低気圧の頭痛に悩まされる日にはミントグリーンの清涼感で紛らわせて【2021/6/23コーデ】

Marisol ONLINE
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
朝からズキズキが止まらないのはおそらくこの低気圧のせい……。薬を飲んでも気がめいりそうだから、せめて爽快感のあるミントカラーのパワーに頼ってみる。ツヤのあるグリーンのスカートと、グラデーションの配色でコーディネートすれば、とフレッシュな印象に。シンプルなTシャツ&スカートのワンツーコーデには、キャッチーな柄のスカーフやコロンとしたミニバッグで、のっぺり見えがちな着こなしにリズム感を加えて。ドキドキ胸が高鳴るならいいけれど、ズキズキ耳鳴りがするのは本当に勘弁、夏が待ち遠しい!!
Tシャツ¥8,800(デミルクス ビームス)・スカート¥31,900(エッフェ ビームス)/ビームス ハウス 丸の内 スカーフ¥17,600/マニプリ ネックレス(長)¥55,000・(短)¥41,800/マリハ バッグ¥39,600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「Tシャツ」を使ったコーデの関連記事もチェック

今回ご紹介するのは、夏の定番Tシャツ。気になるアラフォーの体型をカバーする技ありTシャツや、大人にも似合うロゴTシャツなど夏のコーディネートを彩るカジュアルトップスが勢揃い。そのほかにもMarisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案していますのでぜひチェックしてみて。
シンプルになりがちな夏ファッションのアクセントになる「ロゴTシャツ」。アラフォーにはカジュアル過ぎる?なんて心配は無用! 今年らしくて大人に似合うロゴTシャツの選び方からコーディネートのコツまで、美女組メンバーのリアルな着こなしからご紹介します。
この夏はTシャツだって重ね着して楽しむのがトレンド。アラフォーにおすすめしたいレイヤードスタイル、簡単に決まるコーディネートルールをまとめました。
シンプルなフォルムのTシャツよりもちょっとだけ"よそゆき感"が出るから、日常的なコーデの格上げ役に活躍させて。
関連記事
  • 今まで躊躇していた人にも、今季は「ブリックレッド」という選択肢がある!強い日射しにこそ映えて意外なほど合わせやすいこの一着で、大人の夏をもっと素敵に。☆なぜ「ブリックレッド」? 女っぽさ№1の赤いドレスも、肌なじみのいいブリック系なら派手にならずブラウンに近い感覚でコーディネートしやすい。こっくり深いブリックレッドが、夏の日射しに調和して大人にちょうどいい着映えスタイルに。夏の日射しに似合う“女っぽさ”を手に入れて  リラクシーなAラインドレスで都会のリゾートスタイルを満喫薄手のコットン素材とゆるやかなシルエットが、さらりと心地いいドレス。夏の日射しを感じるブリックレッドなら、どこか開放的なムードが漂う。リゾートライクな小物とも好相性。ドレス¥30,800/マリハ 肩にかけたニット¥29,700/カオス丸の内(カオス) サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス(長)¥319,000・(短)¥887,700・ピアス(片耳)¥41,800・バングル¥165,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥82,500/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ) 靴¥72,600/トッズ・ジャパン(トッズ)ベージュメインの配色でブリックレッドの上品さを最高値にベージュのガウンコートをはおれば、ブリックレッドを少量きかせるノーブルな楽しみ方に。カラードレス初心者も取り入れやすいはず。ワンピース¥31,900/TOMORROWLAND(ボールジィ) コート¥53,900/エイトン青山(エシャペ) 帽子¥18,150(ラ メゾン ド リリス)・バングル¥16,500(メゾン ボワネ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店 ネックレス(長)¥85,800・(短)¥19,800/マリハ バッグ¥97,900/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥8,800/エスケーパーズオンライン(TKEES)フェミニンな一枚はブラック小物で辛口仕上げ肩や袖の細かいギャザー使いが、エレガントなドレープを生み出すドレス。艶やかなブリックレッドに、締め色のブラック小物でコントラストをつけることでクールな印象の着こなしに。ワンピース¥26,400/ビームス ライツ 渋谷(キーラ×ビームス ライツ) サングラス¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥75,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥102,300/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥19,800/アイネックス(アソース メレ) 靴¥38,500/クルーズ(ヒューン)【Marisol 7月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/佐田真由美 取材・文/東原妙子
  • “白バッグ”推奨派のスタイリスト・吉村友希さんが、持つだけでエグゼクティブ女性の風格が演出できるサンローランの名品バッグをご紹介。おすすめ理由も必見。黒中心の仕事服に、白バッグが抜け感と気品を加えてくれる「キャリア女性は、ダークカラーのスーツに黒いパンプスという組み合わせが圧倒的に多く、そこに黒いバッグを合わせると、全体の印象が暗く、重くなることも。そんなときに役立つのが白いバッグです。バッグが白になるだけで、コーディネートにさわやかさや抜け感が出るだけでなく、女性らしさも加わります。仕事用には、上品なツヤありレザーできちんと見えする、スクエアデザインを選ぶのがコツ。フォルムが柔らかな印象のものはカジュアルに見えるので要注意。まずは気軽にトライして、仕事服をアップデートしましょう」SAINT LAURENTサンローラン「アップタウン」つやっとした光沢あるレザーにかっちりと角が立ったフォルムが、きちんと感を出すのに欠かせません。さらに、金具のゴールド使いがシックな仕事服にラグジュアリーなアクセントを添えてくれます。見た目だけじゃなく、機能性の高さも秀逸!落ち着いたトーンの上質な白。付属のストラップだけでなく、ロゴつきのフラップ部分も取りはずせ、クラッチバッグとしても使える。中は仕切りやポケットが充実しており、ジッパーがワイドに開けられるなど、使用感も考えられている。 バッグ(H24×W31×D16)¥280,500・ジャケット¥363,000・シャツ¥143,000・パンツ¥170,500・ピアス¥49,500・リング¥44,000・靴¥220,000(参考価格)/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/竹内裕二(BALLPARK/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/吉村友希 モデル/黒田エイミ 取材・原文/新田幸子 撮影協力/メズム東京、オートグラフ コレクション ※文中の( )内の数字は縦×横×マチを表し、単位は㎝です ※エクラ2021年9月号掲載
  • 注目のシルエットとアイボリーカラーにときめいて♡腰まわりはフィット感があってすっきりと、裾は品よく広がって足さばきよし。今季注目のマーメイドラインスカートは、美スタイル見えも動きやすさも女性らしさもナンバーワンなの♡ しかもゴムウエストを選べば楽ちんだしね。優しげなアイボリーカラー&サラリとした麻混素材の一着なら、上品フェミニンな仕上がりは約束されたも同然! 社外の人と会う日は、シンプルな黒ブラウスで大人のきれいめ感をプラスして。モノトーンコーデの洗練感を高めるのは、きれい色の小物たち。ミルキーイエローのパンプスにシックなグリーンのバッグ、さりげないゴールドアクセが素敵に映えて好感度大!スカート¥5500/ローリーズファーム ブラウス¥9350/ゲストリスト(ステート オブ マインド) 靴¥29700/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店 バッグ¥9350/チャールズ&キース(チャールズ&キース) イヤリング¥1800/クロスコミュニケーションデザインラボ ネックレス¥3960/サンポークリエイト(アネモネ)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) 木部明美(PEACE MONKEY) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/青山玲子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • リモートワークに最適! キリッと知的なストライプシャツ 打ち合わせや会議などでクライアントや上司と画面越しで会う日は、上半身の印象を大切に。キリッと知的な表情へと導くストライプシャツなら瞬時に仕事モードオン。バンドカラーだから今季らしさも申し分なし。形態安定加工が施されているのもありがたい!   シャツ¥4290・パンツ¥8690/AOKI本社お客様相談室(レ ミュー ファム) 時計¥82500/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) リング¥39600/ココシュニック 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 構成・原文/道端舞子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • アクティブウェアのブームにともない、人気上昇中のスポーティサンダル。カジュアル度がかなり高いスポサンを、40代がうまく取り入れる方法とは? 大人向けデザインのスポサンから、ほどよくきれいめなコーディネートの方法まで、スポサンの履きこなし術をたっぷりご紹介。【目次】 ①アラフォーにちょうどいいデザインだけ厳選!大人スポサン ②フェミニンスカート×スポサンが夏のきれいめカジュアルに最適! ③普段の着こなしに合うシンプルなスポサンが使える!|おしゃれプロ ④とにかく歩きやすい! アラフォーが愛用するスポサン|美女組まとめ①アラフォーにちょうどいいデザインだけ厳選!大人スポサン  大人スポサン レザーストラップで完全に街履きへと生まれ変わった今季のスポサン。リッチ感を後押しする黒ベースが狙いめ。 ①2本のベルトや足首のストラップがしっかりとホールド。潔いモノトーンで洗練された印象に。( 3 )¥49,500/モールド(チノ) ②淡いカラーのおかげで、幅広のアッパーでもゴツさとは無縁。安定感も申しぶんなし。( 3 )¥49,500/ザ・グランドインク(ロランス) ③ 上品なカーキのレザー×スポーティな厚底ソールのミックス感がおしゃれ。サクサク歩ける軽さも魅力。( 5 月中旬入荷予定)( 5 )¥22,000/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) ④ 人気セレクトショップのドゥロワーが、スポサンの名手スイコックとコラボ。斬新なビジュー使いで、こなれた印象だけでなく華やかさも手に入る。(4.2)¥42,900/ドゥロワー 六本木店(スイコック フォー ドゥロワー) さりげなく目をひくビジューでメンズとは違う黒の楽しみ方を レザーベルトも相まってスポサンらしからぬ上質感が。足首の見えるスカートで、 そのインパクトを前面に。靴(4.2)¥42,900/ドゥロワー 六本木店(スイコック  フォー ドゥロワー) シャツ¥18,700/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) スカート¥97,900/エブールギンザシックス(ebure) サングラス¥39,600/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥39,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥20,680/ショールーム セッション(ヤーキ) ※( )内の数値はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ) 【Marisol4月号2021年】撮影/森脇裕介(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/阪井まどか 牧野紗弥 取材・文/伊藤真知 ②フェミニンスカート×スポサンの組み合わせが夏のきれいめカジュアルに最適!  まずは、いつもの「きれいめスカート」を軸にカジュアルを組み立ててみる 「カジュアルのボトムはパンツが基本、という思い込みはありませんか? きれいめ派の大人なら、まずは得意アイテムのスカートを軸に考えるほうがスムーズ。この時、足もとは思いきってカジュアルに振りきるのが大事。トレンドのスポーティサンダルかスニーカーをもってきて、今どき感を一気に加えるわけです。ぱっと見には女らしいのに確かなリラックス感があるこの組み合わせ、私的にすごく気に入っています。」 エディター・三尋木奈保さん 「厚底のスポーティなサンダルが未経験の人も、ベースがフェミニンなスカートなら取り入れやすいはず。逆を言えば、スポサンにパンツを合わせるのはアクティブ感が強すぎますよね。スカートだからこそ成立するカジュアルな足もと合わせに注目を」。エディター・三尋木奈保さん スカート¥97,900・カットソー¥14,300/エブールギンザシックス(ebure) 靴¥25,300/アマン(ペリーコ サニー) カーディガン¥34,100/スローン ピアス¥11,000・ブレスレット¥12,100(ともにワンエーアールバイウノアエレ)・リング¥220,000(ウノアエレ)/ウノアエレ ジャパン バッグ¥50,000/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 【Marisol7月号20210年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 渡辺修身(物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 阪井まどか 取材・文/三尋木奈保  華やぎマキシ×ノースリカットソー×スポーティサンダル 「ドラマティックなAラインのマキシは、厚底のスポーティサンダルで支えるとバランスよく、アクティブな個性も加えられるので好都合。トップスはシンプルなカットソーで引き算を。女らしさも今どきなこなれ感も打ち出せます。」エディター・三尋木奈保さん  「このセットは夏の大定番。クローゼットの中身を動員して延々と組み合わせができます」。エディター・三尋木奈保さん スカート¥29,700/アストラット 新宿店(アストラット) カットソー¥15,400/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥18,700/スローブ イエナ 自由が丘店(スカ) サングラス¥27,500/BLANC ピアス¥11,000・バングル¥18,700/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) ネックレス¥158,400/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ)POINT 1.