キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】

Marisol ONLINE

仕事を頑張ってきたあまり、半ば無意識で「愛とキャリア」を天秤にかけてきたという、女性のストーリー。アラフォー世代のキャリアは結婚の邪魔ではなく、実は糧になる?

(取材・文/ 芳麗

 

 

30代は結婚より仕事を選んできた

  

43歳の時に、やっと結婚しましたー!」

中谷ユリさん(仮名)はあっけらかんとした口調で、こちらを笑わせる。華も愛嬌もある美人で、ユーモアとサービス精神も旺盛だから、会話するほど引き込まれていく。

  

40歳までは、“仕事と結婚”を天秤にかけていて、結局は仕事を取ってきたんだと思います。我ながら、ものすごく仕事を頑張ってきました。会社にいると、女性にとって30代後半あたりはキャリアの分かれ目なんですよね。やっと管理職適用が見えてきたりもして。今、ここでスピードダウンはできないなと」

  

ユリさんは都内の大学を卒業後、就職氷河期といわれた世代ながら、新卒で誰もが知る大手メーカーに採用された。以来、退職するまで20年以上勤務。頻繁な海外赴任をこなしながら、管理職にもついたパワフルなキャリアウーマンだ。

  

「入社時は、男女の給料差はないといわれていましたけど、古い会社なので、実際は『女はやめるリスクがあるから評価はやれない』というムードでしたね。どれだけ成果をあげても、同期入社の男性たちとは差がついていく。仕事は面白くも、その体制には悔しい思いもしていました」

  

バブル後の氷河期を生き抜いてきた現在の40代女性は、就職時から不況のあおりを食いながら、ダブルスタンダードに苦しんできた人が多い。「女性も自立して自由に輝く」といった新しい潮流は大きくも、「結婚と出産こそが女の花道」という旧来の価値観も根強く、その間に揺れてきた。

  

20代の頃から、いつかは普通に結婚するのかなと思う一方、男性に依存して生きる女性にはなりたくないとも思っていました。そのためにも、まずは自立。仕事をやりきらなきゃって、必死でした。

これが10歳下の世代だと、ちょっと違う。会社も世の風潮に合わせて、幾人かの女性は最初から管理職にすること前提で採用していましたから」 

 

独身時代から、国内、海外とあらゆる旅を謳歌してきた
独身時代から、国内、海外とあらゆる旅を謳歌してきた

 

ユリさんに、心境の変化が訪れたのは40歳を過ぎた頃。

  

30代後半までは恋人も一応いたけど、彼と別れて迎えた40歳はさすがに辛かった。体の不調をはっきりと感じることも増えたし、いつかは結婚したいなんて悠長なことは言っていられないなと」

  

冷静に自分と世間を見つめ直したユリさん。多忙な仕事の合間を縫って、はじめはネット婚活に挑戦してみたものの、まったくうまくいかなかったという。

  

「サイト登録時は婚活素人らしく、自分の環境を基準に『年収800万以上希望』とか書いちゃったから、そう見つかるわけもなく……。それでも条件に合う人とデートしてみたんですけど、容姿も空気感もびっくりするほど想像とは違いました!」

  

そんな“ネット婚活あるある”の洗礼を浴びながら、ユリさんはここでいくつかの気づきを得た。

  

「私は、何歳になろうと条件より容姿に惹かれるんだなとか(笑)。結局、闇雲に出会いを求めるより、まずは自分を知ることが先決。求めるパートナー像を明確にしておくことが大切だとも気づいて。元彼のデータを一覧にして分析してみたり、婚活セルフカウンセリングしていました」

 

結婚後、パートナーとともに訪れたハワイにて
結婚後、パートナーとともに訪れたハワイにて

  

いちばん私に合う、パートナー探しの方法は……?

 

自己分析を重ねながら、断続的に婚活を続けていたユリさんに最大の転機が訪れたのは、42歳の時だ。

  

「とうとう“婚活マジモード”にスイッチが入りました。42歳になると、仕事はますます忙しく体もボロボロになっちゃって。あんなに仕事第一だったのに、初めて人生の優先順位が変わった。『仕事よりもライフ!』って切実に思ったし、 今なら、迷わず結婚できるなと。『これが私の適齢期だ』って。小ぎれいにまとめましたけど、要は結婚を理由に、ちょっと現状から逃げてラクしたかったんです」

  

今こそ人生を変えたい、そのためにパートナーが欲しい。そう切実に思ったユリさんは、ある友人に本気の婚活相談をすることに。

  

「私はもともと人に相談するタイプじゃないし、相手は誰でもよかったわけじゃなくて。相談したKさんは、年上女性で会社経営者。仕事はバリバリなのに、恋すると乙女で情にも厚くて、この人ならと。彼女のFacebookでかいま見る交友関係も素敵で私好みでした。士業などお堅い自営業の方が多くて、でも、皆さん遊び方はスマートで。常々この世界の中に、私も入りたいなと憧れていたんです。

そこで、Kさんに会えた時に『私は今、心から結婚がしたい。誰かと支え合って生きていきたい!』と泣きつきました。情に厚いKさんは『わかった。そんなに切実なら誰か探してみるわ』と」

  

「紹介してもらえた暁には、よほど変な人でないかぎり結婚しようと決めていました」とユリさん。出会う前から決めていたの?

  

「私なりの武士道というか。友人に男性を紹介してもらうなら、それくらいの覚悟をもって挑むべきだなと。私もたまに『紹介して』って頼まれますけど、せっかく紹介しても『無理』とか軽く言われたりすると、ダメージが大きいんですよ。人のふり見て我がふり直せじゃないけど……。やっぱり、幸せな結婚がしたいなら、人として優しさや義理を大切にしないとなって」  

 

結婚してからは、お弁当を2人分作るのが日課に
結婚してからは、お弁当を2人分作るのが日課に

 

信頼できる友人から紹介された、その人は……?

   

相談からわずか3日後、Kさんは紹介相手を見つけ出して、出会いの場をセッティング。約束の場に現れたのは、のちにユリさんの夫となる中谷ユウジさん(仮名)だ。 

つ年上の当時43歳、大手商社を辞めて自分の会社を立ち上げたばかり。ユリさんは、初デートから彼に強く惹かれた。

  

「ほぼ、ひと目惚れです。まず、見た目がかっこよくておしゃれで好みでした(笑)。仕事の話をした時に通じたのも大きかったですね。海外赴任の話をしたら、『僕も海外多いからわかる。大変だよね』と。これまで出会った男性は、同じ話をしても『へぇ、すごいね』と引いちゃう人が多くて、女性のキャリアに理解がなさそうでしたけど。彼はフラットに受け入れてくれて。大げさだけど、涙が出るほどうれしかったです」

   

しかし、出会って1カ月後、2人は真剣交際にいたる。

  

「メールのやり取りがおもしろくて、つい会いたくなるとは言ってました。一気に距離が近づいたのは、彼の海外出張中、頻繁にLINEをした時ですかね。経験上わかるんですけど、海外出張は意外と孤独。1人の夜は寂しいものだから、こちらもマメにLINEしたし、即レスできるよう彼の出張中は、私も夜の予定は入れないでおきました。その出張から彼が帰国した時には、空港にプレートを持ってお出迎えまでしたら、けっこうウケてくれてましたね」 

 

 

>>次ページ:「私はあなたと結婚したい」と宣言!

 

そして、ユリさんは「私はあなたと結婚したい」と宣言する。

  

「かなり驚いていましたけど、そこで『結婚を前提に付き合おう』と言ってくれました。ただ、その後は、私からひと言も結婚をねだりませんでした。“武士に二言はない”じゃないけど、何度も言うと軽くなるし、女性から何度も言わせるような男じゃないと信じて(笑)」

  

実際、この思惑はズバリ当たった。

  

「最終決断は彼にまかせて、私はできるだけスムーズにコトが進むよう、さりげなく配慮して行動しました。具体的には、彼との予定はすべて最優先させるとか、2人の間で話し合いはしても大きくもめないとかね。あまりにも、スムーズに関係が深まるものだから、彼も『運命かな?』って」

  

会社を立ちあげたばかりだったユウジさんは、最初は結婚願望はあまりなかったという。それでも、ユリさんとの結婚に前向きになっていったのは、2人の関係が負担になるどころか、支えになったからに違いない。

  

「彼の仕事を応援したい気持ちは強くありましたね。私自身も仕事を本気で続けてきたから、理解できるところもあるし。うちは父も自営業者なので、彼のように自分の事業に挑戦している人を間近で見て心から尊敬していたんです。いつか結婚するなら、そんな男性の参謀みたいな妻になりたいって思っていました」

  

初夏に出会って付き合い始めた2人は、季節ごとに着実に仲を深めた。翌年のお正月、彼の家族に新年のご挨拶したことも後押しとなり、約半年で結婚にいたることに。

トントン拍子とはいえ、思慮も責任もある40代同士。結婚にあたって、迷いや障害はなかったのだろうか?

  

「もちろん、結婚前にいろんなことを話し合いました。まず40代としては、子供をどうするかは早めに考えないといけないなと。私は欲しいと思っていなかったけど、彼やご両親が欲しいというならば、頑張ろうと思っていたんです。でも、彼に聞いたら、『いなくてもいい』とあっさり。家を継がねばという思考もないし『自分の子どもとはいえ、キミの関心が僕以外の人間に向くのが寂しい』って真剣に(笑)」 

照れも臆面もなく、嬉しそうに話すユリさん。

 

結婚式にて。2人で選んだ指輪を重ねて
結婚式にて。2人で選んだ指輪を重ねて

 

結婚、同居。さて仕事との両立は……?

   

結婚するにあたり、ユリさんがもうつ、真剣に考えたのは、今後のキャリアについてだ。大切に積み上げてきたキャリアをどうするのか。

  

「結婚しても、キャリアを捨てる気持ちはなくて。彼の賛同を得ていたこともあり、結婚後も1年間は、会社員と主婦業との両立を図っていたんです。でも、無理でしたね。私、根が古風な上に完璧主義なんですよ。『夫が帰るまでには、夕飯を用意して待つ』を日々の命題にしていたんですけど。フルタイムの管理職会社員として、それをかなえるのは至難の業で。フレックスタイムを使って、毎朝5時出社、夕方4時に退社して。駆け足でスーパーに行って、ごはん作って、家事をして、日々ヘトヘトな生活でした」

  

ユリさんのInstagramをのぞくと、栄養バランス完璧で見目麗しい一汁三菜のごはんが毎日のようにアップされている。確かに、これではハードワークとの両立はむずかしい!

  

「年もあるかも。今の業務との両立は無理だなと思った時、夫が経営する会社で人手が足りないと小耳にはさんで。こちらに拾ってもらうことになりました」

  

20年以上勤務した会社を辞めることは不安や寂しさもあった。けれど、夫の会社で働くことは、予想以上に楽しかったという。

  

「小さな会社なので、あらゆる業務をこなさなきゃならないんですけど、日々、充実感がありますね。毎回、契約が取れた時や、プロジェクトが完成するたびに、夫やスタッフと手を取り合って大喜びして。まるで高校の文化祭みたいな達成感! 私もキャリアが長いので忘れかけていましたけど、本来、仕事の喜びってこういうところにあるんだよなと。

  

それから、初めての転職でもうひとつうれしかったのは、私ってわりと使える人間だと気づけたこと。ひとつの会社に長くいたので、外の社会に通用するのか、いまいち分からなかったんですよ。でも夫の会社では、翻訳から経理まで、いろいろやれる私は重宝してるみたいで、うれしかったです。元いた会社が私をジェネラリストに育てるべく、いろんな部署を渡り歩かせてくれたおかげだなと改めて感謝しています」

  

Jtas/Shutterstock.com
Jtas/Shutterstock.com

 

現在、結婚生活も4年目に突入。職場も同じになって、ほぼ24 時間一緒にいるものの「もっと、ずっと一緒にいたい」とユリさん。

  

「何をするにも2人で一緒が楽しいから。ほかの人付き合いとか必要なくて、2人とも会食とかの予定を極力避けてます」

  

恋も仕事もあまたの経験をして成熟した大人同士。仕事も生活もともにするベストパートナーでありながら、まるで10代のカップルのように互いに夢中の2人。

  

こんな40代カップルもいるから、人間って面白いし、人生は希望が持てる。

最後に、愚問ですが、結婚してよかったですか?

  

「もちろん! こんなにも愛を感じて甘えられる存在は、人生で初めてですから。それはやはり、契約と保証あっての慣れ合いのおかげかなって。もし、恋人関係のままだったら『この先はどうする?』が消えず、心を許しきれない部分もあったと思う。彼のことは、異性としても大好きだけど、今や親より兄弟よりつながっている家族だなと思っています。

すべてを預けられる愛するパートナーがいて、夢中で仕事を楽しめて……。ずっと理想だった人生を、今、送れている感じです」

  

42歳まで、キャリア第一で生きてきた。ゆえに適齢期はなかなか訪れなかったものの、大切に築いたキャリアがあったからこそ、最高に幸せなパートナーシップを得たユリさん。

年齢を重ねて得た知恵と経験は、パートナーとの間に新たな愛情をうみ、育てる糧になる。

43歳の結婚を起点に、まったく新しい人生が始まった。

 

 

芳麗 ● よしれい

芳麗 ● よしれい

人物インタビューやカルチャーコラムを通して、女性の生き方を探究し続けるライター。 様々な雑誌、WEB媒体に寄稿。自著に『相手も自分も気持ちよく話せる秘訣』(すばる舎)、『恋愛リノベーション』(主婦の友社)など。「実は私も晩婚。30代は恋愛こじらせコラムを書き続けた後、45歳で結婚しました!」
 
https://fafa-yoshirei.com
関連記事
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。佐藤勝利の“シェア”事情実際に佐藤さんと冬小物をシェアするなら、どんなものをどんなふうに楽しんでくれるの? 小物、洋服、時間……シェアにまつわる男子のホンネ。Q.女の子と小物をシェアするのってあり?「恋人同士で服や小物をシェアするのは特別なことではない気がする。冬のデートで寒い時に彼のマフラーや手袋を借りる、彼の家に泊まりにいった時パジャマ代わりにTシャツを借りる、そういうことも普通にあるだろうし。あと、大きめのメンズアイテムを身につけている女の子ってなんか可愛いんですよね。ブカブカのTシャツ、指先が余った手袋。つま先が余ったソックス……そういうのを見ると、当たり前だけど『あ、女の子なんだな』ってあらためて思うというか。実はSexy ZoneのライブTシャツには“彼氏から借りたTシャツ感”を裏コンセプトに少し大きめに作ったものもあったりするんです」(佐藤さん、以下同)Q.「これだけはシェアしたくない」と思うものはありますか?「シェアには恋人同士の温度も感じるというか。学生時代、先輩や彼氏のマフラーを巻いて登校する女の子をよく見かけて、そんな恋人関係に『いいな』と憧れたこともありました。まあ、憧れたところで僕はもう学生には戻れないけれど……(笑)。だからこそ『これはイヤだ!』と思うものは特にないかな。あっ、外にはいていくソックスは『ちょっと……』と思うかもしれない。ルームシューズ感覚の厚手のソックスとかならまだしも、デイリーにはくソックスは下着に近いような気がして。僕がイヤというよりも、相手に申し訳ない気がして(笑)」Q.実際にシェアすることはありますか?「僕には年の離れた兄姉がいるんですけど。学生時代はおしゃれな兄のジャケットやコートを借りて出かけたこともありました。勝手に着て怒られたことはあるか? いや、ないですね(キッパリ)。兄だったら、怒るどころか『寒くなくてよかったね』と言ってくれると思う。佐藤家はみんな本当に優しいんです。わが家は姉、兄ふたり、僕、と子供が多かったから、幼い頃からおさがりが当たり前。それは全然イヤじゃなかった。姉の服を着た女の子みたいな僕の写真も残っているんですよ(笑)。シェアに抵抗がないのは、そんな環境で育ったのも大きいのかもしれないです」Q.佐藤勝利と“時間”をシェアするなら?「僕、忙しいですからね(笑)。休日もボンヤリ過ごすのがもったいなくて、家から一歩外に出たいと思う、わりとアクティブタイプなんです。冬、デートするならドライブがいい。車なら愛犬のチャイも一緒に出かけられるし。行き先は横浜とかもいいですよね。年末年始のにぎわう街を眺めながら車を走らせたりして。家デートなら確実に、ずっとハマっている料理の腕前を披露します。カッコつけて、おしゃれなパスタとか作るんだろうな(笑)。料理はひとりで作っちゃいます。自分のペースがあるから。車の運転はふたりでしない、それと同じです。遊びに来てくれたからには“おもてなし”したいし。食後はお酒を飲みながら一緒に映画を観るのかな。『何を観る?』って相談する時間すら楽しいんだろうな」>>【Part1】佐藤勝利(Sexy Zone)「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 
  • 等身大の美容ネタをお届け! 拝見!LEE100人隊のビューティ事情 「美容テクをちょっと見直したい!」「自分に合ったケアで清潔感のある人を目指したい」……そんな願いを持つ人に向けて、LEE100人隊美容部のブロガーたちがオススメするビューティネタをご紹介。 長井かおりさんおすすめ眉コスメで眉メイクを気楽に♪ 「LEE2月号の特集にありました。長井かおりさんの眉メイクレッスン♪ とっても分かりやすかったですね」 「今回の特集は、自分の眉にはこの方法がいいかなぁと参考にしやすかったので、早速眉メイク品を購入しました! 購入したのは、雑誌に掲載されていた内の2つ。 ●オルビス ペンシル アイブローグレー ●ケイト デザイニングアイブロウ 3DEX-4(ブラシは数量限定の付属です) 今までブラウン一色で描いていましが、グレーを眉毛の隙間に埋めていくという方法を見て、取り入れてみることにしました!」 オルビス ペンシル アイブローグレー 「オルビスのアイブローはお初♡ 描いてみてビックリ!! スルスルと描きやすく、あっという間に隙間に描き足していけました」 ケイト デザイニングアイブロウ 3DEX-4 「そして、ケイト。メイク品は色々とお世話になっていますが、このブラシタイプはお初。ブラシで描くって難しそう!?と敬遠してきてましたが、これもまたまた描きやすい!! 眉頭をぼかしながら描いたり、眉尻を自然に描き足すのも スーッと描けて、いい感じに♡ 色も隣同士の色を混ぜて使うこともでき、バランスをとりやすいです」 ケイトの眉マスカラも 「私はヘアがブラウンカラーなので、あまり眉毛が黒いと浮いてしまう感じが気になるので、仕上げにアイブロウマスカラで軽く色をブラウンに。こちらもケイトで、ずっとお世話になってます(もはや何代目か分からないほどに)。 当面はこのメイク品で眉メイクを楽しもうと思います!! なんせ、眉メイクが一番時間かかっているかもしれない……。でも、この新たに投入したメイク品で慣れてきたら時短になりそうです!」 どうするのが正解なのか、悩みがちな大人の眉。気軽に試せる3アイテム、参考になります!
