冷え込む家の中でも短め丈カーディガンをレイヤードしてバランスよく【2020/11/25コーデ】

Marisol ONLINE
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
明日は在宅ワーク。急に冷え込んできたせいなのか、はたまた夫がずっと帰ってこないせいなのか、広い部屋で一人でいるとなんだか寒気がするので、床暖つけつつカーディガンを重ね着した防寒コーデを。ショート丈のカーディガンは、シルエット映えする一枚。ニットにニットを重ねても花柄のティアードスカートを合わせることでもっさり見えない。仕事の合間に不動産屋さんと連絡をとってバーチャル内見しなくっちゃ。
カーディガン¥25,000/サードマガジン(サードマガジン) ニット¥19,000/カトルナフ 代官山店(カトルナフ) スカート¥22,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ヌキテパ) バッグ¥36,000/オルサ(オルセット) ブーツ¥34,000/オデット エ オディール 新宿店(ファビオルスコーニ フォーオデット エ オディール) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥36,000/ココシュニック(ココシュニック)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「カーディガン」を使ったコーデの関連記事もチェック

ダウンコートから、使い回し力抜群のニットセットアップまで。、今すぐ着られる"暖かくておしゃれな"アイテムたちをご紹介
“なんとなく”はおるのではなく、スタイリングの主役にすることでいっそうきわだつカーディガンの魅力。お悩みや目的別に、それぞれおすすめのタイプとスタイリングのコツをレクチャー!
“似合わせ”スタイリスト松村純子&全力エディター発田美穂が緊急タッグで、実は地味にむずかしい?「カーディガン」を徹底検証!
関連記事
  • コート¥5990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) シャツ¥5000/アダストリア(ヘザー) スカート¥6400/MURUA ルミネエスト新宿店 バッグ¥3900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) 帽子¥12000/CA4LA プレスルーム(カシラ) 靴¥10800/R&Eロングスカートは可愛いけど、モブ化しがち。そんな時こそミニスカの出番。ロングブーツとの最旬バランスなら今っぽさもスタイルアップもお手のもの。ゆるサイズが今っぽいアウターを合わせてこなれ感もたっぷりに。モデル/鈴木ゆうか 撮影/川﨑一貴(MOUSTASHE) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】 カジュアルコーデの定番パーカはきれいめパンツと合わせてあか抜け!【毎日コーデ】 ベスト&シャツ、トラッドなレイヤードスタイルは旬な足元で差を【毎日コーデ】
  • 昨夜はLEE2月号のインスタライブ、見ていただけましたか? 麻琴さんと一緒に、大人の「可愛げ」ファッションについてお届けしていたら時間が足りなくて足りなくて…最後までお付き合いくださった方、本当にありがとうございました。 リラクシーなスウェットにレースのスカートを合わせてみる、いつものデニムを柔らかな色に変えてみる…。ほんの少しの「挑戦」で、新しい自分に出会えたり、新鮮な気持ちで1日を楽しめるんだなぁと実感。ファッションのポジティブな力をしみじみと感じることができました (ライブのアーカイブはこちらから!)   ライブの後は、おうち時間! さて!ライブ後急いで帰宅をしたら、家族が寝る時間に間に合いましたので大好きなゾロトウの絵本を読みました。左は編集部の先輩からのいただきもの(絵本をいただくってすごく嬉しいですよね!)、右は少し前に買い足したものです。 『ぼくは赤ちゃんがほしいの』は、お人形を好きな男の子のおはなし。お人形を抱っこして、ミルクをあげたり寝かしつけたりするのは果たして「女の子らしい」ことなのか? ゾロトウの温かい視線が素敵で、子どももわたしも大好きな一冊です。さて、週が始まって2日目、今日も頑張っていきましょう  
  • ハイセンスなセレクトで大人花嫁の心をキャッチするドレスサロン・ミーチェに、アントニオ・リーヴァの2021年新作コレクションが入荷した。 イタリア・ミラノ発のアントニオ・リーヴァといえば、艷やかな最高級シルクを駆使した構築的なデザインが特徴。360度どこから見ても美しい、凛としたエレガントな着姿が魅力だ。 2021年新作コレクションのテーマは「ETOILE(エトワール)」。可愛らしさの中にも、厳格さ、芯の強さを兼ね備えた多様性のある花嫁像をさまざまなデザインに落とし込んだ。お馴染みのミカドシルクのみならず、刺繍が施されたチュールやシルクオーガンジーといったウェディングドレスらしい素材も、ブランド独自のユニークな視点でフレッシュなドレスへと生まれ変わった。ひと目で心を奪われる、まるで花びらのようなスカートの広がりが印象的なボリュームドレスは、今シーズンのトレンドでもあるラッフルデザインをモダンにアレンジ。 デコルテから裾に流れるフリルが何とも美しいマーメイドドレス。コレクションではほんのりブルーがかったカラードレスだが、ミーチェではホワイトドレスに仕様を変更して入荷。まるで真珠のような輝きは、最高級と称されるミカドシルクだからこそ。ボリュームレスな動きやすいデザインのため、ゲストと距離の近いミニマムなウェディングと好相性。 また、2021年2月1日(月)〜28日(日)までの期間限定で、アントニオ・リーヴァ フェアも東京店・京都店にて開催予定。数あるインポートドレスの中でも、アントニオ・リーヴァの品揃えは国内随一! 取り扱いはここだけというウェディングシューズとともに、ぜひチェックしたい。 アントニオ・リーヴァ フェア期間:2021年2月1日(月)〜28日(日)場所:ミーチェ東京店東京都港区元麻布3-4-26 B1F京都店京都府京都市東山区新門前通大和大路東入四丁目松原町274-1*フェア期間中に初回来店の予約を電話またはメールにて申し込んだ方対象ミーチェhttp://www.micie.jp/03-5475-5120 ウェディングシューズも必見! 最新コレクションはこちらから
