシャツですが、こちらはLサイズのゆるTにビーサンを合わせたお気楽スタイル。ウエストゴム&ひもが細いおかげでインもきれいに決まります。

パンツ/N.O.R.C  Tシャツ/JIL SANDER 帽子/ELENDEEK イヤカフ/KNOWHOW ブレスレット/ACE by morizane、CHROME HEARTS バッグ/HERMÈS 靴/TKEES
今季は大げさなくらいの甘いブラウスが人気ですが、フリルを合わせても子どもっぽく見えず、コンサバになりすぎないのも「黒」、そしてリラックス感のあるワイドパンツあってこそ。最近はカジュアル一辺倒なので、たまにはきれいめに着るのも新鮮ですし、やっぱり気分が上がるもの。こんな風にちょっとおしゃれしてランチやディナーへ……早くまたお出かけを楽しめるようになるといいですよね。
パンツ/N.O.R.C ブラウス/martinique 時計/CHANEL バッグ/THE ROW 靴/AKTE

■Chaosの楽ちん黒ニットパンツ

坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
ニュアンスカラーの流行や、黒だときつい印象に見えるという年齢的なこともあり、大好きな色にも関わらず、ここ数年それほど積極的に黒を取り入れていませんでした。
でもまた最近少しずつ黒回帰しています。そして周りもモノトーンにはまっている人が多く、撮影などでスタッフが集まると、黒白を中心としたモノトーンな着こなしばっかりなんてこともよくある話。
黒はモダンでおしゃれに見えますし、コーディネートも簡単で何も考えずともとりあえず形になる。また着やせして見えるとあって、みんなが黒に頼るのは当然ですね。
カオスのニットパンツ。これが本当に便利で楽チンで今っぽく、今季もっとも履いているアイムかもしれません。素材にシルクが入っているので表面がなめらかで、よくあるカジュアルなニットパンツよりも高級感がありしゃれたムードで着こなせます。
 
ちなみに私はもともとレギンスが好きで、いろんな色と素材で多数持っていたのですが、最近はレギンスだけだと完全にボトムを履き忘れた人みたいに見えてしまうので封印していました。それでもレギンスの履き心地のよさと下半身をすっきり見せたいスタイルの時に、このパンツが大活躍。履き心地はレギンス感覚ながら、脚にフィットしすぎないからちゃんと外出もできるボトム感があるんです。
 
今年ならざっくりとしたオーバーシルエットのCPOシャツを合わせて、力の抜けたリラックス感が漂うモノトーンな着こなしが気分です。足元はスライダーサンダルで力の抜けたムードにするのがポイントです。
シャツ・パンツ/Chaos バッグ/MODERN WEAVING サンダル/BIRKENSTOCK
透けシャツをパンツに合わせたオールブラックコーディネートがこちら。シャツにはベルトなしでパンツと合わせると印象がかなり変わります。黒パンツではなくブラックデニムなどと合わせてもよいとかと思います。
Tシャツ&デニムだとカジュアルすぎてアラフォーには難しく感じてしまいますが、このぐらい透けている主役感のあるシャツが一枚あると、ワンツーコーディネートもおしゃれに決まるのではないかと思います。
シャツ/ELE STOLYOF パンツ/Chaos バッグ/MIFUKO サンダル/TKEES



④着心地よくて美脚見えするアラフォーの黒パンツ|美女組まとめ


美女組No.161 愛さんブログより
■UNIQLOのきれい見えイージーパンツ

きちんと感とストレスフリーな穿き心地を両立させた、美シルエットな黒パンツ。

先日ゲットした、ユニクロのストレッチダブルフェイスストレートパンツ。
適度なハリ感のあるダブルフェイス素材で、すとんと落ちるシルエット。センタータック入りで美脚効果があります。
ウエストゴムなのにトップスをインしてもきれいに見えます。

普段選ぶXSが完売していてSサイズにしたので全体的にゆとりはありますが、腰で穿いてもだらしなく見えず、スニーカーもOKな丈感。

ストレッチも効いていて動きやすいのでおうち時間もお出かけも、着回し力抜群です!
全5色展開で、私はすっきり見えそうなブラックにしました。

この日は全身ブラック多めのモノトーンコーデ。
top Mila Owen
cardigan LE MINOR
trousers UNIQLO
shoes CONVERSE
bag BALENCIAGA



