梅雨と夏本番を前に、さらに短くカットしてきました

Marisol ONLINE
東京も、そろそろ梅雨入りしちゃうのかな〜
お天気の良いうちに、やれることはやっておきたいですよね。

私は、4ヵ月ぶりに美容院に行ってきました!
(サボり過ぎて、まずいまずい…)

カット前
カット前
今までの長さも気に入っていたので、このまま伸ばすか、それともカットして涼しくしちゃうか…

いつも迷います(苦笑)

また伸びてくるよね!と自分を納得させ、今回は、カットしてきました。
手元には、今月号のMarisol♡
手元には、今月号のMarisol♡
首があまり日焼けしない長さ、結える長さ、切っても後悔しないくらいの長さ。

外ハネも出来る、アレンジしやすいスタイルにしていただきました。

カラーリングも、一応相談しますが、いつもほぼお任せです。
今回も、お邪魔したのは、いつもお世話になっている中目黒の美容院『marr』。
masatoさんはじめ、スタッフの方々との談笑も、リフレッシュの要素のひとつで通い続けています。
hair salon marr 中目黒店

東京都目黒区中目黒3-12-19 幸來路ビル3F 
tel: 03-6412-7503

※自由が丘店もあります
Instagramもやっております。
コメントなどあれば、お気軽にどうぞ♡
↓ ↓ ↓
関連記事
  • ウェブエクラ週間(7/19~7/25ランキングトップ10にランクインしたヘアスタイル人気記事をピックアップ!髪の長さを変えたくない、パーマは傷みそう、など夏のヘアチェンにお悩みのアラフィー女性におすすめは「前髪チェンジ」前髪のデザインとスタイリング次第で自在に印象を変えられます! 第1位 【ショートヘア】【50代おすすめヘアカタログ】今、むしろ短いほうがフェミニンな印象に!最新ショートヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。女性らしさを醸し出す理想のショートスタイルを公開。▶記事はこちら   第2位 【ボブヘア】【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。扱いやすさと華やかさ、両方に効くボブスタイルを公開!▶記事はこちら   第3位 【ミディアムヘア】50代の髪型【ミディアムヘア】鎖骨ラインが美しい!カールや毛束の動きでふんわり感をアピールミディアムの長さはトップがつぶれやすいので、立体感のあるフォルムにして髪質の悩みをカバーすることが重要!▶記事はこちら   第4位 【前髪テク】【50代に似合う前髪の作り方】前髪を変えるだけで髪悩み解決!スタイリング次第で自在に印象チェンジ 前髪がうねったり、ボリュームが足りない、フロントまわりが扱いにくい…。前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に!前髪のデザインとスタイリング次第で自在に印象を変えられます!▶記事はこちら   第5位 【ロングヘア】50代の髪型【ロングヘア】長さキープだからこそ動きで洗練度の更新をしたい!重くなりがちなロングは、顔まわりや首のラインを流れるようにカットすると、全体的に軽い印象に!ゆるくランダムに巻くことで華美すぎず、こなれた印象に見せる洗練ロングヘアスタイルをお届け。▶記事はこちら   第6位 【ヘアケア】大人のヘア悩みを改善!50代におすすめの夏向けシャンプー&コンディショナー12選暑くなってくると気になってくるのが髪の毛や頭皮のベタつき。そんなヘアケアのお悩みを解決し、癒しの香りで包んでくれるシャンプー&コンディショナー(トリートメント)を集めました。洗い心地爽快な夏季限定アイテムもありますので、この機会にぜひ手に入れて。▶記事はこちら   第7位 【ヘアチェン】髪型を変えて素敵に変身!「50代のヘアカタログ」髪悩みを解消しながら印象チェンジイメージや気分を変えたくなる秋の始まりに、髪型を少しだけチェンジしてみるのはいかが? フォルムを少し変えてみる、前髪や顔まわりをカットしてみる、パーマで変化をつける。3つの方法で、印象激変&髪悩みも解消!▶記事はこちら   第8位 【ショートヘア】【パーマ派の動くショートヘア2】パーマでボリュームコントロールしながら華やかさを演出今季は、軽快さと女性らしいシルエットを両立させる「動くショート」が人気。今回は「パーマは膨らむから苦手…」という硬く広がりやすい髪質の人もトライしやすい「動くパーマショートヘア」をご紹介。▶記事はこちら   第9位 【白髪ケア】【50代の白髪ケア】目立つ!気になる!「根元白髪」をセルフカラーで解決ステイホーム期間中に伸びた髪。そこで根元白髪の目立ち具合に困った、というアラフィー世代の声が殺到!我慢ならない「根元白髪」問題を、自分で解決するための正しい手段を専門家たちが指南。▶記事はこちら   第10位 【ショートヘア】【カット派の動くショートヘア3】レイヤーで作る丸みシルエットで立体ショートに今夏、さっそくトライしたい「動くショート」カタログを大公開。くせ&細毛でつぶれて見えやすい髪質の人は、トップにレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムに仕上げた立体ショートが◎。襟足はあえて重さを残すことでしっとり豊かな印象に見せてくれる。▶記事はこちら  ※集計期間:2021年7月19日(月)〜2021年7月25日(日)
  • 最先端の研究と技術が集結するHighコスメ。品質の向上が止まらないLowコスメ。価格だけでなく、それぞれの個性を生かした使い分けを実践する美のプロをルポ!美容コラムニスト 福本敦子さん美容コラムニスト 福本敦子さんSNSで紹介する"#敦子コスメ"が人気。その豊富な知識をもとにYouTube、SNS、書籍などで自然派コスメのすばらしさを発信中『HighもLowもリスペクトでき、作っている人が見えるコスメを選んでいます』 「値段の裏には必ず理由があると思っています。高価格帯の商品は、材料の希少性やコスト、製法などのプロセスをよく知ることを大切にしているんです。コストの裏にある意味を理解し、それに共感できれば投資する。自分の頭で取捨選択するおもしろさがあります。反対にLowコスメは、例えば自社農園を作ってコストを下げる、シンプルな成分を届ける工夫をするなど、企業努力と熱意に心が動きます」(福本さん) High  原料やプロセスなどにこだわりを感じるオーガニックのHighコスメ。右)MiMC オーガニックオメガチャージ¥16,500どんなトラブルも収めてくれる撮影前に必須のリッチなオイル「撮影前、肌疲れを感じる時など、自分が欲したタイミングで使用するお守りコスメ。オーガニックでありつつもロジカルに配合された有効成分が、キメ&ハリを改善し肌トラブルをケア」。50回分/MIMC 左)フランシラ ピートトリートメント¥ 10,780ミネラルたっぷりの泥美容。オーガニックの神髄を体験!「フィンランドの豊かな土壌の恵みを享受できます。湯船に入れればまるで土いじりをしているような癒される感覚に。マスクとして使うとハリがアップし、肩に塗れば疲れをオフしてくれます」。500㎖ Low  オーガニックのシンプルな成分の力を感じられるのが、Lowコスメのよさ。直接的な肌悩みにアプローチできる。右)ザ・プロダクト フェイシャルクレンザー¥1,760 シンプルな処方。ハーブを粉末にした洗顔パウダー「加える水の量で粘度が調整可能。粘度を高くすれば小鼻の黒ずみや角栓のパックケアに。もう少しゆるく調整すれば、ニキビやざらつきの部分洗顔に。シンプルがなせるワザを堪能」。25g/KOKOBUY左)ママバター フェイスクリームマスク ¥1,100 シアバターの高保湿力を実感!肌の鎮静ケアにも「夏は紫外線を浴びた後に。冬は乾燥対策に。季節を問わず使えるもっちり肌マスク。カジュアルにナチュラルコスメを試せるプライス! 深いところから持ち上がった肌に」。3 枚入り/ビーバイ・イー【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/松井美千代
  • 白のボリューム袖Tシャツにピンクのタック入りパンツを合わせて、ほどよい甘さのフェミニンコーデに。早いものでもう8月ですね。 先日【MOTOMACHI JAYRO】で購入したボリューム袖Tシャツに【N.O.R.C】のペールピンクのパンツを合わせて、ほどよい甘さのフェミニンコーデにしてみました。ボリューム袖Tシャツはデニムや黒パンツなど何でも合わせやすくて最近の登場回数多めです。 ペールピンクのパンツは色は甘めですが、タック入りのパンツなので甘すぎる事がなく大人でも取り入れやすいです。 Marisol8月号P33にも掲載されていました。 黒のブラウスと合わせていて素敵だったので、こちらも参考にしたいなぁと思いました。色々と制限がある中ですが夏を楽しみたいと思います。 暑い日が続きますので、体調を崩されませんようご自愛下さい。 Instagramもマイペースに更新中です↓No.196 エリー
  • シーンを問わず着られる、さりげないデザインが魅力接触冷感や紫外線防止など、夏にうれしい機能素材を使ったきれいめ服が完成。これさえあれば、本格的な暑さの中でも"涼しい"と"きちんと感のあるおしゃれ"が両立できる!M7days ■ボウタイノースリーブブラウス 大人気のボウタイブラウスからノースリーブが登場。袖が少しだけ肩にかかるデザインでスッキリ見える!☆Point!着た瞬間からひんやり快適な接触冷感機能のついた素材を使用。シワになりにくく、自宅で手洗いも可能なので汗をかいても心配なし!肌なじみのいいピンクは上品フェミニンスタイルに お仕事スタイルにもフィットする、大人が着こなしやすく優しいピンクを厳選。さらっとしたコットン混素材でありながら適度なとろみがあり、きれいなドレープが生まれる。肩の部分にはギャザーをあしらい、立体的でふんわりとしたシルエットに。ブレスレット(商品コード:378237)¥11,000/SHOP Marisol (ローラロンバルディ) パンツ¥11,999/ノーク バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズ ボウタイ ノースリーブブラウスカラー:ピンク、ブラックサイズ:1、2¥14,300 ☆Color Variationキリッとシャープな印象が光る夏のモダンなブラック ーンや、マニッシュ派にもおすすめのブラック。ボウタイをやや細めにしてあるので、リボン結びはもちろん、長くたらしてもサマになる。ボウタイノースリーブブラウスはモデル着用の色違い。■エムセブンデイズ ボウタイ ノースリーブブラウスカラー:ブラック、ピンクサイズ:1、2¥14,300 ■エムセブンデイズ タックナロースカートカラー:テラコッタ、オリーブサイズ:1、2¥16,500 靴¥38,500/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ/スタイリスト私物【Marisol 8月号2021年掲載】撮影/長田克也(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/吉村友希 モデル/ナオ 取材・文/発田美穂
  • ゆるピタバランスでショートパンツコーデをより今っぽく 細身ノースリーブトップス×ゆとりのあるタック入りショートパンツで、ヘルシーでメリハリのあるバランスが完成。サンダルはアンクルストラップのヒールサンダルを。足もとがカジュアルになりすぎず、大人のショートパンツスタイルにぴったり。   ニット¥13200/ロペ ショートパンツ¥26400/フロム  イヤカフ¥12100・ネックレス¥39600/エテ サングラス¥41800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥8910/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) 靴¥31900/ベイジュ(ピッピシック) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/酒井貴生〈aosora〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/山本美月 構成・原文/東原妙子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • こんばんは。 マキアエキスパートのAYUです! 一つ前のブログで簡単ヘアアレンジをご紹介しました。 5分で出来る!プロっぽく見える簡単ポニーテールの作り方。【動画あり】 https://maquia.hpplus.jp/blog/ayu_maquia/61468/ 第二弾という事で今度は、 テクニック要らずで簡単に出来る 《夏のオシャレなヘアアレンジ》 を動画で説明します。 【手順】 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ①トップをハーフアップにしてくるりんぱ ②残りの耳上の髪をくるりんぱ ③ほぐす 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ④残りの髪を3等分してそれぞれを三つ編みにし、ほぐす 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ⑤3つの三つ編みを更に三つ編みにしてゴムで留める ⑥完成♡ いかがでしたでしょうか。 三つ編みアレンジで簡単です! 帽子をかぶっても大丈夫なヘアアレンジなので 夏の髪型に迷ったらぜひ試してみてください。Instagram @ayu_27shttps://www.instagram.com/ayu_27s/?hl=ja
  • 大都会「大手町」の森に佇む【ザ・カフェ by アマン】東京都千代田区大手町1丁目5−5 大手町タワー。住所からわかる通り、高層ビルが立ち並ぶ日本屈指のオフィス街。そんな中に自然豊かなエリアがあることをご存知でしょうか?緑が多く空気が新鮮で、自然が好きな私にとってはとてもお気に入りなスポットです。今回はその自然を存分に味わいながらお食事が楽しめる【ザ・カフェ by アマン】さんをご紹介したいと思います。自然豊かなスポットに出逢います大手町駅からすぐ、東京駅丸の内北口出口からも徒歩5分と好立地。特に東京駅から歩くと高層ビルや大手金融機関が立ち並びちょっとした東京観光にもなります。そんなビル群を眺めながら神田・大手町方面に歩いていくと黒で統一されたシックな建物を見つけます。ちなみに、建物のまで行かずに手前で左に曲がると大都会らしからぬ、緑豊かな敷地に出逢うことができます。(私は自然が大好きなのでアマン東京経由ではなく緑豊かな敷地経由で行きました)上部にお写真がありますが大手町にこんな自然があったんだ・・・と息を飲むくらい結構な自然です。笑公園のような場所、その道を進んでいくと今回のお目当て「ザ・カフェ byアマン」に到着です。  涼しい店内か、開放的なテラス席を選べます当日は予約をしていたので、スムーズに席をご案内していただきました。どちらも空いていたらその場で店内かテラス席か選択することができます。この日はそこまで日差しも強くなかったため自然好きな私は迷わずテラス席を選びました。日曜の15時に伺いましたが、お茶であれば予約なしでも大丈夫そうでした。予約したのは(ランチ)【フォレデセール】スイーツのセットと選べるサンドイッチ(¥4,428円/人)一休さん経由です。お飲み物は毎回選べるわけではなく、はじめに選んだものがお代わり可能というスタイル。友人はアイスカフェオレの美味しさに感動していました。冷製サンドイッチで軽食を続いて冷製のサンドイッチが運ばれてきます。スイーツをたくさん食べられない私にとってサンドイッチスタートはとても魅力的です。このサンドイッチは2種類から選ぶことができ、そのラインナップは毎月変わるようなので予約前にHP等チェックしておくのがおすすめです。主役のプチデザートコレクション・マンゴータルト・サンマルク・ベニエ・スワンシュークリーム・シャンパーニュのジュレ・さくらんぼのヴァシュランが運ばれてきます。こちらも毎月ラインナップが変わるのでお好きな季節を選んで予約するのがおすすめです!いかがでしたでしょうか?初回のパレスホテルもそうですが、「都会にありながらの自然」好きな私にとってとてもリラックスできる贅沢な時間が過ごせました。ここはアフタヌーンティーでお写真目当てという若い子が(私がいうセリフではない)あまりいなくて時を重ねた夫婦やご老人の方、若い女性が一人でお茶だけ、という様々な形で時間を過ごしていたのも印象的でした。料理に関しては正直絶品!というわけではないと思いますが美味しく頂けましたし何よりスイーツの量も多すぎないため飽きも来ず、かといって満腹感も味わえます。銀座からも電車、またお散歩がてら歩くことができる距離ですのでショッピングの後にデートや女子会の場所としてもよさそうです。上品かつ自然豊かな【ザ・カフェ byアマン】さん、興味があればぜひ足を運んでみてください。
  • 服を着てからメイクするには理由がある! 全身バランスから考えるメイクロジックを河北裕介さんがレクチャー。今回は、「Tシャツ」を着る日のヘア&メイクについて。 「服を着てからメイクする」には理由がある 河北裕介Presents「全身で見てyes!」なメイクをしよう ヘア&メイクアップアーティスト 河北裕介さん スピーディかつミニマムなプロセスで本来持つ美しさを引き出し、自信を高めるヘア&メイクを得意とする。 「洋服ファーストにするとメイクが簡単に新しく!」服とメイクって、すっごく関連性が強いもの。もちろん気分のままにメイクから始まる日があってもいいけど、とはいえ、顔と服がちぐはぐになるのは避けたいじゃない? 実は服が全体に占める面積って広いし、ディテールとか柄とか主張も結構ある。メイクの後にテンションを合わせようとすると結構ハードルが上がると思うんだよね。洋服を決めて、そこからメイクを仕上げた方が簡単。選ぶ色や質感が自然と変わるからメイクやヘアに広がりも出て、新しい自分に出会えるはず。By Yusuke KawakitaTシャツを着る日 カジュアル服こそ何色で遊ぶかを考える「ベーシックな白T×デニムって、ある意味究極の"素"みたいなスタイルだからこそ、メイクで遊びたい! 白シャツとも似るけど、白Tのときはボトムが肝。デニムならヘルシーな色、甘いスカートならほんのりスイートな色など、ボトムによって差し色を考えて」ヘアは?ちょっと巻いてくずす、という一手間がカギ「何気ない服に気合の入りすぎた髪はアンバランス。手をかけて何もしていない風に」 メイクは?ヘルシーなオレンジ&イエローの濃淡で遊ぶ「今回のイメージは、夏のバカンス。イエローとオレンジの濃淡メイクって、のせるだけで今っぽくなれるし便利だよね。デニムの青が寒色だから、顔は暖色系を差して楽しい雰囲気に」 HOW TO MAKEUPイエローゴールドのAでまぶたをサッと色付けたら、両頬を横断するようにBのチークをのせる。ちょっと日焼けで火照ったような印象に。リップは透ける黄みオレンジリップCを輪郭に沿って塗り、フレッシュに仕上げて。 A シアー発色で肌馴染み抜群。ザ アイシャドウ アンポリッシュ ジェム 102 ¥2750/アディクション ビューティ(限定品) B ヴィヴィッドな赤みで一気に華やか。ディオールスキン ルージュ ブラッシュ 462 ¥6600/パルファン・クリスチャン・ディオール(7月30日限定発売) C 上品なツヤと潤い感も魅力。&be クレヨンリップ サニーオレンジ ¥2750/Clue MAQUIA 9月号撮影/吉田 崇(モデル) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
関連キーワード

RECOMMEND