  • リラクシーな着心地が今の気分 春を匂わせる 人気ブランド新作ワンピース 人気ブランドの新作をピックアップ。この春もオーバーサイズのモノや、着心地、肌ざわりがよいリラクシーな雰囲気がトレンド。まだまだ寒いけれど、明るい色や春めいた素材を取り入れて、冬のコーディネートをアップデート&気分をリフレッシュしましょう。 item01バックオープンバンドカラーワンピース/ADAM ET ROPE’ アラフォーの人気ブランドといえばADAM ET ROPE’(アダム エ ロペ)。バックのボタン開きのデザインが今年らしく可愛いシャツワンピースは、後ろにタックを入れてふんわりと立体感のあるシルエットに仕上がってます。着るだけでこなれたスタイリングが完成するので、シーズン通して大活躍間違いなし。UVカット性と速乾性を兼ね備えた素材も高ポイント。 ADAM ET ROPE’/【WEB限定】バックオープンバンドカラーワンピース/¥12,500+税 ADAM ET ROPE’商品ページ item02ヴィンテージサテンキャミワンピース/GALLARDAGALANTE ヘルシーでコンサバティブなGALLARDAGALANTE (ガリャルダガランテ)。光沢のある柔らかいサテンのキャミソールワンピースは、たっぷりと生地をとっているので歩く度に裾がゆれて女性らしくて素敵。春らしい淡いペールトーンをチョイスすれば、冬のニットと合わせても軽やかな雰囲気。 GALLARDAGALANTE/ヴィンテージサテンキャミワンピース/¥23,000+税 GALLARDAGALANTE商品ページ item03Flair Shirt Dress/FLORENT ファッショニスタたちを魅了するFLORENT (フローレント)。落ち感が美しく大人なエレガンス漂うコットンシーチングのロングシャツドレスは、同素材のイレヘムシルエットのギャザースカートとレイヤードして感度の高いフェミニンスタイルを提案。もちろん一枚で着たり、レギンスやパンツと重ねても◎ FLORENT/Flair Shirt Dress/¥36,000+税 FLORENT/Cotton Gather Skirt/¥22,000+税 FLORENT商品ページ その他、新作ワンピースはこちら! 《春の受注会》随時更新中! The post \春を匂わせる/人気ブランドの新作ワンピース#2021年春夏受注会「これ買い!」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 見てるだけで胸がときめく、身にまとえば心が躍る、ピンクの魅力は無限大。新木優子が表現する、『ピンクが私たちにくれるもの』。合わせる色みやその日の気分によってたくさんの魅力が生まれるのがピンク。思いがけなかった配色や、いつもと違うテイストにもトライしてみたい気持ちがわくかも♥大人気のピスタチオグリーンとも実はピンクって相性抜群。ナチュラルで優しい配色の完成。 コート¥29980/eimy istoire ルミネエスト新宿店 ニット¥8990/UNIQLO スカート¥11000/ガールズソサエティ ピアス¥14700/LYDIA(Susan Alexandra) 靴(1月発売予定)¥8000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ほんのりくすんだイエローとピンクは温かいムード。 ニット¥3628/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ワンピース¥22000/デイシー ルミネ新宿2店(me couture) シュシュ¥21000/LYDIA(Yan Yan) バッグ¥7800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) 靴¥38000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)ピンク、パープル、オレンジも全部ペールトーンでまとめてスウィーティに。ロゴとリップの赤をきかせたのもポイント。 Tシャツ¥3900(シャルル シャトン)・靴¥38000(MI/MAI)/シャルル シャトン ラフォーレ原宿店 スカート¥18000/デイシー ルミネ新宿2店(me couture) 帽子¥12500/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ラック オブ カラー) ネックレス¥6000/ROSE BUD 新宿店(DREAM COLOR DEPOT)a たっぷりハートが舞ってるコートにときめきが止まらない! コート¥37000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ジャッキー) b 流行中のベロアヘアゴムはローポニーにつけて大人可愛く。 リボンゴム¥4600/THE HAIR BAR TOKYO(Jennifer Ouellette) c フューチャリスティックな質感がモードなバッグ。 バッグ¥71600/MATT.(Marine Serre)a ワッフル素材のピンクボーダーTはデニムやミニと合わせてフレッシュに着こなしたい。 Tシャツ¥3900/ビームス ボーイ 原宿(ヘルスニット) b 肌がきれいに見えるシックなスモーキーピンク。ベロア素材も素敵。 