美女組No.183 emiさんブログより
■UNIQLOのメンズジョガーパンツ

ユニクロでメンズのジョガーパンツを購入しました。

全く同じ名称でレディースもありますが、何故メンズかと言うと、ウエスト等のデザインがレディースより好きだったからです。
ウルトラストレッチ アクティブジョガーパンツ 
ブラック ※メンズ
¥1,990
アスリートも認める速乾性と伸縮性と使い勝手の良いディテールを備えた、高機能ウェアとのこと。かなり軽く、スッキリとしたテーパードシルエットです。

私は背があるので、オンライン限定の丈長めの方を購入しました。サイズ展開が増えて、ほんとにありがたいです。
スポーツシックのイメージで、上質なスエットと存在感のあるネックレスを合わせるのが好きです。
ストレッチが効いて楽なのに、ラインがスッキリしていて綺麗目にも履けることもあり、既にかなりの頻度で登場しているので2本目を購入しました。


美女組No.156 Mayuさんブログより
■カレンソロジーの黒リネンタックパンツ

【Curensology】さまの2021SS受注会でオーダーした黒パンツをご紹介させていただきます。

リネンタックパンツ

上質なリネン100%の素材で、テーパードシルエットのタックパンツ。ハイウエストであり、また、ウエストベルトがワイドなので、上品で女性らしいパンツです。

黒のリネンパンツは、あまり目にしたことがなく、今回、試着させていただいた瞬間、パンツのラインも綺麗な上、黒のリネンと言うかっこよさの中の女性らしさに一目惚れしてしまいました。
春夏の「黒」の良いところは、肌の出る部分が多くなるため、おもいきってワントーンで纏めても重くなりすぎないところです。
さらに素材も綿やリネン、オーガンジー等、軽さも出てくる為、異素材のワントーンで纏めるとよりお洒落に魅せることもできます。
この日はアクセサリーは付けず、ベージュ小物でまとめました。
ワントーンの時は、シンプルにかっこよく、あえてアクセサリーは付けず、足すとすれば手首に欲しいぐらいですかね。

これからの時季、足元がサンダルになると抜け感が出たり、スタイルの印象が変わる「黒」。コーディネートに悩む梅雨時期こそ、「黒」スタイルを味方につけて、楽しみたいと思います。


美女組No.169 雪千代さんブログより
GALLARDAGALANTE NAVYの黒リブニットパンツ

コーディネートしやすく着心地よいパンツをゲット。美脚が叶うリブニットパンツのご紹介です。
GALLARDAGALANTE NAVY
リブニットパンツ
こちら素材はウールではなく肌触りが滑らかで伸縮性の良いレーヨンとポリエステル。

ラインも拾いにくい程よい厚みでシーズン問わずに着れるのがありがたいパンツです。
すとんと落ちるストレートシルエットで着痩せ効果もあります。
ちなみにこちらはMサイズを着用。

程よいサイズ感でピタッとしすぎずヒップラインも気にならず履けます。
裾にかけて少しずつフレアになっていて私みたいにO脚でもまっすぐな脚をつくってくれています。

ハイウエストでお腹をすっぽり隠してくれ、ウエストは総ゴムだから楽ちん。
紐でフィット感を調節できるようになっています。

カラーはブラック以外にライトグレーがありました。私はベーシックで万能なブラックにしましたが、グレーも爽やかで春夏にはぴったりなカラーだと思います。
Tシャツやブラウス合わせはもちろん、ワンピースと合わせてもかわいいので万能に使えそう。
 
 

▼あわせて読みたい記事

年齢を重ねるにつれて、無意識に見知ったなじみのあるブランドの服ばかり手にしていませんか? 最近は手に取りやすい価格帯だけど高品質、さらにデザイン性も高いブランドが増加中。40代からのおしゃれの幅を広げる"新定番"を見つけてみて!
いくつになっても大好きなTシャツ。若い世代とは一線を画す「大人のTシャツ」にするためには、ジュエリーがマスト。しかし、やみくもにじゃらじゃらと盛っていては素敵には見えない方法をスタイリスト伊藤美佐季さんがレクチャーします!
40歳は「服とヘアメイク」で可愛いの一歩先へ!蛯原友里ちゃんを知りつくすスタイリストとヘアメイクが、『Team YURI』となって、服とヘアメイクのバランスを一緒に考えます
関連記事
  • 特別感のあるおしゃれをして向かいたいホテルや有名カフェのアフタヌーンティー。なかなか外で友人と会うチャンスも少ない今、せっかくのひとときを存分に楽しみたい! そんなアラフォーにおすすめのラグジュアリーなアフタヌーンティーSPOTをお届けします。【目次】 at 東京會舘 - Rossini Terrace at 東京エディション虎ノ門 -Lobby Bar at CONRAD Tokyo at カフェ ディオール BY ラデュレ  美女組No.111 tomoさん ①東京會舘の秋のアフターヌーンティー  東京會舘、ロッシニテラスのアフターヌーンティーにお邪魔させて頂きました。娘にも素敵な雰囲気を味わってもらいたいと思い^_^ 連れて行ったものの内心騒いだらどうしようかとドキドキでしたが、お店の方々には沢山お気遣い頂き、アフターヌーンティーを楽しむことができました。店内は広々としていて、広いソファー席が沢山あるので、子供がいてもとても過ごしやすかったです。ガラス張りの窓からは皇居も見えます。雰囲気はせわしさを忘れさせてくれる様なしっぽりとした大人の雰囲気で、時間の流れをゆっくりと感じさせてくれるような雰囲気でした。今回は¥4,180(税込・サービス料別)、9月1日 ~11月30日までの秋のメニュー、をオーダーしました。時間は2時間制でした。メニューの詳細と感想です↓<menu>■マロンとさつまいものモンブラン まわりがサツマイモのクリームになっていてパリっとしたチョコレートと、サクサクのマロングラッセの歯応えを楽しめるモンブランでした。■マロンとドライフルーツ入りパウンドケーキ栗と無花果が沢山入っていて、しっとりとしたパウンドケーキです。■ミルクチョコレートムースフランスのヴァローナ産のチョコレートを使用しているそうです。ビターな大人な感じのチョコレートムース、甘過ぎないので後味がスッキリとしていました。■生キャラメルタルトサクサクのタルトの中には生キャラメル、上には苦みのあるモカクリームが乗っていてサクサクの米パフのチョコレートが乗っていました。■フィナンシェ・ショコラ甘すぎない濃厚なチョコレートフィナンシェの上にはサクサクのパイ、無花果とマスカット、ミントの葉が乗っていて全てを一緒に食べると、酸味と苦み、爽やかなミントの香りのハーモニーが何度も言えない爽快感のある味、後味が爽やかでした。■バナナのシブーストタルト上がシブスト、バナナピューレが入っています。タルトからもバナナの香りがしました。まろやかで甘さ控えめで後味がスッキリでした。■ポワールゼリーとチーズのムースチーズムースの上には洋梨のゼリーとマスカットがのっているスッキリとした味わいです。■フォワ・グラと林檎のラヴィオリ焦がしバター入りスプレムソースラビオリの中には林檎煮とフォアグラのパテが入っていてマイルドなベシャメルソースがかかっていました。■サーモンリエットのブルスケッタニンニクとクリームチーズが香るサーモンのリエット、香ばしいサクサクのブルスケッタと一緒に頂きます。■生ハム、さつまいも、ライムのサンドウィッチハマってしまったサンドウィッチ!ライムが香る紅はるかのサツマイモに、生ハムが入っていて程よい塩気と紅はるかの甘さがマッチして、病みつきになりそうなサンドウィッチでした!■スコーン(プレーン/ほうじ茶)ラズベリージャム・クロテッドクリーム香り高いほうじ茶のスコーンとラズベリージャムと相性が合い、新たな発見でした!プレーンのスコーンもサクサクしていて美味しかったです。大きさもちょうど良いと思いました。 フルーツの酸味や、ミントの葉を使ったり、組み合わせが非常に凝っていて後味爽やかなアフタヌーンティーだと思います。また全体的に甘さが控えめなので、後味にずっと甘さが残ったりすることが無くとても美味しくて完食することができました!美味しかったなと思う丁度良い量で食べ終わり、サイズ的にも一口で食べれるサイズですので娘を抱っこしていても食べやすかったです。  ■ドリンクカフェフリースタイルで好きな物を選べます。