秋は何着る?全身コーデに「夏っぽ素材」スカート投入!

Marisol ONLINE
最近、コロナ自粛がたたって散財しました。

散財の内容はもう少し精神が落ち着いたのちに、盛大に懺悔と浄化を込めてこちらのブログでご紹介したいと考えております。どうかみなさま、その時には嘲笑してやってください。

こんなわけで今どう考えても自分の経済活動こそ自粛中……と思っていた矢先、8月ごろから通販サイトでのんきに予約していた麗しの秋物がぽつぽつと届き始めました。
せまりくるカード支払いはさておき、ゲットした秋物の中でも「当たり」のかわいこちゃんたちを、ぜひ共有させてください。(結局散財している)
GALLARDAGALANTE ワッシャーフレアスカート
今年は明るく綺麗色をまとって歩きたい。
そんな願いのもと巡り合ったのがこちらのスカートです。

そうです、「夏っぽ素材は秋冬こそ着る!」であります!(by マリソル11月号)

問題のウエスト部分は程よいゴム仕様になっており座っても苦しさ軽減。トップスをコンパクトにしてもウエストがきれい、オーバーサイズに合わせても広がりすぎずシルエットが美しい。 夏っぽ素材のなせる業、ストンとした落ち感が痩せ見え効果抜群です。そんなに優秀でいいのかよ?
CABaN ウールカシミヤ クルーカーディガン
初CABaNです。年甲斐もなく20代の店員さんをインスタでフォローし日夜ファッションを研究。彼女の着てらしたレッドカラーのカーディガンがかわいかったのですが、出遅れて売り切れでした……。ということでピンクスカートに合わせるべくチャコールグレーを選択。自分で言うのもなんですが、大人かわいいではありませんか。
Daniella & GEMMA ダニエラ&ジェマ 【AKIKO KIZU × Daniella & GEMMA】スクエアトゥギャザーバレエシューズ
ダニジェマは足幅の広い私にはいつも見ていることしかできない憧れブランドだったのですが、こちらのデザインはそんな人に持ってこい。
靴の側面から足を包み込み、なおかつ紐で調整できるタイプのため幅広さんでも余裕があります(購入サイズは通常より1サイズ上をチョイスしました)。
スクエアトゥなので今年の香りを漂わせてくれる優秀な一品です。足の形さえ合えば、靴箱の中を全部ダニジェマにしたいくらいです。
これから秋、そして気温が厳しくも美しい冬へ。寒いけれど味わい深く、ファッションが楽しい季節がやってきますね。
健康第一で、皆さんと冬を乗り切りたいと思っております!
全部着てみました。家の中で強風でも吹いているのか、という。
全部着てみました。家の中で強風でも吹いているのか、という。
関連記事
  •   今買い“春まで重宝”2アイテム “UNITED ARROWS”Marisol掲載品 Marisol掲載で大人気のUNITED ARROWSアイテムがスペシャルプライスで登場!春まで着れちゃうコートも必見!お見逃しなくっ!   一枚で完成!好印象ワンピース UNITED ARROWSUWSC タートルネック ニットワンピース¥19,000 →¥11,400+税(40%OFF) ご購入画面へ 素材の上質感を生かしたシンプルなタートルネックのロングワンピース。柔らかな風合いが特徴のラムウール素材を使用。少しゆとりのあるストンとしたリラックス感のあるシルエットは、ボトムスとのレイヤードコーディネートも素敵です。 ▼着用BLOGも公開中▼ アラフォー等身大の姿をお届けニットワンピースを着てみました! BLOGはこちらから    春先まで着られる♪リバーシブル仕様のノーカラーコート UNITED ARROWSUBCB リバー バイカラー コート20AW† ¥55,000 + 税 ご購入画面へ 両面、両色のカラーが楽しめるリバーシブル仕様のノーカラーコート。ゆとりのあるサイズ感やサイドスリット、ケープのようなデザインで、インナーにボリュームニットを合わせても着用可能です。シーズン後半まで長く着用していただけます。同素材のスカートと合わせてセットアップとしてもおすすめです。 ▼着用BLOGも公開中▼ \アラ40厳選/今年の1枚 UNITED ARROWS【リバー バイカラー コート】 BLOGはこちらから    こちらもおすすめ “春まで使えるセール品” 6選 【UNITED ARROWS】おすすめ☆#バイヤーこれ買いアイテム UNITED ARROWS SALEアイテム The post 今買い“春まで重宝”2アイテム【UNITED ARROWS】Marisol掲載品 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 春を感じたくて買った久々の花柄ワンピは、冬の暗くなりがちなコーデのアクセントにも使える大人の花柄。とっても優秀さんです♪今日は暖かいですね! こんな日は、早く春が来ないかな〜とそわそわしてしまいます。 この冬のセール、何も買わないと固く決めていましたが、ついZARAのサイトを覗いてしまったが最後、いくつか買ってしまいました笑笑 目に留まったのはこちら。 グリーンの花柄ワンピです。花柄だけどシャツタイプなので甘すぎず着られてgood! セール価格でなんと2990円!でした♪冬の間は上にニットをレイヤードしてもグリーンの鮮やかさがアクセントになってとってもかわいいです。 アラフォーの花柄は難しいと感じる方も多いかもしれませんが、デザインが甘すぎないものを選んだりニットやカーディガンと合わせたりすると、雰囲気が柔らかくなるとても心強いアイテムかなと思っています。 桜の木を見上げると、もうつぼみが膨らんできていますね! 早く春がきますように♪ ZARA プリント柄ワンピースはこちら→Instagramで日常も綴っています。よかったら覗いてみて下さい♪→No.146 rin
  • うるおいと美容成分満タンで肌がピークを迎えたら、それを逃さないようクリームの出番。しっかり入念にお手入れしているのにエイジングの悩みがどんどん増えていく……そんなアラフォー女子は、業界随一の美肌と称される小林ひろ美さんのこの道場にぜひとも入門を! ひろ美直伝・肌を動かさないケア術をマスターすれば、不動の悩み知らずの美肌がかないます!美容家、美・ファイン研究所主宰 小林ひろ美美容家、美・ファイン研究所主宰 小林ひろ美楽しく効果的にケアできるアイデア満載の美容法が大人気。業界随一と称される美肌も、自身が知識と経験によって編み出したケアの賜物Part 4 動かさずに“閉じ込める” うるおいと美容成分満タンで肌がピークを迎えたら、それを逃さないようクリームの出番。基本は肌を動かさないハンドプレス塗り。目もと、口もとを先に塗ると自然な重ね塗り効果も。朝と夜になじませ方向を変えれば、ベタつき悩みも解決。 ☆ココがキモ! ・目もと口もとは先塗り ・朝と夜はプレスの方向を逆に ・フェイスラインは指プッシュ密着力の高いものが正解です!❶ハリに重要なⅦ型コラーゲンの生成を2倍にするイモーテルコアエキス配合。カシミア感触。イモーテル ディヴァインクリーム50㎖¥13,500/ロクシタンジャポン  ❷エンメイソウなど自然の神秘のパワーを濃縮。顔立ちまで凛と整う。フューチャーソリューションLX レジェンダリーENクリーム50g¥55,000/SHISEIDO ❸老化によって不足しがちな肌の微量栄養素にアプローチする朝用クリーム。硬めクリームがとろけてフィット。Nルミエール デイ クリーム50g¥17,000/クラランス ❹ホワイトポーセリンカカオ、カフェイン、玉露エキスを配合。栄養リッチなのに軽やかなフィット感。トム フォード リサーチ クリーム コンセントレイト50㎖¥42,000/トムフォード ビューティ ❺線維芽細胞の遺伝子をONにする話題のテクノロジー搭載。コクのあるクリームは温度で肌と一体化。B.A クリーム30g¥32,000/ポーラ1.最初に塗るのは目もと口もと 量はパール2つ。美容液は毛穴の奥まで成分を入れ込むのがキモ。ブルーベリー1 粒大を目安に手のひらに広げたら、力の入らない薬指で、最初に目もとと口もとの周囲を矢印の方向に超ジェントルタッチでつける。2.朝と夜はつける方向を反対に 朝は外から内、夜は内から外にスタンプづけを。最初につけたところほどたくさんつくので、朝はTゾーンが少なめに、夜は顔の中心がしっかりうるおう。3.反対側の手でハンドプレス 最後にクリームを手のひらでハンドプッシュして肌に密着。手をクロスさせて、反対側の手で肌をプレスすると、力が入りにくく、おすすめ。4.フェイスラインはツネツネ塗り フェイスラインは、ちょっとだけ圧をかけてケア。フェイスラインに沿いながら親指と人さし指ではさんでプッシュし離すを繰り返す。【Marisol 12月号2020年掲載】撮影/玉置順子(t.cube/人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃▼合わせて読みたい
  • 1/9(土)〜1/15(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!1月9日(土)人混み避けて朝活派に転向!スニーカーで早朝散歩をしてリフレッシュ ★コーデの詳細はこちら >1月10日(日)ふるさと納税の品を妹家族にお福分け。カーキブルゾンで宅配便ごっこ ★コーデの詳細はこちら >1月11日(月)鏡開きで無病息災。外で一人おしるこを堪能する時はあずき色コーデで ★コーデの詳細はこちら >1月12日(火)連休最終日はサクッと美容室へ。コートと同系色のカラーをリクエスト ★コーデの詳細はこちら >1月13日(水)オンライン新年会の幹事に抜擢。総合司会なのでクール&ドレッシーに ★コーデの詳細はこちら >1月14日(木)在宅勤務の密かな楽しみは上品コーデで高級フレンチのテイクアウトを ★コーデの詳細はこちら >1月15日(金)今年の疫を避けるべく上元の日は小豆粥を食べ小豆トーンコーデで出社 ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 春に向けて買い足しておくべきは「白の甘顔ブラウス」。パフスリーブや長めのカフスなど袖コンシャスなデザインは要チェックです。 スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 袖コンシャスな《白の甘顔ブラウス》 《吉村さんレコメンド》パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスは一枚は押さえておきたい流行。多くは透け素材で、肌を見せなくても女っぽさが出せるのも万人向き! 《伊藤さんレコメンド》春本番に向け、ボトムや小物に“色”が増えてくることを見越して、ブラウスは万能な白を。真っ白より少し黄みのあるエクリュやたまご系のカラーなら高見えにも。 立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型も“ラクして女っぽい”を後押し。「インでもアウトでもサマになるので、見せる分量に迷いがちなカラーボトムがきても安心!」(伊藤さん)。ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥24000/ハルミ ショールーム(ミューラル) リング(人さし指)¥12500/ソワリー リング(小指)¥21000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) 椅子にかけたジャケット¥32000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(スタイリング/ バイ ケイ シラハタ) バッグ¥82000/メゾンレクシア CADUNÉ ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 裏拍のリズムを刻み、仲間と陽気に踊りだす。今感じたいのはあたたかな太陽の光と、やさしいグルーヴ。ハッピームードがあふれる3人が、ルーツ・レゲエをモードに解釈したスタイルを弾ける笑顔とともに届けよう。スピーカーから流れる 愉快な音楽に身を委ねてサウンドシステムで音楽を鳴らし"One Love"なマインドを歌う。 (右)グッチの2021年エピローグコレクションのトラックジャケットは、アメリカ人のデザイナー、ケン・スコットのアーカイブを再解釈したもの。鮮やかなプリントと、ベロア素材に施されたスポーティなラインが特徴的。GGパターンのパンツを合わせて、柄のマッチングを思いきり楽しむ。 ジャケット¥195,000、パンツ¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ) (中)ピンクのトップとパンツのセットアップは、"地中海を巡る旅"がテーマとなったシャネルの2020ー2021年 クルーズ コレクションから。体とともに揺れるチェーンベルトを重ねて、遊び心をひとさじ。 トップ¥233,000、パンツ¥351,000、チェーンベルト(上)¥154,000・ロゴベルト(下)¥316,000/シャネル (左)レトロなムードと現代的なストリートの要素が共存するスタイリング。ケープのような、モノグラム・フラワーのカットアウトがあしらわれたAラインドレスに、オーバーサイズのボンバージャケットを羽織って。ドレスの赤が、燃え上がる太陽を連想させる。 ジャケット¥685,000、ドレス¥433,000、スニーカー¥134,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ピアス/モデル私物夢を運ぶクラシックカーを相棒に映画『Rockers』(’78)に憧れて、クラシックに装う。 (右)イントレチャートを進化させた、「ファンタジア プリント」のセットアップ。2020年フォールコレクションで登場したダンシングマンのモチーフを引き継いだ模様は、ムーブメントを人の体で表現した。 トップス¥169,000、ショーツ¥87,000、ネックレス¥285,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) ピアス/モデル私物 (中)グリーンのバギーパンツに、イエローベルトで、色の対比を楽しむ。テックコットンのポロシャツで涼しげに。 トップス¥110,000、パンツ¥140,000、ベルト¥68,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) (左)’50sから飛び出してきたようなチェックドレスに、オーバーサイズのスエード×ニットのジャケットをまとって。スカート内部のチュールパニエによって、フワッとした立体感が実現。 アウター(参考色)¥455,000、ドレス¥375,000、イヤリング¥41,000、ソックス¥23,000(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) その他/モデル私物鮮やかなプリントに身を包み笑顔で踊る1970年代にジャマイカで流行したルーツ・レゲエ。古きよき音楽の系譜を紡ぎながら、3人のダンスは未来に向けて、続いていく。 (右)ハイネックのトラックスーツが一体化したスポーティなニットは、まとうだけで元気になれるイエロー。バーバリーのヴィンテージチェックのボトムスは、スイムウェアとしても使用できるので、バケーションにも最適な一着だ。 ニット¥124,000、ショーツ¥43,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)  (中)アメリカ人の芸術家、ケン・プライスの作品が着想源となったロエベのカプセルコレクション。ヤシの木とグラフィカルな建築物が目を引く、L.A. SERIESプリントのセットアップは、肩の力を抜いてリラクシングに着こなしたい。 カーディガン¥112,000、シャツ¥126,000、ショーツ¥92,000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエべ) その他/モデル私物  (左)クラフト感があるニットポンチョは華やかな雰囲気が魅力的。ボトムスは、ショートパンツでヘルシーに。 ポンチョ¥610,000、パンツ¥140,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) その他/モデル私物 SOURCE:SPUR 2021年2月号「太陽のグルーヴをまとって ONE LOVE」photography: Ittetsu Matsuoka styling: Sumire Hayakawa〈KiKi inc.〉  hair: Yusuke Morioka〈eight peace〉 make-up: DAKUZAKU〈 TRON〉 model: Sakura, Sena, Yousef edit: Kaeko Shabana cooperation: HOTDOG CARTS JAPAN, ISHIKAWA
  • 1/9(土)〜1/15(金)の着回しコーデをチェック“SDGs”というワード。よく耳にするものの、難しい印象を持つ人も多そう。でも実は、私たちの生活に取り入れられるものがたくさん! 佐藤栞里×超素敵ゲストと一緒に一週間のコーデを振り返って、自分に、周りに、地球に優しい毎日を始めよう♡Profile栞里・25歳。デザイン家電メーカーで企画を担当。年末の配置替えで、SDGsを達成する商品を企画するチームに配属されたため、知識をつけるべく勉強中。忙しさのあまり、社内恋愛中の年上の彼にもツンツンしがちなのがお悩み今さらだけど“SDGs”って何?“SDGs”とは、よりよい世界をつくるため、2030年までに世界中が一丸となり達成したい17の目標のこと。環境保全や貧困をなくすこと、さらにはジェンダー平等の実現など定められた項目は多岐にわたりますが、地球上すべての命をひとつたりとも取り残さないことが理念です。SDGs×冬コーデ着回し■着回し13日目■ 最近の楽しみは、バービーさんとのベランダ越しのおしゃべり♬︎ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し14日目■ 年末から会っていなかった彼と、久しぶりの待ち合わせ。早めに着いてよかった。 ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し15日目■ 少しだけ傷のあるお花を安く買えた! ラッキー♡ スニーカーで足取りも軽く。 ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し16日目■ 少し前から始めた“マイボトル活動”、継続中! 地球にもお財布にもやさしくね。 ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し17日目■ バービーさんとSDGs勉強会! こんなブランドがあるのか、ふむふむ。 ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し18日目■ いよいよSDGs商品の企画が始動! プレゼンの日はサステイナブルなコートを。 ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! ■着回し19日目■ プレゼンの時に知ったエコな洗剤をさっそくGET! お洗濯も楽しくなるなぁ♬ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら! しおりのSDGsワードローブ洋服でSDGsに参加することだってもちろん可能! サステイナブルな素材を使用するなどの取り組みを行っているブランドが続々。A.キャメルロングコート不要な生地を繊維の状態に戻し再生された糸を使用冬の必須アイテムで抜け感のある色とロングな丈感がこなれて見えるコートは、廃棄される予定だった生地を再利用したもの。イタリアで60年以上の歴史を持つ『FILATURA ASTRO』社が作ったリサイクル糸を使って丁寧に織り上げられ、軽さと暖かさを両立する冬に欠かせない逸品。¥52000/Stola.B.クルーネックニットニット自体はもちろん、ラベルの紙でもSDGsに貢献!こちらも、不要になった製品や生産過程で生じた生地の端をリサイクルしたもの。また、洋服に付属されているラベルの紙にも、適切な木質素材を使っている。なんと手洗い可能という機能性にまでこだわられた優れもの。¥4000/キャン(ルノンキュール)C.シャツワンピース「ボタニカルダイ」の手法で染められた自然由来のきれい色植物由来の染料を使った「ボタニカルダイ」の手法を採用。染料が99%生地に付着するので染色後の排水は無色透明。ちなみにこのグリーンの色味はブルーベリーから出されたもの。オーガニックコットン地で着心地も◎。¥39000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ)D.白フレアスカートサステイナブルな素材で地球に優しく、高機能で自分にも優しく♡「世界で最も環境に優しい製法で作られた繊維」と呼ばれるテンセルのスカート。テンセルは、化学繊維にもかかわらず自然分解が可能な注目の素材。また、ウォッシャブル&ノンアイロンで、環境に配慮しながら、自分にも優しくなれちゃう、一枚で何度もうれしい一枚。¥14000/ハッシュニュアンスE.インディゴデニム水の使用量を従来比で99%削減した次世代のデニムが誕生ロサンゼルスを拠点とするジーンズイノベーションセンターが生み出した「ブルーサイクル」という新技術を使用。水の使用量を最大99%カットし、また生産時にかかる手作業の比率も大幅に削減。従来のクオリティはそのままなのに使われる水はなんと、ティーカップ1杯分。¥3990/ユニクロF.ショルダーバッグ環境保全の基準を満たした仕入れ先のレザーを毎日の相棒に水の管理、廃棄物、環境保全におけるコンプライアンス遵守など多岐にわたる観点からチェックを受けて、基準を満たしていると認定された皮革工場からレザーを仕入れて作られたバッグ。レザーの上品さと旬ドロストデザインがほどよくマッチ。¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ)G.カラースニーカーみんな大好きな定番スニーカーはペットボトルをリサイクルした素材を採用!私たちの相棒もメンバーイン。環境に配慮した素材を使用したシリーズ「converse e.c.lab(コンバース イーシーラボ)」の新作。アッパーにはペットボトルを原料としたキャンバス素材が。コーデに軽さが加わるライトな色味もポイント。(1月発売)¥8000/コンバース(コンバース)きっと持ってる真冬のベーシック服H.見た目にも暖かいボアコートは、軽さの出せる白をチョイスするのが正解。¥7900/ローリーズファームI.メンズライクなディテールのシャツジャケットは、どんなボトムにも合わせやすい丈感とシルエットがポイント。¥22000/ハッシュニュアンスJ.ベーシックなのに地味見えしない、ラインをきかせたプレッピーなチルデンニット。深めのVでレイヤードスタイルも楽しめる。¥26000/グリニッジ ショールーム(ジェイジェイマーサー)K.今季持ってて損なしのフーディは黒で大人っぽさもキープして。¥35000/ボウルズ(ハイク)L.シャツはトレンドのノーカラーでこなれ見え。¥12000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店M.タートルはインナーとして使えまくれるから、カットソーがオススメ。¥10000/スローンN.ピンクのパンツでどんなシーンも華やかに。¥11000/ノークO.季節問わず使える万能プリーツ。ほどよい透け感がニクい。¥16000/ミラク(ソーノ)P.ナローフレアで旬顔になれちゃう。モノトーンで大人に。¥19000/アルアバイルコーデに役立つ相棒小物a.沈みがちな冬のコーデを軽やかに仕上げてくれるクリーンなバッグ。¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)b.コロンとしたフォルムが可愛い、ブラウンの小さめバッグはアクセ感覚で使って。¥3200/ラコレc.シンプルなコーディネートをぐんと様見えさせる縦長柄トートを味方に。¥7500/キャン(テチチ)d.冬はタイツや靴下とのコーディネートが楽しい。¥48000/アルアバイル(ネブローニ)e.フラットシューズは甲が深めのVカットで周りに差をつけて。¥3500/グローバルワークf.スエード調だから、デニムなどカジュアルなアイテムとの相性よし。¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)g.冬の必需品、ブーツはショート丈が今季のマスト。合わせやすいブラウンで全体の印象をやわらかく。¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦(モデル) さとうしんすけ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/栞里分) 久保フユミ(ROI/バービーさん分) モデル/佐藤栞里 バービー スタイリスト/大平典子(栞里分) 内堀悠香(バービーさん分) 企画・原文/渡辺真衣(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA tokyobike ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 冬の寒さは、これからさらに厳しく……! そこで2021年の今から買い足したい冬コートをピックアップ。アラフォーの冬コーデをブラッシュアップしてくれるコートのコーディネート術から、おしゃれプロが目をつけた人気コートの数々をお届けします。【目次】 ①「淡色コート×白スニーカー」でつくる大人のための“映える”冬カジュアル ②高真冬に愛らしく映える!アイボリーのピーコート着回し3days ③色は軽やかな「白~淡カラー」が新鮮!|おしゃれプロのコートKeepリスト ④かぶり買い続出のリバーコート&スマートなダウン|おしゃれプロのコートKeepリスト ⑤人気が加速中の短め丈コート&進化したトレンチ風コート|おしゃれプロのコートKeepリスト ⑥“好き”が加速するコート|おしゃれプロの「これ買っちゃいました」①「淡色コート×白スニーカー」でつくる大人のための“映える”冬カジュアルStyle 1. アイスグレー短めコート×白レザースニーカー 淡いグレーのジャケットコートは冬のぴりっとした空気感によくなじむ。白レザースニーカーでクリーンに決めて。COAT:Chaos SNEAKERS:Veja ウール×レザーの組み合わせも 淡色同士でソフトな印象に コートはオーバーサイズのほどよいゆるやかさも今の気分。注目のサステナブルブランド「Veja」のスニーカーに、新しいおしゃれマインドを託して。コート¥58,000・パンツ¥32,000/カオス表参道(カオス) 靴¥19,000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ニット¥35,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) 帽子¥53,000/ドレステリア 新宿店(ブルックス ボズウェル) ピアス¥31,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス(長)¥22,000・(短)¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション)Style 2. 淡ブルーコート×白メッシュスニーカー 風にふわりとなびく様も美しい、淡いブルーのリバーコート。メッシュ素材の白スニーカーがロング丈のすそからチラリと見える、そのバランスに抜け感が。COAT:N.O.R.C by the line SNEAKERS:JIMMY CHOO しなやかで、都会的。 ブルーと白の、新鮮なカラーバランス 白スニーカーにさりげなく配されたシルバーとバッグの色もリンクさせて。 コート¥29,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥55,000/ジミー チュウ カットソー¥29,000・スカート¥59,000/マディソンブルー サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) チョーカー¥28,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) ショルダーバッグ¥89,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) エコバッグ¥6,000/エスケーパーズオンライン(OPEN EDITIONS)Style 3. ベージュボアコート×カラー入り白スニーカー 思わず触れたくなる、もこもこのボアコート。白デニム×カラーミックスの白スニーカーで一歩先を行く、洗練カジュアルを満喫。COAT:THIRD MAGAZINE SNEAKERS:rag & bone色入り白スニーカーの意外性が グラデトーンにメリハリを "普通"のグラデコーデにもの足りなくなったら、足もとにちょっとしたインパクトを。カラー入りのスポーティで遊びあるデザインが、ボアコートをドレスダウンしてくれる。コートは肩落ちのどこかゆるっとしたフォルムで、ロング丈でも重く見えないのがうれしい。 コート¥75,000/サードマガジン 靴¥37,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) デニムパンツ¥27,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バッグ¥115,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)Style 4. オフホワイトコート×白コンバース 真冬のホワイトは、着る人自身を引き立てる。リッチなシルク混のコートに、キャンバス地のスニーカー。そのさじかげんに大人の余裕が。COAT:Drawer SNEAKERS:CONVERSE素材のニュアンスを重ねて とびきり華やかなホワイトコーデに! エレガントなオフ白コートは、まさに"とっておき"な気持ちになれる一枚。ブーツの代わりにハイカットの白コンバースを合わせ、力の抜けたスタイルに昇華。インも淡色でまとめつつ、質感の差を楽しんで。コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ニット¥89,000(アーチ ザ)・パンツ¥34,000(シャイナ モート)/アパルトモン 青山店 ストール¥35,000/カオス表参道(リヴィエラ) ピアス¥33,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ヨンア②真冬に愛らしく映える!アイボリーのピーコート着回し3days着回したコートはコレ!オーバーサイズピーコート 沈みがちな冬の着こなしに、明るさを与えてくれるアイボリーのピーコート。その顔映え効果をオーバーサイズでリッチにまとって。コート¥200,000/マディソンブルー Day1オーバーサイズのPコートを主役に王道のフレンチシック着こなしを、こなれ印象のアースカラー配色で私らしく!  コート¥200,000/マディソンブルー パンツ¥31,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥18,000/アンクレイヴ バッグ¥120,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) 帽子¥13,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(キジマ タカユキ* ミキア フォー ユナイテッドアローズ) ピアス¥23,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ネックレス¥20,000・太リング(左手)¥210,000・3連リング(右手)¥135,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)Day2外出先ではアイボリーのピーコートで顔映え効果を狙って。コートを脱いでもシアーニットとコインネックレス、ツヤスカートでトレンドコンシャスに。スカートは裏ゴム仕様で長く座っていてもラクチン&スルンとした素材でシワになりにくい! コート¥200,000/マディソンブルー スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ニット¥18,000/アンクレイヴ バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー) ブレスレット¥5,900/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス) ネックレス¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)Day3優雅に見えるレーススカートは、ニュアンスカラーのニットや温かみのあるアイボリーコートで品よくまとめて。 コート¥200,000/マディソンブルー スカート¥48,000/インターリブ(サクラ) ニット¥18,000/アンクレイヴ ネックレス¥39,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥240,000・靴/靴¥72,000/ジミー チュウ 【Marisol2021年1月号掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/ヨンア③色は軽やかな「白~淡カラー」が新鮮!【おしゃれプロのコートKeepリスト】■白~淡カラー こっくりブラウンのトレンドが少し落ち着き、冬の街にパッと映える、白やアイスグレー ~ミルキーベージュなどの淡めカラーが続々登場。しゃれ感とリッチ感を同時にかなえて。uncraveマリソル 副編集長 SGUR Keep!エディター 東原妙子さんKeep! 「トラッド好きにはたまらないダッフル。買いやすい価格なので、思いきって白に!」(SGUR)。「撥水加工もポイント」(東原さん)。コート¥36,000/アンクレイヴ ニット¥42,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カレンテージ) スカート¥21,000/カオス表参道(カオス) ストール¥80,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) ピアス¥4,800/ジューシーロック ブーツ¥120,000/リエート(サントーニ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) グローブ/スタイリスト私物Drawerスタイリスト 池田メグミさんKeep! 「シルク混のほんのり光沢のある白がエレガント。Vネックもありそうでないデザイン。タートルニットと合わせたい」。コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)GALLARDAGALANTEスタイリスト 吉村友希さんKeep! 「柔らかなベージュのショールコートは、カシミア混で肌ざわり抜群。リバー仕立てで抜け感が出せそう」。コート¥150,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)YLÈVEスタイリスト 高橋美帆さんKeep! 「チェスターコートでも、ほどよく甘さを感じるあいまいカラーが今の気分。レザーパンツなどで辛さをミックスして着こなしたい」。コート¥89,000/アングローバル(イレーヴ)LOEFFマリソル 編集 Y本 Keep! 「細いラペルや右前のデザインなどユニセックスなディテールが好み。グレーのような、ニュアンスあるオリーブ色がなんとも絶妙」。コート¥90,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)THIRD MAGAZINEエディター 磯部安伽さんKeep! 「もともと白のコートが大好き。こちらはカジュアルにバサッとはおれて、ほどよくモードな雰囲気もあるのがいい。デニムと合わせたい!」コート¥85,000/サードマガジン(ESP)AURALEEマリソル 編集 CHN Keep! 「パテントのような光沢感に惹かれて。ウールやニットなど重め素材の多い冬コーデに、新鮮なニュアンスを与えてくれそう。リバーシブルもうれしい」。コート¥110,000/オーラリー【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ④かぶり買いNo.1のリバーコート&スマート見えダウン|おしゃれプロのコートKeepリスト■リバーコート 肌 寒くなってきた秋の初めからサッとはおれるような、驚くほどふわりと軽やかなリバーコート に指名が集中! 色み、シルエット、素材、すべてにおいて妥協なしの、3ブランドの名品はこちら。1)ebureエディター 塚田有紀子さんKeep! スタイリスト 池田メグミさんKeep! 「エブールのコートはどれを選んでも間違いない。この一枚でおしゃれが成立する、仕立てのよさとしなやかな素材感に惚れました」(塚田さん)。「淡いベージュの上品な色出しは、さすがのひと言!」(池田さん)。コート¥99,000/エブールギンザシックス2)Chaos スタイリスト 徳原文子さんKeep!エディター 坪田あさみさんKeep! 「ずっと黒のコートを探していて、シンプルで飽きのこないデザインと軽やかな素材に惹かれ即決」(徳原さん)。「こちらのモカ色をオーダー。袖がラウンドしたフォルムなので、一枚でしゃれて見える!」(坪田さん)。コート¥67,000/カオス表参道(カオス)3)N.O.R.C by the line エディター 発田美穂さんKeep!エディター 伊藤真知さんKeep! 「デザイナー斉藤くみ氏の"ロングカーデ感覚ではおって"というひと言に納得。コーデの幅が広がりそう!」(発田さん)。「今季もブラウン気分は続行。ワンサイズ上げてゆるっと着たい」(伊藤さん)。コート¥37,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)■ダウン 中綿、外にも着ていけるインナーダウンなど、洗練度が上昇中。2枚目ダウンとして、デザイン性のあるものを選ぶのも一手。muller of yoshiokuboマリソル 編集 ROMI Keep! 「ありそうでなかった、中綿でダッフル、そして明るいベージュという組み合わせにひと目惚れ。縦長の大きめポケットも可愛い!」コート¥68,000/ミュラー オブ ヨシオクボtheory luxeマリソル 副編集長 SGUR Keep! 「コートのインに仕込んでもいいし、アウターとしても成立するきれいめデザイン。シルクウール素材が上品」。コート¥68,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス)TANAKAエディター 陶山真知子さんKeep! 「ボリューム感のあるロング丈ながら、トレンチ風で都会的な雰囲気。なにより軽くて気軽にはおれそうなのがいい」。ダウンコート¥130,000/ウィム ガゼット青山店(タナカ)PYRENEXマリソル 編集長 イシダKeep! 「上半身がすっきり見えるコンパクトなシルエットがモダンで大人向き。シックな深いネイビーも素敵」。ダウンコート¥65,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)DUNOマリソル 編集 MDR Keep! 「胸下までスムースな面になっているので、通勤にも着ていけそう。マキシ丈スカート合わせてカジュアルに着ても」。ダウンコート¥85,000/トヨダトレーディング プレスルーム(DUNO)⑤人気が加速中の短め丈コート&進化したトレンチ風コート|おしゃれプロのコートKeepリスト■短め丈コート マキシ丈やボリュームあるスカートの流行を受け、短め丈コートの人気も急浮上。短めといえど、おしりが隠れるくらいのほどよい丈感のものが多いのもポイント。AURALEEスタイリスト 池田メグミさん Keep! 「スカート+ロングブーツ合わせでクラシカルに」。コート¥120,000/オーラリー ニット¥26,000/カオス表参道(カオス) スカート¥17,000/アンクレイヴ サングラス¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥4,500/エリオポール代官山(サンデーガール) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) ストール¥59,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アソース メレ) ブーツ¥86,000/アマン(ペリーコ)uncraveエディター 発田美穂さんKeep 「シルエットが少しコクーン風になっていて、王道ネイビーのピーコートが新鮮な印象! 厚手のニットと合わせてもすっきり見え、着回し力も高いと確信」。¥34,000/アンクレイヴMADISONBLUEエディター 坪田あさみさんKeep! 「ボリューム袖のニットやシャツと合わせるため、ポンチョに挑戦予定。リバーシブルで、反対側はブラウンレザーのトリミングが可愛い」。コート¥490,000/マディソンブルーebure for Ron Hermanエディター 三尋木奈保さんKeep! 「去年のロンハーマン別注がとても活躍したので、今年も注目。甘くなりすぎない、スクエアなシルエットが秀逸」。コート¥89,000/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン)MACKINTOSHマリソル 編集 MDR Keep! 「ブラウンの色みと、コロンと丸いボタン、小さめの襟にひと目惚れ。今季だけでなく長く愛せそう」。コート¥123,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マッキントッシュ)INSCRIREエディター 野崎久実子さんKeep! 「ここ数年ロングコートばかり着ていたので、気分を変えたくてショート丈に。大人でもさらっと着こなせそうなセーラーカラーがお気に入り」。コート¥69,000/アマン(アンスクリア)Chaosエディター 発田美穂さんKeep! 「冬もマキシスカートをガンガンはく予定。この絶妙な腰丈のコートなら、マキシとのバランスがぐっとフレッシュになりそう!」ジャケットコート¥58,000/カオス表参道(カオス)■トレンチ風コート トレンチ風デザインのロング丈コートも今季豊富。ワークテイストを、秋冬コーデの引き締め役に!styling/編集 TTK Keep! 「オーバーサイズなので、ボリュームニットと合わせて」。コート¥61,000/スタイリング/新宿ルミネ1 店(ケイ シラハタ) ニット¥28,000/スタンブリー シャツ¥13,000/アンクレイヴ スキニーデニム¥23,000/ロンハーマン(RHヴィンテージ) ピアス¥30,000/イセタンサローネ 東京ミッドタウン店(カラット アー) バッグ¥36,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) レザースニーカー¥69,000/リエート(サントーニ)VACHEMENTエディター 磯部安伽さんKeep 「コートブランド・ヴァシュモンのカオス別注カラー。ミリタリーテイストなのに、カジュアルすぎず大人っぽく着こなせそう」。コート¥52,000/カオス表参道(ヴァシュモン×カオス)STUMBLYスタイリスト 池田メグミさんKeep! 「スタンブリーは2020年AWからスタートした新ブランドで、個人的に注目中。トラッド好きな大人に向けているだけあって、ディテールが巧み!」コート¥79,000/スタンブリーuncraveスタイリスト 松村純子さんKeep! 「上質なツイードのトレンチで、この価格はすばらしい。はおった時のシルエットも美しく、ブラウンにも黒にも合いそうなダークグレーの色みも好き」。コート¥37,000/アンクレイヴ【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ⑥“好き”が加速するコート|おしゃれプロの「これ買っちゃいました」圧倒的な存在感で冬のおしゃれが完成■コート 特筆すべきNEWSが少ないぶんベーシック派もトレンド派も、自分の"好き"が選択の基準に。1)CHAOSのスーペリアウールマキシコート マリソル編集Y本推薦 「「長さもあり、立体的なボリュームフォルムが今っぽい。襟腰もない一枚仕立てだからサラッとまといたい」。コート¥67,000/カオス表参道(カオス)2)LISIEREのチェック柄ロングコート スタイリスト池田メグミさん推薦スタイリスト福田亜矢子さん推薦 「ハンサムなグレンチェックのコート。ショールカラーのロング丈で、レディな一面とのギャップ萌え」(池田)。コート¥120,000/アパルトモン  青山店(リジエール)3)BARBOURのオイルコーディングコートスタイリスト福田麻琴さん推薦 「ワックス仕上げのメンズライクな雰囲気に惹かれて。内側のチェック柄が可愛い」。コート¥56,000/バブアー 銀座店(バブアー)  4)OLD ENGLANDのダッフルコートエディター湯澤実和子さん推薦 「オーセンティックなデザインとカシミア100%の上質感、そしてなにより軽いのがいい。薄手でも暖かく、着心地が柔らかい」。コート¥220,000/三喜商事(オールド イング ランド)5)EMMETIのライダース マリソル 副編集長SGUR推薦 「コンパクトなサイズ感となめらかな質感がちょうどいい。上品なカラーに惹かれて」。ライダース¥105,000/インテレプレ(エンメティ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子▼あわせて読みたい
関連キーワード

RECOMMEND