ブラジャー¥5500・ショーツ¥4500/K +1% c フリンジのついたバッグは差し色にぴったりなミニサイズ。 バッグ¥5800/シティショップ(アバカシィ) d ぽってりとしたハットはどこか温かい印象の桃色に配色テープがレトロな可愛さ。 帽子¥16000/メゾンドリリス e キラキラの全面グリッターはコーデのキュートな主役に。 靴¥9800/atmos pink flagship Harajuku(FILA)モデル/新木優子 撮影/柴田フミコ(モデル・物) 富田恵(物) ヘア&メイク/ 河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! ハイテクスニーカーは「きかせ色」を1足買い足しておけば春先のおしゃれも安心! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 「派手?」くらいが可愛い《きかせ色ハイテク》 《吉村さんレコメンド》ロングカーデ×スカートのような長いもの同士は、春も人気のシルエット。適度なボリュームでバランスよく仕上がるハイテクが一足あると便利! 《伊藤さんレコメンド》ビビッドな色使いもサマになり、都会的なムードが出しやすいのもハイテクの持ち味。機能性の高さは折り紙つきなので、見た目やワードローブとの相性でチョイスを。 「オレンジ以外は白、黒、グレー、ネイビー寄りのブルーなど、使いやすい色ばかり。多色スニーカーもきかせ色を1色にとどめれば派手すぎず、挑戦しやすいはず」(吉村さん)。靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) カーディガン¥62000/モガ トップス¥14000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) スカート¥21000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) サングラス¥38000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥170000・リング¥110000/ロンハーマン(サン メイア) バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) Reebok 靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  •   ニット→SACRA/ボトルネックニット/¥25,000+税 スカート→M7days/艶ティアードスカート/¥16,000+税 ブーツ→NEBULONI E./ショートブーツ(カーフレザー)/¥66,000+税 バッグ→SEE BY CHLOE/SHOULDER BAG/¥57,000 ピアス→参考商品   引き続き要チェックのティアードスカートが「M7days」から上品な艶素材で登場!少し長めの着丈が気になるレッグラインをカバーし、足元を選ばず通年着まわせるのもポイント。お腹まわりはスッキリ、大人仕様な一段ティアードで春にはブラウスやスウェット合わせがおすすめ。 洗練された見た目へと引き上げるなら、ボトルネックでメリハリを効かせた配色ニットやシックな雰囲気にキマる個性派ブーツをさりげなく合わせてみて。ハンサムともフェミニンともいえる存在感で、エッジの効いた旬カジュアルが完成します。 異なる質感で魅せる「SEE BY CHLOE」の2WAYショルダーはストラップを外せばクラッチとしても使え、スタイルを一気に格上げする主役級バッグ。年内行きそびれた久々の美容院、帰りはセールチェックも兼ねたウィンドウショッピングでリフレッシュするぞ。The post \今日のコーデ/一段ティアードが気分を掻き立て、ひと味違う装いに【2021/1/19】 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • アクネ ストゥディオズが、過去のコレクションで余ったファブリックを再利用し、サステイナビリティを追求したシリーズ第2弾を、全国の店舗と公式サイトにて発売中だ。クリエイティブ・ディレクターのJonny Johansson(ジョニー・ヨハンソン)は「このシリーズは、クリエイティブな方法を見つけることで、より多くのリソースを手に入れることを目的としている」とコメント。デザインを通して、残反に対するポジティブでサステイナブルなソリューションを探求していく。 パネルジャケット ¥56,000/アクネ ストゥディオズ アオヤマ今回のコレクションでは、資源を有効活用することをテーマに「トランスフォーメーション」のテクニックを取り入れた。ファブリックを切って接合するテクニックを駆使し、加工やプリントに視覚的な遊び心を持たせている。オーバーサイズのパネルジャケットは、リジッドデニムとウールファブリックを使用。ドロップショルダーを配したボクシーなシルエットが魅力的だ。また、ボリューム感のあるシャツはさまざまなカラーとプリント素材を組み合わせ、印象的なコントラストを演出。 コントラストカラーブラウス ¥57,000/アクネ ストゥディオズ アオヤマそしてストレートレッグのパンツとAラインのミニスカートは、レッドレザーとブラックデニムを組み合わせた大胆なデザイン。サイドに施したジッパーのディテールがアクセントになっている。既存のファブリックに新たな価値を見出す試みは、今回も斬新な仕上がりに。アクネ ストゥディオズならではのデザインコンシャスなアイテムで、周りと差をつけて。 ジップトラウザーズ ¥83,000、ジップスカート ¥50,000/アクネ ストゥディオズ アオヤマアクネ ストゥディオズ アオヤマhttps://www.acnestudios.com/03-6418-9923 text: Fuyuko Tsuji
関連キーワード

RECOMMEND