オススメの東京會舘オリジナルブレンドのコーヒーをオーダー!苦みと酸味を控えたマイルドな味わいで、ブラックでも飲みやすくお代わりしてしまいました。その他のカフェメニューも充実していて何にしようか迷ってしまいました! 味は勿論のこと、店内の雰囲気やお店の方々の気遣いも素晴らしくて、そして何よりせわしさを忘れさせてくれる雰囲気が最高で!子育てでちょっと疲れてましたが娘と一緒に美味しい物を食べながらゆっくりとした時間を過ごせて、最高のひと時でした。また是非とも訪問させて頂きたいと思いました^ ^美女組No.176 Miwaさん ①ここが都会のオアシス! The Tokyo EDITION Toranomon   一度は行って見たかった東京エディション虎ノ門! お友達とアフタヌーンティーをしてきました!!アフタヌーンティーができる『LOBBY BAR』は緑がたくさん!都会のオアシスって感じ♪東京タワーが見えるお席でした♡ 東京タワーが目の前♡ 4人で行ったけど、テーブルが大きすぎて しっかりソーシャルディスタンスになつてました! スイーツはもちろん、スコーンやサンドイッチなど…いろいろ楽しめました♪私のおすすめは、いろいろな紅茶が楽しめること♪♪スタッフの方も丁寧に教えてくれます♪ちょっと優雅な気分が味わえました♡  美女組No.193 mikoさん ②隈研吾デザインのThe Tokyo EDITION Toranomon  時差投稿になりますが、少し前の7月某日、ご近所の友人と久しぶりにお茶をすることに。コロナになってからというもの友人とほとんど会っておらず、家族には全く会えていない私にとって、親しい人に対面で会えたことには喜びもひとしおでした。向かったのは東京エディション虎ノ門の31階にある 「Lobby Bar」。隈研吾氏がデザインしたロビーに一歩足を踏み入れると目に入ってくるのは、沢山の「植物(グリーン)」。高い天井からは陽が燦々とふり注ぎ、グリーンたちがイキイキと照らされている光景がなんとも気持ちの良い空間でした。ソファにはそれぞれ柄の違うストールがかけてあったりと、ほどよくリラックスしたセンスの良いスタイルで、久しぶりに気分が高揚しました。窓からは東京タワーがお目見え。お台場やレインボーブリッジもしっかり見えてしまうという、なんとも東京らしい景色を堪能しつつ、2時間ほどアフタヌーンティーをいただきました。またこんな風に少しだけ息抜きができる日々が来ますように・・・。  美女組No.111 tomoさん ④Conradのアフタヌーンティー 少し前になりますが念願のコンラッドのアフターヌーンティーへ行ってきました!ずっと気になっていた、コンラッドアフタヌーンティー with JIMMY CHOO ^_^同じ時期に出産した友人と久しぶりの再会も兼ねて、先日ようやく行くことができました! とにかく、見た目が可愛いくてなかなか食べれませんでした…。ジミーチュウのバッグと靴のケーキやチョコレート、見てるだけで楽しめます^_^味はもちろんのこと量も丁度良いので、完食してしまいました!ドリンクメニューも充実していてノンアルコールカクテルも美味しかったです。コンラッドベアーも可愛い^_^  メニュー詳細はこんな感じでした↓○ピスタチオムース○塩キャラメルケーキ☆チキンとキウイのスライダー○エルダーフラワーゼリー ホワイトチョコレートクリーム○ハイヒールチョコレート ココナッツフレーバー☆ココナッツとロブスターのタルト○チョコレートタルト フロマージュブランムース☆サーモンとトマトのマリネ アボカドディップ○プレーンスコーン レモンスコーン/クロテッドクリーム ピーチジャム  ジミーチューのバッグや靴が飾ってあるので、眺めながらアフタヌーンティーが楽しめます! 景色も良くてソファー席なので子連れでもゆっくり過ごせました!席の間隔も広いのでベビーカーも入れます。久しぶりにラグジュアリーな雰囲気に癒されて、息抜きできました^_^次の季節のアフタヌーンティーの内容も気になるのでまた是非リピートしたいです!  美女組No.173 chakoさん ⑤CAFÉ DIOR BY LADURÉEのアフタヌーンティー 少し前ですが、友人のバースデーのお祝いに『CAFÉ DIOR BY LADURÉE』で楽しみました!以前から行きたいお店だったので、とても満喫した時間。。。銀座SIXにある『CAFÉ DIOR』でアフタヌーンティー♡食器は勿論全てDIOR、LADURÉEとコラボしたスイーツもDIORの世界観を楽しめます。店内もフランスらしい色合いのインテリアで、店員さんもフランス人なので、相乗効果で非日常感を味わえました。また、宣言が解除されたら行きたいなと思ってます。▼合わせて読みたい記事
  • 3シーズン活躍し、簡単にしゃれ見えしてくれるベロアパンツ。膨らみのある素材で暖かく見えながらもほっこりしないから、実はとっても着回し力も高いアイテム。今回はこのベロアパンツについて詳しく解説します!坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。   @asamit1201 @sundownertokyoomuretsuベロアがあれば異素材ミックスな着こなしが簡単に    暑くなく寒くもない時期は異素材ミックスな着こなしが可能で、おしゃれ的に一番自由度が高く楽しめる季節。その中でも一番重宝している素材が「ベロア」です。マキシスカートも持っていますが、私はパンツで取り入れるのがとても好き。    例えばまだ暑さの残る日にはTシャツやサンダルと合わせて、また少し寒くなればジャケットやブルゾンなどの羽織りものをプラスして、そして本格的に寒くなれば厚手のニットやコートと合わせてと、晩夏から秋そして冬までずっと活躍してくれるアイテム。しかも今年はベロアがトレンドでもあるので、今っぽく見せてくれる効果も大なのです。    そんなこんなでベロア好きな私は、今季シルエットがきれいで履き心地のよいパンツ作りに定評のあるブランド・STORYとコラボアイテムを作らせていただくことになりました。今回はそちらを使って詳しくご紹介したいと思います。      欲しいディテールが満載! 本命ベロアパンツを作りました!    実はコラボ企画がスタートしたのは去年の年末ごろからでしたが、その時に作りたいパンツははっきりしていました! それは冒頭でも書いた「ベロア」であること、「裾スリット」「ドロスト」「セミワイド」といった要素をすべて盛り込んでもらうことでした。    早速その4つのディテールがなぜ必要だったのか詳しく解説していきましょう!    1.  ベロア素材 ベロアは表面になめらかな光沢があり、ちょっとリッチ感があるため、カジュアルからドレッシーなスタイルまで幅広く着こなせるから着回し幅が大きいのが最大の魅力。さらにコットンからウールまでどんな素材のトップスと合わせてもバッティングしないのでコーディネートに制限がなくとても使いやすいのです。▲一番着回し幅が広いブラック。ちょっと蒸し暑い日はトップスにノースリーブ、足元はサンダルでベロアパンツを着用しています。二の腕やつま先が出ていても、膨らみのあるベロア素材のおかげで秋感はしっかり演出できます。オールブラックだときれいめ度がアップするので休日のホテルランチなどにぴったり。パンツ/坪田あさみ×STORY トップス/Deuxieme Classe カーディガン/JOHN SMEDLEY バッグ/ZANCHETTI サンダル/MICHEL VIVIEN ▲もう少し寒くなったらニットを合わせて。ウールのパンツだとニットを合わせた時にほっこりしてしまうこともあるけれど、ベロアだと質感が違うのでオールブラックでもモダンさがあり、単調になりません。パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/BLAMINK バッグ/A VACATION パンプス/HEADING SOUTH 2.セミワイドシルエット 抜け感やこなれ感を演出してくれるほどよくゆるいシルエットが好きですが、ワイドだとマニッシュすぎてしまうのでセミワイドが私的にベスト。脚の形やお腹、ヒップラインを拾わないので、どんな体型の人でもかっこよく決まります。▲こちらはブラウン。太ももや腰まわりの肉感を拾わない、太すぎず細すぎないセミワイド幅。落ち感のある素材により下半身が重く見えません。 パンツ/坪田あさみ×STORY Tシャツ/ebure ジャケット/vintage バッグ/J&M DAVIDSON 靴/Maison Margiela3.ドロスト&ウエストゴム仕様 今季はドロスト仕様のリラクシーパンツが大人気。ウエストゴムは後ろだけなので、フロントはすっきりきれいに見えるのもポイント。フロントのドロストがお腹周りのアクセントになり間延びして見えません。▲こちらはネイビー。ドロストの先端がちらっと見えるだけで、アクセントになります。あるとないとでは実は大違い。同じくネイビーのニットと合わせてワントーンコーディネートに。パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/TOGA PULLA Tシャツ/UNIQLO バッグ/STAUD 靴/ZARA 4.内側に裾スリット入り スニーカーでも厚底ブーツでもヒールでもどんな靴でも合わせやすいよう、裾にスリットを施しました。スリットがあるだけで長めの裾を下に逃して足元にたまらず、すっきり脚長に見せてくれます。さらに足首がちらっと見えることで女らしさも演出できます。▲こちらもネイビー。裾スリットのおかげでスニーカーでももっさり見えません。切れ目があることでボリュームのある靴の時でも裾に布がたまらず、脚長に見えるようになっています。パンツ/坪田あさみ×STORY ブルゾン/ATON Tシャツ/UNIQLO バッグ/EPPERSON MOUNTAINEERING 靴/NIKE ▲こちらはブラウン。今年はボリューミーなローファーやブーツが人気ですが、パンツと合わせると甲が全部隠れてしまうので、女らしさを演出しにくいのがデメリットでした。でもスリットがあることで抜け感があり、女らしいムードになります。 パンツ/坪田あさみ×STORY コート/MADISONBLUE Tシャツ/Le Minor バッグ/MIFUKO 靴/TOD’Sさらにこのベロアはストレッチが入っているので履き心地がとてもよく、うれしいことに自宅洗いもOKなので、がんがんデイリーに活躍させています。ドロスト&ウエストゴムの楽ちんさはリモートワークにもぴったり。ベロア特有のきれいめ感もあるのでお出かけにもOKと、オンオフともに大活躍なパンツなのです。さらに言えば夏以外の3シーズンに着用できる素材なのでコスパ的にも優秀(私は涼しめな気温の日は8月もTシャツやタンクと合わせて着ていました・笑)。 自分がコラボしているので手前味噌ではあるのですが、とってもおすすめなのでぜひサイトものぞいていただきたいです。(ちなみに9/30までにECサイトでご注文いただいた方は返品交換無料ですのでサイズの心配をせずにご購入できます。またECご購入者は裾上げも無料だそう!)    坪田あさみ×STORYコラボパンツはこちら▶   今回も読んでいただきありがとうございました!   *次回は10月9日(土)公開予定です  【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
  • この秋冬は、王道シルエットのきれいめテーパードパンツを着こなしたい。ハンサムな形だから、トップスで女らしさを印象づけるのがカギ! 華やか&フェミニンなブラウスコーデをご紹介。 きれいめテーパード × ブラウス定番テーパードの相棒は甘ディテールトップスが正解ふんわりとした袖が特徴的なフェミニンブラウスを合わせれば、寒色系コーディネートも柔らかな女らしさが宿る。パンツ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ブラウス¥47,300/カオス丸の内(カオス) ネックレス(上)¥88,000(ソフィー ブハイ)・(下)¥7,480(サスキアディアス)/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター ストール¥37,400/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナーキャミソール・ピアス/スタイリスト私物余裕のある深めの股上が印象的。+(プラス)ブラウスで気品漂うパンツスタイルにタックをたくさん入れて腰まわりに自然な膨らみを出したシルエットが、ウエストをほっそり見せ、腰張り体型もカバーしてくれる。ほんのり光沢感のあるパンツはエレガントなボウタイブラウスと相性抜群。ノーブルなムードが漂う着こなしに。パンツ¥30,800/ADORE ブラウス¥35,200/イレーヴ ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ストール¥35,200/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥253,000/ジミー チュウ 靴¥108,900/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「パンツ」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年10月号掲載
  • 着こなしのアクセントになるバッグをご紹介。【1】BALENCIAGAのバルベスパリのバルベス通りで見られるマーケットバッグを思わせる新ライン「バルベス」。モノトーンのストライプにパッチワークされたラムレザーバッグは小ぶりながら目立ち度大。ファスナーつき内ポケットもあり機能性も優秀。「横長サイズのショッパーバッグが使いやすく重宝。オールブラックの着こなしに持ちたい」と副編集長SGUR。バッグ(縦19×横28.5×マチ10.5㎝)(ショルダーストラップつき)¥130,900/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ)【2】FENDIの「フェンディ ファースト」「話題を独占しているイットバッグ。抱え持ちもかっこいいし、ショルダーにしても今っぽく万能!」