今年4月オープン日本発ブランドのホテル「メズム東京」へ女子会ランチ

Marisol ONLINE
オープンしてからずっといきたかったホテル「メズム東京」へ。
新しく変わり出している竹芝にあります。
通常のラグジュアリーホテルと違うところ、それはまず、ホテルスタッフの制服。
なんと!あの「ヨウジヤマモト」のY‘S BANG ON! のコラボレーション!
そして、靴はドクターマーチンとコラボ!(よく昔履いてた.(笑))
羨ましすぎる~!
スタッフのヘアメイクは、スタッフ研修で嶋田ちあきさん監修。ヘアカラーは、黒・シルバー・ゴールドのみ。驚 す、凄すぎる。

どうりで、スタッフが洗練されててモードなはず!
ラグジュアリーホテルマンのイメージを覆され、堅苦しさはなく、良い意味でカジュアルさも感じられましたよ~。

ヨウジヤマモトと言えば、私の青春そのもの。
20代前半は、ヨウジやギャルソン一色だった。髪も爪も真っ黒で、、(笑)
モード全盛期でお洋服loverだったあの頃を懐かしく思いだしました。
マリソル世代の方もきっと同じ方いるかな??

今は、プチプラ全盛期。今の若い世代へ、ヨウジさんの服作りの熱い想いや
高品質の服のすばらしさも一緒に伝えていきたいと
MesmTokyoホテル総支配人さまから伺いました。

この日は、大切な方とのランチ。
記念日のお祝いをお伝えしたら、
台場の景色を見渡せる素晴らしい個室部屋をご用意くださってました。
新しくできたホテルなので、サービス面に少し不安を感じていたけど、
心配することなし!
ホテルのエントランスから、レストランまで丁寧に案内いただきました。

気軽にランチするために
シェフズ・シアター カジュアルフレンチへ♡
  • 五感を体感するコース
―ノルマンディー
    五感を体感するコース ―ノルマンディー
  • 視覚
(序幕)
アミューズブッシュ
    視覚 (序幕) アミューズブッシュ
  • 触覚
(オンフレール)
ムール貝とサフランのスープ
絶品です
    触覚 (オンフレール) ムール貝とサフランのスープ 絶品です
  • パンを温かい状態で♡
日本職人が作る南部鉄器
    パンを温かい状態で♡ 日本職人が作る南部鉄器
  • 嗅覚(モンサンミッシェル)
本日のお魚料理
    嗅覚(モンサンミッシェル) 本日のお魚料理
  • 鴨肉・イチジク・スパイス
個人的には、こちらが好き。鴨の焼き加減と皮目に丁寧な切込みが入り、パリふわな触感とスパイスが絶妙。
赤ワインとオススメ。目の前で温かいソースをかけてくれます♡
    鴨肉・イチジク・スパイス 個人的には、こちらが好き。鴨の焼き加減と皮目に丁寧な切込みが入り、パリふわな触感とスパイスが絶妙。 赤ワインとオススメ。目の前で温かいソースをかけてくれます♡
  • 聴覚(リジュ―)
林檎
このデザート、インスタ映えだけでなく
驚きと感動(詳細は秘密)
表面は林檎飴のような可愛いスイーツ
    聴覚(リジュ―) 林檎 このデザート、インスタ映えだけでなく 驚きと感動(詳細は秘密) 表面は林檎飴のような可愛いスイーツ
  • 食後は沢山のフレーバーティーを選べるよ。
私は「chai」をセレクト。
    食後は沢山のフレーバーティーを選べるよ。 私は「chai」をセレクト。
  • (終幕)
ブリューティー・小菓子
mesmチョコレートと
カヌレ・ベリーのフルーツゼリー
    (終幕) ブリューティー・小菓子 mesmチョコレートと カヌレ・ベリーのフルーツゼリー
  • この日は、記念日で
サプライズでホテル側からのおもてなしでした(泣)
    この日は、記念日で サプライズでホテル側からのおもてなしでした(泣)
  • 日本職人が作るカトラリーが美しい。
ゴールドカラーは、
このホテルだけかも♡
    日本職人が作るカトラリーが美しい。 ゴールドカラーは、 このホテルだけかも♡
エンターテイメントが素晴らしく、
お料理コースが劇場の「舞台」をイメージされてます。
序幕から終幕まで、五感を刺激されつつ、フランス地方を旅行している気分に♡