マキシスカートは、夏のワードローブの中で一番の"映え"要員。ツヤ感やきれい色、柄など、華のあるものを選ぶと使いやすい2.個人的に、半袖Tシャツは体操着みたいになっちゃうので苦手。ノースリーブのほうがマキシスカートにきれいにつながると思っています3.厚底だったり異素材使いだったり、スポサンはデザイン性のあるものを。「大人がトレンドを楽しんでいる感じ」をアピールしたい さわやかな白スカートを引き立てるシルバーのスポサンエレガントなスカート×スポサンの意外性がおしゃれに映える 「ツヤ感のあるホワイトサテンのプリーツスカート。数年前ならアンクルストラップの華奢サンダルを合わせていましたが、今どき感を強化したいこの夏は、ぜひスポサンで。黒ソールに白&シルバーのアッパーで、きれいめ派にも使いやすい一足です」 エディター・三尋木奈保さん  スカート¥25,300/アルアバイル カットソー¥11,000・カーディガン¥29,700/ロエフ 六本木店(ロエフ) 靴¥7,590/ムーンスター カスタマーセンター(チャンピオン) サングラス¥42,900/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥39,600・バングル¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥42,790/CPR トウキョウ(メゾン ド サブレ)グレートーンのコーディネートには白スポサンで軽快さをプラス肩先をカバーするノースリなら気になる二の腕もすっきり 「今年は肩先をカバーしてくれるノースリがたくさん出ていますよね。私も必ずこのタイプを選ぶようにしています。こちらは袖口を内側に折りたたんで高さを出して、肩パッドのように仕立てたスクエアシェイプ。サイドや後ろからも二の腕がすっきり見えて優秀♡」 エディター・三尋木奈保さん スカート¥102,300/エブールギンザシックス(ebure) カットソー¥15,400/インターリブ(サクラ) 靴¥16,500/ORGY STORE(スイコック) ネックレス(長)¥35,200・(短)¥24,200/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥52,800/ギャラリー・オブ・オーセンティック(エンド) バッグ¥17,600/プルミエ アロンディスモン(マルコ マージ)【Marisol7月号20210年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 渡辺修身(物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ 阪井まどか 取材・文/三尋木奈保③普段の着こなしに合うシンプルなスポサンが使える!|おしゃれプロ坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。サンダル/BIRKENSTOCK(Plage別注)ここ数年、スポーツサンダル人気はずっと継続していますが、今年はスポサンの中でも普段の着こなしと違和感なく合わせられるしゃれた白いパイソン柄のスライダータイプに。きれいめな着こなしに抜け感が欲しい時やカジュアルダウンしたい時に重宝する一足です。 ▲モノトーンの着こなしのハズしとして。   サンダル/BIRKENSTOCK(Plage別注) シャツ・パンツ/Chaos バッグ/MODERN WEAVING ▲シンプルな着こなしはスポーティな足元でラフなムードに。サンダル/BIRKENSTOCK(Plage別注) Tシャツ/three dots スカート/ATON バッグ/MODERN WEAVING【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。④とにかく歩きやすい! アラフォーが愛用するスポサン|美女組まとめ美女組No.165 Marikoさんブログより■大人カジュアルを更新するボリューミーなスポサン夏の大人カジュアル、足元が決まれば全身まとまる気がしますね。 まず購入したのは、毎年完売するこのサンダル。ナイキエアマックスココZOZOに再入荷されてたので即ポチ。 足の甲全体を包み込むデザインとクッション性がさすがエアマックス。 サイズが1cm刻みなので普段22.5の私は迷いましたが、23cmでちょうど良かったです。妊娠28週の頃。 ベビーカー期までめちゃくちゃ活躍しそう! 2足目は classicalelf× javaコラボサンダル こちらもクッション性とホールド力高くて、めちゃくちゃ履きやすい!長男とサイズが一緒なので共有しようと思ってますが、この履き心地の良さ... 完全に長男のものにされる予感。そして主人も欲しがり追加購入wこの夏はこの2足を加えて、大人カジュアルを乗り切ろうと思います!美女組No.163 tomomiyuさんブログより■スルッと簡単に履けるTevaのVOYA SLIDE以前行ったスポーツショップで、ラスト1点で買えた、優秀品をご紹介します! それがこちら。 Teva(テバ) VOYA SLIDE(スライド)Tevaのハリケーンを超愛用している私。 履き心地良く、歩きやすさ抜群で最高なんですが、唯一の難点がストラップを外さないと履けないこと! でもこのボヤスライドは踵のストラップがないから、スルッと履けるんです!濡れても大丈夫な素材で出来ているので、ちょっとした雨ならガンガン履けそう! 私の使用イメージは、玄関先に出しておいて、宅配便の受け取りや、コンビニなどのちょっとそこまで、を想定して買いました! 足の裏の接地面もふかふかしてて気持ちいい! クッション性のある素材です。それではこのサンダルを使った雨の日コーデです。ワンピースはシワになりにくく、洗濯機で回してもアイロンいらずなので気軽に着られます! チャコールグレーなのも汚れが目立ちにくくていいですね! 雨の日は傘で片手が塞がれるので、ショルダーバッグを斜め掛けして身軽にすると楽!美女組No.163 tomomiyuさんブログより■厚底スポサン×ニュアンスカラーソックスの足元コーデ厚底スポーツサンダルを使った、雨の日コーデ。 まずは足元からご紹介します。無印良品のモカブラウンのソックスとJavaの約5cmの厚底ソールのスポーツサンダル。こちらを組み合わせてみました。靴下を履くと暖かいので、冷えから守ってくれます。 また、厚底のスポーツサンダルは地面から距離があるので濡れにくいです。 靴下が濡れそうなほど降っていたら、外を歩いているときは素足でサンダルを履いて、室内に入ったら靴下を履いてもいいですね! 全身ではこのようになっています。 YLEVE(イレーヴ)のフレンチスリーブワンピースを着ました。▼あわせて読みたい記事
  • デニムといえば、百々千晴。今、最もそのデニムの着こなしが気になる人である彼女にこの夏の着こなしを披露してもらいました。今回は白T+デニムの定番コーデを盛る百々流テクをご紹介。 “デニムは今の気分を表すバロメーター” 「ここ数年はハイウエストが最も気分にフィットするシルエット。インしたときにウエストがポイントになるし体のラインにもメリハリが出る。アクセントをウエストに持ってくることで女性らしさを見せることもできるし、スタイリングも遊びやすかったり、くずしやすかったりと、幅を出しやすい。10年前と同じものをはき続けるのは正直飽きてしまうから、デニムのような定番アイテムこそ今の気分を乗せることでうまくいくんだと思います。少しのことで見え方や印象が大きく変わる。だからデニムはいつまでも面白く大好きなアイテムなんです」 1.原点回帰な着こなしはプラスワンの遊びを取り入れて 夏の半分ぐらい、この格好をしてるかもってぐらい私の定番中の定番。白T+デニムのような揺るぎないベーシックだからこそ足もとにピンクを足したり、その時々の遊びを加えます。デニム¥26400/シシクイTOPS/THE SHISHIKUISHOES/CHANEL 【着たのはこれ!】 THE SHISHIKUIデニムらしいデニムを作りたいという思いからあえてノンストレッチにこだわり、ハイウエスト・ストレート・短め丈と百々さんの好きが詰まった一本。¥26400/シシクイ 私も子どもたちも大好物な自然派クッキー背中のニキビが気になり、白砂糖を控えてるんです。で、オーガニック系のものを取り入れているなかで子どもも気に入って食べてくれるのがこのシンシアガーデンのクッキー。百々家ではあれば争奪戦の勢いです。 2.“ちょっとお出かけ”そんなときのジャケット合わせ ラフに見えがちなデニムもジャケットがあるとたちまちよそゆき顔に。ブルーデニムもいいけれど、端正なブラックデニムできちんと感をさらに出せば、デニムなんだけどデニムをはいていないかのような見え方になる。夜、友人たちとレストランへ行くときなどによくする着こなしです。冷房対策にもなって一石二鳥! BAG/JIL SANDERSHOES/CHANELEARRINGS/SOPHIE BUHAIWATCH/APPLERINGS/SHIHARA, REPOSSI,MADISONBLUE,PAS TIERRA デニム¥25300/エストネーション(ザドドジーン ルワークウェア エストネーション) シャツジャケット¥40700/クルーズ(エリン) Tシャツ¥16500/ラグ & ボーン 表参道店(ラグ&ボーン) シュシュ(スカーフとセット)¥13200/メゾン アミュトレッセ(トレス) 【着たのはこれ!】 THE DODO JEAN×Le ’Workware’×ESTNATIONこの中で最もレングスが長いタイプ。腰まわりはきゅっとタイトにし、ヒップラインを美しく見せる。¥25300/エストネーション(ザドドジーン ルワークウェア エストネーション) 教えてくれたのは スタイリスト 百々千晴 本誌の連載やカバーのスタイリングをはじめ、多くの女性誌、広告で活躍する人気スタイリスト。故郷の名にちなんだブランド「THE SHISHIKUI」を立ち上げたほか、YouTubeやオンラインサロンも主宰しマルチに活躍。 撮影/三瓶康友(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/nagisa〈W〉 スタイリスト・モデル/百々千晴 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • 大好きなピンク、これなら上品! キーワードは「エネチャー」仕事がはかどるピンクいちばんエネチャーしたい時だから♡ とにもかくにもキュンとしちゃう色、ピンク。今こそ、着るだけで気持ちが上がる色をまとって、気分もコーデもブーストさせて!きちんとして見えるのに話しかけやすい親近感もある、そんなオフィスシーン理想のムードは、くすみピンクで手に入れて。お仕事バッグが好きになるスカーフ大きな柄のピンクスカーフをチャージすれば、シンプルなトートも一気にプレイフルに♡ 片結びが◎。スカーフ¥39600/UTS PR(スウォッシュ ロンドン) ジャケット¥39600/コエル オールインワン¥17000/ノーク バッグ¥37400/フィールアンドテイスト イヤリング¥2420/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥15400/アトリエ エスティーキャットたくさん歩けて女っぽいフラット靴肌なじみのいいピンクなら脚とのメリハリがつきすぎず、フラットパンプスでも脚長見え効果が。夏らしい涼しげなきれい色のボトムとも相性抜群。計算されたクッション性で、フラット靴でも驚くほど疲れない。靴¥15950/ダイアナ 銀座本店 スカート¥5500/バロックジャパンリミテッド(アズール バイ マウジー) バッグ¥93500/アー・ペー・セー カスタマーサービス頼れそうなのにやさしく見えるシャツノースリーブで新鮮に。シャツ¥12100/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) パンツ¥20900/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥14300/ダイアナ 銀座本店 メガネ¥51700/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥3190/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥19800/フォービーウォッチズジャパンカッコいいピンクで美脚にもはや毎日はきたい、大人気の美脚パンツ。こんなまろやかなくすみピンクなら、クリーンさはもちろん、白パンツよりもやさしげな雰囲気に。上下は黒で締めて。パンツ¥18700/ルーニィ ニット¥3300/アメリカンホリック 靴¥17600・バッグ¥22000/ダイアナ 銀座本店 イヤリング(片耳分)¥8800/アトリエ エスティーキャット 時計¥25300/ロバージャパン>>大好きなピンクアイテムを着て自分を思い切り甘やかす! “ご自愛ピンク”をたっぷりと>>【帽子コーデ】おしゃれで日よけにもなる帽子を使ったコーデ集めました!>>[着回しまとめ]新川優愛主演「夏のフレンチシック着回し」全部見せ! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/アキタカオリ ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/新川優愛 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/Compartment. Crafty ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • エクラ世代のおしゃれリーダー、スタイリングディレクター・大草直子さんの夏の装いを直撃! 夏→秋のおしゃれへとリフレッシュしてくれるつなぎアイテムを教えていただきました。《大人プレッピーなVネックニット》  「着ると後ろに抜けたり、ちょっと毛足の立った風合いもモダン。ベーシック好きな大人の女性にちょうどいいアップデート感を足してくれる一枚」。ニット¥41,800/エストネーション(コラム)《甘さのあるスウェット》波打つような袖のあしらいが甘やかで女性らしい一枚。「深すぎず沈まない色みも素敵で、セットアップのスカートと合わせる予定です」。スウェット¥15,400/カデュネ プレスルーム(カデュネ)《美シルエットの高機能コート》「撥水(はっすい)加工つきの機能素材なのに、形はコンシャスな軽量コート。たっぷりとした丈は優雅で、遠くから見ても美しい輪郭をつくってくれます」。 コート¥47,300/カデュネ プレスルーム(カデュネ)《真っ白なカットワークレザーバッグ》「手のこんだカットワークレザーとピュアな白。夏の余韻が残る秋の始まりには、このエレガントな軽やかさが季節感の微調整に最適です」。バッグ¥352,000/リシュモン ジャパン(アライア)「夏」に関する記事一覧>>「大草直子さん」に関する記事一覧>>撮影/魚地武大(TENT) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリング/大草直子 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年9月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND