おしゃれプロたちの「秋アウター」をリサーチ!今、はおるならジャケットorブルゾン?

Marisol ONLINE

※価格表記のないアイテムはすべて私物です

【ジャケット派】

リネンやデニム混など、ほどよくカジュアル感のある素材を味方に"こなれ見え"を目ざす!


■エディター磯部安伽さんはエブールのダブルジャケット

「エブールのダブルジャケットは、私の定番・デニムスタイルを今っぽく、こなれて見せてくれるんです。一見"おやじ"っぽいたたずまいですが、ラペルが細く、肩まわりもカッチリしすぎない設計で、ローゲージカーディガンのような感覚ではおれます。インは透け感のあるボリューム袖のデザインブラウスで"フェミニン足し"を。デニム以外なら、マキシ丈のナロースカートを合わせて女っぽいスタイルも楽しみたい」。

ジャケット¥63,000/エブールギンザシックス ブラウス/ロク デニム/AGOLDE バッグ・ブーツ/ザ ロウ



■エディター坪田あさみさんはカオスのリネン混ジャケット

「カオスの名品、リネン混ジャケットの秋冬バージョンに展示会で出会い、きれいめにもラフにも着られるのがいいなと思い購入。黒ですが素材にニュアンスがあるんです。単品でも活躍しそうですが、あえてパンツとのセットアップで、堅苦しくしすぎずカジュアルに着こなしたい。黒のスエードサンダルやバッグで、きれいめに仕上げつつ抜け感をプラス」。

ジャケット¥42,000・パンツ¥25,000/カオス表参道(カオス) Tシャツ/エブール サンダル/ミシェル・ヴィヴィアン バッグ/flea Store Vegital 時計/エルメス



■エディター三尋木奈保さんはエイトンのCPOジャケット

「CPOジャケットは、私にとってブルゾンの延長という感覚。スカートとバランスのとりやすい丈感、ほどよくカジュアル感のあるデニム混素材と、ブルゾンのよさをジャケットに落とし込んでくれたのがこのエイトンのCPO。アイテム自体が辛口なので、ふんわり広がるナイロン素材の白スカートを合わせ、色と素材でメリハリをつけてとびきり華やかに」。

ジャケット¥55,000/エイトン青山(エイトン) ニット/ギャルリーヴィー スカート/エブール バッグ/ザンケッティ ブーツ/DEIMILEE ネックレス/ソフィー ブハイ



【ブルゾン派】

丸みのあるフォルムで女っぽさをキープしながら、旬のミックススタイルを堪能

■エディター東原妙子さんはアンクレイヴのスタジャン

「ネイビー×袖ブラックのスタジャンは、私がディレクターを務めるアンクレイヴの中でもお気に入りの一枚。袖はエコレザーなのでハードになりすぎず、きれいめに着られます。10月なら、シンプルなニットワンピースの上にはおって、シルエットのコントラストを楽しみたい。背中にタックを入れて丸みの出るシルエットにしているので、パンツと合わせても自然とおしりが隠れ、女っぽく仕上がります」。

ブルゾン¥28,000/アンクレイヴ ニットワンピース/アンクレイヴ バッグ/サンローラン ブーツ/ロランス



■スタイリスト福田亜矢子さんはアパルトモンのワークブルゾン

「ジャケットを買ってみたこともありましたが(笑)、やっぱりブルゾンが落ち着きます。今季は、リラックスムードのあるビッグシルエットが気になります。アパルトモンのワークブルゾンは、定番のものよりサイズ感が少し大きめになっていて可愛い。インは黒でまとめ、あくまできれいめに」。

ブルゾン¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) トップス/エイトン パンツ/N.O.R.C by the line バッグ・靴/ジル サンダー ハット/ALBERTUS SWANEPOEL バングル/フィリップ・オーディベール ピアス/CODY SANDERSON



■スタイリスト池田メグミさんはロンハーマンのレザーブルゾン

ずっとパンツ派でしたが最近スカートをはくようになり、バランスのとりやすいショート丈ブルゾンに手が伸びました。柔らかなベージュなので、レザー素材ながらクールになりすぎず、優しい印象。秋の初めは、Tシャツ×タイトスカートのシンプルなスタイルにさらっとはおりたい。ショートブーツと合わせてもクールになりすぎないところが魅力です」。

ブルゾン¥86,000/ロンハーマン(ロンハーマン) Tシャツ・スカート/サードマガジン バッグ/ロエベ ブーツ/ジャンヴィト ロッシ ネックレス/ヴィンテージのティファニー
【Marisol11月号2020年掲載】撮影/須藤敬一(磯部さん) 中田陽子(MAETTICO/東原さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./磯部さん) 沼田真実(ilumini./東原さん)スタイリング協力/池田メグミ 
Marisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案。今回ご紹介するのは、寒くなってきた今買いたい“アウター・コート”。肌寒い季節に重宝する、薄いけど暖かい羽織りや冬本番に活躍するダウンジャケットなど気になるアウター・コートが勢揃い!ぜひチェックしてみてください!
関連記事
  • こんばんは いつもブログをお読みいただきありがとうございます 前回のブログでも紹介した、お気に入りのワイドデニム。 今回はオフホワイトのニットと合わせてみました。 普通の定番ニットだと、なんだか物足りないので、titivateのボトルネックリブニットプルオーバーを選んでみました! こちらのボトルネックリブニットプルオーバーのお気に入りのポイント♩ ・短くてふんわりした袖部分が手首を綺麗に見せてくれる。・丈が短めなのでボトムスとの相性も良く、メリハリを出してくれます。 ↑ニットは普通の定番のものよりも少し可愛いポイントがあるものを持っておくと、デニムと合わせた時にメリハリが出るのでおすすめです。 足元は黒ブーツを選んでシンプルなコーデにしてみました。 ⚫︎トップス titivate ⚫︎パンツ UNIQLO ⚫︎バッグ CHARLES & KEITH ⚫︎ブーツ CHARLES & KEITH 〜白ニット×ワイドデニム×黒ブーツのシンプルコーデを更に楽しむポイント〜 シンプルなコーデに、大ぶりのイヤリングを合わせると更にコーディネートが楽しめそうです♩ 高身長で顔が派手めな私は、いつもは小さめのアクセサリーを選んでますが、 大ぶりのアクセサリーに挑戦したい時はあえてシンプルコーデや、淡色コーデの時に付けるようにしています♩ いつも通り小さめのアクセサリーでないと、悪目立ちしてしまう!という概念は捨てて、たまには挑戦してみるのも楽しいし、新しい自分に出会えるかもしれません^^ 皆さんもいつもと違う冬のコーデを 是非、楽しんでみて下さい! Instagramもしています。 フォローして下さると嬉しいです♩ instagram
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。佐藤勝利の“シェア”事情実際に佐藤さんと冬小物をシェアするなら、どんなものをどんなふうに楽しんでくれるの? 小物、洋服、時間……シェアにまつわる男子のホンネ。Q.女の子と小物をシェアするのってあり?「恋人同士で服や小物をシェアするのは特別なことではない気がする。冬のデートで寒い時に彼のマフラーや手袋を借りる、彼の家に泊まりにいった時パジャマ代わりにTシャツを借りる、そういうことも普通にあるだろうし。あと、大きめのメンズアイテムを身につけている女の子ってなんか可愛いんですよね。ブカブカのTシャツ、指先が余った手袋。つま先が余ったソックス……そういうのを見ると、当たり前だけど『あ、女の子なんだな』ってあらためて思うというか。実はSexy ZoneのライブTシャツには“彼氏から借りたTシャツ感”を裏コンセプトに少し大きめに作ったものもあったりするんです」(佐藤さん、以下同)Q.「これだけはシェアしたくない」と思うものはありますか?「シェアには恋人同士の温度も感じるというか。学生時代、先輩や彼氏のマフラーを巻いて登校する女の子をよく見かけて、そんな恋人関係に『いいな』と憧れたこともありました。まあ、憧れたところで僕はもう学生には戻れないけれど……(笑)。だからこそ『これはイヤだ!』と思うものは特にないかな。あっ、外にはいていくソックスは『ちょっと……』と思うかもしれない。ルームシューズ感覚の厚手のソックスとかならまだしも、デイリーにはくソックスは下着に近いような気がして。僕がイヤというよりも、相手に申し訳ない気がして(笑)」Q.実際にシェアすることはありますか?「僕には年の離れた兄姉がいるんですけど。学生時代はおしゃれな兄のジャケットやコートを借りて出かけたこともありました。勝手に着て怒られたことはあるか? いや、ないですね(キッパリ)。兄だったら、怒るどころか『寒くなくてよかったね』と言ってくれると思う。佐藤家はみんな本当に優しいんです。わが家は姉、兄ふたり、僕、と子供が多かったから、幼い頃からおさがりが当たり前。それは全然イヤじゃなかった。姉の服を着た女の子みたいな僕の写真も残っているんですよ(笑)。シェアに抵抗がないのは、そんな環境で育ったのも大きいのかもしれないです」Q.佐藤勝利と“時間”をシェアするなら?「僕、忙しいですからね(笑)。休日もボンヤリ過ごすのがもったいなくて、家から一歩外に出たいと思う、わりとアクティブタイプなんです。冬、デートするならドライブがいい。車なら愛犬のチャイも一緒に出かけられるし。行き先は横浜とかもいいですよね。年末年始のにぎわう街を眺めながら車を走らせたりして。家デートなら確実に、ずっとハマっている料理の腕前を披露します。カッコつけて、おしゃれなパスタとか作るんだろうな(笑)。料理はひとりで作っちゃいます。自分のペースがあるから。車の運転はふたりでしない、それと同じです。遊びに来てくれたからには“おもてなし”したいし。食後はお酒を飲みながら一緒に映画を観るのかな。『何を観る?』って相談する時間すら楽しいんだろうな」>>【Part1】佐藤勝利(Sexy Zone)「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 
  • DAY29 バービーさんからメールが!悲しみにくれたまま月曜日に。あ、バービーさんからメールが! 「引っ越しの日、プレゼンをジャマしたくなくて何も言わずいなくなってごめんね。栞里ちゃんを見てて、ずっとしたかった地方での暮らしに挑戦してみたくなって」。インディゴデニム¥3990/ユニクロ 黒フーディ¥35000/ボウルズ(ハイク) 白バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ショートブーツ¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ピアス¥26000/ラブレス青山(ローマニン) ストール¥57000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス)▶︎▶︎『SDGs×冬コーデ』着回し使用アイテムはこちら今さらだけど“SDGs”って何?“SDGs”とは、よりよい世界をつくるため、2030年までに世界中が一丸となり達成したい17の目標のこと。環境保全や貧困をなくすこと、さらにはジェンダー平等の実現など定められた項目は多岐にわたりますが、地球上すべての命をひとつたりとも取り残さないことが理念です。【着回し28日目】バービーさんがいない!(涙)佐藤栞里主演『SDGs×冬コーデ』 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦(モデル) さとうしんすけ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/栞里分) 久保フユミ(ROI/バービーさん分) モデル/佐藤栞里 バービー スタイリスト/大平典子(栞里分) 内堀悠香(バービーさん分) 企画・原文/渡辺真衣(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA tokyobike ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 体のラインを拾わずに縦にスッと落ちてすっきり。暖かさも汎用性の高さも約束する前後差デザイン! 12closet【洗える】 アンゴラ混ロングニット (各)¥9800(サイズ:38、40) ¥5880(40%OFF) ややモックネックぎみの首元や長めの袖口、サイドスリットを入れて大胆に前後差をつけた着丈と、気のきいたディテールをちりばめ、無難見えしないシンプルさを目指したニット。 パンツ¥22000/エムピーストア 二子玉川ライズS.C.店(マッキントッシュ フィロソフィー) 帽子¥8900/メゾンドリリス ピアス¥6300/シップス 有楽町店(ズー) スカーフ¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム みなとみらい店(レレ) バッグ¥6800/セム インターナショナル(モヒ) アンゴラブレンドの糸を用いたハイゲージの生地は、インナーやコートに毛が付着しにくい、しっとり柔らかな肌触り。 ゆるさがありつつも縦が強調されるシルエットなので、スカートともバランスよく決まります。幅広い着こなしに対応するベージュとネイビーの2色展開。 横から見ると…前は太もものつけ根下あたり、後ろはお尻がしっかりと隠れる丈。サイドスリット入りなので、前だけのタックインもラクちんです アンゴラ混ロングニット 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/菊地 哲(人物) 魚地武大(TENT)(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude. ) スタイリスト/石上美津江 モデル/小濱なつき 取材・原文/鈴木絵美
  • 中村アンさんのファッション連載がスタート。初回は白を使った真冬の配色レッスン。カジュアル感が女っぽさを導く逆説的アプローチでお届け。今回はくすみブルー、チョコレートブラウンと白のコーディネートをご紹介します。 White × SMOKY BLUE【白とくすみブルー】 トレンドのくすみ色は白ならではのハズしと抜け感を。気張ってないのが心地いい 落ち着いたブルーとリラックスした白の包容力 くすんだ青を引き立てる鉄板の白。白ニットもいいけど、白ポンチョでハズしたらもっと楽しい。包容力のある白ならではの“普通すぎない”アイテム選びで、リラクシーな余裕を感じさせるコーデに。ポンチョ(予約販売)¥9000・パンツ¥15000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ブラウス¥10000/ハッシュニュアンス ピアス¥89000/エスケーパーズオンライン(ソフィー  ブハイ) 靴¥23000/デミルクスビームス 新宿(エー エメリー) White × CHOCOLATE【白とチョコレートブラウン】 予定調和で終わらせない。やんちゃな色の組み合わせが魅力を高める ボーイッシュな白デニムに透けるブラウンの意外性を オーバーサイズのデニムをきゅっとベルトで締めて、ボディのきゃしゃさを逆にアピールする戦略。デニムとは対照的にコンサバなアンサンブルニットを合わせて、大胆にギャップを。プルオーバーニット¥18000・カーディガン¥22000/アンクレイヴ パンツ¥22000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ オーソライズド  ビンテージ) ブレスレット(上)¥80000・(下)¥130000・バングル¥418000/ヨン 靴¥105000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) その他/スタイリスト私物 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • リングの重ね付けはゴチャつく? アクセに関するお悩み解決します!小物は自己満足? いいえ、コーデの印象を劇的に変える、とっても大事な存在! 今まで感じていた“モヤモヤ”が、小物使いで“スッキリ”に変わる、そんな体験をお約束します♪冬のアクセ、服に隠れてどうせ見えないからつけてもムダでしょ逆に服の上からつけてみるのがおしゃれですブレスレットは太めで存在感のあるものを。色もシルバーだと埋もれずに映える。ネックレス¥1400/お世話や(OSEWAYA) バングル¥16000/フリークス ストア渋谷(ニナ・エ・ジュール) ニット¥8000/ハッシュニュアンス ターバン¥6800/メゾンドリリスゴールドとシルバーのアクセ、交ぜないほうがいいよね交ぜると抜け感が出てよりこなれて見えますよあえて色を統一しないことで抜け感を出して。シルバーリング¥18000(シイハ)・ゴールドリング¥12500(リプサリス)/ロードス ピアス¥6400/プルミエ アロンディスモン NEWoMan 新宿(ニナ・エ・ジュール) パーカ¥3628/Gap新宿フラッグス店 ブラウス¥4990/ロコンド(MANGO)片手にひとつ以上のリング、ごちゃごちゃしますよねゴツゴツしたものと華奢なものを組み合わせましょう太めのリングやモチーフがついているものは片手につきひとつに抑えるとすっきり見える。パールリング¥1700/ゴールディ ツイストリング¥8000/UTS PR(ルフェール) カーディガン¥6500/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 帽子¥4500/マーキュリーデュオ ルミネエスト新宿店イヤカフ、目立たなくてなんだかキマりませんシンプルなデザインのものをあえて重ねづけしてみて平らなものと立体的なものを組み合わせるとほどよいバランスに。イヤカフ(上)¥8000(イン ムード)・リング¥32000(アナプノエ)/フォーティーン ショールーム イヤカフ(下)¥1000/お世話や(OSEWAYA) ニット¥25000/グリニッジ ショールーム(ジェイジェイマーサー)【関連記事】真冬にバレエ靴は寒そう? タイツは今季も80デニール?思い込むのはもったいない! こちらもチェック>>マスクと服は合わせなくていい、なんて思ってない?【関連記事】身長150cm台だとヒール靴がマスト? Sサイズ読者がお悩み解決コーデをお試し! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/松本 愛 井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND