買って良かった♡SALEでシーズンレスな一足を

Marisol ONLINE
こんばんは、hirokoです。

SALEも終盤ですが、今日は私が購入したパンプスがシーズンレスに使えてオススメなので、ご紹介したいと思います。
LAURENCE(ロランス)のMOCK ARCH 40、ホワイトです。
ラインが美しくて、モダンで、品のある佇まいが素敵なシューズブランド。
Marisol誌面でもよく見かけますね。
集英社の公式通販サイト、HAPPY PLUS STORE(ハッピープラスストア)で、なんとSALE中でした。
365日ヒール派だった私も、白スニーカーの新鮮さ、心地よさが好きになって、全身のバランスのとり方(あきらめ方)にも慣れて数年。
うーむ、なんだかこのままヒールを忘れてしまいそう。
足元の「白」は差し色で好きだから、ちょっとデザインのあるパンプスで、フェミニンにもカジュアルにも使えるものがあればいいな、とぼんやり思っていたところ、出合いました。
かぶりの深めなアッパーが、プレーンなパンプスとひと味違って目を引きます。
LAURENCEの靴はデザインだけではなく履き心地の良さもポイントで、足裏全体を支えるハイアーチの木型は疲れにくく、まさに走っても平気なパンプス。
幅のある4cmヒールの安定感も抜群です。
白スニーカーから気軽にシフトできる一足になりました。

カーゴパンツに合わせて、大人カジュアルに。
甘いロングスカートに合わせて、大人フェミニンに。
クリーンな白は、冬もカラータイツで合わせれば差し色で映えます。
予約している春服にもぴったりじゃないかな~と今からあれこれコーデを膨らませています。

この「MOCK ARCH 40」というデザインは定番で、21SSでは違うカラーで発売されています。
このキャメルがまた素敵な色味で、旬度を高めたい!という方にはピッタリなカラーです。
HAPPY PLUS STOREは、雑誌を一緒に買うと送料無料になったり、コラボ企画がたくさんあったりするので、要チェックです!

Instagramもよろしくお願いします^^
関連記事
  • ベーシックアイテムであり、この春のトレンドの目玉でもあるシャツ。マリソル精鋭スタイリストたちのお眼鏡にかなった、とっておきの一枚とは? No.01 徳原文子/FUMIKO TOKUHARA トレンドへの感度の高さと、まねしやすいコーディネートへアレンジする独自のセンスでマリソルスタイルを牽引。春はレトロな柄ものに注ドットシャツをフレンチシックに着る! 「シャツって実は、時代を映すアイテムだと思います。ブランドのアーカイブを今の気分に落とし込んだ、エキップモンのドット柄シャツはまさにそんな一枚。ハイウエストの太め白デニムと、フレンチなムードたっぷりに着たい」(徳原さん)ヴィンテージとモダンが共存する最旬モノトーンカジュアル 「ドット柄は、細かめより大きめのほうが大人っぽいバランスに」。シャツ¥46,000/サザビーリーグ(エキップモン) カーディガン¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥26,000/アングローバル(イレーヴ) ターバン¥8,900/アルアバイル ピアス¥59,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥108,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ) No.02 福田亜矢子/AYAKO FUKUDA トラッドを軸にした大人ベーシックなスタイリングはスタッフにもファン多し。マリソル世代が取り入れやすいきれいな配色企画も毎回反響が!ブルーシャツをメンズライクに、正統に 「ブルーシャツの、正統派なたたずまいに今また惹かれています。大ぶりのシルバーアクセサリーを首もとや腕にじゃらっときかせて。メンズライクな中に、ひとさじ女っぽさのあるバランスがいい 」(福田さん)オーバーサイズのシャツをブルーのワントーンで端正に 「ハーヴェル スタジオのシャツは、つくりのていねいさ、着た時の美しさも好み」。シャツ¥35,000/アイクエスト ショールーム(ハーヴェル スタジオ) パンツ(4月展開予定)¥12,273/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 帽子¥28,000/UTS PR(マサカズ フルサワ) チェーンネックレス¥75,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) プレートネックレス¥20,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥75,000(マリアルドマン)・バッグ¥13,000(マーケットバッグ)/ザ ストア バイ シー 代官山店 ストール¥42,000/アイネックス(アソース メレ) No.03 石毛のりえ/NORIE ISHIGE 女性らしさの中にピリッとスパイスをきかせたコーディネートを持ち味に、本誌をはじめ大人の女性誌で活躍。