と編集CHNがひと目惚れしたのが、キム・ジョーンズ率いる新生フェンディのバッグ。小脇に抱えて持ちたいソフトなボディに、大胆にあしらわれた頭文字のFが大人の洗練スタイルに直結。。バッグ「フェンディ ファースト」(縦23.5×横32.5×マチ15㎝)(ショルダーストラップつき)¥396,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 【3】JIMMY CHOOのキラキラ チビショルダーバッグ マイクロミニサイズながらキラキラのメタルメッシュでインパクト大なチェーンつきバッグ。カードや鍵、リップなど必要最低限な持ち物で身軽に出かけられる。フラップ部分はマグネットで開閉可能。先端にあしらわれたJCロゴのチャームが華やかなアクセントに。「ジュエリー感覚で楽しめる超ミニサイズが可愛くて!これだけで華やかになるのでジュエリーはシンプルにまとめて」とスタイリスト松村純子さん。バッグ「ソフト カードホルダー」(縦8 ×横12×マチ2 ㎝)¥171,600/ジミー チュウ撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol2021年10月号掲載】◆おしゃれプロがこの秋ひと目惚れしたアイテムはこちら→秋のトレンドが気になり始める9月。おしゃれプロが注目しているアイテムは?
  • 9/11(土)〜9/17(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!9月11日(土)理事就任早々トラブル勃発!パステルピンクで穏やかに対処を ★コーデの詳細はこちら >9月12日(日)誕生日ケーキを買いに行く日は転ばないよう安定感のあるスニーカーで ★コーデの詳細はこちら >9月13日(月)売上低迷で落ち込みそうな日でもジャケットでビシっと背筋を伸ばして ★コーデの詳細はこちら >9月14日(火)勢いで他人様の浮気調査をするはめに。スカーフづかいで印象を変えて ★コーデの詳細はこちら >9月15日(水)いつのまにか夫婦カウンセラーに?本格的に資格でも取得しようかしら ★コーデの詳細はこちら >9月16日(木)頬をくすぐる風が心地よい季節。ニットコートを羽織ってベランダへ ★コーデの詳細はこちら >9月17日(金)あえての“ミリタリーづかい”が、女性らしさをぐっとひきだしてくれる ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 小さめ衿と袖口のミニフリルにきゅん♡小物でフレンチムードを高めて今季はトレンドのフリルブラウスが着たいけど、旬のビッグカラーだと難易度高くて......そう思ってる人にも朗報! 小さめの衿と袖口にミニフリルがあしらわれたシャツタイプなら、甘すぎないから気負わず使えて定番コーデのブラッシュアップができるんだ。まずは休日にお試しコーディネート♪ たまごイエローのブラウス×茶系コーデュロイパンツで、優しげな秋色クラシカルコーデに。さらにかごバッグやローファー風スリッポンで、フレンチシックなムードを加速させて♡ シンプルなシャツだとかっちりしすぎちゃう、あとちょっとだけ可愛げを足したい、そんなオンの日にも大活躍しそう!ブラウス¥16500・パンツ¥14300/TOMORROWLAND(MACPHEE) 靴¥29700/フラッパーズ(カステラーノ) バッグ¥9790/ケッシュ ル エッセンシャル マフラー¥68200/デミルクス ビームス 新宿(ジョンストンズ) イヤリング¥1650/お世話や新川優愛の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>「今日のコーデ」1週間分おさらい! 9/6(月)からのコーデの参考に>>おうち時間も香水で自分のご機嫌をとりたい! 新しいルバーブの香りなどこの夏は服とコーデして>>『フルラ』の新作バッグ5種類一気見せ! オンオフ使えすぎるデザインをチェック ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/新川優愛 スタイリスト/石上美津江 企画・原文/渡辺真衣(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • ほとんどほぼリモートワークだったのですが、最近は週1出勤中。ON・OFFにこの時期はジャケットが使えます。おはようございます。 せっかくの三連休ですが、台風で雨の土曜日ですね。 月刊はあと2回のマリソル、10月号も購入^^ 秋のコーデに色々参考になるコーディネイトがたっぷりで今月号ものんびりおうちで楽しんでいます。  今月号には働く女っぷりプロジェクトの「働くジャケット」特集。 