久しぶりにユニクロで買ったもの

Marisol ONLINE
こんばんは。
皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?

私はというと、仕事に、息子のサッカーに、公園に、お家BBQなど。

ゆったりとした時間が流れていくGWも悪くないな〜と思いながら過ごしています。
いや、でも来年はどっか(旅行)行きたいなぁ。

今日行った近くの河川敷では、新緑と鳥の囀りに癒されました。ウグイスの声も聴こえてきました。

シロツメクサの花冠づくりを娘に伝授。
息子は父ちゃんとサッカー練習。
愛犬、意外とかんむりがお気に召したよう?
愛犬、意外とかんむりがお気に召したよう?
皆さんも引き続き、良い休日をお過ごしください。

さて、本題に。
最近ユニクロで購入した
UVカットスーピマコットンフレンチスリーブセーター 1990円
人気スタイリストさんがご紹介されているのを見て買いに走ったのですが、想像以上の高見えでした♡

リブニットですが、身体のラインを拾い過ぎず、肩幅(広い)も、二の腕も気になる私でもキレイ見え&細見えしました!
私の場合、フレンチスリーブだと、逆に二の腕が気になってしまうことが多いのですが、これは大丈夫でした。
(それでも引き締めなければ!な立派な腕をしているのですが)

洗濯機で洗えるのも嬉しいし、生地が柔らかくて着心地も抜群です。
少しくすんだブルーがお気に入り。
ブルー×テラコッタの配色も好きです。


さっそく明日、色ちがいを買いにいこう!
本日のリップ : Celvoke エンスロール グロスEX09 パプリカ

肌なじみの良い明るめのオレンジリップ。

最後までお読み頂きありがとうございました☺︎


kana.
関連記事
  • 5/16で終了してしまうルイ・ヴィトンのエキシビション「LOUIS VUITTON &」に行ってきました。 そしてギフトショップで出逢いがありました。原宿駅前「ジング(jing)」開催されている ルイ・ヴィトンのエキシビション「LOUIS VUITTON &」。 とても観たかったモノがあったので、 GW前に母と行ってきました。 展示内容は至るところで紹介されてるので割愛させていただきます。 全て撮影可能で 無料なのですが お金払っても行くわ!と思うほどの展示内容で (凄い気前の良さだな…と驚きでした) 満足を超えて… 行っておいて良かった!と言うのが感想です。 LOUISVUITTON& で楽しみだったこれやっぱり嬉しくてやっちゃいますよね。展覧会自体も満足ですが… 展覧会を出た後のギフトショップもオススメです。 このギフトショップでのみ購入できる 「LOUIS VUITTON &」の文字がエンボスされたカードケースや… ここで販売されている商品を購入すると ホットスタンピングサービスで マスコット「ヴィヴィエンヌ」とペットの「ペニチュラ」とイニシャル刻印できますよ。 そんな限定感に弱い我々母娘は… 見るだけのはずだったのに… ちょうど母が欲しかったものと出逢い… 刻印もしてもらえるから…と もうすぐの母の日も兼ねて購入(^_^)(母の日を口実にですね。) 好きなカラーをその場で選び 目の前で作業を眺めながら 刻印してもらいました♬ なんて素敵!!マスコット「ヴィヴィエンヌ」とペットの「ペニチュラ」のホットスタンピングサービスは このギフトショップだけなので… とても特別感があって嬉しい。 早く母から私のもとにやってきますように。No.98 aya
  • お互い存在は知っているが距離を置く、白と黒のような正反対のふたり。けれど突破作業を一緒に乗り越えるハッカーチームとして待機する車中、他のメンバーから「仲良く話でもしろよ」と促され、気まずいムードの中で出たのが「おきれいですね」「あなたも」「リップの色は?」「ダーク・トマトレッド」、と顔も見ずに言い放ったシーンにツボってしまった韓ドラ『ヴィンチェンツォ』。今や大人気なので「そこ?」というつっこみもあると思いますが、ドラマの魅力はそこだけじゃないのはもちろんです。 そこで、勝手に悩んだのが、自分ならなんて返そう? 「ネオオレ!(オレンジの略)」「ヌーディコーラル!」「コーラルオレ!」「ロウサーモン!」。生サーモンはちょっと違う⁉(笑) 実は、90年代レトロモダンなスタイルが好きで、透明感高いミルキーなオレンジな唇(この人の唇)にはまっております。オレンジって自分にとってはかなり難易度は高いのですが、ネオオレはおしゃれなムードをまとわせてくれるので外せないのです。なぜ付けこなすのが難しいかというと、自分の場合はもともとの唇の色の赤味が強いためで、うまいことそのものの色がでないのです。 BBクリームを唇にベースとして塗る方法もあるかもしれませんが、マット感が心配なのと気分ではなく……。するりと滑らかに塗ることができ、地色をベージュにカバーするリンメルのリップコンシーラーに出合い、まさかの難なく問題クリア。その手があったかと感動しつつ、ややオーバーめに塗ることで、赤味封じはうまいこといきました。そして、重要な色味。狙ったネオオレ色は、唇の上でオレンジと一言では言いあらわせないオレンジよりコーラルのつや有。以前、ブランドの制作担当者やアーティストの方に伺ったことがあるのですが、オレンジは色だしが本当に難しい色で、黄と赤をまぜていく段階でにごりやすいんだそう。そんなんですから、素人の色選びは大変なわけです。あれこれ探して試してたどり着いたのは、ルージュ エルメス ブリヤン ア レーヴルのポピーです。目指したのは90年代モダンレトロ。カラフルなポロやニット、何気ない白長Tシャツ、プリントのワンピースなど、品よくマッチ。トレンドピンクのトップスにも! もともとリップグロスで、ほどよい透明感ある色がゆえの妙味なカラーなんです。顔周りの色味がライトになったお陰か、モヤモヤしていた気分まで明るく軽くしてくれました。そして、この原稿の終わりになって、答えがそこにあることに気づきました。リップの色を問われたら、放つ一言は「フレッシュポピー!」。初夏をポップに楽しめるリップです。 90年代レトロモダンな「フレッシュポピー」にはまったきっかけはWENDY(RED VELVET)さんのブルーのセーターにあわせたこのリップ!可愛いポピーな口元とターコイズ×パープルなマスカラ、コーラルのアイシャドウとチークのワントーンメイク、ベビーリップのような質感含め、見た瞬間に惚れました。 エルメスのピンクチークも欲しい‼ >>プリティ・イン・ピンクのエルメス! こちらも気になる! 【YouTube連載】「ZARA BEAUTY」をいち早くお試ししてみた!(外部サイト) >>2021年大ヒット作『ヴィンチェンツォ』に隠れBIGスターが大渋滞! 豪華キャストのバックグラウウンドに迫る
  • ちょっと冒険!キレイ色カラーライトグリーンのセットアップはプチプラブランドで見つけました。こんにちは♡ MIKIです☺︎ 先日もセットアップをご紹介したばかりですが・・・ セットアップ愛好家なので、夏に向けてベーシックカラーだけではなくキレイ色のセットアップを探していました。 そんな時に見つけたのが30代40代向けファッションECサイトの『ur's』 グリーンやブルーの夏らしい冒険カラーが欲しかったので、プチプラな価格帯で探していました。 ur ’s セットアップ カラーはグリーンボートネックフレアブラウス 3,949円(税込) カラースティックパンツ 5,489円(税込) ここから10%OFFでしたので8000円ほどで購入できました。 素材はポリエステル 95%、ポリウレタン 5% トップス、パンツ共に、S・M・Lサイズと3サイズ展開。 身長168cmの私は、トップスSサイズ、パンツMサイズを購入しぴったりでした。 ストレッチの効いた素材で着心地が良いだけでなく動きやすいフレアブラウス このフレアな感じが女性らしく見せてくれる綺麗なラインで気に入ってます。 カラーは写真では白っぽく写ってしまい分かりにくいですが、ライムグリーンに近いような夏らしい爽やかなグリーン。程良く広がるフレアシルエットと前後差のある着丈が今年らしいデザインです。パンツは細身シルエットですが、程よくストレッチも効いているので動きやすく履き心地も抜群。 プチプラ価格なので素材はあまり期待していなかったのですが、しっかりとした素材でプチプラに見えません。 この素材感なら、ジャケットを羽織ってオフィスコーデにも活用できそうです。他にもトップスにホワイトパンツやタイトスカートを合わせても・・・ パンツにシャツを羽織ってもと単品での着回しもしやすそうです。カラーはグリーンの他にブルー、そしてベーシックカラーのホワイト・ベージュ・ブラックとあるのでこの価格なら色違いでも欲しくなっちゃいます。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。✈︎✈︎✈︎MIKI Travel Blog✈︎✈︎✈︎⭐︎\フォロワー1万人 Instagramはこちら/⭐︎No.186 MIKI
  • 「日本型雇用の終焉」により、我慢をしながら働く時代は終わった──。ヤフーの元執行役員で、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス「リンクトイン」の日本代表を務める村上臣が、新たなキャリアの常識を定義しようとしている。エール株式会社取締役の篠田真貴子氏との対談で語った。この記事は2021年4月3日にForbes JAPAN Webサイトに掲載された記事を一部編集したものです。Marisol ONLINEとForbes JAPANはメディアパートナーとして相互提携を行っています。 エール取締役 篠田真貴子(左)、リンクトイン日本代表 村上臣(右)モバイルの第一人者として第一線で活躍、その後2017年末に、村上は国内不振が囁かれていたリンクトインにジョイン。40歳にして異業種、初めての外資企業に足を踏み入れながらも、カントリーマネージャーとして雇用の流動性を高め、「自分のキャリアは自分で築く」ことを提唱してきた。   4月発売の自著『転職2.0』では、やりがい、年収、人間関係の全てを手に入れて、我慢しない働き方を勝ち取るために必要な、体系的メソッドを詳細に解説。キャリアは人生の延長線上にあることを前提に、自身の市場価値を高め、理想の転職を実現するために必要なステップが書かれた本書は、行動に落とし込みやすいのが特徴だ。   まさに、自身のスキルでキャリアを築き上げた一流のジェネラリストである村上は、これからの転職をどう見据えるのか。マッキンゼー、ネスレなど一流企業での転職を経験し、自身のキャリアと常に向き合い続け日本では珍しい「ジョブレス」の期間も設けた後、現在はエール取締役を務める篠田真貴子と対談した。      ──このタイミングでのご出版、どのような背景があったのでしょうか?   村上:“ジョブ型雇用” というキーワードが、昨年頃から話題に登り始めているのは実感していました。それに相まって、コロナ禍であったことは大きかったですね。個人的な理由ですが、リモートワークのおかげで時間ができたんです。   リンクトイン日本代表 村上臣──タイトルの転職2.0には、どのような意味が込められているのでしょうか。   村上:なぜ2.0なのかと思う方もいると思います。4.0くらいでもいいのではないかと。   しかし今、人の流動性が強制的に高まってきているちょうど渦中にいます。コロナの影響で、転職の在り方は変わってきました。一方で、リンクトイン経由で学生の方々から就活の相談をもらっていて気がついたのは、やはり就社意識が若い世代の間でも強く根付いているということ。   これが根本的に違うのではないかとしっかり伝える必要がありました。加えて、転職本というのは今まで、精神論みたいなものが多かったんですね。誰しもが行動に移せるような、メソッドとして体系立った実践本みたいなものを作れば、お役に立てるのかなと思って本を書くことにしたんです。    ──最近は転職もキャリア形成の一環のように捉えられてきています。転職2.0、もしくは新しい時代の転職は、お二人であればどうリフレーズされますか?   村上:実は転職2.0というタイトルはすごく迷いました。色んな言い方ができると思いますが、今ここで「就社」が終わるタイミングでしょう。リフレーズするのであれば、 “日本型雇用の終焉”。そこから新しい世界が始まるという、コントラストがあるように見えます。   篠田:転職は “関係性のフラット化”と言えるのではないでしょうか。以前は仕事と自分の関係性、あるいは会社と自分の関係性において会社側に圧倒的に力があってそこに委ねる。そして正しい委ね先を探すというのが過去でした。   それが、お互いの構えとしてどんどんフラットになってきています。もはやフラットであるという前提の企業も出てきました。転職はその現れの一つであって、会社選びから入社するときも常にフラットな関係であるということ。リンクトイン創業者のリード・ホフマンさんのアライアンスでも言及されていますね。   村上:組織と個人の関係をフェアにするという言い方もできるかもしれないですね。  今回のインタビュー対談の様子──採用活動において、その人のコアな部分を引き出す、あるいは余白を見出すためには、従来の面接やレジュメ以外にどんな要素が必要になってくるでしょうか?   村上:本にも書きましたが、やはり人との繋がり、ネットワークを自分の周りにしっかり作っておくことですね。仕事において、必要な弱いつながりをしっかりと作っておくということはかなり重要かなと思っています。   面接やそのときの限られた時間で、人を見るというのは意外と大変なんです。カルチャーフィットと言われますが、企業自体も人となりを伝えていかなければいけない。そのマッチングが転職なんですね。   そうなるとお互いがカジュアルに意見交換をしたり、もしくは社員を通じて様々な形で接点を持ったりすることが必要になります。実は私がリンクトイン入ったのも、10年来の知り合いとのやりとりが年に2〜3回あったんですよ。 “ヤフーの村上” に日本のプロダクトはどうすればいいという相談をいつも受けていました。一度ランチしようと誘われて、日本に来る度にお会いする関係性でした。   そこからカントリーマネージャーの件で、声をかけていただいたんです。もちろんリンクトインの存在は知っていたし、社員の方とも何度も話していい会社だなと思っていたので、必要なのはそういったゆるい繋がり。アライアンスですね。   篠田: まさにそうですね。私自身も、エールに入った直接のきっかけはビジネス友達的な付き合いからです。いつか転職に役立つと思っていたわけではなく、普通に楽しくおしゃべりをし、意見交換をしたり、最近この本が面白くてみたいな話をしあったりする間柄でした。   質問についてですが、採用する側もされる側も、本当の意味で自分の本音とかコアな部分って意外とわからないんですよ。自問自答してもわかりません。そこで臣さんがおっしゃっている人脈って、単に人のつながり以上の意味を成してきます。   例えば、ある会社に勤めていてその中で壁にぶつかったり、嬉しいことがあったりしたときに、それを全然文脈の違う外部の人に話してみたり、聞いてもらったりすることで、自分の会社の特徴、長所や短所まで見えてくるというのがとても大事だと思います。これは採用する側も同じように、個性、カルチャーって何というところを表出するような努力が双方にあるべきだと思います。   仕事と面接は別物なので、面接だけでは無理です。弊社ですと、業務委託という形をフル活用していて、あらゆるところで業務委託を活用しています。   わかりやすい例だと、メガベンチャー執行役員の方がセールスのフロントでバリバリ働いています。深く関わって一緒に仕事した期間が一定あると、単発の出会いでは難しい、言語化、表出ができて、そこからお互い納得してより深いコミットをする。それがお互い自然かなというのを体感しています。     「自分の人生の中のキャリア」が基軸   ──お二人が転職活動をするときには、どういった機軸を大切にされていましたか。また、これからの時代、キャリアアップ以外に何が転職の基軸になり得るでしょうか?   村上:私自身、いわゆる転職をしたのは2回程です。そのとき考えていたのは、自分が楽しいこととか世の中が変わっていくタイミングのところで、自分の持っているスキルを使って貢献したい、社会が変わるところにいたいという思いです。   ヤフーを辞めたのは、自分が見たい景色が見えたからです。皆がスマートフォンで、常時インターネットが手のひらにあるという景色。90年代に夢みたところが、実現されたんですね。次何するかを考えたときに、もうこの延長線上にはないと気づいたんです。今後を考えていて、グローバル企業はどんどん強くなると思っていたので、合う合わないは別にして、一度グローバル企業の中に入ってマネジメントの仕方を見てみたくて。 そのときにちょうど現職の話が出て。リンクトインは、基本的には人材の会社で全然異業種なんです。当時そのマーケットはあまり見ていませんでした。   ただ、働き方改革と言われるなか、雇用流動性を上げていくことができるリンクトインは、実は結構すごいのかなと思いました。そこで、本社の社員と20人以上話しを聞いたところ、素晴らしいビジョンとミッションを持ってやっていて、働いている人もすごくいい人で、これは面白そうだなと。   極め付けは、最後にCEOから話したいとサンフランシスコに呼ばれ、1時間半くらい話したときです。そのときまだオファーの話とかなかったんですが、話していたら、意気投合して、もうやりたくなってしまいました。   彼にはオファーを受ける以前に、「You’re the country manager」と言われて、ヤフーもいい会社ですし仲間もいるので、かなり悩みましたが、コンフォートゾーンを出ないといけないと感じていました。楽しているし、やりたいことも実現してきたから、初めての外資転職という大ジャンプをしてみる。50代だったらできないですから。ちょうど40になるところで、今なら必死にやればなんとかなるかなというところが、転職の軸でした。   エール取締役 篠田真貴子篠田:転職の軸でいうと、能動的な転職だけではなく、会社の都合で押し出されたりという受動的なものもあるので、判断軸は都度変わっていきます。   自分がどこに身を置くと楽しいかという軸はもちろんありますが、何が楽しいかというのはちょっと意識しづらいですよね。私は、好きなことドリブンでは必ずしもなくて。ただ「これは嫌だ」というのにはアンテナが立ってまして、嫌なものを避けるという観点はあります。閉塞感があるからこそ、違うものを試したいという原動力になりますよね。   もう一つは、私の場合は子供が2人いて、子供たちが保育園児だった頃は仕事と子育てと個人のことというのがどうにも24時間に収まらなくて、結構辛かったんです。自分の好きなことと仕事が多少重なることへの欲求が上がったんですよね。キャリアの軸というよりも、人生の中のキャリアなので、ライフステージがどうであるかとか、何が大事かということによって変わっていいんだと思う。 昭和的な価値観で、何を置いても仕事第一、家族を優先する時点で失格、という会社ばかりかといえば、そうではない。「自分の人生の中のキャリア」が軸だと思います。 今回エールに入るにあたって、ほぼ日を卒業させてもらったのが50歳だったんです。新しい会社は自分よりうんと若い方が経営している会社で働きたかった。   この先20年とか25年くらいは仕事はできるし、したいんです。どんな会社でも、創業時の時代の空気みたいなものがその組織風土に必ず入っています。色んな意味で環境は変わり続けるので、ここ5年でできた会社、というところに身を置きたかった。   あとはやっぱり、私より年下の方が経営している会社では無意識に選択したことの集積が未来を作っていくわけなので、それを私は学ばせてもらいたいなと思っていたんです。   (続く) *後編は、5/8(土)公開予定です  文=初見真菜 構成・編集=谷本有香   ▶Forbes JAPAN Webサイト  Forbes JAPAN 編集部Forbes JAPAN 編集部1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、 2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。
  • DAY10 通販で買ったきれい色服で心機一転!同僚に「マッチングアプリやれば?」とすすめられ、早速メールのやりとり開始「生きてくうえでも仕事上でも外からの刺激って大事。自粛のしすぎでストレスためるのは健康じゃないよ。誰かとメールのやりとりだけでもしてみたら?」のアドバイスに即実行。服もイエロー×グリーンのカラー配色で一新してリフレッシュ。白Tを中にかませてなじませ役に。ラップ&プリーツスカート¥15400/アンクレイヴ ストライプシャツ¥7700/ユウ Tシャツ¥7000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) かごバッグ¥16500/セムインターナショナル(バグマティ) ビットローファー¥14850/ダイアナ 銀座本店 ネックレス¥1900/アメリカンホリック 時計¥26400/オ・ビジュー(ロゼモン) リング¥13750/ロードス(リプサリス)▶︎▶︎着回しに使用したアイテムはこちら!ECブランド服でおしゃれは楽しい! でも……井桁弘恵が自粛と外出バランスに悩む着回し9日目 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎(SIGNO/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/井桁弘恵 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野田春香 構成・企画/渡辺真衣(MORE) 撮影協力/EASE UTUWA ふげん社 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 小柄でもバランスよくおしゃれ!を体現するスタイリスト徳永さんとのコラボが実現。一枚着でスタイルアップ&素敵を叶える渾身の2アイテムが完成。 【徳永千夏さんコラボ】12closet ドット柄オールインワン 「洗える」 ¥19800(サイズ:38、40) これだけで最旬に見えるドット柄オールインワンは、エレガントな光沢&落ち感で大人の余裕を感じさせて しなやかなドレープとツヤ感、オープンカラーのシャツ型など、きれいめ印象を備えた大人のためのオールインワン。モノトーンのピンドットもカジュアルすぎずシックな印象です。 体を締めつけない心地よいシルエットながら、ウエストのドローストリングでメリハリアップが可能。絞り具合で丈やシルエットを調整できるので、どんな体型の方でもバランスよく着ることができます。浅すぎず、深すぎない絶妙なVネックや二の腕がすっぽり隠れる長めの袖丈も華奢見えをサポート。 バッグ¥4620/ラヤン(マリー・ルイーズ) 靴¥12100/UTS PR(スペース クラフト) ピアス¥61600・ブレスレット¥13200/ミキリ(クードル) ネックレス¥5390/ジューシーロック ドット柄オールインワン [ドット柄オールインワン] 夏に向けて、楽ちんなのに今っぽいオールインワンを作りたくて。まず、大人がよそ行きで着られるように、高級感のあるシルキーな素材をチョイス。黒ベースのピンドットでフレンチシックに楽しめます。 首元はシャープなVあきに、ウエストには絞りを入れたので、さっと着て、女性らしいメリハリのあるルックスが叶うんです。かがんでも胸元が見えにくいWボタンもポイント! From 徳永千夏さん 身長155㎝ 徳永さんコーデを拝見! 白TをINして目線を上に。スニーカーでもバランスよく見えます。 【徳永千夏さんコラボ】12closet Vネックコットンワンピース 「洗える」 (各)¥19250 ボリューム袖とフレアシルエットが華やかフェミニン! 立っているだけで絵になるVネックワンピース ボリューム調整できるエアリーな袖と揺れるAライン、女らしい前後Vあきと、どの角度から見ても絵になる主役級の一枚。ゆったりと着心地がよい一方で、デコルテがきれいに見えるネックのあき具合や脚長効果のあるウエスト切り替えの位置など、スタイルアップできる要素を盛り込んだのも徳永さんのこだわりです。 植物由来のリヨセル混コットン素材を使い、袖のフォルムが決まりやすいほどよいハリ感となめらかな肌ざわりを両立。大人が着やすい落ち着いたトーンのフューシャピンクと都会的なカーキの2色展開。 バッグ¥8250/シップス 有楽町店(アドカラム) 靴¥15400(ディアナドット)・ネックレス(短)¥38500(クードル)/ミキリ ピアス¥4290/ジューシーロック ネックレス(長)¥12100/サイクロ Vネックコットンワンピース 袖を伸ばすと ひじまでしっかり隠れて安心。すっきり洗練された印象が高まります。   後ろもきれい! ヘルシーに見えるあき具合を吟味。旬度も女らしさもぐんとアップ!   [Vネックコットンワンピース] ロングシーズン活躍するマキシワンピ。こちらは、首元の“抜け”にこだわり、上品な女らしさを出すために前後Vにしました。その分、袖にボリュームを出し、今年らしいニュアンスをプラス。 袖口にゴムを仕込みふんわり感を調整できるので、シーンによってアレンジできます。気分が上がるドラマティックなシルエットも特徴。腰位置を高く見せる胸下切り替えで、すっきりと着映える一枚に仕上がりました。 From 徳永千夏さん 身長155㎝ 徳永さんコーデを拝見! 色とシルエットが甘めなので黒小物で締めつつカジュアルダウン!   かごバッグ&レザーサンダルできれいめに。お出かけにも最適です。   左:カーキ 右:フューシャピンク Vネックコットンワンピース 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/中田陽子(MAETTICO)(モデル) 清藤直樹(物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリスト/徳永千夏 モデル/今井りか 取材・原文/榎本洋子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年5/7発売LEE6月号現在)です。
  • この金額でいいの?UNIQLO今季No.1トップス!こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 子供の半袖パジャマを買いにUNIQLOに行ったら、欲しかった+JのTシャツが再販されていました! それがこちら。 UNIQLO +J スーピマコットンオーバーサイズT 1,990円(税込)1,990円とプチプラなのに、しっかりとした厚みのあるツヤのある生地で本当に高見え! 10,000円以上するTシャツと比べても、遜色ない逸品です。 まずはダークグレーの着画から。 このツヤ感伝わりますでしょうか? 身幅が広めなオーバーサイズシルエットですが、詰まり気味な首元のおかげで、だらしなく見えません!肘が隠れる長めの袖丈(5分袖)も、二の腕を隠したいアラフォーには嬉しいポイント!後ろから見るとこのようになっています。 お尻がしっかり隠れる、でも長すぎない絶妙な丈。お次はピンク。 今回この色が1番気に入りました♡ 淡いピンクですが、ボックスシルエットのおかげで甘くなり過ぎず、程よく女性らしさもプラスされます。前後差のある裾もウエストインする時に良さそうですね!全身で見るとこのようになっています。ウエストアウトでスキニーパンツ合わせがテッパンの組み合わせ!足元はお気に入り、ZARAのチェーントリム付きサンダル。 バッグも黒で統一して、ワンマイルコーデにしました! それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーになりました! 商品ページへ直接飛べます! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数11万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • バッグやTシャツなどスーベニア感覚で買い物できるショップ『ジャーナル スタンダード』表参道レディース店のエントランスエリアに常設される "POP house"。5/7(金)から5/16(日)までの期間、このスペースで人気フォトグラファーの竹内裕二氏と『ジャーナル スタンダード レリューム』のコラボ企画の第二弾『KIOSK “BREAKFAST RESTRANT”』が開催されます!この『KIOSK “BREAKFAST RESTRANT”』は竹内氏と共に、旅先で出会ったことのあるような売店(=KIOSK)を仮想した企画のショップ。さまざまな土地で撮影された素敵な写真を使用したTシャツやバッグなど、旅先でお土産を買うような感覚で楽しめるんです♪ 早速、販売されるアイテムをピックアップしてご紹介します!まるで旅行気分♡ 初夏のムードを盛り上げてくれるアイテムたち【Yuji Takeuchi×relume】Photo Tシャツ(M/XL) 各¥5500着るだけでさまになる何枚あっても便利なフォトTシャツ。どの柄もおしゃれで可愛い♡コラボ第一弾の追加分3柄の再リリースもあります!【Yuji Takeuchi×relume】Photo ショッピングバッグ(3柄それぞれS/M)¥1980(S)¥2200(M)コーディネートの差し色にもなる、写真と生地の色みが可愛すぎるバッグ。折りたためる&コンパクトになるので、エコバッグと使用しても◎。【Yuji Takeuchi×relume×’47】キャップ 各¥4950ボストン発のMLBライセンスキャップブランド『'47』とコラボレーションしたロゴキャップ。シンプルでありながら快適さやデザインなどディテールにまでこだわった高品質な製品です!【Yuji Takeuchi】ポストカード(全12柄)各¥220「旅が出来ない今、大切な人に思いを馳せて手紙を書いてほしい」という想いで制作されたポストカード。素敵なカードと共に、大切なメッセージを伝えて♡ インテリアとして飾ってもオシャレです!『Le Tan』サンスクリーンローション(SPF50+ PA++++/マンゴー/ウォーターメロン/パイナップル/ココナッツ)各¥2530オーストラリア発のナチュラルな日焼け止めブランド『Le Tan』。サンゴに有害な影響をもたらす紫外線吸収剤オキシベンゾン不使用で、リサイクルパッケージが使用されているので肌や環境に優しい処方。動物実験も行わず、ナチュラルなライフスタイルを愛するオーストラリアの人々に支持されている日焼け止めローションです。他にも、多肉植物を中心とした植物や、竹内氏の地元でもある広島県産のレモンも販売されます! 旅行に行くことが難しい今、旅のムードを感じて気分を上げてみてはいかがですか? ぜひ、チェックしてみてくださいね♪POP houseイベント『KIOSK “BREAKFAST RESTRANT”』場所:『ジャーナル スタンダード』表参道 レディース店    東京都渋谷区神宮前4-26-18    03-6438-0401 期間:2021年5月7日(金)~5月16日(日)11:00~19:00(時短営業中)※最新の営業状況は店舗へのお問い合わせ、または公式SNSにてご確認くださいませ。※今後の状況に応じて、休業及び営業時間の変更を行う可能性がございます。※営業につきましては、換気、入店の際のマスク着用・手指の消毒・人数の制限等を行いながら、お客様の安心安全を最優先に考えて営業致します。▶▶『ジャーナル スタンダード』表参道店公式インスタグラムはこちら▶▶『ジャーナル スタンダード レリューム』公式インスタグラムはこちら▶▶竹内裕二公式サイトはこちら【関連記事】日焼け止めおすすめ【2021年版】特集 - 美プロいちおしの最新UVケアアイテムまとめ【関連記事】【佐藤栞里×ギンガムチェック】フレンチシックな柄で着こなしが新鮮に、大人になる!文/的埜里菜 ※掲載商品の発売時期およびイベント等については変更や延期・中止の可能性があります。メーカーHPおよび公式サイト等で最新情報をご確認ください。なお政府や自治体からの外出自粛要請等の情報にもご注意いただき、慎重な行動を心がけるようお願いいたします
関連キーワード

RECOMMEND