お料理の1つ1つも想いを込めて説明下さり、
日本職人を大切にされていて、お料理の食器までも楽しむことが出来ました。
ぜひ、大切な人と一緒に行かれてみてください♡

  • ホテルスタッフの方と
    ホテルスタッフの方と
  • ヨウジloveな
総支配人さまと(笑)
メズムポージング
してみた!
    ヨウジloveな 総支配人さまと(笑) メズムポージング してみた!
メズム東京さまより、お写真をお借りいたしました。
ご紹介いたしますね♪
お部屋のルームアメニティは、日本の会社とコラボした素敵なものが沢山。
あらゆるところに、東京の今を感じられますよ。
  • 猿田彦コーヒーとコラボ
    猿田彦コーヒーとコラボ
  • ぺこちゃんの制服
よく見て♡
    ぺこちゃんの制服 よく見て♡
  • 客室にはピアノが設置されてるなんて!驚き!素敵すぎる♡
夜景みながら、お酒飲みつつ好きな時に弾ける幸せ
    客室にはピアノが設置されてるなんて!驚き!素敵すぎる♡ 夜景みながら、お酒飲みつつ好きな時に弾ける幸せ
  • ホテルロビー
    ホテルロビー
この日の黒ロングベスト➡20年前に購入したリアルな私ビンテージ。Y’Sです。(笑)
トップス➡COS  流行りのシアーニットで
この日の黒ロングベスト➡20年前に購入したリアルな私ビンテージ。Y’Sです。(笑) トップス➡COS 流行りのシアーニットで
私は、ヨウジが大ファンで、20代は、服飾専門学校でパターンやデザインを
勉強していたあの頃。メズム東京で色んなものが刺激されて、久しぶりに服作りをしたくなった。

ラグジュアリーホテルは、私にとって特別なもの。
いつも感動と喜び、気づきを与えてくれる。
それも、熱い想いに溢れたホテルスタッフさま達のおもてなしや人間力によるもの
だと思います。

良いものを提供したい。好きを追求し続けて極める。熱い想い
どんなお仕事でも共通する大切なことですね♡

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

かっきー
関連記事
  • 建築デザイナーズホテルでラグジュアリーな時間。 一棟丸ごと1週間貸切OK!薪暖炉&天然温泉付き! 大自然の中でリモートを有意義に過ごせる夢のような空間でした。 小田急線新宿駅にある ロマンスカーカフェで待ち合わせしこれからの旅をワクワクし、ロマンスカーを眺め(朝からフルーツサンドを食べw)ロマンスカーで箱根まで2020年10月1日に、滞在型コミュニケーション空間で共創価値創造を促進するコンセプトの リトリートホテルが開業して、12月上旬に行ってきました。 インテリアや建築好きさんは、ぜひ行ってほしいホテル。 とりあえず、あらゆるところのデザイン設計に感動しっぱなしでした!!! 設計を手掛けたのは、小田急新型ロマンスカーや、箱根登山鉄道の車両デザイン、関西国際空港旅客ターミナルビル、 ベルギー大使館などのデザインに携わってきた日本を代表する建築家「岡部憲明氏」によるもの。 大自然の中で、アートな美術館のようなホテル!ホテルから歩いて20分くらいかな? 富士箱根伊豆国立公園にある箱根仙石原は、黄金色に染まり、感動でした!!! すすき草原で、心身ともに浄化&パワーチャージ!!インスタ映えスポット。 周辺には、ゴルフ場や美術館もあるそうです。まるで、海外にいるような雰囲気のラウンジは、窓ガラスが一面に広く使われていて 沢山の光が入ってくる設計になっていて、室内にいることを忘れてさせてくれる開放感! 洋書も置いてあったり、椅子好きな私は、沢山のお洒落なデザインの椅子やテーブルに 囲まれて、「どれにすわってみようかな~?」っていう夢の場所。 貸切だから、知っているメンバーのみホテルに滞在しているので 気兼ねなく自由に寛げたことも、感動! 好きな時にお仕事の小会議も出来る場所。 本格的なシアタールーム! 研修やイベントでも使えるそうですホテルの建物中心にある中庭。 Wifiも繋がるので、野外でお仕もOK!この日の夕食は、フレンチコースをお願いいたしました。 BBQ施設もあるので、夏は、外でバーベキューすることも出来るそう。 イタリアン希望の方は、ピザ窯もあるので、自分たちでピザ作りも出来る。 大人数だと楽しそうですよね! 素敵なシェフの方が、想いを込めてこだわって作ってくださり、嬉しかった! (今は、三蜜を回避して、客室での食事みたいです)夕食時は、アルコール・ソフトドリンクが、オールインクルーシブで飲み放題♡カトラリーも可愛い2種のテリーヌと、箱根山麓豚のリエットバルサミコソース人参とショウガのポタージュ真鯛のロースト 軽くスモークしたポテトのピューレに 白ワインソースを添えて牛ロースのポワレに根菜を添えて赤ワインソース仕立て林檎のコンポートと クラフティーのブリュレ ピスタチオのアイスクリーム薪暖炉の夢の1つが叶った日。 薪の香りや燃える音っで深くリラックス。 まさにパワースポットなホテル。 緑いっぱいに囲まれた立地で、 アートを感じる空間。 照明も、星の星座をイメージして設計されていたり、 知れば知るほど、凄い! 薪の炎をゆっくり眺めて癒されてました 宿泊したお部屋は、露天風呂付きスイートルーム。 畳スぺースもあるし、天然温泉で浄化とエネルギーチャージ。 客室と別に、大浴場&露天風呂もホテルにあります。ホテルのルームウエア。客室のドリップコーヒーも種類が沢山大浴場・天然温泉の案内がお洒落!朝食は、デトックススムージー&デトックスウォーターも用意されていて 和食と洋食から選べます(#^^#)プライベートでも使えて、完全貸切が出来る合宿やリトリートもOKなラグジュアリーホテル。 こちらのホテルの総支配人様は、有名な某5スターラグジュアリーホテル出身の方。 ホスピタリティに溢れ、ラグジュアリーや豊かさはと何か?と 物質面だけでなく、心の豊かさを感じさせる空間。 価値観がまた広くなった 新しい時代のホテルの誕生を感じさせました。 堅苦しくなく、いつでも迎え入れてくれるようなラグジュアリーさ。 美術館巡りやアクティビティも楽しめる環境のホテルだからこそ、 自然を感じ、季節が変わるごとに行きたくなる場所でした♡♡ ホテルスタッフさま、素敵な時間を過ごさせてくださりありがとうございました。 (お写真も一部お借りすることを承諾くださり感謝です) かっきー 「ライムリゾート箱根」のHPはこちらからNo.136 かっきー
  • 舞台好きにはたまらない「白鳥の湖」がテーマの繊細なデコレーション。 インスタ映えな可愛いMenuは、期間限定「2021/1/7」まで。昨日は、クリスマスでしたね。 皆さま、素敵な夜をお過ごしでしたでしょうか? 少し前に、クリスマスディスプレイがある時期に コンラッド東京でアフタヌーンティーへ。 実は、甘いものがそこまで得意ではないけれど、つい可愛さに惹かれて♡ アフタヌーンティーの場所は、トゥエンティエイトのラウンジbarでいただけます。 窓際の席が絶対にオススメで、東京湾を一望できて、席も(2名まで)ソファ席。 自然光でフォトジェニックに撮影もできます。 席に着けば、可愛いマスクケースも下さり、安心して食事が出来て心地よい時間でした。 ホテルは、大切な人と落ち着いて食事するには、有難い場所ですね♡今年からクリスマスツリーやディスプレイが新しく変わっていました29Fにある、水月SPAもクリスマスデコレーションが新鮮にアフタヌーンティーについてきた、コンラッドベアサンタ。 勝手にディスプレイして撮影を楽しむ40代(笑) ホテルスタッフ様、ありがとうございます。投稿が遅くなり、クリスマスが終わった後で申しないですが、、、 雰囲気だけでもシェアできたら嬉しいです。 トゥエンティエイトのアフタヌーンティーは、宿泊しなくても、 コンラッドベアがいただけるプランもあるので、 ベア好きさんは、要チェックされてみてくださいね(^^♪ かっきー「Conrad tokyo」HPはこちらからNo.136 かっきー
  • まるで美術館にいるようなアートなアフターヌーンティー!10月2日にオープンした、キンプトンホテルのアフターヌーンティーへ行ってきました。 アフターヌーンティーの内容が、ゴッホのひまわりや、モネの睡蓮など、1つ1つのプティフールが絵画に例えてつくられいて、目で見て楽しめるデザートが沢山 (^^) メニュー表の裏のQRコードを読み込むと、プティフールにリンクしたアートの説明を確認することができます。 お味ももちろん、カナッペと甘すぎないプティフールのバランスが良くて、ペロリと完食してしまいました!ホテルの雰囲気も素敵でした! アフターヌーンティだけでなく、バーやランチメニューも充実していたので、別の機会でも利用してみたいと思いました。No.111 tomo
  • 10月に西新宿にオープンしたばかりのキンプトン新宿東京。ホスピタリティも高くカジュアルな雰囲気で居心地の良いホテルです!先月オープンしたばかりのキンプトン新宿東京。 場所は西新宿のパークハイアットのすぐ隣ブロックです。 サンフランシスコ発祥のキンプトンはブティックホテルのパイオニアといわれていて、どんな素敵な空間が繰り広げられるのかワクワクしながらの訪問でした。エントランスを入ると、広さはそれほどでもないですが、高い天井と大きな窓から光がたっぷりと入る心地よい空間が広がります。 1階にはラウンジカフェがあって、メニューも豊富。自家製のレモネードとクロワッサンが美味しかったです。 お部屋は、窓から新宿の景色が堪能できる素晴らしい眺め。 夜は夜景、朝は真っ青な空に並ぶ新宿のビル群が見渡せます。 お部屋には、ヨガマットが用意されていたり、Bluetoothスピーカーが設置されていたりとお部屋にいても飽きさせない工夫がされていました。 ベッドもタオルもアメニティもさすがの外資系ホテルといった感じでゴージャス。 そして、なによりもテンションが上がったのは、ウェルカムドリンク的な形でバーラウンジでのフリードリンク! 1時間ですが、お酒と軽食がフリーでいただけます。 店内もラグジュアリーでしたが、テラスも写真のように華やか。 お酒も赤、白ワインからカクテルまでいただけて、つい勢いがついてしまいました… 軽食もワインが進むとても美味しい内容でした。 一階にあるカフェラウンジもとてもいい感じだったので、またブログでご紹介します。 存分にラグジュアリーな雰囲気は楽しめながら、気張らずにカジュアルに過ごせるとても居心地の良いホテルでした。 レンタルサイクルもやっているので、普段なかなか機会のなさそうな新宿の街を自転車で巡るのも楽しそうです。 ぜひ、できたての都心のブティックホテルを体験してみてください! Kimpton 新宿東京最後までお付き合いいただきありがとうございました。インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎美女組No.179 Ikumiのブログ
  • 旅に出て自分を開放したい気持ちは有り余るほどあるのに、海外旅行はもちろん、国内旅行にも意気揚々とは行きにくい今。心のモヤりをちょっとどころか、クリアにして、エネルギーまで注入してくれるのがホテルでのステイケーション 2020年は、都内を中心に名だたるホテルのオープンラッシュ。ポジティブに考えれば、海外からの旅行者が少ない今こそ、行きどき泊まりどき! マリソル読者のツボをポチッと押してギュッとつかむ、2つをご紹介します。  ひとつめは、「フォーシーズンズホテル東京大手町」。大手町駅直結であり、東京駅からも徒歩圏内というアクセスのよさ。一歩踏み入れたとたん別世界へと誘う、有名なデザイナーによって設計されたアートミュージアムのような空間。6フロア構成というほどよいコンパクト感だから叶う、きめ細やかで温かなサービス……。忙しい方でもあっという間にホテルでのステイケーションに没入できる、“次世代のラグジュアリーホテル”と呼ばれるのも納得です。世界レベルの新たな美食スポットとして話題を集めているのが、4つのレストラン、バーやラウンジ。すべて39階に集約されているので、クルージングしながら時間や気分で足を運べるのが魅力。現地を旅する気分を味わえるオープンキッチンスタイルのイタリアン「ピニェート」では、伝統のパスタや窯焼きのアツアツのピザを。 また、フレンチレストラン「est」では、シェフ自ら日本各地に出向いて取り寄せた食材を使用。日本のテロワールから着想を得たコンテンポラリーな一皿を楽しめます(ランチコースは6品コース ¥10,000より)。個人的には、「ザ ラウンジ」で、ホテルスイーツを超越した青木裕介シェフが手がける緻密で奥ゆきのあるスイーツや、午前11時、13時、15時30分からスタートする3部制のアフタヌーンティー(1名様¥5200、ともにサービス料別 )もぜひ。午前11時~12時30分のアーリーバードアフタヌーンティーは、通常料金より15%オフで楽しめます。34階から38階に位置する全室49平米以上の客室は、和の要素を取り入れたモダンで清楚なムード。運気まで上がりそうな荘厳かつ緑豊かな皇居の庭園と、東京の街並が眼下に広がるロケーション。新たな天空のサンクチュアリです。  ▶レストラン予約:03-6810-0655▶公式サイト(宿泊予約) 一方、10月2日に誕生したのがラグジュアリーライフスタイルホテル「キンプトン新宿東京」。世界中でオープンラッシュが続く、アメリカ発のラグジュアリーライフスタイルブランド「キンプトン ホテルズ&レストランツ」が手がけます。それゆえに、デザインの美しさは折り紙付き。 17階建ての建築を手がけたのは、世界的に注目を集める「ロックウェル・グループ」。NYのマンハッタンエリアのように、歴史と常に進化を遂げる新宿の姿をフュージョンさせた空間には、アートのインスタレーションやポップアップストアまで。 1階は、朝から夜までオープンする開放的な「ザ・ジョーンズ カフェ&バー」。2階のモダンブラッスリー「DISTRICT」では、ヘルシーでクリエイティブな料理に舌鼓(ケータリングも充実していますよ)。館内すべての家具のしつらえ、壁紙・ファブリックを含めた洒落た内装は、インテリアの参考になりそうなものばかり。 アートシーンからインスピレーションを得てシェフ・トーマスが創り上げたキンプトン新宿東京のアフタヌーンティーメニューデザインから料理、発想に至るまで、研ぎ澄まされたモダンなセンスと、まるでそこで暮らしているかのようなリラックスしたムード。ふたつの魅力が融合するのは、ブティックホテルの醍醐味。世界的潮流にあり、日本でもその存在感が増す今、その魅力をぜひ体感してみてください。「キンプトン新宿東京」では、ペットといっしょに食事や宿泊ができるほか、今なら最長27時間滞在やお得な延泊プランも充実しています。 ▶予約電話番号:0120-056-658 ▶公式サイト(宿泊予約) 都内でのステイケーションは、週末に予約を入れて女友達やパートナーと。 もちろん平日の仕事帰りにふらっと1人で過ごすのもいい。 ほどよくコンパクトで、ホスピタリティあふれるホテルでの時間は、自分へのごほうびにぴったり。日常にいながら東京の非日常を味わう―――これって至福の時間です。取材・文/広沢幸乃
関連キーワード

RECOMMEND