実用性を備えた服選びにも定評がデザインシャツを甘辛ミックスで着る! 「ふわっと広がるボリューム袖の甘さがありながら、シャツ地でしゃきっと着られる理想の一枚。欲しかった華やかさが簡単に手に入ります。細身のレザーパンツと合わせて、大人らしい甘辛バランスに着地させたい」(石毛さん)ふんわり袖×ペールブルーはアラフォーにちょうどいい甘さ  「実はここ最近、シンプルなシャツをさらっと着るスタイルだと"もたない"感じがしてしまって。YOKO CHANのシャツブラウスはそんな私の気持ちにフィット。ほどよい甘さとデザイン性で、着映え効果は絶大です」。トップス¥37,000/YOKO CHAN パンツ32,000/オットデザイン(ルーム エイト) ピアス¥34,000・リング¥42,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥155,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥18,000/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) No.04 松村純子/JUNKO MATSUMURA 上品シンプルなスタイリングが得意な実力派。妥協なきセレクトと、着る人への"似合わせ力"を発揮した「おせっかいサロン」企画も大好評!フリルシャツをレイヤードで楽しむ! 「シンプルをベースにしながら、気分の上がるひとくせディテールを積極的に取り入れたい。フロントのみにフリルが施された白シャツを、ロングジレからのぞかせて。さりげなくきかせるくらいが、自分らしくて心地いいんです」(松村さん)リネン素材のジレからのぞく白フリルでおしゃれ気分を上げて 「ノーカラーのスマートさも好き」。シャツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 共布ベルトつきジレ¥73,000/エブールギンザシックス(ebure) デニムパンツ¥25,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(エー・ゴールド・イー) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) イヤカフ(上)¥17,000・(下)¥18,000・細リング¥27,000/マリハ(マリハ) リング¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ) 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 石毛のりえ 松村純子 モデル/蛯原友里 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • ふんわり袖とは対象的なスッキリとしたタイトスカートをピンクにしてみる!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますボタンが背中についているだけあって、一人暮らしだとちょっと手こずりがちなこのタイプのシャツを着るときは、背中のボタンをそっと優しく留めてくれる人を見つけないとなぁ…と物思う。とはいえ、ふんわり袖で上品に見えるし、ピンクのタイトスカートを上品に見せてくれるからお気に入り。ディテールや色合いで甘々な印象にならないように、無駄なものは極力削ぎ落としつつ、足もとはスニーカーでカジュアルに着こなして。後ろボタンスタンドシャツ¥16,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) スカート¥59,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ストール¥24,000/スロー 靴¥15,000/シードコーポレーション(ヴェジャ) バッグ/スタイリスト私物後ろボタンスタンドシャツ/エムセブンデイズ【SHOP Marisol】▶BLUEBIRD BOULEVARD (ブルーバード ブルバード)商品一覧【SHOP Marisol】▶靴/ヴェジャ【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ピンク」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • ボーダーシャツを新調。今年はいつもと違ったカラーで大人カジュアルを楽しむ♪こんばんは!雪千代です。 3月になりましたね! 春になると自分のコーデの中で出番が増えるのがボーダーシャツです。 ボーダーシャツといえば様々な老舗ブランドがありますが、 今回私が新調したのはセントジェームスのボーダーシャツ。 今年はネイビーやブラックの定番カラー以外にも挑戦してみたくて 春らしく明るい爽やかなグリーンを選んでみました^^初めてセントジェームスを着たのは約20年前くらい。 当時は音楽やファッションなどサブカルにどっぷり浸っていた時代。 その影響もあり大好きなミュージシャンが着ていたのがきっかけで アルバイトでお金を貯め憧れのセントジェームスを買って着た時は ようやくお洒落さんの仲間入りが出来たと舞い上がっていた自分が懐かしいww最初は40代の自分に似合うのか心配でしたが 実際に着てみると「あれ!?いいかも」と一瞬で気に入ってしまいました>▽▽