MarisolはONにもOFFにも参考になるコーディネイトが沢山なところが個人的に好きです。 あともう1号とはさみしいですね。「働くジャケット」特集ほとんど完全リモートだったのですが、ここ最近週1出社とだんだんと対面で人にあう機会が増えてきており、ジャケットが大活躍中です。ということで、今日は私の働くジャケットコーデをご紹介します。  2,3年くらい愛用しているのはネイビーのダブルブレストジャケット。ここ最近の外出仕事コーデ社内だけの時は割とスカート。 写真では見えずらいのですが、この秋はなんとなくグリーンのスカートがマイブーム。社内だけのスカートの日。BtoBでは男性が多い職種なのですが、商談に同行するときなどはパンツコーデ。 数字を使って話すときはやはり甘さより信頼感を得るためにあえて女性らしさを抑えています。 パンツの日。ONにもOFFにも使いやすいジャケットは、この数年ずっと愛用していますが、まだまだ出番が多そうです! 今日もブログを読んでくださって、ありがとうございました。 良い3連休をお過ごしください! No.194 Akino
  • この秋冬の王道シルエット「きれいめテーパードパンツ」の着こなしを一挙ご紹介! ベーシックゆえに女らしさが不足しがちなテーパードは、トップスの色や素材、デザインでフェミニンな要素を加え華やかな着映え効果をねらって。きれいめテーパードハンサムな形だから、トップスで女らしさを印象づけるのがカギ!定番テーパードの相棒は甘ディテールトップスが正解パンツ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ブラウス¥47,300/カオス丸の内(カオス) ネックレス(上)¥88,000(ソフィー ブハイ)・(下)¥7,480(サスキアディアス)/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター ストール¥37,400/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナーキャミソール・ピアス/スタイリスト私物腰高に見えるきりっとしたパンツには同色系の甘めトップスで華やかさをプラスパンツ¥49,500/ハーヴェル スタジオ(TSI) ニット¥91,300・カーディガン¥104,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥115,500/エスケーパーズオンライン(シリル) バッグ¥377,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥88,000/ジミー チュウ余裕のある深めの股上が印象的。+(プラス)ブラウスで気品漂うパンツスタイルにパンツ¥30,800/ADORE ブラウス¥35,200/イレーヴ ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ストール¥35,200/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥253,000/ジミー チュウ 靴¥108,900/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)パッと目をひくきれい色パンツは繊細な色みと暖かな質感のニットで柔和にパンツ¥28,600/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ニット¥42,900・ストール¥33,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ピアス¥28,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥187,000/ドゥーズィエム クラス 青山店(ザンケッティ) 靴¥115,500/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)プレーンな淡色テーパードパンツはエレガントなツイードジャケットでほどよくリッチにパンツ¥33,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) ジャケット¥235,400/マディソンブルー ニット¥14,850/オンワード樫山 お客様相談室(23区) ピアス¥57,200・ブレスレット¥39,600/マリハ バッグ¥97,900/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)「パンツ」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND