「宝塚から一歩外に出た世界は想像以上に色鮮やかでした」明日海りお

Marisol ONLINE

*このインタビューは本誌5月号(2020年3月7日発売)に掲載されたものです

あすみ・りお●1985年生まれ。 2019年11月に宝塚歌劇団を卒業した元花組トップスター。在団中は、華やかな容姿とたぐいまれなる演技力、ダンス、歌唱力と三拍子そろった確かな技術でファンを魅了。退団後も、女優としてのさらなる活躍が期待される。



宝塚最後の夜は仲間たちとカウントダウンしました

「宝塚時代も雑誌に取り上げていただく機会はあったのですが。“男役”ではなく“素の自分”としてカメラの前に立つのはまだ慣れていなくて……」

 照れくさそうにそう微笑んだ明日海りおさん。昨年の11月24日、宝塚歌劇団を退団。約5年間、背負い続けた花組トップスターの大きな羽根を下ろし、新たな道を歩み始めたばかり。
「退団後はクローゼットの中身も大きく変わりました。衣装やお稽古着として着ていた派手な洋服が減り、着心地のいいシンプルな洋服が並ぶように。以前は限られた時間の中で急いで買い物をすることが多かったのですが、最近は肌ざわりまで気にしながらゆっくりと“お気に入り”を探す楽しみを味わっています。男役を卒業してからは、のぞくお店や手に取るアイテムも変わりました。例えば、以前はお店で可愛いワンピースを見かけても“○○ちゃんに似合いそうだな”という目線でしか見ていなかったので。女性らしい洋服に関しては自分に何が似合うのか想像もつかない、とにかく着てみないとわからない。日々、鏡の前で探り探り。今はリハビリ中のような感覚です(笑)」

デニム¥23,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン  シンジュク(エーピー ストゥディオ) ニット¥41,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) バングル¥21,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)

 明日海さんが宝塚歌劇団と出会ったのは15歳の夏。バレエ教室の友達から借りた一本のビデオがすべての始まり。その日から、情熱の照準は宝塚の舞台に定まったまま。すべてを舞台に注いできた。
「退団を発表してからは自分がタカラジェンヌでなくなるということが想像できなくて。信じられないまま、どこか他人事のような気持ちで過ごしていました。実感がわいたのは、退団公演も半ばを過ぎたあたりでしょうか。千秋楽が近づくほどさらに高まる仲間たちの熱気、お客さまの優しい思い、舞台上で歌い踊るだけで幸せになり胸がいっぱいに。涙があふれ出そうになることが何度もあったんです」 

 宝塚の舞台を去る時は「やりきった」気持ちがわき上がるのと同時に「まだまだやりたいことがあった」「もっと成長したかった」そんな思いも感じたそう。
「宝塚が、男役が、本当に大好きだったからこそ思いはつきなくて。それこそ、許されるのならば"死ぬまでやりたい”と願ったほど。でも、宝塚を愛しているからこそ、無理して続けて質を落とすようなことがあってはならないと思う自分も。また、宝塚にも花組にも新陳代謝は必要、それぞれが輝く場所も必要。退団後、花組の舞台を観劇したのですが、キラキラと輝く仲間たちの姿を見て、やはり私の決断は間違っていなかったなと。そう思えたことがとてもうれしかった」

 退団当日、宝塚最後の夜は今まで相手役を務めてくれた歴代のトップ娘役たち、そして、同期や花組の仲間と過ごした。「私が寂しい気持ちになってはいけないと皆が集まってくれて。日付が変わる0時を一緒にカウントダウン、朝まで一緒に過ごしたんです。そこでは、思い出話に花が咲き、さらには私が出演した作品のDVD観賞会までがスタート。“気にせず横になってくださいね”と疲れている私を気遣いつつ“明日海りおラストインタビュー”の映像を観る、そんな仲間たちの姿を眺めながらウトウトと眠りについたりして(笑)。おかげで、翌日は寂しい気持ちになることもなく。昨日の余韻と達成感を感じつつ、スヤスヤと眠る仲間たちの寝顔に囲まれながら、幸せな気持ちで朝を迎えることができました」

>>次ページ:「宝塚から一歩外に出た世界は想像以上に色鮮やかでした」

宝塚から一歩外に出た世界は想像以上に色鮮やかでした

「退団後は抜け殻になってしまうかもしれないなと。その直後の一週間は予定をいっさい入れていなかったんです。でも、その必要もないくらい翌日からの私は意外と元気で。逆にやることがなくて困ってしまったほど。結果、“いつも行けなかった時間のトレーニングに行ける!”と早速体を鍛え始めてしまったりして」

 そう笑いながら「もしかしたらその裏には、ボケッとすると寂しくなってしまうのではないか、そんな不安もあったのかもしれませんね」とポツリ。今まで多忙な毎日を送っていただけに自由な時間に戸惑いを感じる瞬間も。最初のころは予定を詰め込んでしまいがちだったそう。
「最近、ようやくのんびりした時間も楽しめるようになってきました。まず、目覚ましは7時半にかけるのですが、たいてい起きられず1時間後に起床。8時半に起きても誰にも迷惑をかけない、二度寝ができる、それだけでもう幸せ(笑)。午前中は軽く家事をこなした後、ヨガやトレーニングに行くのがルーティンで。その後は、歯医者に行ったり、美容室に行ったり、またトレーニングに向かったり。夕食の食材を買いにスーパーに行くのも楽しい時間です。食べたいと感じるものこそが体が欲しているもの。自分の体の声に耳を傾けながらゆっくりと食材を選んだりして。そうそう、最近はテレビもすごく観るようになったんです。ドラマやバラエティからニュース番組まで。情報番組に関しては細かく見比べながら、コメンテーターの意見の違いを楽しんだりして。今の私、時事ネタにはけっこう詳しいと思いますよ(笑)」

 退団からの約5カ月、背負っていた大きな荷物を少しずつ下ろすように、時間をかけながらゆっくりと新生活のペースをつかんできた明日海さん。

「まわりからは顔が柔らかくなったとよく言われます。確かに、自分でも楽しみながら身軽になっているのを感じていて」


 新生活を送る中で小さな夢もかなえた。
「実は私、ランチに行くのが長年の夢だったんです。お昼にのんびり食事すること自体もですが、それよりも“ランチ行こうよ”“いいよ、いつにする?”そんな会話にずっと憧れていて。念願のその言葉もついに口にすることができました(笑)」

パンツ¥19,000/カオス新宿(カオス) コート¥87,000/アマン(アンスクリア) Tシャツ¥11,000/エイトン青山(エイトン)

 ほかにもかなえた夢はありましたかと尋ねると「観劇」という答えが。
「時間を気にせず好きな舞台を観る、その夢は日々かなえています」と微笑む。ゆっくり流れる時間を楽しみながら、その傍らで観劇とトレーニングに明け暮れる日々。今もなお、自分を磨くことに余念がないのが、真面目で努力家の明日海さんらしい。
「これからのことについて考えたのは退団後。ちゃんと男役をやりきらないと、自分が何をしたいのか、どういう気持ちになるのか、想像がつかなかったので。実際に退団した今は、自分でも驚くほど宝塚以外の世界にもときめけるようになりました。宝塚から一歩外に出てみたら、知らないことや初めてのことばかりで、どこから手をつけたらいいのだろうと思うほど、うれしい戸惑いにあふれていて」

 
そのひとつがディズニーの傑作アニメーションを実写化した映画『ムーラン』。明日海さんはリウ・イーフェイ演じる主人公ムーランの声優を担当している。
「宝塚以外のお仕事も、声優のお仕事も、すべてが初めてだらけで。自分がいたのはたくさんある表現の世界のひとつ。狭いところを深く突きつめていたんだなと、改めて痛感しました。それはとても楽しかったけれど、ほかにもいろんなやり方や見せ方がまだまだある。できるかなという不安もありますが、それをもっと広げたい気持ちがとても高まりました」

 明日海さんにとっての宝塚とは、と尋ねると「かけがえのないトキメキと青春のすべてでした」という答えが。自分には宝塚しかないと思っていた、ほかにトキメクことができるのか不安だった。でも、そうじゃないことを知った今は"これから”に胸を躍らせている。
「とはいえ、今の私は右足を踏み出したばかり。左足がどの方向に進むのか自分でもわからない。まだまだ見えないことだらけなのですが。表現することへの胸の高まりは今も昔もこれからもきっと変わらない。表現するお仕事はずっと続けていきたいと思っています」

オールインワン¥44,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ロレイク) バングル¥15,000(ベン アミュン)・靴¥78,000(マリアム ナッシアー ザデー)/アパルトモン 神戸店
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/山下景子(KOHL)スタイリスト/村山佳世子 取材・文/石井美輪
関連記事
  • 11月18日の投稿でご紹介した、1週間に渡ってのGucciFest。連日短編映画「OUVERTURE of something that never ended」が少しずつ公開されるのと並行して、グッチがサポートする若手デザイナーたちにも新作発表の機会が与えられました。この短編映画に毎晩オンタイムで見入っていた視聴者の一人が、ある若きデザイナーシャルル・ドゥ・ヴィルモラン(Charles de Vilmorin)。パリ・モード界の新しいプリンス、そしてアレッサンドロ・ミケーレに選ばれた15人のうちの一人です。思えば、シャルルが衝撃のデビューを遂げたのは、ロックダウン真最中の去る4月のことでした。今回彼はこのGussiFestでフィルムを発表するにあたり、ポップでカラフルなファースト・コレクションに、新たに作った神秘的でロマンティックなコスチューム数点を加えたそうです。  「求めたのは、好奇心をそそる雰囲気。ライティングや音楽と雑音が夢と現実のコントラストを成し、視聴者はその世界に引き込まれていつどこにいるのかさえ分からなくなってしまう……」。シャルルはこう語ります。「僕のデッサンに生命を吹き込んで生まれたのが、詩的で神秘的な雰囲気の登場人物たち。愛と寛容を謳うこのコレクションで、幻想的ながら恐怖感も与える“生き物”たちは善と悪、男性と女性、若者と年寄り、幸福と悲嘆の両方を演じるけれど、国籍もジャンルも曖昧。メイクアップも、このアイディアからなんだ」また、今回初めてフィルム製作をしたと言うシャルルが大切にするのは、女優のシャルロット・ル・ボンを初め、友人たちとのコラボレーションです。シャルル曰く「映像からも読み取れる様に、彼らは美しいだけでなく、個性の強い真のアーティストたち」。冒頭でささやかれる詩も含め、音楽は彼が長年ファンだというシンガーLaurie Darmonの作だとか。「コラボレーターたちとはよく話し合い、インスピレーションとなるデッサンを渡したら、あとは自由にそれぞれのヴィジョンで解釈してもらったんだ。今回のようなプロジェクトでは、それぞれの創造性が交錯して一つの存在となり、同時にそれぞれの個性を認識し会えるのが面白い」。  「お伽話の様だけどちょっとだけ怖い、ティム・バートンやバズ・ラーマンの映画が大好き!」と言うシャルル。彼はグッチのOuverture...では、美しい映像と大切な主題に魅せられたそうです。また最近では、気鋭シンガーMottronのビデオ・クリップの衣装を手がけ、ファッションと舞台衣装をミックスする楽しみも味わったとか。彼は今後フィルムに傾倒するのでしょうか?「ショーではモデルのパルファンが香り、衣ずれや足音も聞こえる。だから期待以上のことが起こるフィジカルなプレゼンテーションが大好きだ。でもグッチのおかげで今回考えさせられた。フィルムは別のタイプのアドレナリン。何か新しいもの、美しいものが表現できる。だから新しいフィルムを創りたくて、ウズウズしているよ」  Text: Minako Norimatsu アレッサンドロ・ミケーレに選ばれ、GucciFestのプラットフォームで発表されたシャルルのフィルム、RepugnantamよりRepugnantamの制作風景。まるで絵画の様なメイクアップはLisa Michalik とAnaelle Postollecによる。Repugnantamの構想とディレクションはシャルル自身、彼のアイディアを実現化したのは二人のシネマトグラファー、James Coote とBaptiste Malbequi。ファンタジー溢れる4分間あまりのフィルムRepugnantamのために、スパンコールや刺繍を駆使して作られたキラキラと光るドレスの一連は、まるで舞台衣装!Repugnantamではシャルルも自作自演した。イノセントなアーティストを演じていたが、ファイナルでは悪魔に変身。今年4月に発表された、カラフルなキルティングのブルゾンを中心としたシャルルのファースト・コレクション。右はシャルル自身。
  • こんにちは!バイラーズの臼居実優です。東京は昨日からぐんと気温が下がり、秋も終盤だなあ...と感じていました。さて、今日は横浜の新グルメ情報についてご紹介いたします! 鎧塚さんプロデュース「Sky produced by TOSHIYOROIZUKA」がOPEN!! カフェがOPENしたのはなんと、室内墓所・葬儀「横濱聖苑」の敷地内。こちらの施設はなんと、東京オリンピック・パラリンピックで開閉会式や陸上競技などが行われる新国立競技場のデザインを担当する建築家・隈研吾さんがデザイン監修しているとのこと。隈研吾さんが手がけた建築はどれも木材を使っていて、和テイストでありながらモダンさも感じられて人々を魅了してますよね〜ここ横濱聖苑も隈研吾さんがつくる世界観があり、いい気が通っているというか...とても癒される空間でした。 FOOD MENUは3種類!サラダとドリンクつきで1200円 鎧塚さんの工房から直送!仕上げは店内での本格ケーキは各種490円〜 ケーキは鎧塚さんお工房から直送されており、カフェの店内でパティシエさんが仕上げをしていてとってもフレッシュ。ショーケースの中には繊細で美しいケーキが6種類くらいありました。甘党のわたしは1つに絞れなかったので、友達をシェアすることに。 お店のロゴに隠れた秘密がある...!? 仲良しの友達と美味しい食事を素敵な空間でいただけて本当に幸せなひとときでした。※行ったのが9月頭なのでノースリーブ...アクセスは横浜駅から8分、新横浜駅から3分の「岸根公園駅」下車徒歩5分。駐車場があるので車でも行けます。カフェのインスタグラムにいろいろな情報がのってるので行く際にはチェックしてみてください。Sky produced by TOSHIYOROIZUKAhttps://www.instagram.com/sky_produced_by_toshiyoroizuka/ わたしのインスタグラムも更新してます。 質問などございましたらお気軽にどうぞ♪↓クリックして飛べます~
  • こんにちは! バイラーズの下里朋美です! blogを読んで頂きありがとうございます♡ 今までの記事はこちら 今UNIQLOコラボが何かと話題ですよね! 寒くなってきた季節にぴったりで着回し抜群なコラボアイテムをご紹介したいと思います♡ UNIQLO×JW ANDERSON ニットアップ♡ ・スフレヤーンクルーネックセーター ・スフレヤーンワイドパンツ お色はDARK GRAY。 このスフレヤーンシリーズ生地がふわふわして肌にあたってもチクチクしにくくて着心地が良いんです♡ スフレヤーンクルーネックセーター もちろんデニムなどに合わせても可愛いのですが、今回はシャツワンピース×ロングブーツで合わせてみました! 写真だと分かりにくいのですが、胸元にガゼットを入れた、スウェットライクなデザイン♡ スフレヤーンワイドパンツ 今度はワイドパンツを着回し! スウェットで合わせてみました♡ ワイドパンツになっているのでスタイルアップも出来ます! +J ハイブリッドダウンジャケット バイラーズblogでも話題の+Jシリーズのダウンと合わせてみました♡ なかなかないデザインに一目惚れ♡ 今年の冬、沢山愛用したいと思います♡ それではまた更新します! instagramはこちら
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 Type1:ツヤとろみパンツ 夏より少し厚手のサテンで、柔らかく上品な光沢が特徴。重くなりがちなこれから時期のコーデの抜け感にもパンツ ¥13,000/アンクレイヴ■ツヤとろみパンツ×ロングコートダークトーンのコートからツヤ素材をのぞかせて深みのある美しいブルーサテン生地。なのにウエストはドローストリングというギャップがおしゃれ。レディ度の高いブラックのロングコートからチラリとのぞかせるだけで洗練された印象が簡単にかなう。パンツ/上と同じ コート¥110,000/グラフペーパー ニット¥29,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド コレクション) カチューシャ¥5,400/カシラ ショールーム(CA4LA) イヤリング¥6,873/アビステ バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ツヤとろみパンツ×カーディガン 同色のカーデをつなげ、こなれ感のあるカジュアルにほっこりしがちなカーディガンコーデも、パンツがツヤとろみ素材になるだけで一気に今の表情に。ゴールドアクセでひとさじのリッチ感を添えて。パンツ¥28,000/ミスク(ミスク トウキョウ) カーディガン¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) Tシャツ¥7,500/オーラリー ストール¥53,000/スロー サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) チョーカー¥378,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥41,000・ロゴハンドル¥16,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥44,000/ベイジュ(ピッピシック)■つやとろみパンツ×ジャケット ジャケットで上品にしつつ肩がけニットで抜け感を柔らかな光沢感がきれいなライトベージュのとろみワークパンツに、白ジャケットを合わせてちょっぴりフォーマルに。そこに肩がけしたニットとメガネを合わせれば、デイリーに着やすいこなれたカジュアルスタイルが完成。パンツ¥33,000/スタンブリー ジャケット(共布ベルトつき)¥65,000/ヴェルメイユパー イエナ 青山店(ウジョー) Tシャツ¥9,000・ニット¥78,000/エブールギンザシックス メガネ¥33,000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥83,000/essenceof ANAY(I FALORNI) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • セットアップに合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。スーツスタイルの最終仕上げに! 「ティファニー T ワン」にイエローゴールド&ホワイトゴールドが登場ティファニーの新コレクション「ティファニー T ワン」から、既存のローズゴールドに加え、この秋イエローゴールドとホワイトゴールドのバングルとリングの全9型がラインナップ。エレガントでありながら、エッジが効いたシャープなデザインは、スーツの手もととも相性抜群。自分へのごほうびに新調してみては? 中央はホワイトゴールド、右とバングルはイエローゴールド。バングル¥415,000・リング 各¥196,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)色バリエが豊富!「トッズ」からスモールレザーグッズの新シリーズが発売「トッズ」からこの秋発売された「トッズ コローリ」は、ユニセックスなスモールレザーグッズの新シリーズ。ラインナップはウォレット4型、カードケース2型、キーケース1型の全7型。素材は細かなシボと上品な光沢感の型押しカーフレザー製で、ベーシックから鮮やか色まで、カラーバリエーションの豊富さも魅力! イエロー×グレーなど、内側を開けるとバイカラー仕様になっている。全部で12色展開。カードケース(H7×W11×D2.5)各¥23,000/トッズ・ジ ャパン(トッズ)仕事向きのシックなデザインがそろう、 「J&M デヴィッドソン」のコラボヘアアクセサリー今秋、「J&M デヴィッドソン」が、仏のヘアアクセサリーブランド「アレクサンドル ドゥ パリ」とコラボしたスペシャルコレクションを発表。ブランドのシグネチャーでもあるスタッズをはじめ、パールやスワロフスキー®・クリスタルを使用したクリップやヘアゴム、バレッタは華やかかつモダンでありながら、機能的で使い勝手も抜群。 〈上から〉ヘアアクセサリーケース¥25,000・ヘアクリップ¥11,000・ヘアゴム¥19,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)最高級レザーを使ったミニマムで洗練されたデザイン。 「アフラ」の新作バッグに注目トッズで15年間クリエイティブアクセサリーデザイナーとして活躍した、モニカ・キオッツィによる「アフラ」は、’17年デビューのイタリアのバッグブランド。最高品質のレザーを使った、ミニマムなフォルムと知的な女性らしさが魅力。収容力があり、使い勝手を考えてデザインされているので、エグゼクティブ女性向きだ。 上はポーチつき、下はストラップつきと機能も充実。〈上〉バッグ(H31×W38×D13)¥98,000・〈下〉バッグ(H25×W32×D15)¥103,000/三喜商事(アフラ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) 取材・原文/新田幸子 ●本文中の( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズを表します。H=高さ、W=幅、D=マチで、単位は㎝です。 ※エクラ2020年12月号掲載 
  • 男前なサイドゴアブーツで甘いコーデをピリリと引き締めて!大好きな小花柄ワンピースにシャギーニットのロングカーデを合わせた女の子気分全開の着こなし、たまにやりたくなるよね。ただし今季狙うべきは大人見えだから、甘い服は”オールブラック”で楽しむのがマイルール♪ 足もとはシンプルかつスタイリッシュなサイドゴアブーツで、辛口な黒をきかせるのが効果的。ちょこっとだけ足首がのぞくから、甘くない女っぽさも盛れてイイ感じに。ここまで徹底して黒でまとめたら、最後に白バッグで軽やかな抜け感をひとつ。このままデートにも行けるくらい、ちゃんと可愛くて今の自分に似合う黒コーデって最強じゃない?靴(3)¥32000/UTS PR(スペース クラフト) ワンピース¥4980/ViS カーディガン¥60000/ボウルズ(ハイク) ニット¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) バッグ¥14000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) ピアス¥13600/シップス 大宮店(ルーカスジャックロンドン)逢沢りなの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 企画/薬師神葉子(MORE) ●本文中( )内の数字は編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位はcmです ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 締め色トップス&ストレスなくはけるカラーパンツで華やかに 上半身を定番の黒タートルや旬なボア付きジージャンでまとめるなら、下半身にチアフルなマスタードカラーを投入して秋らしく。フロントのピンタックに縦ライン強調効果がある『ストラ』のパンツは、ストレスなくはけるのにすらっと美スタイル見え。パンツとリンクさせてスカーフを巻いて動きをつけて。  ジージャン¥30000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブ アンド ハーフ) ニット¥15000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) パンツ¥15000/ストラ スカーフ¥12000(マニプリ)・リング¥17000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ピアス¥34000/テイクアップ バッグ¥45000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥26000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 構成・原文/久保田梓美 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号 好評発売中!】
  • 久しぶりにトレンドに戻ってきたハット。大人の女性にとって使い勝手のいいハットを駆使して、カジュアル化するコーディネートにひとひねり。Hat/ハット 大人のおしゃれ力が試される、つば広の中折れ帽。ベーシックカラーを無造作にかぶり、あくまで都会的に。上質感のあるグレージュがデニムスタイルの幅をぐっと広げて。 帽子¥17,500/カシラ ショールーム(カシラ) ニット¥36,000/ミューズ ドゥ  ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥20,000/RHC  ロンハーマン(LEE×フォー ハナ バイ RHC) バッグ¥17,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(オウレンティ) 靴¥54,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) リング(太)¥210,000・(細)¥245,000・ピアス¥36,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) VARIATION タイムレスに使えるブラック。コーディネートの引き締め役や重心を上げる効果も。¥26,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオーネ)ブラウンならではのクラシックムードを日常に。¥15,000/タア トウキョウ(タア)なじみのいいハンサムカーキ。華奢なゴールドチェーンがアクセント。¥29,000/ゲストリスト(ヴァンパルマ/ハウント代官山) 【Marisol12月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
関連キーワード

RECOMMEND