  • おしゃれ気分を一新したくなる春は、おしゃれの土台である「ボトム」をリフレッシュさせるのがおすすめ。印象はもちろん、ワードローブが活性化され、コーディネートの鮮度も簡単に引き上げてくれる。華やぎアイテムとしてワードローブに欠かせなくなったスカートは、甘さが抑えられ、より辛口に。>>脱・マンネリ「優美なパンツ」って?パンツ派も似合う「甘くないスカート」「長らくパンツ派でしたが、髪を切って以来シンプルスカートのほうがしっくりくるように。目下タイトすぎないストレートを愛用中!」坪田あさみ(エディター&ライター)「パンツと同じように使える辛めのスカートは便利。甘くないのにちょうどよい女らしさが加わる気がして」編集U ふんわりと柔らかな白をたっぷりとレイヤードした上半身をスマートに受け止めているのは、構築的な細身のストレートシルエットのスカート。切り替えの斜めのラインやバックスリットのあしらいにひねりがあり、立ち姿も絵になる美しさ。 スカート¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(ルーム エイト) ブラウス¥19,800/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥52,800/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ) バングル¥50,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥85,800/ジミー チュウ 靴¥94,600/トッズ・ジャパン(トッズ)「スカート」記事一覧はこちら>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年4月号掲載
  • 重たいコートを脱いで、おしゃれをより楽しみたくなる春。おしゃれ気分を変えるなら、まずはボトムを見直してみるのが簡単! この春のパンツは、色や素材のバリエーションが増え、より優雅&フェミニンにアップデート。 >>脱・マンネリ「甘くないスカート」って?スカート派もいける「優美なパンツ」「とろみ素材のパンツに出会って、マキシスカート一辺倒から脱却。バランスはそのまま、でも確実におしゃれが新鮮に!」福田亜矢子(スタイリスト)「つやパンツはむずかしいと思い込んでいましたが、手持ちのトップスが息を吹き返したようにいきいきとして。感動です!」松井陽子(エディター&ライター) マイルドなイエローカラーのワイドパンツをコーディネートのベースにすれば、全身の印象もぐっと明るくポジティブなイメージに。ふるふるとした弾力と独特の落ち感をあわせもつ、光沢感のあるリネン混の素材がシルエットに独特の味わいを加え、カジュアルなムードを宿しつつ、大人にふさわしいエレガンスも見事にかなえてくれる。 パンツ¥28,600/ニアー(ニアー ニッポン) コート¥108,900・カットソー¥9,900/ebure GINZA SIX店(ebure) ピアス¥26,400・ネックレス¥52,800/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥193,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥105,600/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「パンツ」記事一覧はこちら>>撮影/金谷章平 へア/西村浩一(vow-vow) メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年4月号掲載
  • 【名品】シンプルでベーシックなコンバースは、オールシーズン使えて、きれいめカジュアルにもぴったりな一足。あっという間にもう3月ですね。 待ちに待った春、嬉しいです。 花粉症は辛いけれど、、、。 今年に入ってから、スニーカー率が高い私。 年始に派手に転んだこともあり(苦笑)、スニーカーの安心感といったら。実は、スニーカーはコンバースしか持っていないのですが、なかでも、白は本当に重宝しています。 今年も冬の終わりから履いていますが、ブーツ→白スニーカーにスライドするだけで、足元も気持ちも軽やかに♪ こちらは、数年前のコンバース×IENAのコラボ商品です。 白はどうしても汚れが気になってしまいますが、コンバースならお手頃なので抵抗なく履ける点も良いですね。 とはいえ、お気に入りの一足なので多少気を遣っています。(ガサツなので気を遣うくらいがちょうど良いと思われます。) "シンプル&ベーシック"なコンバース。 きれいめカジュアルが好きな私に1番しっくりくるスニーカーです。 (ボリュームのあるスニーカーが似合わないというのもあるのですが、今年は挑戦してみたい気持ちも。) 休日のスニーカーコーデ。 スウェット×UNIQLOのレギンスパンツ 学校へ行く用事がありジャケットを羽織りました。 もう少し暖かくなったら足首を出したいです☺︎×フレアパンツ×ワンピ×タイトスカート使い勝手がよくて、どんなコーデにも馴染み、抜け感も出してくれる。本当に使える一足。 ちょっとくたびれてきましたが、味も出てきて良い感じ。まだまだ大切に履きたいと思います♪ 最後までお読み頂きありがとうございました♪ 本日リップ:POLA BA カラーズ リップグロス ピンクリキュール さすがBA!発色もよく潤いもしっかり。肌馴染みの良いベージュピンク。まさに大人グロスです。Kana.No.164 kana
  • 擦れる、乾く、動かさない…。ますます深くなる口もとの“ナナメ線”に喝!加齢だけでなくマスク生活の弊害も相まって、ほうれい線がこれまで以上に気になるアラフォー女性が続出中。そこで専門家によるほうれい線委員会を結成。トレーニング、メイク、スキンケア……自力のほうれい線対策を探ります!☆ほうれい線委員会歯科医師・石井さとこ先生歯科医師・石井さとこ先生多くの女優やモデル、アナウンサーなども通う「ホワイトホワイト」院長。近著は『マスクをしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社)筋力が低下しがちな口もとまわりの表情筋を鍛えることが効果的 「固まりがちな表情筋をほぐしながら、口まわりや舌の筋肉を鍛えるトレーニングを。大切なのは鏡を見ながら姿勢を正して行うこと。トレーニングはゆっくり10回繰り返すのが基本。2 週間継続で驚くほど効果が」☆POINT ・固まった表情筋をほぐす ・舌の筋力を強化する ・唾液をきちんと出す ・口輪筋など、口まわりの筋肉を鍛える舌の筋力アップと口輪筋強化! ほうれい線アイロン 舌を使ってほうれい線に沿ってアイロンがけするように、ほぐしながらのばすトレーニング。舌と表情筋にダブルアプローチ。まずは、舌をほうれい線の内側に当てながら、このあたり? という場所にきちんと当たっているか顔の上から指で確かめながら、実践を。最初は左のほうれい線から。舌先をほうれい線の始点である小鼻のつけ根あたりに内側から当て、ほうれい線に沿ってラインをゆっくりぐいぐい伸ばす。続いて、反対側の右のほうれい線も同様にゆっくりぐいぐい、アイロンがけのように伸ばす。左右とも10回ずつ往復させる。表情筋を効果的にリリース!モダイオラスほぐし口角の内側少し上にあるモダイオラスという結節は顔の筋肉が集まる重要ポイント。ここをまず、ほぐすことで口もとトレーニングの効果もアップ。まずはモダイオラスの位置を確認。口角の内側の少し上のあたりを舌先でさわると、小さな膨らみがあるのがわかる。そこが表情筋が集結するモダイオラス。モダイオラスに舌先を当て、下から上に向かってゆっくり舌を動かしながら、凝り固まりがちなモダイオラスをほぐす。舌筋のトレーニングにも。口の中のうるおいを取り戻せ!美唾液プッシュ年齢を重ねるほど唾液の分泌量は減少。唾液には、美肌再生に欠かせない成長ホルモンも。唾液の量を増やす耳横のツボを刺激し、美肌ホルモンの分泌を促進。耳の上側のつけ根の少し手前下にある小さなくぼみがポイント。ここを指の腹で10秒押して離すをゆっくり10回繰り返す。口の中がうるおって口の動きもスムーズに。【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子(人物) モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/山崎敦子 企画・構成/原 千乃
  • 新しい季節は、心も弾む新パートナーと。外出の機会が減っている状況だからこそ、新しい生活にマッチしたマイ定番となるパワーシューズで気持ちを上げていきたい! 今の気分にフィットした“コンフォート&長く愛用できる”アイテムを4つのカテゴリーで厳選してお届け。 歩くのが楽しい! プラットフォームサンダル 安定感のある歩みを叶えてくれるプラットフォームサンダルは、春夏の相棒にぴったり。ソックスやタイツとも相性がよく、スタイリングで遊べば着こなしの幅もぐっと広がる。ブルーのワントーンでモダンに昇華【エルメス】サンダル〈ヒール7cm〉¥125,000/エルメスジャポン(エルメス)スムースなカーフレザーとジュートを組み合わせて。爽やかなブルーが、夏らしいムードをさらに盛り上げる。ストラップにはアイコニックなバッグ《ケリー》のバックルをあしらい、品格のある佇まいを完成させた。 エルメスジャポンhttp://www.hermes.com/03-3569-3300ペイントデザインでアナーキーに【マルニ】サンダル〈ヒール4cm〉¥92,000/マルニ 表参道(マルニ)着想源は、スペインのメノルカ島の伝統的なサンダル。軽やかなキャンバス地には、ビビッドなピンクでブラシストロークのデザインを施しアクセントに。ラバークレープフォームのソールが歩きやすさを後押しする。マルニ 表参道https://www.marni.com/03-3403-8660細部に宿る熟練職人の技【セルジオ ロッシ】サンダル〈ヒール5cm〉¥99,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 甲をしっかり包み込んでくれるクロスのアッパー。トリミングには、小さなフリンジとアイレットを配し、少しのエッジを加えた。スタイリングしやすいベーシックさと、ツイストを効かせたディテールのバランスの妙が秀逸。 セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016600 レザーを駆使したクリエイティビティを堪能【クレジュリー】サンダル〈ヒール8.5cm〉¥93,000/ブルーベル・ジャパン ファッション事業本部(クレジュリー)  目を引くのは、カーフレザーを編み込んで作り上げたグラフィカルなアッパー。タフなボリューム感と流れるようなラインのエレガントなムードが交差し、絶妙なバランスに。深みあるグリーンで、印象的な1足になっている。 ブルーベル・ジャパン ファッション事業本部https://www.clergerieparis.com/03-5413-1050 履き心地を極めたリラクシングシューズ【カンペール】サンダル〈ヒール4cm〉¥20,000/カンペール ストラップをマルチカラーで表現したスポーティなサンダル。アウトソールにはEVA素材を挟み、ボリュームを出した。軽量で柔軟性にも優れる上、フットベットにはリサイクル素材を使用するなどサステイナブルの面も抜かりない。 カンペールhttps://www.camper.com/ja_JP/03-5412-1844 気分も華やぐ、春色フラットパンプス グッドガールな装いを叶えてくれるフラットパンプス。歩きやすさを兼ね備えたシーズンレスで履ける一足は、ワードローブの定番に。華やかなスプリングカラーなら、足取りがもっと軽くなる。 ペールトーンにときめいて【サルヴァトーレ フェラガモ】パンプス¥84,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)  アイコニックシューズ「VARA」をアップデートした「VIVA」に春らしい新色が登場。ポップなペールトーンも、ワントーンで表現すればモダンな表情に。存在感のある一足は、スタイリングのフックとしても活躍する。 フェラガモ・ジャパンhttp://www.ferragamo.com/0120-202-170 世の中の煌めきを1足に集めたなら【ジミー チュウ】パンプス¥125,000/ジミー チュウ 繊細に輝くダスティグリッターを全体にちりばめたフラットパンプス。甲を飾るストラップには、クリスタルとパールを贅沢に配した。煌めきを詰め込んだシューズに足を通せば、どんな1日も特別な日へと早変わり。 ジミー チュウhttp://www.jimmychoo.com/0120-013-700トーンオントーンでエレガントに【ロジェ ヴィヴィエ】パンプス¥73,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)ポインテッドトゥにバックルをあしらった、フレンチシックなバレリーナシューズ。新色には、ゲラルド・フェローニらしいフェミニンなサーモンカラーを採用した。ラバーソール仕様で、雨の日も心強い。 ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパンhttp://www.rogervivier.com/0120-957-940 満開の花々で春爛漫な足元を演出【レペット】パンプス¥38,000/ルック ブティック事業部(レペット)  アイコニックな「サンドリオンオート」に、オリジナルのフラワーパターンを配して。ナイロンをプリーツ加工することで、奥行きを演出。見ているだけで心躍るカラフルなシューズは、これからの季節のワードローブにぜひ取り入れたい。 ルック ブティック事業部http://www.repetto.jp/03-3794-9139 エターナルに活躍! ローファー&レースアップシューズ どんな装いも途端に端正な雰囲気へとアップデートしてくれる、メンズライクなローファーとレースアップシューズを厳選。エターナルに愛せるアイテムを見つけて。 センシュアルな素材使いに心酔【サンローラン】シューズ〈ヒール1cm〉¥110,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) オールブラックのソリッドなダービーシューズ。透け感のあるフィッシュネットがセンシュアルな要素をプラスし、ボーイッシュエレガントなムードに。ムッシュ イヴ・サンローランの矜持を感じられるアイテムだ。 サンローラン クライアントサービスhttp://www.ysl.com/0120-95-2746 2wayで履ける“タビ”ローファー【メゾン マルジェラ】シューズ〈ヒール1.5cm〉¥120,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)ダークネイビーのカウレザーを用いたローファータイプの「タビ」。かかと部分にはブラックのラムレザーを採用した。柔らかいため、踏めばバブーシュ風サンダルのように履くこともできるのが嬉しい。 メゾン マルジェラ トウキョウhttp://www.maisonmargiela.com/03-5725-2414 ラフィアで軽やかな抜け感を演出【トリー バーチ】シューズ〈ヒール0.5cm〉¥50,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) アッパーにダブルTロゴのチャームとボウをあしらったブランドのシグネチャーシューズ。今シーズンの新作はラフィアを編み込み、抜け感のある佇まいに。かかとは折りたたんで、スリッパのように履いてエフォートレスに楽しむこともできる。 トリー バーチ ジャパンhttps://www.toryburch.jp/0120-705-710 アイコニックのハードウェアが煌めいて【コール ハーン】シューズ〈ヒール1cm〉¥34,000/コール ハーン ジャパン(コール ハーン) 柔らかいスエードが足にフィットするクラシックローファー。クッション性の高いソックライニングは足裏全体を優しく受け止めてくれる。アッパーではコール ハーンの頭文字“CH”を象ったハードウェアが輝き、洗練されたムードを薫らせる。 コール ハーン ジャパンhttps://www.colehaan.co.jp/0120-56-0979  ボリュームソールでアップデート【ドクターマーチン】シューズ〈ヒール4cm〉¥25,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン)  アイコニックな「1461」、通称3ホールに、4cmのQUADスタックソールを組み合わせて。ボリュームのあるシルエットが今季らしさを加速させる。コバでは、シグネチャーのイエローステッチが主張しアクセントに。 ドクターマーチン・エアウエア ジャパンhttps://jp.drmartens.com/03-6746-4860 スタイルアップも叶う、ボリュームスニーカー 歩きやすさで言ったらやっぱり右に出るものはないスニーカー。今シーズンらしさを出すなら、ボリュームがあるデザインがおすすめ。トレンド感だけでなく、スタイルアップまで叶うのも嬉しいポイント。 洗練を極めたコンテンポラリースニーカー【ディオール】シューズ¥123,000/クリスチャン ディオール(ディオール)  シューレースをラバーフラップで覆ったタフなデザイン。サイドには 視線を集める“DIOR-ID”シグネチャーをあしらった。ホワイトとダークブルーのモダンなカラーパレットは、幅広いスタイルと好相性。 クリスチャン ディオールhttps://www.dior.com/0120-02-1947  素材とカラーに遊び心を込めて【トッズ】シューズ〈ヒール4cm〉¥89,000/トッズ・ジャパン(トッズ) レザーやスエードなど異素材をミックスすることで表情豊かに。足に触れる部分にはメッシュ編みのソックスを採用。ソールには2種類の素材を使用することで軽量化を実現した。デザインだけでなく履き心地も追求した優秀な1足だ。 トッズ・ジャパンhttp://www.tods.com/0120-102-578 エッジィなデザインで注目の的に【クリスチャン ルブタン】シューズ〈ヒール4cm〉¥109,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) サメの歯を想起させるシャープなソールが印象的。シルバーやネオンイエロー、レッドのコンビネーションも相まって、主役級の存在感を放つ。ユニークなデザインと品格が両立するのは、ブランドが培ってきたクラフツマンシップのなせる業。 クリスチャン ルブタン ジャパンhttp://www.christianlouboutin.com/03-6804-2855 エクストリームなソールが衝撃を吸収【アグ®】シューズ〈ヒール5.7cm〉¥18,000/デッカーズジャパン(アグ®)  UGG®の本社があるカリフォルニア州サンタバーバラの市外局番が名前の由来になっている新定番スニーカー「CA805」。5.7cmを誇るボリュームソールには、クッション性の高いTreadlite by UGGを採用し、歩きやすさを後押し。 デッカーズジャパンhttp://www.ugg.com/jp/0120-710-844 photography: Hiroki Watanabe(TRON) styling: Aya Yamanaka text: Mai Ueno
関連キーワード

RECOMMEND