  • 釉薬のかげんで一枚一枚表情が異なる、ストーンキャスト!元気が出るお皿です☆マリソル2月号に紹介させて頂いた、お気に入りの食器は イギリスのチャーチル社の「ストーンキャストシリーズ」です。 丈夫なのでプロユースされてるメジャーな物だそうですよ! 植物や食材にインスパイアされた鮮やかなカラーリングと ユニークな形に一目惚れして購入しました。 メインにいい大皿、 三角が可愛い中皿、 スープやちょっとした盛り皿によい深皿、 の3種類です。 なんだか元気になれるカラーです!雑な子供の朝ごはん^^;それまでは我が家は渋い和食器が多かったのですが、 これは素朴だけど華やかさがあり、和・洋・北欧物と合わせても違和感がありません。 丈夫で普段使いができ、手作業の彩色による表情が可愛らしい♡ 釉薬の加減で一枚一枚表情が異なります。 容量も使い易く、朝・昼・晩とすっかり出番が多いです(^^)No.142 yocco
  • 今では落ち着いたものの、かつてはやんちゃセレブとして世界を騒がせていたジャスティン・ビーバー(26)。2014年に飲酒運転で逮捕された写真を投稿するとともに、当時を振り返った。 Photo:Instagram(justinbieber)先日、自身のインスタグラムを更新したジャスティン。手錠をかけられ、警察官たちに連行されていく衝撃の写真とともに、当時の状況についてをこう語った。 「7年前の今日、僕は逮捕された。それは、素晴らしい思い出ではない。自分の人生において、自分自身を誇れる時期ではなかった。僕は傷つき、不幸で、混乱していて、怒り、ミスリードされ、誤解され、神に怒っていた」と当時の心境を振り返ったジャスティン。そう語る一方で、「マイアミにいる人間としては、レザーを着過ぎているね」とユーモアを交えた。 この投稿をInstagramで見る Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿 そして「僕が君たちに伝えたいのは、過去を振り返ることで、神がどれだけ君を導いてくれたか実感できるということ。恥ずかしい過去を引きずって、現在を無駄にしてはいけない。神のご加護を受け、自分がこうしたいという人生に花を咲かせるんだ。君たちを心から愛しているよ」とファンにエールを送った。 Photo:Getty Images自身が語った通り、2014年はジャスティンにとって波乱の時期。1月9日には、当時住んでいた米カリフォルニア州の住人とトラブルが生じ、隣人宅に卵を投げつけたことで警察沙汰に。 Photo:Getty Imagesそして1月23日の早朝には、マイアミで夜通しパーティーを行なった後、制限速度を大幅に超えて車を運転。酒気帯び運転も発覚し、逮捕され拘置所へ。笑顔のマグショットも公開され、世界は騒然となった。その後も再び危険運転と暴行罪で逮捕されたものの、翌年の2015年には更生し、大復活を遂げた。 Photo:Instagram(justinbieber)さらに2017年は、逮捕時の写真をインスタグラムに公開し、「刑務所はいい場所じゃない」「楽しくない」「二度と戻らない」とハッシュタグで当時を回顧。すっかり大人に成長した内面を見せつけた。 Photo:Instagram(justinbieber)2018年には、ヘイリー・ビーバー(24)と結婚して愛妻家となり、もはやお騒がせセレブの面影はすっかりなくなったジャスティン。今一度、過去の汚点を省みたジャスティンが、これから目指す未来とは? 前進し続ける若きスターのさらなる活躍が、楽しみだ。 >>マッチョを引き立てる白パンツ! セレブの神ボディを一挙公開 >>今をときめく美女セレブの原石時代!意外?当然?可愛すぎる悶絶の秘蔵写真 >>アン・ハサウェイ、猛バッシングを受けたことは「いい経験だった」! 8年前の心境を告白 text : Mariko Peeling 
  • お家時間を楽しいものに〜買って良かった【STAUB】オススメのスイーツもご紹介します。こんにちは。Kaaiです。 二度目の緊急事態宣言下ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 一度経験しているから、焦ることもなく冷静に受け止めている方が多いと思います。今回は、小学校、幼稚園が休校となることがなかったため、そこまで生活が混乱することもなく、リモートワークの夫もリズムができているように感じます。 皆さまも、きっともう既に、お家時間との付き合い方を確立されていますよね! 私が、コロナ禍で考え方が変わったことの1つに、『せっかくなら、ルーティーンワークである家事を楽しみたい!』と思うようになりました。 先ずは形から、娘とお揃いのDEAN&DELUCAのエプロンを♡ お揃いを喜んでくれる娘を見ると、こちらまで楽しい気持ちになります。そして、結婚してから、ずーっとホーロー鍋が欲しいなと思っていました。今までは、ゆっくり煮込むより圧力鍋で時短を選んだり、そんなに料理好きでもないから高いお鍋でなくてもいいや、とずっと後回しにしてきました。 でも好みが変わることなく買いたいと思っていたお鍋を、お家時間が長くなる今こそ買おう!とこの機会に新調しました♪staub ココット ラウンド22㎝このお鍋、お料理上手な方やオシャレさんは高確率で所有している代物。見た目のオシャレさも去ることながら、その機能性に私はもう虜です♡ 素材の旨味が濃縮されて、お野菜がホクホクに!お肉はホロホロに!何でもっと早く買わなかったのかと思う程、毎日使っています♪ 無水で作ったチキン煮込みと肉じゃが↓チキン煮込み肉じゃが子どもたちまで、「これ、ストウブで作ったの?」「美味しい美味しい〜」とストウブマジックに笑 元々夫は、美味しい物を食べるのが好きなタイプだったのに、私と結婚したことに寄って、(ある時は、きゅうりの割合が多すぎる酢の物を出されたり、おでんの汁が少なすぎるおでんにも驚きながらも文句も言わず笑)舌が落ちたと思われますが、そんな夫も嬉しそうにしているので、めでたしめでたし。 お気に入りの物だと大切に使うし、見た目から気分も上がって、お料理時間が楽しくなりました♪そして、二度目の巣籠もりでも、懲りずに増量中なのですが(^^; 少し贅沢な美味しいお菓子を自宅用に購入することも多くなりました。 ★エシレのバタークッキー ★number sugarのキャラメル はオンライン購入もできて、贈り物にもオススメです!エシレ バタークッキーnumbersugar キャラメル引っ越しの際に、処分したNespressoも、また購入しました。お家でカフェ気分を味わっています♡相変わらず子どもたちとお菓子を作ったりもしているのですが、中でもオススメだったのが、NHK番組『すイエんサー』のレシピで作った『フワフワパンケーキ』! これは、もはやパンケーキではない作り方でしたが、高級カフェのようなお味を楽しめました♡ 作り方気になる方は、NHKオンラインに掲載されていますので、チェックしてみて下さい(^-^)すイエんサー 【パンケーキ】超フワフワになる作り方!参考こんな風に当たり前の毎日を、当たり前と思わず、日常を楽しみたいなと思っています。 まぁ喧嘩が騒がしくて、イライラもしますがね、そんな時は美味しいカフェラテで気分転換しています(^^) 早く終息してほしいと願うばかりです。 それではまた! Kaai【My instagram】 コメント、フォロー嬉しいです♡ リンクはこちら↓No.180 kaai
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 【ユニクロ×GU】秋に買ったアイテムを春まで活用させる術こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 今日は春のように暖かい一日でしたね! 暖かいとニットよりシャツが着たい気分。 そんなわけで、以前買った UNIQLO+J(ユニクロプラスジェイ) スーピマコットンスタンドカラーシャツ を着ました!髪型も外ハネにして軽快な雰囲気に! ちょっとウェットっぽくタイトな感じにしてみました。 ヘアアレンジが効くように、カットする時に美容師さんと相談しながら作り上げました!アウターは昨年の秋頃買ったGUのニットガウン。 淡いグレージュのような色なので、秋から春まで活躍します! 秋口に買うアウターは、【春にも対応出来るカラーや素材を選ぶ】と長く使えてオススメです! 今日は暖かかったので、日中はこのニットガウンだけで十分でした。 全身着画はこちら。白のスタンドカラーシャツに淡いグレージュの ニットガウン合わせが好き♡ パンツは黒のセンタープレスパンツを合わせて きれいめコーデにしました。サイドスリットが入っているのも こなれ感があって◎バッグはシルバースタッズ付きの キャンバスバッグ。 春が近づくとキャンバス地のバッグが持ちたくなります。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数11万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • しっとりうるおい、しかも愛らしいアイテムが勢ぞろい。ジルスチュアートの春の新作は、紅茶の香りに包まれながら肌を磨くアイテムやぷっくり若々しい唇をかなえる濃密リップバームなど、どれにしようか迷ってしまうラインアップ! 発売以来話題の誕生石リップの新作情報もお届けします。まだ寒いですが、時にホッとするような日差しを感じる瞬間も出てきましたね。コーディネートに徐々に春色を取り入れるように、ビューティにも春っぽいアイテムを投入したくなるシーズンです。そんな気持ちに応えてくれるのがジルスチュアート ビューティ。可憐な見た目はもちろん心が華やぐ香り、そして大人も納得の効果を備えた春の新作が続々と発売されます。まずはこちら。「紅茶の香り」のアイテムです。ティーバッグに見立てたボックスに収められているのは、ポーチにも忍ばせやすい手のひらサイズのハンドクリーム。保湿だけではなく抗酸化・抗炎症の効果もあるといわれる紅茶エキスを共通配合しています。コクのあるクリームは、まだ浅い春のカサつく手肌にもまろやかにのびてベタつかず、指先までしっかりとうるおいを届けてくれます。香りもそれぞれ個性的。右端のアッサム ミルクは甘くまろやか。濃厚なミルクティーの湯気の向こうから優しいラベンダーが漂い、癒し度満点です。中央のハニー & オレンジはみずみずしいオレンジから始まって、上品なハニーの甘さが溶け合います。幸せ感が高まり、前向きな気持ちになれそう。左端のアールグレイ ホワイトフローラルは、アールグレイから清らかなホワイトフローラルへと移り変わる大人っぽいけれどイノセントな香り。いずれもフレグランスのように時間と共に香りの変化が楽しめるところがポイントです。自分だけで楽しむのがもったいなくて、ちょっとしたギフトとして誰かに送りたくなりました。ハンドクリーム 全3種 30g 各¥1500/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)限定発売>同時発売のボディミルクは、ピンクのハンドクリームと同じアールグレイ ホワイトフローラルの香り。紅茶エキスをはじめヴァージンココナッツオイルやカカオバター、ピーチエキスにラズベリーエキスなど、ちょっと美味しそうな保湿成分がたっぷり。アールグレイを思わせる爽やかなベルガモットとホワイトフローラルの甘い香りがふんわり漂うみずみずしいテクスチャーは肌なじみ抜群。乾燥した脚や腕を瞬く間に柔らかくツヤめく肌へと整えてくれます。ボディミルク アールグレイ ホワイトフローラル 250mL ¥3000/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)限定発売>2月5日発売の新作ニュース、まだまだ続きます。限定品ではなく新製品のリップバーム、これがまた優秀すぎて! いま、手放せなくなっているんです。リップグロウ セラムバームは、センチフォリアローズやエーデルワイスなど3種のフラワーエッセンシャルエキスを含む9種類の美容成分を配合したシアー発色の血色感リップバーム。ミント・トウガラシ・ジンジャーといったリッププランパーでおなじみの成分も配合されているので、縦ジワを回避し若々しいぷっくり感もプラスしてくれるような。1本でいくつもの欲求をかなえてくれる優れものなんです。この色とりどりのジュエルな見た目も眼福。さらに、ジルの人気リップ、ルージュ リップブロッサムの1.5倍のボタニカルワックスを配合しているそうで、唇への密着感と保湿実感がずば抜けているんです。みっちり・しっとり・そしてぷっくり。乾燥が加速するマスクの下の唇にこれほど頼もしいリップバームはなかなかありません。キャップのミラー(便利!)を開くと中の色が見える、窓つきパッケージにも大助かり。外出のミニポーチへのINはもちろん、オンラインミーティング直前の身だしなみにもぜひ!リップグロウ セラムバーム 全5色 各¥2800/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)発売>新作、まだあるんです。少し前にご紹介した星座石リップ・ラッキージェム マイリップスの新色もご紹介しちゃいます。2月5日発売の1本は魚座の星座石・アクアマリンをイメージ(左)。ミルキーなライトブルーにピンクのパールがきらめきをオン。3月5日発売は牡羊座の星座石・ルビーにインスパイア(右)。繊細なブルー・レッド・シルバーの細かいパールが揺れるように繊細に輝くルックスが魅惑的です。ラッキージェム マイリップスは水分に反応して唇を染めてくれるティントリップなので、自分だけの色を持てる楽しみも。もちろん、こちらも保湿力は保証します!ラッキージェム マイリップス 各¥3000/ジルスチュアート ビューティ (左)02 gregarious Pisces<2月5日(金)限定発売> (右)03 alluring Aries<3月5日(金)限定発売>そしてラストにもうひとつ(いや2品)だけ! ジルスチュアートらしい無垢なホワイトフローラルの香りが人気のエブリデイブライト UVプロテクターにトーンアップタイプのラベンダーカラー(左)と、顔もボディも、そして髪にも!と全身に使えるUVカットスプレー(右)が限定登場します。いずれもSPF50+/PA++++の頼もしさでこの愛らしさ! たまりません。こちらは2月26日(金)発売。紫外線が本格化する前にぜひゲットしてください。エブリデイブライト UVプロテクター トーンアップラベンダー ホワイトフローラル 60g ¥2800、同スプレー ホワイトフローラル 60g ¥2000/ジルスチュアート ビューティ<2月26日(金)限定発売>というわけで、2月&3月も新作が目白押しのジルスチュアート ビューティ。すでに予約がスタートしているものがあるので、お目当てのアイテムを見つけたらぜひお早めにチェックしてくださいね!●「ジルスチュアート ビューティ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND