一枚プラスするだけで着こなしを刷新!この秋”ジャケット”をおしゃれプロはどう着る?
Marisol ONLINE

この秋は久々にジャケットブームが復活!今また新鮮なダブルだけでなく、ビッグサイズ、ノーカラーなど種類も豊富

秋冬のトレンドをいち早く知るプレス&ショップスタッフが、まず初めに取り入れたいアイテムは、トラッドムード満点の「ジャケット」おしゃれプロの高感度なスタイリングを拝見!


☆プラステ PR 根本久仁子さん
シャープで抜け感のあるカラーレスジャケットをセットアップで着たい
「プラステのカラーレスジャケットは、テーラードよりもラフさがあり、丸首のノーカラーより甘さ控えめでスタイリッシュ。いかにもスーツという堅苦しさがないので、デイリーにセットアップで着たい気分です。秋の最初は肩がけにして、少しくずして着るのも好き」。インナーに合わせて足もともファビオ ルスコーニのグレーパンプスで統一感を。バッグはペレッテリア ヴェネタのもの。

☆ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス ショップスタッフ 有賀可奈子さん
オーセンティックだけど今っぽい!万能ジャケットを定番コーデにオン
パワーショルダーデザインが今年っぽい、ケイトの黒のダブルジャケット。「オーソドックスなデザインだからどんなアイテムにも合わせやすく、それでいて着るだけで今っぽく仕上がるすぐれものです。ミューズ ドゥドゥーズィエム クラスのシンプルな黒タートルとデニムで合わせてみました」。ハットはキジマ タカユキのもの。ザンチェッティのレオパードバッグがアクセントに。

☆ギャルリー・ヴィー PR 手塚貴美子さん
レギンスもビッグジャケットとならほどよく上品で、大人も挑戦しやすい
パワーショルダーデザインが今年っぽい、ケイトの黒のダブルジャケット。「オーソドックスなデザインだからどんなアイテムにも合わせやすく、それでいて着るだけで今っぽく仕上がるすぐれものです。ミューズ ドゥドゥーズィエム クラスのシンプルな黒タートルとデニムで合わせてみました」。ハットはキジマ タカユキのもの。ザンチェッティのレオパードバッグがアクセントに。

撮影/中田陽子(MAETTICO) 取材・文/塚田有紀子


★Marisol 10月号試し読みはこちら! >>



SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND